暖かい季節にベランダで読書や夕涼みなど、至福の時間を演出してくれる「デッキチェア」。クルーズ船などのデッキ(甲板)で、ゲストたちが日光浴や眺望を楽しむために使われていたことが由来とされています。

現在では、テラスやプールサイド、アウトドアシーンと幅広く使われ、デザインや素材、機能性もさまざまです。今回は家庭のベランダやアウトドアにも大活躍してくれるデッキチェアをピックアップ。おすすめの選び方も解説しているので、ぜひチェクしてみてください。

デッキチェアの選び方

デザイン重視の方にはファブリックタイプ

By: amazon.co.jp

室内・屋外ともに使いやすいのが、ファブリックタイプのデッキチェア。シートは綿や麻でできたキャンパス生地のモノが一般的です。フレームは木製や金属が主流で、インテリアのテイストに合わせて選べるものポイント。

ただし、風雨の被害でフレーム部分が腐ってしまったり、錆び付いてしまったりすることがあるため、屋外におきっぱなしにしないようにしましょう。アウトドアシーンでよく使うという場合は、コンパクトに折りたたんで持ち運びができ、防腐性に優れたフレームのモノを選んでみてください。

のんびりくつろぎたい方にはリクライニングタイプ

By: amazon.co.jp

ベランダやテラスでのんびりくつろいだり、うたた寝したりしたい時に便利なのがリクライニングタイプのデッキチェアです。頭の先からつま先まで思い切り体を伸ばせるため、より開放感を味わえます。

自由に角度が設定できるものなら、ベストポジションで眺望を楽しんだり、ビール片手にお風呂上がりの夕涼みをしたりと楽しみ方も倍増。ワンランク上の贅沢を満喫したい方に、おすすめのデッキチェアです。

キャンプやフェスに最適のアウトドアタイプ

By: amazon.co.jp

キャンパーやフェス好きの方におすすめなのが、アウトドアタイプのデッキチェア。シートの素材は、雨や水濡れに強く、耐久性に優れたポリエステル素材などが主流です。フレームもサビにくく軽量設計されたものがほとんどのため、持ち運ぶ際の荷物の軽量化も図れます。

アウトドアシーンで使用することを想定して、さっと片付けられるよう折りたたみしやすいのポイント。収納や持ち運びに便利なキャリーバッグがついていることも多く、使わないときはコンパクトに保管しておけるもの魅力です。

ナチュラルテイストを探している方には木製タイプ

By: rakuten.co.jp

家の庭やテラスでゆったりと過ごしたい方には、木製タイプのデッキチェアがおすすめです。木のぬくもりが自然にマッチし、開放的にのびのびとくつろぐには最適な素材です。

しっかりとした作りのモノが多く重量もあるため、頻繁に持ち歩きたいという方には少々不向き。木の素材や色味にもさまざまなモノがあるため、家のインテリアやガーデンスタイルに合わせて最適なデッキチェアを選んでみてください。

手入れが簡単な化学繊維タイプ

By: rakuten.co.jp

風雨にさらされ続けると傷みやすいデッキチェア。「屋外にうっかり置きっぱなし」という方におすすめなのが、化学繊維タイプのデッキチェアです。リゾート施設やプールサイドなどでよく見かける同タイプは、水濡れにも強く丈夫であるのが特徴。

汚れたらさっと拭くだけなので、お手入れが面倒という方にもおすすめです。軽量で持ち運びしやすいモノが多いため、キャンプやピクニックなどのアウトドアシーンにも活躍してくれます。

デッキチェアのおすすめ

不二貿易 デッキチェア VFS-GC29JP

不二貿易 デッキチェア VFS-GC29JP

ゆったりと体をあずけて、心地よい風や日光浴を楽しめるファブリック製のデッキチェアです。味わいのあるフレームは、耐久性に優れたアカシア材を使用。オイルステインで仕上げることで、日光や雨の影響を受けても退色しにくく、美しさが長持ちします。

通気性のあるファブリックシートは、汗ばむ季節にも背中がべたつかずに快適。スタイルに合わせて背もたれを3段階に調節できるのも魅力です。木製フレームを使用しているにもかかわらず、約6kgと軽量なこともポイントのひとつ。片付けやすいファブリック製のデッキチェアを探している方におすすめです。

ラフマ(Lafuma) デザインチェア POP UP XL LFM2777

ラフマ(Lafuma) デザインチェア POP UP XL LFM2777

通気性のよいキャンパス生地をシートに使用した、スタイリッシュなデッキチェア。「ラフマ」は、キャンプ用ファニチャーを手がけるフランス発のブランドです。そのデザイン性の高さから、アウトドアシーンでの使用はもちろん、室内インテリアのアクセントとしてもぴったり。

背面を幅広かつハイバックに設計してあるため、なめらかな肌触りのシートに身を委ねれば、包み込まれるような安心感が得られます。総重量は2.7kgと超軽量なため、女性でも楽々持ち運びできるのが魅力。

シートは取り外して丸洗いできることも嬉しいポイントです。使わないときは、サッとコンパクトに折りたため、省スペースで保管しておけます。モダンなファブリック製のデッキチェアを探している方は、チェックしてみてください。

コールマン(Coleman) インフィニティチェア

コールマン(Coleman) インフィニティチェア

キャンパーに人気の高いアウトドアブランド「コールマン」のデッキチェア。つま先から足の先までゆったりとカバーするリクライニングタイプです。通気性に優れた高耐久のポリエステル生地をシートに採用し、しっかりと体を支えます。

本製品の魅力は、座ったままでもリクライニングが可能なこと。立ったり座ったりしなくても好みのポジションに設定できるため、ストレスなくリラックスタイムを満喫できます。

たったの3秒で設置、収納できるのも嬉しいポイント。デザイン性が高く、アウトドアシーンはもちろん、ベランダや室内のインテリアがかっこよくキマる、おすすめのデッキチェアです。

HONEI リクライニングチェア ゼログラビティ

HONEI リクライニングチェア ゼログラビティ

うたた寝に最適なクッションパッドが付いた、リクライニングタイプのデッキチェア。シートには、耐摩耗性と通気性に優れた「テクスチレン」という布生地を採用しているため、屋外でもしっかりと水を弾き、雨風にも強いのが特徴です。

魅力はなんといっても、頑丈なスチール製のフレーム。フレーム幅は約40mmあり、200kgの重さにも耐えられる仕様です。座面幅も広めに作られているため、大柄な男性でもゆったりとくつろげます。

リクライニングは無段階調節が可能。座ったまま肘掛け下のリングを引っ張るだけで、角度調節できるのがポイント。ジャストなポジションで至福の時間を満喫できる、おすすめのデッキチェアです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CS オートリクライニングチェア M-3884

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) CS オートリクライニングチェア M-3884

キャンプやフェスにも活躍してくれる「キャプテンスタッグ」のデッキチェア。アウトドアシーンでは「ラウンジチェア」のような座るだけのタイプはよく見かけますが、本製品は、リクライニングで足先まで伸ばせるタイプ。よりリラックスしながらアウトドアを満喫できます。

背もたれに体重をかけるだけで、座ったまま自動でリクライニングできるのも魅力。両肘にカップホルダーがついているので、ドリンクの置き場所にも困りません。

フレームは細くても耐久性に優れた銅を使用しているため、本体の重さはわずか5.3kgと軽量。束ねて付属のキャリーバッグに収納できるため、いろいろな場所に持ち歩いて使いたいという方におすすめのデッキチェアです。

フィールドア(FIELDOOR) ポータブルコンパクト アウトドアチェア

フィールドア(FIELDOOR) ポータブルコンパクト アウトドアチェア

超軽量かつコンパクトなデッキチェア。総重量はたったの1.25kgで、一般的に軽量とされるアウトドア向きのデッキチェアよりも、さらに軽いのが特徴です。強度に優れた「超々ジュラルミン」をフレームに採用することで、驚異の軽さを実現。

専用のポーチが付いており、折りたためば超コンパクトに収納できるのも、荷物が多くなりがちなキャンプや野外フェスの際には嬉しいポイントです。木製のロッカーベースを足元に取り付ければ、ゆらゆらと揺れ動くロッキングチェアとしても楽しめます。

シートデザインも、カモフラージュ柄やボタニカル柄など豊富なラインナップ。アウトドアシーンはもちろん、インテリアスタイルに合わせて、室内やベランダでも活用できる、おすすめのデッキチェアです。

スノーピーク(snow peak) Take!チェアロング LV-081R

スノーピーク(snow peak) Take!チェアロング LV-081R

とにかくおしゃれで、アウトドアシーンにもぴったりなデッキチェアを探している方におすすめの「スノーピーク」のTake!チェアシリーズ。ツヤを抑えたステンレスと木製を組み合わせたフレームは、北欧家具のようなデザインで、室内でも使いたくなるスタイリッシュなアイテムです。

本製品はTake!チェアシリーズのロングタイプ。通常のタイプに比べ、背もたれが高く、膝まですっぽりとサポートできるよう、座面の奥行きも深めに設計されています。さらに安定してゆったりと座れる、アームレストベルトがついているのがポイント。

シートには丈夫で耐久性に優れた「6号帆布」を使用し、汚れたら取り外して丸洗いできます。収納時は、中央に集めて束ねるだけなので、時間もかからずコンパクトに保管が可能です。デザイン性と機能性を兼ね備えたデッキチェアを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アディロンダック(ADIRONDACK) リラックスキャンパーズチェア

アディロンダック(ADIRONDACK) リラックスキャンパーズチェア

流行に左右されない、大人なキャンパーに人気の「アディロンダック」。なかでもキャンパーズチェアシリーズは、同ブランドの人気アイテムです。本製品は、リラックス感を高めた特別仕様のデッキチェア。座面が低く、背もたれの傾斜も深いので、ゆったりと包み込まれるような心地よさが味わえます。

フレームは軽さにこだわったアルミ製。シートは速乾性に優れたポリエステル素材なので、突然の雨に濡れても乾きやすいのが魅力です。重さも約2.9kgと軽量のため持ち運びにも便利。

シートに加え、フレームもオールブラック仕様なので、アウトドアはもちろん、シンプルでモダンなインテリアにもよく映えます。屋外のほか、室内でも季節を問わず1年中使いたいという方におすすめのデッキチェアです。

折りたたみ式 木製 デッキチェア

折りたたみ式 木製 デッキチェア

重厚感のあるオールウッド製のデッキチェア。カントリースタイルのテラスや庭にもマッチする、おしゃれなアイテムです。ベースには、最高級木材として家具などにも用いられるチーク材を使用。堅く丈夫なため、屋外で使用する木材としても最適です。

木目を生かすために、あえてオイルフィニッシュのみで仕上げ加工を施しているのもポイント。これにより木の温かみが増し、庭に茂る緑にもナチュラルに溶け込みます。しっかりと足先まで伸ばせるようフッドレストも搭載。しっかりとした作りで、ワンランク上のガーデンインテリアが目指せます。

木製デッキチェア

木製デッキチェア

ユニークな形の木製デッキチェア。2枚の格子状の板が重なり合うことで、チェアとしての機能を果たします。シンプル設計でありながら、使い勝手は抜群です。

座面板をスライドさせることによって、リクライニングも可能。さらに、座面の奥行きも浅めにしたり深めにしたりと、自分好みの奥行きに調節できるのも嬉しいポイントです。

ベースの木材は、丈夫で耐久性に優れた最高級チーク材を使用。使い始めのチーク材は赤茶色ですが、使い続けるうちにエイジングによりシルバーグレイに変化していきます。風格が増すため、ガーデナーにも人気の木材。長く愛用したい方におすすめのデッキチェアです。

木製 ダブルデッキチェア

木製 ダブルデッキチェア

暖かな日差しのなかを、夫婦や友人同士でおしゃべりやティータイムを楽しみたいという方におすすめの、2人並んで座れる、ベンチタイプのデッキチェアです。

チェアの間には、ティーカップや読みかけの本も置けるウッドテーブルを配置。ベランダで外の景色を眺めながら、至福のひと時を満喫できます。

ベースの材木には、東南アジア原産のバラウを使用。雨風にさらされることの多いウッドデッキなどにも使われている木材のため、耐久性は抜群です。仕上げはオイルステインのみ。虫食いなどにも強く、防腐塗料も不要なため、人や環境に優しいことも魅力です。

ディノス(dinos) ハイクラスIIフットレスト付デッキチェア G47001

ディノス(dinos) ハイクラスIIフットレスト付デッキチェア G47001

自宅にいながら、リゾートホテルにいるような気分が味わえる、ラタン風のデッキチェアです。見た目は「ラタン」そっくりですが、本製品は「人口ラタン」と呼ばれる天然のラタンをまねて作られた化学繊維タイプ。ロープ状のプラスチックを、ひとつひとつ丁寧に編み込んでいます。

ナチュラルでアジアンテイストなシートとは対照的に、フレームは無機質でスタイリッシュなアルミ素材。サビを軽減するため、粉末塗装で仕上げています。さらに、アームレストにはユーカリ天然木を使用。3素材の魅力を融合することで、リゾートスタイルのテラスはもちろん、モダンな室内にも絶妙にマッチします。

フットレストと背もたれは、連動してリクライニングする仕様。8つのポジションから、シーンに合わせたベストな位置に調節できます。シートは汚れたらサッと拭くだけなので、お手入れにも手間取りません。水濡れにも強いので、入浴後の夕涼みにもおすすめです。

ケター(KETER) パシフィックサンラウンジャー

ケター(KETER) パシフィックサンラウンジャー

自宅のベランダやテラスで、ワンランク上の贅沢な時間が満喫できるラタン風デッキチェア。足先までしっかり伸ばして、日光浴や読書が楽しめます。全体に施したラタン風の素材は全てポリプロピレン製。まるで本物のような緻密な編み目が魅力です。

背もたれを立ち上げれば、3段階にリクライニングが可能。背もたれを下ろすと、フラットなベッドスタイルになるため、寝転がることもでき、お昼寝も楽しめます。横からみた時の絶妙な流線形のラインもまたおしゃれ。お手入れのしやすさに加え、デザイン性にもこだわりたい方におすすめのデッキチェアです。