水素水生成器とは、美容や健康に効果があると話題の水素水を手軽に作ることができる機器のことです。水素水は市販でも販売されていますが、毎日飲むとなるとそれなりに費用がかかるため、コストを抑えて水素水を楽しみたい方は、水素水生成器を購入した方がトータルで安く済ませることができます。そこで今回は水素水生成器の選び方とおすすめの4機種を紹介します!

水素水生成器の選び方・ポイント

使用場所で選ぶ

水素水生成器には、大きく分けると2つのタイプがあり、1度にたくさんの水素水が作れる卓上型と、外出先でも手軽に水素水が楽しめる携帯型があります。1人で水素水を楽しみたい方や、設置場所にスペースを取りたくない方には携帯型、家族などの複数人で水素水を楽しみたい方には卓上型と、購入する際には使う用途や環境に合わせて、しっかりと合ったものを選びましょう。

価格で選ぶ

安いものなら数千円から、高いものになると10万円以上するような物まで、さまざまな価格帯の水素水生成器あります。安い水素水生成器は、数千円で購入できますが、一度に作れる量が少なく、手間もかかるので、生産性や効率性を重視するような方にはあまり向いていません。一方で、数万円するようなものになると、一度にたくさんの高濃度水素水を手軽に作ることができるので、手間をかけずに水素水を楽しみたいなら、値段は高くなりますが、高性能な水素水生成器がおすすめです。

生成時間&水素の量で選ぶ

水素生成時間は、短いもので1分程度から、長いもので10~20分程と、商品によって生成時間に個体差があるので、購入する際にはしっかりチェックしてみて下さい。また、水に含まれる水素の量も違ってくるので、少量の水でたくさんの水素を摂取したい方は、こちらも合わせてチェックしてみて下さい。

おすすめの水素水生成器4機種

フラックス(FLAX) ケータイ水素水ポケット FLPK12

商品価格 ¥ 54,000

気軽に携帯できるコンパクトな水素水生成器。外出先でも気軽に水素水を楽しみたい方には、こちらがおすすめです。本体には、バッテリーを内蔵しているので、コンセントがない場所でも、水素水を手軽に作ることが可能です。また、本体のフタにはネジフタ式を採用しているので、水が入った状態でも漏れずに、安心して持ち運べます。

パナソニック(Panasonic) 還元水素水生成器 TK-HS90-S

商品価格 ¥ 119,800

1度にたくさんの水素水が作れる水素水生成器。パナソニックが販売するこの水素水生成器は、7枚電極ハイパワー電解槽を搭載しているので、一度に最大7Lの水素水を作ることが可能です。さらに、ボタン一つでpH3.0からpH10.5まで8段階の水が選べるので、野菜のあく抜きから、洗顔までいろいろな用途で使えます。

ハリオ(HARIO) 水素水ポット HWP-10

商品価格 ¥ 4,967

電源不要の手動式水素水生成器。この水素水生成器は、手動式になっているので場所を選ばずに、どこでも快適に使えます。また、電源タイプと違いシンプルな構造になっているので、5000円以下で購入できるのもポイントです。安い水素水生成器が欲しい方や、お試しで使ってみたい方にピッタリです。

シナジートレーディング(Synergy Trading) GREENING WATER HDW0002

商品価格 ¥ 60,000

見た目がおしゃれな水素水生成器。水素水生成器のデザインにもこだわりたい方には、こちらがおすすめです。おしゃれなエスプレッソマシーンのような見た目なので、リビングやキッチンに置いても、景観を損なうことなくスタイリッシュに使えます。携帯用ボトルが付属するので、作った水素水を自宅だけでなく、外出先でも楽しむことができます。