ソニーが手掛ける人気のスマートフォンシリーズ「Xperia」。高いパフォーマンスはもちろん、簡単に綺麗な写真が撮れるカメラや縦に長く握りやすい本体など、さまざまな側面から人気を集めています。

そこで今回は、Xperiaのおすすめスマホをご紹介。Xperiaの魅力や詳しい選び方も合わせて解説するので、ぜひ自分にぴったりの1台を見つけてみてください。

Xperiaの魅力

By: sonymobile.co.jp

Xperiaシリーズのスマートフォンは、ブラビアのディスプレイ技術やαシリーズのカメラ性能、ウォークマンで培ったオーディオ技術など、さまざまな電子機器を取り扱うソニーの技術が惜しみなく投入されている点が魅力です。

特に、カメラ機能はソニーらしさが最も現れているポイント。αシリーズを基にしたマニュアル操作や、ソニーの映画チームが監修したシネマ撮影機能「Cinematography Pro」などは、Xperiaにしかないメリットです。

バッテリーが劣化しにくいのもXperiaの魅力のひとつ。いたわり充電やSTAMINAモードなど、バッテリーへの負荷を軽減する機能が複数搭載されており、設定するだけで簡単にバッテリーに優しく使い続けることが可能です。

多くのモデルが防水に対応。頑丈ながらSIMカードスロットはツールレスで開閉できるなど、細かな使い勝手のよさもXperiaのおすすめポイントです。

Xperiaの選び方

カメラ性能で選ぶ

画素数をチェック

By: sonymobile.co.jp

Xperiaをカメラ性能で選ぶ場合は、画素数のチェックが欠かせません。画素数が多いカメラで撮影した写真は細かい部分までしっかりと描写でき、撮影後に拡大してもディテールを保ちやすいという特徴があります。

画素数が少ないカメラの場合は、解像感は劣るもののイメージセンサーが受け取れる光量が多いので、豊かな表現が可能。色のグラデーションや濃淡などを自然に表現できるほか、暗いシーンでもノイズが乗りにくい点も魅力です。

Xperiaシリーズは、モデルによってさまざまな画素数のカメラを搭載しています。撮影後のトリミングや解像感を重視する場合は画素数が多いXperia、表現力重視の場合は画素数が少ないXperiaがおすすめです。

レンズを3つ搭載した「トリプルレンズカメラ」

By: sonymobile.co.jp

Xperiaシリーズのいくつかのモデルは、トリプルレンズカメラを搭載しています。標準カメラのほか、さらに画角の広い超広角カメラと遠くの被写体を狙える望遠カメラが組み合わされており、シーンに合わせて臨機応変に使い分け可能です。

超広角カメラは、ダイナミックな風景をそのままの迫力で写せる点が魅力。特有の歪みを活かした写真や複数人での記念撮影も取りやすく、旅行などに向いているカメラです。望遠カメラは、遠くの被写体を大きく写せるほか、余計な背景を切り取りたい場合にも使えます。

一部のハイエンドXperiaはツァイスブランドのレンズを採用しているので、さらにワンランク上の写真を目指す方におすすめです。

3D iToFセンサー

By: sonymobile.co.jp

「3D iToFセンサー」とは、被写体と端末との距離を瞬時に計測できるセンサーのこと。Xperiaシリーズのなかでも最上位のモデルとなるXperia 1Ⅱには、トリプルレンズカメラに加えて3D iToFセンサーが搭載されています。

3D iToFセンサーはセンサーから被写体へ赤外線を照射し、反射された赤外線が戻ってくるまでの時間を計測、距離を計測する仕組み。43200点ごとに距離を計測し被写体を立体的に捉えられるので、暗所でも素早くピントを合わせられます。

高速かつ正確なオートフォーカスを体験してみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ディスプレイで選ぶ

有機EL

By: sonymobile.co.jp

電圧をかけると発光する有機物を材料に作られたディスプレイが、有機ELディスプレイ。バックライトを搭載せず1画素ごとに消灯することで黒色を表現できるので、優れた省電力性能と黒が引き締まった高いコントラストを両立できます。

一方で、バックライトがないため最高輝度が暗く、屋外での視認性が液晶と比較して劣る場合がある点、長時間同じ画面を表示していると、焼き付きが発生する可能性がある点が有機ELディスプレイのデメリットです。

Xperiaシリーズのなかでも最新モデルの一部は、ディスプレイに有機ELディスプレイを採用しています。色鮮やかな表示が好みの方には、コントラストが高い有機ELディスプレイがおすすめです。

トリルミナスディスプレイ

By: sonymobile.co.jp

ソニーのテレビ「ブラビア」シリーズに採用されている技術を用いた「トリルミナスディスプレイ」。色域が広いので同系統の色もはっきりと区別でき、さまざまな色が混在するカラフルなシーンも、それぞれの色を引き立てつつ鮮やかに表示できます。

トリルミナスディスプレイを採用したXperiaは、写真や動画を繊細な色使いで表現可能。表示の美しさにこだわりたい方は、トリルミナスディスプレイ採用のXperiaをチェックしてみてください。

オーディオ性能で選ぶ

ハイレゾ対応

By: sonymobile.co.jp

ハイレゾ音源の再生に対応しているかどうかもXperiaを選ぶうえで重要なポイント。ハイレゾ音源はCDと比較して約6.5倍の情報量をもっているので、録音された際のオリジナルの音を忠実に再現できる点が特徴です。

音楽をできるだけ高音質で楽しみたい場合は、ハイレゾに対応したXperiaがおすすめ。DSEE UltimateやDSEE HXに対応していると、MP3やストリーミングの音楽もハイレゾ相当にアップスケーリングし高音質なサウンドを体験できます。

LDACというコーデックに対応しているXperiaの場合は、ワイヤレスでもハイレゾ音源を再生可能です。

Dolby Atmos

By: sonymobile.co.jp

Dolby Atmosとは、サウンドがあらゆる方向に動き回り、流れてくるように感じる立体音響技術。XperiaシリーズのなかにはDolby Atmosに対応したモデルもあるので、オーディオ性能に興味がある場合は、チェックしておきましょう。

Dolby Atmosは、音楽だけではなくさまざまなコンテンツの音を立体的に楽しめる点がメリット。一部の動画配信サービスは、Dolby Atmos音声でのストリーミング再生に対応しています。

映画やドラマを大迫力で楽しみたい方には、Dolby Atmos対応のXperiaがおすすめです。

イヤホンジャックの有無

By: sonymobile.co.jp

最近は性能や価格帯に関わらずイヤホンジャックが搭載されていない新型のスマートフォンが数多く登場しています。Xperiaシリーズも、一部イヤホンジャックを搭載していないモデルがあるので注意が必要です。

イヤホンジャックが搭載されていないXperiaに有線イヤホンを接続したい場合は、USBへの変換アダプターが必須。イヤホンと変換アダプターの両方を持ち歩かなければならず、イヤホン接続中は充電ができないというデメリットも発生します。

一方で、日常的にワイヤレスイヤホンを使用している場合は、イヤホンジャックの有無を気にする必要はありません。お気に入りの有線イヤホンがある場合は、イヤホンジャックを搭載したXperiaがおすすめです。

Xperiaのおすすめモデル

ソニー(SONY) Xperia 1Ⅱ

ハイレベルなカメラ機能を求める方におすすめ

ソニーのカメラαシリーズの技術が採用されたXperia。映画に採用される比率と同じアスペクト比21:9の有機ELディスプレイが特徴です。映画を視聴した際に画面いっぱいに表示できるのはもちろん、画面分割を利用したマルチタスクも快適に行えます。

標準・超広角・望遠のトリプルカメラに加え、深度を測定する「3D iToFセンサー」を搭載。ツァイスブランドのレンズを採用しており、繊細かつクリアな描写を実現します。本格的なシネマ撮影が可能な「Cinematography Pro」も魅力です。

プロセッサーにはSnapdragon 865を搭載し、5Gにも対応するので、高速な通信が可能。αシリーズに近い操作性でマニュアル撮影ができる「Photography Pro」も搭載しています。

リアルタイム瞳AFやRAW撮影など、プロ並みの撮影が体験できるので、ハイレベルなカメラ機能を求める方におすすめのXperiaです。

ソニー(SONY) Xperia 5Ⅱ

さまざまなコンテンツをハイクオリティで楽しめる

さまざまな機能が高いレベルでまとめられたXperia。ツァイスブランドのトリプルカメラを搭載し、広大な風景から遠くの被写体まであらゆるシーンに1台で対応可能です。プロレベルのマニュアル撮影ができる「Photography Pro」も搭載します。

イヤホンジャックを搭載し、ハイレゾ音源の再生に対応。LDACコーデックも利用できるので、有線・ワイヤレスを問わず高音質なハイレゾ音源を楽しめます。CDやストリーミングの音源をハイレゾレベルに補完するDSEE Ultimateも利用可能です。

ディスプレイはアスペクト比21:9の有機EL。120Hzのリフレッシュレートに対応しているので、スムーズな表示を体験できます。

最大240Hzのタッチ検出も組み合わさり、ゲームも快適にプレイ可能。さまざまなコンテンツをハイクオリティで楽しめるおすすめのXperiaです。

ソニー(SONY) Xperia 8 Lite

防水性能が高く画面が濡れた状態でも操作ができる

低価格なXperia。リーズナブルながら背面にはデュアルカメラを搭載しており、光学2倍ズームや背景をぼかしたポートレート写真を撮影可能です。「プレミアムおまかせオート」機能を使えば、さまざまなシーンを認識し、適切な設定を自動で適用できます。

プロセッサーにSnapdragon 630を採用し、サクサクとした快適な操作を実現。画面が濡れた状態でも操作ができる、IPX5/8の防水性能も魅力です。おサイフケータイにも対応するので、スピーディに決済できます。

ディスプレイはアスペクト比21:9で約6インチ。表示領域が広く、マルチウィンドウも快適に利用できます。コストパフォーマンスに優れたおすすめのモデルです。

ソニー(SONY) Xperia 10Ⅱ

軽量かつコンパクトなXperiaです。3600mAhの大容量バッテリーを搭載していながら、本体の重量は約151gと非常に軽量。「STAMINAモード」や「いたわり充電」など、バッテリーへの負荷を低減したり長持ちさせたりする機能も搭載されています。

イヤホンジャックを搭載しハイレゾに対応するほか、ワイヤレス接続時のコーデックとしてLDACにも対応。有線でもワイヤレスでも高音質なサウンドを楽しめます。約6インチの「トリルミナスディスプレイ」は、スリムな設計なので片手で簡単に操作可能です。

21:9の大画面は、2つのアプリを同時に起動するマルチタスクも快適。おサイフケータイにも対応するので、財布を持ち歩かずに買い物や移動ができます。コンパクトで扱いやすいおすすめの1台です。

ソニー(SONY) Xperia 1

高性能なトリプルカメラを搭載したXperia。αシリーズの技術を取り入れた画像処理エンジンを搭載し、瞳AFやAF追従高速連写が可能です。大型センサーと明るいレンズにより夜景も美しく撮影でき、背景ぼけを活かしたポートレートも撮影できます。

21:9のシネマワイドディスプレイを採用し、黒帯を発生させず画面いっぱいに映画を表示可能。HDRに対応した4Kの有機ELディスプレイと、ブラビアシリーズの技術が受け継がれた高画質化エンジンにより、高精細かつ高コントラストな映像を実現します。

独自の充電最適化技術「いたわり充電」により、バッテリーの負担を軽減可能。Dolby Atmos対応のため、立体的なサウンドも楽しめます。フィーチャーフォン風のわかりやすいホーム画面に設定できるので、初めてのスマホにもおすすめのXperiaです。

ソニー(SONY) Xperia 5

スタイリッシュなデザインのXperia。プロセッサーにはSnapdragon 855を採用し、メモリは6GB、ストレージは128GBを搭載しています。おサイフケータイや防水防塵にも対応し、ハイスペックながら日常的に使いやすい仕様が魅力です。

標準・望遠・超広角のトリプルレンズカメラを搭載。「瞳AF」や高感度撮影を駆使した美しい静止画はもちろん、高いコントラストで白飛びや黒潰れを抑えた4KのHDR動画撮影も可能です。映画のような表現ができる「Cinema Pro」機能も搭載されています。

バックパネルにはガラス、サイドにはメタルを採用。カラーバリエーションとしてブラック・グレー・ブルー・レッドの4色が用意されており、光が当たる角度によってさまざまな表情を楽しめます。デザイン性を重視する方におすすめのモデルです。

ソニー(SONY) Xperia 8

おしゃれなカラーバリエーションが取り揃えられたXperia。アスペクト比21:9、大きさ約6インチのディスプレイを搭載しています。縦方向に長く横幅が約69mmと非常にスリムなので片手でも扱いやすく、手の小さい方にもおすすめです。

背面には、約1200万画素と約800万画素のデュアルカメラを搭載。背景ぼけを生み出し被写体を際立たせたり、遠くの被写体を2倍ズームで大きく捉えたりできます。インカメラでは、ぼけや肌の明るさを調節できるポートレートセルフィーを利用可能です。

背面・前面ともに頑丈な強化ガラスを採用。本体の側面に指紋センサーが搭載されているので、握る動作で自然とロックを解除できます。

カラーバリエーションはブラック・ホワイト・オレンジ・ブルーの4色から選択可能です。

ソニー(SONY) Xperia Ace

手の平におさまるコンパクトなXperia。本体サイズが高さ140×幅67×厚さ9.3mmであり、非常に小型な点が特徴です。ディスプレイには約5インチのトリルミナスディスプレイが採用されており、重量は約154g。メモリは4GB、ストレージは64GBです。

小型ながら高性能なカメラも魅力のひとつ。光学式と電子式を組み合わせた手振れ補正と明るいレンズにより、光量が少ないシーンでも明るくぶれずに撮影可能です。セルフィーの際は画角を80°と120°から選択できるので、臨機応変に使えます。

フロントステレオスピーカーもポイント。音が正面から聞こえるので、音楽や動画などを大迫力で楽しめます。手の平サイズで取り回しやすいXperiaを探している方は、ぜひチェックしてみてください。