お風呂やアウトドアなど水辺でも安心して使える「防水スマホ」。高い防水性能はもちろん、スマホとしての基本性能も良好で、さまざまな便利機能を搭載したモデルが多数販売されています。

そこで今回は、防水スマホの魅力や選び方のポイントを解説。おすすめ機種もご紹介するので、スマホの買い替えや購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

防水スマホのメリット

お風呂でもスマホが使える

防水スマホがあれば、お風呂でもWebブラウジングやSNS、動画、音楽などが楽しめます。また、友人や家族との通話も可能です。

ただし、スマホの防水性能は真水での使用が条件となる機種がほとんど。入浴剤、石けんなどがかからないよう注意して使用しましょう。

海や川などのアウトドアでも安心

By: torque-style.jp

アウトドアシーンでも、SNSをチェックしたり、写真を撮ったりしたい場合はスマホが手放せません。防水スマホなら水辺でも安心して使えるので便利です。

カヤックなど川でのアクティビティや釣りなど海でのレジャー、スノーボードといったウインタースポーツなど、防水スマホが活躍するシーンはたくさんあります。

ただし、防水スマホでも海水に浸すと塩分によって金属部品が腐食し、故障の原因になることも。防水のスマホケースを併用するなどの対策をしましょう。

不意の水没による故障を防げる

キッチンのシンクやトイレなどは、日常生活のなかでもスマホを水没させるリスクがあります。不意の水没も防水スマホなら故障してしまう可能性を低減。さらに、汗をかいたり湿度が高くなったりする時期も防水性を備えていれば、故障しにくく安心です。

ゲリラ豪雨や台風といった自然災害時に、雨のなかで情報収集できるメリットもあります。お風呂や水辺のアウトドアで使う予定がない方も、検討してみてください。

スマホの防水等級「IP規格」とは?

By: google.com

スマホの防水性能は、「IP」という規格で表示されます。IPは、日本工業規格および社団法人日本電機工業会が国際規格の「IEC529」に準拠して規格化。IPに続く2文字のコードで防水性能および防塵性能を示しています。

IPに続く第1数字記号は、防塵性能を0~6の7等級で表示。数字が大きいほど防塵性能が高くなります。第2数字記号は、防水性能を0~8の9等級で表示。「IPX8」は水面下での使用が可能とされており、数字が大きいほど防水性能は向上します。

なお、「IP67」といったように防塵性能と防水性能を組み合わせて表示する場合と、「IP6X」「IPX7」と別々に表示する場合があるので注意が必要です。

防水スマホの選び方

利用シーンに合った防水性能を選ぶ

キッチンなどの水場ならIPX6以下でも問題ない

キッチンなどの水場で使って水がかかる程度や、雨や汗の対策程度なら「IPX6」以下の防水スマホでも問題ありません。IPX6は「いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても有害な影響を受けない」程度の防水性能とされています。

ただし、IPX6以下の規格では水中で圧力がかかる状態でのテストは行われていないことに注意しましょう。IPX6以下の防水スマホは、日常生活のなかでスマホに水がかかった際の故障のリスクを低減したい方におすすめです。

お風呂での使用や水没対策ならIPX7以上のモデルを

By: galaxymobile.jp

お風呂で長時間スマホを使う場合や、不意の水没リスクに備えたい場合は、「IPX7」以上の防水スマホがおすすめです。IPX7は、「規程の圧力、時間で水中に没しても水が浸入しない」程度の防水性能。水深1mに30分間沈めるテストを実施して浸水しないことが確認されています。

ただし、IP規格は真水での防水性能を表しているので、入浴剤やシャンプーなどへの耐性は確認されていないことに注意が必要です。日常的にお風呂でスマホを楽しみたい方は、IPX7以上の防水スマホを選びましょう。

アウトドアで使う場合は耐久性もチェックしよう

By: torque-style.jp

海や川といった過酷な環境で使う場合は、最高規格「IP68」の防水スマホがおすすめです。「IPX8」は水面下での使用が可能な防水性能とされており、メーカーが独自の基準でテストを実施。また、「IP6X」の保護の程度は完全な防塵構造とされ、テストによって粉塵の侵入が防護できることが確認されています。

さらに、メーカーが「耐海水」「耐落下」「耐衝撃」「耐振動 」「低圧動作」「高温動作」「低音動作」といった独自の耐久性能を設けてテストしているモデルも存在。過酷なアウトドア環境でスマホを使うなら、より高度な耐久性を持った防水スマホがおすすめです。

価格をチェック

By: sony.jp

防水スマホも通常のスマホと同様に価格帯はさまざまです。お風呂でゲームを楽しみたい方なら、防水性能に加えて高価格のハイエンド機がおすすめ。ストレスが少なくゲームがプレイできます。

防水スマホでSNSやメールのチェックをしたい方は、エントリーモデルの格安スマホをチェック。防水スマホの使用目的にあわせて選びましょう。

今持っているスマホを防水にするには

By: rakuten.co.jp

現在使っているスマホが防水対応でない場合でも、防水ケースを装着すれば水辺でも使用できます。今持っているスマホをお風呂で使いたい方などにおすすめです。防水ケースは機種ごとに用意された専用ケースと、スマホのサイズ別に販売されているモノがあります。

さらに、耐衝撃性能を兼ね備えたハードケースタイプや、ソフトケースタイプなどもラインナップされているので、チェックしてみてください。

防水スマホケースのおすすめはこちら

防水スマホのおすすめモデル

オッポ(OPPO) A55s 5G

コストパフォーマンスに優れた防水スマホ。気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現しながら、美しい映像が楽しめる約6.5インチのフルHD+ディスプレイと、5G通信対応の「Qualcomm Snapdragon 480 5G」を搭載しています。

ほかにも、AIを搭載したデュアルカメラや、緊急時に活躍するFMラジオ、充電切れを気にせず使える4000mAhの大容量バッテリーなど、基本性能が充実しているのも大きな特徴です。本製品はIP68相当の防水・防塵性能を備えているので、急な雨や水まわりでも安心して使用できます。

また、リフレッシュレートは90Hzに対応。動きの速いコンテンツもなめらかな画面表示と操作感で楽しめます。

シャープ(SHARP) AQUOS sense6

基本性能が充実したシャープの人気モデルです。大容量の4570mAhバッテリーと、電力の消費を低減するシャープ独自のアイドリングストップを組み合わせることで、長時間の電池持ちを実現。お気に入りの動画やアプリを外出先でも気兼ねなく楽しめます。

防水・防塵を含む17項目のMIL規格をクリアしているのも大きなポイント。耐久性が気になる方でも安心して使えます。

スペック面では、CPUにQualcomm Snapdragon 690 5Gを搭載し、メモリに4GB LPDDR4X、ストレージに64GB UFS 2.2を用意。また、シャープ独自の「IGZO OLED」で美しい映像が楽しめるのも特徴です。

モトローラ(Motorola) edge 20

薄くて軽いデザインが特徴的な防水スマホです。迫力ある映像が楽しめる6.7インチの有機ELディスプレイを搭載していながら、約163gの軽さと最薄部約6.99mmの薄さを実現。防水性能はIP52と少し控えめです。

機能面では、プロレベルの本格的な撮影が楽しめる1億800万画素のカメラシステムを搭載。また、わずか10分間の充電で最大8時間使える「TurboPower 30W」を備えているのも魅力です。接続面では、超高速ダウンロードを実現する「Wi-Fi 6E」に対応しています。

さらに、8コアのチップ内蔵したQualcomm Snapdragon 778Gと、大容量の6GB RAMを組み合わせることで、操作を快適に行えるのも嬉しいポイントです。

シャープ(SHARP) AQUOS R6

1インチの大型センサーを搭載した防水スマホ。歪みが少なく、目で見たままのような精細な描写が可能です。スマホでハイクオリティな写真を撮影したい方に適しています。

ディスプレイには、ピーク輝度2000nit・コントラスト2000万:1の「Pro IGZO OLED」を採用。お気に入りの動画や写真を美しい色鮮やかな映像で楽しめます。

スペック面では、CPUにQualcomm Snapdragon 888 5Gを搭載。メモリには12GB RAM、ストレージには128GB ROMを用意しています。また、IPX5/8等級の防水性能を備えているのも魅力です。

サムスン(Samsung) Galaxy Z Fold3 5G

さまざまな使い方ができる防水スマホです。独自の折り畳みディスプレイを採用しており、用途やシチュエーションに応じてスマホ・タブレットの2通りの使い方が可能。リフレッシュレートは120Hzに対応しているので、動きの激しいコンテンツも滑らかな映像で楽しめます。

IPX8等級の高い防水性能や、丈夫なガラス「Corning Gorilla Glass Victus」を採用することで、耐久性も良好。カメラは、望遠・広角・超広角の3つのレンズを組み合わせたマルチカメラシステムを搭載しているので、きれいな写真・動画を撮影できます。

オプションのスタイラスペン「Sペン」を使えば、イラストを描いたり、手書きのメモを取ったりすることが可能なのも嬉しいポイントです。

グーグル(Google) Pixel 6 Pro

デザイン性と耐久性を両立した防水スマホです。独自のプロセッサ「Google Tensor」を搭載することで、サクサク動く高いスペックを実現。加えて、独自設計の「Titan M2」で、大切なデータを保護できるのも特徴です。

画面サイズは6.7インチで、リフレッシュレートは120Hz、解像度は1440×3120のQHD+に対応。本製品はIP68準拠の防水・防塵性能を備えています。

さらに、プロレベルのレンズを搭載したカメラや、最大23Wの出力で充電できる急速ワイヤレス充電など、便利な機能が充実しているのも魅力です。

京セラ(KYOCERA) TORQUE 5G

タフネスデザインを採用した防水スマホ。2mの高さから落としても壊れにくい耐衝撃性や、大きな荷重がかかっても壊れにくい耐荷重性、水深2mの海水にも耐える耐海水性など、厳しい耐久試験をクリアした性能を備えているのが魅力です。

防水性能はIPX5/8に対応。また、本体に付着した汚れを泡ソープで洗ったり、アルコール除菌シートで拭いたりできるのも嬉しいポイントです。

8個のコアを内蔵したQualcomm Snapdragon 765をはじめ、大容量の6GB RAM・128GB ROMなど、スペック面も良好。さらに、ディスプレイの両端に搭載したフロントステレオスピーカーで、迫力あるサウンドが楽しめるのも大きな特徴です。

ソニー(SONY) Xperia 5 III

ソニーの先進技術を詰め込んだ防水スマホです。焦点距離の切り替えが可能な可変式望遠レンズを搭載。風景からポートレートまで、シーンに合わせたさまざまな構図の撮影が楽しめます。

CPUの「Qualcomm Snapdragon 888 5G」と、メモリの8GB RAMを組み合わせることで、処理の重いアプリやゲームがサクサク動くのも魅力。バッテリー容量は4500mAhと余裕があるため、外出先でも長時間スマホを操作できます。

水まわりでも快適に使えるIPX5/8の防水性能や、ワンタッチでロック解除できる指紋認証など、基本性能が充実しているのもポイント。また、臨場感あふれるサウンドが楽しめる「360 Reality Audio」の再生にも対応しています。

アップル(Apple) iPhone 13 Pro Max

高性能な「A15 Bionicチップ」を搭載したスマホ。処理の重いアプリやゲームもサクサク快適に楽しめます。1TBの大容量ストレージを採用することで、多くのデータを保存できるのも嬉しいポイントです。

カメラは超広角・広角・望遠を搭載しており、最大4K/30fpsのProResビデオ撮影が可能。プロレベルのハイクオリティな写真・動画撮影が気軽に行えます。また、美しい映像が楽しめる「Super Retina XDRディスプレイ」を備えているのも魅力です。

水深6mで最大30分間耐えられるIP68等級の防沫・耐水・防塵性能を備えているのも特徴。さらに、カメラを見るだけでロック解除・購入時の認証が可能な「Face ID」など、機能面が充実しています。

アップル(Apple) iPhone 13 mini

コンパクトで使いやすいスマホ。ディスプレイは5.4インチと手に収まりやすいサイズなので、手の小さな方でも片手で操作が可能です。扱いやすいサイズを実現しながら、IP68等級の高い耐水性能を備えているのも大きな特徴です。

フロントカメラには、ナイトモードと4Kドルビービジョンに対応した「TrueDepthカメラシステム」を搭載しているので、自撮りをきれいに楽しみたい方にもおすすめ。シネマティックモードを使えば、映画のような本格的な映像が撮影できるのも魅力です。

本製品はCeramic Shieldによる頑丈なデザインを採用しており、耐久性も良好。2枚のSIMカードを挿して運用できる「デュアルSIM」対応モデルなのも嬉しいポイントです。