お風呂やアウトドアなど水辺でも安心して使える「防水スマホ」。高い防水性能はもちろん、スマホとしての基本性能も良好で、さまざまな便利機能が搭載された機種が各メーカーから多数発売されています。

そこで、今回は防水スマホの魅力や選び方のポイントを詳しく解説。おすすめ機種もご紹介するので、スマホの買い替えや購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

防水スマホのメリット

お風呂でもスマホが使える

By: sonymobile.co.jp

防水スマホは、お風呂のなかでも使えて便利です。防水スマホがあれば、お風呂のなかでもWebブラウジングやSNS、動画、音楽などが楽しめます。また、お風呂のなかでも友人や家族との通話が可能。

ただし、スマホの防水性能は真水での使用が条件となる機種がほとんどなので、入浴剤、石けんなどがかからないよう注意が必要です。

海や川などのアウトドアでも安心

アウトドアシーンでも、SNSをチェックしたり、写真を撮ったりしたい場合はスマホが手放せません。そんなとき、防水スマホなら水辺でも安心して使えます。

カヤックなど川でのアクティビティや釣りなど海でのレジャー、スノーボードといったウインタースポーツなど、防水スマホが活躍するシーンはたくさんあります。

ただし、防水スマホでも海水に浸すと塩分によって金属部品が腐食して故障の原因となるので注意が必要です。また、防水のスマホケースを併用すれば、さらに安心して使えます。

不意の水没による故障を防げる

キッチンのシンクに落としてしまったり、トイレに落としてしまったりと、日常生活のなかでもスマホ水没させるリスクがあります。

不意にスマホを水の中に落としたり、突然あめが降ってきても、防水スマホなら故障してしまう可能性を低減。さらに、汗をかいたり湿度が高くなったりする時期にポケットにスマホを入れておいても安心です。

また、ゲリラ豪雨や台風といった自然災害時でも、安心して情報収集できるというメリットも。お風呂や水辺のアウトドアで使う予定がない方にもおすすめです。

スマホの防水等級「IP規格」とは?

By: oppo.com

スマホの防水性能は、「IP」という規格で表示されます。IPは、日本工業規格および社団法人日本電機工業会が国際規格の「IEC529」に準拠して規格化。IPに続く2文字のコードで防水性能および防塵性能を示しています。

IPに続く第1数字記号は、防塵性能を0~6の7等級で表示。数字が大きくなるほど防塵性能が高くなります。第2数字記号は、防水性能を0~8の9等級で表示。「IPX8」は水面下での使用が可能とされており、数字が大きくなるほど防水性能が高くなります。

なお、「IP46」といったように防塵性能と防水性能を組み合わせて表示する場合と、「IP4X」「IPX6」と別々に表示する場合があるので注意が必要です。

防水スマホの選び方

利用シーンに合った防水性能を選ぶ

キッチンなどの水場ならIPX6以下でも問題ない

By: fmworld.net

キッチンなどの水場で使って水がかかる程度や、雨や汗の対策程度なら、「IPX6」以下の防水スマホでも問題ありません。IPX6は「いかなる方向からの水の強い直接噴流によっても有害な影響を受けない」程度の防水性能とされています。

ただし、IPX6以下の規格では水中で圧力がかかる状態でのテストは行われていないことに注意が必要。IPX6以下の防水スマホは、日常生活のなかでスマホに水がかかった際の故障のリスクを低減したい方におすすめです。

お風呂や水没対策ならIPX7以上のモデルを

お風呂で長時間スマホを使ったり、不意の水没リスクに備えたりしたいなら、「IPX7」以上の防水スマホがおすすめです。IPX7は、「規程の圧力、時間で水中に没しても水が浸入しない」程度の防水性能。水深1mに30分間沈めるテストを実施して浸水しないことが確認されています。

ただし、IP規格は真水での防水性能を表しているので、入浴剤やシャンプーなどへの耐性は確認されていないことに注意が必要です。日常的にお風呂でスマホを楽しみたい方は、IPX7以上の防水スマホを選びましょう。

アウトドアで使う場合は耐久性もチェックしよう

By: fmworld.net

海や川といった過酷な環境で使う場合は、最高規格「IP68」の防水スマホがおすすめです。「IPX8」は水面下での使用が可能な防水性能とされており、メーカーが独自の基準でテストを実施しています。また、「IP6X」は完全な防塵構造とされ、テストによって粉塵の侵入が防護されていることが確認されています。

さらに、メーカーが「耐海水」「耐落下」「耐衝撃」「耐振動 」「低圧動作」「高温動作」「低音動作」といった独自の耐久性能を設けてテストしているモデルも存在。なかには、米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810G」でテストを行っている機種もあります。

過酷なアウトドア環境でスマホを使うなら、より高度な耐久性を持った防水スマホがおすすめです。

今持っているスマホを防水にするには

By: amazon.co.jp

現在使っているスマホが防水対応でない場合でも、防水ケースを装着することによって水辺でも使えるようになります。今持っているスマホをお風呂で使いたい方などにおすすめです。防水ケースは機種ごとに用意された専用ケースと、スマホのサイズ別に販売されている汎用ケースがあります。

また、耐衝撃性能も兼ね備えたハードケースタイプと、軽量で気軽に使いやすいソフトケースタイプに大きく分類。どちらを使う場合でも、事前に空ケースの状態で水に入れてみて浸水しないかテストすることが大切です。

さらに、防水スマホを使っている方でも、防水ケースを併用すれば安心感が高まります。特に、海外旅行などで大切な情報源となるスマホを壊したくない場合は、防水ケースの併用がおすすめです。

防水スマホケースのおすすめはこちら

防水スマホのおすすめモデル

アップル(Apple) iPhone 11 64GB SIMフリー

IP68等級の防塵・防水性能を備えた防水スマホです。最大水深2mで30分間の耐水性能を獲得しています。さらに、前面と背面のガラスは、2重のイオン交換プロセスにより強化。ディスプレイは6.1インチのLiquid Retina HDを搭載しています。

カメラには、デュアルカメラシステムを採用。超広角のレンズにより、雄大な自然や多人数での撮影がきれいに行えます。ナイトモードやスマートHDRなどの機能も便利。また、60fpsの4Kビデオ撮影にも対応しているのも嬉しいポイントです。

アップル(Apple) iPhone SE

コンパクトなサイズ感が人気の第2世代のiPhone SE。IP67等級の防塵・防水性能を備えています。持ちやすいサイズの4.7インチRetina HDディスプレイがポイント。また、「iPhone 11 Pro」と同じ「A13 Bionicチップ」を搭載し、さまざまなアプリをパワフルに動かせます。

さらに、指紋認証センサー「Touch ID」や「Apple Pay」といった機能も便利。費用を抑えながらも、iPhoneならではの技術を楽しみたい方におすすめです。

シャープ(SHARP) AQUOS sense3 SH-02M

IPX5/8の防水性能とIP6Xの防塵性能を持った防水スマホです。防水・防塵性能ともに最高規格に合格しているので、お風呂や水辺のアウトドアフィールドでも安心して使えます。また、4000mAhのバッテリー容量を備えているうえ、省エネ性能に優れたディスプレイにより電池持ちがよいことが特徴。

さらに、「FelliCa」に対応しているので、「Suica」や「Edy」といった電子マネーが使えるのも嬉しいポイントです。5.5インチディスプレイのコンパクトなサイズと約167gの重量は、手が小さめの方にもしっかりフィット。日常生活からアウトドアまで幅広く使えるモデルです。

富士通(FUJITSU) arrows M05

IPX5/8の防水性能とIP6Xの防塵性能を備えたSIMフリーの防水スマホです。さらに、米国国防総省の調達基準「MIL-STD-810G」に準拠した耐衝撃性もポイント。キッチンやガーデニングなど、日常的に水回りでスマホを使う方におすすめです。

見やすくて使いやすい「シンプルモード」や、相手の声が聞き取りやすい「はっきりボイス」などの機能を数多く搭載。あまりデジタル機器の操作が得意でない方でも安心して使えます。

ソニー(SONY) Xperia Ace

IPX5/8の防水性能とIP6Xの防塵性能を持つSIMフリーの防水スマホです。5.0インチディスプレイで片手に収まるのが魅力。USB Type-Cポートはキャップレス仕様なので、充電も簡単です。

おサイフケータイや指紋認証といった利便性に優れた機能も搭載。プロセッサ「Qualcomm Snapdragon 630」と4GBメモリを搭載するミドルレンジ仕様で、複数のアプリを立ち上げても軽快です。

メインカメラにはハイブリッド手ブレ補正機構を搭載し、暗いシーンでもきれいに撮影できます。日常生活からアウトドアまで、スマホでたくさん写真を撮りたい方におすすめのモデルです。

オッポ(OPPO) Reno3 A

IP68の防塵・防水性能を備えたSIMフリー防水スマホです。プロセッサに「Qualcomm Snapdragon 665」を採用。6GBメモリと128GBのストレージを搭載するミドルハイクラスながら、コストパフォーマンスに優れているのが魅力です。

また、119°と超広角の4800万画素カメラを含む4眼カメラシステムを搭載。電子式手ブレ補正とジャイロセンサーの組み合わせで、ブレの少ない映像が撮影できます。さらに、おサイフケータイを搭載していることも嬉しいポイント。スペックが高いスマホを手軽な価格で購入したい方におすすめです。

サムスン(SAMSUNG) Galaxy S10

IPX5/8クラスの防水性能とIP6Xクラスの防塵性能を持った防水スマホです。6.1インチのディスプレイを搭載し、ベゼルを限りなく減らしたデザインが特徴的。8GBメモリと128GBのストレージを搭載し、マルチタスクを軽々こなせます。

カメラは、3台のアウトカメラと1台のインカメラの合計4台を搭載。超広角から望遠まで、シチュエーションに応じた撮影が可能です。また、超音波指紋認証や顔認証でセキュリティも万全。高いパフォーマンスを発揮する防水スマホを探している方におすすめです。

ファーウェイ(HUAWEI) P40 Pro

IP68の防塵・防水性能を備えた5G対応の防水スマホです。CPUにオクタコアの「HUAWEI Kirin990 5G」を採用。8GBメモリと256GBのストレージを搭載し、ミドルクラスのノートパソコン並みの処理能力を発揮します。

また、モバイルデータ通信の最新規格である5Gに対応するだけでなく、Wi-Fi 6やBluetooth 5.1などのデータ通信規格を網羅していることもポイント。なお、OSにはAndroidベースの「EMUI 10.1」を採用しており、アプリは「HUAWEI AppGallery」からダウンロードできます。

京セラ(KYOCERA) TORQUE G04

IPX5/8の防水性能とIP6Xの防塵性能を持つタフな防水スマホです。頑強な太リムとコーナーバンパーを採用し、耐衝撃性に優れていることがポイント。鉄板やコンクリートへの落下や鋼球落下など、独自の耐久テストをクリアしています。

また、温度変化への対応や低圧下での耐久テストも合格しているので、過酷な気象条件下でスマホを使う方におすすめ。グローブを着けたままでもタッチパネルが操作できる「グローブタッチ」など、アウトドアに適した機能が数多く搭載されています。さらに、消耗しやすいUSBカバーや電池パックが交換可能など、メンテナンス性にも優れたモデルです。

エイスース(ASUS) ROG Phone

IPX4の防水機能を有するゲーミングスマホです。「Adreno 630」グラフィックスを内蔵するハイエンドCPU「Qualcomm Snapdragon 845」を搭載。さらに、LPDDR4Xの8GBメモリと、スマホとしては非常に大容量な512GBのストレージを採用しています。

また、6インチワイドディスプレイと10点マルチタッチ・スクリーンを搭載。スマホゲームを思う存分楽しみたい方におすすめです。