スマホを海や川などの水場で使用するときに役立つのが「スマホ防水ケース」。日常生活から、海やプールといったレジャーまで、幅広いシーンで防水できるモデルが販売されています。装着した状態でも快適にタッチ操作や通話ができるモデルも多く、ひとつあると便利なアイテムです。

そこで今回は、スマホ防水ケースの選び方とおすすめモデルをご紹介します。気になる方はぜひチェックしてみてください。

スマホ防水ケースの選び方

防水レベルで選ぶ

By: elecom.co.jp

防水性能を表すのに用いられるのが、IP規格という国際基準。たとえば、製品に「IP68」と表示されている場合、1桁目の数字である「6」が防塵性能、2桁目の数字である「8」が防水性能の等級です。

数字が大きいほど、保護の度合いが高くなります。雨からスマホを守りたい場合は2桁目の数字が3〜4等級、水没の可能性がある場所もしくは水中でスマホを使用したい場合は8等級を目安に選びましょう。

ケースの種類で選ぶ

ハードタイプ

By: amazon.co.jp

ハードタイプは、一般的なスマホケースと同じように、スマホにフィットするタイプのケース。スリムでかさばらず持ち歩きやすく、日常的に装着しておけるので、スマホが濡れてしまう機会が多い方におすすめです。

耐衝撃性や防塵性に優れたモデルも多く、アウトドアやスポーツに適しているのも魅力。海や川のゴツゴツした岩場や、プールサイドの硬い地面などに落としてしまったときに、スマホへのダメージを軽減する効果が期待できます。

ただし、ハードタイプはスマホの機種に適した製品を選ぶことが重要。購入の際は対応機種をよくチェックしましょう。

ポーチタイプ

By: amazon.co.jp

ポーチタイプは、ソフトなプラスチック製のポーチにスマホを入れるタイプ。ストラップ付きのモノも多く、首から下げて携行できるので便利です。

スマホのサイズより余裕を持って大きめに作られているモデルが多く、小銭やカードといった貴重品を入れてまとめて管理できます。日常使いはもちろん、海やプールなどのレジャーにおすすめのタイプです。

また、リーズナブルな製品が多いのもメリット。スマホ防水ケースを試しに使ってみたい方にも適しています。ハードタイプのようにスマホに密着するモノではないので、幅広い機種に対応可能なのもポイントです。

使用する場所で選ぶ

お風呂での使用をメインに想定する場合は、取り扱いが簡単なシンプル設計のスマホケースがおすすめ。スタンドが付属していれば動画を視聴する際に便利です。

また、プールで活躍するのは、首にかけて手軽に持ち運べる軽量でコンパクトなスマホケース。写真を撮影することが多い方はスマホケースの透明度にも注目してみてください。

海での使用では波に揉まれることも考慮して、ストラップ周りを中心にスマホケースの耐久性をチェックしましょう。フローティング構造を採用しているスマホケースであれば、水中に落としてしまっても浮かび上がりやすいので安心です。

安価な製品は要注意

スマホ防水ケースは100均などでも販売されています。ただし、安価な製品は防水性の低いモノが多いので注意が必要。

同じ「防水」でも「日常生活防水」モデルでは、水中撮影や強い雨のなかでの使用はできません。キッチンなどの水回りで水ハネからスマホを守ったり、濡れた手で操作したりするときに使用するのに適しています。

スマホの操作しやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

スマホ防水ケースに入れた状態での、スマホ操作のしやすさも重要なポイントです。タッチ操作はもちろんですが、指紋認証や顔認証システムにも対応していると便利。ケースの上からパスコードを入力する手間が省けます。

さらに、通話や音楽を聴く機会が多い方なら、音量調節ボタンが操作しやすいかもチェックしておきましょう。周囲の状況に応じて、適した音量で通話や音楽が楽しめます。

その他機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

アウトドアシーンなどで使いたい方は、防塵機能にも注目しましょう。IP68など優れた防塵防水性能を搭載したモデルなら、水濡れはもちろん砂やホコリが侵入するリスクも低減できます。

また、ケースを装着したまま充電できるかもポイント。ワイヤレスによる充電ができると、充電のたびにケースを取り外す手間がかかりません。

スマホ防水ケースのおすすめモデル|iPhone用

ライフプルーフ(LifeProof) FRE iPhone12専用全面保護ケース 77-82145

耐衝撃性にも優れた設計ながらカメラも使用できる

iPhone12に対応した防水ケースです。IP68に準拠した防水防塵性能を実現。水深2mまで耐えられると謳われており、さまざまなシーンで使用できます。

防水だけではなく耐衝撃性能に優れている点も魅力のひとつ。アメリカの軍事規格「MIL-STD 810G-516.6」に準拠しています。また、防水ケースにはストラップホールも用意されているため、落下の防止も可能です。

頑丈な設計ながら、カメラを使用できる点も魅力。カメラの保護ガラスにはARコーティングが施されており、美しい写真を撮影できます。

ゴーステック(GHOSTEK) ノーティカル3 for iPhone 12 GHOCAS2663

季節を問わずアウトドアシーンでも活躍するケース

360°方向からiPhoneを保護する防水ケース。リアパネルをケースにはめ込むだけの簡単な手順で装着可能です。主な素材にはポリカーボネートを採用。対応しているiPhoneのモデルは、iPhone 12です。

IP68に準拠した防水に対応。水濡れはもちろん、雪にも耐えられるため、季節を問わず使用可能です。また、耐衝撃性にも優れており、コーナー部分に搭載されたラバー素材のクッションにより、落下などの衝撃を吸収します。

普段使いはもちろん、アウトドアシーンにも活躍するおすすめの防水ケースです。

トリニティ(Trinity) カタリスト iPhone 12 完全防水ケース CT-TPIP20M

ケースを装着したままMagSafe充電やワイヤレス充電もできる

装着したまま充電できるiPhone 12向けの防水ケースです。IP68に準拠した防水防塵に対応し、水深10mでも使用できると謳われています。クリアケースの採用により、iPhone 12のデザインを損なわない点も魅力です。

アメリカの軍事規格に準拠した、高い耐久性もポイントのひとつ。ケースには特殊な素材と内部構造を採用しており、約2mの高さから落下させてもiPhone 12を保護できるとされています。

また、ケースを装着した状態でMagSafe充電が可能な点も特徴。通常のワイヤレス充電や有線の充電にも対応しているので、充電のたびにケースを取り外す手間がかかりません。独自のマナーモード切替ダイヤルの搭載により、マナーモードのオン・オフも可能です。

Lanhiem iPhone 12防水ケース

水中でも使用できる便利なiPhone 12用の防水ケース。背面側と画面側の2層に分かれており、iPhone 12を挟み込むように装着します。背面の大部分には透明なパネルが採用されているため、iPhone 12のデザインを活かしたい方におすすめです。

IP68に準拠した防水性能が魅力。海やプールなどさまざまな場所で使用できます。また、耐衝撃性にも優れており、iPhone 12に加わる外部からのダメージを低減可能です。アウトドアシーンなどで使える防水ケースを探している方は、チェックしてみてください。

SPORTLINK iPhone 12用防水ケース

アウトドアにおすすめのiPhone 12用の防水ケース。IP68の防水防塵に対応しており、水深2mに約1時間水没させても耐えられると謳われています。お風呂のほか海水浴やサーフィン、スキーなど、さまざまなシーンで活用可能です。

高い耐衝撃性能も特徴のひとつ。落下の衝撃を低減するほか、ぶつけたり擦ったりした場合もiPhone 12へのダメージを低減できます。

ケースを装着した状態で、充電ができる点も魅力。底面のカバーを開くと有線で充電ができるほか、ケースを外さずにワイヤレス充電も可能です。また、Face IDを利用したロック解除や、音量調節などの操作も行えます。

スマホ防水ケースのおすすめモデル|汎用タイプ

無印良品 スマートフォン用防水ケース MJ‐WPC2

シンプルなデザインのスマホ用防水ケース。幅171×高さ92×奥行6.8〜12.5mm以内であれば、モデルやメーカーを問わずさまざまなスマホを入れて使用できます。IPX7に準拠した防水性能を搭載しているため、水回りはもちろん、お風呂でも使用可能です。

濡れた手でタッチパネルを操作できると謳われる点も特徴。動画の視聴やSNSへの投稿などをお風呂からでも行えます。ボトムケースにはクリアな素材を採用しているので、写真撮影も可能です。

また、ホワイトを基調とした清潔感のあるデザインもポイントのひとつ。機能はもちろん、デザインにもこだわりたい方におすすめのスマホ用防水ケースです。

Moxttle 防水ケース

お風呂で使いやすい、おすすめのスマホ用防水ケース。背面に折りたたみ可能なスタンドが内蔵されているので、自立した状態で使用できます。キッチンでレシピを見たり、お風呂で動画を見たりなど、水回りでも安心して使用可能です。

本製品は、液晶サイズが6.8インチまでのスマホに対応。二重防水構造を採用しているのもメリットです。また、曇りにくいと謳われており、動画などを快適に視聴できます。

さらに、付属の粘着シールを使うと壁に固定することも可能。お風呂で動画を楽しみたい方におすすめのスマホ用防水ケースです。

aihua 潜水用ケース

水中での撮影にぴったりのスマホ用防水ケース。IPX8に準拠した高い防水性能を搭載しているので、水深15mの環境でもスマホカメラを使用して写真や動画の撮影ができます。

カメラを模したグリップの搭載も魅力。片手でもしっかりとスマホを握って構えられるので、きれいな写真を撮影できます。また、三脚穴の搭載もポイント。三脚や一脚などカメラ用のアクセサリーを使用して、さまざまなスタイルで撮影できます。

内部で固定位置を調節できるため、iPhoneはもちろんさまざまなサイズのスマホを入れて使用可能。ストラップが付いているので、水中に落としてしまうようなトラブルも防止できます。

エレコム(ELECOM) スマートフォン用防水・防塵ケース P-WPST01BK

水中でも操作できるおすすめのスマホ用防水ケース。IP68の防水防塵に対応しています。簡単に着脱できるネックストラップも搭載されており、スマホを首にかけて持ち運び可能です。

スマホをケースに入れた状態でタッチ操作できる点が魅力。中のスマホとケースの間に空気の層を作る独自の構造を採用しており、水中でもタッチできます。

水中でカメラアプリを起動したり、写真と動画を切り替えたりなど、さまざまな操作が可能。水中で写真や動画の撮影を楽しみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

エレコム(ELECOM) スマートフォン用防水・防塵ケース P-WPSK01

アウトドアにおすすめのスマホ用防水ケース。IP45の防水防塵に対応しており、海水浴やお風呂のほか、スキーやスノーボードのようなウィンタースポーツなど、さまざまなシーンで活用できます。簡単に開け閉めでき、スマホを取り出しやすいのも魅力です。

ケースを装着した状態でタッチ操作も可能。また、透明な素材が採用されているため、写真や動画の撮影もできます。

さらに、ポケットを搭載しているのも特徴のひとつ。鍵や小銭などをスマホと一緒に持ち歩けるので、アウトドアシーンでも貴重品をまとめて簡単に管理できます。

エレコム(ELECOM) スマートフォン用防水・防塵ケース P-WPSB03

お風呂で使いやすいスマホ用防水ケース。ジッパーのほかに着脱テープも搭載されたWロック構造を採用しており、出し入れしやすい構造ながらIP45の防水防塵を実現しています。

ケース背面に搭載されたスタンドもポイント。横向きだけではなく縦向きにも立てられるので、縦向きの動画やSNSの閲覧なども可能です。側面にはフック穴が搭載されているため、壁に掛けた状態でも使用できます。

背面の一部には透明な素材を採用しているので、写真や動画の撮影も可能。持ち運びに便利なネックストラップも付属しています。

ヨ・シ(YOSH) スマホ防水ケース YSWB2p-002

コストパフォーマンスに優れた、おすすめのスマホ用防水ケース。4層構造の枠を採用し、IPX8の防水性能を実現しています。水深30mで約30分間耐えられると謳われており、水中でスマホのカメラを使用したい場合にも利用可能です。

ケースに入れた状態で、タッチ操作が可能な点も魅力。写真の撮影はもちろん、通話もできるので、お風呂に入りながらの電話にもおすすめです。

低価格ながら2組セットで販売されている点も魅力のひとつ。予備として保管したり、古いスマホ用にしたりなど、さまざまな用途に使えます。コストパフォーマンスに優れたスマホ用防水ケースを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ヨ・シ(YOSH) スマホ防水ケース TW401

2個セットで販売されている、コストパフォーマンスに優れたスマホ用防水ケースです。IPX8に準拠した、優れた防水性能が魅力。4層構造の枠を採用しており、水深30mの環境で30分間防水できると謳われています。

また、フローティング構造を採用しており、潜水しているときにスマホを手放してしまっても、ケースが水に浮くため見つけやすいのもメリットです。

本体には、透明度が高く耐久性にも優れたTPU素材を採用。ケースに入れた状態でもスマホを操作できるので、お風呂に入りながら動画を見たり通話したりできます。さらに、スクリーンサイズが最大7.5インチまでの幅広いスマホに対応している点も魅力です。

Ringke 防水ケース RK-UFIX-LGR

持ち運びやすく使いやすい、おすすめのスマホ用防水ケースです。ネックストラップが付いており、スマホを首から下げてハンズフリーの状態で持ち運び可能。ネックストラップは、37~52cmの長さ調節に対応しています。

対応している防水規格はIPX8。海や川での釣りや、シュノーケリングやサーフィンなどのマリンスポーツにも適しています。

約0.3mmの薄い素材の採用により、ケースの上からでもタッチ操作が可能。透明度の高い素材のため、ケースを装着したまま写真や動画の撮影もできます。

weierda 防水ケース FUTISKU0001

トレーニング中にも使えるおすすめのスマホ用防水ケース。腕に巻き付けて使用できる、アームバンドが付属します。アームバンドのサイズは調節できるため、体格に合わせて使用可能。ランニングやウォーキングの際におすすめです。

指紋認証や顔認証に対応しているので、楽にロックを解除できるのも魅力。ただし、水中や指が濡れているときなど、認証しにくい場合もあるため留意しておきましょう。

対応している防水規格は、IPX8。水深30mで約30分間耐えるテストにも合格したと謳われており、スマホをしっかりと水から保護します。Androidスマホなど、さまざまなスマホに対応しているので、ぜひチェックしてみてください。

スマホ防水ケースのAmazonランキングをチェック

スマホ防水ケースのAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。