スマホを海や川などの水場で使用するときに役立つのが「防水スマホケース」。ちょっとした雨や軽い水しぶきから、海やプールといったレジャーまで、幅広いシーンで防水できるモデルが販売されています。装着した状態でも快適にタッチ操作や通話ができるモデルも多く、ひとつあると便利なアイテムです。

そこで今回は、防水スマホケースの選び方とおすすめモデルをご紹介します。気になる方はぜひチェックしてみてください。

防水スマホケースの選び方

防水レベルで選ぶ

By: amazon.co.jp

防水性能を表すのに用いられるのが、IP規格という国際基準。たとえば、製品に「IP68」と表示されている場合、1桁目の数字である6が防塵性能、2桁目の数字である8が防水性能の等級です。

数字が大きいほど、保護の度合いが高くなります。雨からスマホを守りたい場合は2桁目の数字が3〜4等級、水没の可能性がある場所もしくは水中でスマホを使用したい場合は8等級を目安に選びましょう。

ケースの種類で選ぶ

ハードタイプ

By: amazon.co.jp

ハードタイプは、一般的なスマホケースと同じように、スマホにフィットするタイプのケース。スリムでかさばらず持ち歩きやすく、日常的に装着しておけるので、スマホが濡れてしまう機会が多い方におすすめです。

耐衝撃性や防塵性に優れたモデルも多く、アウトドアやスポーツに適しているのも魅力。海や川のゴツゴツした岩場や、プールサイドの硬い地面などに落としてしまったときに、スマホへのダメージを軽減する効果が期待できます。

ただし、ハードタイプはスマホの機種に適した製品を選ぶことが重要。購入の際は対応機種をよくチェックしましょう。

ポーチタイプ

By: amazon.co.jp

ポーチタイプは、ソフトなプラスチック製のポーチにスマホを入れるタイプ。ストラップ付きのモノも多く、首から下げて携行できるので便利です。

スマホのサイズより余裕を持って大きめに作られているモデルが多く、小銭やカードといった貴重品を入れてまとめて管理できます。日常使いはもちろん、海やプールなどのレジャーにおすすめのタイプです。

また、リーズナブルな製品が多いのもメリット。防水スマホケースを試しに使ってみたい方にも適しています。ハードタイプのようにスマホに密着するモノではないので、幅広い機種に対応可能なのもポイントです。

使用する場所で選ぶ

お風呂での使用をメインに想定する場合は、取り扱いが簡単なシンプル設計のスマホケースがおすすめ。スタンドが付属していれば動画を視聴する際に便利です。

また、プールで活躍するのは、首にかけて手軽に持ち運べる軽量でコンパクトなスマホケース。写真を撮影することが多い方はスマホケースの透明度にも注目してみてください。

海での使用では波に揉まれることも考慮して、ストラップ周りを中心にスマホケースの耐久性をチェックしましょう。フローティング構造を採用しているスマホケースであれば、水中に落としてしまっても浮かび上がりやすいので安心です。

安価な製品は要注意

防水スマホケースは100均などでも販売されています。ただし、安価な製品は防水性の低いモノが多いので注意が必要。

同じ「防水」でも「日常生活防水」モデルでは、水中撮影や強い雨のなかでの使用はできません。キッチンなどの水回りで水ハネからスマホを守ったり、濡れた手で操作したりするときに使用するのに適しています。

スマホの操作しやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

防水スマホケースに入れた状態での、スマホ操作のしやすさも重要なポイントです。タッチ操作はもちろんですが、指紋認証や顔認証システムにも対応していると便利。ケースの上からパスコードを入力する手間が省けます。

さらに、通話や音楽を聴く機会が多い方なら、音量調節ボタンが操作しやすいかもチェックしておきましょう。周囲の状況に応じて、適した音量で通話や音楽が楽しめます。

その他機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

アウトドアシーンなどで使いたい方は、防塵機能にも注目しましょう。IP68など優れた防塵防水性能を搭載したモデルなら、水濡れはもちろん砂やホコリが侵入するリスクも低減できます。

また、ケースを装着したまま充電できるかもポイント。ワイヤレスによる充電ができると、充電のたびにケースを取り外す手間がかかりません。

防水スマホケースのおすすめ人気モデル

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 防水ケース 200-PDA12

本体背面にスタンドを搭載したポーチタイプの防水ケースです。スタンド付きなので、お風呂やプールサイドで動画視聴を楽しむ際に便利。また、カメラ部分にはクリア素材を採用しており、ケースに入れたままでも撮影できます。

複数サイズをラインナップしているのもポイント。さらに、長さ調節可能なネックストラップを付属しており、海辺で移動する際にも便利に使えます。

オウルテック(Owltech) 防水・防塵ケース OWL-WPCSP10

水に浮くポーチタイプの防水ケースです。水中に沈みにくいため、遊んでいる最中にスマホを紛失するリスクを低減できるのが魅力。また、ネックストラップを付属しており、首にかけて移動できます。

ケースに入れたままで通話や画面操作を行えるのもポイント。緊急時にもすぐにスマホを使えます。さらに、クリア部分には透明度が高い素材を使用しており、水中での撮影にもおすすめです。

ハミィ(Hamee) DIVAID 防水ケース 566-893302

おしゃれでかわいいデザインの防水ケースです。豊富なデザインをラインナップし、好みに合わせて選べるのがポイント。ネックストラップを付属しており、首にかけて持ち運ぶことも可能です。

また、フローティング構造も魅力のひとつ。水に落としても沈みにくく、プールや海で遊んでいる際の紛失を予防できます。さらに、高い防水・防塵性能を示すIP68に準拠しており、アウトドアシーンにもぴったりです。

シュピゲン(Spigen) 防水ケース 000EM23354

ネックストラップ付きのポーチタイプの防水ケースです。約300~560mmまでの長さ調節に対応しており、用途や体格に合わせて使えます。

本製品は、水の浸入をしっかりと抑えられるのも魅力。IPX8等級の防水性能に準拠しており、最大25mの水深に耐えると謳われています。また、透明度が高い素材を採用しており、水中でも撮影しやすいのがポイントです。

YOSH スマホ 防水ケース YSWB2p-002-jp

収納性に優れたポーチタイプの防水ケースです。7インチ以下のiPhoneやAndroidスマホで使用できるのがポイント。また、水からあがれば、本体を装着したままでもタッチ操作や通話を行えるため、操作性を重視する方におすすめです。

高い防水性能を示すIPX8等級に準拠しているのも魅力。水深30mでも30分間の防水が可能と謳われています。さらに、2枚セットなので家族や友人とのシェアにも便利です。

Auwet スマホ用防水ケース

幅広い用途に適したポーチタイプの防水ケースです。ネックストラップに加え、アームバンドを付属しており、雨天時のランニングやウォーキングで活躍します。

また、操作性に優れているのもポイント。水からあがれば、防水ケースを装着したままでも、タッチ操作やiPhoneでの指紋認証が可能です。さらに、高い防水性能を示すIPX8に準拠しているため、ダイビングなどでの使用にも適しています。

Syncwire 防水ケース SW-PC416

TPU素材を採用したポーチタイプの防水ケースです。装着したままでもタッチ操作を快適に行えるのがポイント。また、最大7インチまでのスマホに対応しており、さまざまな機種に使用できます。

さらに、本体ケースは透明度が高く、水中での撮影にもおすすめ。ダイビングやシュノーケリング中にきれいな写真を撮影できます。2枚セットなので、予備用を持っておきたい方にもぴったりです。

SURIA JP 防水ケース SJKCA-01

さまざまなシーンで使用できるポーチタイプの防水ケースです。IPX8の防水性能に準拠しており、お風呂からマリンスポーツまで、幅広く対応できるのが魅力。また、アームバンドが付属しているため、雨天時のジョギングにもおすすめです。

さらに、柔軟性に優れたTPU素材を採用しているのもポイント。ケースに入れたままでもタッチ操作が可能で、都度ケースから出す必要がないので、楽に使えます。

SanDony 防水ケース S-01

タッチ操作が可能なポーチタイプの防水ケースです。カバー部分はPVC素材を採用しており、ケースを装着しながらでもスマホの操作が可能。また、ベット防水イヤホンを用意すれば、プールサイドや海辺でも音楽鑑賞を楽しめます。

本製品は、アームバンドを付属しており、水気が多い場所でジョギングやウォーキングを行う方におすすめ。さらに、透明度の高いTPU素材によって、海中でもクリアな画像を撮影できます。

Aclouddates 防水ケース waterproof case 6.5

指紋認証や顔認証に対応した、ポーチタイプの防水ケースです。ケースから取り出すことなくロック解除でき、楽に取り扱えます。また、フローティング構造を採用しており、水中で紛失するリスクを低減できるのが魅力です。

付属のアームバンドを取り付けることで、雨天時のジョギングや砂浜でビーチバレーを楽しむ際も便利に使えます。さらに、最大6.5インチまで対応しており、さまざまなスマホを入れられるのも嬉しいポイントです。

OTBBA iPhone SE 防水ケース OTBBA-WPC-IP7/8

IP68に準拠したハードタイプの防水ケース。アメリカ軍事規格である「MIL-STD-810F」にも準拠しており、落下などの衝撃を軽減できると謳われているのがポイントです。また、密閉設計なので、外出先での使用によるホコリ・砂・ゴミの侵入を抑えられます。

本製品は、操作性を重視する方におすすめ。ケースを装着したままの指紋認証や充電に対応しており、ケースを付けたまま生活できます。さらに、通話の際に音声を相手に届けられるよう工夫されているのも魅力です。

KOMODO iPhone 11 防水ケース IP-FS

普段使いにもぴったりなハードタイプの防水ケースです。完全密封設計ながら、ワイヤレスとケーブルによる充電に対応しているのが特徴。耐衝撃性も備えているので、激しく動くレジャーなどでも活躍します。

防水性・防塵性に優れているのも本製品の魅力。IP68に準拠しており、入浴中やマリンスポーツなど幅広いシーンで使用できます。さらに、ストラップが付属しており、スマホの持ち運びにも便利なモデルです。

JP-TGDZ iPhone 12 防水ケース TGDZ-1006-i12a&4f

音声通話を快適に行えるハードタイプの防水ケースです。特殊な技術により、装着したままでもクリアな音質によるコミュニケーションが可能。また、全面フレームと背面プレートが分離されているため、簡単にケースを着脱できます。

さらに、IP68に準拠しており、日常生活における水しぶきからの保護や、海辺での使用にもぴったり。ワイヤレス充電にも対応しており、わざわざケースを外す手間がかからないのが嬉しいポイントです。

aihua 潜水用ケース TB007

水中撮影に便利なハードタイプの防水ケースです。IPX8に準拠しており、最大15mの深さまで耐えられると謳われています。また、本体全体が密閉されているため、傷などを予防できるのもポイントです。

幅広い互換性も本製品の特徴。iPhoneやSamsungのスマホに対応しており、友人や家族と共有できます。さらに、本体に三脚を装着でき、水気の多い場所で集合写真を撮影するときにもおすすめです。

防水スマホケースのAmazonランキングをチェック

防水スマホケースのAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。