スマホを海や川などの水場で使用するときに役立つのが「防水スマホケース」。日常のちょっとした雨や軽い水しぶきから、海やプールといったレジャーまで、幅広いシーンで防水できるモデルが豊富に販売されています。

装着した状態でも快適にタッチ操作や通話ができるモデルも多く、ひとつあると便利なアイテムです。今回は防水スマホケースの選び方と共におすすめモデルをご紹介。大切なスマホを水から守り、便利に持ち歩いてください。

防水スマホケースの選び方

防水レベルで選ぶ

「IP規格」の見方

スマホケースに限らず、防水グッズは多くの場合、「IP規格」と呼ばれる防水・防塵性能を表す規格を用いて防水レベルを表示しています。

IP規格は「IP68」のように表記され、最初の数字が防塵レベル、後ろの数字が防水レベルです。防塵の最高レベルは6、防水の最高レベルは8であり、数字が大きくなるほど高性能。この場合だと、防塵レベルが6、防水レベルが8の製品であることを意味します。

「IPX8」というように数字の場所にXを表示している場合は、その性能に関しては未テストである、という意味。つまり、この場合だと防塵レベルに関しては未テスト、防水レベルは8の製品であることを表します。

シーン別に必要な防水レベル

By: rakuten.co.jp

防水レベルの目安としては、5は「あらゆる方向からの弱いシャワー」、6は「波やあらゆる方向からの強いシャワー」、7は「1mの深さ、かつ30分以内の水中」、8は「7より厳しい条件での水没」による影響を受けない水の量です。

日常使いで雨などの水しぶきが少し飛ぶ程度なら、5以上の防水レベルを持つスマホケースがおすすめ。お風呂でスマホを使いたい場合は、7以上の防水レベルがあると安心です。

海や川、プールなどにスマホを持って行きたいときは、防水レベル8のスマホケースがおすすめ。水中に落としてしまっても安心な上、水の中で使用できるモデルもあるのでレジャーをより楽しめます。

ケースの種類で選ぶ

1.ハードタイプ

By: amazon.co.jp

ハードタイプは、一般的なスマホケースと同じようにスマホにフィットするタイプのケース。かさばらずスリムなので持ち歩きやすく、日常的に装着しておけるのでスマホが濡れてしまう機会が多い方におすすめです。

耐衝撃性や防塵性に優れたモデルも多く、アウトドアやスポーツに適しているのも魅力。海や川のゴツゴツした岩場や、プールサイドの硬い地面などに落としてしまってもスマホを保護してくれます。

ただし、ハードタイプはスマホの機種に適した製品を選ぶことが重要です。購入の際は対応機種をよくチェックしましょう。

2.ポーチタイプ

By: amazon.co.jp

ポーチタイプは、ソフトなプラスチック製のポーチにスマホを入れるタイプのスマホケース。ストラップ付きのモノも多く、首から下げて携行できるので便利です。

スマホのサイズより余裕を持って大きめに作られているモデルが多いので、小銭やカードといった貴重品を入れてまとめて管理できます。日常使いはもちろん、海やプールなどのレジャーにおすすめのタイプです。

また、リーズナブルな製品が多いのもメリット。防水スマホケースがどんなモノか使ってみたい、という方も気軽に試せます。ハードタイプのようにスマホに密着するモノではないので、幅広い機種に対応可能なのもポイントです。

写真撮影可能なモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

装着した状態で写真撮影が可能な防水スマホケースなら、海やプールなどの楽しい思い出を写真に残せます。インカメラとアウトカメラの両方が使えるように、カメラ部分が透明なモデルを選びましょう。

また、防水スマホケースはモデルによって操作性能に違いがあります。装着した状態でも快適にタッチ操作ができるモノが便利でおすすめです。水中でもタッチ操作可能なモデルなら、水中で写真や動画の撮影ができます。SNS向きの面白い写真も撮れるので、水中撮影を楽しみたい方はチェックしてみてください。

100均の防水スマホケース

By: amazon.co.jp

防水スマホケースは100均でも購入可能です。100均の防水スマホケースは「IP規格」による防水レベルの表示があるモノは少なく、「日常生活防水」や「防滴」などの表示がされています。そのため、あくまでも使用は自己責任という点に注意が必要です。

また、機種によっては装着した状態でホームボタンを押しても反応しない、という口コミも。操作性に関しても過度な期待は禁物といえるでしょう。

気軽に購入できるのが100均の魅力ですが、市販の防水スマホケースにもポーチタイプを中心に数百円で購入できるモデルが多々あります。防水スマホケースをお試し用に購入したい方は、リーズナブルなモデルの中からチョイスするのもおすすめです。

防水スマホケースのおすすめ人気モデル

KYOKA iPhone8/7ケース 防水ケース

iPhone 8とiPhone 7に対応している、ハードタイプの防水スマホケースです。IP68の規格を取得しており、最高レベルの防水性と防塵性が魅力。軍事規格に準拠した耐衝撃性も兼ね備えているため、アウトドアやスポーツにおすすめです。

タッチパネルの面には、透明度の高いPVC素材を使用し、快適にタッチ操作が可能。アウトカメラとインカメラ共に使用できるので、写真撮影も楽しめます。指紋認証に対応している点も、おすすめのポイントです。

防水スマホケースでありながら、本モデルは厚みを約1.5cmの薄さに抑えています。そのため、日常的に装着しておきたい方も快適に使用でき、スマートに携帯できるのもメリットです。

音質をクリアに保つよう設計されているので、通話や音楽再生などの用途にも適しています。多くの機能が盛り込まれていながらリーズナブルで、コストパフォーマンスに優れたモデルです。

オウルテック(Owltech) スマホ/iPhone対応 防水ケース OWL-WPCSP10

ポーチタイプの防水スマホケース。「IP68」規格取得済みで、最高水準の防水・防塵性能を持ちます。水深30mでのテストに合格しているため、海やプールなどでも安心して使用可能です。

誤って水中に落としても沈まず、水に浮かぶのが大きな特徴。スマホが水底に沈んで紛失するのを防いでくれます。ネックストラップ付きなので、スマホを容易に持ち歩けるのも便利なポイントです。

カバーの上から操作できるのはもちろん、防水スマホケースでありながら通話を快適に行えるのもメリット。カメラ部分には透明度の高いクリア素材を使用しており、アウトカメラとインカメラの両方を使用できます。リーズナブルでバランスよく機能を搭載したおすすめのモデルです。

EOTW 防水ケース

リーズナブルな人気の防水スマホケース。透明度が高く柔らかいPVC素材を使用したポーチタイプです。クリアな写真撮影と快適なタッチ操作が可能なモデルで、川遊びや海水浴などのレジャーにおすすめです。

約17×10.2cm以下のスマホに対応しており、iPhoneやGALAXY、Xperiaといったシリーズの大部分に対応。ネックストラップ付きなので、レジャーの際にはカードや小銭などの貴重品も収納できて便利です。

「IPX8」の認定を取得しており、最高レベルの防水性能があるので安心。カラバリが豊富なのも魅力のひとつで、ブラック以外のカラーは夜光素材を使用しており、夜間でも紛失しにくく野外フェスやキャンプなどのイベントにおすすめです。

シンプルでデザイン性にも優れており。リーズナブルなので、防水スマホケースを試してみたい方にも適しています。

Easylife 防水ケース

「IP68」取得済みの防水スマホケース。iPhone 7 Plusに対応しています。最高レベルの防水・防塵性能があるため、アウトドアなどのハードな環境下でも使用できるのがポイントです。

ハードタイプのスマホケースで、高さ2mからの落下衝撃にも耐える耐衝撃性を持ちます。バイクから落としてもスマホを保護してくれるので、ツーリングなどにもおすすめです。

音声をクリアに保つ防水アコースティックメンブレンを採用しているため、快適な通話や音楽再生が楽しめるのもメリット。装着したままでもすべててのボタンやスイッチの操作ができ、指紋認証にも対応しています。

アウトカメラとインカメラの両方で撮影可能なのも魅力。リーズナブルで機能性の高いおすすめモデルです。

Turata 防水ケーススマホ用

ポーチタイプの防水スマホケースです。最高レベルの防水性能「IPX8」を取得しており、継続的に水没してもスマホを保護可能。感度のよいPVC素材を使用しているため、快適にカバーの上から操作できます。

ポイントは水中撮影が可能な点。写真や動画の撮影ができるため、海やプールで潜って遊ぶときなどにおすすめです。iPhone 7 Plusなどの大型スマホにも対応しており、サイズに余裕のあるポーチタイプなので一緒に貴重品も収納できます。

ネックストラップ付きで便利に携行できるため、レジャーや旅行にもおすすめ。アームバンドが付属しているので、スポーツをするシーンでも役立ちます。リーズナブルながら豊富に機能が詰まった便利なアイテムであり、水中撮影をしたい方にはぜひチェックしてもらいたいモデルです。

カタリスト(Catalyst) Case for iPhone7 CT-WPIP164

ハードタイプの高性能な防水スマホケースです。本モデルはiPhone 7用ですが、Plusシリーズを含むiPhone 5からiPhone Xまでに対応した各モデルが販売されています。

「IP68」の規格を取得しており、防水・防塵性能共に最高レベル。特に、防水性は水深10mまで完全防水という優れた性能を持ちます。特殊な素材と構造を採用することで実現した、2mからの落下にも耐えられる耐衝撃性もポイント。軍事規格にも準拠した、堅牢性の高さが魅力です。

スムーズなタッチ操作が可能な上、指紋認証にも対応。スマホケースを装着したままで、すべてのボタンやスイッチが使用でき、iPhoneの充電もできるので便利です。水中撮影も可能で、ハードコート光学カメラレンズの採用により歪みのない写真を撮影できます。

便利な機能が豊富に搭載された防水スマホケースなので、ハイクオリティなモデルを探している方におすすめします。

Temdan iPhone7/8 防水ケース

「IP68」規格取得のハイレベルな防水・防塵スマホケースです。水深約30mでもiPhoneをしっかり保護します。雨や雪、砂などにも耐えるので、海や川でのアウトドアやスポーツに最適。わずか12mmの薄型設計なので、スマートに持ち歩けます。

米軍規格に準拠した高い耐衝撃性を持ち、誤って落下させても衝撃を分散。装着した状態で各種ボタンの操作や充電ができるのもポイントです。水中撮影にも対応しているため、海水浴やプールなどのレジャーでも活躍します。

フローティングストラップが付属しており、スマホを水中に落とした際も沈まず、紛失を防止。付属のキックスタンドを使用すると、iPhoneをスタンドに立てかけて設置できます。お風呂で動画を見るなど、便利に使用できておすすめです。

高い防水・防塵性能と、耐衝撃性を兼ね備えたアイテム。アウトドアなどのハードな環境下でも安心して使用できる、おすすめのスマホケースです。

アンカー(Anker) Waterproof Case A7095

PC関連機器メーカーである「アンカー」による防水スマホケース。人気の高い大手メーカーが提供する製品なので、信頼性が高いのもポイント。18ヶ月の製品保証とカスタマーサポートを提供しているため、安心して使用できます。

最高レベル「IPX8」の防水規格を取得しており、水深約10mでもスマホを保護。スムーズにタッチ操作ができ、表と裏の両面がクリア素材なので写真撮影も行えます。

フローティング構造を採用しているため、スマホを水中に落としても沈まず、紛失を防いでくれるのもメリットです。約6インチ以下のスマホに対応しており、サイズの大きなiPhone 6s Plusを含む多くの機種に使用できます。

スナップロックにより、簡単にスマホケースを密閉しロック可能。リーズナブルでありながらクオリティが高く、ポーチタイプのおすすめモデルです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 小物ポケット付き防水ケース 200-SPC018WP

大手PC関連機器メーカー「サンワサプライ」による防水スマホケースです。「IPX8」規格取得の高い防水性能を持ち、継続的に水没してもスマホを保護できます。

特徴は、カードや紙幣、鍵などの貴重品を収納できる小物ポケットを搭載している点。スマホと一緒に貴重品をまとめて管理できるので便利です。海やプールなどの水辺はもちろん、汗や雨の恐れがある野外フェスなどでも活躍します。

取り外し可能なストラップが付属しているため、海外旅行での簡易トラベルケース代わりとしてもおすすめ。海外での急な豪雨などのアクシデントに備え、便利な防水スマホケースとして使えます。

装着した状態で快適にタッチ操作ができ、写真撮影が可能である点も魅力。iPhone 7 Plusなどの大型タイプにも対応しており、ゆとりのあるサイズなので多くのスマホに使用できるおすすめモデルです。

ROOT CO. Water & Shock Proof Hard Shell

ハードタイプの高性能な防水スマホケース。iPhone 8・7専用で、「IP68」規格取得済みの高い防水・防塵性能を持ちます。水深1.5mの水圧で1時間水没させる実験でも浸水せず、海やプールなどのレジャーでも使用できおすすめです。

耐衝撃性も備えており、米国環境耐性試験に準拠する、高さ122cmから26方向での落下試験をクリアしています。指紋認証対応モデルなので、ワンタッチでロック解除できるのも便利なポイントです。

アウトドアに適した、おしゃれなデザインも魅力。高い防水・防塵性と衝撃性を兼ね備えているため、アウトドアなどのハードな環境におすすめのスマホケースです。

ハミィ(Hamee) DIVAID フローティング防水ケース

ポーチタイプの水に浮く防水スマホケースです。独自のフローティング構造を採用し、水中に落としても浮くことで紛失を防いでいます。「IP68」規格の高い防水・防塵性能があるのもポイント。特に、防水性は水深20mで約30分間浸水しないほどの高い性能を持ちます。

装着した状態でもタッチ操作や通話が可能であり、写真撮影もできるので便利です。約15×7.2cm以下の画面サイズに対応しており、Plusシリーズを除いたiPhoneやXperiaの多くの機種で使用できます。

ネックストラップとカラビナが付属しているのもメリット。海や川などのレジャーシーンで、首から下げたりベルトフープに引っ掛けたり、と便利に携行できるのでおすすめです。

耐水温度が-10〜45℃と幅が広いのも魅力。お風呂でスマホを操作したい場合にもおすすめします。リーズナブルでありながら、便利な機能を豊富に搭載しているので幅広いシーンで役立つモデルです。