楽しみながら体幹やバランス感覚を鍛えられる「一輪車」。幼稚園児から高校生まで幅広い年齢の子供に人気のスポーツ用品です。なかには、大人でも楽しめる大きいサイズの製品も販売されています。

そこで今回は、おすすめの一輪車と選ぶ際のポイントをご紹介。デザイン性の高いおしゃれな製品もあるので、子供へのプレゼントに迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

一輪車の選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

一輪車は、身長に合わせてタイヤのサイズを選ぶことが重要です。大きすぎても小さすぎても乗りにくいので、しっかりとチェックしましょう。目安としては、ペダルを上下にセットしてサドルに座った状態で、下のペダルに足をかけると膝が軽く曲がる程度のサイズがおすすめです。

タイヤのサイズは「インチ」で表示され、幼稚園児は16インチ以下、小学校低学年なら16〜18インチ程度のサイズが適しています。また、小学校高学年なら20インチ程度、中学生や高校生、大人が使用する場合は20インチ以上のモデルがおすすめです。

製品によっては適正身長だけでなく適正体重も表示されているため、併せて参考にしてみてください。

高さの調節範囲で選ぶ

By: amazon.co.jp

一輪車は基本的にサドルの高さを調節する機能を搭載しており、体格に応じて乗りやすい高さに調節できます。多くの製品は10cm程度の高さ調節に対応していますが、製品によって調節可能な範囲は異なるため、購入前に確認しておくと安心です。

特に、成長期の子供が使う場合は、高さの調節範囲が広いモデルだと体格の変化に対応しやすくおすすめ。身長が近い兄弟や姉妹と共用しやすくなるのもメリットです。

安全性で選ぶ

By: amazon.co.jp

一輪車はスポーツ用品なので、安心して使うには安全性の高いモデルを選ぶことが大切。安全性をチェックする際は「日本一輪車協会」で認定された製品かを確認するのがおすすめです。

日本一輪車協会は一輪車の普及活動や大会運営などを行っている公益社団法人で、基準をクリアした一輪車の認定も行っています。長く愛用したい方やプレゼントとして一輪車を選ぶ方は、ぜひ認定製品を検討してみてください。

完成品から選ぶ

By: rakuten.co.jp

一輪車はパーツごとに分解された状態で梱包されている製品も多く販売されています。購入してすぐに使いたい場合は、組み立て作業が不要な完成品をチェックしてみてください。

また、完成品は組み立てに不安がある方にもおすすめ。間違った組み立て方をしてしまうと、乗車中に壊れてしまう恐れもあります。購入してから後悔しないためにも、組み立て作業が必要かどうか、しっかりと確認しておきましょう。

一輪車のおすすめモデル

ブリヂストン(BRIDGHSTONE) スケアクロウ

はじめての一輪車におすすめの人気モデルです。おしゃれなパステルカラーとポップなデザインで楽しく練習できるのが魅力。本モデルのサイズは12インチで、適正身長は100〜115cm、適正体重は最大65kgです。

サイズのラインナップが豊富で、ほかに14インチ・16インチ・18インチ・20インチのモデルが販売されているのもポイント。兄弟や姉妹がいる場合は、サイズ違いのモノをおそろいで使えます。

サドル部分は高級感のあるレザー素材を使用しており、取っ手が付いているので持ち運びやすいのもメリット。幼稚園や保育園に通う子供でも遊べる一輪車としておすすめです。

ブリヂストン(BRIDGHSTONE) スピンズ

大人や背の高い子供も使える一輪車です。タイヤのサイズが24インチと大きく、155〜185cmに対応しているのが特徴。日本一輪車協会の認定製品で、競技向けモデルのため難しい技も練習できます。

車輪部分には回転の抵抗が少ないハブ構造を採用。スムーズに回転するため快適にペダリングできます。また、クランク軸芯からペダル軸芯までの長さを適正化しているのもメリット。一輪車を傾けてもペダルが地面に当たりにくく、大会でも使いやすいよう設計されています。

ホーク肩と呼ばれる部分が平らなデザインで、足をかける演技ができるのもポイント。サドルには持ち運びに便利な取っ手も搭載しています。本格的な練習を行いたい方におすすめの一輪車です。

あさひ(ASAHI) 一輪車 フューチャーG -L

ブラウンとパステルカラーの組み合わせがかわいらしい一輪車。フレームには花柄があしらわれており、キュートなデザインが好きな子供におすすめです。

サイズは14インチ・16インチ・18インチ・20インチの4種類から選べます。さらに、成長期の子供も長く愛用できるよう、シートポスト部分を長めに設計しているのもメリットです。

サドルには乗り降りや持ち運びを行う際に便利な取っ手を搭載。また、ラッピング袋が付属しているため、プレゼントにもおすすめです。

あさひ(ASAHI) 一輪車 フューチャーB -L

かっこいいデザインがおしゃれな一輪車です。黒を基調としたパーツにペンキがはねたような絵柄で、落ち着いた色合いのデザインが好きな子供におすすめ。カラーはカーキとガンメタから選べます。

サイズは16インチと18インチの2種類から選択でき、小学校低学年の子供へ贈る一輪車としてもおすすめ。高さ調節を行うシートポスト部分は長めに設計されており、子供の成長に対応しやすいのも魅力です。

また、サドルの高さを固定するシートピンがサドルに接触しにくいように設計されているのもポイント。スムーズに高さ調節を行えるので便利です。

ミヤタサイクル フラミンゴ

自転車メーカーが発売する、日本一輪車協会の認定製品。一輪車用に独自開発したタイヤを採用しており、高い直進安定性とグリップ性が特徴です。

また、なめらかに回転する独自設計のベアリングホルダーを搭載しているのもポイント。軽やかにペダリングできるため、練習に集中できます。さらに、ホーク肩がフラットな形状なので、楽に足をかけられ、片足アイドリングや片足走行などの乗り方にも挑戦可能です。

サイズは20インチで、適正身長は125~155cm。シートポスト部分には1cm刻みの目盛りが記されているためスムーズに高さを調節できます。一輪車の技をしっかりと練習したい子供におすすめの製品です。

ミヤタサイクル フラミンゴ Jr. FJ140

幼稚園児も使える、日本一輪車協会の認定製品です。サイズは14インチで、適正身長は90~110cm。日本一輪車協会の乗り方指導書が付属しているので、はじめて一輪車に乗る子供も練習しやすいのが魅力です。

サドルの前方にプロテクターが搭載されているのもポイント。サドルが破損しにくいうえ、走行時の安定性にも優れています。

サドルの高さはシートクイックレバーによってワンタッチで調節可能。レバーは操作時に手を痛めないよう、ゴムカバーが施されています。小さな子供でもトレーニングを行える一輪車です。

ミズ(MYS) ULTIMATE UNI Stay On Top カラー一輪車

プロ用一輪車をベースに設計した一輪車競技の普及モデルです。一輪車競技の入門用としておすすめ。日本一輪車協会の認定製品で、安心して使用できるのも魅力です。

サイズは18インチで、適正身長は120~150cm。サドルは子供のお尻に合わせて小さく設計されています。また、ホーク肩には足をかけやすく、片足乗りなどの技に挑戦しやすいのもポイントです。

シートポスト部分の素材にアルミを採用することで軽量化されているのもメリット。一輪車競技の技を練習するための小学生向けモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

エバニュー(EVERNEW) 一輪車 ノーパンク

空気入れが不要なノーパンクタイヤを採用した一輪車です。定期的に空気を入れたり、パンク修理をしたりする手間を省けるのがメリット。メンテナンスが楽な一輪車を探している方におすすめです。

タイヤ内には4本のコードが挿入されており、リムからタイヤが外れにくいように設計されているのもポイント。サイズは18インチで、身長が124cm以上の子供に適しています。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) アステリア 一輪車

人気のアウトドアブランドによる一輪車です。フレームにはハートやドット柄が描かれており、かわいいデザインが好きな子供におすすめ。サイズは16インチで、適正身長は115〜132cmです。

組み立て不要な完成品なので、購入してすぐに使えるのも魅力。また、サドルの高さ調節は2通りの方法に対応しており、シートピン方式とロックナット方式を使い分けられます。

シートピン方式は手軽に高さを調節できるため、兄弟姉妹間で共用する場合に便利です。ロックナット方式はサドルを一番下まで下げられるうえ、足に引っかかりません。

一輪車を立てて保管できるスタンドが付属しているのもメリット。有名な国内メーカーによる一輪車としておすすめです。

トーエイライト(TOEI LIGHT) ノーパンク一輪車

メンテナンスの手間を軽減できる一輪車です。ナイロンワイヤーを4本内蔵しているポリウレタン一層式のノーパンクタイヤを採用。ホイール部分には耐衝撃性能に優れたポリプロピレンホイールを搭載しています。

サイズは16インチで、サドルの高さは65〜75cmの範囲で調節可能。適正身長は約110〜135cmで、適正体重は最大40kgです。小さな子供も楽に扱える、メンテナンスが簡単な一輪車を探している方は、ぜひ検討してみてください。

一輪車のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

一輪車のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。