電気コード・電化製品・排水管など、さまざまなモノの補修に使われる「絶縁テープ」。ひとくちに絶縁テープといっても、耐熱性に優れたテープ、風雨にさらされる屋外でも使えるテープなど多くの種類があり、何を選べばよいのか迷ってしまいます。

そこで今回は、おすすめの絶縁テープをご紹介。用途に合った絶縁テープの選び方も解説しているので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

絶縁テープとは?

By: amazon.co.jp

絶縁テープとは、電気を通さない性質を備えた粘着テープの一種です。絶縁性能によって低電圧用と高電圧用の2種類に分けられます。

電気コードに巻いて感電事故を予防するのが主な使い方ですが、一般的なビニールテープよりも高い耐久性を備えているため、配線の結束や排水管の水漏れ補修、輸送時の物品固定、工具グリップのすべり止めなど、幅広い用途で使われます。

絶縁テープには素材によって特性や使い勝手が大きく異なるのも特徴。耐水性に優れたモノ、高温に耐えられるモノなど素材ごとに特徴があるので、用途に合わせて使い分けることが重要です。

絶縁テープの選び方

用途にあったタイプを選ぶ

幅広い補修に使えるポリ塩化ビニル系

By: amazon.co.jp

絶縁テープのなかでも一般的なのがポリ塩化ビニルタイプです。伸縮性が高く、引っ張りながらしっかりと貼り付けられるのが特徴。価格も安いので、幅広い補修作業で手軽に使えます。

カラーバリエーションが豊富なのも魅力。電気コードごとに異なる色を使い分けたい場合や、ちょっとした装飾代わりとして使いたい場合にもぴったりです。

ただし、絶縁性能はほかのタイプの絶縁テープよりも低めなので、一般家庭のコンセント以上の強い電流が流れる場所には不向き。また、外部から強い負荷がかかる場所に使うと劣化しやすいので注意が必要です。

狭い場所や高所での作業には作業性の高いアセテート系

アセテート系とは、布を基材とした絶縁テープのことです。ポリ塩化ビニル系よりも絶縁性・耐腐食性・耐候性に優れているのが特徴。また、高い柔軟性を備えており、凹凸のある場所でも隙間なく貼り付けられます。

樹脂やニスが付いている場所でも使えるのが便利。また、はさみを使わなくても手で簡単に切り取れるので、高所など足場が不安定で両手が使えないシーンや、工具がないときでもスムーズに補修作業をこなせます。

長期使用してもベタつきにくい製品が多いため、工具やテニスラケットなどの滑り止め用グリップテープとしてもおすすめ。ただし、ポリ塩化ビニル系と比べると価格はやや高めです。

熱源近くの補修には強度・耐熱性の高いガラスクロス系

By: amazon.co.jp

ガラスクロス系とは、基材にガラス繊維を採用している絶縁テープのことです。値段は高めですが絶縁性に優れており、強い電流が流れる場所で使えるのが特徴。また、ガラスクロスは耐熱性も高いため、高温になりやすいモーターコイルなどの絶縁にも適しています。

引張強度や耐摩耗性に優れているのもポイント。外部からの負荷がかかりやすい場所を補修したい場合に重宝します。ただし、アセテート系のように手だけで切り取るのは難しい点には留意しておきましょう。

水回りの家電の補修には耐水性が良好な自己融着系

水回りにある家電や電気コードの補修には、自己融着系と呼ばれるブチルゴムを使った絶縁テープがおすすめです。高い絶縁性と耐水性を備えており、湿気に強いのが特徴。ブチルゴム同士が密着してくっつく仕組みのため、補修したい場所が濡れていても使えます。

水や空気を通さない性質があるため、水道管の水漏れや自転車のパンクなどの応急処置にもぴったり。また、水に濡れやすいゴルフクラブのグリップや、自転車のハンドルの滑り止めとしても重宝します。

ただし、自己融着系絶縁テープはブチルゴム以外の物に対してはくっつかないため、テープを巻き付けずに平面に貼り付けることはできません。また、ブチルゴム同士が一度接着すると簡単には剥がれないので、作業は慎重に行いましょう。

許容電圧をチェック

By: amazon.co.jp

電気コードを安全に補修するためには、絶縁テープがコードの電圧に耐えられる必要があります。絶縁テープの許容電圧を超えると通電してしまい、火災や感電事故などにつながる恐れがあるので、事前にしっかりとチェックしておきましょう。

許容電圧については製品表示の「絶縁破壊強度」という項目で確認可能。「kV/mm」という単位や、「◯V以下まで」という表現が使われる場合が多いですが、なかには具体的な表示がない製品もあります。

明確な表示がない場合は、絶縁テープの日本工業規格「JIS C 2336」に適合しているかチェックするのがおすすめ。この規格に適合していれば、一般家庭の電圧100Vにも対応できます。

なお、600Vを超える本格的な電気工事用の絶縁テープを探している方は、必ず絶縁破壊強度が明示された高電圧用の絶縁テープを選びましょう。

厚みをチェック

By: amazon.co.jp

絶縁テープは厚みによって絶縁性が変化します。一般的に同じ素材で作られていれば厚みのある絶縁テープのほうが絶縁性が高くなるため、よく使用するコード・ケーブル類を補修する場合は、安全性を重視して厚みのある絶縁テープを選ぶのがおすすめです。

ただし、厚みのある絶縁テープは、値段が高くなる傾向があります。薄めの絶縁テープでも2重、3重に重ねて巻けば絶縁性を高められるので、見栄えを気にしない場合は薄めのテープで対応することも可能です。

燃えにくさをチェック

By: amazon.co.jp

むき出しの電気配線や高電圧部に絶縁テープを巻く場合は、ショートによる発火リスクを考慮して燃えにくい製品を選ぶ必要があります。

燃えにくい絶縁テープを探す場合は、難燃性を示すアメリカの規格「UL510」をクリアしているか確認するのがおすすめ。特にガラスクロスタイプの絶縁テープには燃えにくい製品が多いので、ぜひチェックしてみてください。

粘着剤をチェック

By: matex-tokyo.co.jp

絶縁テープに使われる粘着剤にはゴム系・アクリル系・シリコン系など、いくつか種類があります。使い勝手のよい絶縁テープを選ぶためにも、粘着剤の違いを知っておくことが重要です。

安い絶縁テープでよく使われるのはゴム系。ゴム系の粘着剤は熱に弱く、ベタつきやすいので、高熱になりやすい場所や頻繁に手で触れる場所の補修には不向きです。

アクリル系は耐熱性が高く、時間が経ってもベタつきにくいのが特徴。粘着力も優れているため、車のエンジンルームの配線固定や、テープをはがして定期的にメンテナンスを行う場所の補修に向いています。

シリコン系の粘着剤は、0℃以下の低温から100℃以上の高温まで幅広く対応できるのが特徴。ベタつきが少なく腐食にも強いので、屋外での使用にも適しています。

その他の機能をチェック

By: amazon.co.jp

絶縁テープは電気コードの補修や固定だけでなく、幅広い用途で活躍するのが大きな魅力。製品ごとに特徴が大きく異なるので、絶縁性以外の機能にも注目して用途に合ったモノを選ぶことが大切です。

例えば、屋外で使う機械類や照明設備を補修する場合は、風雨に負けない耐候性・耐久性に優れた絶縁テープがおすすめ。また、耐熱性に優れた絶縁テープは、電気ケトルやドライヤーのグリップに巻いてやけど対策用の断熱材としても使えます。

耐水性に優れた絶縁テープは、雨にさらされるバイク・自転車の補修、トイレの配管の水漏れ予防・応急処置にもぴったり。特徴の異なる絶縁テープを上手に使い分けて、身の回りのモノの補修に役立ててみてください。

カラーをチェック

By: amazon.co.jp

絶縁テープは電気コードを役割ごとに色分けするのにも役立ちます。特にパソコンやルーター周辺など、似た色の電気コードが密集している場所で使えば電気コードをひと目で識別できて便利です。

また、電気コードを補修する際、もともとの被膜の色と異なる色の絶縁テープを使うことで、補修した箇所を目立たせることもできます。絶縁テープのなかには複数のカラーがセットになっているモノもあるので、ぜひチェックしてみてください。

絶縁テープのおすすめ

ホーリク(HoryKu) 9巻9色入り電気絶縁テープ

白・黒・ストライプ柄など、色違い9色をセットにしたポリ塩化ビニル系絶縁テープです。粘着力に優れたゴム系粘着剤を採用しており、電気配線はもちろん、金属・ガラス・木・布などにも使えます。

基材に高品質のPVCプラスチックを使うことで、柔軟性・耐腐食性を高めているのも特徴。また、-10~80℃までの温度変化にも対応できるため、屋外での長期使用も可能です。

価格が比較的リーズナブルなのも嬉しいポイント。電気コードの色分けからちょっとしたDIYまで、幅広い用途で活躍するおすすめの絶縁テープです。

スリーエム(3M) スコッチ 電気絶縁テープ 13mm×5mm EL-12

世界的な知名度を有する化学・電気素材メーカー「スリーエム」の絶縁テープです。ポリ塩化ビニル系ながら、-10~100℃まで対応できる高い耐熱性を実現。また、耐燃性に関する米国規格「UL510」もクリアしています。

テープの厚みは0.18mmと薄め。また、テープ自体の伸縮性が高く、凹凸のある場所や曲面にも引っ張りながらしっかりと密着させて貼れるため、細かい場所の補修にぴったりです。

価格が安く、手軽に使えるのも嬉しいポイント。電気配線の結束や家電の補修、梱包など幅広く活躍するので、1つ持っておくと重宝します。

スリーエム(3M) スコッチ 電気絶縁用ビニルテープ 117 50mm×20m

幅50mm、厚さ0.2mmのポリ塩化ビニル系絶縁テープです。粘着剤の種類はさまざまなモノに対して優れた粘着力を発揮するゴム系。「JIS C 2336」にも適合しており、600V以下まで耐えられる電気絶縁性を備えています。

定番の黒に加え、赤・黄色・青・グレーなど、個性的なカラーを選べるのも嬉しいポイント。また、貼った場所が目立たない透明カラーも人気があります。使い勝手のよい幅広タイプの絶縁テープを探している方におすすめです。

ヤマト(YAMATO) ビニールテープ 19mm幅 10巻 NO200-19-10PR

変色しにくい鮮やかな顔料を使った、カラフルな絶縁テープです。電気コードの補修はもちろん、プレゼントの包装をカラフルにデコレーションするなど、ちょっとした装飾代わりとしても活躍します。

基材は伸縮性に優れたポリ塩化ビニル系。同ブランド独自のゴム系粘着剤は粘着力が高く、金属・プラスチック・ガラス・木など、さまざまな素材にしっかりと張り付きます。

許容電圧は600V以下と、家庭用として使うには十分な絶縁性。黒や白などの定番カラーでは物足りない方におすすめの絶縁テープです。

ニチバン ビニールテープ VT-19

幅19mmのポリ塩化ビニル系絶縁テープです。粘着剤は、幅広い素材に密着させやすいゴム系。テープの厚みは0.2mmと薄めながらも、日本工業規格「JIS C 2336」に適合しており、600V以下まで対応できます。

環境にやさしい脱鉛タイプなのも嬉しいポイント。カラーバリエーションが全13色と豊富なので、容器を識別するためのラベルテープや装飾用テープとしてもおすすめです。

デンカ株式会社(DENKA) ハーネステープ 234W

自動車の電気配線の結束を想定して作られた絶縁テープです。5000Vの高電圧に1分間耐えられるのが特徴。高温になりやすいエンジンルーム内でも安定した安定した粘着力を発揮します。

基材は伸縮性に優れ、扱いやすいポリ塩化ビニル系。手でちぎりやすいよう配慮されているので、補修作業を効率よく進めたい方にもぴったりです。

テープの表面にはつや消し加工が施されており、目立ちにくいのもポイント。自動車やバイクのメンテナンスをよく行う方は、ぜひチェックしてみてください。

日東電工(Nitto) アセテート粘着テープ NO.5 19mmX20m 黒 5-1920

日本だけでなくアメリカなどでも人気のメーカー「日東電工」の絶縁テープです。テープの基材には柔軟性に優れたアセテート布を採用。接着面が歪んでいるモノや、表面に凹凸のある電気コードにもしっかりと密着させられます。

アクリル系粘着剤を使用しているため、時間が経ってもベタつきにくいのが嬉しいポイント。また、優れた絶縁性を備えながらも、手で簡単に切れるため補修作業がスムーズに進みます。

「UL510」に適合しており、燃えにくいので、自動車のエンジンルーム付近にある配線の固定などでも活躍。補修作業に不慣れな方でも使いやすい、おすすめの絶縁テープです。

トルカ(Tuloka) 30mアセテート粘着テープ

-40℃の極低温から250℃の高温まで対応できるアセテート系絶縁テープです。粘着剤はベタつきにくいアクリル系。手で簡単にちぎれるので、PCの内部配線の固定や自動車の配線の絶縁など、狭い場所での作業時に重宝します。

全長30mとたっぷり使えるので、たくさんの場所を補修・絶縁したい方にはぴったり。高性能かつコスパのよい、おすすめの絶縁テープです。

トラスコ中山(TRUSCO) 耐熱ガラスクロステープ 19mm×10m TMGC1910

180℃の高熱にも耐えられるガラスクロス系絶縁テープです。許容電圧は11kV/mm。シリコン系粘着剤を使っているため、低温・高温どちらの環境下でも安定した粘着力を発揮します。

厚さは約0.2mmと薄めながらも、高い耐久性を備えているのがポイント。給湯器の外配管や換気扇の補修、重い配管の結束など、高い耐熱性と耐久性を求められる場面で重宝します。

テープ幅のバリエーションは19・25・50mmの3種類。長持ちする、丈夫な絶縁テープを探している方におすすめです。

スリーエム(3M) スコッチ ラバーマスチックテープ 2228 50

本格的な電気工事でも使える、許容電圧20kV/mmの絶縁テープです。幅が約50mmと広いのが特徴。また、濡れた場所でもそのまま使える自己融着系なので、水道管の水漏れの応急処置用としても重宝します。

1.65mmのしっかりとした厚みがあるのもポイント。耐候性にも優れているため、屋外の照明設備や電気コードの補修にもぴったりです。水に強い絶縁テープを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

日東電工(Nitto) 自己融着粘着テープ セパなし NO.15 19mmX10m 1519

44kV/mmまで対応できる高い絶縁性を備えた自己融着系の絶縁テープです。高い防水性を備えているのが特徴。また、耐候性・耐オゾン性にも優れているため、アンテナ設備など屋外の機械類・配線を長期間保護できます。

テープの表面は融着を防ぐ薄い被膜で覆われており、テープを引っ張るとブチルゴムが表面に出てくっ付く仕組み。剥離紙であるセパレートなしで巻かれているため、作業時に紙を剥がす必要がなく、補修作業を効率よく行えます。

ただし、使用できる温度の範囲は0~70℃なので、ヒーターやボイラーの近くなど高温になりやすい場所の補修には不向き。水回りの家電や配線の補修をしっかりと行いたい方におすすめです。

古河電工 エフコテープ 2号

発売開始から30年以上にわたって使われ続けている自己融着系絶縁テープです。許容電圧は33kV/mm。一般家庭のあらゆる電気コードに使えるのはもちろん、高圧電力ケーブルの絶縁処理もこなせます。

防水性・耐候性に優れているため、屋外でも長期間使用可能。また、耐熱性も高いので、自動車のエンジンルーム付近にある配線の固定などにも活躍します。電気工事のプロにも愛用者が多い、おすすめの絶縁テープです。

前田シェルサービス(Maeda Shell) LLFAテープ 赤 R158AJP

水道管の補修時にも活躍する、耐久性に優れた自己融着系絶縁テープです。許容電圧は69kV/mmで、強い電圧がかかる場所でも使用可能。また、耐候性が高いため、屋外での長期使用にもぴったりです。

温度耐性は-90~260℃。高温の蒸気や潤滑油などが触れても劣化しにくいため、給湯器周辺の配管や自動車のエンジンルームなどにも安心して使えます。高性能かつ高耐久の絶縁テープを探している方におすすめです。

エーモン(amon) シリコンゴムテープ 1773

-54〜260℃まで耐えられる、丈夫な自己融着系絶縁テープです。粘着剤を使用していないため、長期使用してもベタつきにくいのが特徴。また、伸び率300%以上の高い伸縮性を備えているため、曲面などにも簡単に密着させられます。

アメリカ軍規格「MIL-SPEC」に適合しており、高い絶縁性・耐水性・耐塩性を備えているのもポイント。電気コードの補修・絶縁作業はもちろん、やけど対策のために鉄製のフライパンの柄に巻きつけるのもおすすめです。

日東電工(Nitto) ポリエステル粘着テープ NO.31B

ポリエステルフィルムを基材に使った絶縁テープです。6.3kV/mmまでの高い絶縁性を備えているのが特徴。粘着剤はベタつきにくいアクリル系で、定期的にテープをはがしてメンテナンスを行う箇所でもストレスなく使えます。

-30℃の低温環境から、120℃の高温環境まで対応できるのも魅力。耐水性も高いため、寒冷地の屋外設備の補修作業用テープとしても重宝します。価格も安いので、絶縁テープを初めて購入する方にもおすすめです。

レスキューテープ(RESCUE TAPE) 絶縁シリコンテープ クリア

粘着剤を使用していないシリコン製の絶縁テープです。テープの幅は約25mm。260℃までの高温に耐えられる耐熱性と、燃えにくい性質を兼ね備えているため、バイクのマフラーの補修や火傷防止用テープとして使えます。

耐水性が高いだけでなく、海水や酸性の液体、有機溶剤にも強いのが特徴。また、-65℃までの低温にも耐えられるため、ダイビング中や寒冷地の屋外などハードな環境下でも長く活躍します。

ベタつかないので自転車のハンドルグリップやゴルフクラブの滑り止めにもぴったり。アイデア次第であらゆる用途で活躍する、おすすめの絶縁テープです。

中興化成工業 チューコーフロー ふっ素樹脂樹脂粘着テープ ASF-110FR

フッ素樹脂フィルムの基材と、シリコン系粘着剤を組み合わせた絶縁テープです。-60~200℃まで、幅広く耐えられるのが特徴。また、耐薬品性や撥水性に優れているため、あらゆる環境で活躍します。

0.08mmの薄さもポイント。表面に凹凸があるモノや細かい場所の補修もスムーズに行えます。また、表面は滑らかなので、引き戸など滑りをよくしたい場所に貼るのもおすすめです。

ティーニター(Teenitor) 耐熱ポリイミドテープ

半透明のポリイミドフィルムを使った絶縁テープです。ポリイミドフィルムは熱に強く、粘着剤にも耐熱性に優れたシリコン系粘着剤を使用しているため、180℃の高温にも長時間耐えられます。

厚さは約0.06mmと薄いテープですが、耐摩擦性に優れ破れにくいのが魅力。また、許容電圧は5kV/mmと高く、身の回りの家電はもちろん、バイクなどの配線補修にも安心して使えます。

巻いている箇所が目立ちにくい薄い絶縁テープを探している方におすすめです。

コヨイ(KOYOI) テフロン 300℃高温テープ

300℃の高温まで対応できる、耐熱性に優れた絶縁テープです。粘着剤にはシリコン系を採用。油などが多少触れても粘着力が落ちにくく、また、剥がした跡が残りにくいのが魅力です。

基材にはガラス繊維が含まれており、表面に汚れが付着しにくいのが嬉しいポイント。また、横幅は13mmから50mmまでとバリエーションが豊富なので、用途に合わせて使い分けられます。

ガスコンロのそばなど、高温になりやすい場所を絶縁・補修したい方におすすめの絶縁テープです。

絶縁テープのAmazonランキングをチェック

絶縁テープのAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。