紙に手書きした文字や図をデジタル化できる「デジタルペン」。書いた内容をデータとして手軽に持ち歩けるほか、他人ともスムーズに共有できるので、仕事・勉強の効率アップに役立ちます。

そこで今回は、デジタルペンを選ぶ際のポイントや、人気の高いおすすめモデルをご紹介。デジタルペンを使いこなして、デキる大人をめざしましょう。

デジタルペンとは?

By: amazon.co.jp

電子ペン、スマートペンとも呼ばれているデジタルペン。手書きの文字や図をすぐに画像化して、スマホやタブレットで保存・編集できる便利なツールです。特殊なドットパターンが描かれた紙で書いた内容を読み取るタイプや、超音波や赤外線でペン先を感知して読み取るタイプなどがあります。

たとえば、オフィスでの会議中にメモを取ったり、人と話しながら図を描いたりするときは、PCやスマホで入力するよりも手書きのほうが速いものです。デジタルペンで書いた内容はデバイスへ転送・保存されるので、分厚いノート類を持ち歩く必要はありません。また思いついたアイデアやイラストをすぐ書き留めたいときにも便利です。

書いた内容を他人と共有するときも、データを送信するだけなので、いつでもどこでも簡単に行えます。デジタルペンは、特に忙しいビジネスマンの方におすすめです。

デジタルペンの選び方

専用ノートが必要かどうかチェック

By: rakuten.co.jp

デジタルペンには、専用ノートとセットになっているタイプと、ペン単体で使えるタイプがあります。多くのデジタルペンは、専用のノートや用紙に書いた内容をデジタル化する仕組みです。ノートや用紙は消耗品なので、なくなれば買い足す必要があります。そういうモデルを購入する場合は、ランニングコストもチェックしておきましょう。

一方、ペン単体で使えるデジタルペンは、どんな紙に書いた内容でもデジタル化できる点が魅力です。割高な専用ノートが不要なのでコスト面も抑えられます。外出先では机がない場所で手書きすることもあるので、バインダーやボード型のユニットが付いたモデルもおすすめです。

ペンの形状や重量をチェック

By: amazon.co.jp

デジタルペンは、普通のペンや鉛筆よりも重さがあります。これは、バッテリーやメモリをはじめ、いろいろな機能を搭載しているためです。慣れないうちは、どのデジタルペンを使っても重たく感じ、違和感を覚えるでしょう。

持ちやすいペンの太さ・長さ・重さは人それぞれです。普段使っているペンの形状や重量を参考にしながら、自分に合ったデジタルペンを選んでください。

対応デバイスをチェック

By: amazon.co.jp

デジタルペンからデバイスにデータ転送する際は、Bluetoothで接続するのが一般的です。使いたいデバイスがBluetoothに対応しているかどうかを必ずチェックしてください。もしUSBなど有線で転送するモデルの場合は、USBコネクタの有無を確認しましょう。

また、接続するデバイスのOSに対応しているかどうかも重要なポイントです。多くのデジタルペンはiOSとAndroidの両方に対応していますが、なかには片方でしか使えないモデルもあるので注意してください。

デジタルペンによっては、スマホで使用する際に専用アプリが必要なモデルもあります。メーカーが提供するアプリはほとんどが無料なので、デジタルペンを購入する前にアプリの使い勝手を試しておくのもおすすめです。

各種機能をチェック

By: rakuten.co.jp

デジタルペンの基本機能は、手書きの情報をデータ化することですが、最近はそれ以外の機能が付いているモデルも販売されています。価格を比較するだけでなく、機能や性能面もよく確認し、自分が使いやすいデジタルペンを購入しましょう。

データ化機能

By: amazon.co.jp

デジタルペンのデータ化機能で最も多い方式は、書いた情報をPDFやJPEGなどの画像に変換して取り込むタイプです。文字認識技術が向上したことで、手書きの文字をテキストデータ化できるデジタルペンも登場しています。メモした内容を、後でキーボード入力する手間が省けるので便利です。

また、デジタルペンを仕事でよく使う方には、メモをとりながら音声を録音できるデジタルペンもおすすめ。大事なことをメモし忘れていても後から確認できるので安心です。

デジタルペンのデータはこまめにデバイスへ転送しておきましょう。数日分のデータをまとめて転送したいという方は、保存容量が多いデジタルペンを選んでください。

オフライン同期

By: amazon.co.jp

デジタルペンのバッテリー容量はそれほど大きくありません。そのため、デバイスと常に通信させながら使用していると、気付いた時にバッテリーがなくなってしまう場合もあります。

充電回数を少なくしたい方に便利なのが「オフライン同期」機能。この機能があれば、デバイスとの通信をオフにしている間でも、手書きした情報をペン本体に保存しておけます。デバイスとの通信の頻度を抑えることでバッテリーが長持ちするため、外出先などで使用する際に役立ちます。

連続使用時間

By: amazon.co.jp

1回の充電で何時間使用できるかという点も、デジタルペンを選ぶ際の大事な要素です。重要な場面でも安心してデジタルペンを使いたいという方は、なるべく連続使用時間が長いものを選びましょう。

デジタルペンのおすすめモデル

Neo smartpen ネオスマートペンM1 NWP-F50NV

Neo smartpen ネオスマートペンM1 NWP-F50NV

細さ約10.4mmとスリムなデジタルペンです。OSとしては、iOS・Androidに対応しています。重さは約17.4gと、比較的軽いのもポイント。電子機器でありながらも軽快な書き心地を実現しています。ペンのキャップを開け閉めすると、自動的に電源がオン・オフする仕組みです。一般的なペンと同じ感覚で使えるように工夫されています。

また、小型のデジタルペンでありながら、1回の充電で最大6時間まで連続使用が可能。さらに、Bluetooth接続がオフラインのときでも、A4用紙約1000枚分の手書き情報を保存することができます。

加えて、録音・再生機能や、ワンタッチで手書き文字をテキストデータに変換できる機能などを搭載しており、多機能なのもポイント。Googleドライブノートやメール、SNSを活用すれば、データの共有や管理も簡単です。

ワコム(Wacom) Bamboo Slate CDS610S

ワコム(Wacom) Bamboo Slate CDS610S

デジタルペンと、携帯しやすいバインダー型スマートパッドのセットです。ボタンを押すだけで、手書きのメモやイラストをJPG・PNG・PDF・WILL形式のデジタルデータに変換可能。BluetoothでiOS・Androidのデバイスに転送できます。

デジタルペンは、精度の高い筆圧感知機能を搭載。手になじみやすいソフトな仕様で、本体を回転させるとペン先がゆっくり出てくるツイスト式です。書くと同時にデバイスへ転送できますが、オフライン同期機能にも対応しているので、ペン本体に最大100ページ分の内容を保存しておいて後から同期することもできます。

A5サイズで厚さ8mmまでのノートなら、どんなものに書いてもデジタル化可能。専用のアプリを使えば、編集や共有も簡単に行えます。

Neo smartpen N2 NWP-F121

Neo smartpen N2 NWP-F121

重さ約22gの、軽くてスリムなデジタルペン。どんな紙に書いた情報でもデジタル化できるので、専用ノートは不要です。また、音声を録音・再生できるため、会議や講義の記録にも活用できます。

本製品には、バッテリーの消耗を抑えられるオフライン同期機能を搭載。デバイスとの通信がオフになっているときでも、内蔵メモリにA4用紙約1000枚分までの手書き情報を保存しておけます。デバイスとBluetooth通信した際にまとめてデータ転送可能です。

内蔵しているのは、さまざまなデバイスとスピーディに接続できるDual Bluetooth。既存のBluetoothとも互換性があります。転送した大量のデータは、専用アプリを使って1つにまとめたり、カテゴリで分けたりすることが可能です。

洗練されたデザインも本製品の魅力。本体は、傷や衝撃に強いアルミとステンレススチール製なので、落下時に故障するリスクも軽減できます。

ナカバヤシ(Nakabayashi) CUTPEN SRS-CP01

ナカバヤシ(Nakabayashi) CUTPEN SRS-CP01

新聞や雑誌の記事を資料としてよく使う方におすすめのデジタルペン。切り取りたい記事をペンで囲んでスマホをかざすと、囲んだ部分をデータ化できます。細い線もしっかり認識可能。記事が読みやすくなるように、写真や画像を補正することも可能です。記事データの管理も簡単に行えます。

また、本製品で取り込んだ記事中のキーワードは、AI機能で読み取り可能。記事に関連した情報をWEB上で検索して表示します。仕事の資料やレポートを作成する際などに便利です。

ぺんてる airpen MINI EA3

ぺんてる airpen MINI EA3

デジタルペンと受信ユニットをセットで使用するモデルです。筆記中にペン先から発信される超音波と赤外線を、受信ユニットがキャッチ。受信ユニットに内蔵のフラッシュメモリに筆跡情報を記憶させる仕組みです。受信ユニットに付いているクリップをノートなどに挟めば、より便利に使えます。

記憶したデータはUSB接続でパソコンに転送可能です。加えて、パソコンに接続したまま、デジタルペンで記憶データに加筆できます。

そのほか、付属のソフトを使用すれば、手書き文字をテキストデータ化することも可能です。イラストや図式は、JPEG・BMP・SVGに出力できるので、いろいろなソフトで活用できます。

モレスキン(MOLESKINE) スマートライティングセット SWSA

モレスキン(MOLESKINE) スマートライティングセット SWSA

使いやすさで人気のモレスキンが作った、デジタルペンと専用ノートブックのセットです。罫線ノートにデジタルペンで書いた文章・文字・イラスト・図式などが瞬時にデータ化され、自動的にスマホやタブレットに転送されます。専用のアプリと連携させれば、より便利に活用することが可能です。

デジタルペンは録音・再生機能付き。打ち合わせ中などに書きもらした内容も、後から確認できます。専用ノートのデザインは、代表的な黒い表紙。普段からモレスキンを愛用している方にもおすすめのデジタルペンです。

ワコム(Wacom) Bamboo Spark with gadget pocket CDS600GG

ワコム(Wacom) Bamboo Spark with gadget pocket CDS600GG

どんな紙にでも使えるデジタルペン。スマホなどのガジェットやノートを入れられる専用ケース付きです。走り書きしたメモの内容を自動的にデータ化し、クラウド保存するので、メモ用紙自体を紛失してもバックアップを取っておけます。

また、クラウドにアップしたデータはいつでも閲覧・編集・共有が可能。Dropbox・Evernote・OneNoteにエクスポートして活用できます。さらに、専用のアプリを使えば、手書きの文字・文章をテキストデータ化することが可能。テキスト化することで、資料やメール作成なども簡単です。

本体自体に最大100ページまでの手書き情報データを保存できるので、スマホなどのデバイスが手元にないときも心配はありません。仕事からプライベートまで重宝する、デジタルペンです。