紙に手書きした文字や図をデジタル化できる「デジタルペン」。書いた内容をデータとして手軽に持ち歩けるほか、他人ともスムーズに共有できるので、仕事・勉強の効率アップに役立ちます。

そこで今回は、デジタルペンを選ぶ際のポイントや、人気の高いおすすめアイテムをご紹介。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

デジタルペンとは?

By: amazon.co.jp

電子ペン、スマートペンとも呼ばれているデジタルペン。手書きの文字や図をすぐに画像化して、スマホやタブレットで保存・編集できる便利なツールです。特殊なドットパターンが描かれた紙で書いた内容を読み取るタイプや、超音波や赤外線でペン先を感知して読み取るタイプなどがあります。

デジタルペンで書いた内容はデバイスへ転送・保存されるので、分厚いノート類を持ち歩く必要はありません。また思いついたアイデアやイラストをすぐ書き留めたいときにも便利です。

書いた内容を共有するときも、データを転送するだけのためいつでもどこでも簡単に行えます。デジタルペンは、特に忙しいビジネスマンの方におすすめです。

デジタルペンの選び方

専用ノートが必要かどうかチェック

By: wacom.com

デジタルペンには、専用ノートとセットになっているタイプと、ペン単体で使えるタイプがあります。多くのデジタルペンは、専用のノートや用紙に書いた内容をデジタル化する仕組みです。ノートや用紙は消耗品なので、なくなれば買い足す必要があります。ノートとセットになったモデルを購入する場合は、ランニングコストもチェックしておきましょう。

一方、ペン単体で使えるデジタルペンは、どんな紙に書いた内容でもデジタル化できる点が魅力です。割高な専用ノートが不要のためコスト面も抑えられます。机がない場所で手書きすることもある場合は、バインダーやボード型のユニットが付いたモデルもおすすめです。

ペンの形状や重量をチェック

By: amazon.co.jp

形状や重さもしっかりとチェックしておきたいポイント。デジタルペンは、バッテリーやメモリをはじめさまざまな機能を搭載しているため、普通のペンや鉛筆よりも重さがあるので注意が必要です。

形状に関しても、手に馴染みやすいモノならスムーズに書きやすいためおすすめ。普段使っているペンの形状や重量を参考にしながら、自分に合ったデジタルペンを選んでみてください。

対応デバイスをチェック

By: amazon.co.jp

接続するデバイスのOSに対応しているかどうかも重要なポイント。多くのデジタルペンはiOSとAndroidの両方に対応していますが、なかには片方でしか使えないモデルもあるので注意が必要です。

デジタルペンによっては、スマホで使用する際に専用アプリが必要なモデルもあります。メーカーが提供するアプリはほとんどが無料のため、デジタルペンを購入する前にアプリの使い勝手を試しておくのもおすすめです。

連続使用できる時間をチェック

By: wacom.com

デジタルペンを選ぶ際、フル充電でどれだけ駆動するのかもチェックしておきましょう。しっかりと充電しておけば短時間ですぐに使えなくなる可能性は低いですが、使い方によっては、電力を早く消耗してしまうことも考えられます。そのため、用途を考えながら、できるだけ連続時間が長めのモノを選ぶのがおすすめです。

各種機能をチェック

データ化機能

By: amazon.co.jp

デジタルペンのデータ化機能で最も多い方式は、書いた情報をPDFやJPEGなどの画像に変換して取り込むタイプです。文字認識技術が向上したことで、手書きの文字をテキストデータ化できるデジタルペンも登場しています。メモした内容を、後でキーボード入力する手間が省けるので便利です。

レコーダー機能

By: amazon.co.jp

記録を残したい場合、メモを取る作業が追いつかないことも考えられます。そんなときに便利なのが、音声の録音や再生に対応しているデジタルペンです。

この機能が搭載されていれば、音声を録音しながらメモが取ることが可能。文字でも音声でもデータを残せるため、会議中などに書ききれなかった部分の確認がしやすくなるので便利です。

オフライン同期

By: amazon.co.jp

デジタルペンのバッテリー容量はそれほど大きくありません。そのため、デバイスと常に通信させながら使用していると、気付いたときにバッテリーがなくなってしまう場合もあります。

充電回数を少なくしたい方に便利なのが「オフライン同期」機能。この機能があれば、デバイスとの通信をオフにしている間でも、手書きした情報をペン本体に保存しておけます。デバイスとの通信の頻度を抑えることでバッテリーが長持ちするため、外出先などで使用する際におすすめです。

データ保存量をチェック

By: amazon.co.jp

定期的にまとめてデータ転送を行うことが多い方は、デジタルペンのデータ保存量もチェックしておきましょう。デジタルペンは大量のデータを取り込んで保存するのはできない仕様のモノがほとんど。トラブルを避けるためにも、保存容量の小さなモデルを選んだ際には、こまめに転送しておくようにしましょう。

デジタルペンのおすすめモデル

ワコム(Wacom) Bamboo Spark with tablet sleeve CDS600PG

本物の紙に、メモをとったり絵を描いたりして保存と共有ができるデジタルペンです。スキャンや写真撮影は必要なく、ノートなどに直接描いてクラウドにアクセスすることで、閲覧・編集・共有ができます。

また、Inkspaceアカウントを使えば、手書きしたデータをテキスト形式に変換可能。さらに、Dropbox・Evernote・OneNoteにエクスポートもできます。

管理するデータは好きなときに書き加えられるので、ビジネスシーンはもちろん、学業などにおすすめ。細やかな筆圧を感じ取る仕様で、なめらかな使い心地です。

ワコム(Wacom) Bamboo Spark with gadget pocket CDS600GG

書く紙を選ばなくてよいデジタルペンです。幅広い紙に対応しているので、仕事からプライベートまでさまざまな場面で活躍。クラウドにアップしたデータは、好きなときに閲覧・編集・共有が可能。Dropbox・Evernote・OneNoteにエクスポートして活用できるため便利です。

また、専用のアプリを使えばテキスト変換機能が利用可能。手書きのメモをテキスト形式に変換し、共有やアーカイブができます。手書きの文字や文章を簡単にテキスト化することで、資料やメール作成などを簡単に行えるのも魅力です。

本製品には、最大100ページまでの手書き情報データの保存が可能。スマホなどのデバイスが手元にないときも、後から管理ができます。メモ用紙自体を紛失してしまっても、バックアップを取っておけるので安心です。

ワコム(Wacom) Bamboo Slate CDS610S

ワンタッチでデータの変換ができるデジタルペン。ボタンを押すだけで、手書きのメモやイラストをJPG・PNG・PDF・WILL形式に変換できます。Bluetoothを使えばiOSやAndroidのデバイスに転送も可能です。

デジタルペンは、ソフトな仕様で手になじみやすいのが特徴。精度の高い筆圧感知機能が搭載されているので、細やかなタッチも表現できます。また、A5サイズで厚さ8mmまでのノートであれば、どんなモノに書いてもデジタル化が可能。専用のアプリで編集や共有も簡単に行えるため、カスタマイズの幅が広がるのも魅力です。

オフライン同期機能に対応しているのもポイント。ネットワークが切断された状態でも安心です。さらに、付属品としてバインダー型のスマートパッドとセットになっているのも魅力。携帯する際も便利なおすすめのモデルです。

モレスキン(MOLESKINE) スマートライティングセット SWSA

使いやすさに定評のあるモレスキンが展開する、人気のライティングセット。黒を基調としたシックなデザインです。罫線ノートへデジタルペンで書いた文章や文字、イラスト、図などがデータ化され、スマートフォンやタブレットなどのデバイスに転送されます。

付属の専用ノートはデジタルペンに合わせた黒いデザインで、スタイリッシュな雰囲気を演出。すっきりとした印象でデジタルペンを使いこなしたい方におすすめのモデルです。

コクヨ(KOKUYO) デジタルノート CamiApp S NST-CAS-N5-AM

従来のキャンパスノートに書くように使用できる、デジタルペンとノートがセットになったアイテムです。アップロードは、チェックボックスにチェックを入れるだけ。自動でデータ化を行うため、うっかりデータを消去してしまうといったことも軽減できます。

また、Googleカレンダーとの連携機能を搭載しているのもポイント。デジタルペンをビジネスシーンで使いこなしたい方におすすめのモデルです。

ネオスマートペン(Neo smartpen) ネオスマートペンM1 NWP-F50NV

厚さ約10.4mmというスリムなデザインが特徴的な、iOS・Android対応デジタルペンです。細身に加えて、重さも約17.4gと比較的軽量。持ち運びしやすいのはもちろん、軽快な書き心地なのも魅力です。

電源は、ペンのキャップを開け閉めするのと同時にオン・オフになる仕組み。一般的なペンと同じ感覚で使えるように工夫されており、難しい操作が苦手な方も安心して使えます。

また、すっきりとした小型のデジタルペンながら、機能性が充実しているのもポイント。1回の充電で最大6時間まで連続使用ができ、Bluetooth接続がオフラインの際にも、A4用紙約1000枚分の手書き情報を保存可能です。

音声の録音や再生にも対応しているので、メモを取りそびれてしまった場合にも便利。さらに、手書き文字をワンタッチでテキストデータに変換できます。データの共有や管理も手軽に行えるおすすめのモデルです。

ネオスマートペン(Neo smartpen) N2 NWP-F121

専用のノートを必要としない、スタイリッシュなデジタルペン。紙を選ばず、使い勝手に優れているのが特徴です。重さは約22gと、軽いのも魅力。アルミとステンレススチール製なので傷や衝撃に強く、落下した際に故障するリスクを軽減できるのもポイントです。

また、音声を録音したり再生したりと、会議や講義の記録にも役立ちます。さらに、本製品にはオフライン同期機能が搭載されているため、バッテリー消耗の抑制が可能。長い講義の際などにもおすすめです。

デバイスとの通信がオフになっている場合、内蔵メモリにA4用紙約1000枚分までの手書き情報を保存しておけるのもメリット。デバイスとBluetooth接続した際に、一気にまとめてデータの転送が可能です。