豊富なラインナップが揃っているタッチペン(スタイラスペン)。従来品は画面タップなど簡単な操作がメインでしたが、最近は「Apple Pencil」や「Surface Pen」など機種専用かつ高度な仕様のデジタイザーペンが登場し、手書き感覚で文字が書き込めたり、本格的なイラストが描けたりなど、使い勝手が向上しています。

そこで今回は、2018年におすすめのタッチペンをランキング形式でご紹介。端末のOS別に最適なアイテムをピックアップしたほか、ゲームやイラストなど用途に分けて製品をチョイスしたので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

タッチペンの種類

現在販売されている主なタッチペンのペン先は4種類。それぞれメリットとデメリットがあるので用途によって使い分けるとよいでしょう。また、タッチペンはあくまで精密機械のため、保管時にはキャップを使用するのがおすすめです。

ペン先が丸いタイプ

31vr7pnDu0L

By: amazon.co.jp

比較的リーズナブルで種類も豊富なのがこちらのタイプ。ペン先が丸くタッチしやすいのが特徴で、基本操作やゲームなどのタッチ操作はもちろん、文字を書くなどさまざまな用途に使うことができます。

まずはタッチペンがどういうものか知りたい初心者におすすめです。ただし、先端がゴム製のものが多いため、劣化が早く買い替え頻度が高い点には留意しましょう。

ペン先が細いタイプ

31eyvcVEjLL

By: amazon.co.jp

ペン先が細いタイプはタッチする範囲が狭いため、スマホなどの小さい画面で使用する時も細かい文字や画像が見やすいのがメリットです。また、ボールペンのような書き味のため扱いやすい点も魅力。逆に、画面に傷もつきやすいという側面もあるので、液晶保護シートは必須です。

ペン先が筆タイプ

31wkJMVxRIL

By: amazon.co.jp

筆タイプのタッチペンは、操作用よりは、スマートフォンやタブレットでイラストを描く方に適しています。滑りがよく、まるで紙の上で絵の具を走らせているような感覚が楽しめるのが特徴。絵を描く方なら一度は使ってみるのがおすすめです。

筆圧感知タイプ

31ZoNuAyqNL

By: amazon.co.jp

筆圧感知とは、筆圧によってペン先の太さが変わる機能のことです。通常のタッチペンは、力を入れても入れなくても線は一定の太さですが、この機能が備わっていると太細の変化がつけられます。そのため、精細な描画が求められる漫画家やイラストレーターに人気。ただし、高機能なため価格はやや高めに設定されています。

タッチペンの付加機能

By: amazon.co.jp

タッチペンは書くだけでなく、利用シーンを想定した付加機能を搭載しているモノがあります。代表的な例では、紙とタブレットの両方で使用できるボールペンとの“2in1タイプ”。学校やビジネスシーンなど、1本で2役こなす便利なアイテムです。

そのほか、イヤホンジャックに差し込み持ち運べるストラップタイプをはじめ、イラストなどの創作作業に便利な機能切替ボタンや、筆圧に応じた動作でより通常のペンに近い使い方ができる筆圧感知機能が付いたモデルもあります。

タッチペンは目的によって選ぼう

メモ書きや文字入力で使う

By: amazon.co.jp

メモ書きや文字入力などの一般的な用途の場合は、「書きやすさ」がポイントです。ペン先は基本の丸い形が全体的に扱いやすい傾向があります。やや細かい操作をする場合は、ペン先の周辺が見やすい”鉛筆の様な形”のタイプがおすすめです。

また、ペン軸の長さもタッチペンを選ぶうえで大切なポイント。携帯性を重視するなら短いタイプを、長時間の筆記をするなら指先に負担が少ない通常タイプを選びましょう。

ゲームを楽しむ

By: amazon.co.jp

ゲーム用途の場合、通常のペン先では感度が鈍くなったり、品質が劣化してしまったりするのが懸念点。選ぶ際には、できるだけペン先の硬いタイプを選ぶことが大切です。

ゲーム用と謳っているタッチペンであれば、耐久性や使い心地がよく、コストパフォーマンスが高いモノが多いもの魅力。安価なタッチペンを購入して、その都度買い換える方にもおすすめです。

イラストを描く

By: amazon.co.jp

イラストやフォトレタッチのような細かな作業の場合、筆圧の強弱や細かい動きへの対応など、より精細な感度が要求されます。

イラストを描くために最適なタッチペンを選ぶ基準は、「筆圧感知機能」や作業アプリの機能が割り当てできる「ショートカットボタン」の機能が重要なポイントです。そのほか、ペン軸の形状や長さも書きやすさを左右する要素なので、しっかり確認しましょう。

iPhoneやiPadにおすすめのタッチペン(スタイラス)ランキング

第1位 アップル(Apple) Apple Pencil

レスポンスのよさが魅力のApple製品専用タッチペン。描きはじめてから線が画面に表示されるまでのタイムラグはほぼ感知できない程度に抑えられています。イラストや曲線などもスムーズに描けるので、これまでタッチペンにストレスを感じていた方にもおすすめです。素早くメモを取りたい際にも活躍します。

また、ペン先に加える圧力によって線の太さを、ペンを傾けることでひとつの線の濃淡を調整できるのもポイントです。さらに、キャップを外すとiPad Proに繋げられる”Lightningコネクタ”が付いているため、充電にも便利。対応するApple製品を所持している方におすすめのスタイラスペンです。

第2位 Ciscle タッチペン

2種類のペン先を搭載したタッチペン。小さい画面に文字を書く時やイラストを描く時は銅製の極細ペン先、もう一方の繊維質のペン先はタップ音が気になるゲームなどに便利です。USB充電式を採用しており、フル充電の状態でおよそ16時間連続して使用できます。

使わずに5分間放置すると自動的に電源が切れ、バッテリーの浪費を防止することが可能です。また、アルミ製の丈夫なボディながら軽量タイプなので長時間使用しても手が疲れにくいのも魅力。バンド付きのペンケースが付いているので、頻繁に持ち歩く方にもおすすめです。

第3位 ワコム(WACOM) Bamboo Stylus Fineline CS610

ワコムが販売するタッチペン。筆圧を感知するタイプで、ペン先が細くなっているのが特徴です。また、本格的な手書き入力が可能な「筆圧機能(1024レベル)」を搭載。ちょっとした手書きメモはもちろん、簡単なイラストが書けるなど、さまざまな用途で使えます。

さらに、好きなアクションを自由に割り当てられる「ショートカットキー」、本体を回すとペン先の出し入れや電源のオン・オフができる「ツイスト式」など、使いやすさにこだわった機能を備えているのもポイントです。

ちなみに、無料のスマートフォン向けアプリ「Bamboo Paper」を使えば、iPhoneやiPadで作成したメモやスケッチを最大5GBまでクラウド上に保存しておくことが可能。持ち手部分は手にフィットする「エルゴノミクスデザイン」が採用されているため、機能性だけでなく、使いやすさにも優れたおすすめのタッチペンです。

第4位 Elemiyaタッチペン

2種類のペン先を搭載したタッチペンです。1.45mmの極細ペン先は小さいキーボードで入力する時や、細かい文字を書きたい時などに便利。もう一方のソフトなペン先はゲームで遊ぶ際におすすめです。1〜2時間の充電でおよそ8〜10時間使用できます。

USB充電ケーブルが付属しているので、すぐ使い始められるのもポイント。本体にもクリップが付いており、胸ポケットなどに入れておけば紛失のリスクを減らせます。また、専用のケースに入れておくとカバンの中などで見失いづらく、さっと取り出して使うことが可能です。

第5位 Abida タッチペン Abida-t03

鉛筆のようなデザインが特徴のiPhone・iPad用タッチペン。握りやすく、紙に書いているような感覚でメモをとったり、イラストを描いたりできる製品です。ペン先は「カーボンナノファーバー素材」使用しており、優れた耐久性と静音性を実現しています。

ペンの上部を3秒長押しすると電源のオン・オフができる簡単設計も魅力。1回のフル充電で約12時間連続使用でき、仕事や趣味の最中に充電が切れる心配がないのもポイントです。30分経つと自動で電源が切れるので、切り忘れによる電池の消耗を防止します。

第6位 メタモジ(MetaMoJi) Su-Pen P201S-FT

おしゃれなタッチペンを探している方におすすめの製品です。持ち手部分にしなやかな曲線デザインを採用することで、ほかのタッチペンとは一味違ったスタイリッシュな見た目に仕上がっています。セットで付いてくる「特製フラワーチャーム」を付ければ、タッチペンをさらにアレンジできるため、女性の方にもおすすめ。

カラーバリエーションは、アクアブルー・ベビーピンク・マゼンタの3色から選べるので、iPhoneやiPadと色を合わせることもできます。ペン先には独自の4重構造と導電性繊維を採用しているので、書き心地のよさも魅力のタッチペンです。

Androidにおすすめのタッチペン(スタイラス)ランキング

第1位 プリンストン(Princeton) PSA-TPR01

感度調整機能を搭載したタッチペン。ペン先を回転させれば感度を自由に調節できるため、タッチペンが反応しづらい保護フィルムが貼ってあるデバイスでもストレスなく快適に使えます。

ペン先端部は、細かな描写が可能な直径約2mmの極細形状を採用しており、書き心地に優れた「ポリエステルファイバー」を使用しているので、紙にペンで書いているような自然な感覚で操作ができます。

また、従来のタッチペンよりも軽い筆圧で描写ができる「アクティブ方式」を採用しているので、長時間タッチペンを使って作業をするような方にもおすすめ。3分以上操作をしないと自動で電源が切れる「オートスリープ機能」など、使いやすさに優れているおすすめのタッチペンです。

第2位 オウルテック(Owltech) OWL-TPSE02

「ディスク」タイプと「金属繊維」タイプの2WAY仕様タッチペン。ディスクタイプはペン先が透明なので細かい作業に適しており、金属繊維タイプは軽めのタッチでもしっかり反応するため、パズルゲームやフリック操作などをする際におすすめです。

また、持ち運びに便利な「クリップ付きキャップ」がセットになっているので、外出先で頻繁にタッチペンを使う方にもおすすめ。ペン本体には、高級感のある「サンドブラスト加工」が施されているので、プライベートはもちろんビジネスシーンでの使用にも向いているタッチペンです。

第3位 Zspeed タッチペン

Androidを含む多機種に対応するタッチペン。本体の向きを変えるだけで2種類の太さが異なるペン先を使えます。文字を書く時などは太さ1.45mmの銅製ペン先がおすすめ。もう一方のペン先は、ゴム製もしくは金属繊維製を用途に合わせて付け替えられます。

リチウムバッテリーを内蔵し1回の充電でおよそ12時間連続使用が可能。長時間の使用でもバッテリーを気にせず使えます。細い方のペン先は金属製なのでスクリーンにキズがつかないよう保護フィルムを貼って使用するのがおすすめです。

第4位 エレコム(ELECOM) TB-TPLM01

低重心設計を採用したタッチペン。従来の製品と比べて持った際にバランスが取りやすいため、長時間の作業でも手が疲れにくい仕様になっています。

また、ペン先にはやわらかい「シリコンゴム素材」を採用することで、液晶画面にキズが付きにくくなっているのも特徴。イヤホンジャックに差し込み可能な「ストラップ」付きなので、携帯するのに便利です。

ゲームにおすすめのタッチペン(スタイラス)ランキング

第1位 エレコム(ELECOM) P-TPG03

スマートフォンやタブレットでゲームを快適に楽しみたい方におすすめのスタイラスペン。軽い力で滑らかな操作が可能な「高密度ファイバーチップ」や、操作時ペンが邪魔にならずゲームが楽しめる「クリアウィンドウ」など、ゲーム操作に便利な機能が充実しています。

また、本体には導電性の高いメッキ加工が施されているので、さらに感度の高い操作が可能。カラーは、ブラックのほか、シルバー・ブルー・レッドが展開されています。

第2位 オウルテック(Owltech) ゲーム用タッチペン OWL-TPSE03G

ディスク型と導電繊維製のペン先を搭載したゲーム用タッチペン。ディスク型ペン先は透明に作られており、高い視認性を実現しています。タッチする角度が変わっても精度が落ちにくいのが魅力です。

ラバーグリップが付いており、滑りにくく手が疲れないのもポイント。ペン先にはクリップ付きのキャップが付いているので、ポケットやカバンに入れた時にもペン先を保護できます。長時間ゲームをする方や、持ち歩くことが多い方におすすめのアイテムです。

第3位 Coziwo 極細 2in1 スタイラスペン

2in1で2種類の太さを使えるタッチペン。リーズナブルなので、劣化しても気軽に買い換えられます。高感度のペン先を軽く画面にタッチするだけでスムーズに使えることがポイントです。「ダンパー機能」を搭載しているので、デバイスの画面にペン先が触れた時の音を軽減できます。

交換用のペン先が付いており、新しいペン先をネジで固定するだけで簡単に交換可能。反応が悪くなったらペン先のみでも購入できます。また、本体のクリップで胸ポケットなどに固定でき、持ち歩く際の紛失も防げるおすすめのタッチペンです。

イラストにおすすめのタッチペン(スタイラス)ランキング

第1位 アドニット(Adonit) Dash2 ADJD2B

1.9mmのペン先が付いたタッチペン。ペン先は柔らかく滑らかな書き心地を実現しています。ペンの上部をワンノックするだけで起動するので、書きたい時にすぐ書き始めることが可能です。

アルミ製のボディが醸し出すスタイリッシュな雰囲気もポイント。本体にはクリップも付いているので持ち歩きの際はポケットや手帳に固定できます。45分の充電で最大14時間連続して使用できるのもポイント。USBポートがあれば、付属のUSBチャージャーで充電できます。デバイスはiOSとAndroidの両方で使用可能です。

第2位 Elzo 39SP-3B2P-1BSE

導電繊維ヘッド・ディスクヘッド・中性ヘッドと3つの異なるペン先が付いたスタイラスペン。用途に応じてペン先を自由に付け替えることができます。筆圧感知機能やカスタマイズボタンなど、便利な機能は搭載していませんが、コストパフォーマンスを重視する方におすすめ。

低価格のタッチペンながら、18ヵ月の安心保証が標準で付いているので、アフターサービスを重視する方や、同じタッチペンを長く使い続けたい方にもおすすめです。

第3位 ミナトホールディングス タッチワンド F-type TWF-001SV

手書きにおすすめの筆タイプのスタイラスペン。見やすく毛先が変形しにくい仕様になっているのもポイントです。ペン先が非常に柔らかいので、液晶画面に傷がつかないのも特徴。本体には持ち運びに便利なクリップが付いているので、外出先で頻繁に使う方にもおすすめです。

シルスター(Silstar) Butouch ESTB002

ペン先がブラシタイプのタッチペン。描画用の専用アプリをダウンロードすれば筆やキャンバスなどアートツールを持ち歩かずに絵を描けます。さまざまなタッチスクリーンに対応する汎用性の高さも魅力です。

人間工学に基づいたデザインは使いやすく、手が疲れにくいので安心。また、6色のカラー展開があるので好みに合わせて選べます。外出先や旅行先でスケッチやイラストを描きたい方におすすめです。

番外編:イラストにおすすめのタッチペン(スタイラス)|機種限定

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pen

Microsoft社の「Surface」シリーズに対応するペン。従来モデルよりも筆圧検知が細かくなったほか、本体の先端には消しゴムの役割を果たすパーツが付属しているのが特徴です。

傾き検知も可能なので、ペンを寝かせると太い線が書けるなど、使い勝手が改善されているのもポイント。サイズはW9×H146×D9mm、重量は約20g、電源は単6電池1本を使用します。カラーラインナップはバーガンディ・ブラック・プラチナ・コバルト・ブルー・アクアの6色です。

フィフティースリー(FiftyThree) 53PA01

iPadでイラスト制作を楽しみたいなら、本製品がおすすめ。事前の設定が不要で、簡単に絵を描くことが可能です。

また、本体の裏に搭載された消しゴムで絵を修正することもできます。さらに、きれいに自然な描線が書ける筆圧感知機能も搭載。iPad専用のアプリ「Paper」なども採用され、本格的なイラスト作成を楽しみたい方にもおすすめのタッチペンです。

タッチペン(スタイラス)のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

タッチペン(スタイラス)のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。