豊富なラインナップが揃っているタッチペン(スタイラスペン)。従来は簡単な操作ができる製品が大半でしたが、最近は「Apple Pencil」や「Surface Pen」など機種専用かつ高度な仕様のタッチペンがラインナップされています。手書き感覚で文字が書き込めたり、本格的なイラストが描けたりと、使い勝手が向上しているのが特徴です。

そこで今回は、2020年におすすめのタッチペンをランキング形式でご紹介。端末のOS別に最適なアイテムをピックアップしたほか、ゲームやイラストなど用途に長けた製品もチョイスしたので、購入を検討している方はぜひチェックしてみてください。

タッチペンの種類

ペン先が丸いタイプ

By: amazon.co.jp

まずはタッチペンがどういうモノか知りたい初心者におすすめです。ただし、先端がゴム製のモノが多いので、劣化が早く買い替え頻度が高い点には留意しましょう。

ペン先が細いタイプ

By: amazon.co.jp

ペン先が細いタイプはタッチする範囲が狭いため、スマホなどの小さい画面で使用する際にも細かい文字や画像が見やすいのがメリットです。また、ボールペンのような書き味のため扱いやすい点も魅力。逆に、画面に傷がつきやすい側面もあるので、液晶保護シートは必須です。

ペン先が筆タイプ

By: amazon.co.jp

筆タイプのタッチペンは、スマートフォンやタブレットでイラストを描く方に適しています。滑りがよく、まるで紙の上で絵の具を走らせているような感覚が楽しめるのが特徴。絵を描く方なら一度は使ってみることをおすすめします。

筆圧感知タイプ

By: amazon.co.jp

筆圧感知とは、筆圧によってペン先の太さが変わる機能のことです。通常のタッチペンは、力を入れても入れなくても線は一定の太さですが、本機能が搭載されたモデルは太細の変化がつけられます。そのため、精細な描画が求められる漫画家やイラストレーターに人気です。ただし、高機能なので価格はやや高めに設定されています。

タッチペンの付加機能

By: amazon.co.jp

タッチペンは書くだけでなく、利用シーンを想定した付加機能を搭載しているモノがあります。代表的な例では、紙とタブレットの両方で使用できるボールペンとの2in1タイプ。学校やビジネスシーンなど、1本で2役こなす便利なアイテムです。

また、充電方式のモデルはペン先に静電気を流すことができるのも魅力のひとつ。指先では再現できない細かなタッチ操作が可能です。

そのほか、イヤホンジャックに差し込んで持ち運べるストラップタイプをはじめ、イラストなどの創作作業に便利な機能切り替えボタンや、筆圧に応じた動作でより通常のペンに近い使い方ができる筆圧感知機能が付いたモデルもあります。

タッチペンは目的によって選ぼう

メモ書きや文字入力で使う

By: logicool.co.jp

メモ書きや文字入力など一般的な用途の場合は、書きやすさが重要です。ペン先は基本の丸い形が全体的に扱いやすい傾向にあります。やや細かい操作をする場合は、ペン先の周辺が見やすい鉛筆のような形のタイプがおすすめです。

また、ペン軸の長さもタッチペンを選ぶうえで大切なポイント。携帯性を重視するなら短いタイプを、長時間の筆記をするなら指先に負担が少ない通常タイプを選びましょう。

ゲームを楽しむ

By: amazon.co.jp

ゲーム用途の場合、通常のペン先では感度が鈍くなったり、品質が劣化してしまったりするのが懸念点。そのため、できるだけペン先の硬いタイプを選ぶことが大切です。

ゲーム用と謳っているモデルであれば、耐久性や使い心地がよく、コストパフォーマンスが高いモノが多いのも魅力。安価なタッチペンを購入して、その都度買い換えたい方にもおすすめです。

イラストを描く

By: amazon.co.jp

イラストやフォトレタッチのように細かな作業の場合、筆圧の強弱や細かい動きへの対応など、より精細な感度が要求されます。

イラストを描くために最適なタッチペンを選ぶ基準は、「筆圧感知機能」や作業アプリの機能が割り当てできる「ショートカットボタン」の機能が重要なポイントです。そのほか、ペン軸の形状や長さも書きやすさを左右する要素なので、しっかり確認しましょう。

iPhoneやiPadにおすすめのタッチペン(スタイラス)ランキング

第1位 アップル(Apple) Apple Pencil MU8F2J/A

アップル(Apple) ApplePencil MU8F2J/A

第2世代のApple Pencil。第1世代のアイテムと比べて長さが1cm短くなり、持ちやすさが改善されたのが特徴です。iPad Pro本体に磁力で装着できるほか、そのままワイヤレス充電ができるようになったのもポイント。なお、第1世代のApple Pencilに対応する第6世代のiPad、第5世代のiPad mini、第3世代のiPad Airとは互換性がないので、その点は注意しておきましょう。

フラットな面が設けられており、転がりにくさにも配慮。マットな質感に変更されており、グリップ感も増しています。作画と消しゴム機能の切り替えもスムーズにできるので、汎用性が高いのも魅力。タッチペンの使用頻度が高い方におすすめの製品です。

第2位 ロジクール(Logicool) Crayon デジタルペンシル iP10

ロジクール(Logicool) Crayon デジタルペンシル iP10

iPad第6世代専用に設計されたロジクールのタッチペン。Apple Pencilテクノロジーを採用しており、遅延のない反応速度とピクセルレベルの高い精度によって細かい絵が描けます。

1回の充電で7時間の連続使用が可能です。また、2分の充電で30分間使用できるクイックチャージ機能も搭載されています。ほかにも30分間使用せずにいると自動的に充電がオフになる機能が付いているので、バッテリーを節約したい方にもおすすめです。

なお、チップの傾きによって線の太さを自動的に調節可能ですが、筆圧感知機能は搭載されていません。筆圧を利用した絵を描きたい方は注意しましょう。

第3位 アップル(Apple) Apple Pencil MK0C2J/A

アップル(Apple) ApplePencil MK0C2J/A

傾きと圧力を感知できるシンプルで持ちやすいiPad専用のタッチペン。Apple Pencilの第1世代モデルで、鉛筆のように線の太さを細かく変えたり繊細な陰影をつけたりできます。水彩画を描くときのにじみや色の濃淡など、アーティスティックな描写も可能です。

なお、タッチペンは使いすぎると芯が削れてしまうことがありますが、本製品には交換用の芯が付属しています。充電はiPadのLightning端子でできるため、Apple製品ユーザーにおすすめのタッチペンです。

第4位 Zspeed iPad専用ペン

Zspeed iPad専用ペン

iPadとの互換性があるサードパーティーのタッチペン。第3世代の「iPad Air」や第5世代の「iPad mini」、第6〜7世代の「iPad」「iPad Pro 3」などで、2018年以降に発売されたiPadに対応しています。

ペアリングは不要で、iPadの設定アプリからメモ、さらに「Apple Pencilのみで描画」をOFFにすることで使用することが可能。充電のインターフェースはUSB Type-Cで、フル充電であれば10時間程度使用できます。なお、未使用時が5分続くと自動的に電源OFFになるので、節電に配慮できるのもポイントです。

また、比較的安価ながらペン先は1mmの極細仕様で、筆記だけでなく、描写もスムーズ。書き心地は良好なので、コスパ重視でアイテムを選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

第5位 Elemiya タッチペン EZ-01

Elemiya タッチペン EZ-01

極細で銅製のペン先と導電繊維ペン先の二種類が両端に付いた2in1のタッチペン。極細銅製のペン先は直径1.45mmと非常に細く、指先よりも正確で細かい操作ができます。導電繊維ペン先は少し太めの繊維質でできているため、画面を汚さずにパズルゲームをしたいときなどに最適です。

酸化処理されているボディは高級感があり、塗装が剥がれにくいのでおしゃれなデザインを維持できます。滑りにくく握りやすいため、書き心地も良好です。クッション性のある極細銅製ペン先は、細かい文字を書くだけでなく細かい絵を描くこともできます。

また、ペンの内部にバネを使用しているためペン先の寿命が長く、ペン先の交換が不要です。ペン本体にはmicroUSB入力ポートを搭載しており、1時間の充電で8時間程度使用できます。

Androidにおすすめのタッチペン(スタイラス)ランキング

第1位 iPens X1 PBS1701

 iPens X1 PBS1701

ゴム製のペン先を採用しており、スクリーンに傷がつきにくいタッチペンです。ペン先は2mmで、交換用のゴム製ペン先が4個付属します。付属のUSBケーブルで充電ができ、2時間の充電で10時間の連続使用が可能です。

Bluetoothのペアリングが不要で、ボタン式なのでスイッチを押すだけで起動できます。ゴム製のペン先を持ったタッチペンを探している方におすすめです。

第2位 Zspeed タッチペン K811

Zspeed タッチペン K811

ペン先の直径が1.5mmと細めのタッチペンです。感度が高く、狙ったポイントにタッチしやすいのが特徴。ペン先には柔らかい弾性マット素材を使用しており、スクリーンが傷つきにくいのが魅力です。

また、リチウムバッテリーを搭載したUSB充電式で、約1時間の充電で12時間の連続使用ができます。交換用ペン先が2個付属しているので、万が一ペン先を失くしてしまっても安心です。

第3位 aibow タッチペン abw-160b2

aibow タッチペン abw-160b2

新開発の透明な導電ディスクのペン先によって、スマホやタブレットの狙ったポイントをタッチしやすいタッチペン。30°傾けた状態でもペン先の角度をキープしながら操作ができます。スマホゲームやメモだけでなく、写真編集やイラスト制作にもおすすめです。

感度が高く、液晶保護フィルムを貼ったスマホやタブレットの上からでも快適に操作できるのもポイント。また、摩耗に対する耐久性が高いためペン先が長持ちします。なお、PET素材の液晶保護フィルムはタッチペンの感度が低下する場合があるため、ガラスフィルム素材の液晶保護フィルムがおすすめです。

ゲームにおすすめのタッチペン(スタイラス)ランキング

第1位 エレコム(ELECOM) タッチペン P-TPG03BK

エレコム(ELECOM) タッチペン P-TPG03BK

ペン先に高密度ファイバーチップを採用しており、非常に高い感度を実現したタッチペンです。快適にゲーム操作ができるゲーミングタイプで、ペン先の繊維が広範囲の接地面積を確保するので軽い力で滑らかな操作を実現できます。

また、指先でのタッチ操作のように液晶画面を汚すことがないため、ガラスフィルムの上からでも滑らかな操作が可能。繊細なゲーム操作を実現したい方におすすめのタッチペンです。

第2位 AppBankStore Su-Pen ゲーマーズモデル

AppBankStore Su-Pen ゲーマーズモデル

ゲームをしやすいようにペン先の重量を追求したAppBankのタッチペン。特殊な導電性繊維を使用したペン先を採用し、ゲームをするときに最適な重量バランスになるよう調節されたペン軸を有しているのが特徴です。ペン先の交換ができるため長く使用できます。

滑らかな書き心地で、つっかかりを感じにくいのもポイント。軽く触れるだけでスマホの画面操作ができるおすすめのタッチペンです。

第3位 オウルテック(Owltech) ゲーム用タッチペン OWL-TPSE03G

オウルテック ゲーム用タッチペン OWL-TPSE03G-BK

ペン先が透明なディスク型になっているタッチペンです。ペンの角度を変えても高いタッチ精度を有しています。ペン先には金属を編み込んだ特殊な繊維を使用しているので、ゴムやシリコン製のタッチペンと比べると柔軟性が高いのが特徴です。

軽いタッチでもしっかり反応するため、機敏な動作が必要なスマホゲームにも適しています。また、ラバーグリップを使用しているので、手袋を着用しているときや乾燥でペンが滑ってしまうときにも便利。タッチ時の安定感が高いタッチペンを探している方におすすめです。

イラストにおすすめのタッチペン(スタイラス)ランキング

第1位 SILSTAR デジタルアーティストブラシ スタイラス筆ペン

SILSTAR デジタルアーティストブラシ スタイラス筆ペン

ペン先がブラシタイプのタッチペンです。ペイント用の専用アプリをダウンロードするだけで簡単にイラストが描けるので、筆でキャンバスに絵を描くときと同じ感覚で使用できます。タブレットやタッチ操作に対応したPCなど、全ての静電容量式タッチスクリーンに使用できる汎用性の高さも魅力です。

また、本体は軽量のアルミ製ボディで、手が疲れにくい人間工学に基づいたデザインなので長時間イラストを描く方にも適しています。

第2位 アドニット(Adonit) Dash3

アドニット(Adonit) Dash3

iOSとAndroidの両方で使用できるタッチスクリーン対応のタッチペン。Bluetooth非搭載モデルなので筆圧感知機能などはありませんが、1.9mmのペン先で書きやすく、ボールペン感覚で使えるのが特徴です。

充電時間は45分程度で、連続使用可能時間は最大14時間。繊細な描写をするには物足りなさを感じますが、メモ書き程度の用途をサクサクとこなしたい方にとっては使いやすい仕様です。汎用性の高いアイテムを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

第3位 BHOMEA アクティブ スタイラスペン 459

BHOMEA アクティブ スタイラスペン 459

1.45mmの極細ペン先で、狙った場所に小さな文字を書けるタッチペンです。ペン先には導電繊維を使用しているため精度が高く、仕事やパズルゲームだけでなくお絵描きが好きな方にも適しています。

タッチペンの先にはクッション機能があるため、画面を傷つけにくい構造なのもポイント。USB充電ポートがペンキャップに内蔵されており、水や埃がUSBポートへ入って故障するリスクを軽減可能です。

また、電源スイッチを押すとLEDが青に点灯するため、電源が入っているかどうかが一目で分かります。30分経過すると自動で電源がオフになる省電力仕様も魅力のひとつ。USB充電式で、1時間充電すると10時間の連続使用ができるので、長時間使用できるタッチペンを探している方におすすめです。

第4位 MEKO 第2世代スタイラスペン MEKO-DISC2

MEKO 第2世代スタイラスペン MEKO-DISC2

ペン本体が二つに分けられるのが特徴のタッチペンです。グリップデザインは握りやすく、滑り止めも付いています。ペン先は導電繊維なのでスクリーンとの摩擦が少なく、書き心地も非常に滑らかです。

ペン先が見えやすいタイプなので、狙ったポイントをしっかりタッチできます。細かい操作が必要なゲームやイラストの描画だけでなく、小さな字を書くことも可能です。2種類の交換用ペン先が付属しているのもポイント。さまざまな用途で使えるおすすめのアイテムです。

第5位 Heiyo タッチペン 703A

Heiyo タッチペン 703A

本製品はマイクロソフトの認証を受けており、マイクロソフト製品での動作が保証されたタッチペン。反応が鈍かったり線が途切れたりするリスクを軽減可能です。4時間の充電で、500時間も連続使用できます。直径1.5mmのペン先は耐磨耗性に強いプラスチック製のペン先のため、書き心地も非常に滑らかです。

デリートボタンがペンに付いているため、書き間違えたときにワンプッシュで消去できます。さらに、LEDランプで充電をするタイミングのチェックができるのが特徴。充電中は青に光り、電池残量が残り3時間になると赤に光るので充電のタイミングが把握しやすく便利なタッチペンです。

第6位 アドニット(Adonit) Pixel

アドニット(Adonit) Pixel

スタイリッシュなデザインと機能性を備えたiOS対応のタッチペン。対応機種はiPhoneであれば、「iPhone 5」以降、iPadであれば「iPad mini」や「iPad Air」、第4世代以降の「iPad」「iPad Pro」などが該当します。

製品としては1.9mmのペン先を採用。また、2048段階の筆圧感知にも対応しているので、アナログのペンに書き味で使用することができます。さらに、ショートカットボタンが搭載されており、使用頻度の高い機能にアクセスしやすいのもポイント。多機能モデルを求めている方はチェックしておきましょう。

第7位 ワコム(Wacom) スタイラスペン Bamboo Sketch CS610PK

ワコム(Wacom) スタイラスペン Bamboo Sketch CS610PK

本製品は、iOSデバイスで絵を描くことの多いユーザーにおすすめのタッチペン。筆圧対応機能付きの極細ペン先が採用されており、紙のスケッチブックにペンを走らせるような感覚です。本製品はソフトタイプとハードタイプの2種類のペン先があり、どちらか一方を選択できます。

また、三角形のエルゴノミクスデザインで、手に馴染み安く長時間使い続けても疲れにくいモデルです。さらに、持ち運びに便利なキャリーケースが付いており、外出先でアイデアが浮かんでもすぐに取り出してメモできます。

付属のUSB端子によって充電できるため、パソコンなどのUSBコネクタに接続しながらの使用も可能です。好みに合わせてカスタマイズできるショートカットボタン機能も搭載されています。Bamboo PaperやArtRageなどの主要な描画アプリやスケッチアプリに対応しており、汎用性が高いタッチペンです。

番外編:イラストにおすすめのタッチペン(スタイラス)|機種限定

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pen

マイクロソフト(Microsoft) Surface Pen

Microsoft社の「Surface」シリーズに対応するタッチペン。従来の製品よりも筆圧検知精度が高いのが特徴です。傾きも検知するため、ペンを寝かせると太い線が書けます。先端には消しゴムのように使用できるパーツが付属しているのもポイント。画面で消しゴムツールを選択しなくてもペン先をひっくり返すだけで消したい部分を消すことができます。

重量は約20gと軽量なのも魅力のひとつ。筆圧を重視した線が書けるタッチペンを探している方におすすめです。