大切な愛犬が室内で快適に過ごすために不可欠な「犬用ケージ」。ひとくちに犬用ケージといっても、ケージタイプやサークルタイプ、クレートタイプなどバリエーションが豊富で、何を選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめの犬用ケージをご紹介。選び方のポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

犬用ケージのメリット

By: amazon.co.jp

犬は縄張り意識が強く、自分だけのテリトリーを確保しようとする習性があります。ケージは人から見れば窮屈に見えるかもしれませんが、犬にとってはいつでも落ち着ける大切な居場所です。

ケージなしで犬を室内飼いしてしまうと、部屋全体が犬の縄張りだと思ってしまうことも。一度自分のテリトリーだと認識すると、来客に対して過剰に威嚇したり、家具の配置を変えただけでストレスを感じたりするなど、犬も人も生活しにくくなります。

ケージがあれば犬と人のテリトリーを明確に分けて、犬も人も安心して過ごすことが可能です。さらに、ケージで過ごすことに慣れている犬は、災害時や入院など、急な環境変化が起きても不安で体調を崩すことが少ないといわれています。大切な愛犬を守るためにも居心地のよい犬用ケージを設置しましょう。

犬用ケージの選び方

体の大きさに合うケージを選ぶ

By: amazon.co.jp

居心地のよい犬用ケージを選ぶためには、ケージの広さが体の大きさに合っていることが重要です。広ければよいと考えてしまいがちですが、犬の習性としては広すぎるケージではかえって不安になり、落ち着いて過ごせません。

適切な広さの目安は、頭が天井にぶつからず、体の向きをスムーズに変えられるサイズです。また、犬が伏せをしたとき、足や鼻先がはみ出さない広さのケージを選びましょう。

ただし、留守中など長時間ケージの中で過ごすことが多いなら、目安より少し広めがおすすめ。トイレスペースとは別でゆったりと横になれるぐらいの広さがあれば、中で歩いたりおもちゃで遊んだりできるので、ケージ内でストレスなく過ごせます。

種類で選ぶ

ケージタイプ

By: amazon.co.jp

天井から床まですべてが覆われているタイプ。屋根があるので、犬がジャンプして出てきてしまう心配もありません。また、全体が覆われているため、犬が安心感を得やすいのもメリットです。

ただし、製品によっては掃除しにくい場合があるので注意が必要。天井を取り外せるタイプや、トレーを引き出せるタイプなど、日々のお手入れのしやすさもチェックしてみてください。

サークルタイプ

By: amazon.co.jp

天井が開いていて、側面のみもしくは側面と床を囲うタイプ。柵を連結することで大きさや形を変えられる製品が多く、犬の体格や部屋のレイアウトに合わせて自由に範囲を設定できます。

屋根がないため愛犬の様子がよく見えるほか、掃除がしやすいのも魅力。また、トイレトレーニングに活用したり、留守番中に愛犬用の簡易的なスペースを作ったりと、さまざまなシーンで活用できます。

一方、犬は暗い場所を好む習性があるので、天井が開いていると落ち着けない場合も。上に毛布をかぶせるなど、明るさを調節してみてください。

クレートタイプ

By: amazon.co.jp

主に移動中の使用を想定して設計されたタイプです。全面を覆うケースに出入り用ドアが付いており、プラスチックや布など軽量な素材で作られているのが特徴。犬を入れた状態でスムーズに持ち運べるよう、上部にハンドルが付いている製品もあります。

中に入ると視界が制限され、外の刺激でパニックになる可能性を軽減できるのがポイント。普段から慣れさせておけば、旅行や入院、災害時に落ち着いて移動できます。

素材をチェック

金網製

By: amazon.co.jp

犬用ケージを選ぶ際には、使われている素材が用途に合っているかも大切なポイントです。例えば金網製のケージは、頑丈で傷に強く、力の強い中型犬や大型犬におすすめ。噛み癖のある犬が使っても壊れにくく、長持ちします。

犬用ケージを屋外に設置したい場合は、耐久性が高くサビにも強いステンレス製がおすすめ。ただし、やや重いので持ち運びには不向きです。また、少々値段は高めですが、軽くて丈夫なアルミ製ケージも人気があります。

木製

By: rakuten.co.jp

リビングなどに設置したい方には、デザイン性に優れた木製のケージがおすすめ。木製のケージはあたたかみや高級感があるため、さまざまなインテリアに合いやすいのがポイントです。

ただし、金網製に比べると水や傷に強くないので、屋外での使用には不向き。また、噛み癖のある犬にとって、木製ケージはちょうどよい噛み心地で積極的に噛んでしまうこともあります。破片を誤飲する可能性もあるので注意して使いましょう。

プラスチック製

By: amazon.co.jp

プラスチック製の犬用ケージは、軽くて持ち運びやすいのが特徴。臭いが染み込みにくくサビないので、丸洗いや除菌シートなどで手軽にお手入れできるのも嬉しいポイントです。

一方、プラスチックはやわらかいため、噛み癖がある犬を入れるとすぐにケージが傷だらけになってしまうこともあります。また、力が強い大型犬より、子犬や小型犬、中型犬におすすめです。

布製

By: amazon.co.jp

軽量で持ち運びしやすい布製の犬用ケージ。使わないときにはコンパクトに折りたためる製品が多く、来客時や外出先などで簡易的に使用するにはぴったりです。

ただし耐久性は低めなので、固定して長期間使用するには不向き。また、臭いが染み込みやすいので、床にビニール素材を敷き詰めたモノや、撥水加工を施しているモノがおすすめです。

トイレスペースをチェック

By: amazon.co.jp

ケージを選ぶ際には、トイレシートを置くスペースが十分に確保できるかどうかも大事なポイント。特に留守番中など長時間ケージ内で過ごさせる場合は、衛生面を考慮してトイレスペースと居住スペースが独立して分かれているケージを選びましょう。

トイレスペースと居住スペースがはっきりと分かれていれば、犬がトイレの場所を認識しやすいため、トイレトレーニングにも活用できます。トイレで排泄する習慣がなかなか身に付かず悩んでいる方も、ぜひチェックしてみてください。

お手入れのしやすいものを選ぶ

By: amazon.co.jp

犬用ケージは、排泄物やよだれなどで汚れがち。常に清潔な状態をキープするためにも、簡単にお手入れできるケージがおすすめです。例えば床面のトレーだけを引き出せるタイプなら、掃除やトイレシートの取り替えをスムーズに行えます。

また、屋根を開閉できるタイプや完全に取り外せるタイプもおすすめ。側面やドアからでは手が届きにくい部分も掃除できます。さらに、キャスター付きのケージであればスムーズに移動できるので、ケージの中や周辺に掃除機をかける際に便利です。

折りたためると持ち運びや保管に便利

By: amazon.co.jp

ケージには、使わないときに折りたためるモノもあります。折りたたみ式で、なるべく軽量なケージを選べば、ケージを持ち運びたい場面で重宝します。

また、留守番中や来客時にだけ使いたい場合でも、折りたためるケージは便利。折りたたむと薄くコンパクトになるので、家具の隙間やクローゼットの中など、ちょっとしたスペースを有効活用して収納できます。

部屋のインテリアにあったカラーをチェック

By: amazon.co.jp

ケージを設置するには、ある程度のスペースが必要です。特に中型・大型犬用ケージを部屋に設置すると存在感があるため、部屋の雰囲気にも大きく影響します。そのためケージを選ぶ際には、部屋のインテリアに合うカラーを選ぶことが大切です。

シルバーカラーのメタリックなケージはスタイリッシュな印象が強く目立ちやすいのが特徴。落ち着いた雰囲気が好みの場合は白やウッド調など落ち着いたカラーに加工されたモノがおすすめです。

人が快適に暮らしていくためにも、部屋のインテリアに合ったケージを選んでみてください。

犬用ケージのおすすめ|大型犬向け

ウェイモール(WEIMALL) 折りたたみ ペットケージ 大型犬用 XXLサイズ

工具なしで簡単に折りたたんだり組み立てたりできる大型犬用ケージです。素材は頑丈なスチール製。全体のカラーが落ち着いた黒で統一されており、見た目がスタイリッシュなのも魅力です。

出入り口は正面と側面の2ヶ所。部屋のレイアウトに合わせて縦にも横にも設置できるのが便利です。また、床面のトレーだけを引き出すこともできるため、掃除の手間を軽減できます。

大型犬用ケージとしては価格が比較的安いのも嬉しいポイント。頑丈でコスパのよい大型犬用ケージを探している方におすすめです。

ウィステリアマウント ペットケージ 3L ゲージA306

幅125×奥行81×高さ96cmの、大型犬用ケージです。素材にはメッキ塗装で耐食性を高めたスチールを採用。ドアを閉めるとロックがかかる仕組みになっているため、動きの激しい犬が入っても誤って開きにくいのが特徴です。

キャスターが付いており、ケージ内に犬を入れたまま移動できるのも嬉しいポイント。キャスター前輪にはストッパーが付いているので、ケージをしっかりと固定できます。

床面のトレーはスライドして出し入れできるため、お掃除も簡単。頑丈で広い犬用ケージを探している方におすすめです。

SHIERSHENGXIAO ステンレス製の折りたたみ犬用ケージ XL

頑丈でサビにくいステンレス素材を使った大型犬用ケージです。足にはキャスターが付いており、自由に移動できるのが特徴。出入り口は天井と正面の2ヶ所です。

床下にはプラスチック製トレーを配置。床のフレームとトレーの間には十分なすき間が取られているため、トイレシートなどを設置したままでもトレーのみをスムーズに引き出せます。屋外にも設置できるおすすめ製品です。

キーヌス(kiinus) ペットケージ ハウス BS-A120

木製フレームを使ったおしゃれな大型犬用ケージです。サイズは幅120×奥行85×高さ89cm。天井が大きく開くため、ケージ内に掃除機をかけたいときや、拭き掃除をしたいときに便利です。

フレームは木製ながら、スチール製の金網を採用しているため、耐久性は良好。ほかのインテリアともマッチしやすい犬用ケージを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) エアトラベルキャリー ATC-870

飛行機での移動を想定して作られたクレートタイプの大型犬用ケージです。サイズは幅62×奥行87×高さ65.5cm。プラスチック素材を使いながらも、35kg未満の大型犬に対応できる耐久性を備えています。

ケージの上部にはハンドルが2ヶ所付いており、持ち運びに便利。また、扉は完全に取り外せるので、自宅でペットハウスとしても使用可能です。

使わないときにはコンパクトに折りたためるのが嬉しいポイント。犬を連れての移動が多い方や、来客時の一時避難や就寝時にだけ使いたい方におすすめです。

オットスタイル(ottostyle.jp) 折りたたみ八角形ペットサークル XLサイズ

                        
急な来客時やアウトドアシーンで重宝する、折りたたみ式の大型犬用サークルです。広げると八角形になるのが特徴。側面や上部にはメッシュ生地が使われているため通気性がよく、中の様子を確認できます。

外側にはおもちゃなどの収納に便利なポケットとドリンクホルダーを配置。また、天井や床面シートは取り外して、簡易的なサークルとして使うことも可能です。外で使用する際には付属のペグで地面に固定できます。

犬用ケージのおすすめ|中型犬向け

マルカン(MARUKAN) ドッグフレンドルーム 天面フェンス付 DP-875

白く塗装したフェンスを使った、シンプルな中型犬用ケージです。大きめのドアが付いているため、トイレの出し入れもスムーズ。床面トレーの端には凹凸が設けられており、フェンスが排泄物などで汚れないよう配慮されています。

ドアは2つのストッパーでしっかりとロックできる構造。さらに、ケージを固定するための滑り止めシールも付属しているので、犬が中で動き回っても動きにくいのが特徴です。

工具なしで簡単に組み立てられるのもポイント。価格も比較的安いので、初めて犬を飼う方にもおすすめです。

マルカン(MARUKAN) お手入れらくらくサークル L DP-925

2つに分かれた引き出し式トレーを採用した中型犬用ケージです。トレーの右側、左側を別々に引き出せるため、トイレだけをサッと掃除したいときに重宝します。また、トレーとフレームの間には隙間ガードがあり、汚れがたまりにくいのも便利です。

正面のドアはスライド式。左開き・右開きのどちらにも設定できるので、置き場所に困らないのも嬉しいポイントです。掃除しやすい犬用ケージを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アドメイト(Add.Mate) ヴィラフォートサークル ワイド

ケージの中に仕切りドアがあり、トイレと居住スペースが分かれている中型犬用ケージです。トイレスペースのトレーの端は盛り上がっているため、排泄物が居住スペースに流れ込むのを防げます。

天井フェンスはトイレ部分と居住スペースを個別に開閉可能。中に犬を入れたままでも掃除を行えます。

トイレのしつけができる中型犬用ケージを探している方におすすめです。

アワーズ(Ours) アルミ製ドッグケージ M

軽量かつ丈夫なアルミ素材を使った、中型犬用ケージです。ドアはロックを外して天井で固定することも可能。アルミにはアルマイト処理が施されているため、水で丸洗いしてもサビにくくきれいな状態をキープできます。

フレームのカラーはシルバーとブラックの2色。ドアの色はレッドやゴールド、グリーンなど10色から選べるので、インテリアにこだわりのある方にもおすすめです。

タンスのゲン 木製ペットサークル ハイタイプ ドア付き 65200001

高さ70cmのサークルタイプの木製ケージです。堅くて丈夫なピーチ材で作られているため、噛み癖のある犬でも使用できます。

フェンスの組み合わせ方によって、正方形・長方形・六角形に形を変えられるのが魅力。ジョイントパーツを使うだけで簡単に組み立てられるうえ、使わないときにはコンパクトに折りたためます。

部屋のレイアウトに合わせて自由に使えるケージを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) リラックスケージ RLC-810

ベージュカラーで統一した落ち着いたデザインが魅力の中型犬用ケージです。ケージの素材には軽いプラスチックを採用。天井部分が開くので、掃除なども簡単に行えます。

専用の布カバーが付いているのもポイント。周囲の音に敏感な犬でも安心して過ごせるほか、無駄吠えのしつけにも役立ちます。布カバー丸洗いもできるので、お手入れも簡単です。

キャスター付きで楽に移動できるのも魅力。警戒心の強い犬を飼っている方や、犬が夜中に吠えて悩んでいる方はぜひチェックしてみてください。

ネイチャーズ・ミラクル(NATURE’S MIRACLE) コンパクト クレート M

天井・正面・側面の3ヶ所から出入りできる、布製のクレートです。赤と黒を組み合わせたデザインが魅力。布には撥水性を高めると謳われているフッ素や、臭いを軽減する効果が期待できる松オイルとユーカリオイルが塗り込まれています。

側面はメッシュ構造になっており、通気性も良好。組み立てや折りたたみは手早くできるので、ちょっとした外出時や災害時にも活躍します。

日本育児(Nihonikuji) たためて洗える ペットサークル L

メッシュ生地とアルミフレームを組み合わせたサークルタイプの犬用ケージです。フレームは分解しなくても折りたためる構造になっており、使いたいときにサッと広げられます。

丈夫でやわらかいメッシュ生地は、犬がぶつかってもケガしにくいのがポイント。水で丸洗いできるので、お手入れもしやすくなっています。子犬から老犬まで、長く愛用できるおすすめの犬用ケージです。

オットスタイル(ottostyle.jp) 折りたたみソフトクレート

丈夫なスチールフレームとポリエステル生地で作られた、クレートタイプの中型犬用ケージです。出入り口は正面・側面・天井に付いています。

側面はメッシュ生地になっており、中の様子が見えるほか、高い通気性も確保。また、正面と側面にはリードを固定できるフックが付いており、活発な犬も安心して入れられます。布製で頑丈なケージを探している方におすすめです。

犬用ケージのおすすめ|小型犬向け

ペティオ(Petio) トイレのしつけが出来る ドッグルームサークル レギュラー

ブラウンの落ち着いたデザインが魅力の小型犬用ケージ。フェンスの高さは約70cmと、犬が飛び出しにくいサイズです。

仕切りドアでトイレと居住スペースが分かれているため、トイレのしつけを行いたい方にもおすすめ。また、床面トレーはトイレと居住スペースの間に段差があり、おしっこが居住スペースに流れ込みません。

トイレスペースと居住スペースを個別に開け閉めできるので、犬を中に入れたまま掃除したいときにも便利。トイレトレーニングを行いたい方はもちろん、居住スペースが広めで留守番中にも使えるケージを探している方におすすめです。

プチリュバン ダブルドア 折りたたみ式 ペットケージ M

折りたたむとハンドバッグの用に持ち運べる、スチール製の小型犬用ケージです。持ち運び用のハンドルが3ヶ所に付いており、組み立てた状態でもスムーズに持ち上げられるよう配慮されています。

金網部分には、一般的な塗装よりもサビや傷に強い焼付塗装を採用。床のトレーは曲げても割れにくく、スライドさせてトレーだけを取り出せるので日々の掃除も簡単です。

ブラックで統一したシックなデザインも魅力。耐久性が高く、長く愛用できる小型犬用ケージを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) インテリアウッディサークル PIWS-960

おしゃれな木目調デザインで人気の小型犬用ケージです。頑丈な天井パネルと背面パネルを備えているのが特徴。視界が適度に遮られるため、犬が習性的に好む穴ぐらのような空間を作り出せます。

天井パネルは5kgの重さまで耐えられるので、ちょっとした小物を置くことも可能。また、背面パネルはケージを部屋の端に設置したとき、壁紙に汚れが付着するのを防ぎます。

スライドドアで開け閉めのスペースを取らないのも魅力。リビングなど、部屋の雰囲気を壊さない上品な犬用ケージを求めている方におすすめです。

ナチュラルワン トイレルーム付ペットケージLL ナチュラル

白い天然木を使った上品なデザインが魅力の犬用ケージです。トイレスペースと居住スペースをはっきりと区分けできるのが特徴。内側の仕切りは左右どちらにでも取り付けられるので、部屋のレイアウトに合わせて設置できます。

木製フレームは折りたたみ式になっており、ネジ止めするだけと組み立ても簡単。天井のパネルは開閉できるので、ケージ内を掃除したいときに便利です。爽やかな印象で、リビングに設置すればインテリアのひとつとしても活躍します。

リッチェル(Richell) 木製お掃除簡単ペットサークル 90-60

インテリアになじみやすい、ダークブラウンの木製フレームを使った犬用ケージです。金網部分は丈夫なスチール製。ドアはスライド式で、全開の状態で固定ができて便利です。

床面には手前に引き出せるプラスチック製トレーを配置。トレーは深めに作られているため、毛や排泄物が周囲に飛び散るのを防ぎます。ゴム脚付きで、ズレにくいのも嬉しいポイントです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ペットキャリー M UPC-580

軽量なプラスチック素材を使ったクレートです。側面と天井の2ヶ所から出入りできるのが特徴。側面のドアは取り外し可能なうえ、設置の仕方によって右開き・左開きのどちらにも切り替えられます。

握りやすい大きめのハンドルが付いているのも魅力。使わないときには天井と床面のパーツを切り離してコンパクトに重ねて収納できます。

カラーバリエーションはホワイト・ベージュ・ブルー・オレンジの4色。安くて携帯しやすい犬用ケージを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 折りたたみサークル S POTS-800A

使いたいときにサッと広げられる、サークルタイプの犬用ケージです。天井や側面の上半分には通気性のよいメッシュ生地を採用。生地の内側にはPVC加工が施されているため、汚れても拭き取りやすいのが特徴です。

ドアはロールアップして固定することも可能。給水用のボトルを取り付けられるバンドや小物を入れるポケットも備えているなど、機能面も充実しています。

持ち運びに便利なキャリングケースが付いているのも嬉しいポイント。キャンプなどのアウトドアシーンをはじめ、旅行や帰省、災害時など幅広いシーンで活躍するおすすめの犬用ケージです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 折りたたみソフトケージ S POSC-500A

丸みを帯びたかわいらしいフォルムが印象的な小型犬用ケージ。工具を使わずに折りたたんだり、広げたりできるのが魅力です。

出入り口は正面・側面・上部の3ヶ所。シートベルトで固定できる通しベルトも備えているので、車の後部シートに設置してドライブを楽しみたいときにも活躍します。

内側は撥水加工されており、お手入れも簡単。多機能でコスパのよい犬用ケージを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

リッチェル(Richell) たためる3WAYペットケージ 520

室内用の簡易ケージ・ドライブケージ・キャリーの3役をこなす、小型犬用ケージです。シートベルト固定機能や前面ドアロック機能付きなので、安心して持ち運べます。

内側には、犬の飛び出しを防ぐためのリードを2本搭載。給水器も取り付けできます。通院やちょっとした外出時に活躍する、おすすめの犬用ケージです。

VENTOTA フリースタイル ペット用メッシュプレイサークル

26枚のメッシュパネルを組み合わせて、大きさや形を自由に変えられる犬用ケージです。専用のジョイントで簡単に組み立てられるのが特徴。耐久性に優れているため、ケージの上に荷物を置くことも可能です。

ドアを2ヶ所に設置できるのも便利。部屋のレイアウトや犬の生活スタイルに合わせて自由度の高い使い方ができる、おすすめの犬用ケージです。