洗濯時や入浴後、タオルを掛けておくのに役立つ「バスタオルハンガー」。大きくて干すのに困るバスタオルも、専用のバスタオルハンガーを使えば場所を取らずすっきり干せて便利です。

バスタオルハンガーは壁付けタイプ・吊り下げタイプ・床置きタイプと種類もさまざまで、どれを選べばよいか迷うこともあるのではないでしょうか。そこで今回は、おすすめのバスタオルハンガーをご紹介します。

バスタオルハンガーの選び方

設置場所に合わせてタイプで選ぶ

壁付けタイプ

By: amazon.co.jp

壁に付けるタイプのバスタオルハンガーは、収納スペースを取らないのがメリット。狭いスペースにも取り付けられ、有効活用できます。また、その都度片付ける必要がないのもうれしいポイント。掃除の際も移動させる必要がないため、手間がかからず便利です。

一方で、壁を傷付ける可能性があります。賃貸など、場合によっては取り付けられない点は注意しておきましょう。最近では工具などを使わずに取り付けられるマグネットタイプもラインナップされており、設置場所も気軽に移動できるので便利です。

吊り下げタイプ

By: amazon.co.jp

通常の洗濯ハンガーと同じような形状の吊り下げタイプは、室外の物干し竿やカーテンポールなど、場所を選ばずどこでも使えるのがメリットです。移動させるのも簡単なので、気軽に使用できます。

比較的リーズナブルなのもうれしいポイント。必要な数だけをそろえられるため経済的です。また、なかには伸縮タイプのモノもラインナップ。干すモノによって調節でき、汎用性が高いので便利です。

床置きタイプ

By: rakuten.co.jp

床置きタイプは、複数のバスタオルやハンドタオルなどをまとめて干せるのがメリット。安定感があり、水分を含んだバスタオルも安心して干せます。室内でまとめて洗濯物を干したい方にぴったりです。

おしゃれなデザインのモノも多いため、インテリアにこだわる方にもおすすめ。一方、スペースを取ることや掃除の際に移動させる必要があるのがデメリットとして挙げられます。最近では、キャスター付きのモノや折りたためるモノもラインナップされているので、ぜひチェックしてみてください。

バスタオルを掛ける枚数で選ぶ

By: amazon.co.jp

バスタオルハンガーは、掛けたいバスタオルの枚数に合わせて選ぶことが大切です。家族が多い場合やタオル類をまとめて干したい場合は、たくさん掛けられるモノを選びましょう。

また、掛けたい枚数が少ないなら、コンパクトで場所を取らないモノがおすすめ。狭いスペースにも使えるため、見た目もすっきりとします。

耐久性で選ぶ

By: amazon.co.jp

濡れたタオルを干すため、耐久性も大切なポイントです。水分を含んだバスタオルは重く、思った以上に負担がかかります。長く使えるモノを探しているなら、ステンレス製のモノなど多少価格は高くても丈夫なモノを選んでみてください。

バスタオルハンガーのおすすめ

レック(LEC) 伸縮 バスタオル掛け

壁に穴を開けなくても設置できる壁付けタイプのバスタオルハンガー。強力なネオジムマグネットタイプでしっかりと固定できるので、濡れて重くなったバスタオルを掛けても安定感があります。マグネットにはシートが貼ってあり、壁が傷付きにくい仕様です。

マグネット部が左右に動くように作られており、洗濯機や冷蔵庫など好きな場所に設置できるのが魅力。また、バーは41~68cmまで伸縮するため、掛けたいモノや設置スペースに応じて使い分けられます。

使用しないときにはバーをたたんでおけるので場所を取らず、使用時は開くだけで使えて便利。入浴後にさっとバスタオルを掛けたい方にもおすすめです。

山崎実業(Yamazaki) マグネット伸縮洗濯機バスタオルハンガー タワー

洗濯機に設置できるバスタオルハンガー。マグネットで洗濯機を挟み込むだけなので、簡単に設置できます。3本のバーが付いており、入浴後などにバスタオルをスリムに干せて便利です。

使用しないときは収納できるため、洗面所が狭くスペースがない方にも適しています。洗濯カゴ・衣類・ハンガーなどを一時的に置く棚としても活躍するおすすめアイテムです。

レック(LEC) 大判バスタオル W-425

伸縮するアームを採用した、吊り下げタイプのバスタオルハンガー。40~70cmでアームを調節できるので、干すモノに応じて使い分けられるのが特徴です。

ダブルアーム仕様になっているのもポイント。1本で大判のバスタオルを2枚干せるため便利です。また、アームを回転させて2本のアームに渡して干せば、風が通りやすいので乾きやすくなります。厚手のタオルを干したい方やニオイが気になる方にもおすすめです。

さらに、通常のグリップに加えて、カモイフックが付いているのもポイント。グリップを開くことなく掛けられるので、室内で一時掛けしたいときにも重宝します。

東和産業 バスタオルハンガー

伸縮アームが便利な吊り下げタイプのバスタオルハンガー。アームが46~76cmまで伸びるので、大判バスタオルにも対応できます。縮めれば通常の衣類やハンドタオルにも使えるため、汎用性が高く便利です。

一時干しに便利なカモイフックが付いているので、室内で干したいときにもぴったり。グリップが挟めないような部分にも気軽に掛けられます。悪天候の日も使いやすいおすすめアイテムです。

ニトリ(NITORI) 伸縮ワイドバスタオルハンガー

シンプルなデザインとリーズナブルな価格が魅力のニトリのバスタオルハンガーです。伸縮アームを採用しており、伸ばすと1本でフェイスタオル2枚を干せる長さになるのが特徴。内寸約70cmあるので、バスタオルもラクに干せます。

鴨居フックも付いているため、室外だけでなく鴨居のある壁面に干すのにもおすすめ。入浴後に一時的にバスタオルを掛けるのにも重宝します。

下村企販 ハンガー

省スペース性にこだわった吊り下げタイプのバスタオルハンガーです。最大で5枚分のバスタオルを干すことが可能。2つのフックを使って掛けるタイプなので安定感があり、風の強い日でも安心して干せます。

錆びにくいステンレス製で、耐久性に優れているのもポイント。割れたり欠けたりしにくく長く使えます。ケガをしないよう、切断面をなめらかにする加工が施されているのも魅力。また、使用しないときはフックを折りたためるため、コンパクトに収納できるおすすめアイテムです。

オーエ(Ohe) マイランドリー2 バスタオルハンガー

ピンチで吊り下げるタイプのバスタオルハンガー。最大で4枚のバスタオルを干すことが可能です。太いポールやロープ、鴨居など場所を選ばず使用できるよう、3WAYキャッチフックを採用しています。

また、補助フックが2つ付いているため安定感があり、風の強い日でも安心して使用できるのもポイント。ピンチの吊り紐には金属が使われているのでちぎれにくく、耐久性に優れているのも魅力です。

山崎実業(Yamazaki) バスタオルハンガー タワー

省スペース性に優れたバスタオルハンガー。床置きタイプながら、狭い洗面所などでも使えるようスリムな設計になっているのが特徴です。奥行きはコンパクトながら幅はしっかりとあり、バスタオルをすっきりと掛けられます。

バスタオル4枚に加えて、バスマットを掛けられるバーも付属。また、スチール製のフレームには水や汚れに強い塗装加工がされており、錆びにくく丈夫なのも魅力です。

シンプルながらおしゃれなデザインで、見た目にこだわる方にもぴったり。ブラックとホワイトの2色を展開しています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) タオルハンガー

床置きタイプですが、重量約2.5kgと軽く、コンパクトな床置きタイプのバスタオルハンガーです。バー同士の間隔が約10cmと広めに作られているため、風が通りやすいのがポイント。素早く乾かしたい方や生乾きのニオイが気になる方に適しています。

収納スペースや掛けたいタオルに合わせて幅が選べるのもポイント。S・M・Lの3サイズ展開で、自分に合ったモノが見つけやすいおすすめアイテムです。

サラサデザイン(sarasa design) nsp タオルスタンド M

おしゃれなデザインが魅力の床置きタイプのバスタオルハンガー。使い勝手にこだわっているのがポイント。奥行き15cmの薄い設計で、狭いスペースでも使いやすいのが魅力です。

ムダのないシンプルなシルエットで、洗面所はもちろんリビングに置いたときにインテリアの邪魔をしにくいのもポイント。また、グレーとホワイトの2色展開で、高級感のある見た目なのも魅力です。

スチール製で安定感があり、水分を含んだバスタオルも安心して掛けられます。さらに、重すぎないため持ち運びやすく、気軽に移動させられるおすすめアイテムです。

ロウヤ(LOWYA) タオルハンガー

見た目にもこだわりたい方におすすめのバスタオルハンガーです。バーごとに高さが異なるため、風が通りやすく乾きやすいのが特徴。また、機能性に優れていながらスマートな設計なので、狭い洗面所などでも活躍します。

S・M・Lの3サイズ展開で、設置スペースや掛けたいタオルの大きさなどに応じてチョイス可能。あえてサイドフレームを付けていないため、ハンガーの幅を超える大判のバスタオルやラグもシワにならずすっきりと干せます。

モリ工業(Mory Industries) ステンレス バスタオルハンガー

タオルやバスマットをまとめて干せる床置きタイプのバスタオルハンガーです。バスタオル4枚にバスマット1枚とたっぷり干すことが可能。フェイスタオルなら、10枚程度を干せます。

ステンレス製で、耐久性に優れているのもポイント。濡れて重くなったバスタオルを干しても、安定感があります。また、キャスター付きで移動させやすいのも魅力。スリムな設計なので、リビングはもちろん、スペースの少ない洗面所でも使いやすいおすすめアイテムです。

エカンズ(ekans) 大判バスタオルがラクラク干せる タオルハンガー

床置きタイプのステンレス製バスタオルハンガー。丈夫ながら約1.4kgと軽量設計で、気軽に移動させられるのが特徴です。

大判バスタオルもしっかりと干せるよう、バー同士の間隔を広めに作られているのもポイント。風がよく通り、素早くタオルを乾かせます。

また、使用しないときは折りたたむことが可能。折りたたみ時は厚さが約8cmとコンパクトになるため、壁と家具の間など狭いスペースにも収納できるおすすめアイテムです。