赤ちゃんを優しく包み、寝ぐずりの対策ができる「おくるみ」。寝かしつけだけでなく、赤ちゃんを抱っこしやすくしたり肌がけとして使ったりもできます。

そこで今回は、おくるみの選び方とおすすめの製品をご紹介。お手入れがしやすいモノや赤ちゃんを簡単に包めるモノもピックアップしています。おくるみの基本的な使い方も解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

おくるみとは?

By: amazon.co.jp

おくるみとは、赤ちゃんの体を優しく包むための大きな布のこと。一般的には、新生児期から生後3〜4ヶ月頃までの首がすわらない赤ちゃんに使用するアイテムです。

おくるみは寝かしつけだけでなく、さまざまな使い方があるのもポイント。抱っこをしやすくしたり、体温調節に使ったりすることもできます。持ち運びやすいサイズなので、自宅だけでなくおでかけにも重宝するアイテムです。

おくるみの選び方

素材の特徴で選ぶ

季節を選ばず使えるコットン製の「パイル」や「モスリン」

By: amazon.co.jp

1年を通して快適に使うなら、コットン製の「パイル」や「モスリン」がおすすめです。パイルは吸水力に優れており、赤ちゃんの汗をしっかりと吸収するのが特徴。ふんわりと柔らかいので、肌寒い時期でも赤ちゃんの体をあたたかく包みます。

モスリンは、織り目が細かく通気性や保温性に優れた素材。また、程よい伸縮性があるため、赤ちゃんの体を締めつけません。肌ざわりがよく洗うたびに柔らかくなるので、デリケートな赤ちゃんの肌に適しています。

吸水速乾性に優れた「ガーゼ」は夏におすすめ

By: amazon.co.jp

蒸し暑い夏に使うなら、ガーゼ素材のおくるみがおすすめです。吸水性に優れているため、赤ちゃんがかいた汗をしっかりと吸収。速乾性もあるので、洗濯したおくるみがすぐに乾きます。

冷房のきいた部屋で過ごすときは、肌がけとして使えるのもポイント。また、ガーゼは軽量かつ柔らかい素材で、赤ちゃんの動きを妨げにくいのも魅力です。

保温性が高い「フリース」や「ボア」なら真冬でも快適

By: amazon.co.jp

保温性を重視するなら、フリースやボア素材がおすすめ。冷え込みが厳しい真冬でも、赤ちゃんをしっかりと包みます。室内で使うのはもちろん、お出かけにも活躍する素材です。

フリースやボア素材の難点は、熱がこもりやすいこと。寝苦しさやあせもの原因になることもあるので、赤ちゃんの様子を見ながら使うようにしましょう。

使い勝手のよい形状を選ぶ

汎用性が高い一枚布タイプ

By: amazon.co.jp

最も使い勝手がよいのは、一枚布タイプのおくるみです。正方形や長方形などシンプルな形で、おくるみ以外でも使いやすいのが魅力。肌がけやおむつ替えシートとして使ったり、授乳ケープにしたりすることもできます。また、基本的な巻き方はもちろん、おひな巻きなどさまざまな巻き方ができるのもポイントです。

赤ちゃんの頭を保護するフード付きタイプ

By: amazon.co.jp

赤ちゃんの頭までしっかり保護するなら、フード付きタイプがおすすめ。生まれたての赤ちゃんは頭が柔らかく、髪の毛も生え揃っていません。フード付きタイプのおくるみなら、頭を優しく包み寒さも和らげます。

また、フード付きタイプは沐浴後のバスタオルとしても使用可能。頭まですっぽりと包めるので、体の水分をすばやく吸収し湯冷めを予防します。かわいらしいデザインのモノが多いため、プレゼントにも人気のタイプです。

はだける心配が少ない手足カバー付きタイプ

By: amazon.co.jp

赤ちゃんが手足を動かしてもはだけにくいのが、手足カバー付きタイプ。手足がばたつかないので、抱っこしやすくなるのが特徴です。

また、手足カバー付きタイプは防寒対策として使うのもおすすめ。冷房がきいた部屋や、秋冬のおでかけ時に赤ちゃんの体が冷えるのを予防します。

手軽に使えてズレにくい固定タイプ

By: amazon.co.jp

おくるみを手軽に使いたい方には固定タイプがおすすめ。おくるみの上に赤ちゃんを寝かせて包んだら、面ファスナーやボタンなどで固定します。手順が少なく、短時間で装着できるのが魅力です。

また、生後間もない赤ちゃんは突然ビクッと両手を曲げたり伸ばしたりする「モロー反射」という動きをします。固定タイプはしっかりと赤ちゃんを包めるので、モロー反射に驚き泣いてしまうのを予防。赤ちゃんがしっかりと眠れるようサポートできるのが特徴です。

なお、固定タイプのほとんどはおくるみ専用として作られています。バスタオルとして使ったり肌がけとして使ったりすることは難しいため、留意しておきましょう。

赤ちゃんの身長を基準にサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

おくるみのサイズを選ぶときは、赤ちゃんの身長を基準に選びましょう。生まれたての赤ちゃんの平均身長は50cm程度なので、退院時からおくるみを使うなら70×70cmほどのサイズがおすすめ。余計な生地が余らず、小さな赤ちゃんでもぴったりと包めます。

生後3〜4ヶ月頃には約60〜70cmほどにまで成長するため、100×100cmくらいの大きさがあると安心。1歳を過ぎてからも、バスタオルやブランケットとして使ったりもできます。

おくるみのおすすめブランド

エイデンアンドアネイ(Aden+Anais)

By: adenandanais.co.jp

エイデンアンドアネイとは、ニューヨークで生まれた赤ちゃんとママのための育児用品ブランドです。おくるみはもちろん、スタイやスリーパー、タオルなどのラインナップがあります。

おくるみの素材は、オーガニックのモスリンコットンや竹繊維を使ったレーヨンなどを採用。通気性がよく肌に優しいおくるみを取り揃えており、デリケートな赤ちゃんにも安心して使えるブランドです。

ジーエイチハートアンドサン(G.H.HURT&SON)

By: gh.babybaby-shop.com

ジーエイチハートアンドサンとは、1912年にイギリスで創業したニットブランドです。伝統的な手動織機で作られる高品質な製品は、イギリス国民から100年以上にわたり愛され続けています。

ジーエイチハートアンドサンのおくるみは、選りすぐりの絹を採用しているのが特徴。流行りにとらわれない上質さがあり、大切な方への出産祝いなどにもおすすめです。

カシウェア(kashwere)

By: amazon.co.jp

カシウェアは、1999年にロサンゼルスで誕生したブランケットやバスローブなどを取り扱うブランドです。「日常で使えるカシミア」をコンセプトにしており、柔らかな肌触りと取り扱いやすさが魅力。世界の高級ホテルやスパなどでも採用されています。

カシウェアのおくるみはポリエステルで作られており、洗濯機や乾燥機を使用できるのが特徴。汚れがついても気軽に洗えるため、赤ちゃんにも安心して使えます。かわいらしいモノからシンプルなモノまで、デザインの幅広さも魅力のブランドです。

おくるみのおすすめ

エイデンアンドアネイ(Aden+Anais) おくるみ ガーゼ 4056

約120×120cmの一枚布タイプのおくるみです。おくるみとしてはもちろん、バスタオルやブランケット代わりにも使用可能。ベビーカーにかければ日よけや虫よけとしても使えるため、おでかけに重宝します。

伸縮性・通気性・耐久力を備えたモスリンコットンを100%採用。肌がデリケートな新生児期からも使えます。洗い替えに便利な2枚セットなのも魅力です。

ジーエイチハートアンドサン(G.H.HURT&SON) メリノウールショール おくるみ

英国王室で代々愛用されている老舗ブランドのおくるみ。繊細なレース編みで仕立てられており、全体の縁は波型状のスキャロップレースで飾られています。

素材はオーストラリア産の最高級メリノウールを100%採用し、柔らかい肌触りを実現。吸湿性に優れており、汗や湿気などで蒸れにくく1年を通して快適に使えます。

エンボス加工が施された高級感のあるギフトボックスに入れられており、出産祝いにもおすすめ。サイズは約120×120cmで、新生児期から幼児期まで長く使える製品です。

カシウェア(kashwere) おくるみ ベビーブランケット&帽子

独自開発したマイクロファイバーに特殊加工を施した、デリケートな赤ちゃんの肌に優しいおくるみ。吸湿性・速乾性に優れており、夏はサラッとしてべたつきにくく、冬はあたたかく使えます。

ブランケットのサイズは約78×78cmで、新生児にも使いやすい大きさ。ブランケットと同じデザインの帽子が付属し、赤ちゃんの頭も優しく保護します。

洗濯機や乾燥機に対応しているため、いつでも清潔に使えるのが魅力。素材はポリエステル100%なので耐久力にも優れており、ふわふわとした優しい手触りが長く楽しめるおくるみです。

スリーマッシュルーム スワドル

厳選したオーガニックコットンを100%使用した柔らかな手触りが特徴。ダブルガーゼ仕様なので軽くて通気性に優れており、春夏は涼しく秋冬は蒸れずに使えます。洗うたびに柔らかくなり、肌触りのよさが増していくのも魅力です。

120×120cmのシンプルな一枚布タイプのため、オムツ替えシートやベビーカーの日よけとしても使用可能。価格も手頃なので、ちょっとしたプレゼントにもおすすめです。おくるみだけでなく、さまざまな用途で使えるモノが欲しい方はチェックしてみてください。

miracle blanket 魔法のおくるみ

アームラップで赤ちゃんの両腕を優しく固定するおくるみ。しっかり包まれているので安心感があり、赤ちゃんの心地よい眠りをサポートします。赤ちゃんが自分の爪で顔や体を引っ掻くのを予防できるのもポイントです。

フットポーチに足を入れるため、バタつきが軽減されて抱っこしやすくなるのも魅力。15種類のカラーバリエーションがあり、プレゼントにもおすすめです。

PARENTSWELL ベビーおくるみ

かわいらしいクマのデザインを採用したおくるみ。ボア素材で作られているため、秋冬のお出かけにおすすめです。フードと足カバーが付いているので、赤ちゃんの全身をあたたかく包み込みます。

面ファスナー式で、ワンタッチで着脱できるのもポイント。動きが活発な赤ちゃんにもサッと着せられ、ストレスなく使用できるおすすめアイテムです。

Litchii Guusii おくるみ 06-M

モロー反射を予防するおくるみ。マジックバンドを採用しているため、赤ちゃんをスムーズに包めます。敏感な赤ちゃんの肌を考え、蛍光剤や漂白剤などの有害な染料を使用していないのもポイントです。

コンパクトに折りたためるので、持ち運びやすいのも魅力。カバンに常備しておけば、夏場の冷房対策や肌寒い季節のお出かけの際にも活躍します。おくるみとしての推奨月齢は0〜3ヶ月ほどですが、バスタオルやブランケットとして1歳頃まで使える製品です。

ホワイトリーフ(White Leaf) おくるみ

優れた保温性と通気性があり、夏は涼しく冬はあたたかく使えるおくるみ。軽くて柔らかいモスリンコットン製で、赤ちゃんの眠りを心地よくサポートします。伸縮性にも優れているため、赤ちゃんの体を締めつけすぎないのもポイントです。

120×120cmの一枚布タイプで、バスタオルや授乳ケープ、プレイマットなどさまざまな用途に対応します。汚れが気になるときには洗濯機で洗えるので、お手入れがしやいのも魅力。シンプルなモノトーン柄はインテリアに馴染みやすく、プレゼントにも人気のアイテムです。

ボアソルチ(Boa sorte) おくるみ 6重ガーゼ

6重ガーゼで作られており、吸水性・保温性・通気性に優れたおくるみ。サイズは約90×90cmで、おくるみだけでなくバスタオルやブランケットとしても使いやすい大きさです。フードが付属しているので、赤ちゃんの柔らかい頭を優しく保護できます。

イラストがあしらわれたかわいらしいデザインも魅力。1年を通して快適に使えるモノが欲しい方は、ぜひチェックしてみてください。

田中産業 今治タオルおくるみ マイフェアベビー メイクフレンズ

純国産にこだわって作られた高品質なおくるみ。片面はソフトガーゼ素材、もう片面はパイル生地で作られたリバーシブル仕様です。ガーゼ部分には、人気デザイナーであるケンイチ・シライ氏のかわいらしいイラストがプリントされています。

両面にフードが付いており、赤ちゃんの頭からつま先まですっぽりと包み込めるのもポイント。寝ぐずり対策はもちろん、沐浴後のバスタオルやお昼寝タオルとしても使える製品です。

MARL MARL フードブランケット

ふんわりとした毛糸の肌触りが特徴のおくるみです。赤ちゃんの頭が包めるフードが付いているので、肌寒い季節におすすめ。ネットに入れれば洗濯機で洗えるため、衛生的に使えます。

付属のリボンストラップで前面を結べば、赤ちゃんが動いてもはだけにくくすることが可能。ストラップは取り外せるので、ベビーカーの肌がけとしても使えます。チャコール・ラベンダー・アイスグレイの3つのカラーバリエーションから選べ、プレゼントにも人気の製品です。

サマーインファント(Summer Infant) スワドルミー

スムーズに巻けるおくるみが欲しい方におすすめのアイテムです。赤ちゃんの足をカバーに入れ、羽根を巻きつけ面ファスナーで止めるだけで完成。足元のファスナーが開き、おくるみを巻いたままおむつを替えられるのもポイントです。

コットン100%で作られているため肌触りがよく、洗濯機で洗えるのでお手入れの手間もかかりません。カラーバリエーションが豊富で、好みに合うモノを見つけやすいのも魅力です。

おくるみのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

おくるみのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編|おくるみの基本的な巻き方

By: amazon.co.jp

おくるみにはさまざまな巻き方がありますが、初めての方は「基本巻き」から覚えましょう。まず、おくるみをひし形に広げ上部を三角に折ります。赤ちゃんの肩と折り目が合うように寝かせ、右手を胸の上に置いてください。その上から布を巻き、布の端を背中の下に入れます。

次に、下に余ったおくるみをまとめるように軽く巻きます。赤ちゃんの肩まで持っていったら、先端を背中の下に入れてください。最後に、手を胸の上に置きおくるみを赤ちゃんに巻きつけましょう。おくるみの布がなくなるまで巻けたら完成です。

基本巻きは、生まれてすぐから生後2ヶ月ほどまでの赤ちゃんに使えます。お腹の中にいたような安心感を与え、モロー反射の対策にもおすすめ。なお、締め付けすぎると赤ちゃんが息苦しくなってしまうので、首元に大人の手が入るくらいの余裕を設けましょう。