体幹やインナーマッスル、バランス感覚を鍛えるために使われている「バランスディスク」。筋トレブームのなかで、自宅でも気軽に使えるトレーニングアイテムとして人気があります。

そこで今回は、バランスディスクのおすすめモデルをご紹介。選び方のポイントも解説するので、ぜひチェックしてみてください。

バランスディスクとは?

By: amazon.co.jp

バランスディスクとは、バランス感覚や体幹を鍛えるのに効果的なトレーニングアイテムです。レコードやCDのような円盤状のフォルムが特徴。製品にもよりますが、サイズは直径30〜40cmほどなので、省スペースでのトレーニングが可能です。

上に座ったり足で立ったりしてバランスを保つことで、体幹にアプローチするほか、腹筋運動やスクワットなどの筋トレ時に使ってトレーニングに負荷をかけることも可能。上半身・下半身問わずトレーニングできるおすすめアイテムです。

バランスディスクの選び方

タイプで選ぶ

クッションタイプ

By: amazon.co.jp

クッションタイプのバランスディスクは中に空気を入れて使うタイプで、柔らかい素材を採用しているのが特徴。空気の量を変えることで難易度を調節できるため、自分のレベルに応じたトレーニングをしやすいのも魅力です。

なかには、イスの上に置いて座布団のように使えるモノもあり、仕事や作業をしながらトレーニングをすることも可能。オフィスなどでの使用を考えている方は、クッションタイプのバランスディスクをチェックしてみてください。

ボードタイプ

By: amazon.co.jp

ボードタイプのバランスディスクは、プラスチックや木などでできているのが特徴です。クッション性はありませんが、負荷をかけやすく難易度の高いトレーニングをしたい方におすすめ。また、床との接地面積が少ないため、上手く使うにはバランス感覚が必要なのもポイントです。

ボードタイプのバランスディスクのなかには、持ち運びに便利な取っ手が付いているタイプもラインナップされています。スポーツジムなどに自分用のバランスディスクを置いておきたい方は、取っ手の有無もチェックしてみてください。

サイズで選ぶ

By: rakuten.co.jp

バランスディスクを選ぶ際には、用途や体格に適したサイズのモノを選ぶことが重要。体格が大きい方や、立ってトレーニングをする方は直径40cm前後のモノを選ぶと、安心して体を預けられます。

一方、座ってトレーニングをする方や、ジムなどに持ち運んで使う方は直径30cm前後のコンパクトサイズの製品を選ぶのがおすすめ。部位別のトレーニングに活用できます。

安全性で選ぶ

耐荷重をチェック

By: amazon.co.jp

バランスディスクは上に乗って使うアイテムなので、耐荷重の確認も重要なポイント。100kg前後の耐荷重のモノが一般的ですが、200~300kgの耐荷重を支えられる高耐久なモノもあります。

トレーニングの際には意外な高負荷をかけてしまう場合もあるので、自分の体重よりも大きく余裕を持った製品を選ぶようにしましょう。

滑り止めの有無をチェック

By: amazon.co.jp

バランスディスクを活用したトレーニングは、基本的にバランスの悪い状態で行うため、滑り止めが付いているモデルがおすすめ。また、汗などで濡れて滑ることも想定しておくと安心です。

滑り止めの種類によっては足裏のマッサージができるモデルもあります。足つぼを刺激する製品もあるので、気になる方はチェックしてみてください。

バランスディスクのおすすめ

アルインコ(ALINCO) エクササイズクッション EXG027A

組み立てや空気の注入を行わず、購入してすぐに使えるクッションタイプのバランスディスク。片面に無数の小さな突起が付いているため、立って使用しても滑りにくく、足裏を刺激しながらトレーニングできるのが魅力です。

ほどよいサイズ感で、椅子の上に置いても使用可能。重量も約1kgと軽量なため、簡単に移動できます。

トレーニングマニュアルが付属しているのもポイント。バランスディスクを初めて使う方でも手軽に運動を始められます。耐荷重は約100kgなので、ライトなトレーニングに使いたい方におすすめです。

ハタス(HATAS) バランスディスク DK380

バランス運動を行うフラットな面と、手軽に刺激を与えられる突起付きの面が備わったクッションタイプのバランスディスク。もともとリハビリ用として開発された製品で、椅子に置いて綺麗な姿勢を保ちたい場合にも適しています。

別売りのポンプを使用すれば空気量の調節も可能。空気圧を調節することで、トレーニングだけでなくストレッチにも対応でき、運動のバリエーションを増やせます。エクササイズマニュアルも付属しているので、初めてバランスディスクを使う方にもおすすめです。

タニタ(TANITA) タニタサイズ バランスクッション TS-959

椅子に敷いて使うのに適したクッションタイプのバランスディスク。直径33×高さ6cmとコンパクトなうえ、約1kgと軽量なのでオフィスやジムなどにもラクに持ち運べます。

表面と裏面でデザインが異なるのも魅力。長時間座って使う際などに便利なフラット面と、刺激を与えられる無数の突起が付いた面が備わっているので、使い方や好みに合わせて使い分けられます。

専用の空気入れポンプと空気針が付属しているため、空気圧の調節が簡単なのもポイント。運動方法がわかるエクササイズメニューも付いているので、バランスディスクを使い慣れていない方にもおすすめです。

RGGD&RGGL バランスディスク

耐荷重300kgと高負荷なトレーニングにも対応できるクッションタイプのバランスディスク。厚さ4.5mmのPVC素材を採用しているため、耐久性が高いのが魅力です。また、アンチバースト仕様なので、万が一穴が空いてしまった場合も破裂せず安全に使えます。

表面と裏面で凹凸のパターンが異なっているのが特徴。表面は比較的フラットで柔らかめの突起がいくつか付いたデザインのため、バランス運動や体幹トレーニングなどに活用できます。裏面は無数の突起があり、触れた部分を刺激しながらトレーニングをしたい場合に便利です。

直径33cmとコンパクトサイズで使いやすいのもポイント。専用の空気入れポンプも付属しているため、自分で空気圧を調節できます。初心者からトレーニング上級者まで幅広く使えるおすすめのモデルです。

イースポーツ(eSPORTS) バランスディスク

2個セットになったクッションタイプのバランスディスク。子供と一緒に使ったり、オフィスと自宅に置いて使ったり、2個同時に使ったトレーニングをしたりと、用途に応じて使い分けられるのが魅力です。

専用のエアーポンプが付属しているため、トレーニングの種類や好みに合わせて空気圧を調節できるのが特徴。本体の表面には無数の突起が付いており、体を刺激しながらトレーニングを楽しめます。

サイズは直径33×高さ9cmとコンパクトで、耐荷重は約100kg。バランスディスク活用マニュアルとトレーニングチューブも付属しています。手軽にさまざまなトレーニングを試したい方におすすめのモデルです。

K&G バランスクッションDX ポンプ付き BX-013

コンパクトかつ軽量で持ち運びに適したクッションタイプのバランスディスク。専用の空気入れポンプが付属しており、空気を注入するだけでなく、空気を抜くのも簡単にできるため、収納スペースが限られている方でも安心して使えます。

両面がフラットになっているのが特徴。突起などによる刺激がなく、シンプルにバランス感覚や体幹を鍛えられます。空気の注入量により手軽に負荷を変えられるので、家族みんなで使ったり、トレーニングの内容によって空気圧を変えたりといった調節も可能。バランスクッションを初めて購入する方におすすめです。

ダバダ(DABADA) バランスボード

直径約39cmとやや大きめなボードタイプのバランスディスク。耐荷重は100kgですが、本体部分が木製なため、割れにくく丈夫なのが特徴です。

表面にデッキテープによる滑り止め加工が施されているため、使用中に足が滑りにくいのが魅力。集中してトレーニングに臨めます。

センターバランススタンドには硬質のプラスチックを採用。床に直接置くと滑りやすいため、マットなどの上で使用すると安定感が高まります。スリムで高級感のある外観なので、持ち運んで使用する方にもおすすめです。

EVERYMILE バランスボード

耐久性に優れたボードタイプのバランスディスク。高品質なプラスチック素材で作られているため、壊れにくいのが特徴です。耐荷重は約100kgですが、直径40×高さ10cmとサイズが大きく、体の大きな方でも安心して使えます。

最大傾斜角度は約15°で、360°回転できるので、体幹をしっかりと鍛えられるのが魅力。表面には滑り止め加工が施されているため、立って使用しても滑りにくく、安心して使用できます。

サイドには取っ手も付いているため持ち運びやすく、場所を移動して使いたい場合にも便利です。

イモタニ(IMOTANI) バランス&ツイストボード キュキュ HH-13000

1台でバランスディスクとツイストディスクの2通りの役割を果たすボードタイプのバランスディスク。バランスサイドの中央には傾きが一目でわかるバランスメーターが付いており、遊び感覚でバランス運動をできるのが魅力です。

バランスディスク面の足を置く位置に施された複数の突起も特徴。バランス運動を行いながら足ツボを刺激できるので、健康面が気になる方にもおすすめです。

ツイストサイドは平面のまま手軽にツイスト運動を行えるため、背中やわき腹のストレッチに適しています。直径32.5×高さ7.5cmのコンパクトサイズで、場所を取らずいつでも気軽に使えるモデルです。

エレコム(ELECOM) エクリア スポーツ バランスボード HCF-BDBUL

床を傷つけにくい専用マットが付属したボードタイプのバランスディスク。直径約25×高さ6.8cmコンパクトでほどよい高さが魅力です。耐荷重は120kgなので、負荷の大きいトレーニングにも対応できます。

身体にフィットするソフトな素材を採用。立っても座っても快適に使えます。底面には滑り止めラバーが付いているため、安定したトレーニングが可能。カラーもかわいらしく、インテリアを損ないにくいおすすめのモデルです。

バランスディスクのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

バランスディスクのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。