ギブソンレスポールの後継機種として誕生した「SGギター」。今ではギブソンを代表する定番ギターのひとつとして人気です。ダブルカッタウェイを施したネックは弾きやすくボディも軽量で、ロック系のギタリストを中心に多く愛用されています。

SGギターにはギブソンと、傘下であるエピフォンの本家モデル以外にもSGギターを模した「SGタイプ」が他メーカーから販売されており、どれを選んだらよいのか迷うことも。そこで今回は、SGギターとSGタイプのおすすめモデルをピックアップ。選び方も解説するので、ぜひチェックしてみてください。

SGギターとは?

By: rakuten.co.jp

SGギターは「レスポール」で知られる老舗ギターブランド「ギブソン」が販売しているエレキギターです。レスポールの後継機種として設計されたこともあり、発売当初はレスポールとして販売。後に「ソリッドギター」の頭文字をとってSGと名付けられました。

最大の特徴が左右対称のダブルカッタウェイを採用したフォルム。シングルカッタウェイのレスポールと比較して、ハイポジションでの演奏性が格段に向上しており、初心者の最初のギターとしてもおすすめです。また、レスポールで多く使用されているメイプルトップではなくマホガニーボディを採用しているのも特徴で、軽量化と低価格を実現しています。

ハムバッカーピックアップならではの中音域が太いサウンドながら、軽量ボディによってレスポールより軽やかなサウンドも魅力。「SG」はギブソン社と傘下メーカーである「エピフォン」の商標であり、他メーカーのSGギターは「SGタイプ」と呼ばれるため注意しておきましょう。

SGギターの選び方

種類で選ぶ

SGスタンダード

By: amazon.co.jp

ハムバッカーピックアップをリアとフロントに搭載した、もっともスタンダードなタイプ。もともとはレスポールの上位モデル「レスポールスタンダード」のSG版として設計されたモデルであり、1961年の正式発表からカタログ落ちすることなく生産されている人気モデルです。

ヘッドにクラウンインレイ、指板には台形インレイを採用しているほか、カバータイプのハムバッカーピックアップを搭載しているなど高級感のある仕様が特徴。ただし、発売された年度やモデルによって細かい仕様変更を施している場合もあるため注意が必要です。

SGスペシャル

By: amazon.co.jp

SGスタンダードの廉価版として位置づけられているタイプです。細かい部分でSGスタンダードと異なり、ブランドロゴにシルクスクリーン印刷、ヘッドにクラウンインレイがないなど装飾の排除や仕様変更で低価格を実現しています。

ピックアップにオープンタイプのP-90を搭載しているのも特徴。シングルコイルピックアップとハムバッカーピックアップの性能を持ち合わせた、太い中音域ながら明瞭感のあるサウンドが特徴です。コストカットのためシンプルな装飾を採用しているだけで、SGギターならではの弾きやすさは変わりません。

SGジュニア

By: amazon.co.jp

SGスペシャル同様、SGスタンダードの廉価版という位置づけのタイプです。1971年にいったん生産を終了し、その後60年代の復刻版として生産を開始しました。最大の特徴が、リアピックアップ1基のみを搭載したシンプルな仕様。フロントピックアップの甘いサウンドが不要な方、ストレートなロックなサウンドを求めている方に適しています。

ボディ形状はほかのSGギターと同じであり、弾きやすさも変わりません。また、アルミ製の棒状ブリッジ「バーブリッジ」を採用しているのも特徴です。コマがないためチューニングや調節が難しい一方、独特の歯切れのよいサウンドを好むギタリストもいるのでチェックしてみてください。

ピックガードのデザインで選ぶ

ラージピックガード

By: amazon.co.jp

ボディの6弦側から1弦側まで広くカバーしている大きめのタイプがラージピックガードです。ピックガード自体に穴を設けてピックアップを固定するため、エスカッションの代わりとしても機能します。大きな範囲をカバーできるため、ピックによるボディへの細かいキズが気になる方にもおすすめです。

サウンドや演奏性はピックガードの大きさと基本的に関係ないため、見た目の好みで決めても問題ありません。

スモールピックガード

By: amazon.co.jp

ボディの1弦側だけをカバーするコンパクトなタイプがスモールピックガード。ラージピックガードと比べてシンプルな印象で、派手すぎないデザインを好む方におすすめです。6弦側にはカバーされる部分がないため、ラージピックガードのようにエスカッションの代わりにはできません。

また、ピックアップが1基にしか搭載されていないSGジュニアは、ほかのSGギターと比べると多少デザインが異なっているのが特徴。個性を強調したい方はチェックしてみてください。

SGギターのおすすめメーカー

ギブソン(Gibson)

By: amazon.co.jp

アメリカ・テネシー州に本拠をかまえている老舗ギターメーカー。レスポールやSGギター、フライングV、セミアコなど、名機と呼ばれる数々のギターを発表してきました。なかでも1950~1960年代に生産されたギターはヴィンテージモデルと呼ばれ、高値で取引されています。

SGギターにおいては、製造年度ごとに細かい仕様変更や改良をおこなっているものの、伝統的なフォルムはデビュー当時のまま。今なおギブソンの定番ギターのひとつとして、高い人気を誇っています。

エピフォン(Epiphone)

By: amazon.co.jp

エピフォンはギブソン傘下のギターメーカー。1873年から楽器の製造をおこなっており、歴史のある老舗楽器メーカーのひとつです。ギブソン同様、レスポール・SGギター・エレアコなどを製造・販売。一時期日本でも製造をおこなっていましたが、その後韓国から中国へと生産拠点を移転しています。

ギブソンの廉価版との位置づけながら、品質の高さから多くのプロギタリストも愛用。SGギターにおいてはマホガニーボディの採用などギブソンモデルを踏襲しながらも、ヘッド形状にオリジナルデザインを採用しているなど独自モデルをラインナップしています。

SGギターのおすすめ

ギブソン(Gibson) SG Standard 2019 Heritage Cherry

SGギターのなかでもっとも伝統的なモデルのSGスタンダードです。台形インレイやヘッドのクラウンインレイ、ネックのバインディングなど最上位モデルならではの高級感ある仕様が特徴。本家ギブソンの最上位モデルが欲しい方におすすめです。

ピックアップ周りを大きくカバーするラージピックガードを搭載しており、ボディが傷つくのが気になる方に適しています。2基のハムバッカーピックアップにはギブソンレスポールにも採用されている「490シリーズ」を搭載。高中音域にパワーがありながら、クリアでバランスのとれたサウンドが特徴です。

ギブソン(Gibson) SG Standard 61 Maestro Vibrola Vintage Cherry

SGスタンダードが発表された1961年のモデルを再現したSGギター。スリムテーパーのマホガニーネックやバインディングを施したマホガニーネック、ローズウッド指板など、SGギターではもっとも高級感のあるモデルです。

最大の特徴が、豪華な彫刻を施した「マエストロ・ヴァイブローラー」の搭載。緩やかなヴィブラートをかけられるため、演奏の幅を広げられます。さらに、ブリッチやチューナーにはクラシカルなデザインのニッケルパーツを採用しているなど、ヴィンテージらしさを感じられるモデルを探している方におすすめです。

ギブソン(Gibson) SG Junior Vintage Cherry

リアピックアップのみにハムバッカーピックアップを搭載したSGジュニアです。フロントピックアップを使用しない方や、シンプルで個性的なSGギターを探している方におすすめのモデル。SGスタンダードの廉価版ながらボディとネックにマホガニー、指板にローズウッドを採用しているなど、ギブソンモデルならではの本格的な仕様が魅力です。

ピックアップにはハイパワーなシングルコイルピックアップ「P-90」を搭載しています。一般的なシングルコイルピックアップでもハムバッカーピックアップでもない、太い中音域ながら明瞭感のある個性的なサウンドが特徴です。

ギブソン(Gibson) SG Modern Blueberry Fade

クラシカルなデザインに現代的な仕様を盛り込んだ「モダンシリーズ」のモデル。マホガニーバックに木目の美しいメイプルトップという、レスポール同様高級感のある仕様になっています。ブルーを採用したSGギターとしては異色のモデルで、人とは違ったSGを保有したい方におすすめです。

エボニー材のネックは24フレット仕様で、非対称形状のスリムテーパーを採用。ハイフレットに向かってRが緩やかになるコンパウンドレジアスを施しており、優れた演奏性を実現しています。また、ピックアップはハムバッカーサウンドとP-90サウンドを切り替えでき、多彩なサウンドを楽しめるのも魅力です。

ギブソン(Gibson) Limited Runs SG Special 2019 Vintage Sparkling Burgundy

1960年代初め頃のオリジナルモデルと同様のスペックや素材が採用されているSGギター。P-90ピックアップを2基搭載しており、シングルコイルらしい明るい音色が楽しめます。

ソリッドマホガニー材をボディに使うことで、豊かな響きを実現しているのもポイント。さらに、スリムで握りやすいネックを採用しているので、音色のよさはもちろん、弾きやすさを重視したい方もぜひチェックしてみてください。

ギブソン(Gibson) SG Fusion 2017 Bright Cherry

24フレット仕様のSGギターです。SGでは珍しいメイプルを採用したネックはスリムテーパーで手の小さな方でも弾きやすく、初心者や女性におすすめです。ピックアップにはDS-CとDS-C+を搭載しており、ホットで抜けのよいサウンド。1ボリューム・1トーンのシンプルな構成も特徴です。

ヴィンテージなど高級ギターに多く採用される「ニトロセルロースラッカー塗装」を施しているのもポイント。経年変化による独特の風合いと鳴りを楽しめます。

エピフォン(Epiphone) SG Special VE Vintage Edition Walnut

SGスタンダードの廉価版として設計されたSGスペシャルです。指板やヘッドにインレイを使用しないなど、コスト削減によって購入しやすい低価格を実現。ダブルカッタウェイのネックは細めで弾きやすく、初心者の最初の1本としておすすめのモデルです。

ツヤ消し塗装の渋めのルックスも魅力。ボディ材にポプラを採用して軽量化を図っており、女性にも扱いやすいSGギターです。

エピフォン(Epiphone) エレキギター G-400 Pro CH

ブリッジとテールピースがスタッドに食いつくような構造の「Lock Toneシステム」を採用したSGギターです。弦の交換時にブリッジの部品がばらばらになるのを防止しているほか、部品が固定されているためサスティンが伸びる効果も期待できます。

ハムバッカーピックアップの図太いサウンドと、シングルコイルピックアップのサウンドを切り替えられる「コイルタップ」を搭載しているのもポイント。パワフルなサウンドから軽快なサウンドまで、幅広いサウンドメイキングができるモデルを探している方におすすめです。

エピフォン(Epiphone) エレキギター SG Special EB

ネックをボディに接着しているセットネックと異なり、ボルトで止める構造の「ボルトオンネック」を採用したSGギター。指板にインレイではなくポジションマークを採用しているほか、ヘッドにもインレイがないなどコストを減らして低価格を実現しています。

ピックアップにカバーをつけないオープンタイプを採用しており、カバードタイプより高音が強調されるサウンドが特徴。ノブはマスターボリュームとマスタートーンのみを搭載しているなど、シンプルで扱いやすいモデルを探している初心者におすすめです。

エピフォン(Epiphone) エレキギター G-400 Pro CH レフトハンドモデル

カバードピックアップや指板に台形インレイを採用したSGスタンダードで、左利き用に設計されているSGギターです。ギブソンの代表的なハムバッカーピックアップ「57Classic」のエピフォン版である「エピフォン・アルニコ・クラシック・プロ」を2基搭載。キメの細かいクリアなサウンドが特徴です。

ハムバッカーピックガードとシングルコイルピックアップを切り替えられる「コイルタップ」を搭載しているのもポイント。幅広いサウンドメイキングを楽しみたい方にもおすすめのモデルです。

SGタイプのおすすめ

ブリッツ(Blitz) エレキギター SGタイプ BSG-61

ギターブランド「アリア」傘下の「ブリッツ」のSGタイプ。ボディはホワイトを採用しており、ほかとは違うスタイリッシュな印象のSGタイプを探している方におすすめのモデルです。SGスタンダードを模したタイプで、ハムバッカーピックアップを2基搭載。厚みのあるパワフルなサウンドが特徴です。

ボディ材にはバスウッドを採用することで低価格を実現。持ち運びに便利なソフトケースも付属しているなど、これからギターをはじめる方に最適なコストパフォーマンスに優れたモデルです。

トーカイ(TOKAI)トーカイ エレキギター SG58CH

ピアニカを開発したことで知られている日本の老舗楽器メーカー「トーカイ」のSGタイプ。レスポールをはじめ多くのコピーモデルを手がけており、日本ブランドらしい質の高さが特徴です。本モデルもマホガニーボディにローズウッド指板、メイプルのセットネックなどSGスタンダードを正確に再現しています。

ピックガードには、1弦側だけをカバーするスモールピックガードを採用。低価格ながら品質の高い、リーズナブルなモデルを探している方におすすめです。

エドワーズ(EDWARDS) E-SG-120LT2

ピックアップにダンカン製の「SH-1n」と「SH-4」を採用しており、王道のロックサウンドが鳴らせるSGタイプ。低価格ながら高品質なGOTOH製のパーツを使うなど、コストパフォーマンスを高めるためのこだわりがさまざまなところに感じられます。

ヴィンテージ感あふれる見た目に仕上がっており、デザインを重視したい方にもおすすめです。