自由自在なサウンドで演奏を存分に楽しめる「エレキギター」。アンプに繋げることで、アコースティックギターよりも音のアレンジや調節をしやすいのが特徴です。エフェクターという機械を経由させれば、独特な歪みのあるサウンドも鳴らせます。

そんなエレキギターですが、メーカーやタイプによってさまざまな種類のモデルが展開されているため、どれが自分の演奏スタイルに合うのか悩んでいるという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、エレキギターのおすすめモデルをご紹介します。

エレキギターの種類

ストラトキャスター

By: rakuten.co.jp

「ストラトキャスター」はフェンダーもしくはスクワイヤーが販売しているエレキギター。それ以外のメーカーが展開しているモデルは「ストラトキャスタータイプ」と呼ばれます。角が2本あるようなダブルカッタウェイというデザインを採用しており、ハイフレットの弦でもラクに押さえられるのが特徴です。

ピックアップはフロント・センター・リアの3箇所に搭載されており、本体に付いているセレクタースイッチで音色の切り替えが可能。フロントとセンター、あるいはセンターとリアの音を混ぜた「ハーフトーン」にも対応しています。

テレキャスター

By: amazon.co.jp

1950年にフェンダーが発売した「テレキャスター」は、現在流通されているエレキギターの基本になっているといっても過言ではないモデル。世界初の量産型エレキギターとしても知られています。

フロントとリアにそれぞれピックアップを採用しており、クリアで繊細なサウンドと力強いサウンドを両立させているのが特徴。音色は高音域が比較的強めです。

なお、フェンダーのテレキャスターを模した他メーカーのエレキギターは、フェンダー傘下のスクワイヤーを除いて「テレキャスタータイプ」と呼ばれます。

レスポール

By: amazon.co.jp

ギブソンを代表するエレキギター「レスポール」。フェンダーのテレキャスターやストラトキャスターと異なり、アコースティックギターを感じさせる丸みのあるボディに仕上がっているのがポイントです。

オリジナルのレスポールは1960年に生産が終了してしまいましたが、ギブソン傘下のエピフォンやその他のメーカーがレスポールタイプのエレキギターを展開しており、高い人気を誇ります。

低音域と高音域のメリハリがはっきりしているため、迫力のあるサウンドから軽やかなサウンドまで豊かに鳴らせるのが魅力です。

SG

By: amazon.co.jp

「SG」は、元々レスポールとして販売されていたギブソンのエレキギター。”空洞がないギター”を意味する「ソリッドギター(Solid Guitar)」の頭文字から名前が付けられています。

中音域を力強く鳴らせるため、ロック系の音楽と相性抜群。ダブルカッタウェイデザインなので、ハイフレットの弦をスムーズに押さえられるのも魅力です。ギブソンやエピフォンのほか、ヤマハなどもSGを販売しています。

変形ギター

By: amazon.co.jp

V字型や稲妻型など、変形ギターはデザインに強いインパクトがあるため、個性をアピールできます。その独特の形から弾きやすさはどうしても劣るため、エレキギターを弾き慣れた上級者の方におすすめです。ビジュアル系バンドなど、見た目で勝負したい方はぜひチェックしてみてください。

エレキギターの選び方

予算を決める

エレキギターの価格は、1万円程度の安価なモデルから数百万円のビンテージモデルまでさまざまです。初心者向けとしては1~3万円程度のエントリークラスがおすすめ。ギターの製造技術は進歩しているので、安いモデルでも十分満足できます。

ただし、初心者だから安いモデルを買った方がいいということでもありません。これから長く続けていたいのであれば、フェンダーやギブソンなどの1流老舗ギターメーカーもおすすめです。音だけでなく弾きやすさにも優れているため、予算に余裕がある方は視野に入れてみましょう。

演奏する音楽ジャンルで選ぶ

エレキギターは形や材質、搭載されているパーツなどモデルによって音が異なるため、自分に弾きたいジャンルにあったモデルを選ぶのが大切です。たとえば、ブルースやジャズをやりたい場合にV型シェイプの変形ギターは適しません。

まずは自分の好きなジャンル、アーティストがどんなギターを使っているのかを確認しておきましょう。また、もし悩んだ場合にはストラトキャスタータイプかレスポールタイプがおすすめ。両者はどんなジャンルにもマッチするオールラウンドタイプのエレキギターです。

デザインで選ぶ

エレキギターはアコースティックギターと比べてデザインのバリエーションが多いため、見た目で選ぶのもよいでしょう。シンプルな定番デザインが好みであれば、テレキャスタータイプやストラトキャスタータイプのモデルがおすすめ。レトロで味のあるデザインが好みであれば、レスポールタイプのモデルを選ぶのがおすすめです。

奇抜なデザインのエレキギターを探している場合は変形タイプもよいですが、演奏の難易度が高くなるため、まずは定番の形のなかから選んでみてください。

これから始めるなら初心者セットもおすすめ

By: amazon.co.jp

エレキギターを始める場合、最初に「どんなエレキギターを買うのか」を考えるでしょう。しかし、エレキギターはアコースティックギターとは異なり、アンプやエレキギターとアンプをつなぐシールドなどが必要です。

そこでおすすめなのが、初心者セット。エレキギターを始める際に必要なものがセットになっているので、アイテムひとつひとつを選ぶ手間が省け、すぐに練習を始められます。まずは初心者セットで始めてみて、上達に合わせて少しずつ自分好みのアイテムを見つけていきましょう。

エレキギターのおすすめメーカー

フェンダー(Fender)

フェンダーは、ギブソンと並ぶ非常に有名なギターメーカー。世界初の量産型エレキギター「テレキャスター」を開発したメーカーとして知られています。同社が販売している「ストラトキャスター」も世界的に有名です。

フェンダーのエレキギターは軽量で演奏がしやすいため、初心者から上級者までプレイヤーを問わずに弾きやすいのが魅力。初めての1本にもおすすめのギターメーカーです。

ギブソン(Gibson)

By: gibson.com

1902年に創業したギブソン。同社の「レスポール」は、フェンダーのストラトキャスターと並んで高い人気があります。レスポールの後継機種とされる「SG」や、フライングVをはじめとする変形ギターなど、さまざまなバリエーションのモデルを展開しているのが特徴です。

ギブソンのエレキギターは、アコースティックギターのようにカーブを描いたモノが多いのもポイント。味のあるおしゃれなデザインが魅力なので、見た目でエレキギターを選びたい方にもおすすめのギターメーカーです。

エピフォン(Epiphone)

By: amazon.co.jp

エピフォンはギブソン傘下のギターメーカー。ギブソンの廉価版モデルを取り扱っており、レスポールタイプやSGタイプのエレキギターをリーズナブルに入手できるのが魅力です。

ギブソンと比べて低価格ではありますが、ジョン・レノンやノエル・ギャラガーなどの著名なミュージシャンも愛用しており、その品質は折り紙つき。「ギブソンのエレキギターが欲しいけれど高くて手が出せない」という方はぜひチェックしてみてください。

ヤマハ(YAMAHA)

By: yamaha.com

日本が誇る「ヤマハ」もエレキギターのメーカーとして有名です。同社の「PACIFICA」モデルは、リーズナブルな価格ながら高品質な音を鳴らせるのが特徴。シンプルでクセが少ないサウンドのため、演奏ジャンルを問わないオールラウンダーなモデルを探している方に適しています。

30年以上の歴史がある「SG」モデルは、豊かで味のある音を鳴らせるので、ヴィンテージなサウンドが好みの方に最適。演奏スタイルや音の好みに合わせてエレキギターが選べるおすすめの国産メーカーです。

エレキギターのおすすめモデル|ストラトキャスター

フェンダー(Fender)エレキギター Player Stratocaster Maple Fingerboard Sunburst

フェンダー(Fender)エレキギター Player Stratocaster Maple Fingerboard Sunburst

ボディにアルダー材、ネックにメイプルを採用したフェンダーのストラトキャスター。シングルコイルピックアップと硬い木材の組み合わせにより、乾いた高域サウンドが特徴的なモデルです。ネックの形状は弾きやすい楕円形状の「モダンCシェイプ」で、握りやすくコードワークを多用するプレイヤーにおすすめです。

また、トレモロは今モデルより2点支持トレモロに変更。これまでの6点支持タイプのビンテージスタイルより、なめらかなアームプレイを楽しめます。

スクワイヤー(Squier) Bullet Stratocaster Hard Tail Rosewood Fingerboard Fiesta Red

スクワイヤー(Squier) Bullet Stratocaster Hard Tail Rosewood Fingerboard Fiesta Red

スクワイヤーはフェンダーの廉価版モデル。エレキギターを始めたい初心者におすすめのエントリーモデルです。廉価版とはいえ、フェンダーのストラトキャスターの伝統を引き継いでいます。

5ウェイ式のスイッチングシステム、リア・センター・フロントにはシングルコイルピックアップなど、基本的なストラトキャスターのパーツは搭載されています。ストラトキャスターらしいキレのある演奏を楽しむことが可能。

また、ストラトキャスターでは珍しいアーム部を省いた「ハードテイルタイプ」のブリッジを採用しており、チューニングの精度が向上しているのも魅力のモデルです。

ヤマハ(YAMAHA) エレキギター PACIFICA112V

ヤマハ(YAMAHA) エレキギター PACIFICA112V

日本の楽器メーカー「ヤマハ」のストラトタイプエレキギター。低価格ながらも上級モデル並のアイデアや技術を採用しており、演奏性や音質は高いクオリティを実現しています。

ピックアップは、フロントとセンターにシングルコイルピックアップ、リアにはハムバッカーピックアップを搭載したSSHタイプ。演奏する曲のタイプによってさまざまな音色を切り替えられる、オールラウンドな仕様です。

アイバニーズ(Ibanez) シリーズ スタンダードモデル PG付き H-S-H RG350DXZ

アイバニーズ(Ibanez) シリーズ スタンダードモデル PG付き H-S-H RG350DXZ

日本のギターメーカーである「アイバニーズ」のストラトタイプ。RGシリーズはメタル系の定番ギターとして30年以上に渡って世界中のギタリストに愛用されているスタンダードなモデルです。

ネックは薄い握り心地の「wizard3ネックシェイプ」。クラシカルタイプ(速弾きスタイル)の運指を多用するギタリストに適しています。また、アイバニーズのエレキギターはネックプレートを使用しない独自のボルトオン方式を採用しており、ハイポジションでの演奏性は良好。速弾きにチャレンジしたい方におすすめのモデルです。

エレキギターのおすすめモデル|テレキャスター

フェンダー(Fender) MIJ Traditional ’60s Telecaster® Custom Rosewood

フェンダー(Fender) MIJ Traditional '60s Telecaster® Custom Rosewood

1962年製のビンテージテレキャスターをベースに開発され、フェンダーの伝統的な仕様を重んじながらもカラフルなカラーリングを採用した、日本製のモデルです。テレキャスターといえば、シャキシャキした高音域サウンドをイメージしますが、トラディショナル60テレキャスターは温かみのある音が鳴ります。

指板には温かみのある中音域が特徴のローズウッドを採用。さらにピックアップには、ウォームでスムーズな「アルニコピックアップ」を搭載することで、一般的なテレキャスターより太く粘りのある音色が特徴です。

また、ボディには輪郭を際立たせるバインディングを施しており、10万を切る価格帯のエレキギターながら高級感が漂うモデルとなっています。

スクワイヤー(Squier) by Fender エレキギター Contemporary Telecaster® HH Maple Fingerboard

スクワイヤー(Squier)  by Fender エレキギター Contemporary Telecaster® HH Maple Fingerboard

フェンダー直系ブランドであるスクワイヤーのテレキャスターです。最大の特徴がテレキャスターでは珍しいハムバッカーピックアップをフロント、リア両方に搭載していること。新設計の「セラミックハムバッカー」はノイズが少なくパワフルなハムバッカーピックアップで、クリアで太いサウンドを実現しています。

またフレットには、テレキャスターらしくない「ジャンボフレット」を採用。コードワークが似合うテレキャスターでありながら、ギターソロをがんがん弾きたいプレイヤーにおすすめです。

バッカス(BACCHUS) エレキギター BTE-1R 3TS

バッカス(BACCHUS)  エレキギター BTE-1R 3TS

バッカスの低価格なエントリークラスのテレキャスターです。ブリッジには一般的なテレキャスターブリッジ、ピックアップはリア、フロント共にシングルコイルピックを採用した典型的なテレキャスタースタイル。トーンの切り替えは3ウェイ式で、十分な仕様です。

ボディ材に安価で軽量なバスウッドを使用することにより生じてしまう低音不足を、硬いメイプルネックとウォームな音色が特徴のローズウッド指板を用いることでバランスを調整。コストパフォーマンスに優れた初心者におすすめのモデルです。

エレキギターのおすすめモデル|レスポール

ギブソン(Gibson) USA/Les Paul Classic 2019 Ebony

多くのアーティストが愛用していることで有名な老舗ギターメーカー「ギブソン」。本モデルは、2019年モデルのレスポール・クラシックです。ボディとネックにはマホガニー材、ボディトップにメイプルを貼り付けたギブソン・レスポール伝統の仕様。また塗装には多くのビンテージギターに採用され、鳴りがよいとされるラッカー塗装を施しています。

ギブソンならではの伝統的な仕様を重んじながらも、軽量化するためにボディ内に穴を設ける「9ホールウエイトリリーフ」、音質を変化させる「コイルタップ」や「フェイズ切り替え」を取り入れるなど、現代のギターシーンにもマッチしたモデルです。

エピフォン(Epiphone) Les Paul Special VE Vintage Worn Walnut

エピフォン(Epiphone) Les Paul Special VE Vintage Worn Walnut

ギブソンの廉価版という位置づけのエピフォンのレスポール。廉価版とはいえ、ギブソン傘下らしい高いクオリティを実現しており、プロのミュージシャンも多く使用しているブランドです。

本モデル最大の特徴、レスポールでありながらボルトオンタイプであること。通常、レスポールはボディとネックが接着された「セットネック」ですが、ストラトキャスタータイプと同じようにネジで固定する「ボルトオン」を採用しています。これによりメンテナンスやトラブルに対応しやすく、初心者にもおすすめです。

アリアプロII(AriaproII) PEシリーズ オールマホガニー PE-MAHOII/G

アリアプロII(AriaproII) PEシリーズ オールマホガニー PE-MAHOII/G

アリアのレスポールタイプエレキギターシリーズ「PE」です。低価格ながらもネック、ボディにマホガニー材を採用しており、その高級感ある木の質感をより感じられる「オープンボア仕上げ」を施しています。

また、PE伝統ともいうべき特徴的な仕様が「ヒールレス加工」です。ヒール部を大胆にカットし、スルーネックのように滑らかにすることによりハイポジションの演奏性が格段に向上。初心者には難しいハイポジションのチョーキングやフィンガリングがスムーズにこなせます。

エレキギターのおすすめモデル|SG

ギブソン(Gibson) SG Standard 2019 Heritage Cherry

ギブソン(Gibson) SG Standard 2019 Heritage Cherry

レスポールと並びギブソンの人気モデルである「SGスタンダード」です。レスポールと異なる最大のポイントがダブルカッタウェイボディ。ボディとネックの結合部分を左右対称にえぐることでハイポジションでの演奏がしやすく、手の小さい方や女性にも扱いやすいエレキギターです。

ピックアップは、レスポールにも標準装備されている「490シリーズ」を採用しており、高・中音域の抜けがよいバランスに優れた音質が特徴。またSGは薄いソリッドギターで軽量なため、取り回しもしやすく最初の1本としておすすめのモデルです。

ヤマハ(YAMAHA) エレキギター SG1820 BS

ヤマハ(YAMAHA) エレキギター SG1820 BS

1974年に最初のモデルが販売され、その後ヤマハのフラッグシップとして有名になったモデルです。幾度もの改良が施され、今なお日本の代表的なソリッドギターとして多くのギタリストから高い評価を受けています。

17~22フレットのハイポジションでのフィンガリングのしやすさにより、エレキギター初心者でも弾きやすいプレイアビリティを備えています。またピックアップにはバランスに優れたセイモア・ダンカン製のハムバッカーピックアップを搭載。ロックを中心にハードロックからジャズまでオールラウンドに使えるギターです。

エレキギターのおすすめモデル|変形ギター

ギブソン(Gibson) Flying V 2017 T EB

ギブソン(Gibson) Flying V 2017 T EB

レスポールと共にギブソンの代表的なギターのひとつがフライングVです。1958年にリリースされて以来多くのギタリストに愛用され、変形ギターの代表ともいえるエレキギター。ネックはスリムテーパシェイプなので、手が小さい方や女性にも弾きやすいのが特徴です。

サウンドはパワフルでロックにぴったり。ピックアップはギブソンのピックアップの中でもっともパワフルだとされる「ダーディフィンガーズ・ピックアップ」を搭載しており、ウォームで太いハムバッカーサウンドを堪能できるモデルです。

ギブソン(Gibson) Explorer 2018 Antique Natural

ギブソン(Gibson) Explorer 2018 Antique Natural

独特の形で見た目にインパクトのある「エクスプローラー」。圧倒的な存在感あるシルエットが特徴ながらも、高い演奏性もポイントです。独特のカッタウェイ構造によりハイポジションでの演奏性に優れ、重量バランスを考慮して設計されているので立ってプレイする際も弾きやすいです。

サウンドは中低域に厚みがあり、太くパワフルな音色が特徴。ディストーション(歪んだ音色)との相性もばっちりで、ロックやハードロック向きのエレキギターです。

エレキギターのおすすめモデル|初心者向けセット

セルダー(SELDER) エレキギター ストラトキャスタータイプ

セルダー(SELDER) エレキギター ストラトキャスタータイプ

ギター本体・ソフトケース・アンプ・チューナーなどエレキギターを始める際に欠かせないアイテムがセットになっているモデル。またピックやストラップのほか、教則本と教則DVDまでも付属しているため、買ったその日から練習が始められます。

ギターは持ったときのバランスに優れたストラトキャスタータイプです。重さは約3.5kgと軽量なので、立って演奏する際も疲れにくいのがポイント。購入後すぐに練習を始めたい方におすすめのモデルです。

ヤマハ(YAMAHA) ヤマハアンプセット エレキギター 初心者セット PACIFICA012

ヤマハ(YAMAHA) ヤマハアンプセット エレキギター 初心者セット PACIFICA012

ギター・アンプ・アクセサリーがセットになった初心者に最適なエレキギター入門セットです。ギターは信頼性の高い「ヤマハ パシフィカ012」。世界中で売れ続けているエントリークラスの代表的なギターであり、一流楽器メーカーであるヤマハの工場で厳しいチェックをクリアした後出荷されるので、その品質は折り紙付きです。

ピックアップはリアにハムバッカー、フロントとセンターにはシングルコイルピックアップを装備したSSH。ウォームで太いサウンドと、高音域の伸びやかなサウンドとの切り替えが容易です。

ブリッツ(Blitz)エレキギター 初心者 入門 スタンダード15点セット BLP-450/CS

ブリッツ(Blitz)エレキギター 初心者 入門 スタンダード15点セット BLP-450/CS

エレキギターを始める際に必要な15点ものアイテムがセットになったモデル。ギターやソフトケース、アンプ、チューナーなど欠かせないアイテムからギターを拭き上げるクロス、弦を交換する際に古い弦を切るニッパーまで付属しているため、メンテナンスも可能です。

そのほか、練習に便利な教則本があるのですぐに練習を始められるのもポイント。ギターは、トップにフレイムメイプルをあしらった高級感あるレスポールタイプ。アンプはクリーンとディストーションサウンドを切り替えられる10Wタイプで、自宅で練習する際に適した出力です。