長い歴史をもつフェンダー社のエレキギター「テレキャスター」。シンプルなフォルムと使い勝手のよさから、さまざまなジャンルのギタリストに愛用されています。また、コピーモデルである「テレキャスタータイプ」も各メーカーから販売されており、独創的なオリジナルモデルも魅力です。

そこで今回は、テレキャスター・テレキャスタータイプのおすすめモデルをピックアップ。選び方やおすすめメーカーもご紹介するので、これからギターを始める方や、2本目を検討している方はチェックしてみてください。

テレキャスターとは?

By: rakuten.co.jp

テレキャスターは、アメリカのギターメーカー「フェンダー社」のエレキギター。その歴史は古く、ストラトキャスターやレスポールより早い1950年に登場しました。同じフェンダー社のストラトキャスターと比べてシンプルなフォルムで、無骨な雰囲気が特徴的です。

基本のモデルとなる「シングルピックアップ」を搭載したタイプは、高音域が際立ったサウンドが特徴でジャキジャキとしたカッティングプレイに最適。また、太く温かみのあるサウンドが特徴の、「ハムバッカーピックアップ」を搭載したモデルも発売されています。

「テレキャスター」はフェンダー社の商標。多くのメーカーからコピーモデルが販売されており、「テレキャスタータイプ」と呼ばれているので注意しておきましょう。

テレキャスターの選び方

種類で選ぶ

スタンダード

By: amazon.co.jp

フロント・リア共にシングルピックアップを搭載した基本的なモデルです。シングルピックアップ特有の硬い高音域が際立ったサウンドが特徴。フロントピックアップには金属のカバーがされており、リアピックアップより若干やわらかめなサウンドが特徴です。

ピックアップは3パターンで切り替えでき、リア・フロント・センター(リアとフロントのミックス)となっています。ボリュームとトーンはそれぞれ1つずつノブを装備。トーンノブを絞れば高音域をカットできるため、硬いサウンドからやわらかめのサウンドまで幅広い音作りが可能です。

カスタム

By: rakuten.co.jp

リアにスタンダード同様シングルピックアップを搭載し、フロントにハムバッカーピックアップを搭載しているモデルです。ハムバッカーピックアップはシングルピックアップより中低音域の際立ったパワフルなサウンドと、ノイズの少なさが特徴。シングルピックアップの高音域が際立ちすぎるサウンドを好まない方におすすめのタイプです。

ピックアップの切り替えはスタンダード同様3パターン。センターポジションでリアとフロントのミックス具合を調節すれば、さまざまなサウンドを作り出すことが可能です。

シンライン

By: amazon.co.jp

1968年から製造を開始したモデルで、Fホールと呼ばれる内部をくりぬいたセミホローボディが大きな特徴。ボディの半分以上を覆う大きめのピックガードが装備されているのも特徴で、スタンダードタイプなどと雰囲気が異なります。サウンドも特徴的で、テレキャスター特有のキンキンした鋭い音色と比べると、ファットで温かみのある音色です。

また、ピックアップの配置はさまざまなタイプがラインナップ。リア・フロント共にシングルピックアップを搭載したタイプや、ハムバッカー+シングルタイプ、リア・フロント共にハムバッカーを搭載しているタイプなど種類も豊富です。

さらに、内部をくりぬいた構造によって、アンプを通さない生音が大きいのも特徴。夜間などアンプにつないで鳴らせない状況での練習でも活躍します。

デラックス

By: amazon.co.jp

リアとフロントの両方にハムバッカーピックアップを搭載したテレキャスターです。ギブソン社のレスポールに対抗すべく開発されたモデルとされ、シングルピックアップを搭載したテレキャスターとは大きくサウンドが異なります。

中音域に厚みがあるサウンドはパワーがあって歪みやすいため、特にロック系のギタリストに支持されているタイプです。1981年に製造が中止されましたが、2004年に販売を再開しています。

ナッシュビル・テレ

By: fender.com

カントリーミュージックの本場であるテネシー州ナッシュビルのミュージシャンたちが、かつてテレキャスターのセンターポジションに、シングルピックアップを追加する改造をおこなっていたことから「ナッシュビル・テレ」と名付けられたタイプです。

ストラトキャスターのよう5WAYピックアップセレクターを採用しています。リア・センター・フロントをそれぞれ単独で出力するほか、リアとセンター、センターとフロントの「ハーフトーン」をくわえた5パターンのサウンドにより、幅広い音作りをしたい方におすすめのタイプです。

ピックアップで選ぶ

By: amazon.co.jp

ピックアップには硬く高音域が際立つ「シングルピックアップ」、中音域に厚みがあり温かみのある音色が特徴の「ハムバッカーピックアップ」、シングルピックアップのコイル数を増やした「P90シングルピックアップ」などがあります。

モデルによって搭載されているピックアップのタイプは異なるため、コピーしたいアーティストと同じタイプを選択するなど、求めるサウンドによって選びましょう。また、ピックアップを後々交換したい場合は、同タイプでなければ取り付けられないため注意が必要です。

ボディ材で選ぶ

By: amazon.co.jp

テレキャスターのボディには、おもにアッシュ・アルダー・バスウッドが使われています。もっとも硬く重たい木材がアッシュ。木目の美しい材が多く、高級モデルに採用されることの多い木材です。アルダーもテレキャスターで多く採用されており、ほどよい硬さと重さでバランスに優れているのが特徴。

バスウッドは3種類の中ではもっともコストパフォーマンスに優れた木材。やわらかい材で加工がしやすく価格も安いため、多くのモデルで採用されています。サウンドは木材の硬さに影響する部分もあり、アッシュが一番硬めな音でもっともやわらかく軽い音がバスウッド、その中間がアルダーです。

テレキャスター(テレキャスタータイプ)のおすすめメーカー

フェンダー(Fender)

By: amazon.co.jp

1946年にレオ・フェンダー氏によって設立されたアメリカの楽器メーカー。ギブソンと並んで2大ギターメーカーといわれています。テレキャスターをはじめ、ストラトキャスター・プレシジョンベース・ジャズベースなど多くの定番モデルがラインナップ。さまざまなプロミュージシャンが愛用しています。

テレキャスターにおいても数多くのモデルが販売されており、初心者向けのモデルからトップギタリストと同様のデザイン・仕様を採用した「シグネイチャーモデル」まで幅広いタイプが揃っています。

また、フェンダーではアメリカ・日本・メキシコの3カ国でギターの製造をおこなっており、それぞれグレードや仕様が異なっているのが特徴。もっともグレードが高いのがUSAモデルです。

スクワイヤー(Squier)

By: rakuten.co.jp

スクワイヤーは1982年に発足したフェンダー社のギターブランドのひとつ。フェンダーの廉価モデルであり低価格が魅力です。フェンダーの兄弟ブランドならではの品質の高さが評価されており、モデルによってはフェンダーと同等のパーツを採用しているモデルも発売されています。

テレキャスターにおいても多くのモデルをラインナップ。フェンダー社のビンテージスタイルを彷彿させるモデルから、初心者向けのオリジナルモデル、アーティストのシグネイチャーモデルまで幅広いタイプが揃っています。

フジゲン(Fujigen)

By: amazon.co.jp

日本の老舗楽器メーカーです。古くからその高い技術力が買われ、有名ギターメーカーのOEM生産をおこなってきたことから品質の高さには定評があります。フジゲンのギターの特徴のひとつが、少し楕円した形状のフレットを採用した「サークル・フレッティング・システム」。円弧状にフレットを打つことで正確な音程と豊かなサスティーンを実現しています。

数多くのモデルをラインナップしていますが、テレキャスタータイプにおいても品質の高いモデルをラインナップ。ビンテージ感のあるオーソドックスなタイプやシンラインタイプなどを発売しています。

フェルナンデス(FERNANDES)

By: amazon.co.jp

フェルナンデスは日本の老舗楽器メーカー。立ち上げ当初はフェンダーやギブソンなどのコピーモデルを多く扱っていましたが、今ではオリジナルモデルのほか、アーティストとのコラボモデルも豊富に展開しており人気を集めています。

テレキャスタータイプにおいてもオリジナリティあふれるモデルを販売。人と少し違った個性的なモデルを探している方はチェックしておきましょう。

テレキャスターのおすすめモデル

フェンダー(Fender) エレキギター MIJ Traditional ’50s テレキャスタースタンダード

フェンダー(Fender) エレキギター MIJ Traditional '50s テレキャスタースタンダード

リアとフロントにシングルピックアップを搭載した、テレキャスターのスタンダードモデルです。開発は本国アメリカのシニアマスタービルダーが総指揮を担当しています。ボディ材質にバスウッドを採用するなどリーズナブルな価格を実現しながら、品質の高さが評価されているメイドインジャパンモデルです。

「ブラックガード」と呼ばれる1953年製のルックスを採用するなど、随所にビンテージモデルを再現すべく設計されているのが特徴。シンプルでもっともテレキャスターらしいモデルを探している方におすすめのモデルです。

フェンダー(Fender) エレキギター American Original `60s テレキャスタースタンダード

フェンダー(Fender) エレキギター American Original `60s テレキャスタースタンダード

USA製のスタンダードタイプのテレキャスターで、1960年代のビンテージにフォーカスしたモデルです。ボディ材はアルダー、ネックにはローズウッド指板のメイプルネックを採用しており、バランスのとれたサウンドを実現しています。

フレットには「ビンテージトールフレット」を採用。ビンテージスタイルのフレットよりも少し高さを確保することにより、演奏性を向上させています。

また、フィニッシュにはビンテージモデルに使われている「ニトロセルロースラッカー」を採用。ギター本来の性能を引き出すとされており、経年変化も楽しめます。より進化したUSA製ビンテージタイプを所有したい方におすすめのモデルです。

フェンダー(Fender) エレキギター MIJ Traditional ’70s テレキャスターカスタム

フェンダー(Fender) エレキギター MIJ Traditional '70s テレキャスターカスタム

1972年製モデルをベースに開発されたテレキャスターカスタムモデルです。フロントにパワーのあるワイドレンジハムバッカーピックアップを搭載しているのが特徴。シングルピックアップのみを搭載したモデルより重厚なサウンドが楽しめます。

コントロールノブに目盛り付きで操作性に優れたハット型を採用しているのもポイント。通常のテレキャスターはシルバーのクロームノブが主流ですが、目盛り付きのハット型によって目視しやすく微妙なトーンコントロールが可能になっています。ボディの半分以上を覆っているピックガードも印象的で、個性的なモデルを探している方におすすめです。

フェンダー(Fender) エレキギター MIJ Traditional ’69 テレキャスターシンライン

フェンダー(Fender) エレキギター MIJ Traditional '69 テレキャスターシンライン

ボディ内部をくり抜いたセミホロー構造が特徴のテレキャスターシンラインモデルです。ボディ片側にFホールを設けており、シンラインならではの倍音豊かでアコースティックのような温かみのあるサウンドを楽しめます。

フェンダー製ギターでシンラインに初めて採用したというマホガニーボディもポイントです。マホガニーはやわらかい材で高級モデルに使用されることの多い木材で、太くウォームなサウンドが特徴。中音域の厚い温かみのあるサウンドを求めている方におすすめのモデルです。

フェンダー(Fender) エレキギター MIJ Traditional ’70s テレキャスターシンライン

フェンダー(Fender) エレキギター MIJ Traditional '70s テレキャスターシンライン

セミホローボディにFホールを設けたテレキャスターのシンラインモデル。フロント・リア共に「フェンダーオリジナルラージハムバッカー」を搭載しているのが特徴で、幅広い多彩なサウンドを楽しみたい方におすすめのモデルです。

当モデルはサドルに6WAYブリッジを採用しているのがポイント。伝統的なテレキャスターに搭載している、1つのコマで2弦を支えるサドルはチューニング面で不安があります。6WAYブリッジはストラトキャスターなどにも採用されているタイプで、安定したチューニングが可能です。

フェンダー(Fender) エレキギター Classic Series ’72 テレキャスターデラックス

フェンダー(Fender) エレキギター Classic Series '72 テレキャスターデラックス

1972年モデルの仕様にフォーカスしたテレキャスターデラックス。リアとフロントにハムバッカーピックアップを搭載しているほか、ボディの半分以上を覆うピックガード、ハット型コントロールノブなど1970年代前半のオリジナルモデルを彷彿させるような仕上がりになっています。

ブリッジはストラトキャスター同様の6WAYブリッジを装備しているほか、ヘッドに1970年代のストラトキャスターに採用されていたラージヘッドを採用。1970年代のマニアックな仕様のモデルを探している方におすすめのモデルです。

フェンダー(Fender) エレキギター Deluxe ナッシュビルテレキャスター

フェンダー(Fender)  エレキギター Deluxe ナッシュビルテレキャスター

By: fender.com

ストラトキャスター同様、リアとフロントの間にシングルピックアップを搭載したテレキャスターナッシュビルモデルです。3つのピックアップの組み合わせは5通りから選択可能。特にセンターとリア、フロントとセンターをミックスした「ハーフトーン」を活用して幅広い音作りを楽しみたい方におすすめです。

ネックのヒール部を削り落としたコンター加工を施しているのもポイント。ハイポジションでも握りやすく、ギターソロが弾きやすいのも特徴です。

スクワイヤー(Squier) エレキギター テレキャスタースタンダード

スクワイヤー(Squier) エレキギター テレキャスタースタンダード

フェンダー社傘下のブランド「スクワイヤー」のテレキャスターです。フロントとリアにシングルピックアップを配したスタンダードモデルで、テレキャスターらしい高音域の際立ったジャキジャキサウンドが楽しめます。

サドルにはチューニングが安定する6WAYサドルブリッジを搭載しているほか、ネックにはカマボコ状のスタンダードな形状のCシェイプネックを採用するなど、初心者に演奏しやすいおすすめのモデルです。

スクワイヤー(Squier) Vintage Modified テレキャスターカスタム

スクワイヤー(Squier) Vintage Modified テレキャスターカスタム

フェンダーの兄弟ブランドである「スクワイヤー」のテレキャスター。リアにシングルピックアップ、フロントにハムバッカーピックアップを搭載したカスタムタイプです。

ボディ材にはバスウッドを採用しているため、価格が安く購入しやすいのが魅力。初心者の最初の1本としておすすめのモデルです。ボリュームノブとトーンノブをそれぞれ2つずつ装備しており、細かいサウンドコントロールを楽しみたい方にも適しています。

テレキャスタータイプのおすすめモデル

フジゲン(Fujigen) テレキャスタータイプ FUJIGEN Neo Classic NTL10MAH VNT

フジゲン(Fujigen) テレキャスタータイプ FUJIGEN Neo Classic NTL10MAH VNT

日本の老舗楽器メーカー「フジゲン」のテレキャスタータイプ。リアとフロントにシングルピックアップを搭載したスタンダードモデルです。フレットを円弧状に打った「サークル・フレッティング・システム」を採用。正確な音程と立ち上がりに優れたサウンドが特徴で、豊かなサスティーンも実現しています。

ネックはハイポジション側のRを緩く設定した「コンパウンドラディアス指板」を採用。ローポジションではコードを押さえやすく、ハイポジションではソロを弾きやすくなっています。初心者から脱してワンランク上のギターの購入を検討している方におすすめのモデルです。

フジゲン(Fujigen) テレキャスタータイプ NTL11MMHT-TBL Neo Classic SERIES

フジゲン(Fujigen)  テレキャスタータイプ NTL11MMHT-TBL Neo Classic SERIES

Fホールを設けたシンラインのテレキャスタータイプです。ボディ材にやわらかく温かみのあるサウンドが特徴のマホガニーを採用。セミホロー構造と相まって、中音域の豊かな鳴りが特徴の落ち着いたサウンドを実現しています。

また、フロントにハムバッカーピックアップを採用しており、マホガニーボディとセミホロー構造との相性も抜群です。重さは3.2kgとセミホロー構造ならではの取り回しのよさも特徴。リーズナブルながらも高品質なギターを探している方におすすめのモデルです。

フェルナンデス(FERNANDES) テレキャスタータイプ TEJ-DELUXE SUS Black

フェルナンデス(FERNANDES) テレキャスタータイプ TEJ-DELUXE SUS Black

リアにハムバッカーピックアップを搭載したテレキャスタータイプです。最大の特徴が「サスティナー」を搭載していること。サスティナーはスイッチを入れるだけで弦振動を持続させるシステムで、延々と続くロングサスティーンやフィードバックサウンドを楽しめます。

また、トレモロユニットを搭載しておりテレキャスターとしては異色のモデル。さまざまな演奏スタイルを楽しめるギターを探している方におすすめのモデルです。

エスエックス(SX) テレキャスタータイプギター アッシュ セミホロー ボディ KTL-300

エスエックス(SX) テレキャスタータイプギター アッシュ セミホロー ボディ KTL-300

ボディ内部をくり抜いたセミホロー構造のテレキャスタータイプのエレキギターです。Fホールを設けたシンラインタイプのモデルで、空洞化によって倍音豊かなサウンドで生音も大きめ。アンプを通さずに練習したいときにおすすめです。

リーズナブルなモデルながら、ボディ材には高級モデルで採用されることの多いアッシュを使用。木目がはっきりとしており、メイプルネックの採用と相まって全体的にナチュラル感のある落ち着いた印象のモデルです。