独特なデザインと太くて甘いサウンドが特徴のエレキギター「レスポール」。フェンダー社のストラトキャスターと並び、非常に人気が高いエレキギターのひとつです。

特にロック系の音楽と相性がよいので、迫力のあるパワフルなサウンドで演奏を楽しみたい方は要チェック。そこで今回は、レスポールタイプのおすすめモデルをご紹介します。

レスポールとは?

レスポールは、ギターメーカーのギブソンが展開しているエレキギターです。ギタリストのレス・ポール氏との共同開発で誕生しました。弦の振動を電気信号に変えるための「ピックアップ」という部品に、高出力なハムバッカーと呼ばれるタイプを多く採用しているのが特徴。これにより、パワフルで低音が強いサウンドを鳴らせます。

フェンダー社のストラトキャスターやテレキャスターと異なり、丸みのある独特なデザインを用いているのもポイントです。

なお、「レスポール」という名称で呼べるのはギブソンおよびギブソン傘下のエピフォンが展開しているモデルのみ。それ以外のメーカーが展開しているモノは「レスポールタイプ」と呼ばれているので、選ぶときは注意しましょう。この記事では「レスポール」と「レスポールタイプ」の両方を紹介します。

レスポールの選び方

種類で選ぶ

レスポールスタンダード

By: amazon.co.jp

レスポールの中でも特に高い人気を集めているのが「レスポールスタンダード」と呼ばれるモデル。太さと甘さを兼ね備えたレスポールらしい音色を鳴らせるのが特徴です。ピックアップはハムバッカーを採用しており、そのままでも迫力のあるサウンドを鳴らせるほか、歪み系のエフェクターと相性がよく味のある音色を楽しめます。

レスポールの定番ともいえるモデルなので、どれにしようか悩んでいる場合はレスポールスタンダードを選ぶのがおすすめです。

レスポールカスタム

By: amazon.co.jp

“タキシードに似合うギター”をコンセプトに作られたのが「レスポールカスタム」です。ゴールドのパーツが採用されているほか、高級感のある塗装が施されておりエレガントな見た目に仕上がっています。

ブラックビューティーの名で親しまれている黒色のモデルが有名ですが、ホワイトやブラウンを採用したモデルも展開されており、いずれも高級感のあるデザインが魅力です。

製造された年代によって多少の違いはありますが、使用している木材はレスポールスタンダードとほとんど変わらず、音色も似ているので、見た目で差を付けたい方に適しています。

レスポールスペシャル

By: rakuten.co.jp

「レスポールスペシャル」は、レスポールスタンダードやレスポールカスタムと異なり、ピックアップにハムバッカーを採用していないのが特徴。代わりにP-90というシングルコイルピックアップが搭載されており、パワフルでありながら歯切れのよいサウンドを鳴らせます。そのため、軽めの音色が好みの方におすすめです。

レスポールジュニア

By: rakuten.co.jp

レスポールの入門機として誕生したのが「レスポールジュニア」です。ほかのレスポールと比べてリーズナブルな価格で入手できるのが魅力。また、軽量で疲れにくいため、ストラップを装着して肩から下げる場合でもラクに演奏できます。

本体は、P-90ピックアップをリア側(下側)にひとつだけ搭載している設計を採用。レスポールスペシャルと似たサウンドですが、ツマミがボリュームとトーンのそれぞれひとつずつなので、音色の調節バリエーションが少なめです。そのぶんシンプルで扱いやすいため、初めてレスポールを購入する方はぜひ選択肢に入れてみてください。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

レスポールは音色に特徴のあるエレキギターですが、見た目にも個性があります。その中でもレスポールスタンダード・レスポールカスタム・レスポールスペシャル・レスポールジュニアではデザインが異なるため、好みの見た目で選ぶのもよいでしょう。

たとえば高級感のあるデザインが好みであれば、レスポールカスタムがベスト。演奏するときに映えるものを探している場合は、レッドやブルーなどほかとは違うカラーのレスポールを選ぶのもおすすめです。自分好みの見た目だと演奏するときのモチベーションにも繋がるので、ぜひデザインも重視して選んでみてください。

レスポールのおすすめメーカー

ギブソン(Gibson)

By: amazon.co.jp

ギブソンは、1902年にアメリカで設立されたギターメーカーです。同国のギタリスト「レス・ポール」氏と一緒に開発したモデルがレスポールで、エレキギターの定番機として現在に至るまで根強い人気を集めています。

数あるレスポールの中でも、ギブソンのレスポールスタンダードは同社の代表モデルとして世界的に知られており、プロのギタリストにも多く愛用者がいるのが特徴です。価格帯は高めですが、間違いのない高品質なエレキギターを探している方はギブソンのレスポールを選んでみてください。

エピフォン(Epiphone)

By: amazon.co.jp

ギブソン傘下のエピフォンは、レスポールの名称をギブソン以外で唯一使えるギターメーカーです。1957年にギブソンの傘下となりましたが、それまではギブソンのライバルとしてギターを製作してきた歴史があります。そんなエピフォンが展開しているレスポールは、リーズナブルでありながら価格の安さを感じさせない質の高さが魅力です。

レスポールのおすすめ

ギブソン(Gibson) Les Paul Standard 2019

ギブソン(Gibson) レスポールスタンダード 2019

言わずと知れた名器「レスポールスタンダード」の2019年モデル。AAAグレードの高品質なフィギュアドメイプル材をトップに採用しているのが特徴で、鮮やかな見た目に仕上がっています。握りやすい薄型のネックシェイプで、コードを押さえるときに指が動かしやすいのも魅力です。

ウルトラモダンウェイトリリーフと呼ばれる構造が採用されており、豊かなサウンドをキープしながら軽量化を実現しているのがポイント。音質のよさと弾きやすさが両立した安定感のあるレスポールを探している方はぜひチェックしてみてください。

ギブソン(Gibson) Les Paul Classic 2019 Gold Top

トラディショナル9ホールウエイトリリーフ構造を採用しているレスポール。これにより、ボディが軽量化されているため、演奏時の負担になりづらく手軽に扱えます。ギブソンのクラシカルなサウンドを再現するゼブラピックアップ「61R」「61T」を採用しているのも特徴です。

ブリッジとテールピース部分にアルミニウムが使われており、ヴィンテージな音色を鳴らせるので、味のある演奏を楽しみたい方におすすめ。また、薄くて握りやすいネックを採用しているため、手が小さい方でもスムーズに弾けます。

ギブソン(Gibson) Les Paul Junior Tribute DC 2019

ギブソン(Gibson) Les Paul Junior Tribute DC 2019

シンプルで扱いやすいモデルを探している方に適したレスポールジュニア。ギブソンのレスポールとしては比較的リーズナブルな価格で入手できます。ダブルカッタウェイと大きなピックガード、そしてサテン仕上げのカラーリングにより、個性的なデザインに仕上がっています。

ボリュームとトーンがひとつずつで複雑な操作を必要としないため、レスポール初心者の方でも簡単に音の調節が可能。低価格ながらギブソンらしいサウンドを鳴らせるおすすめモデルです。

ギブソン(Gibson) Les Paul Traditional 2017

ギブソン(Gibson) Les Paul Traditional 2017

黄金期のレスポールをオマージュして作られたモデル。上品な杢目が楽しめるAAグレードのフレームメイプル材を採用しているのが特徴です。ピックアップはフロント側にBurstbucker1、リア側にBurstbucker2を搭載。これにより、太くて甘みのあるレスポールらしい音が鳴らせます。

オレンジドロップと呼ばれるコンデンサーが採用されており、輪郭がハッキリとした迫力のあるサウンドに仕上がっているのもポイントです。王道のレスポールサウンドが好みの方はぜひチェックしてみてください。

エピフォン(Epiphone) Les Paul Standard Plus Top Pro

エピフォン(Epiphone) Les Paul Standard Plus Top Pro

杢目がキレイなフレイムメイプル材を採用しているエピフォンのレスポールスタンダード。ハムバッカーピックアップによる太いサウンドを鳴らせるのが特徴で、ギブソンの音色をしっかりと再現しています。コイルタップ機能を搭載しており、歯切れのよいシングルコイルサウンドに切り替えられるのも魅力です。

エピフォン(Epiphone) Les Paul Custom Pro

エピフォン(Epiphone) Les Paul Custom Pro

高級感のある見た目が特徴的なレスポールカスタムプロ。各所に使われているゴールドのパーツがエレガントな雰囲気を演出してくれます。表にメイプル材、裏にマホガニー材というレスポールでは定番の組み合わせが採用されており、レスポールらしいサウンドを鳴らせるのが特徴です。デザイン性と音質の両方を重視したい方はぜひチェックしてみてください。

エピフォン(Epiphone) Les Paul SL

エピフォン(Epiphone) Les Paul SL

ポプラ材を採用している軽量薄型のレスポール。ネックも細くて握りやすいため、エレキギター初心者の方でも手軽に演奏できるのが魅力です。ピックアップはシングルコイルを搭載しており、クリアで抜けのよいサウンドが鳴らせます。

ボディとネックをボルトで固定した「ボルトオンネック」を採用しているのも特徴。これにより、シンプルな構造でコストが抑えられているため、リーズナブルな価格で入手可能です。

エピフォン(Epiphone) Limited Edition Les Paul Special

エピフォン(Epiphone) Limited Edition Les Paul Special

人気が高いTVイエローカラーを採用したレスポールスペシャル。P-90シングルコイルピックアップを採用しており、歯切れのよいサウンドを鳴らせるのが魅力です。ボディの木材にマホガニーが使われているのもポイントで、ただ歯切れがよいだけではなく、レスポールらしさを感じさせる甘い音色も楽しめます。

比較的入手しやすい価格ながら、ボリュームとトーンのツマミが2つずつ付いているため、リーズナブルなモデルでも本格的な音作りを楽しみたいという方におすすめです。

レスポールタイプのおすすめ

イーエスピー(ESP) レスポールタイプ LTD EC-1000KOA

イーエスピー(ESP) レスポールタイプ LTD EC-1000KOA

ウクレレの素材としてよく使われるハワイアンコア材が採用されたレスポールタイプのエレキギター。その独特な杢目で個性をアピール可能です。ピックアップにセイモア・ダイカン社の「SH-1n」と「SH-4」をそれぞれ搭載しているのが特徴で、張りがありながら倍音も豊かで味のあるサウンドを鳴らせます。

5本の木材をネックに使った「5ピースネック」が採用されており、耐久性に優れているのもポイント。高品質で長く使い続けられるレスポールタイプのモデルを探している方におすすめです。

ブリッツ バイ アリア(BLITZ by ARIA) エレキギター BLP-450

ブリッツ バイ アリア(BLITZ by ARIA) エレキギター BLP-450

リーズナブルながら、ギブソンのレスポールでも用いられるセットネック構造が採用されており、豊かな音色で演奏が楽しめるエレキギター。ピックアップも高出力のハムバッカータイプを搭載しているので、入手しやすい価格でしっかりとしたレスポールサウンドを楽しみたい方に最適です。

カラーは定番のチェリーサンバーストをはじめ、シースルーブルーやヴィンテージサンバーストなど個性的なバリエーションも用意されているため、自分好みの1本が選べます。レスポールタイプのエレキギターを初めて持つ方にもおすすめのモデルです。

フォトジェニック(PhotoGenic) レスポールカスタムタイプ LP-300

フォトジェニック(PhotoGenic) レスポールカスタムタイプ LP-300

エレガントな雰囲気のレスポールカスタムタイプをリーズナブルな価格で入手できるモデル。ハムバッカーピックアップで迫力のあるサウンドを鳴らせるのが特徴です。搭載されているトグルスイッチを操作すれば、ピックアップの切り替えができるため1本でさまざまな音色が楽しめます。