独特なデザインと太くて甘いサウンドが特徴のエレキギター「レスポール」。フェンダー社のストラトキャスターと並び、非常に人気が高いエレキギターのひとつです。

特にロック系の音楽と相性がよいので、迫力のあるパワフルなサウンドで演奏を楽しみたい方は要チェック。そこで今回は、レスポールタイプのおすすめモデルをご紹介します。

レスポールとは?

レスポールは、ギターメーカーのギブソンが展開しているエレキギターです。ギタリストのレス・ポール氏との共同開発で誕生しました。弦の振動を電気信号に変えるための「ピックアップ」と呼ばれる部品に、高出力なハムバッカーと呼ばれるタイプを多く採用しているのが特徴。これにより、パワフルで低音が強いサウンドを鳴らせます。

フェンダー社のストラトキャスターやテレキャスターと異なり、丸みのある独特なデザインを用いているのもポイントです。

なお、「レスポール」という名称で呼べるのは、ギブソンおよびギブソン傘下のエピフォンが展開しているモデルのみ。それ以外のメーカーが展開しているモノは「レスポールタイプ」と呼ばれているので、選ぶときは注意しましょう。この記事では「レスポール」と「レスポールタイプ」の両方をご紹介します。

レスポールの選び方

種類で選ぶ

レスポールスタンダード

By: amazon.co.jp

レスポールのなかでも特に高い人気を集めているのが「レスポールスタンダード」と呼ばれるモデル。太さと甘さを兼ね備えた、レスポールらしい音色を鳴らせるのが特徴です。ピックアップはハムバッカーを採用しており、そのままでも迫力のあるサウンドを鳴らせるほか、歪み系のエフェクターと相性がよく味のある音色を楽しめます。

レスポールの定番ともいえるモデルなので、どれにしようか悩んでいる場合はレスポールスタンダードを選ぶのがおすすめです。

レスポールカスタム

By: amazon.co.jp

“タキシードに似合うギター”をコンセプトに作られたのが「レスポールカスタム」です。ゴールドのパーツが採用されているほか、高級感のある塗装が施されておりエレガントな見た目に仕上がっています。

ブラックビューティーの名で親しまれている黒色のモデルが有名ですが、ホワイトやブラウンを採用したモデルも展開されており、いずれも高級感のあるデザインが魅力です。

製造された年代によって多少の違いはありますが、使用している木材はレスポールスタンダードとほとんど変わらず、音色も似ているので、見た目で差を付けたい方に適しています。

レスポールスペシャル

By: rakuten.co.jp

「レスポールスペシャル」は、レスポールスタンダードやレスポールカスタムと異なり、ピックアップにハムバッカーを採用していないのが特徴。代わりにP-90というシングルコイルピックアップが搭載されており、パワフルでありながら歯切れのよいサウンドを鳴らせます。そのため、軽めの音色が好みの方におすすめです。

レスポールジュニア

By: rakuten.co.jp

レスポールの入門機として誕生したのが「レスポールジュニア」です。ほかのレスポールと比べてリーズナブルな価格で入手できるのが魅力。また、軽量で疲れにくいため、ストラップを装着して肩から下げる場合でもラクに演奏できます。

本体は、P-90ピックアップをリア側(下側)にひとつだけ搭載している設計を採用。レスポールスペシャルと似たサウンドですが、ツマミがボリュームとトーンのそれぞれひとつずつなので、音色の調節バリエーションが少なめです。その分シンプルで扱いやすいため、初めてレスポールを購入する方はぜひ選択肢に入れてみてください。

デザインで選ぶ

By: rakuten.co.jp

レスポールは音色に特徴のあるエレキギターですが、見た目にも個性があります。そのなかでも、レスポールスタンダード・レスポールカスタム・レスポールスペシャル・レスポールジュニアではデザインが異なるため、好みの見た目で選びましょう。

たとえば高級感のあるデザインが好みであれば、レスポールカスタムがベスト。演奏するときに映えるモノを探している場合は、レッドやブルーなどほかとは違うカラーのレスポールを選ぶのもおすすめです。自分好みの見た目だと演奏するときのモチベーションにも繋がるので、ぜひデザインも重視して選んでみてください。

価格で選ぶ

レスポールの価格はメーカーやモデルによってさまざまです。なかでも、1950~1960年代に製造されたビンテージモデルは高値で取引されています。一般的なモデルでいえば、数万円から20万円台までが中心。本格的なタイプを探しているなら10万円以上のモデルがおすすめです。一生モノとして保有したいのなら、さらに高値な「ギブソンカスタムショップ」のモデルもあります。

レスポールをなるべく安く購入したい場合は、エピフォンのモデルがおすすめ。初心者に最適な低価格モデルから、中級レベルにも満足できる仕様のタイプが販売されています。また、本家モデルを模したレスポールタイプにも購入しやすい低価格モデルが多いので、あわせてチェックしてみてください。

レスポールのおすすめメーカー

ギブソン(Gibson)

By: amazon.co.jp

ギブソンは、1902年にアメリカで設立されたギターメーカーです。同国のギタリスト、レス・ポール氏と一緒に開発したモデルがレスポールで、エレキギターの定番機として現在に至るまで根強い人気を集めています。

数あるレスポールのなかでも、ギブソンのレスポールスタンダードは同社の代表モデルとして世界的に知られており、プロのギタリストにも多く愛用者がいるのが特徴です。価格帯は高めですが、間違いのない高品質なエレキギターを探している方はギブソンのレスポールを選んでみてください。

エピフォン(Epiphone)

By: amazon.co.jp

ギブソン傘下のエピフォンは、レスポールの名称をギブソン以外で唯一使えるギターメーカーです。1957年にギブソンの傘下となりましたが、それまではギブソンのライバルとしてギターを製作してきた歴史があります。そんなエピフォンが展開しているレスポールは、リーズナブルでありながら価格の安さを感じさせない質の高さが魅力です。

レスポールのおすすめ

ギブソン(Gibson) Les Paul Standard 60s

ギブソン(Gibson) Les Paul Standard 60s

太く甘い音色が特徴のハムバッカーピックアップをリアとフロントに搭載したレスポールです。ビンテージとして人気がある1960年代のネックテーパーを採用。グローバー製ペグやワイヤーなしのABRブリッジ、アルミ製ブリッジ・テイルピースなど、往年のクラシックなデザインを意識して設計されています。

ボディとネックともにあたたかみのあるサウンドが特徴のマホガニーで、指板にはローズウッドを採用。本家ギブソンの本格的なモデルを購入したい方におすすめです。

ギブソン(Gibson) Les Paul Standard ’50s P90

ギブソン(Gibson) Les Paul Standard '50s P90

レスポールスタンダードにシングルピックアップ「P-90」をフロントとリアに搭載したモデル。レスポールらしい重量感・鳴りと、軽めのサウンドとの相乗効果による独特なサウンドが魅力です。

ネックシェイプには適度な太さと丸みのある「Vintage50sシェイプ」を採用。基盤を使用しない配線や伝統的なオレンジドロップコンデンサーを使用するなど、クラシックな本格モデルを探している方におすすめです。

ギブソン(Gibson) Custom Shop LP Custom 2017 Ebony

ギブソン(Gibson) Custom Shop LP Custom 2017 Ebony

ゴールドパーツと艷やかなブラックカラーが魅力的なレスポールカスタムです。ヘッドに「スプリット・ダイヤモンド・インレイ」が施されているなど、上位モデルならではの高級感があるおすすめのモデル。指板には個体差がなく、乾燥による割れが少ない人工素材「リッチライト」を採用しています。

ピックアップにはハムバッカーピックアップ「490R」と「498T」を搭載。中高音域が伸びやかでキメの細かいサウンドが特徴です。

ギブソン(Gibson) エレキギター Les Paul Junior

ギブソン(Gibson) エレキギター Les Paul Junior

リーズナブルな価格を実現しているレスポールジュニアです。ボディやネックにバインディングがなく、ヘッドや指板に豪華なインレイもなし。シングルピックアップP-90をリアに1基のみ搭載したシンプルなタイプで、低価格で購入できる本家ギブソンモデルを探している方におすすめです。

ボディとネックにマホガニー、指板にローズウッドを使用した伝統的な仕様。P-90ピックアップと重厚なボディによる独特のサウンドを楽しめます。

エピフォン(Epiphone) Les Paul Custom PRO Ebony

エピフォン(Epiphone) Les Paul Custom PRO Ebony

ギブソン傘下ブランド「エピフォン」のレスポールカスタム。リーズナブルな価格ながら、ゴールドパーツがふんだんに使用されており、高級感があります。初心者から中級者にレベルアップを目指している方におすすめのモデルです。

ボディやネックにバインディングを施しているほか、ヘッドと指板の豪華なインレイも魅力。マホガニーボディにマホガニーネック、指板にエボニーと本家モデルと同レベルの仕様です。

エピフォン(Epiphone) レスポールスペシャル

エピフォン(Epiphone) レスポールスペシャル

つや消し塗装が施された、渋めのルックスが印象的なエピフォンのレスポール。バインディングやインレイなど装飾を排除することで低価格を実現しており、最初の1本としておすすめのモデルです。ボディ材に軽量なポプラ材を採用しており、取り回しやすくなっています。

ピックアップには甘い音色が特徴のハムバッカーピックアップを採用。カバーのないオープンコイルタイプで、ハムバッカーピックアップながら、軽快で歯切れのよいサウンドが特徴です。

エピフォン(Epiphone) Les Paul Special-I P90 Limited Edition

エピフォン(Epiphone) Les Paul Special-I P90 Limited Edition

シンプルな仕様でリーズナブルな価格が魅力のエピフォンのレスポールです。ボディとネックの材質にはマホガニーを使用しており、ネックとボディの結合にはボルトで止める「ボルトオン」を採用。ネック反りの修正やフレット交換など、メンテナンス時にネックを取り外せるため便利です。

ピックアップには、ハムバッカーピックアップより軽めのサウンドが特徴のP-90ピックアップを2基搭載。レスポールとストラトの中間的な独特のサウンドを楽しめます。

レスポールタイプのおすすめ

BLITZbyARIA ブリッツ エレキギター BLP-450

BLITZbyARIA ブリッツ エレキギター BLP-450

低価格ながらセットネックを採用したレスポールタイプ。ユーザーの目線に立って設計されたモデルなので、はじめてギターを購入する初心者にもおすすめです。カバードタイプのハムバッカーピックアップをリアとフロントに搭載。レスポールらしい太く甘い、重厚なサウンドを楽しめます。

専用ケースが付属しており、バンド練習などで持ち運びに便利。豊富なカラーバリエーションから選択できるのもおすすめポイントです。

フォトジェニック(Photogenic) エレキギター レスポールタイプ LP-260

フォトジェニック(Photogenic) エレキギター レスポールタイプ LP-260

伝統的なフォルムを再現した、リーズナブルな価格のレスポールタイプ。飽きのこないルックスで年齢問わず愛用できるおすすめモデルです。ピックアップにはパワーがあってノイズの少ないハムバッカーピックアップを搭載。トグルスイッチにより、3パターンのサウンドを楽しめます。

全8色の豊富なカラーバリエーションも魅力。アンプと接続する際に必要なシールドケーブルが付属しているほか、ソフトケース付きで持ち運びに便利です。

バーニー(BURNY) エレキギター SRLC55

バーニー(BURNY) エレキギター SRLC55

レスポールカスタムの仕様を模した、高級感のあるレスポールタイプ。オールブラックカラーにゴールドパーツをあしらった高級感のある1本です。マホガニーバック・マホガニーセットネック・メイプルトップ・ローズウッド指板を採用した、レスポールの王道的な仕様。低価格モデルから買い替えを検討している方にもおすすめです。

ピックアップにはハイパワーで太いサウンドが特徴のハムバッカーピックアップを2基搭載。スリムテーパーネックと低めに設定した弦高により、初心者でも弾きやすいモデルです。

K-GARAGE LPタイプ エレキギター スタンダード タイプ KLP-320

K-GARAGE LPタイプ エレキギター スタンダード タイプ KLP-320

さまざま種類のギターやベースを扱っている「K-GARAGE」のレスポールタイプです。ボディ材には安価で加工しやすいバスウッドを採用。ボディ・ネックのバインディングや指板にインレイをあしらった本格的な仕様ながら、リーズナブルな価格を実現したおすすめモデルです。

パワフルでノイズの少ないハムバッカーピックアップを搭載。3WAYトグルスイッチによりフロント・リア・センターの3種類のサウンドを楽しめます。