内部が空洞でfホールを設けたデザインが印象的なエレキギター「セミアコ」。ロックやジャズ、ブルース、メタルなど幅広いジャンルに対応できるギターとして人気です。独特な空気感のあるサウンドは、クリア系や歪み系問わずさまざまな演奏スタイルにマッチします。

そこで今回は、おすすめのセミアコをご紹介。選び方も解説するので購入を検討している方は参考にしてみてください。

セミアコとは?

By: archive.gibson.jp

セミアコとは「セミアコースティックギター」の略称で、fホールと呼ばれる穴を設けたエレキギターです。1958年にアメリカのギターメーカー「ギブソン」が製造したのがはじまり。初のセミアコである「ES-335」は、現在でも定番モデルとして人気です。

木材の塊をシェイプしてギターの形をつくる「ソリッドタイプ」と、内部が完全な空洞の「フルアコ」との中間的な仕様。ネックから伸びているボディの芯「センターブロック」の左右部分だけが空洞になっており、「セミホロウボディ」とも呼ばれています。

ソリッドとフルアコの特徴を併せ持った独特の空気感で、アコースティックのような倍音の豊かなトーンが特徴。クリーンな音から歪ませたディストーションサウンドまで対応し、ロックやブルース、ジャズなどさまざまなジャンルのギタリストに愛用されています。フルアコと異なり完全な空洞でないため、ハウリングが発生しにくいのも特徴です。

セミアコとフルアコの違い

セミアコとフルアコの違いのひとつが内部の構造です。フルアコはボディ全体が空洞で、セミアコはセンターブロックの両脇部が空洞になっています。セミアコの音質は木材が多い分サスティーンが長めで柔らかいトーンなのに対し、フルアコはサスティーンが短めで強いアタック感が特徴です。

ハイポジション部の形状も異なります。完全な空洞のフルアコは、強度を確保すべくネックの片方だけをえぐったような形状のシングルカッタウェイを採用。セミアコは両側をえぐったような構造のダブルカッタウェイをおもに採用しており、ハイポジションでの演奏に優れています。

ブリッジ構造で見た目も異なり、セミアコは通常のギター同様ボディに直接マウントする仕様。フルアコは「ブランコテール」と呼ばれるパーツを使用して、ブリッジを直接ボディに取り付けません。ブリッジから伸びたパーツをボディ端で支えているような構造になっています。

セミアコの選び方

木材で選ぶ

ボディ材

By: amazon.co.jp

セミアコのボディ材はモデルによってさまざまで、主にメイプルとマホガニー、アッシュなどが採用されています。メイプルは木材のなかでも硬い材質で、高音域の際立った硬めのサウンドが特徴です。マホガニーはメイプルより柔らかい材で、あたたかみのある中音域・低音域が特徴的なサウンドになります。

アッシュはバランスに優れた木材で、木目の美しさが魅力です。マホガニーボディにメイプルトップを貼るなど、木材の組み合わせによってサウンドが異なる点にも留意しておきましょう。

ネック材

By: amazon.co.jp

セミアコのネック材として使用されるのは、主にメイプルとマホガニーです。メイプルは硬い材質で立ち上がりの速いシャープなサウンドが特徴。マホガニーは丸みを帯びた柔らかいサウンドです。

ネックは1本の木材を削り出したワンピースタイプと、指板に木材を貼り付けるツーピースタイプがあります。メイプルにローズウッドの指板を貼ったタイプなど2ピースが主流で、ボディ材の種類を含めた音のバランスやデザインを考慮して設計されています。

ピックアップで選ぶ

ハムバッカータイプ

By: amazon.co.jp

セミアコはボディに響く音を拾ってアンプへ出力する「ピックアップ」が搭載されています。ピックアップにはおもに2種類あり、シングルピックアップ2基を組み合わせたのがハムバッカータイプです。セミアコでは通常、フロントとリアに1基ずつ搭載しています。

太く力強いサウンドで甘い音色が特徴。ハムキャンセル機能により、ノイズが少ない特性もあります。歪み系のエフェクターとの相性もよいなど、さまざまジャンルのギタリストに採用されているピックアップです。コイルタップスイッチ機能を搭載したモデルなら、ボリュームノブを引き上げる操作でシングルタイプ系のサウンドも楽しめます。

シングルタイプ

By: amazon.co.jp

シングルタイプは高音域が強めのサウンドが特徴のピックアップです。クリーン系から歪み系まで幅広く対応でき、モデルによって2基か3基搭載されています。特にフロント・センター・リアと3基のシングルタイプを搭載したモデルは、配線によってさまざまなサウンドを楽しめるのが魅力です。

セミアコにおいては、通常のコンパクトなタイプではなく「P-90」と呼ばれるサイズが大きめのシングルタイプが採用されています。シングルタイプながらパワーがあり、シングルタイプとハムバッカータイプの中間的なバランスに優れたピックアップです。

デザインで選ぶ

ボディの形状をチェック

セミアコのボディ形状でもっとも主流が、ダブルカッタウェイを採用したギブソン系のES-335タイプです。メーカーやシリーズによっては、ES-335をベースに少しデザインを変えたモデルが販売されています。大きなボディのES-335タイプより、やや小さめのコンパクトなモデルもあるのでチェックしてみてください。

ストラトキャスターやテレキャスターにfホール設けたモデルにも注目。通常のソリッドギターと同じ感覚で演奏可能です。採用しているパーツによってもデザインに差が出ます。なかでも「ビグスビートレモロユニット」を搭載したモデルは、ゴージャスで個性的なデザインが魅力です。

木目やカラーをチェック

By: amazon.co.jp

セミアコの木目は、採用されているボディ材やトップ材の種類によって異なります。同じ木材でも模様は材のグレードや個体によって違うため注意が必要。木目の出方がきれいで、はっきりしたモデルは人気があります。木目で音質は変わりませんが、木目のきれいなグレードの高い木材を使用したモデルは、音質にもこだわって作られているのが一般的です。

木目の美しさにこだわりたいなら、トップ材にメイプルを採用したモデルをチェック。真っ直ぐ均等に木目の出ているフレームメイプルや、複雑な虎目が魅力のキルトメイプルがあります。

カラーはモデルによってさまざまですが、濃淡のカラーリングが美しいサンバーストに注目。ボディ中央に向かって木目が浮き出るような美しいデザインが魅力的です。木目の見えない、塗りつぶしのカラーリングを採用したモデルもあるのでチェックしてみてください。

サイズや重さで選ぶ

セミアコのサイズや重さはモデルによってさまざま。空洞を設けてあるため、通常のソリッドタイプのエレキギターより比較的軽量です。個体差もありますが、重さの表示があればチェックしておきましょう。

サイズは定番のES-335タイプがもっとも大きめ。ストラトキャスタータイプやテレキャスターにfホールを設けたモデルなら、軽量コンパクトで初心者にも扱いやすいです。

価格で選ぶ

セミアコの価格はブランドやシリーズによって、数万円から数10万円までさまざまです。なかでも、ビンテージモデルの復刻モデルは高価。有名アーティストのシグネイチャーモデルも高めに設定されています。

なるべく低価格で本格的なモデルを探したいなら、一流ブランドの廉価版ブランドがおすすめ。なかでも、「エピフォン」「フジゲン」「エドワーズ」などのブランドは、高級モデルに迫る品質で低価格を実現した魅力的なモデルがラインナップされています。

アイバニーズなど日本国産ブランドも、低価格ながら高品質なモデルとして評価されているのでチェックしてみてください。

セミアコのおすすめモデル

ギブソン(Gibson) セミアコ ES-335 Traditional

老舗ギターブランド「ギブソン」のセミアコです。1958年に製造を開始した「ES-335」の復刻版で、伝統的なサウンドと改良された演奏性が魅力。チタンサドルの搭載により、きらびやかで伸びのあるサスティーンを実現しています。

オレンジドロップキャパシターを使用してハンドワイヤリングを施しているなど、細部にまでこだわっているのも特徴。ピックアップにはビンテージPAFを再現した「MHSピックアップ」を採用し、極上のギブソンサウンドを求めている方におすすめのモデルです。

エピフォン(Epiphone) セミアコ Riviera Custom P93

ギブソン傘下「エピフォン」のセミアコです。P-90ピックアップを3つ搭載しており、個性的なモデルを探している方におすすめ。シングルピックアップとハムバッカーピックアップの中間的なサウンドを楽しめます。

ゴージャスな雰囲気が特徴のビグスビートレモロユニットを搭載しているのもポイント。ブライトなトーンで、ロックを中心に多彩な演奏スタイルを実現します。ボディトップにはメイプルを採用。ネックはメイプルにローズウッド指板を貼った2ピースタイプになっています。

エピフォン(Epiphone) セミアコ ES-339 Pro VS

ギブソンの人気セミアコ「ES-335」の小型版として知られるモデルです。コンパクトで取り回しやすく、ソリッド感とホロー感を併せ持ったトーンが魅力。扱いやすいため、女性のギタリストにもおすすめです。

メイプルボディにマホガニーネックを採用したセミアコの伝統的な仕様。ネックとボディにクリーム・バインディングを施しており、安価ながら高級感のある1本です。ピックアップには「Alnico Classic Pro」を採用。ハムバッカーならではの甘いトーンを楽しめるほか、コイルタップでシングルコイル系サウンドにも切り替えできます。

エピフォン(Epiphone) セミアコ Sheraton II Pro

1958~1959年頃に発売されたモデルの復刻板で、愛用している有名ミュージシャンも多いセミアコです。ボディ内部にセンターブロックを設けたスタンダードな仕様。ボディとネックの結合部が左右にえぐられたような構造のダブルカッタウェイにより、ハイポジションでの演奏に優れたおすすめモデルです。

ボディバインディングを施しているほか、ヘッドストックとポジションマーカーのオリジナルインレイ、ゴールドパーツなど豪華な仕様も魅力。ピックアップにはエピフォンが開発した「プロバッカー2」と「プロバッカー3」を採用しており、ツヤのあるサウンドが特徴です。

ボリュームポットを引き上げるとシングルコイル系のニュアンスを楽しめる、コイルタップを搭載しています。

エピフォン(Epiphone) セミアコ DOT

ビンテージサンバーストのカラーリングが魅力のセミアコ。ボディ中央に向かって塗装が薄くなっており、メイプルトップの木目の美しさが引き立つおすすめモデルです。1958年にギブソンが製造を開始した「ES-335」がベース。セミホロウボディの独特な広がりのある豊かなサウンドが特徴です。

ピックアップには、エピフォンが開発した「Alnico Classic」シリーズのハムバッカータイプを採用。ハムバッカー特有の太くあたたかみのあるサウンドを楽しめます。ネックはマホガニーとローズウッド指板の組み合わせ。人工素材「パーロイド」のシンプルなドットインレイを埋め込んであります。

VG セミアコ KTR-ES CST with Bigsby

ボディにメイプル、ネックにマホガニー、指板にエボニーを採用した王道的な仕様のセミアコです。ピックアップにはKTRオリジナルハムバッカーピックアップを採用。ジャズやブルースなど伝統的なサウンドから、現代的なディストーションサウンドまで幅広く対応可能です。

ビグスビートレモロユニットを搭載した迫力ある外観も魅力。マシンヘッドやブリッジには信頼性の高いゴトー製を採用しているなど、基本性能の充実したおすすめモデルです。

フジゲン(FUJIGEN) セミアコ MSA-HP Masterfield

大手ギターメーカーのOEM生産を手がけていたことでも知られる「フジゲン」のセミアコ。一般的なセミアコより小ぶりなボディで設計されており、ソリッドギターしか弾いた経験がない方でも違和感なく馴染みやすいおすすめモデルです。

フレットを円弧状に打つ「サークル・フレッティング・システム」を採用しているのもおすすめポイント。各弦と各フレットを直角に交差させて接触面を小さくすることにより、クリアなサウンドと豊かなサスティーンを実現してます。

エドワーズ(Edwards) セミアコ E-SA-180LTC

日本のギターブランド「ESP」が手掛けている「エドワーズ」のセミアコです。ESPの下位ブランドとの位置づけながら、本格的な仕様が魅力。メイプルボディにマホガニーネック、エボニー指板の伝統的な材質を採用してます。

ニトロセルロースラッカーで仕上げているのも特徴。経年変化と独特の鳴りを楽しめる、ビンテージテイスト溢れるモデルを探している方におすすめです。

グレッチ(Gretsch) セミアコ G2622T ストリームライナー Center Block with Bigsby

ビグスビートレモロユニットを搭載したセミアコです。センターブロックに軽量なスプール材を採用。メイプルのセンターブロックと異なり、柔らかい成分を含んだサウンドを実現しています。

指板にあしらった大きなパーロイドインレイが印象的。ES-335と同サイズの大型ボディを採用しているなど、存在感のあるおすすめモデルです。大きなボディながら、ダブルカッタウェイでハイポジションの演奏性に優れているのもポイント。アジャストマティック・ブリッジをボディに直接ダイレクトマウントしています。

ヤマハ(YAMAHA) セミアコースティックギター SA-2200

メイプルトップの木目とサンバーストカラーが美しいセミアコです。センターブロックにはメイプルとスプルースを組み合わせているほか、バックやサイドにバーチやシカモアを採用。木の鳴りを活かしたトーンにより、メロウでジャージーなサウンドが楽しめます。

ネックはマホガニーにエボニー指板を組み合わせた仕様で、オリジナルデザインのインレイも印象的。ペグやピックアップカバー、ブリッジにゴールドパーツを採用した豪華な仕様も魅力のおすすめモデルです。

アイバニーズ(Ibanez) セミアコ AS93FM-TCD

日本のギターブランド「アイバニーズ」のセミアコ。ボディ全体に木目が浮き出ている、フレームメイプルの美しさが魅力のおすすめモデルです。マホガニーネックに、硬質で音の立ち上がりのよさが特徴のエボニー指板をセット。オリジナルピックアップ「Super58」を搭載しており、ウォームでレスポンスに優れたサウンドが特徴です。

上部にスリットを設けた「Quick Charge3テールピース」の搭載で、弦の交換がしやすく便利。ボリュームノブとトーンノブには、コントロール性と視認性に優れた「Super Grip3ノブ」を採用しています。

アイバニーズ(Ibanez) セミアコ Artcore AM93ME

はっきりした木目のエキゾチックウッドを採用したセミアコ。小ぶりで抱えやすい「AMシェイプ」を採用しており、取り回しやすい1本です。

メイプルネックに硬質で木目が美しいエボニー指板を組み合わせタイプ。1970年代後半からオリジナルピックアップとして採用されている「Super58」により、ウォームなサウンドを楽しめます。ノブには位置を確認しやすいナンバリングを施してあるほか、滑りを防止するゴム製グリップを装着しているなど、細かい工夫をこらしたおすすめモデルです。

アリアプロ2(AriaproII) セミアコースティック エレキギター TA-TR1 STBR

小ぶりなボディで抱えやすいセミアコ。ダブルカッタウェイでハイポジションでも弾きやすいなど、女性や初心者におすすめのモデルです。ボディとネックはマホガニーできめ細かい木目が特徴。マット塗装のカラーリングは落ち着いた雰囲気が魅力的です。

ピックアップはバランスのとれたトーンが特徴の「クラシックパワーCPH-1C」を2基搭載。ハムバッカーならではのあたたかみのあるサウンドを楽しめます。

バーニー(Burny) セミアコ SRSA65

島村楽器のオリジナルブランド「バーニー」のセミアコです。メイプルトップのボディとメイプルのセットネック、ローズウッド指板を組み合わせたベーシックな仕様。ハイパワーなハムバッカーピックアップを2基搭載しています。

薄型のスリムテーパーネックの採用により、ローポジションからハイポジションまで弾きやすいのが特徴。力を必要としないスムーズなフィンガリングを実現しており、初心者の最初の1本としてもおすすめのモデルです。