海、登山、キャンプなど、アウトドアに欠かせないアイテムが水筒です。寒い時期には温かい飲み物を、暑い時期には冷たい飲み物を気軽に持ち運べる水筒。数多くの種類があるからこそ、目的に沿ったものを選びたいところです。今回はアウトドアにピッタリな水筒の選び方とおすすめ製品をご紹介します。

ポイント1:保温性・保冷性をチェック

長時間屋外で遊ぶために必要な性能といえば、やはり保温性・保冷性です。飲み物の温度をどのくらい保てるかどうかを知っておけば、用意する飲み物も適宜に対応できますよね。できる限り長い時間保てるタイプを選んでおきたいところです。

ポイント2:ワンタッチ・オープンで飲めるかをチェック

アウトドアでは歩きながらや何かの作業をしながら飲みたくなる状況が多いです。こんな時に役立つのがワンタッチ・オープンです。ワンタッチで開けることができるので、片手でも飲みやすくてストレスなく快適な使い心地を実感できます。

ポイント3:容量をチェック

意外と悩ましいのが容量です。容量が多い方が安心できますが、多すぎると今度は重くなってしまいます。目的地まで車で行けるなら重くても問題ありませんが、歩いて向かうとなると話は別。自分の目的や用途に合う容量かどうかをしっかりとチェックすることが重要です。

おすすめ機種

サーモス(THERMOS) 真空断熱ケータイマグ 0.5L JNL-502 ALB

ワンタッチ・オープンタイプによるサーモスのケータイマグは、保温性・保冷性ともに抜群です。容量は0.5Lなので、使いやすくバランスもいいですね。丸洗いOKなので、日常の管理や手入れもしやすいのがうれしいです。

サーモス(THERMOS) 真空断熱ケータイタンブラー 0.48L JNM-480 CS

こちらはワイド・オープンにより飲みやすい飲み口が特徴です。フタにはスライドロックが付いています。保温・保冷に対応しているほか、飲み口を外して洗えるので衛生的です。スタイリッシュで飽きのこないデザインも素敵ですね。

象印(ZOJIRUSHI) 水筒 ステンレスマグ 360ml ブラック SM-SA36-BA

軽量でコンパクトな象印の水筒は、片手でも簡単に操作できるのが特徴です。ワンタッチ・オープンはもちろん、左右のスライドを動かすことでロックやロック解除も手軽にできます。飲まない時にロックをしておけば、間違ってフタが開いてしまう心配もなくなるので安心です。

タイガー(TIGER) 水筒 ステンレスタンブラー 480ml MCB-H048-HG

こちらはスーパークリーン加工により汚れにくくニオイもつきにくいのが特徴です。本体の丸洗いにも対応しているので手入れもしやすいのがうれしいですね。保温・保冷に対応していて、大きい氷も入れやすい広口タイプなので、アウトドアにもピッタリです。