炭酸が入れられる水筒があれば、水・お茶以外に、シュワシュワとした爽やかな飲み心地を楽しめる炭酸飲料やビールなども持ち運べるので便利です。各メーカーから、炭酸を入れても大丈夫なようにさまざまな工夫を施したモデルが発売されています。

今回は、炭酸が入れられる水筒のおすすめをご紹介。保冷力の高さや蓋の開けやすさ、安全性の高さにこだわったモデルもあるので、理想的なモノを見つけてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

通常の水筒に炭酸を入れるのがダメな理由

By: amazon.co.jp

ビールや炭酸飲料などの炭酸は、水の中に炭酸ガスが溶け込んでいる飲み物です。通常の水筒に炭酸を入れると、水中の炭酸ガスが気化し、空気中へ抜け出します。本体の中に気化した炭酸ガスが溜まってしまうので注意が必要です。

水筒内の圧力が上がることで、蓋が開かない恐れがあります。また、蓋を開けた途端に炭酸が吹き出し、着ている服を汚してしまう可能性もあるため、通常の水筒には炭酸を入れないようにしましょう。

炭酸が入れられる水筒の仕組み

By: amazon.co.jp

炭酸が入れられる水筒は、炭酸を入れても故障・爆発が起こらないように設計されているのが特徴です。高い圧力に耐えられるように蓋・容器を頑丈に設計したモデルや、炭酸ガスの気化を抑える構造などを採用したモデルが販売されています。

また、炭酸を入れてもスムーズに開けられる蓋を採用している水筒が多いのもポイント。圧力で固くなって蓋が開かなくなったり、蓋を開けた途端に炭酸が吹き出たりする心配を減らせます。

炭酸が入れられる水筒の選び方

保冷力の高さをチェック

By: amazon.co.jp

炭酸を冷たいまま長時間持ち運びたい方は、保冷力の高い水筒を選びましょう。保冷力に優れたモデルは炭酸の冷たさを保てるので、温度上昇による炭酸ガスの気化を抑えられるのもメリット。炭酸のシュワシュワ感を長持ちさせたい方にもおすすめです。

保冷力の高い水筒を探すなら、断熱構造かどうかもチェック。なかでも、ステンレスで作られた真空2重構造のモデルの多くは、断熱性が高く保冷力に優れています。保冷効力や最大保冷時間も参考に、十分な保冷力を有するモノを選んでみてください。

用途に合わせて容量を選ぶ

By: amazon.co.jp

水筒は外出先へ持ち運んで使うのが一般的。外出時間が長いほど水分補給をする機会が多いため、大容量のモデルを選ぶと便利です。一方、大容量のモノはサイズも大きいので、バッグに収まるかなど、持ち運びのしやすさも考慮して選ぶことが大切です。

ちょっとしたお出かけ用なら、350~500ml前後の水筒がおすすめ。比較的小さくて軽いので、ラクに携帯できます。水分補給が頻繁に必要なスポーツや、キャンプといったアウトドア用なら、炭酸がたっぷり入る750~1000ml前後のモノを検討してみてください。

安全機能の有無をチェック

By: amazon.co.jp

炭酸を入れた水筒をより安心して持ち運びたい方は、安全機能を備えたモデルがおすすめです。例えば、万が一水筒内の圧力が異常に高まった場合に、自動的に炭酸ガスを外へ逃がして圧力を下げられる「安全弁」を搭載したモノなどが展開されています。

また、蓋を少しだけ緩めたりボタンを押したりすることで、中に溜まった炭酸ガスを手動で外へ逃がせる水筒もラインナップ。定期的にガス抜きをすることにより、圧力の上昇を抑えられます。蓋の吹き飛びや中身の吹き出しをしっかり予防したい方におすすめです。

食洗機対応などお手入れしやすいモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

水筒に炭酸を入れる場合、お手入れしやすいモノがおすすめです。糖分を含む甘い炭酸飲料を入れるなら、隅々まできれいに洗える水筒を選びましょう。糖分を洗い残すと、雑菌が繁殖したりベタついたりする原因になります。

衛生的に保ちたいなら、蓋部分を細かく分解できるモノに注目。細かな部分までしっかり洗えます。また、口の広い水筒を選ぶとスポンジを入れやすいため、よりスムーズにお手入れすることが可能です。

なかには、蓋や本体を食洗機で洗えるモデルもラインナップされているので、お手入れの手間を軽減したい方はチェックしてみてください。

炭酸が入れられる水筒のおすすめメーカー

サーモス(THERMOS)

By: amazon.co.jp

サーモスは、1904年にドイツで誕生した世界有数の魔法瓶ブランド。現在は日本酸素ホールディングスの傘下にあり、長年培ってきた独自の断熱技術を応用した水筒・お弁当箱・ジョッキ・スープジャーなどが幅広く展開されています。

炭酸に対応した水筒にも真空断熱構造を採用しているので、保冷力の高さを求める方におすすめです。蓋の栓部分に搭載された「圧力解放穴」により、水筒内部の余分な圧力を自動的に逃がせます。さらに、サイズが比較的スリムなので、持ちやすい水筒が欲しい方もチェックしてみてください。

レボマックス(REVOMAX)

By: amazon.co.jp

レボマックスは、2015年に創立されたアメリカの魔法瓶メーカー。昔ながらのねじ込み式の蓋ではなく、3つのボタンを同時に押して開ける独自構造の蓋を採用した水筒を展開しています。2秒以内と瞬時に開けられるほか、子供でも簡単に開閉しやすいのが魅力です。

炭酸に対応しているので、外出先へビールや炭酸飲料を持ち運べます。ステンレス2重構造の真空部分に銅をコーティングすることで、断熱性をさらに高めているのもポイント。保冷力の高さを重視する方にもおすすめのメーカーです。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.co.jp

タイガー魔法瓶は、1923年に誕生した日本の老舗メーカーです。水筒・ポット・フードジャーなどの真空断熱製品に加え、炊飯器・ミキサー・ホットプレートといったさまざまな調理家電を展開しています。

タイガー魔法瓶の真空断熱技術を応用した水筒は、保冷性の高さが魅力。炭酸の冷たさを長く保ちたい方におすすめです。また、蓋を開ける前や内圧が上がりすぎる前に自動で炭酸ガスを外へ逃がす独自の「バブルロジック」を採用しているので、より安心して持ち運べます。

炭酸が入れられる水筒のおすすめ

サーモス(THERMOS) 保冷炭酸飲料ボトル FJK-500

サーモス(THERMOS) 保冷炭酸飲料ボトル FJK 500

手頃な価格でコスパのよい炭酸が入れられる水筒です。蓋の栓部分に「圧力開放穴」を備えており、炭酸ガスが気化して水筒内の圧力が上昇した場合に余分な圧力が外へ逃げる仕組み。より安心して炭酸を持ち運びたい方におすすめです。

また、真空断熱構造で保冷性が高く、炭酸の冷たさを長くキープできます。蓋を少し回すと中の圧力が抜けるので、蓋の開けやすさも良好。本体に口あたりのよい飲み口を搭載しているのもポイントです。

容量は500mlで、ちょっとしたお出かけに便利。750mlと1000mlの容量も展開しているため、用途に合わせて選べます。さらに、スリムデザインなので、バッグに省スペースで収まりやすい水筒が欲しい方もチェックしてみてください。

レボマックス(REVOMAX) 真空断熱ボトル 12oz 355ml DWF-12101B

レボマックス(REVOMAX) 真空断熱ボトル 12oz 355ml DWF 12101B

2秒以内に蓋を開けられる炭酸対応の水筒。蓋部分に搭載された3つのボタンを同時にプッシュするだけで蓋を開けられます。手間なくサッと水分補給したい場合におすすめです。加えて、蓋部分のリングを上げると蓋をロックできるので、より安心して持ち運べます。

また、真空2重構造のステンレスに銅コーティングを施すことで断熱性を高めており、保冷力が高いのも特徴。炭酸の冷たさを長く保てます。保冷力だけではなく保温力にも優れているため、ホットドリンクの持ち運びも可能です。

さらに、本体の口が直径4.4cmと比較的広いので、スポンジが入りやすく、洗いやすさも良好。蓋部分は分解して、丸洗いできます。リング・蓋・パッキンは食洗機に対応しているため、お手入れの手間を軽減したい方にもおすすめです。

レボマックス(REVOMAX) 真空断熱ボトル スリム DWF-12286SR

レボマックス(REVOMAX) 真空断熱ボトル スリム DWF 12286SR

車のドリンクホルダーにも収まりやすいスリムタイプの水筒。直径6.7×高さ23.1cmのコンパクトサイズで、バッグに入れてもかさばりにくく、手軽に携帯できます。容量は355ml。ちょっとしたお出かけでの使用におすすめです。

また、ステンレスに銅コーティングが施された真空2重構造を採用し、保冷力に優れているので、炭酸の冷たさを長くキープできます。保冷力だけではなく保温力も高いため、ホットドリンクの持ち運びにも便利です。

加えて、外面にパウダーコーティングが施されており、濡れた手でも滑りにくくしっかり持つことができます。蓋に備わった3つのボタンを同時にプッシュするだけで、素早く簡単に蓋を開けられるのもポイント。喉がかわいたときにサッと水分を補給できます。

さらに、グラデーションカラーに仕上げられたおしゃれな外観も魅力。かわいいデザインを好む方におすすめの水筒です。

タイガー魔法瓶(TIGER) 真空断熱炭酸ボトル MTA-T050

タイガー魔法瓶(TIGER) 真空断熱炭酸ボトル MTA T050

ペットボトルのような感覚で飲める炭酸対応の水筒。小さな飲み口を搭載しており、コップに注がなくても飲むことが可能です。また、飲み口部分に被せる蓋はスクリュー式。少し回すと炭酸ガスが抜けるので、軽い力で開けられるほか、炭酸の吹き出しを予防できます。

蓋部分の炭酸ガス抜き機構と、本体の安全弁機構を組み合わせた独自の「バブルロジック」を採用しているのも特徴です。水筒内の圧力が過度に上昇すると、安全弁から自動的に炭酸ガスが外へ逃げる仕組み。より安心して使いたい方におすすめです。

さらに、内面になめらかな「スーパークリーンプラス」加工がされており、刺激による炭酸ガスの気化を抑えられるのもメリット。真空断熱構造で保冷力が高いため、温度上昇による気化も軽減できます。炭酸のシュワシュワ感を長持ちさせたい方にもおすすめの水筒です。

タイガー魔法瓶(TIGER) 真空断熱炭酸ボトル T060

タイガー魔法瓶(TIGER) 真空断熱炭酸ボトル T060

季節を問わずに使える炭酸対応の水筒。ステンレス製真空2重構造を採用しており、保温力と保冷力を兼ね備えています。夏は冷たい炭酸飲料・ビールなどの炭酸、冬はホットコーヒーなどのあたたかい飲み物を入れられるので便利です。

内面になめらかな「スーパークリーンプラス」加工を施し、耐食性を高めているのも特徴。塩分を含むスポーツドリンクも入れられます。凹凸が少なく、刺激による炭酸ガスの気化を抑えられるため、シュワシュワ感が長持ちしやすいのもおすすめポイントです。

また、炭酸ガス抜き機構と安全弁を組み合わせた独自の「バブルロジック」により、蓋を開ける際の吹き出しと内圧の異常な上昇を予防可能。より安心して炭酸を持ち運べます。

さらに、使用後は、蓋・本体・パッキンを食洗機で洗うことが可能。ラクにお手入れしたい方にもおすすめの水筒です。

ピーコック ステンレスボトル ストレートドリンクタイプ AJH-60

ピーコック ステンレスボトル ストレートドリンクタイプ AJH 60

塩分を含むスポーツドリンクも入れられる炭酸対応の水筒。内瓶がSUS316と呼ばれるステンレスで作られており、塩分に強く、腐食しにくいのが特徴です。また、水筒内の圧力が上昇すると蓋のパッキン部分から余分な圧力が逃げるため、炭酸飲料・ビールなども入れられます。

加えて、真空2重構造を採用しており、保冷力が高いのもメリット。スポーツドリンク・炭酸の冷たいまま持ち運べる水筒を探している方におすすめです。

さらに、手に馴染みやすい大きめサイズの蓋を搭載し、よりスムーズに蓋を開けられます。飲み口が備わっており、コップを使わず直接飲めるので便利。スポーツの休憩時間などに、手間なく水分補給できるおすすめの水筒です。

ニトリ(NITORI) ステンレス炭酸用ボトル 530mL 8992525

ニトリ(NITORI) ステンレス炭酸用ボトル 530mL 8992525

炭酸のシュワシュワ感が長持ちしやすい水筒です。内面に凹凸の少ない「クリーンミラー加工」が施されており、刺激による炭酸ガスの気化を軽減可能。真空断熱構造に銅メッキを加工することで保冷力を高めているので、温度上昇による炭酸ガスの気化も抑えられます。

また、「圧抜きレバー」を搭載し、ワンプッシュで中に溜まった炭酸ガスを抜けるのも特徴。30分おきを目安にガス抜きを行うことにより、水筒内の圧力が上がりすぎるのを予防できます。蓋を開ける前にガス抜きをすれば、炭酸の吹き出しも抑えられるので便利です。

さらに、蓋部分を細かく分解できるため、隅々まできれいに洗いやすく衛生的。ベタつきをすっきり落としやすいため、糖分を含む炭酸飲料を入れたい方にもおすすめの水筒です。

フラスク(FLSK) ステンレス 炭酸ボトル 350ml

フラスク(FLSK) ステンレス 炭酸ボトル 350ml

先がすぼまったフォルムがおしゃれな炭酸対応の水筒。デザイン性を求める方におすすめです。容量は350mlで、ちょっとしたお出かけ用として使いやすいサイズ感。容量500ml・750ml・1000mlも展開しているので、用途に合わせてチェックしてみてください。

また、真空2層構造のステンレスに銅をコーティングすることで保冷力を高めており、炭酸の冷たさを長く保てるのも特徴。温度上昇による炭酸ガスの気化を抑えられるため、シュワシュワ感が長持ちしやすいのがメリットです。

加えて、保冷力だけではなく、保温力にも優れています。夏は炭酸飲料・ビール、冬はホットドリンクを入れて持ち運べるので、オールシーズンで使える炭酸対応の水筒を探している方にもおすすめです。

スタンレー(STANLEY) クラシック真空グロウラー 1.9L 01941

スタンレー(STANLEY) クラシック真空グロウラー 1 9L 01941

ビールをたっぷり持ち運べる炭酸対応の水筒。容量は1900mlです。キャンプやバーベキューなどのアウトドアシーンで、友人・家族と一緒にビールを飲みたい場合などにおすすめ。また、本体に頑丈なハンドルを搭載しているので、片手でも簡単に持ち運べます。

しっかりと密封できるロック付きの蓋を備えており、真空状態を維持できると謳っているのも特徴。ビールの鮮度を保ちやすいのがメリットです。加えて、氷のストッカーとしても使えるほど保冷力が高いため、ビールの冷たさを長くキープできます。

さらに、ヴィンテージ品を彷彿とさせるカラーを採用したおしゃれな外観も魅力。インテリア性を求める方にもおすすめの水筒です。

ハイドロフラスク(Hydro Flask) グラウラー 64oz

ハイドロフラスク(Hydro Flask) グラウラー 64oz

濡れた手でも持ちやすい炭酸対応の水筒。外面に独自の特殊な「パウダー加工」が施され、滑りにくいのが特徴です。容量1900mlなので、飲み物をたっぷり持ち運びたい場合におすすめ。注ぎ口の近くに流線型ハンドルを備えており、指をかけながらラクに注げるのが魅力です。

また、密閉性の高い構造と独自の蓋構造を採用し、炭酸飲料・ビールなどを入れることが可能。ステンレス製真空断熱構造ならではの高い保冷力により、炭酸の冷たさを長く保てるのがメリットです。保温力もあるため、寒い季節はホットドリンク用の水筒として使えます。

ドリンクタンクス(DrinkTanks) セッション グラウラー 64oz

ドリンクタンクス(DrinkTanks) セッション グラウラー 64oz

炭酸のシュワシュワ感を長持ちさせたい方におすすめの水筒。独自の特許取得済みシステム「デュアルベイルクロージャー」を搭載しており、炭酸が逃げるのを軽減します。

容量が64oz(1.9L)と大きめなので、長時間の外出やキャンプ・スポーツといったアウトドアでの使用に便利です。また、ステンレス製の真空断熱構造を採用し、保冷力が高いため、炭酸飲料・ビールの冷たさを長くキープできます。

保冷力だけではなく、保温力にも優れているので、寒い日はホットコーヒーなどを入れて持ち運ぶことが可能。季節を問わずに活用できる水筒が欲しい方にもおすすめです。

キントー(KINTO) トレイルタンブラー 1080ml 20221

キントー(KINTO) トレイルタンブラー 1080ml 20221

モノトーンのシンプルでおしゃれなデザインが魅力的な水筒です。直径8.8×高さ31.2cmのスリムタイプなので、バッグなどに省スペースで収まりやすいのがメリット。蓋の上部にハンドルを搭載しているため、手で持って携帯したい場合にもおすすめです。

外面にパウダーコーティングが施され、傷が付きにくいのも特徴。耐久性が高くて錆びにくい18-8ステンレスで作られているため、アウトドアでの使用にも向いています。また、容量が1080mlと大きいので、長時間外出するときに便利です。

さらに、蓋に炭酸が入れられる構造を採用しており、水・お茶以外に、炭酸飲料も入れられます。真空2重構造で保冷力が高いため、炭酸の冷たさを長く保てるのがおすすめポイント。保温力もあるので、冬はホットドリンク用の水筒として活用できます。

キントー(KINTO) トゥーゴーボトル 480ml 20071

キントー(KINTO) トゥーゴーボトル 480ml 20071

飲み物が宙に浮いているような見た目を楽しめる炭酸対応の水筒。割れにくくて透明度の高いプラスチックを素材に使用しているほか、2重構造を採用しています。2重構造により外気の熱が内部へ伝わりにくいため、入れた飲み物がぬるくなりにくいのもおすすめポイントです。

また、炭酸に対応しており、水・お茶以外に炭酸飲料なども入れられます。容量が480mlなので、ちょっとしたお出かけ用に便利。ストローのような長細い飲み口を備えているため、コップを使うことなく手軽に水分補給を行えます。

さらに、蓋部分のパーツを分解できるので、隅々までお手入れしやすいのも特徴です。本体の口が広くスポンジを入れやすいうえ、底面が丸いため汚れが溜まりにくいのもメリット。衛生的に保ちやすい炭酸対応の水筒が欲しい方にもおすすめです。

キントー(KINTO) ウォーターボトル 300ml 20381

キントー(KINTO) ウォーターボトル 300ml 20381

持ち運びがしやすい炭酸対応の水筒。トライタンと呼ばれる丈夫なプラスチック素材で作られており、約60gと軽いのが魅力です。直径6.5×高さ15.5cmとコンパクトで、バッグに収まりやすいのも特徴。ハンドル付きなので、手で持って携帯したい場合にもおすすめです。

容量は300mlと小さめ。ちょっとした外出で使いたい場合に便利です。口が広いため、炭酸を注ぎ入れやすいのがメリット。蓋を1回転するだけで開けられるので、喉がかわいたときにサッと水分を補給できます。

また、本体・蓋・シリコンパーツで構成されたシンプル設計で、洗うパーツの数が少ないのも嬉しいポイント。食洗機に対応しているため、ラクにお手入れしたい方にもおすすめの水筒です。

ソーダストリーム(sodastream) マイボトル 0.5L1本 SSB0046

ソーダストリーム(sodastream) マイボトル 0 5L1本 SSB0046

世界中で人気のある炭酸水メーカーブランド「ソーダストリーム」の水筒です。同ブランドの幅広い炭酸水メーカーに対応しており、自宅で作った炭酸水・炭酸飲料を持ち運びたい方におすすめ。横向きにしてもこぼれない設計なので、より安心して携帯できます。

また、UVカット機能付きで、紫外線による影響を軽減できるのも特徴。屋内はもちろん、屋外でも気軽に利用できます。適正容量は455mlで、日常使いしやすいサイズ感。ジム・ヨガなど運動をしに行くときや、通勤時・通学時の水分補給に役立ちます。

さらに、口が広く設計されており、洗いやすいと謳っているのもメリット。衛生的に保ちたい方にもおすすめの水筒です。

炭酸を抜けにくくするコツ

By: amazon.co.jp

炭酸水から炭酸ガスがすべて抜けるとシュワシュワ感がなくなり、普通の水になってしまいます。シュワシュワ感を長持ちさせるには、炭酸から炭酸ガスを抜けにくくすることが大切です。

炭酸ガスは温度が低いほど水に溶けやすい性質があり、炭酸の温度が上がると溶け込んだ炭酸ガスが気化しやすくなります。そのため、よく冷やした炭酸を保冷力の高い水筒に入れるのが、炭酸を長持ちさせるコツです。

また、刺激も炭酸ガスが気化しやすくなる原因のひとつ。氷は刺激になるので、入れないようにしましょう。さらに、水面が広いと気化するスピードが上がるため、水筒を横向きではなく、縦向きに立てて持ち運ぶのがおすすめです。