持ち運んで手軽に水分補給ができる「水筒」。子供の遠足や部活、大人もオフィスやアウトドアなどさまざまなシーンで使える便利なアイテムです。ただし、サーモス・象印マホービン・タイガー魔法瓶など人気メーカーから多数のラインナップがあるので、どれを選ぶべきか悩む方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はおすすめの水筒をランキング形式でご紹介。選び方やおすすめメーカーなども合わせて解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

水筒の選び方

開閉タイプを選ぶ

密閉性が高い「スクリュータイプ」

By: amazon.co.jp

スクリュータイプは、水筒のフタを回して開閉するタイプの水筒。中身が見やすく、密閉性が高いので移動中などにフタが空いてこぼれてしまう心配がありません。また、飲み口の仕切りがないので、どの角度からでも飲みやすいのも特徴です。

中の残量が確認しやすいのも魅力のひとつ。湯気や香りを感じられるので、あたたかい飲み物やコーヒー、紅茶を持ち運びたいシーンにおすすめです。ただ、開閉する際に両手を使う必要があるので、利用シーンによっては使いにくいこともあるので、留意しておきましょう。

外出先でも片手で飲める「ワンタッチタイプ」

By: amazon.co.jp

ワンタッチタイプは、片手でフタを簡単に開閉できる利便性に優れたタイプの水筒。フタを開けて直飲みできるので、両手がふさがったら困るというシーンにおすすめです。

また、飲み口が直飲みしやすいように設計されているので、勢い余ってこぼれてしまうことを予防できます。片手で簡単に開けられますが、ロック機能が搭載されているので中身がこぼれにくいのもポイントです。

ワンタッチタイプのデメリットは、パーツがやや複雑でお手入れしにくいこと。特に飲み口部分は茶渋が付きやすく、丁寧に洗う必要があります。なお、ロック部分が複雑で開けにくいモノもあるので、事前に確認しておきましょう。

アウトドアで人気の「コップ付きタイプ」

By: amazon.co.jp

コップ付きタイプは、フタがコップ形状になっており、飲み物をフタに入れて飲めるタイプの水筒。コップと中線が付属しているため、ほかのタイプに比べても密閉性が高く保温能力に優れているのが特徴です。

また、中身と直接口が触れないため、直接口をつけて飲むことに抵抗がある方にもおすすめ。猫舌であたたかい飲み物を少し冷ましてから飲みたい方にもピッタリです。さらに、コーヒーや紅茶などにあとからガムシロップや砂糖などを足しやすいのもポイント。

ただ、飲む際には両手がふさがるので、安定した場所でゆっくり飲みたいシーンに適しています。

小さな子供でも飲みやすい「ストロータイプ」

By: amazon.co.jp

ストロータイプは飲み口にストローが採用されているタイプの水筒。ほかのタイプのように傾けて飲むのではなく、ストローから吸うことで飲み物が出てくるので、スポーツ中や運転中でも水分補給しやすいのが特徴です。

また、少しずつ飲めるため、小さな子供にもおすすめ。中身がこぼれにくい仕様なので、遠足などでも安心して持ち運べます。一方、ストロータイプは構造が複雑なので、手入れしにくい点がデメリット。衛生面が気になる方は、ストローが交換できるかもチェックしてみてください。

容量をチェック

By: amazon.co.jp

水筒を選ぶ際は利用シーンに適した容量を備えているかを要チェック。スポーツや家族で出かけるなら大容量なモデル、オフィスなどで使うなら持ち運びしやすいコンパクトなモデルなど利用シーンによって適したサイズが異なります。

部活などスポーツシーンで使う場合は、1L以上入る大容量モデルがおすすめ。最低でも500ml以上入るモデルを選びましょう。

また、オフィスなど携帯性を重視したい場合は、250〜500ml程度のコンパクトなモデルがぴったり。同じ容量でも製品によって縦横比や重量が異なるので、自分のバッグとの兼ね合いも考慮して適したサイズ・重さのモノを選んでみてください。

真空断熱や二重構造など保温性能をチェック

By: amazon.co.jp

中に入れる飲み物によっては、保温・保冷性能も重要なポイント。保温・保冷性能の高い水筒には、高性能な真空断熱や二重構造のモデルが存在します。

真空断熱や二重構造のモデルは、外側と内側の間が真空状態になっており、外側・内側ともに熱が伝わりにくく中身の温度をキープしやすいのが特徴。また、結露もしないので、バッグに入れて持ち運んだり、デスクに置いたりしても周りが濡れにくいのも魅力です。

ただ、真空断熱や二重構造はステンレス製の水筒に採用されることが多く、ある程度重くなってしまう点に注意が必要。携帯性よりも中の飲み物を長時間適切な温度で保ちたい方はチェックしてみてください。

洗いやすさにも注目

By: zojirushi.co.jp

水筒を頻繁に使用する方は洗いやすさも重要なポイント。洗いやすさを重視するのであれば、構造がシンプルなタイプがおすすめです。特にパッキンは洗った後、しっかりと乾燥させないとサビの原因になってしまうこともあります。

なお、パッキンやストローは劣化しやすいため、長く使いたい方は別途パーツを交換できるかもチェックしてみてください。より手軽にお手入れしたい方は食洗機に対応したモデルもおすすめ。ただ、食洗機に対応していないモノを入れると劣化やサビの原因になることもあるので、対応しているかは事前に確認しておきましょう。

抗菌加工が施されたモデルも

By: zojirushi.co.jp

長く衛生的に使いたい方は、抗菌加工が施されているモデルがおすすめ。銀やチタン由来の抗菌力などで菌の繁殖などを抑制する効果も期待できるのが特徴です。

飲みかけの水筒には、ジンジバリス菌などの悪質な菌が発生しやすくなります。特に小さい子供が使う場合は、安心して水分補給できるように抗菌効果が期待できるモデルを選びましょう。

水筒のおすすめメーカー

サーモス(THERMOS)

By: amazon.co.jp

サーモスは、1978年に世界初のステンレス製真空断熱魔法瓶を開発・販売した日本の人気メーカー。サイズや種類などさまざまなラインナップがあり、利用シーンに合わせて選びやすいのが特徴です。

なかでも、保冷専用の「真空断熱スポーツボトル」や、オフィスなどにも携帯しやすいコンパクトな「ケータイマグ」などが人気。品質面でも信頼が厚いので、利便性や機能性などを妥協したくない方はチェックしてみてください。

タイガー魔法瓶(TIGER)

By: amazon.co.jp

タイガー魔法瓶は、ガラス製魔法瓶に力を入れていることで知られる人気メーカー。ガラス製だけでなく、ステンレス製の魔法瓶も開発・販売しており、幅広いラインナップがあるのが特徴です。

真空断熱技術を使ったモデルは、保温・保冷性能ともに優れており、機能性も良好。内部には汚れやニオイが付きにくい「スーパークリーン加工」が施されているので、衛生面が気になる方にもおすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

By: amazon.co.jp

象印マホービンは、1918年に大阪で設立された人気メーカー。当初はガラス製魔法瓶の製造・販売を行っていましたが、1981年にステンレス製の魔法瓶も開発しており、現在ではさまざまな種類の水筒を取り揃えています。

利便性に優れたワンタッチタイプ・コップ付きタイプがあるだけでなく、対応している容量も豊富。ラインナップが多いので、利用シーンにピッタリの水筒を探している方におすすめのメーカーです。

水筒のおすすめ|保温

第1位 サーモス(THERMOS) 真空断熱ケータイマグ JNR-751

ワンタッチでオープンできる真空断熱加工が施された水筒です。容量は750mlとやや多め。オフィス用など普段使いはもちろん、スポーツドリンクなどを入れて、スポーツシーンでも使いやすいのが特徴です。

フタの部分のプレートにシールを貼ることで、オリジナルにアレンジできるのも魅力。シールは別売りでさまざまなデザインがあるので、好みで選べます。また、ワンタッチタイプのフタにはロックリングが付いているため、持ち運ぶ際も安心。

飲み口は分解できるので、お手入れしやすい水筒を探している方におすすめです。

第2位 タイガー魔法瓶(TIGER) マグボトル MMZ-A502

広口でマグカップのような口当たりが特徴の水筒です。タイガー独自のスピニング加工が施されており、携帯しやすい軽量設計を実現。容量は350ml・500ml・600mlの3種類からシーンに合わせて選べます。

ステンレス真空二重構造を採用しており、優れた保温・保冷力を備えているのも魅力。あたたかい飲み物はあたたかいまま、冷たい飲み物は冷たいまま適した温度を長時間キープできます。シンプル構造でパッキンも取り外せるので、お手入れしやすいのもおすすめポイントです。

第3位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) ステンレスマグ SM-SE60

片手で手軽に水分補給できるワンタッチタイプの水筒です。真空二重構造のため、飲み物を適した温度で長時間キープできるのが特徴。真空層がわずか約1mmと薄いので、コンパクトかつ軽量を実現しています。

内面には撥水性に優れたフッ素コートが施されており、 水しぶきや茶渋、ニオイが残りにくいのも魅力。細かく分解できるため、ワンタッチタイプながらお手入れがしやすい仕様です。

カラーバリエーションは4色ラインナップされており、好みで選べるのもポイント。利便性と携帯性に優れた水筒を探している方はチェックしてみてください。

第4位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) ステンレスボトル SJ-JS10

容量1.03Lとやや大きめの水筒です。「ステンレス真空二重まほうびん」により、優れた保温・保冷力を実現。95℃以上の熱湯が6時間後でも82℃以上、4℃の冷水が6時間後でも7℃以下に保てると謳っています。

内面にはサビに強いフッ素コートを多めに施すことで、スポーツドリンクなど塩分を含んだ飲み物にも対応。コップには菌の抑制が期待できる銀イオンを配合しています。保温・保冷力に優れた大容量の水筒を探している方におすすめです。

第5位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 真空断熱 マグボトル SB-S500

コスパに優れたアイテムを多数販売している「アイリスオーヤマ」が手掛けるスクリュータイプの水筒です。容量は約500mlで、重量はわずか約241gと軽量設計。コンパクトなので、オフィス用など携帯性を重視したいシーンにおすすめです。

真空断熱のため、保温・保冷力に優れているのも魅力。飲み口が2サイズに分かれており、冷たい飲み物はたっぷり飲める大きめの口から、あたたかい飲み物は少しずつ飲める小さめな口からと、それぞれ使い分けられます。

カラーバリエーションが豊富なのもうれしいポイント。コスパとデザインを重視したい方におすすめの水筒です。

水筒のおすすめ|おしゃれ

第1位 スタンレー(STANLEY) 真空ボトル 01563-019

持ち運びを重視したコンパクトでおしゃれなデザインが魅力の水筒です。真空断熱ボトルで、スタンレーの特徴のひとつである優れた耐久性を備えているのもポイント。中栓の口径を約5cmと小さくすることで、優れた保温・保冷力も実現しています。

また、中栓には注ぎ口がわかりやすいように目印が施されており、飲み物を注ぎやすいのも魅力です。一方、口径が小さい分ややお手入れがしにくいのが難点。しっかりお手入れする際は、ボトル用の細めのブラシなどを使いましょう。機能性と耐久性に優れたおしゃれな水筒を探している方におすすめです。

第2位 ドウシシャ(DOSHISHA) スクリュー式マグボトル mosh! DMMB350

レトロでミルク瓶のようなフォルムがおしゃれな水筒です。真空二重構造で、あたたかい飲み物はあたたかいまま、冷たい飲み物は冷たいまま長時間キープできるのが特徴。フタのネジ山が内側に配置されているので、飲み口が滑らかで飲みやすいのもポイントです。

500mlのペットボトルとほぼ同じ直径のため、バッグにスッキリ収納しやすいのも魅力のひとつ。重量も約200gと軽量です。さらに、豊富なカラーバリエーションがあり、好みの色を選べるのもメリット。デザインだけでなく機能性も妥協したくない方はチェックしてみてください。

第3位 KollyKolla ステンレス水筒

保温・保冷力に優れた二重構造のステンレス水筒。お茶や牛乳、ジュースなどさまざまな飲み物を入れられるので、普段使いはもちろん、ジムやキャンプなどにもおすすめです。

容量は350ml・500ml・650ml・750mlの4サイズのなかから、利用シーンに合わせて選択可能。カラーバリエーションも豊富で、ツートンカラーのモノも選べます。ボトル表面には可愛らしいデザインがプリントされており、おしゃれなアクセントに。可愛らしいデザインが好みの方におすすめの水筒です。

第4位 キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) ダブルステンレスボトル UE-3367

オリジナルの鹿のロゴがプリントされたおしゃれな水筒です。真空二重構造を採用しており、保温・保冷力に優れているのが特徴。スクリュー栓タイプのため、直接飲みやすいのも魅力です。

また、栓には持ち運びに便利なハンドルが付いており、バッグに入れなくてもそのまま持ち運びやすい仕様。容量は約600mlでキャンプなどのアウトドアシーンでも使いやすいサイズです。

豊富なカラーバリエーションをラインナップしており、好みで選べるのもうれしいポイント。おしゃれかつ利便性に優れた水筒を探している方におすすめです。

第5位 スパイス(SPICE) ステンレスボトル CORKCICLE CANTEEN 2025G

優れたデザイン性と機能性を兼ね備えたおしゃれな水筒です。水筒の本体部分とキャップだけのシンプル構造のため、お手入れがしやすく清潔に保てるのが魅力。車のドリンクホルダーなどにもすっきり収まるスリムボディなので、携帯性も良好です。

真空断熱タイプのため、保温・保冷力に優れているのもポイント。カラーバリエーションも豊富なので、自分の持っているアイテムの色に合わせて選べます。

水筒のおすすめ|スポーツ・アウトドア

第1位 サーモス(THERMOS) 真空断熱スポーツジャグ FFV-2000

約2Lの飲み物を入れられる大容量の水筒です。真空断熱が採用されており、入れた飲み物を冷たいままキープできるのが特徴。大量の水分をたっぷりと飲めるので、部活やジムなどスポーツシーンに適しています。塩分を含んだスポーツ飲料に対応しているのもメリットです。

ワンタッチタイプのため、簡単にフタを開閉できるのも魅力のひとつ。持ちやすいハンドルが付いているので、バッグに入らなくてもそのまま手軽に持ち運べます。広口なので大きめの氷もそのまま投入可能。使いやすいスポーツ用の水筒を探している方におすすめです。

第2位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) ステンレスクールボトル SD-FX15

飲みやすい飲み口を備えているスポーツシーンに適した水筒です。飲み口を斜めにカットすることで、唇にしっかりフィット。また、空気の抜け穴「エアーベント構造」を採用しているため、飲み物がスムーズに出やすくゴクゴク飲めるのも特徴です。

内部はサビに強いフッ素コートが施されているので、塩分を含んだスポーツ飲料にも対応。優れた保冷力も備えているため、一日中美味しい温度をキープできます。飲み口は分解できるのでお手入れも簡単。容量は1・1.5Lの2タイプがあるので、自分の飲む量に合わせて選んでみてください。

第3位 サーモス(THERMOS) アウトドアシリーズ ステンレスボトル ROB-001

ステンレス製魔法びん構造により優れた保温・保冷力を備えた水筒です。アウトドア仕様のスタイリッシュなデザインが特徴。コップが付いているので、直飲みに抵抗がある方にもおすすめです。

側面にハンドルが付いており、手軽に持ち運べるのも魅力のひとつ。容量は約1.2Lと大きめのため、家族数人で飲み物をシェアしたいシーンにも適しています。

カラーはシンプルなミッドナイトブルーとステンレスの2種類をラインナップ。おしゃれかつアウトドアシーンに適した水筒を探している方はチェックしてみてください。

第4位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) ステンレスボトルコップタイプ SV-GR50

抗菌効果が高いと謳われる銀イオンを配合したコップ付きの水筒です。コップタイプのため、直飲みに抵抗がある方でも安心。「ステンレス真空二重まほうびん構造」を採用しているので、飲み物を美味しい温度でキープできるのも特徴です。

直径約4cmの広口を採用しており、氷や飲み物が入れやすいのも魅力のひとつ。内面にはフッ素コーティングが施されているため、茶渋やニオイなどが付きにくくお手入れも簡単です。

容量は約350ml・500mlの2種類があり、比較的コンパクト。アウトドアシーンはもちろん、普段使いとしてもおすすめの水筒です。

第5位 スタンレー(STANLEY) クラシック真空ボトル 08266-015

創業から100年以上続いている信頼のあるブランド「スタンレー」の水筒。ロゴが新しくなっており、力強さと勇気の象徴であるクマがプリントされています。また、食洗機にも対応しているので、お手入れが面倒な方にもおすすめです。

同社の特徴のひとつである優れた耐久性も備えており、アウトドアシーンにピッタリ。二層構造を採用しているため、保温・保冷力にも優れています。さらに、コップタイプなので、飲み物をシェアできるのもポイント。

見た目もおしゃれで、機能性や利便性だけでなく、見た目も妥協したくない方はチェックしてみてください。

水筒のおすすめ|子供用

第1位 象印マホービン(ZOJIRUSHI) ステンレスボトル SD-CB50

ストロータイプで子供にも飲みやすい水筒です。ストローにAg+抗菌加工が施されているのが特徴。内面にもサビに強いフッ素がコーティングされているため、安心して水分補給できます。

また、「ステンレスまほうびん」により、優れた保冷力を実現。美味しい温度を長時間キープできるので、一日中外出する際にもピッタリです。また、水筒を入れるポーチは洗濯機に対応し、本体は分解して丸洗い可能。なお、パッキンやストローは別途購入して交換可能です。

第2位 サーモス(THERMOS) 真空断熱ストローボトル FHL-402F

保冷専用の真空断熱ボトルを採用したストロータイプの水筒です。ストロータイプなので、子供でも飲みやすいのが特徴。フタはワンタッチでオープンできるため、手軽に水分補給できます。

塩分を含んだスポーツ飲料に対応しているので、子供の運動会や遠足にもおすすめ。キャップユニットは丸洗いできるため、衛生的で長く使えます。肩に掛けて持ち運べるショルダーパッド付きポーチを付属。ポーチと本体には名前を書けるフリースペースがあります。

容量は400ml、重量は約200gと軽量設計。持ち運びやすくて飲みやすい子供用の水筒を探している方はチェックしてみてください。

第3位 タイガー魔法瓶(TIGER) サハラ ステンレスボトル MBO-H100

コップと直飲みの2種類から利用シーンに合わせて選べる2WAYの水筒です。約1Lと大容量で、遠足や運動会などたくさん水分補給したいシーンにピッタリ。保温・保冷対応なので、あたたかい飲み物も入れられます。

汚れやニオイが付きにくい「スーパークリーン加工」が施されているのも魅力のひとつ。本体を入れるポーチも洗濯機で洗えるので、簡単にお手入れができます。さらに、着脱できるベルトが付いており、肩に掛けて持ち運べるのも特徴です。

ワンタッチで開けられますが、安全ロックが付いているためバッグなどで不意に開いてしまうリスクを軽減します。カラーバリエーションの豊富さもうれしいポイントです。

第4位 スケーター(Skater) スポーツボトル SDC4

約470mlと程よい容量のステンレス水筒です。「ポケットモンスター」のピカチュウがデザインされているのが特徴。可愛らしいデザインが魅力です。

ワンプッシュで簡単に開いてすぐに水分補給が可能。不意に開いてしまうのを予防できる安全ロックが付いているのもうれしいポイントです。また、ショルダーベルトを使えば肩から掛けて手軽に持ち運べます。

広口なので氷や飲み物が入れやすいのもメリット。デザインだけでなく、機能性も重視したい方はチェックしてみてください。

第5位 タイガー魔法瓶(TIGER) コロボックル ステンレスボトル MBR-B06

日常と空想がミックスされたユーモラスな世界の「コロボックル」がデザインされた水筒。ライオンやブタ、ウサギなどさまざまな動物の種類があるので、子供の好みに合わせて選べます。

ワンタッチで開けて直飲みするか、コップを使ってゆっくり飲むかを選べる2WAYスタイルなのも魅力のひとつ。また、内部にはタイガー独自の「スーパークリーン加工」が施されているため、汚れやニオイが付きにくくお手入れも簡単です。

軽量かつコンパクトな設計なので、子供でも手軽に持ち運び可能。可愛らしいキャラクターが好みの方や、衛生的な水筒を探している方におすすめです。

水筒のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

水筒のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。