ゴルフを楽しむ方に必要なアイテムが「キャディバッグ」。クラブをまとめて収納できるのが特徴です。重さや口枠の種類などにこだわることで、扱いやすいモデルを見つけられます。

しかし、種類・サイズ・素材などが製品によって異なるので、自分に合ったキャディバッグ選びに悩む方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、キャディバッグのおすすめアイテムを、選び方のポイントとともにご紹介します。

キャディバッグとは?

By: amazon.co.jp

キャディバッグは、クラブを収納して持ち運ぶために使用するバッグ。ゴルフ場でプレイするときには欠かせないアイテムなので、自分に合った製品を選ぶのが大切です。

バッグの中にクラブをまとめて保管しておくことで、クラブが傷付くのを防げるのがメリット。さらに、ポケットが充実していると、ボールやシューズなどゴルフで必要なアイテムをまとめて収納できます。

キャディバッグの選び方

タイプで選ぶ

丈夫で収納力に優れている「カート型」

By: amazon.co.jp

カート型とは、本体がクラブを入れた状態で自立するキャディバッグのこと。カートに乗せて使用するときに適したタイプです。

カード型のキャディバッグは大型の製品が多いので、収納しやすいのが魅力。クラブを14本入れられるほか、ボールや手袋などゴルフに必要なアイテムをすっきりと収められます。キャディバッグ1つでゴルフを楽しみたい方にもぴったりです。

口径が大きく、クラブを楽に出し入れできます。さらに、耐久性に優れており、クラブを保護しやすいのもポイントです。

ただし、大型の製品が多く、保管場所が限られる点に注意しましょう。また、スタンド型に比べて重量があるため、持ち運ぶとき不便に感じてしまう場合があります。

軽量で持ち運びやすい「スタンド型」

By: amazon.co.jp

スタンド型は、2本のスタンドを使用して本体を斜めに傾けるのが特徴のキャディバッグ。本体の底部と合わせて3点で支えることで安定感があり、傾斜地にも置きやすいのが魅力です。

本体重量は2〜3kg程度と、カート型よりも軽量な製品が多いのもメリット。背負えるようにショルダーストラップが付いたモデルもあるので、持ち運びやすさを重視したい方や、キャディバッグを担いでコースを周りたい方におすすめです。

コンパクトな製品が揃っているため、必要なクラブやアイテムが多い方はサイズを確認しましょう。口径が大きめのモデルは、クラブの出し入れが簡単です。

仕切りの分割数をチェック

By: amazon.co.jp

キャディバッグのなかには、仕切りが設けられているアイテムが多数あります。仕切りがあると、クラブが混ざることなくすっきりと収納できるのがメリット。製品によって仕切りの数や形が異なるため、あらかじめ確認することが大切です。

また、キャディバッグの仕切り部分のことを、口枠と呼びます。細かくクラブを分けたい方は口枠が14分割のアイテムを選びましょう。コースで使用可能なクラブの本数が最大14本で、1本1本を区別して収納できるのがメリットです。

5分割など分割数の少ない製品は、クラブを楽に戻せるのが魅力。一方、収納本数が多いと中でクラブ同士が引っかかる可能性があります。加えて、枠が本体の底まで付いている場合と、途中でなくなる場合があるので、あわせてチェックしましょう。

サイズをチェック

口径サイズはフルセットなら9型前後が目安

By: amazon.co.jp

口径とは、口枠の縦の長さを表したサイズで9型や9.5型など0.5刻みで揃っています。収納するクラブの量や使い勝手を踏まえて選ぶのがポイントです。一般的なサイズは8〜9.5型なので、目安として考えると自分に合ったサイズを判断できます。

フルセットでクラブを揃えたい方は、9型前後をチェックしましょう。大きすぎないため、手軽に扱えるのが魅力です。さらに、プロ仕様の製品だと10型以上の大型のモデルもあるので、本格的にゴルフを楽しみたい方に適しています。

初心者の方には「ハーフキャディバッグ」もおすすめ

By: amazon.co.jp

ハーフキャディバッグとは8型よりも小さいキャディバッグのことで、初心者におすすめのタイプ。コンパクトサイズなので、軽量性に優れているのがメリットです。

クラブを14本すべて収納するのは難しいため、少ない本数でコースを回る方や、練習用のバッグとして使いたい方に適しています。あらかじめ入れられる本数をチェックすることが大切です。

高さはドライバーの長さを目安に

By: amazon.co.jp

キャディバッグのサイズは、口径だけでなく長さにも注目。クラブの長さに対応した製品を選ぶことが重要です。長さが足りないとフードケースを閉められない可能性があるので注意しましょう。

キャディバッグの長さは、「45インチ対応」や「47インチ対応」などと表記されるのが一般的。自分の持っているクラブの長さを踏まえて、対応しているかどうか事前に確認するのが大切です。

持ち運びやすさ重視なら軽量なモノを

By: rakuten.co.jp

キャディバッグの持ち運びやすさにこだわりたい方は、重さを確認することが大切。できる限り軽い製品だと、肩に担いで楽に移動できるのがメリットです。

キャディバッグ本体の重さは素材やサイズによっても異なりますが、3〜5kgの製品が一般的。カート型よりもスタンド型の方が、軽量性に優れている製品が多く、手軽に扱えます。

重さを確認するときには、収納するクラブの本数やゴルフ用のアイテムも含めて考慮しましょう。仮にクラブを14本入れた場合、5〜6kg重さが追加されるほか、さらにボールや貴重品なども加わると全体重量が7〜10kg程度まで増えます。

収納ポケットの数や位置にも注目

By: amazon.co.jp

クラブ以外のアイテムを収納できるのもキャディバッグのメリット。ゴルフで必要な道具をすっきりとまとめられます。収納力の高い製品が欲しい方は、ポケットやホルダーの数を確認する必要があります。

本体のさまざまな場所にポケットが付いており、前方にはグローブ・ボール・マーカーなどを入れるのがおすすめ。後方には、レインウェアやウィンドブレーカーなど、いざとなったら必要なアイテムを収納しましょう。

さらに、ポケットの構造もあわせてチェックすると、より使いやすいモデルを選べます。防水性に優れたキャディバッグが欲しい方は、止水ファスナー付きのポケットがぴったり。ポケットの中に雨や水が侵入するのを防げます。

ポケットだけでなく、ホルダーにも注目。ドリンクホルダーが付いている製品は、水筒やペットボトルを収められるので、好きなときにサッと水分補給が可能です。

素材をチェック

By: amazon.co.jp

キャディバッグはさまざまな素材で作られています。素材の違いで使い勝手や見た目が大きく異なるため、事前にチェックすることが大切。特に多く使用されるのが、合成皮革・ポリエステル・ナイロンの3種類です。

合成皮革は、光沢があり高級感を醸し出しているのが特徴です。さらに、水や汚れを弾くので、きれいな状態を保ちやすいのがメリット。しかし、ナイロンやポリエステルと比べて重い点については注意が必要です。

一方で、手軽に扱える製品が欲しい方はポリエステルがおすすめ。速乾性に優れているため、雨に濡れてもすぐに乾くのが魅力です。

軽いキャディバッグを選びたい方は、ナイロンが適しています。クラブなどを収納しても楽に持ち運べるのが便利。また、伸縮性と弾力性があるので、しわになりにくいのもポイントです。

デザイン性で選ぶ

By: amazon.co.jp

キャディバッグは、色やデザインのバリエーションが豊富にあります。世代を問わず使いやすい落ち着いたモデルから、華やかでポップな見た目のモデルまで幅広く揃っているので、好みに合わせて選びましょう。ブランドによっても特徴が大きく異なるため、さまざまなブランドをチェックするのもおすすめです。

合成皮革とポリエステルといった異素材を組み合わせた製品は、質感の違いを楽しめるのがメリット。柄や色だけでなく、素材による見た目の違いもチェックするのがおすすめです。

キャディバッグのおすすめブランド

パーリーゲイツ(PEARLY GATES)

By: amazon.co.jp

パーリーゲイツは、「もっと気軽にもっと楽しくゴルフをしよう」をコンセプトにさまざまなゴルフ用のアイテムを扱っているブランド。キャラクターにウサギを採用しているのが特徴です。

キャディバッグは、カラフルかつポップな見た目が魅力。デザインのバリエーションが豊富なので、より自分好みのモデルをチェックできます。個性的な製品が欲しい方にもおすすめです。

キャロウェイ(Callaway)

By: amazon.co.jp

キャロウェイは、創立40周年を迎えたアメリカ発のゴルフブランドです。「明らかに優れていて、その違いを楽しむことができる」をテーマに、キャディバッグだけでなくクラブやボールなども扱っています。

キャディバッグは、カート型とスタンド型どちらも豊富な製品をラインナップ。スタイリッシュな見た目が魅力で、サイズや機能などを考慮した好みに合うモデルを見つけられます。

また、レディースの製品も揃っているのがメリット。おしゃれなキャディバッグを選びたい方にも適しています。

タイトリスト(Titleist)

By: amazon.co.jp

タイトリストは、アメリカに本社を置くゴルフブランド。ゴルフボールの制作から始まり、現在ではクラブやアパレルなど幅広い製品を揃えています。

キャディバッグは、ロゴが大きく入ったスポーティーなデザインやシンプルな製品をラインナップ。また、スリムサイズのモデルも扱っているため、練習用のキャディバッグを選びたい方にもぴったりです。

キャディバッグのおすすめランキング|メンズ向け

第1位 キャロウェイ(Callaway) ツアー 23 JM 5123220


扱いやすさと高級感のある見た目が魅力

本格的にゴルフを楽しみたい方にぴったりなツアーレプリカモデルのキャディバッグ。口径は9.5型で47インチのクラブに対応しています。素材にはポリエステルと合成皮革を使用しており、高級感のある見た目が魅力です。

成形ハンドルと口枠ハンドルが付いているがメリット。キャディバッグを車から出し入れするときなど、移動するときにも簡単に扱えます。

ポケットが充実しているので、収納しやすい製品が欲しい方にもおすすめ。大きめのポケットにはシューズを入れられるほか、ボトルポケットがあるのも便利です。

第2位 テーラーメイド(TailorMade) キャリーライト 4WAY スタンドバッグ TB462


シンプルなデザインで初心者におすすめ

初心者に適したエントリーモデルのキャディバッグ。ベーシックカラーのみを揃えたシンプルなデザインなので、気軽に使用できます。2.2kgと軽く、扱いやすいのが特徴です。

口枠は4分割で、クラブを手軽に出し入れ可能。フルレングスセパレーター付きのため、クラブが絡まりにくいのも魅力です。

取り外し可能なフルオープンフロントポケットも搭載。大きく開くことで出し入れしやすいのがポイントです。さらに、止水ファスナー付きのアクセサリーポケットは、雨や水が進入するのを防げます。

ショルダーベルトは4点式で、肩に担いで移動するときも安定感があります。また、口枠にトップハンドルが付いているため、簡単に持ち運べるのがポイントです。

第3位 タイトリスト(Titleist) パフォーマンススポーツ スタンドバッグ TB22SXPSK


世代を問わず使いやすいデザイン

シンプルかつスポーティーなデザインが魅力のキャディバッグ。カラーバリエーションは、ホワイト×ブラックとチャコール×ブラックの2色です。どちらも落ち着いた色味なので、世代を問わず使いやすいのがメリットです。

口径は9型で、長さは47インチに対応しています。また、フードを含めても3.4kgと軽く、扱いやい製品が欲しい方にもおすすめです。

前面や側面など、さまざまな場所に大きさの異なるポケットを配置。前面の大きなポケットには、ゴルフボールなどを入れられます。さらに、大きなポケットの中にはメッシュ素材のポケットがあるため、小物を整理して収納できます。

第4位 タイトリスト(Titleist) Players 4 カーボン スタンドバッグ TB22SX5


口径が8型と、小さめのサイズが特徴のスタンド型キャディバッグ。練習用の製品が欲しい方や、使用するクラブの数が少ない方におすすめです。重量は1.5kgでタイリストの製品のなかでも特に軽く、手軽に扱えます。

カラーバリエーションは、ブラック×ブラック×レッド・ネイビー・レッド×グラファイト×グレーの3色。シンプルなデザインなので、世代を問わず使いやすいのもメリットです。

スリムサイズながら、ゴルフボールをたっぷりと入れられるポケットが付いているなど、収納力が高いのもポイント。ペットボトルが入るドリンク用ポケットもあるため、手軽に水分補給が可能です。

第5位 ダンロップ(DUNLOP) キャディバッグ GGC-X138


高級感のある見た目が特徴のツアープロ仕様モデル。カラーバリエーションはホワイト・ブラック・レッドの3色です。

口枠にはセパレーターを内蔵しています。内部を仕切ることで、簡単にクラブを出し入れ可能。さらに、クラブ同士がぶつかってシャフトに傷が付くのを防げるのも便利です。

本体の下部にボトムハンドルを搭載。車のトランクに積むときや持ち運ぶときに使用できます。扱いやすさにこだわって選びたい方にもおすすめです。

同シリーズには、スポーツバッグ・シューズケース・ヘッドカバーも展開されています。デザインを揃えられるのが魅力です。

第6位 キャロウェイ(Callaway) シェブ スタンド 22 JM 5122484


素材がポリエステルで、2.5kgと軽いのが特徴のキャディバッグです。さらに、口径は9型とクラブをたくさん入れられるほか、47インチのクラブに対応しています。収納力と軽量性に優れている製品が欲しい方におすすめです。

ダブルストラップを採用しており、背負いやすいのがメリット。肩に担いで持ち運ぶときも気軽に移動できます。

第7位 ダンロップ(DUNLOP) キャディバッグ GGC-X142


大人っぽいシックなデザインがおしゃれなキャディバッグです。カラーバリエーションは、ホワイト・ブラック・ブラックチェック・チドリ・ウインドペンの5色。かっこいいデザインが好きな方に適しています。

色によって素材が異なるのもポイント。ホワイトとブラックは合成皮革を、ブラックチェック・チドリ・ウインドペンにはポリエステルを使用しています。質感や使い勝手が異なるので、デザインとあわせてチェックしましょう。

口径は9.5型で、多くの人が使いやすいサイズなのがメリット。また、ホワイトとブラックは2.4kg、ブラックチェック・チドリ・ウインドペンは2.2kgと軽量性に優れているため、持ち運びやすい製品が欲しい方にもおすすめです。

第8位 ブリヂストン(BRIDGESTONE) キャディバッグ 軽量ベーシックモデル CBG222


スポーティーな見た目が特徴のカート型キャディバッグ。カラーバリエーションが豊富で、ブラック×レッド・レッド・トリコロール・ホワイト×ブラック・イエローの5色展開。合成皮革とポリエステルを配色切り替えにしたデザインが魅力です。

口径は9型ですが、重量が2.9kgと軽く気軽に扱える製品が欲しい方にも適しています。さらに、口枠は5分割なので、クラブを出し入れしやすいのが便利です。

ボリューム感のあるシルエットもポイント。クラブやゴルフに使用するアイテムを収納しても、しっかりと安定します。

第9位 ミズノ(MIZUNO) HALF BAG 5LJC2207


クラブを10本程度収納できるハーフキャディバッグです。ゴルフ初心者や練習用のバッグが欲しい方におすすめ。また、自立するため壁などに立てかける手間を省けるのもメリットです。

肩にかけるストラップにより、クッションを左右に分散させて体への負担を軽減します。さらに、カーブ形状で肩にフィットしやすいのが魅力です。リバーシブルのため、左右のどちらの肩でも使用できます。

通常のキャディバッグよりもスリムなので、価格が安いのもポイント。初心者の方やコストを抑えてゴルフ用品を揃えたい方にもおすすめです。

第10位 アディダス(adidas) 軽量 マストハブ キャディバッグ HA3202


アディダスのロゴが大きくプリントされたキャディバッグ。スポーティーなデザインが魅力です。素材はポリエステルをベースに、エナメルと幾何学模様の合成皮革を部分的に使用しています。

口径は9型で2.9kgと軽いため、扱いやすさにこだわりたい方にもおすすめです。取り外しが可能なショルダーストラップが付いており、肩に担いで移動できます。

サイドにはジップタイプのポケットを配置。さらに、前面のポケットはシューズを入れられるほど大きいので、たくさんアイテムを収納できるのがメリットです。

第11位 ルコックスポルティフ(le coq sportif) セルフスタンドクラブケース内蔵型2in1キャディバッグ QQBTJJ01W


スリムサイズのスタンド型クラブケースを内蔵している製品。内蔵した状態で使えるだけでなく、取り外せるのがメリットです。シーンに合わせて柔軟に使い分けられます。

素材にはポリエステルを使用しています。クラブケースを外した状態の重量が3kgと、軽くて扱いやすいのが魅力です。

口枠は本体が4分割で、クラブケースは2分割。内蔵するとより細かく分けてゴルフクラブを収納できます。47インチに対応しているので、長めのゴルフクラブを使用する方にもおすすめです。

第12位 ピン(PING) キャディバッグ サスティナブル CB-P225


カラーバリエーションが豊富なキャディバッグ。ブラックブラウン・ブルーシルバー・マルーンゴールドなど全6色展開です。落ち着いた色から華やかな色まで揃っています。

また、国際認証を受けたポリエステルを採用しているのもポイント。環境によい素材を使用した製品が欲しい方にもおすすめです。

口径は9.5型ですが、2.3kgと軽量性に優れているのもメリット。軽さにこだわってキャディバッグを選びたい方にもぴったりです。さらに、ストラップ付きのため、簡単に持ち運べます。

第13位 ヤマハ(YAMAHA) 2Wayキャディバッグ Y21CB2S


シンプルなデザインと光沢のある質感が特徴のキャディバッグです。ポリエステルにTPUコーティングを施しているのがポイント。また、口径は9型で48インチのクラブに対応しているので、長めのクラブを使用する方にもおすすめです。

ショルダーベルトが2本付いているのも魅力。左右どちらかの肩にかけるだけでなく、リュックのように背負えます。3.0kgと軽いので、持ち運びやすさにこだわりたい方にもぴったりです。

ペットボトルやシューズが入れられるなど、収納力が高いのもメリット。ゴルフに必要なアイテムをすっきりとまとめられます。

キャディバッグのおすすめランキング|レディース向け

第1位 パーリーゲイツ(PEARLY GATES) カラフルカラー 合皮スタンド式キャディバッグ 0533180102FR031


白をベースに、カラフルなモチーフがちりばめられているスタンド型のキャディバッグ。ポップでインパクトのある見た目なので、かわいいモデルが欲しい方におすすめです。

デザインだけでなく、機能性にも優れています。ショルダーパットは肩への負担を減らせるような作りで、背負いやすいのがメリット。電車移動など、持ち運ぶ時間が長い方にも適しています。

口枠は6分割で、出し入れしやすいのがポイント。さらに、46インチのクラブに対応しているため、長めのクラブも安心して収められます。

傘ホルダーや大きさの異なるポケットも搭載。ゴルフで使用するさまざまなアイテムを1つのバッグにまとめられます。収納力の高い製品が欲しい方にもぴったりです。

第2位 パーリーゲイツ(PEARLY GATES) スタンド式 キャディバッグ ギザギザボーダー柄 0532180600FR120


ギザギザとしたボーダー柄が印象的なスタンド型キャディバッグ。ほかにはない独特なデザインが魅力。ウェアやヘッドカバーを同じシリーズで揃えるのもおすすめです。

本体のさまざまな場所にポケットを搭載。ボールや小物を収納するだけでなく、ジップタイプもあるため、貴重品を入れられます。また、側面部全面がポケットなので、大きなアイテムも収めやすいのがメリットです。

スタンドを収納するときは、上からカバーすることで傷や破損を防げます。さらに、ファスナー式なので、スタンドの出し入れがしやすいのも魅力です。

第3位 ニューバランス(new balance) ボストンテリア キャディバッグ WOMENS METRO 0123980502-030


ボストンテリアとロゴの総柄が魅力の、おしゃれなキャディバッグです。かわいいデザインの製品が欲しい方におすすめ。色味はバイカラーなので、大人っぽい雰囲気も醸し出しています。

生地には、リップストップを採用しています。格子状に織り込まれており、強度が高く扱いやすいのが特徴です。

口枠は6分割で、クラブを分けて入れられるのが便利。さらに、大小さまざまな大きさのポケットが付いているため、ゴルフ用のアイテムを細かく整理して収納できます。

第4位 パイクピーク(PYKES PEAK) キャディバッグ カート式 PP-2.0 SERIES


14分割のキャディバッグが欲しい方におすすめの製品。1本1本区別してクラブを収納できるのがメリットです。ゴルフ初心者から上級者まで幅広く愛用できます。

重量は2.4gと軽く、扱いやすいのが特徴です。着脱式のショルダーストラップが付いているため、持ち運びしやすい製品が欲しい方にもぴったり。また、上下にあるハンドルを持つと、車の積み下ろしも簡単です。

クラブを保護するさまざまな機能を搭載。本体の底にあるウレタンクッションによって、クラブを出し入れするときの衝撃を和らげます。さらに、撥水性の高い生地を使用しているので、雨や水に濡れるのを防げるのが魅力です。

ポケットやホルダーが充実しているのもポイント。撥水加工されたジッパーポケットなどが9か所あることで、小物を整理して収納可能です。手袋・傘・タオルなどを入れられるホルダーも搭載しており、必要なタイミングですぐに取り出せます。

第5位 キャロウェイ(Callaway) ピーユー スポーツ ウィメンズ 22 JM 5122480


キルティングのデザインがおしゃれなカート型のキャディバッグ。くまのネームタグがあるので、かわいい見た目の製品が欲しい方にもおすすめです。合成皮革が高級感を演出しています。

カラーバリエーションが多いのもメリット。ネイビー・ブラック・ホワイト×グリーン・ホワイト×ネイビー×レッド・ホワイト×パープルを展開しています。

口径は8.5型と、スリムサイズもポイント。さらに、重量が3.1kgなので担いで移動しやすいのが魅力です。

第6位 オノフ(ONOFF) Caddie Bag OB0722


アースカラーを使用しており、やわらかな風合いを楽しめるキャディバッグ。カラーバリエーションは、ダスティピンク・グリーンカーキ・ネイビー・ブルー・マスタードの5色。ロゴの付いたリボンもアクセントで、かわいい雰囲気を醸し出しています。

素材にはナイロンを使用しており、強度に優れているのがポイント。また、撥水加工が施されているため、クラブやゴルフ用のアイテムが濡れるのを防げます。

口径は8.5型で、5分割でクラブを収納可能です。中には3分割されたセパレーターを内蔵しており、クラブ同士が絡まるのを防止できるだけでなく、衝撃や傷から守れるのが魅力です。

裏地がパイル生地のポケットには、スマホなどの貴重品を入れられます。さらに、シューズが入るポケットにはデオドラントネームが付いているので、ニオイを軽減できるのがメリットです。

第7位 トミーヒルフィガー(TOMMY HILFIGER) カートキャディバッグ ミックスマテリアルXSYG1FC500


スタイリッシュなデザインが特徴のカート型キャディバッグです。生地にはポリエステルと合成皮革を使用しており、高級感を醸し出しています。見た目の上質さにこだわりたい方にもおすすめです。

カラーバリエーションはホワイト・ブラウン・ピンクの3色。ホワイトはトミーヒルフィガーの象徴ともいえる、ホワイト・レッド・ブルーの3色を使用しています。

デザインだけでなく、機能性が高いのもメリット。ポケットを前面に6個、背面には4個搭載。小物を細かく分けて収納できるため、必要なときにサッと取り出せます。

キャディバッグの売れ筋ランキングをチェック

キャディバッグのランキングをチェックしたい方はこちら。