ゴルフクラブのなかでもバンカーショットに欠かせないアイアンとして重要な役割を担う「サンドウェッジ」。脱出困難なバンカーに捕まって大叩きしてしまった経験がある方も多いかと思います。

そこで今回は、サンドウェッジのおすすめモデルをご紹介。選び方についても解説します。バンカーショットに自信を持ちたい方は、ぜひチェックしてみてください。

サンドウェッジとは?

By: amazon.co.jp

サンドウェッジとは、主にバンカーでの使用を想定したアイアンの一種です。フルスイング時の飛距離は80~100ヤード以内。ソール形状は振り抜いたときにヘッドが砂に潜り込みにくいよう工夫されており、深いラフから脱出したいときにも活躍します。

サンドウェッジは50ヤード以内の短いアプローチショットでもボールにスピンを効かせられるのが魅力。また、通常よりもフェースを開いて構えることで、ボールをふわっと上げてピタッと止めるロブショットも打てます。

最近のアイアンは5番アイアンからPWまでのセットになっていることも多いので、自分に合ったサンドウェッジを単品で組み合わせるのがおすすめです。

サンドウェッジの選び方

ロフト角をチェック

By: amazon.co.jp

サンドウェッジはバンカーからボールを高く上げるために、ロフト角が大きくつくられています。「ロフト角」とはクラブを構えたときに、どのくらいフェース面が見えるかということ。サンドウェッジのロフト角は「56°」が一般的とされています。

また、ロフト角と同時にバウンス角もチェック。「バウンス角」とはソールから地面方向へ出っ張っている部分の角度です。バウンス角が大きいとクラブヘッドが砂に潜りにくく、砂ごとボールを飛ばしやすくなるので、「12°」以上がおすすめです。

ネックの形状をチェック

By: amazon.co.jp

サンドウェッジの形状には種類があり、フェースがシャフトに対して後方に引っ込んでいるクラブを「グースネック」、シャフトに対して直線状になっているクラブを「ストレートネック」と呼びます。

グースネックの場合、シャフトに対してフェースが後方に引っ込んでいる分、ボールにコンタクトするタイミングが遅れるので捕まりのよいボールが打てます。そのため、スライスに悩む初心者におすすめのネック形状です。

逆に、ボールより手前の砂をあえてダフる必要のあるバンカーショットでは、ストレートネックのほうが適しています。また、フェースを開けるので、構えやすいのもメリットです。

シャフトの重量をチェック

By: amazon.co.jp

バンカーショットを安定して打ちたい方は、重量を重めにするのがおすすめ。スイングが安定し、コントロールの向上が期待できます。

サンドウェッジはいかに安定したバンカーショットを打つかが大切で、距離を稼ぐクラブではないので、鋭くスイングをする必要はありません。重いクラブが振りにくい方は、最低でもアイアンと同じ重さにしましょう。

サンドウェッジのおすすめメーカー

キャロウェイ(Callaway)

By: amazon.co.jp

キャロウェイは、イリー・リーブス・キャロウェイによって1982年に設立されたアメリカのゴルフブランド。日本では特にファンが多いゴルフブランドで、人気ゴルファーの石川遼選手が契約していることでも有名です。

日本人向けに設計されているモデルも多く、男女ともに幅広い世代に選ばれています。キャロウェイのウェッジには、ウェッジ界の巨匠ロジャー・クリーブランドが手がけた「Mack Daddy」シリーズが有名です。

フォーティーン(FOURTEEN)

By: amazon.co.jp

フォーティーンは、1981年に竹林隆光により設立されたゴルフブランドです。ブランド名の「フォーティーン」は、「すべてのゴルファーにベストな14本を」という意味が込められています。

その名の通りフォーティーンのクラブは、美しく機能性にも優れ、打ちやすいと好評。日本におけるウェッジのメーカーとしても有名で、多くのプロゴルファーに使われています。

テーラーメイド(TaylorMade)

By: amazon.co.jp

テーラーメイドは、アメリカのゴルフメーカー。1979年にゲーリー・アダムスによって創設されました。初心者から上級者、レディース、シニア向けまでカバーしており、幅広いゴルファーから人気があります。

テーラーメイドのウェッジは、定番のMシリーズのほか、グローレシリーズのなど種類が豊富です。ダスティン・ジョンソンやジェイソン・デイ、ローリー・マキロイなど有名な海外トッププロも愛用しています。

サンドウェッジのおすすめモデル

キャロウェイ(Callaway) JAWS MD5

ボールに強烈な回転がかけられるウェッジ。溝を鈍角に彫った「37Vグルーブ」や溝と溝の間をCNCミルドで凸状にする「NEWマイクロフィーチャー」を採用することによって、従来モデルよりもさらに強いスピンを生み出せるのが特徴です。

ヘッドはピッチングウェッジやアプローチウェッジなどと差異が生まれないように配慮。特にフェースのトゥ側下部のラインは、アイアンセットのフォルムからスムーズに変化したデザインを採用しています。フルショットはもちろん、短い距離でのアプローチでも安心して打てるおすすめの1本です。

キャロウェイ(Callaway) PM GRIND 19 ウェッジ

キャロウェイのデザイナーとして知られるロジャー・クリーブランド氏と、プロゴルファーのフィル・ミケルソン氏のコラボによって生まれたウェッジ。回転数が多く、ねじれのないバックスピンを生み出せるのが特徴です。

ポイントはボールとの接点となるマイクロフィーチャー。本製品ではフェースを開いたときのために溝に対して20°の角度をつけて配置することによって、さらなるスピンを生むだけでなく、着弾してからも左右に跳ねにくいサイドスピンを抑えたショットが打てます。果敢にカップを狙っていくトッププロゴルファーの考えを具現化したおすすめの1本です。

フォーティーン(FOURTEEN) FH Forged V1 TS114W

クラシカルな見た目が特徴のウェッジです。フォーティーン独自の設計により、フェースには溝構造を採用。溝を丁寧に彫刻してあるため、よりスピンをかけたショットを打てます。

また、通常の2倍の時間をかけて平面精度を向上させた「鏡面ミーリングフェース」を採用しているのも特徴です。雨の日のウェットな状況でも精度の高いショットを打てます。ロフト角はいくつかの種類から選択可能。クラブの長さはそれぞれ35インチです。

フォーティーン(FOURTEEN) DJ-4 DS-91w

初心者にもスピンショットが打ちやすい高性能ウェッジです。「W逆テーパーブレード」やバックフェースの「くぼみ構造」で重量配分を調節しヘッド挙動を安定させるうえに、独自のユニバーサルソール設計によってショットミスを最小限にカバーできます。

フォーティーンの独自技術である「超高精度ミラー鍛造スコアラインフェース」を採用しているのもポイント。ルールぎりぎりの溝断面積とフェースの平面精度により、インパクト時にボールとの間に強い摩擦を発生させます。

グースネック形状によってボールをひろいやすく包み込むように打っていけるのも特徴。ソールも幅広なので、ボールの手前からクラブを入れてもミスせずしっかりと対応できます。

フォーティーン(FOURTEEN) D-036 ウェッジ N.S PRO 950GH HT

ソールの広さが特徴のウェッジ。ロフト角は56°で、クラブの重さは449gです。「スーパーワイドソール」と呼ばれ、多少のダフリがあっても地面を受け止めます。

また、地面を滑るように設計されており、バンカーショットでのミスを大幅に軽減できるため初心者におすすめ。深いラフや高いロブショットを打ちたいときにも活躍します。

テーラーメイド(TaylorMade) ミルドグラインド ハイ・トゥ

さまざまな振り方に対応する全面スコアライン設計のウェッジです。トゥ側を高くすることで重心をセンターに移動し、かつキャビティポケットに重心位置を上げて、スピン性能を高めています。

難しいライやバンカーからのショットでもしっかりとボールを捕らえられるのもポイント。ロブショットやバンカーショットなどフェースを開く場面においても安定したスピンをかけられます。ウェッジを自由自在に操作したい方におすすめの1本です。

テーラーメイド(TaylorMade) Z-Spin ウェッジ

スタイリッシュなデザインで人気のサンドウェッジです。フェース面に独自のZ溝を組み込むことで、初心者でもスピンの効いたショットを打ちやすいよう配慮されています。

ヘッドの素材には錆びにくいステンレスを採用。ネックの形状はほぼストレートに近いので、フェースを開いて構えるロブショットなども違和感なく行えます。

価格が比較的安いのも嬉しいポイント。同シリーズにはロフト角が52°、60°のモデルもあるので、角度の違うサンドウェッジを揃えて使い分けるのもおすすめです。

タイトリスト(Titleist) サンドウェッジ VOKEY SM7 TR 95S 5614F

多彩なショットを可能にするウェッジです。ロフト角に独自の「グルーブ設計」や溝と溝の間に精密加工された「パラレルミーリング」を搭載。また、最適重心設計によって狙い通りの飛距離と優れたスピンコントロールを生み出せるのが特徴です。

幅広いソールに加えて、バウンス角も14°とハイバウンス設計。フェースを開かなくても自然にバウンス効果を発揮できるため、オートマチックに打てます。

悪いライでも抜けがよいワイドソールを採用しているのもポイント。さらに、ストレートネックのため、ボールの下にリーディングエッジが入ります。バンカーだけでなく、あらゆるライからボールをひろいやすいおすすめのウェッジです。

クリーブランド(Cleveland Golf) サンドウェッジ RTX4 ツアーサテン仕上げ 58-6(LOW) 

高いスピン性能を兼ね備えたウェッジ。溝をより深くし、フェース面の摩擦力を高めることで安定したスピン性能を発揮するのが特徴です。

丸みのあるラウンド形状のリーディングエッジで操作性が向上するのもポイント。抜けをよくしつつも、クラブが手前に入ったときにバウンス効果を発揮するのも魅力です。ソールグラインドは4種をラインナップ。プレイスタイルに合わせて選べるおすすめのアイテムです。

ピン(PING) GLIDE3.0 EYE 2

初心者にも使いやすいようにさまざまな工夫が施されているウェッジ。番手別に設計されたヘッドと、削り出しの溝によってしっかりとスピンを生み出します。

リーディングエッジ近くに溝を1本追加することで、グリーン周りでピンに寄せたい場面で、スピンが効いたショットが可能。疎水性の高いパールクローム仕上げにより、濡れた状態からでもしっかりとソールが滑ります。ソールの種類を4タイプ揃えているのもポイントです。

ミズノ(MIZUNO) T20 ウェッジ

精密な彫刻溝と縦方向の細かい溝により、高スピンが期待できるウェッジです。「ハイドロフローマイクログルーブ」と呼ばれる縦方向の細かい溝により、排水性能に優れています。また、ボールがフェースに乗るような感覚で打てるため、操作性が高く、ミスしてもスピンしやすいことも魅力です。

「逆テーパーブレード設計」により、バックフェース側をトップエッジにかけて肉厚化したことで、上下の打点がズレてもしっかりボールが上がり、高いスピン性能を発揮します。悪天候でも変わらないスピンが叶う製品を探している方におすすめの1本です。

ミズノ(MIZUNO) トリプルアクションウェッジ

柔らかい打感が特徴のウェッジです。ヘッド素材に軟鉄を使用しているため、プロモデルのような繊細な感覚を求めている方に人気。ソールはハーフキャビティのため、重心が高くスピンをかけやすい設計になっています。

また、スイートスポットの裏側にソリットを入れているため、打点がバラついても安定したスピンをかけられるのも魅力です。

ヤマハ(YAMAHA) サンドウェッジ 18RMX

さまざまなライからスピンが効き、グリーン周りを攻められるウェッジです。ライに合わせてフェースの開き方を変えても、均一にバンスを使える「アクティブソール」を採用。イメージ通りにボールをピンに寄せられます。

「逆テーパー形状」を採用しているのもポイント。フェース表面の機械加工ミーリングとの相乗効果で安定したスピン性能が持続するのも魅力です。

ヤマハ(YAMAHA) inpres UD+2 IRON

高弾道で飛距離を出しやすいウェッジです。「チップウェイトテクノロジー」を採用しており、インパクト時のエネルギーロスを抑えます。また、ソール部分を拡大して実現した広域反発フェースも特徴。ショット時の初速を上げつつミスショットを防ぎます。

さらに、超低重心・超深重心設計によりボールが上がりやすいのも魅力。飛距離を出したい方におすすめの1本です。

キャスコ(Kasco) ドルフィンウェッジ ストレートネックタイプ DW-118

日本の人気ゴルフメーカー「キャスコ」のサンドウェッジです。ヒール側が広がった特殊な「クアッドソール」が特徴。フェースを開かなくてもヘッドが砂に潜り込みにくいので、フェアウェイからのアプローチショットに近い感覚でバンカーショットを行えます。

ヘッドは柔らかい打感を楽しめる軟鉄鍛造。ロフト角は48〜64°で用意されているため、手持ちのPWの飛距離に合わせて最適なモノを選べます。

シャフトの素材はスチールとカーボンの2種類。バンカーショットが苦手な方や、グリーン周りでダフるミスが多い初心者におすすめです。

オノフ(ONOFF) フォージドウェッジ N.S.PRO MODUS3 WEDGE 105

フェース面に独自の六角形状のレーザーミーリングを施してスピン性能を向上させたサンドウェッジです。ネック形状は操作性のよいストレートネック。重心を高めに設定することで上下のミスヒットに強く、安定した飛距離を出しやすくなっています。

56°と58°のウェッジには、ソールセンターを凹ませた独自のツインカットソールを採用。バンカーショットではヘッドが砂に潜り込みにくくなり、グリーン周りのアプローチではザックリによるミスを減らせます。

ウェッジ専用のスチールシャフトによって、ヘッドスピードをコントロールしやすいのも魅力。あらゆる状況に対応できる中・上級者向けのサンドウェッジを探している方は、ぜひチェックしてみてください。