スイートスポットが広く、扱いやすい「キャビティバックアイアン」。ひとくちにキャビティバックアイアンといっても、初心者向けモデルから、中・上級者でも満足できるモデルまで種類が豊富なので、何を選べばよいのか迷ってしまいます。

そこで今回は、おすすめのキャビティバックアイアンをご紹介。選び方のポイントも解説するのでぜひチェックしてみてください。

キャビティバックアイアンの選び方

種類で選ぶ

ハーフキャビティ

By: amazon.co.jp

バックフェースの凹みが浅いハーフキャビティアイアン。低重心化やスイートスポットが広いというキャビティバックアイアンの長所を活かしつつも、マッスルバックアイアンに近い操作性も兼ね備えているのが特徴です。

軟鉄鍛造アイアンなど、打感を追求したモデルが多いのもポイント。これから本格的に練習して上級者を目指す方や、ほどよくやさしいアイアンを求めている中級者以上の方におすすめです。

フルキャビティ

By: amazon.co.jp

バックフェースの凹みが深めのフルキャビティアイアン。ハーフキャビティアイアンよりも大型ヘッドを採用してスイートスポットを広げているモデルが多く、ミスヒットに強いのが特徴です。

ただし、直進性を重視した初心者向けモデルだけでなく、ある程度の操作性を残した中級者向けモデルでもフルキャビティを採用していることがあるので、ソールの広さやロフト角なども合わせてチェックしましょう。

ポケットキャビティ

By: amazon.co.jp

バックフェースを下側まで大きく削り、ポケットのような窪みをつけたポケットキャビティアイアン。重心が低く深いため、初心者でも高い弾道の打球を簡単に打てるのが特徴です。

フルキャビティアイアンよりもさらに大型のヘッドを採用しているモデルが多く、少々ミスヒットしても曲がりにくいのが嬉しいポイント。やさしく飛ばせるアイアンが欲しい初心者の方や、飛距離の出るアイアンが欲しい方におすすめです。

ソールの広さをチェック

By: amazon.co.jp

自分に合ったアイアンを選ぶためには、ソールの広さも大事なポイントです。ソールが広いアイアンは、ダフリにくいのが特徴。また、ソールを広くすると自然とヘッドが低重心になりボールが上がりやすくなるため、初心者に向いています。

一方、ソールが狭いと操作性が向上。フェースを開いてスライスさせたり、フェースを閉じ気味にしてフックさせたりと、状況に応じて弾道をコントロールしたいときに便利です。中・上級者向けのアイアンはソール幅が狭い傾向があります。

ロフト角をチェック

By: amazon.co.jp

ロフト角とは、シャフトを地面に対して垂直にしたときのフェース面における傾きのことです。一般的に、ロフト角が大きいほど弾道が高く、飛距離が短くなります。一方、ロフト角が小さいほど弾道が低くなり、飛距離が伸びる傾向があるので覚えておきましょう。

アイアンのロフト角は番手ごとに異なるため、各モデルを比較する場合には7番アイアンを基準とするのが一般的です。なお、平均的な7番アイアンのロフト角は30~34°前後で、30°を切っているとロフト角が小さめだと判断できます。

最近ではロフト角を小さくしながらも低重心化で高弾道のボールを打ちやすくした「ストロングロフト」仕様のアイアンが人気。アイアンの飛距離で悩んでいる方は、ロフト角にも注目して選んでみてください。

キャビティバックアイアンのおすすめ

テーラーメイド(TaylorMade) SIM MAX OS アイアン DW-ST480

幅の広いソールとポケットキャビティを組み合わせて直進性を高めたアイアンです。バックフェースにはヘッドのトップとソールをつなぐ「スピードブリッジ」を配置。ミスショットしたときの飛距離ロスを軽減すると同時に、心地よい打感を実現しています。

ソールにあしらわれた貫通型スピードポケットも特徴。フェースの下部でボールをヒットしたときでもボールの初速が落ちにくいため、トップ気味のミスショットが多い初心者ゴルファーにも適しています。

ロフト角は7番アイアンで26°と小さめながらも、低重心化によってボールが上がりやすいのが嬉しいポイント。アイアンが苦手な方や、やさしく飛ばせるアイアンが欲しい方におすすめのアイテムです。

テーラーメイド(TaylorMade) M6 アイアン

従来のアイアンよりもロフト角が小さいストロングロフト仕様のアイアンです。バックフェースは凹みが浅めのハーフキャビティ。さらに、心地よい打感や打音を実現するスピードブリッジを搭載しています。

ソール幅は広めに取られており、少々ダフってもヘッドが滑ってミスになりにくいのがポイント。また、グースネックのアイアンなのでボールの捕まりがよく、初心者には難しい5番アイアンでも番手通りの距離を出しやすいよう設計されています。

価格が比較的安いのも魅力。初心者でもやさしく飛ばせるアイアンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ミズノ(MIZUNO) GX フォージド アイアン N.S.PRO 950GH HT

やわらかい打感を楽しめる軟鉄鍛造アイアンです。バックフェースは凹みが深めのフルキャビティタイプ。トゥの下部にはタングステンの重りが入っており、広いスイートスポットを実現しています。

シャフトは軽いカーボンとしっかりと振れるスチールシャフトの2種類。やさしさだけでなく打感にもこだわりたい方におすすめのキャビティバックアイアンです。

キャロウェイ(Callaway) ROGUE STAR アイアン Speeder EVOLUTION for CW 6

ストロングロフト化を進め、飛距離性能を追求したポケットキャビティアイアンです。ロフト角は小さめながらも、タングステンのウエイトなどを使って低重心化されており、高いボールを打ちやすいよう配慮されています。

ソール幅が広く、しっかりとしたグースネックのアイアンなので、ロングアイアンでもボールを捕まえやすいのが魅力。少々ダフってもヘッドが滑るので、初心者には難しい左足下がりの斜面からのショットも安心して行えます。

シャフトには重量70g台の軽量スチールシャフトを採用しているため、ヘッドスピードが遅めの方にぴったり。ゴルフを始めたばかりの初心者はもちろん、現在のアイアンの飛距離では物足りない方におすすめです。

キャロウェイ(Callaway) APEX フォージドアイアン

“飛ぶフォージドアイアン”をコンセプトに開発されたアイアンです。ヘッド内部にはウレタン・マイクロスフィアと呼ばれる独自の衝撃吸収材が入っており、余計な振動をカットしつつ、高い反発力を実現しています。

ヘッド下部トゥ側にタングステンのウエイトが配置されているため、ロングアイアンでも高弾道を打ちやすいのが嬉しいポイント。飛距離と打感のよさを兼ね備えたアイアンを探している方におすすめの逸品です。

ピン(PING) G410 アイアン

アメリカを代表する老舗ゴルフメーカー「PING」のキャビティバックアイアンです。ヘッドの素材には錆びにくいステンレスを採用。独自の技術でフェースのたわみを高めており、飛距離性能と高弾道を両立しています。

ボールを捕まえにくいロングアイアンには面長のヘッド、コントロール性が求められるショートアイアンには小ぶりなヘッドを採用しているのもポイント。ソール幅も広めなのでミスに強く、幅広いシーンで安心して振り抜けます。

バックフェースのスタイリッシュなデザインも魅力。デザイン性と機能性を兼ね備えた打ちやすいアイアンを探している方におすすめです。

ピン(PING) G710 アイアン

ブラックで統一された個性的なデザインが印象的なキャビティバックアイアンです。バックフェースの凹みは浅めながらも、ヘッドの内部が中空構造になっているため、少々ミスヒットしても飛距離のロスが少ないよう設計されています。

グリップにスイングデータを記録するためのセンサーを備えているのも特徴。GPSと専用のアプリを利用することで、風の向きや強さを確認したり、ラウンド中のショットを自動で記録したりと、プレーに役立つさまざまな情報を収集できます。

ロフト角は7番アイアンで28°と、やや小さめ。自分のプレーを分析しながら100切りやシングルを目指したい方におすすめです。

クリーブランド(Cleveland) アイアン 588 CB フォージド

上級者好みのクラシカルなデザインが特徴のフルキャビティバックアイアンです。ソール幅はやや狭めで、ヘッドも小ぶり。軟鉄鍛造アイアンなので、独特のマイルドな打感を楽しめます。

構えるとロフト角が大きめなのでクラブが短めに感じ、操作しやすい印象。ボールが捕まりすぎないため、技術のある方ならスライスやフックの曲がり幅を調節しながらピンを狙えます。

やや重めのスチールシャフトがついており、ヘッドスピードが速めの方との相性は良好。さまざまな状況に対応できる操作性のよいキャビティバックアイアンを探している方におすすめです。

タイトリスト(Titleist) T300 アイアン

面長のヘッドに広めのソールを備えたキャビティバックアイアンです。バックフェースに独自のパーツ「マックスインパクトテクノロジー」を搭載。フェースを後ろから支えることで初速を高め、ミスヒットしても飛距離のロスを軽減します。

ヘッドのトゥ側にはタングステンを配置。ヘッドが返りやすいので、初心者には難しいロングアイアンながら芯で捉えやすいのも魅力です。

ヘッドはやや大きめながらもネックがストレートに近い形状なので、まっすぐ構えやすいのも嬉しいポイント。直進性が高く、ヘッドスピードに自信がある方が打ってもフックしにくいので、初心者から上級者まで幅広い方におすすめのアイアンです。

タイトリスト(Titleist) T100 アイアン

操作性を重視する上級者向けに設計されたキャビティバックアイアンです。小ぶりで薄いヘッドが特徴。ソールは丸みを帯びており、傾斜地やラフでもつっかかりにくい仕様です。

ロングアイアンやミドルアイアンには、タングステンをトゥ・ヒール側に配置。低重心化することで、ライが悪くても打球が高く上がりやすいよう設計されています。

鍛造製法によって、マッスルバックアイアンに近い打感を楽しめるのも魅力。球筋をイメージ通りに操作したい上級者におすすめのモデルです。

ダンロップ(DUNLOP) ゼクシオ テン アイアン MP1000

ダンロップの人気シリーズ「ゼクシオ」のアイアンです。ロフト角を小さくしつつ、シャフトを長尺化しているのが特徴。シャフトには軽くて扱いやすいカーボンシャフトを採用しています。

バックフェースにはタングステンのウエイトを搭載し、低重心・深重心化を実現。ロフト角が小さくてもボールが高く上がりやすいため、ヘッドスピードが遅い方でも飛距離を出しやすいのが魅力です。

飛距離を追求しながらも構えたときに見えるヘッドの形状はシャープな印象。アイアンの飛距離が落ちてきて悩んでいる方は、ぜひチェックしてみてください。

ダンロップ(DUNLOP) SRIXON Z785 アイアン

若いユーザーを中心に高い人気を誇る「SRIXON」シリーズのアイアンセットです。バックフェースは凹みの浅いハーフキャビティタイプ。ヘッドのサイズも小ぶりで、上級者モデルのような風格のあるデザインに仕上がっています。

シャフトにはやや重めのスチールシャフト「ダイナミックゴールド」を採用。操作性にも優れており、状況に合わせてフェードやドローなどを打ち分けやすいよう設計されています。

上級者好みの操作性を確保しながらも、トップ気味にミスヒットに強いのが嬉しいポイント。精度の高いショットでコースを攻めたい上級者はもちろん、これから本格的にスコアアップを目指したい方にもおすすめのモデルです。

プロギア(PRGR) 赤EGG 17 パワーフォージドアイアン

バックフェースにあしらわれた赤いブランドロゴが印象的なキャビティバックアイアンです。高強度の板材をL字に曲げて作った独自の高反発フェースが特徴。フェースの薄肉部分を広げることで、初速を高めて飛距離が出やすいように配慮されています。

飛距離性能を追求しつつも、軟鉄鍛造アイアンならではの吸い付くような打感を楽しめるのも嬉しいポイント。ストロングロフト仕様で打感のよいアイアンを探している方におすすめのモデルです。

フォーティーン(FOURTEEN) TC544 FORGED アイアン

フルキャビティかつアンダーカットの構造によって、広いスイートスポットと高い直進性を実現したアイアンです。トップブレードは薄めで、構えると上級者向けモデルのようなシャープな印象に仕上がっています。

ソール幅は広めに取られており、芝が薄い地面からのショットでも抜けがよくダフりにくいのが嬉しいポイント。また、軟鉄鍛造アイアンなので、少々芯を外してもやわらかい打感を楽しめます。

バックフェースのスタイリッシュなデザインも魅力。打ちやすさだけでなく見栄えにもこだわりたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ヤマハ(YAMAHA) UD+2 17INPRES アイアン

公式ルールの範囲内ギリギリの高反発フェースを搭載したキャビティバックアイアンです。バックフェースには深めのキャビティ構造を採用。幅が広いソールと低重心設計によって、少々ミスヒットしても高弾道のボールが打ちやすい仕様です。

シャフトには余計なたわみを抑える「チップウェイトテクノロジー」を使ったカーボンシャフトを採用しているのもポイント。さらに、ロフト角の小さいストロングロフト仕様によって、高い飛距離性能を実現しています。

ウェッジのフェースには軟鉄のなかでも特にやわらかい打感を楽しめる「S20C」素材が使われているのも魅力のひとつ。操作性よりも飛距離を重視したい方におすすめのアイアンです。

本間ゴルフ TW747Vx アイアン

日本の老舗ゴルフブランド「本間ゴルフ」のアイアンです。バックフェースはやや薄めのハーフキャビティタイプ。ヘッドは軟鉄鍛造で、芯でボールを捉えると吸い付くような心地よい打感を楽しめます。

トゥ側にタングステンを配置することで、高い直進性を実現。上級者好みのシャープなヘッド形状なので、マッスルバックアイアンからキャビティバックアイアンへの乗り換えを検討している方にもおすすめです。