季節や場所を問わず、大活躍のタンブラー。温かい飲み物は冷めずに、冷たい飲み物はぬるくならずに保てるおしゃれで機能的なアイテムです。

また、お店によってはタンブラーを持参することでドリンクの料金を割引してくれたり、普通のカップよりもたくさん注いでくれたりすることもあります。ゴミを出さないので環境にも優しく、1つ持っておくと便利です。今回はそんなタンブラーのおすすめをご紹介。用途に合わせた選び方や素材の違いについても解説しますので、合わせてチェックしてみてください。

デザイン性重視のおしゃれおすすめタンブラー

象印マホービン(ZOJIRUSHI) ステンレスタンブラー SX-DD45

「象印マホービン」のステンレス製タンブラー。「ステンレス真空2重まほうびん構造」を採用し、保冷時は結露せず保温時は外側が熱くなりません。カラーはカッパーとディープブルーの2色。

口径7.5cmの飲み口は少し厚めの設計で、マグカップのような優しい感触。ツルツルとしたクリアステンレスを使用し、洗いやすい素材になっているのも特長です。

容量は450mlで、ソフトドリンクやビールに最適。保冷効力は7度以下、保温効力48度以上と、飲み物の温度を長時間キープできます。重量も200gと軽め。おしゃれなデザインで個性を出しつつも、保温性にもこだわりたい方におすすめです。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) ステンレスタンブラー SX-DD45

サイズ:幅8.5×奥行き8.5×高さ14.0cm
容量:450ml
素材:ステンレス

RicoRich ステンレスタンブラー 真空二重 RRWB45

「RicoRich」のダブルステンレスタンブラー。マットカラーのホワイトとブラックの2色から選べます。口径8.6cm、容量450mlと大きめサイズですが、下部につれてすぼんでいるため、手の小さい方でも持ちやすいのが特長です。重量は220g。

保温も保冷もこなすステンレス真空2重まほうびん構造を採用。結露せず外側も熱くならないのでオールシーズン使えます。デザイン性と持ちやすさ、大容量で選びたい方におすすめです。

RicoRich ステンレスタンブラー 真空二重 RRWB45

サイズ:幅8.6×奥行き8.6×高さ15.0cm
容量:450ml
素材:ステンレス

モンベル(mont‐bell) サーモタンブラー 300 モンベルロゴ

アウトドア総合メーカー「モンベル」のプラスチック製タンブラー。口径8cm、容量300mlと平均的なサイズですが、140gと非常に軽量なのが特長。楕円形フタ付きで、シリコン製パッキンは簡単に取り外せます。カラーバリエーションは、ライトグレイ・ロイヤルブルー・サンセットオレンジ・ティーグリーンの4色です。

内部に断熱効果のある発泡樹脂を使用した二層構造を採用しており、ステンレス製ほどではないものの、保温&保冷効果は十分。容量400mlのモデルもラインナップされているので、大容量をお好みの方はそちらもおすすめです。

モンベル(mont‐bell) サーモタンブラー 300 モンベルロゴ

サイズ:幅8.0×奥行き8.0×高さ:15.5cm
容量:300ml
素材:ポリプロピレン

スタンレー(STANLEY) クラシック真空パイント 0.47

アメリカを代表するボトルブランド「スタンレー」のステンレス製タンブラーです。重量388g、容量470mlと大きめのサイズで、9.7cmの大きな飲み口が特長。パッキン付きのフタには栓抜きが付属するなど、アウトドア派におすすめのモデルです。

真空断熱構造を採用した本体は、保冷も保温にも使えます。口径が大きくて洗いやすく、食洗機も使えるのでお手入れは簡単。おしゃれにアウトドアを楽しみたい方におすすめのタンブラーです。

スタンレー(STANLEY) クラシック真空パイント 0.47

サイズ:幅9.7×奥行き9.7×高さ17.0cm
容量:470ml
素材:ステンレス

サーモマグ(thermo mug) スプラッシュプルーフタンブラー 3287SDR

ステンレス製タンブラー&マグに特化したブランド「サーモマグ」の人気シリーズモデルです。内側にステンレス、外側にAS樹脂を使用した2層構造を採用。容量400mlで、重量218g、口径は8.5cmです。カラーバリエーションは、オレンジ・クリア・グリーン・チャコールグレー・ブルー・ビビットピンクの6色。

付属のフタはロック式の吸い口が付いており、持ち運びもラクラク。スケルトンカラーのボディがおしゃれで、デザインにもこだわりたい方におすすめです。

サーモマグ(thermo mug) スプラッシュプルーフタンブラー 3287SDR

サイズ:幅8.5×奥行き8.5×高さ18.1cm
容量:400ml
素材:ステンレス

ハリオ(HARIO) タンブラー フタ付き V60 ウチマグ 真空二重 ステンレス VUM-35

キッチンウェアメーカー「ハリオ」のステンレス製タンブラーです。重量200g、口径7cm、容量350mlと持ち運びにぴったりのサイズ。真空断熱構造を採用し、保温&保冷効果も長時間続きます。カラーはブラウン・ブラック・ヘアラインシルバーの3色。つや消ししたマットな質感も特徴です。

フタ付きのモデルで、飲み口はキャップ式になっているためちょっとした外出用にもOK。大人っぽい落ち着いた雰囲気のタンブラーをお探しの方におすすめです。

ハリオ(HARIO) タンブラー フタ付き V60 ウチマグ 真空二重 ステンレス VUM-35

サイズ:幅7.4×奥行き7.4×高さ15.6cm
容量:350ml
素材:ステンレス

保温性が抜群のおすすめタンブラー

サーモス(THERMOS) 真空断熱タンブラー JDE-420

魔法瓶のラインナップが豊富な「サーモス」のステンレス製タンブラーです。容量は420mlと大きめながら重量200gという軽さが特長。口径は7.5cmと広いのでお手入れがしやすいうえ、食洗器にも対応します。

別売りでフタと底カバーもリリースしているので、好みのカラーを選べるのも魅力です。

サーモス(THERMOS) 真空断熱タンブラー JDE-420

サイズ:幅7.5×奥行き7.5×高さ15.5cm
容量:420ml
素材:ステンレス

象印マホービン(ZOJIRUSHI) ステンレスタンブラー SX-DB45

「象印マホービン」のステンレス製タンブラーです。「ステンレス真空2重まほうびん構造」を採用し、保冷も保温も長時間続きます。容量450ml、口径7.5cmで、重量は200gと軽量。食洗器も使用可能でお手入れしやすいおすすめモデルです。

なお、容量違いの300mlと600mlも販売しているので、ユーザーの好みに合わせて選べます。なお、専用のフタは付属していない点は留意しておきましょう。

象印マホービン(ZOJIRUSHI) ステンレスタンブラー SX-DB45

サイズ:幅8.5×奥行き8.5×高さ14.0cm
容量:450ml
素材:ステンレス

山善(YAMAZEN) 保冷温マジックタンブラー マット仕上げ 真空タンブラー ITD-450(MT)

リーズナブルな家電をリリースしている「山善」のステンレス製タンブラーです。大容量の450mlに、重量は220g。口径は8cmと広めで、つや消ししたマットな質感が特徴。

真空2重構造を採用し、保冷&保温力は十分。保温性に加えて大人っぽい印象のタンブラーをお探しの方におすすめです。

山善(YAMAZEN) 保冷温マジックタンブラー マット仕上げ 真空タンブラー ITD-450(MT)

サイズ:幅8.0×奥行き8.0×高さ14.5cm
容量:450ml
素材:ステンレス

和平フレイズ(WAHEI FREIZ) 真空断熱タンブラー フォルテック・ハウス FHR-8112

生活雑貨メーカー「和平フレイズ」のステンレス製タンブラーです。480mlの大容量に、重量220gと軽めなのが特長。口径は8cmと大きめで手入れがしやすいです。

真空断熱構造を採用し、保冷や保温もしっかりキープできます。保温性と大きな容量にこだわりたい方におすすめです。

和平フレイズ(WAHEI FREIZ) 真空断熱タンブラー フォルテック・ハウス FHR-8112

サイズ:幅8.0×奥行き8.0×高さ14.7cm
容量:480ml
素材:ステンレス

お酒と相性抜群。ビールにおすすめのタンブラー

ドウシシャ(DOSHISHA) ON℃ZONE フリージングタンブラー ジョッキ OZFJ-600

ドウシシャ独自開発の真空冷却3層構造を採用したジョッキ型ステンレス製タンブラーです。容量は600mlと大きく、ロング缶のビールも丸々1本注げます。

タンブラーを冷凍庫で12時間以上冷やしておき、そこに飲み物を注ぐことで氷点下まで一気に冷やせるのが最大の特長。ビールやカフェラテなど、氷を入れられないドリンクを冷やしたいときにぴったりです。

同じくジョッキ型の420mlと、通常のタンブラー型の260mlの2つのバリエーションも用意されています。自宅に帰ってすぐキンキンに冷えたビールが飲みたいという方におすすめです。

ドウシシャ(DOSHISHA) ON℃ZONE フリージングタンブラー ジョッキ OZFJ-600

サイズ:幅12.9×奥行き9.3×高さ18.0cm
容量:600ml
素材:ステンレス

パール金属(PEARL METAL) ビールタンブラー 燕人の匠 純銅製槌目 新潟県燕市製造 HB-7473

“究極のタンブラーシリーズ”などで知られる「燕人の匠」と「パール金属」がコラボした銅製タンブラーです。容量は300mlとやや小ぶり。重量120g、口径は7.5cmです。

独自のクリーミーフォーム加工を採用し、ビールをサーバーから注いだような泡立ちを楽しめるのが特長。さらに、薄い飲み口を追求しているため、ビールの冷たさを唇で直接感じることができます。ビールのクオリティにこだわりたいという方には特におすすめです。

パール金属(PEARL METAL) ビールタンブラー 燕人の匠 純銅製槌目 新潟県燕市製造 HB-7473

サイズ:幅7.5×奥行き7.5×高さ10.5cm
容量:300ml
素材:銅

和平フレイズ(WAHEI FREIZ) ビアタンブラー 燕三 純銅 EM-9556

生活雑貨メーカー「和平フレイズ」の銅製ビアタンブラーです。飲み物をまろやかにすると言われている錫メッキが内側に施されています。

口径は7cmで、容量は380mlと缶ビールにもちょうどよいサイズ。2個ないし5個のセットでも販売されているので、ご家族やパーティー用にもおすすめです。

和平フレイズ(WAHEI FREIZ) ビアタンブラー 燕三 純銅 EM-9556

サイズ:幅8.0×奥行き8.0×高さ15.0cm
容量:380ml
素材:純銅

プレゼントとしておすすめのタンブラー

きざむどっとこむ 名入れ 真空断熱ステンレスタンブラー

名入れ可能なステンレス製タンブラーです。職人がひとつひとつ彫刻するので、洗っても消える心配がなく、世界にひとつだけのタンブラーをプレゼントできます。彫刻レイアウトも細かく選択でき、贈る相手に合わせてカスタマイズできるのも特長。漢字やひらがなだけでなく、ローマ字や数字にも対応できます。

本体のタンブラーは、真空断熱構造を採用した保温&保冷効果付き。容量は450mlと大きめです。父の日や母の日、誕生日など、大切な方への贈り物におすすめ。もちろんギフトラッピングにも対応してくれます。

きざむどっとこむ 名入れ 真空断熱ステンレスタンブラー

容量:450ml
素材:ステンレス

きざむどっとこむ 名入れ 真空断熱ステンレスタンブラー(花フレーム ver.)

花柄フレームが入った名入れ可能のステンレス製タンブラーです。カラーはシルバー・ピンク・ブルーグリーンの3色から選べます。

彫刻はひとつひとつ職人の手によって施され、洗っても消える心配はありません。パターンはローマ字のみで、3行まで設定できます。

本体のタンブラーは、真空断熱構造を採用した保温&保冷効果付き。飲み口は7.8cm、重量200gで、容量は420ml。女性への贈り物におすすめです。

きざむどっとこむ 名入れ 真空断熱ステンレスタンブラー(花フレーム ver.)

サイズ:幅7.8×奥行き7.8×高さ16.5cm
容量:420ml
素材:ステンレス

前畑(maebata) プルミエール・アオヤマ リュクス ペアメタルサーモタンブラー AM-MB29827

陶器や食器を取り扱うメーカー「前畑」のステンレス製のペアタンブラー。カラーはシルバーとブロンズの2色で、男女のペアに送るのにぴったりです。

真空断熱の二重構造を採用しており、保冷&保温効果も十分。容量は390ml、口径7.5cmと標準的なサイズ。ギフトラッピングも利用できるので、ご両親への贈り物にもおすすめです。

きざむどっとこむ 名入れ 真空断熱ステンレスタンブラー(花フレーム ver.)

サイズ:幅7.5×奥行き7.5×高さ13.0cm
容量:340ml
素材:ステンレス

タンブラーとは?

タンブラーと水筒の違い

By: amazon.co.jp

タンブラーと水筒の大きな違いは「密閉性」です。水筒は持ち運びを前提とした容器のため、密閉性が高くフタをしっかりしておけば飲み物がこぼれることはありません。

一方、タンブラーはそもそもフタが付いていない製品も多く、付属しているものでもその多くはカバンの中に入れて持ち運ぶとこぼれる恐れがあります。

タンブラーを使うメリット

By: amazon.co.jp

タンブラーは高い保温性が特長。通常のコップではすぐにぬるくなってしまう飲み物も温度を長時間キープできます。フタの開け閉めが面倒な水筒よりも飲みやすいので、リラックスタイムにぴったりです。

また、お手入れのしやすさもタンブラーの大きな特長。底から上部にかけて幅が広がっていく形状のため、手洗いがしやすいのがポイントです。さらに、フタ付きのタイプでも水筒のような密閉性が低い分、パーツなどを簡単に取り外して洗えます。なお、食洗器に対応しているタンブラーもあるので、お手入れが面倒な方にはそのタイプがおすすめです。

水筒を使うメリット

By: amazon.co.jp

水筒は飲み物をカバンに入れたまま移動するのに適しています。タンブラーもフタ付きのタイプであれば持ち運べないことはありませんが、どうしても液漏れが懸念されます。

また、タンブラーも保温性が高いとはいえ、より密閉性のある水筒の方がより長時間温度をキープできます。容量も水筒の方が大きいので、スポーツなどで外出中にたくさん水分を取る場合も水筒の方がよいでしょう。

タンブラーをどこで使うかチェックしよう

自宅やオフィスで使う

By: amazon.co.jp

基本的にタンブラーは自宅やオフィスなど、移動のない場所で使うのがメインです。この場合外には持ち出さないので、大きさや重さを気にする必要はありません。

また、持ち運びしないのでフタがなくても特に問題はありませんが、不注意でタンブラーを倒してしまわないように注意しておきましょう。

軽い外出時に使う


空のタンブラーをカバンに入れた状態で移動することになるので、サイズはなるべく小さく、軽量なものがおすすめです。

素材で見るタンブラーの種類

ステンレス

By: amazon.co.jp

ステンレスとは、クロムを含むさびにくい鋼鉄の一種。保温性に優れているのが大きな特長です。

既存のタンブラーはステンレスによる二重構造が主流で、内側と外側のステンレスの間に空間を設けることでより保温性を高めています。

プラスチック

By: amazon.co.jp

プラスチック製のタンブラーは、ステンレス製のものに比べると保温性は低いです。とはいえ、ステンレスでは不可能なスケルトンのデザインもでき、おしゃれなタンブラーがラインナップされています。

また、外側が樹脂製ではあっても、内側にはステンレスを使用した2層構造を採用したモデルも販売。

その他の素材

By: amazon.co.jp

ステンレスやプラスチックのほかに、銅製や錫製、チタン製のタンブラーも販売されています。特に錫製のものはステンレスほどではないですが保温性が高く、光沢があって高級感があるのでギフトにぴったりです。さらに、表面に凹凸があるのが特長で、これによりビールなどの炭酸飲料を注ぐとキメ細かい泡が立ちます。

タンブラーの選び方

容量で選ぶ


タンブラーの容量は250~600ml程度が主流。一般的なコップの容量は200ml程度なので、それよりはやや多めです。

選び方としては、持ち運びをするかどうかがポイント。自宅やオフィスで使う場合は、たっぷり注げる400ml以上の大きめサイズがおすすめです。一方、カフェのテイクアウトなど、ちょっとした外出で使用する場合は350ml以下のサイズが適しています。使用後に自宅に持ち帰ることも考えると、容量だけでなく重量もなるべく軽いものを選んだ方がよいです。

メーカーで選ぶ

By: amazon.co.jp

タンブラーを買う上で重視したい項目によって、メーカーを絞るのもひとつの選び方。例えば、機能面を重視したいならサーモスや象印がおすすめです。魔法瓶の技術を活かしてタンブラーを開発しているため、他のメーカーよりも保温性が期待できます。

また、デザイン面を重視するなら、カラーバリエーションが豊富なサーモマグやモンベルなどがおすすめです。