自転車のタイヤに空気を入れるために必要な「自転車用空気入れ」。ロードバイクや、クロスバイクなどのスポーツバイクをはじめ、ボールや浮き輪などのレジャー用品にも使用できます。

しかし、一口に空気入れといっても、種類や機能が製品によってさまざま。そこで今回は、おすすめの自転車用空気入れをご紹介します。選び方のポイントも解説していくので、ぜひチェックしてみてください。

自転車用空気入れの選び方

種類をチェック

地面に置いて使えるスタンダードな「フロアポンプ」

By: amazon.co.jp

ごく一般的なタイプの空気入れ。レバーを上下に動かし、空気を送り込む仕組みの製品です。自転車以外にもボールや浮き輪などにも幅広く対応しています。汎用性の高さと、慣れていない方でも手軽に使用できる点が魅力です。

地面に置いて足で固定して作業できるので、ポンピング時の安定感が高いのも特徴。また、リーズナブルで種類も豊富なので、自分の好みに合ったモデルが見つかりやすいのも嬉しいポイントです。

コンパクトで持ち運びに便利な「携帯・ハンディポンプ」

By: amazon.co.jp

フロアポンプを軽量化したのが携帯・ハンディポンプです。ポケットに入れたり、自転車に搭載できたりするサイズが多いので、持ち運びに便利。サイクリングの途中で空気が抜けてしまっても、携帯しておけばすぐ空気を入れられるのがメリットです。

また、価格が安いので、自宅用の空気入れとは別で緊急用に持っておくと重宝します。

自動で空気を注入できる「電動ポンプ」

By: amazon.co.jp

面倒な空気入れの作業を時短できるのが電動ポンプです。充電しておけば、ほんの数秒で空気を入れられてスピーディー。ワンボタンで空気を注入できるため、フロアポンプのような力のいる作業が不要なのがメリットです。

また、空気圧を事前に設定できるタイプであれば、自動で設定した空気圧に調節できます。ただし、タイヤ以外のアイテムには使用できないモデルもあるので注意が必要です。

対応可能なバルブの種類で選ぶ

英式バルブ

一般的な自転車に多く使われているのが英式バルブです。最もオーソドックスなタイプで、通常の空気入れで扱えるのがメリット。構造も単純で一番多く使われているタイプのため、簡単で取り扱いやすく補修も容易にできるのが特徴です。

ただし、英式バルブについている虫ゴムは経年劣化します。そのため定期的に確認して、劣化していたら交換しましょう。また、虫ゴムの寿命はほかのバルブに比べて短いのがデメリットです。

仏式バルブ

高圧に耐えられて、空気圧の調節がしやすいのが仏式バルブです。英式や米式バブルよりも細いのが特徴。仏式バルブはバルブコアを押すことでエアを抜けるため、ほかのバルブと比べて空気圧の微妙な調節が可能です。

そのため、空気圧の管理がシビアなロードバイクやクロスバイクなど、スポーツタイプの自転車に多く使われています。ただし、専用の空気入れが必要なほか、折れてしまうこともあるので、注意して扱いましょう。

米式バルブ

By: amazon.co.jp

自転車だけでなく、オートバイや自動車にも採用されているのが米式バルブ。低い空気圧でもタイヤ内の空気を一定に保てます。バルブ内部にはタイヤの空気を外に逃さない、逆止弁が備わっているのが特徴。また、丈夫な構造なのでバルブが壊れにくいのがメリットです。

ただし、米式バルブは壊れた場合に修理できません。チューブごと交換しなければならないため、コストが掛かってしまうのがデメリットです。

クロスバイクやロードバイクならエアゲージ付きも

クロスバイクやロードバイクには、空気圧の管理がしやすいエアゲージ付きを選びましょう。空気圧が乗り心地や耐久性に大きく影響するスポーツバイクは、適切な空気圧を保つことが重要です。エアゲージ付きの空気入れを使用すれば、適切な空気圧を測定し、簡単に管理できます。

適正でない空気圧のまま走行すると、タイヤのパンクやバルブが破損してしまう原因になるので注意が必要です。また、製品により最大の空気圧が異なるため、購入する際にはしっかり確認しておきましょう。

付属アタッチメントの有無をチェック

By: amazon.co.jp

1つの空気入れマルチに使いたい方は、付属のアタッチメントをチェックしましょう。製品によって先端のアタッチメントを変更するだけで、英式・仏式・米式すべてのバルブに対応できるモデルもあります。

また、自転車だけではなくボールや浮き輪などのレジャー用品に対応したアタッチメントが付属したモノも。自転車以外のアイテムにも幅広く使いたい方は、アタッチメントの種類をチェックして選んでみてください。

安全基準の「SGマーク」をチェック

By: amazon.co.jp

空気入れの安全性をチェックするには、SGマークが付いているか確認しましょう。SGマークとは、厳しい安全基準をクリアした製品の安全性を認証するマークです。

自転車の空気入れは高い圧力がかかり、取り扱いを間違えば大きな事故につながる可能性もあります。厳しい基準に合格したSGマークが付いた製品であれば、安心して使用しやすいのがポイント。購入前にチェックしてみてください。

自転車用空気入れのおすすめ|フロアポンプ

サイクオ(SYQUA) フットポンプシングル 踏みマッチョ CY-001

高精度のメーターを採用し、正確な空気圧の確認が可能な自転車用空気入れ。空気圧確認の目安に便利な置き針がついているのが魅力です。従来のフレームの最大4倍ある強度の高剛性フレームを採用。耐久性に優れているため、歪みにくく、変形しにくいのもポイントです。

対応バルブは英・米式チューブバルブ。脚の部分には滑り止めゴムが付いているため、空気入れ中に滑る心配もありません。また、床面の傷つきを防止できるのもメリット。プラケース付きなので、収納しやすいのもおすすめポイントです。

サムライディング(Samuriding) 自転車空気入れ SIG-FP006

仏式・英式・米式すべてのバルブに適応可能な自転車用空気入れです。バルブ部分をひっくり返すだけで変換可能なため、誰でも簡単に使用できるのが魅力。さまざまなタイプの自転車を所有している方におすすめです。

最大空気圧160psiかつ2インチのゲージ付き。ボールや浮き輪など、自転車以外のモノの空気入れにも対応しています。空気入れ本体は、スチール製のため衝撃に強いのもポイント。カラーバリエーションは、イエロー・レッド・ブラック・オレンジ・ホワイト・ブルーの6色展開です。

ゴリックス(GORIX) 自転車空気入れ エアゲージ付き GX-33P

最大空気圧160psiの自転車空気入れです。仏式・米式・英式の3タイプに対応したバルブが魅力。切り替え不要なヘッドを搭載しているので、誰でも簡単に使用できるのがメリットです。ロードバイクやクロスバイク、電動自転車、ママチャリなどさまざまな自転車に対応しています。

また、付属のニードルを装着することで、バランスボールやサッカーボール、浮き輪などさまざまなアイテムに使用できるのも魅力。滑りにくく握りやすいグリップのハンドル、安定性を確保した大型のフットベースなど、細部までこだわった仕様もポイントのひとつです。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) 空気入れ スマートポンプ 英式バルブ専用 PM-501

数々の高品質なタイヤを販売するタイヤメーカーとして知られる、ブリヂストンの自転車空気入れです。プラスチック製の本体は、軽量で錆びにくいのが魅力。作動耐久試験を10万回、SG試験は5千回クリアしており、耐久性に優れています。

小径車にも使用できるのがポイント。また、ボール用ノズルと浮き輪用ノズルの2タイプのノズルが付属しています。自転車以外にも使用できるので、レジャーを楽しむ方にもおすすめのアイテムです。

ブリヂストン(BRIDGESTONE) スリムマルチポンプ PM-G46.A

国内大手タイヤメーカーのブリヂストンから販売されている自転車空気入れです。人指し指の位置が自然に決まり、握りやすさと力の入れやすさが向上したグリップが特徴。ステップは足を乗せやすいよう傾斜のついており、空気入れが楽に行えるのが魅力です。

特殊な延長バルブなどを必要とせず、幼児車や一輪車にも対応したオリジナル英式アダプターを採用。さらに、浮き輪用のアダプターも付属しているので、レジャーでも活躍する空気入れです。また、SG規格認定製品なので安心して使用できます。本製品の寸法は高さ620×幅225×奥行き95mm。重量は720gです。

パナレーサー(Panaracer) アルミ製フロアポンプ BFP-04AGA3

パナレーサーから販売されているアルミ製の自転車空気入れです。仏式・米式・英式すべてに対応したバルブ。仏式バルブと米式バルブはアダプター不要でそのまま差し込んで使用可能です。英式バルブには付属のクリップを差し込むだけで使用できます。

空気圧管理ができるゲージ付き。最大1100kPaまで充填可能です。ポンプ本体の下には小物入れが付いているため、バルブのキャップなどをしまっておくのに便利。ボールや浮き輪に対応したアダプターも付属しているので、自転車以外の空気入れにも幅広く対応できるのが魅力です。

カラーバリエーションは、ブラック・ライトグリーン・ホワイト・イエローの4色展開。デザインもシンプルかつかっこいい、おすすめの空気入れです。

パナレーサー(Panaracer) 空気入れ フットポンプS FTP-BKG

樹脂素材を本体に使用した自転車空気入れ。英式・米式・仏式の3種類すべてに対応可能なバルブが特徴です。自転車だけでなく浮き輪やビニールボート、ボールなどレジャーシーンでも活躍します。足踏み式のポンプなので、手を使わず空気入れできるのが魅力です。

大きくて見やすい空気圧ゲージ付きなので、空気圧の管理がしやすいのもおすすめポイント。充填空気圧の上限は500kPaです。カラーバリエーションはブラックとイエローの2色。シンプルなデザインもかっこいい製品です。

サーファス(SERFAS) フロアポンプ エアゲージ付 FP-200

高性能な大型メーター装置が搭載された自転車空気入れです。11気圧・160psiまで軽々とポンピングが可能。シンプルバルブを採用しているため、切り替えが必要なく仏式と米式バルブに対応できます。また、英式バルブは専用のアダプターが付属しているので、取り付けるだけで対応可能です。

幅広で平たい形をしたエルゴノミックグリップを採用。握りやすく安定感があるのが魅力です。また、浮き輪やボールなどにも空気を入れられるアタッチメント付き。自転車以外のアイテムにも幅広く対応できるので、マルチに使える空気入れを求めている方におすすめです。

自転車用空気入れのおすすめ|携帯・ハンディポンプ

KUKIIRE スマート空気入れ

BMX世界チャンピオンも愛用するスマート空気入れです。ボタンを押すだけで空気が入れられるワンタッチ操作が特徴のひとつ。自動で空気注入し、自動で注入停止するのがメリットです。タイヤへの空気充填はわずか40秒でできます。

仏式・英式・米式すべてのバルブに対応可能。また、自転車だけでなくバイクや自動車、ボール、ビニール遊具などさまざまなアイテムに対応できるのが魅力です。

充電時間は3時間。1回の充電でタイヤ20本ほどに空気が入れられます。耐久性にも優れているので、長く使えるのも嬉しいポイントです。

レザイン(LEZYNE) ポケットドライブ

コンパクトかつ高気圧で使えるポケットサイズの自転車空気入れ。全長わずか140mmと、ズボンのポケットやカバンのサイドポケットなどに収まるサイズなのが特徴です。重量も79gと軽量なので持ち運びにも便利。自転車やバイクに取り付けて携帯可能なマウントブラケットが付属しているのも嬉しいポイントです。

本体内部に収納されたABSフレックスホースは、少ない力で多くの空気を充填できるのがメリット。手軽に充填したい方におすすめです。

パナレーサー(Panaracer) アルミ製携帯ミニワンタッチポンプ BMP-23AEZ

小型で軽量なアルミ製の自転車空気入れです。注入可能な空気圧上限は約900kPa。高圧でも軽い力で空気が入れられるシリンダー構造が特徴です。

空気を注入する際に、バルブへ無理な力がかからないよう独立させたホースも特徴。口金を差し込みやすく、より空気が入れやすいようにホースを長くしています。また、面倒な作業がなく口金をバルブに差し込むだけで簡単に取り付けできるワンタッチ口金を採用しているのもポイントです。

また、本体は丈夫で軽いアルミを採用。重量は約100gで、収納時の長さは約170mmとコンパクトなのも魅力です。

ランドキャスト(LAND CAST) マジックポンプ LC-MG

表面をサンドブラストで研磨した空気入れです。グリップ部分には、空気を注入する際に滑らないよう滑り止め加工が施されています。対応バルブは米式と仏式。初期状態の米式から、バルブ先端部分を回して伸ばすだけで簡単に変更できるのが魅力です。

全長20cm、重量110gとコンパクトで軽量なのもポイント。長時間のサイクリングにも気軽に持って行けます。また、ボトルゲージ穴があれば、付属のブラケットで取り付け可能なので、空気入れを常備しておきたい方におすすめのモデルです。

ロックブロス(ROCKBROS) CO2インフレーター

仏式と米式に対応した2in1バルブを採用した自転車空気入れです。力を使わず楽に一瞬で空気を充填できるのがメリット。ポンピング不要のため、あまり力のない方にもおすすめのモデルです。

また、ボディにはCNC加工を施したアルミニウム合金を採用。表面にアルマイト処理を施しているので、軽くて耐久性に優れた仕上がりになっています。さらに、使用前のCO2カートリッジを逆さに入れて持ち運びが可能なのも魅力です。

全長は12cm、重さ約60gと片手で収まるほどコンパクトかつ軽量なのもメリット。サドルバッグや、ポケットなどにも収納できて持ち運びにも便利です。出先での急なパンクなどに備えたい方は、ぜひチェックしてみてください。

自転車用空気入れのおすすめ|電動ポンプ

マキタ(MAKITA) 充電式空気入れ MP180DRG

英式・仏式・米式すべてに対応可能な電動空気入れです。長時間使用可能な18Vのバッテリーを搭載。各種タイヤのほか、ビーチボールなどのビニール遊具の空気入れにも幅広く対応できるのがメリットです。本体にはLEDライトが付いているので、暗い中での作業も安心して行えます。

デジタル空気圧メーターを搭載しており、ひと目で空気圧の確認ができるのがポイント。ボタンで空気圧の設定値を簡単に変更できるので、慣れていない方でも、手軽に空気圧の調節が可能です。

しっかり地面に付けて空気を入れられる脚が付いているので、安定性もあり安心して使用できるのが魅力です。

Joycabin 電動空気入れ CZK-3668

各種認証取得工場にてCE、PSE認証を取得した自転車空気入れです。設定した空気圧に達すると、注入を自動で停止する機能を搭載。空気の入れすぎや、逆に入れなさすぎて空気が不足してしまう心配がありません。

デジタル表示ができる液晶ディスプレイを搭載。注入される空気圧がデジタル数値で表示され、ひと目で確認できるのがメリットです。

重さはわずか520gで、ポケットなどにも収納しやすいドロップ型のデザイン。外出時の持ち運びも便利なモデルです。

ナンカイ(NANKAI) モバイルエアーポンプ NP-D25

コンパクトな電動式自転車空気入れです。バイクなどにも積みやすく持ち運びも便利。夜間の作業も安心して行えるよう、LEDライトを搭載しています。また、フラッシュライトやSOSシグナルとしても使用できるので、緊急時にも活躍するモデルです。

タイヤの空気圧は120psiまで対応可能。自動停止機能を搭載しているので、空気圧をあらかじめ設定しておけば入れすぎや不足を予防できます。

モバイル充電機能も搭載しており、スマートフォンやタブレットを充電できるのが魅力です。

キジマ(KIJIMA) スマートエアポンプ JP01

オートバイや自動車など、自転車以外にも幅広い用途に使える電動空気入れです。スクリーンタッチ機能を採用したデジタルディスプレイは、直感的な操作が可能。2000mAh・7.4Vのバッテリーを搭載しており、コードレスの本体は場所を選ばず使えるのが魅力です。

バイク・自動車・自転車・スクーター・ボールと5種類のモードでそれぞれ空気圧を管理。圧力の単位を4種類から選択できるので、タップするだけで自動換算されます。また、設定した空気圧で自動停止するため、初心者でも簡単に扱いやすいおすすめのモデルです。

ホビナビ 電動エアコンプレッサー

コンパクトかつシンプルな操作性の自転車空気入れです。周辺部品の購入は必要なく、自動車・バイク・自転車・ボールなどさまざまなアイテムに使用可能。手軽に空気が入れられるので、初心者にもおすすめのモデルです。

作業用のLEDライトを搭載しているため、暗い場所での作業に便利。SOSを意味するモールス信号も発信できて、緊急時に備えられるのがポイントです。また、シガーソケット充電器が付属しており、車があれば電池切れの心配もなく使用できます。

また、収納バッグが付属しているので、アタッチメントやカーアダプターなどを収納して持ち運べるのもおすすめポイントです。

自転車用空気入れの売れ筋ランキングをチェック

自転車用空気入れのランキングをチェックしたい方はこちら。