最近では連絡手段としてスマホでの通話やメールが中心になりつつありますが、連絡の内容を紙に残せるFAXの方が便利なシーンも存在します。ハイスペックな「FAX付き電話機」はスマホ連携機能や迷惑電話防止機能などを搭載しており、より快適に使用することが可能です。

そこで今回は、FAX付き電話機のおすすめモデルと選ぶ際のポイントをご紹介。機能性の高いFAX付き電話機を手に入れて、ぜひプライベートやビジネスでの連絡に役立ててみてください。

FAX付き電話機の選び方

印刷用紙のタイプで選ぶ

感熱紙タイプ

By: amazon.co.jp

感熱紙タイプはプリンタヘッドが紙に熱を加えることで文字を印刷する仕組みです。インクを使用しないため、インク交換のコストや手間を削減できるのがメリット。ランニングコストを抑えたい方や、初めてFAX付き電話機を購入する方にもおすすめです。

デメリットは、時間の経過とともに文字が薄くなってしまう点。また、摩擦熱にも弱く、指でこすった際に黒く着色してしまう場合もあります。

そのため、印刷した用紙を長期保存する用途や、重要な書類の印刷には不向きです。FAX付き電話機を手軽に使う場合や大量印刷の用途なら、ぜひこのタイプを検討してみてください。

普通紙タイプ

By: amazon.co.jp

普通紙タイプは主にインクやトナーを利用して印刷を行います。印刷の仕上がりがキレイで細かな箇所もにじみにくいため、重要な書類や文字が細かい書類の印刷にもおすすめ。また、劣化しにくいのもメリットで、印刷した書類を長期保存する用途にもピッタリです。

ただし、インクが必要な分ランニングコストは高めであり、定期的にインクを交換する手間もかかります。しかし、現在FAX付き電話機の主流は普通紙タイプなので、迷った場合は普通紙タイプから検討するのがおすすめ。印刷物の品質を重視する用途に最適なタイプです。

広い家の場合は、子機が2台以上付いたモデルを選ぼう

By: amazon.co.jp

広い家でFAX付き電話機を使うなら、子機が2台以上付属していると便利です。リビングに電話機を設置した場合、書斎や寝室など離れた場所に子機を設置しておくことで電話をラクに受けられます。

また、1階と2階などそれぞれのフロアに1台ずつ子機を設置したり、庭仕事をする際に庭へ子機を持ち出したりすることも可能。家が広い場合などは、子機が複数付属したモデルをぜひ検討してみてください。

液晶パネルで受信内容が見やすいモデルを選ぼう

By: amazon.co.jp

FAX付き電話機のなかには液晶パネルで受信内容を確認できるモデルも存在します。受信した書類の内容をチェックしてから印刷するかどうか判断できるので、不要な書類の印刷を省いて用紙やインクを節約することが可能です。

例えば、文章が短い受信データや、不要なチラシなどをわざわざ印刷せずに済むので、印刷物を処分する手間も省けます。やや本体価格は高くなりますが、ランニングコストを重視するならペーパーレスで受信内容を確認できるモデルがおすすめです。

その他機能で選ぶ

スマホ連携機能

By: amazon.co.jp

スマホを普段から使用している方なら、スマホ連携機能を搭載したモデルもおすすめです。専用アプリをダウンロードすると、スマホをFAX付き電話機の子機として使えます。さらに、受信したFAXの内容を外出時にスマホで確認できるのもメリットです。

そのため、ビジネスで重要な書類をFAXでやり取りしている方にもおすすめ。どこにいても素早くFAXの受信内容をチェックできるので安心です。

迷惑電話防止機能

By: amazon.co.jp

迷惑電話対策を行いたい方は、迷惑電話防止機能を搭載したモデルがおすすめ。迷惑電話防止機能には会話内容の録音機能や、通話相手に録音を行うと自動音声で警告する機能などがあります。

電話を使った詐欺や強引なセールスの抑止効果が期待できるので、安心して電話を取ることが可能です。さらに、警察や自治体によって収集された迷惑電話番号データと一致すると、自動で着信を拒否する機能も存在。迷惑電話による被害が心配な方は、ぜひこれらの機能をチェックしてみてください。

複合機としてのスキャン・コピー機能

By: amazon.co.jp

スキャン・コピー機能を搭載した複合機のなかには、FAX機能に対応したモデルも存在します。FAXの受信だけでなくさまざまな書類をコピーしたり、書類をスキャンしてデータ化したりと便利に使えるのが魅力です。

また、複合機タイプは通常のFAX付き電話機と比べて給紙しやすいのもメリット。一度に数十枚の普通紙を手軽にセットできます。また、複合機なので印刷の仕上がりもキレイです。FAXとプリンターを1台にまとめて省スペースで設置したい場合や、FAXの印刷頻度が高いオフィス用として、ぜひ検討してみてください。

FAX付き電話機のおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックのFAX付き電話機は一般家庭用のモデルが充実しています。最上位モデルではスマホ連携機能に対応しており、電話機にかかってきた電話をスマホで取ったり、受信したFAXの内容をスマホで確認したりと便利に使えるのが魅力です。

また、多彩な迷惑電話防止機能を搭載したモデルが販売されているため、詐欺やセールスといった迷惑電話が心配な方にもおすすめ。液晶画面が大きく設計されたモデルも多く、文字が読みやすいのでシニア世代の方も快適に使用できます。家庭用のFAX付き電話機を探すなら、まずチェックしてもらいたいメーカーです。

ブラザー(Brother)

By: amazon.co.jp

高性能なプリンターで有名なブラザーは、FAX付き電話機として使える複合機を多数製造しています。一般的なFAX付き電話機と同様に通話やFAXの送受信が可能な上、複合機としてスキャン・コピー機能を利用できるのが魅力です。

特に、オフィス用のFAX付き電話機を探している方におすすめ。複合機と兼ねることで設置スペースが限られた場所にもすっきりと設置できます。また、FAXで届いた書類をコピーしたい場合にも便利。ビジネスシーンで役立つFAX付き電話機を探している方は、ぜひ検討してみてください。

FAX付き電話機のおすすめ

パナソニック(Panasonic) デジタルコードレス普通紙ファクス KX-PD215DL

パナソニック(Panasonic) デジタルコードレス普通紙ファクス KX-PD215DL

エントリーモデルとしておすすめのFAX付き電話機です。シンプルながらも多彩な迷惑電話防止機能を搭載しているのが魅力。「迷惑防止」に設定すると、着信時は相手に通話を録音するとアナウンスし、こちらには呼び出し音とともに注意喚起のアナウンスを流します。

また、通話中は会話を録音できるので、通話を切った後に内容を確認できるのもメリット。ほかにも、相手に名乗ってもらうようアナウンスで促す「あんしん応答」や、300件まで登録できる着信拒否機能を搭載しています。

印刷用紙は普通紙で、15枚までセット可能。子機は1台付属しており、見やすいホワイトバックライト液晶にカタカナで相手の名前が表示されます。スタンダードで安いFAX付き電話機を探している方におすすめです。

パナソニック(Panasonic) デジタルコードレス普通紙ファクス KX-PD315DW

パナソニック(Panasonic) デジタルコードレス普通紙ファクス KX-PD315DW

シンプルながらも使い勝手のよいFAX付き電話機です。電話機本体と子機の両方で漢字表示に対応しており、着信相手の名前を簡単に確認できます。子機が2台付属しているため、広い家でもラクに電話を取ることが可能です。

子機に「着信お知らせLED」を搭載しているのもポイント。呼び出し音が聞こえなかったときも点滅するランプで着信に気づきやすいので、シニア世代の方におすすめです。さらに、電話機の音量は6段階に調節でき、従来のモデルよりも大きな音量で聞き取りやすいように改良されています。

また、迷惑電話防止機能を搭載しており、録音を行う旨のアナウンスや通話の録音ができるのも魅力。さらに、SDカードを挿入すると録音時間と録音件数の容量を増設できます。64GBのSDカードだと、約2千時間の通話や約5万枚のFAXを記録可能。基本的な機能が充実したおすすめモデルです。

パナソニック(Panasonic) 感熱紙ファクス KX-PW211DL

パナソニック(Panasonic) 感熱紙ファクス KX-PW211DL

感熱紙タイプのFAX付き電話機です。A4サイズで長さ15mの感熱ロール紙を印刷用紙に採用。インク交換や給紙の手間が少なく、手軽にFAXを使用できるのがメリットです。通話は音質を3種類から選べる「ボイスセレクト」に対応しており、クリアな音質で快適に通話できます。

多彩な迷惑電話防止機能を搭載しているのもポイント。着信時にアナウンスで相手に名乗るよう促す「あんしん応答」を電話機本体と子機の両方に採用しています。

さらに、通話の録音にも対応しているので、不安なときは会話の内容を残しておいて後で確認可能です。感熱紙タイプのFAX付き電話機を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) デジタルコードレス普通紙ファクス KX-PD615DW

パナソニック(Panasonic) デジタルコードレス普通紙ファクス KX-PD615DW

迷惑電話防止機能が充実したおすすめのFAX付き電話機です。迷惑電話の着信を防ぐ「迷惑ブロックサービス」に対応しているのが特徴。着信した番号が警察や自治体から収集された迷惑電話番号のデータと一致すると、呼び出し音を鳴らさず自動拒否してくれます。

通常の着信拒否は300件まで登録でき、非通知の相手や受けたくない相手からの電話を拒否することが可能。さらに、「迷惑防止」に設定すると、相手に録音についてアナウンスし、通話を録音します。迷惑電話を後から確認できる上、トラブルの抑止効果も期待できるのが魅力です。

ペーパーレスで受信内容を確認できる「見てから印刷」に対応しているのもメリット。約4.7型の大きな液晶画面でFAXの内容を表示し、印刷する内容を選択してプリントできるので便利です。また、子機は2台付属しています。高性能なFAX付き電話機として幅広い家庭におすすめです。

パナソニック(Panasonic) デジタルコードレス普通紙ファクス KX-PD915DL

スマホ連携機能を搭載したハイスペックなFAX付き電話機です。専用アプリをダウンロードすると、電話機への着信をスマホに転送したりFAXの内容をスマホで確認したりと便利に使えます。

さらに、スマホを子機として使うことも可能で、付属の子機と合わせて広い家でもラクに電話を取れるのもメリット。また、親機の受話器がコードレスタイプのため、親機で電話を受けた際も子機のように好きな場所で通話を行えます。ソファやダイニングテーブルなどに移動し、座って通話できるので便利です。

子機だけでなく受話器にも約1.8型の液晶画面を搭載しているのもポイント。簡単に着信相手の名前や番号、時刻などを確認できます。人気の「見てから印刷」や迷惑電話防止機能も搭載。スマートに使えるおすすめのFAX付き電話機です。

ブラザー(Brother) インクジェットプリンター・複合機 MFC-J738DN

ブラザー(Brother) インクジェットプリンター・複合機 MFC-J738DN

複合機としてのスキャン・コピー機能を搭載したFAX付き電話機です。FAXの送受信はもちろん、付属の子機で通話も可能。迷惑電話の回線を自動で切断できる「おことわり機能」や着信拒否にも対応しているので、安心して使用できます。

受信したFAXの内容を液晶画面で確認できる「みるだけ受信」を搭載。必要な受信内容だけを選んで印刷できるため、用紙やインクを節約できます。また、「PCファクス送受信」に対応しているのもポイントです。

パソコンで作成した書類を印刷せずそのままFAXで送信したり、受信したFAXを印刷せず直接パソコンで確認したりと便利に使えます。ランニングコストを抑えたい方におすすめのFAX付き電話機です。