メガネのように装着することで、目の前に映し出される映像を楽しめたり、デジタル情報を確認できたりする「スマートグラス」。産業向けに実用化が進んでおり、各メーカーからさまざまな製品が販売されています。

そこで今回は、スマートグラスのおすすめモデルをご紹介。選び方のポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

スマートグラスとは?

By: amazon.co.jp

スマートグラスとは、メガネ型のボディにさまざまな機能を搭載したウェアラブル機器のことです。一般的なメガネのように視力を矯正する機能は付いていませんが、移動中や作業中でもハンズフリーで情報表示や撮影、音楽再生などの機能が使用可能。最近では、音楽のみに対応したモデルについてもスマートグラスと呼ばれています。

似たような機器にAR/MRグラスがありますが、スマートグラスはAR/MRグラスと違って現実空間の認識には対応していないモノも多いのがポイント。柱や壁などを認識して仮想オブジェクトを配置することはできない製品が多いですが、スマートグラス越しにアプリ画面などの情報を見ることはできます。

スマートグラスでできること

By: epson.jp

スマートグラスでできる最も代表的なことは情報のディスプレイ表示です。Bluetoothで連携したスマホなどのアプリ画面を、スマートグラス越しに投影可能。映画鑑賞やネットサーフィンだけでなく、両手の自由を確保しつつ必要な情報を確認できるので、ビジネスシーンや建設作業などにも重宝します。

内蔵のカメラでスマートグラス越しの景色を撮影できるモデルも人気。画質はビデオカメラや一眼カメラに劣るものの、目で見ている景色がそのまま撮影できるため、旅行などにもおすすめです。また、スマホに保存した音楽をBluetoothでリモート再生できるモデルや、運動中のトラッキングデータを計測・表示できるモノも販売されています。

スマートグラスの選び方

ディスプレイをチェック

By: amazon.co.jp

スマートグラスは、ディスプレイが搭載されたモデルが主流です。メガネのレンズ部分に投影された映像が見られるため、本体サイズに関係なく、見られる画面が大きいのが特徴。モデルによっては遠くを見るほど、画面が大きくなる製品もあります。

画質にこだわるなら、ディスプレイに有機ELを採用したモデルがおすすめです。明るくコントラストも高いため、鮮明な画像で映画鑑賞などを楽しむことが可能。

ほかにもディスプレイを左右に搭載した両眼タイプや、単眼タイプがあります。単眼タイプは軽いのがメリットですが、より自然な見え方を重視する方や、3D映像を見たい方は両眼タイプを選びましょう。

マイク機能をチェック

By: amazon.co.jp

マイクを内蔵しているモデルは、スマホと連携してハンズフリー通話が行えます。また、音声認識機能を搭載し、AIアシスタントに対応しているスマートグラスであれば、声をかけるだけでさまざまな操作が可能です。

例えば、フィットネスジムでバイクを漕ぎながら表示モードの切り替え操作を行うなど、両手を離さずに情報を確認したいシーンで重宝します。

各種センサーが搭載されているかチェック

トレーニングやスポーツでスマートグラスを使用する方には、加速度計などを搭載しているモデルがおすすめ。運動した距離や時間をリアルタイムで把握できます。

また、外部計測機器との接続が可能なモデルであれば、心拍数などさまざまな活動量の測定や記録が可能です。スマホやスマートウォッチなどと連携して、適切な運動管理をするのに役立ちます。

画素数やストレージ容量をチェック

By: epson.jp

スマートグラスを使って動画撮影をしたい方は、画素数が大きいカメラを搭載しているモデルを選びましょう。映像クオリティの高い動画を撮影するなら、500万画素以上あるタイプがおすすめ。さらにクリアな画質を求める方は、HD撮影のできるモデルが最適です。

また、撮影した動画を保存しておく「ストレージ容量」も確認しておくべきポイント。動画撮影を頻繁に行う方なら、8GB以上の容量は必須です。メモリーカードスロットが搭載されているモデルならメモリーカードへの動画保存ができ、ほかの端末へのデータの移行も簡単。動画をたくさん撮って保管しておきたい方はチェックしてみてください。

Wi-Fi・ミラーリング機能をチェック

Wi-Fi機能を搭載しているモデルなら、スマホを介さずインターネットに接続できます。ウェブサイトやYouTubeなどの動画サイトを、ハンズフリーで見られるので便利です。

また、スマホ画面のミラーリング機能に対応しているかもポイント。スマホやタブレット端末で利用しているさまざまなコンテンツを、スマートグラスで楽しめるおすすめの機能です。

アプリとの連携機能をチェック

スマートグラスのなかには、専用アプリをダウンロードすることでスマホからの操作ができるモデルもあります。撮影した写真・動画の管理や、スマートグラスの設定をスマホからできるのでおすすめです。

また、目的に応じたアプリをインストールすることで、機能を拡張できるモデルがあるのも魅力。映画やドラマの配信サービスが利用できたり、ホームネットワークに接続されているさまざまな機器を操作できたりするので、活用の場が広がります。

装着感をチェック

By: vufine.com

スマートグラスを選ぶ際は、装着感も大切なポイント。ツルの部分が頭の後方まで包み込むようにしっかりと支える形状のモノを選ぶと安心です。

また、スマートグラスは普通のメガネと比較すると、どうしても重くなってしまいます。150g以上のモデルは少し重みを感じるようになるので、長時間使用するのであれば、100g以下の軽量モデルがおすすめです。

スマートグラスのおすすめモデル

エプソン(EPSON) スマートグラス MOVERIO BT-35E

モニター機能に特化したスマートグラスです。HD(1280×720ドット)解像度での表示が可能な有機ELを搭載。映像の遅延がない有線接続タイプのため、ゲームプレイをはじめ映画鑑賞やドローン操縦などにおすすめのモデルです。インターフェースにHDMIとUSB Type-Cの2種類を採用しているので、さまざまな機器を接続できます。

可動式のテンプルを採用しているのが特徴。頭の大きさに関係なく多くの方が使えるため、複数のスタッフが共用して業務をおこなうような職場にも適しています。また、頻繁に脱着を繰り返しても破損しにくいなど、優れた耐久性も本モデルの特徴です。プライベートからビジネスまで多様な用途で利用できます。

エプソン(EPSON) スマートグラス MOVERIO BT-40S

左右独立したディスプレイを備えた両眼タイプの製品です。フルHD(1920×1080ドット)表示が可能な、高解像度の有機ELを採用しているのが特徴。映像品質を重視する方におすすめのスマートグラスです。5m先の空間に120インチ相当の仮想画面を展開できるため、迫力のある映像が楽しめます。

Android OSを搭載したコントローラーが付属しているのも本モデルの特徴。Wi-Fi機能を備えているので、コントローラーを通じて多様な動画配信サービスが利用できます。また、最大2TBのmicroSDカードにも対応しているため、スマホで撮影した写真やビデオを再生することも可能です。

シースルースタイルを採用しているのがポイント。映像を見ながらでも近くに置いてあるモノが確認できます。映画を楽しんでいる途中で飲み物が飲みたくなっても、毎回メガネを外す必要がありません。

ビュージックス(Vuzix) スマートグラス M400

640×360ドット表示が可能な有機ELを搭載した単眼タイプのスマートグラスです。8コアの「Qualcomm XR1プロセッサ」とAndroid OSを実装しており、スマホやパソコンがなくても単独で動作するのが特徴です。また、IP67相当の防塵・防水性能を備えているため、屋外など水に濡れる可能性がある場所でも使用できます。

1280万画素の写真や4K動画の撮影が可能なカメラを搭載。Wi-Fi接続に対応しており、現場の状況を高精細な画像や映像で正確に伝えられます。ノイズキャンセリングマイクとスピーカーを内蔵しているので、遠隔地とのやり取りもスムーズです。

ビュージックス(Vuzix) Blade スマートグラス

右目にDLPディスプレイを搭載した、単眼タイプのスマートグラスです。800万画素のカメラを搭載しており、綺麗な静止画や動画を撮影することが可能。オートフォーカス機能付きなので、撮りたい瞬間を逃しません。

タッチパッドによるジェスチャーに対応しているほか、頭の動きで操作できるのが特徴です。さらに、AmazonのAlexaにも対応しており、ハンズフリーでさまざまな操作ができるなど操作性に優れています。ステレオスピーカーを内蔵しているため、臨場感のあるサウンドを楽しむことが可能です。

ビュージックス(Vuzix) スマートグラス M300

CPUにデュアルコアの「Intel Atom」プロセッサを実装した、Vuzixが販売するスマートグラスのローエンドモデルです。解像度は上位モデルと同様の640×360ドットながら、通常の液晶パネルを採用しているのが特徴。カメラも970万画素タイプを搭載するなど、画質とコストのバランスを求める方におすすめのモデルです。

オートフォーカスとブレ補正機能を備えているため、手軽にクリアな写真が撮影できます。3軸ジャイロをはじめ、加速度や磁気センサーを搭載。トラッキングセンサーが充実しているのも本モデルの特徴です。

ボーズ(Bose) FRAMES ALTO

高音質なスピーカー製品などで人気がある、音響機器の専門ブランド「Bose」が販売するスマートグラスです。オープンイヤーデザインを採用しているのが特徴。周囲の音が聞き取りやすいため、歩きながらでも安心して音楽を聴くことが可能です。つるの部分に独自の小型スピーカーを内蔵しており、ハイクオリティなサウンドが楽しめます。

アプリとの連携ができるのも本モデルの特徴。「Bose Connect」アプリをダウンロードすれば、設定のカスタマイズがスマホからおこなえます。ソフトウェアのアップデートにより新機能の利用ができるようになるなど、購入後の楽しみ方が広がる製品です。

ボーズ(Bose) Frames Tempo

UVカット機能を備えたサングラスタイプの製品。スポーツやエクササイズを楽しみながら、お気に入りの音楽も聴きたい方におすすめのスマートグラスです。IPX4等級の防水性能を搭載しているため、汗をかいたり雨に降られたりしても安心。フレームにはナイロン素材を採用しており、重さは49.89gと非常に軽量なボディに仕上がっています。

柔らかなシリコン製のノーズパッドを備えているなど、装着感も良好です。ボタン操作で音楽の再生停止はもちろん、電話の着信応答などにも対応が可能。体を動かしている最中でも大切な電話に出られます。

YOYO スマートグラス

ウェリントンタイプのフレーム形状を採用したモデルです。一見スマートグラスには見えない、自然な感じで装着できる製品を探している方におすすめ。ステレオスピーカーを搭載しており、気軽に音楽が楽しめます。

マイクを内蔵しているのも本モデルの特徴です。スマホにかかってきた電話に応答することが可能。さらに、iPhoneの「Siri」やAndroidデバイスなどに搭載されている「GoogleAssistant」を呼び出して利用できるなど、使い勝手は良好です。価格も安いので、気になる方はチェックしてみてください。

SH-NIN Vocalskull Alien Bone Conduction Sunglasses

重さが32gと非常に軽量なスマートグラスです。長時間の使用でも疲れにくい製品を探している方におすすめのモデル。UVカットレンズを搭載しており、屋外での使用に適しています。IP67等級の防塵・防水性能を備えているため、埃っぽい場所や水辺でも利用することが可能です。

骨伝導技術を採用しているのが特徴。音の振動を頭蓋骨を通して直接内耳に伝えるので、周りの音にも気が配れます。雑踏や交通量の多い場所でも安心して使用可能です。250mAhのバッテリーを内蔵。音楽再生は3〜4時間、スタンバイモードなら約10日間動作します。

ZeroBoss スマートグラス YUHO-C

気軽に購入できる安い価格が特徴のスマートグラスです。安価なモデルながらデュアルスピーカーを搭載。音楽をはじめ、動画やスマホゲームを楽しむのにおすすめのモデルです。音楽の再生なら約4時間連続で動作します。オープンイヤータイプなので、家族や友人に声をかけられたのに気づかないといったことを防げます。

指向性マイクを内蔵しているため、ボイスチャットやWeb会議などでも重宝。ホワイトと半透明のカラーリングがおしゃれで、カジュアルに楽しめるポップなデザインも本モデルの魅力です。