メガネのように装着することで、目の前に映し出される映像を楽しめたり、デジタル情報を確認できたりする「スマートグラス」。産業向けに実用化が進んでおり、各メーカーからさまざまな製品が発売されています。

そこで今回は、スマートグラスのおすすめモデルをご紹介。選び方のポイントについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

スマートグラスとは?

By: epson.jp

スマートグラスは、メガネの形をしたウェアラブル端末。カメラやオーディオ機器、ディスプレイを搭載したIoT機器です。Wi-Fiを搭載しているため、インターネットやスマホと接続して、ウェブサイトを閲覧したり、動画を鑑賞したりできます。また、Bluetoothも搭載しているので、ほかの機器とも接続可能です。

ディスプレイ付きのモデルであれば、スマホのように手で持って画面を見つめる必要がなく、ハンズフリーで周囲の状況を確認しながら使用できるのがポイント。普通のメガネのように装着できるため、寝転んでいる際や電車や飛行機で移動しているときも、自由な姿勢で映像や情報が見られます。また、専用アプリをインストールできるモデルであれば、ストリーミングサービスを直接見ることも可能です。

スマートグラスの選び方

ディスプレイをチェック

By: amazon.co.jp

スマートグラスは、ディスプレイが搭載されたモデルが主流です。メガネのレンズ部分に投影された映像が見られるため、本体サイズに関係なく、見られる画面が大きいのが特徴。モデルによっては遠くを見るほど、画面が大きくなる製品もあります。

画質にこだわるなら、ディスプレイに有機ELを採用したモデルがおすすめです。明るくコントラストも高いため、鮮明な画像で映画鑑賞などを楽しむことが可能。

ほかにもディスプレイを左右に搭載した両眼タイプや、単眼タイプがあります。単眼タイプは軽いのがメリットですが、より自然な見え方を重視する方や、3D映像を見たい方は、両眼タイプを選びましょう。

マイク機能をチェック

By: epson.jp

マイクを内蔵しているモデルは、スマホと連携してハンズフリー通話が行えます。また、音声認識機能を搭載し、AIアシスタントに対応しているスマートグラスであれば、声をかけるだけでさまざまな操作が可能です。

例えば、フィットネスジムでバイクを漕ぎながら表示モードの切り替え操作を行うなど、両手を離さずに情報を確認したいシーンで重宝します。

各種センサーが搭載されているかチェック

トレーニングやスポーツでスマートグラスを使用する方には、加速度計やジャイロセンサー機能を搭載しているモデルがおすすめです。走った距離やタイムをリアルタイムに把握できるため、効果的なトレーニングが可能。GPS信号を受信できるモデルなら、走ったコースを後から確認することもできます。

また、外部計測機器との接続が可能なモデルであれば、心拍数などのさまざまな活動量の測定や記録が可能です。活動量計やスマートウォッチなどと連携して、適切な運動管理をするのに役立ちます。

画素数やストレージ容量をチェック

By: epson.jp

スマートグラスを使って動画撮影をしたい方は、画素数が大きいカメラを搭載しているモデルを選びましょう。映像クオリティの高い動画を撮影するなら、500万画素以上あるタイプがおすすめ。さらにクリアな画質を求める方は、HD撮影ができるモデルが最適です。

また、撮影した動画を保存しておく「ストレージ容量」も確認しておくべきポイント。動画撮影を頻繁に行う方なら、8GB以上の容量は必須です。SDカードスロットが搭載されているモデルならSDカードへの動画保存ができ、他端末へのデータの移行も簡単。動画をたくさん撮って保管しておきたい方にぴったりです。

Wi-Fi・ミラーリング機能をチェック

Wi-Fi機能を搭載しているモデルなら、スマホを介さずインターネットに接続できます。ウェブサイトやYouTubeなどの動画サイトを、ハンズフリーで見られるので便利です。

また、スマホ画面のミラーリング機能に対応しているかもポイント。スマホやタブレット端末で利用しているさまざまなコンテンツを、スマートグラスの大画面で楽しめるおすすめの機能です。

アプリとの連携機能をチェック

スマートグラスのなかには、専用アプリをダウンロードすることで、スマホからの操作が可能となるモデルもあります。撮影した写真・動画の管理や、スマートグラスの設定をスマホからできるので便利です。

また、目的に応じたアプリをインストールすることで、機能を拡張できるモデルがあるのも魅力。映画やドラマの配信サービスが利用できたり、ホームネットワークに接続されているさまざまな機器を外出先から操作できたりするので、活用の場が広がります。

装着感をチェック

By: vufine.com

スマートグラスを選ぶ際は、装着感も大切なポイントです。スポーツなどに使う機会が多い方は、多少動いても簡単にズレないモデルを選びましょう。具体的には、ツルの部分が頭の後方まで包み込むようにしっかりと支えてくれる形状のモノを選ぶと安心です。

また、スマートグラスは普通のメガネと比較すると、どうしても重くなってしまいます。150g以上のモデルは少し重みを感じるようになるので、長時間使用するのであれば、100g以下の軽量モデルがおすすめです。

スマートグラスのおすすめモデル

エプソン(EPSON) スマートグラス MOVERIO BT-300

両眼にディスプレイを搭載したスマートグラスです。遠くを見るほど大きく見えるのが特徴。20m先を見ると320型相当の大画面で見られるため、パーソナルシアター感覚で使用できます。

また、ディスプレイに有機ELを採用しているのもポイント。明るく鮮明な映像が投影できるので、映画好きな方にもおすすめです。加えて、Wi-Fi機能を搭載しているため、単体でインターネットへの接続が可能。YouTubeなどネット上のコンテンツを直接見られます。

スマホ画面のミラーリング機能を搭載しているのも魅力のひとつ。Miracast対応のスマホやパソコンで再生しているコンテンツを大画面で楽しめます。内蔵バッテリーで最大6時間の駆動が可能なため、映画を見ている途中でバッテリーが切れる心配もありません。

そのほか、アプリとの連携ができるのもポイント。専用アプリをダウンロードすることで、映画配信サービスやDJI社ドローンのカメラ映像が視聴できます。

エプソン(EPSON) スマートグラス MOVERIO BT-30C

本製品はUSB Type-Cコネクターで、Androidスマホと接続して使用するスマートグラスです。バッテリーは非搭載で、Wi-Fi接続にも対応していませんが、同社のBT-300と比較してリーズナブルな価格が魅力。電源は接続しているスマホから給電するため、スマホのバッテリー消費には注意が必要です。

左右のディスプレイには有機ELを採用。明るく鮮明な画像を大画面で見られるので、映画鑑賞が好きな方にもおすすめのモデルです。また、両眼シースルー構造のため、映像を見ながら周囲の状況を確認できるのも特徴。

左右独立ディスプレイ方式を採用しており、3D映像を見ている場合でも画像が二重になることなく、クリアな映像が楽しめます。本体重量は95gと軽量。テンプル幅の調節ができるためフィットしやすく、長時間の視聴でも快適に使えます。

エプソン(EPSON) MOVERIO BT-35E

検査や測定時のサブモニターとして使いやすいスマートグラスです。インターフェースは、HDMIとUSB Type-Cが使用可能。有線接続で映像を視聴できるので、映像遅延がないのが魅力です。

また、ドローンの映像も確認可能。跳ね上げ式のシェードが2種類付属しているので、明暗に合わせて遮光性を調節しながら快適に使用できます。

可動式のテンプル構造を採用しているため、頭の大きさに関わらず、誰でも装着できるのもポイント。ちょっとした雨に耐えうる、IPx2に対応した安心設計です。

Vuzix Blade Smart Glasses

ディスプレイを右側に搭載した、単眼タイプのスマートグラスです。両眼ともシースルーになっており、トレーニングなどアクティブな用途におすすめのモデル。ノイズキャンセリング対応マイクを内蔵しており、AmazonのAIアシスタント「Alexa」など、音声コマンドによる操作が行えます。

右側のツル部分にタッチパッドを搭載し、ジェスチャーによる操作ができるのも特徴。ランニング中に着信があっても、スマホを取り出すことなくワンタッチで応答できます。また、内蔵している800万画素カメラのシャッター操作も可能なため、シャッターチャンスを逃す心配もありません。

専用アプリと連携し、機能が拡張できるのも本モデルの魅力。目的別のアプリをインストールすれば、Amazonプライム・ビデオなど映像配信サービスのコンテンツも視聴できます。本体重量は90gと軽量なので、長時間装着しやすいのも魅力です。

Vuzix M300 Smart Glasses 446T0P052

OSにAndroid6を搭載したおすすめのスマートグラスです。オーディオには、ノイズキャンセリングに対応したマイクや、高品質なイヤースピーカーを採用。歩きながらハンズフリーで通話や音楽を楽しめます。

アスペクト比は16:9と見やすい比率。RAMは2GB、ROMは64GBで、動画の撮影データをたくさん保存できるのが魅力です。また、970万画素の静止画、1080pのフルHD動画を撮影できます。

さらに、Google PlayやApple app storeから専用アプリをダウンロードすることで、スマホからも遠隔で操作可能。近未来を感じさせる、おすすめのモデルです。

Vuzix M400 Smart Glasses 472T00011

VUZIXのなかでもハイエンドなおすすめモデルです。RAMは6GB、ROMは64GBと十分な容量。CPUには、高品質な「8 Core 2.52GHz Qualcomm XR1」を採用しています。

また1280万画素のカメラを使って、きれいな静止画を撮影できるのがポイント。最大で4Kまでの動画撮影を行えます。また、Bluetooth接続にも対応。外部の端末と接続することで、いろいろな音楽を楽しめます。さらに、IP67相当の防水加工が施されているため、いきなり雨が降ってきても安心です。

ビューファインプラス(VUFINE+) ヘッドマウント ディスプレイ VUF-110

一般の眼鏡をスマートグラスとして使えるヘッドマウントディスプレイです。同梱されているアダプターで、普段使用している眼鏡に装着できるのが特徴。度なしメガネも同梱されているため、メガネを持っていない方でもすぐに使い始められます。

HDMI入力ポートを搭載しているので、スマホやパソコンなどとケーブルで接続可能です。ミラーリングされた画面をディスプレイの任意の位置で見られます。また、縦長表示モードを搭載しており、スマホの画面を見る際に便利です。

そのほか、ドローンのコントローラーと接続することも可能。飛行状態を目視しながらドローン目線の映像が確認できるため、安全な飛行に役立ちます。別売りのマウンターを使用すれば、帽子にも取り付け可能。幅広い使い方に対応しています。