さりげなく体型をカバーし、スマートなコーディネートを叶えてくれるチュニックは大人の女性に人気のアイテム。レギンスやスキニーパンツなどのボトムスと組み合わせれば、簡単に旬度の高いコーデが完成します。

今回は、おしゃれな上に使い勝手がよいチュニックのおすすめアイテムをピックアップ。チュニックを上手に取り入れたおしゃれなコーディネートもご紹介するので、着まわしのお手本としてぜひ参考にしてみてください。

チュニックとは?

チュニックとは?

By: rakuten.co.jp

「チュニック」は、ヒップが隠れるくらいの丈から、ひざ上丈くらいまでの長さがあるトップスのことを指します。一般的なトップスに比べて丈が長く、ヒップ周りをカバーできるため人気です。

ワンピースとの違いが分かりにくいアイテムですが、ワンピースは基本的に1枚で着こなすのに対し、チュニックはトップスなのでボトムスと合わせるのが前提。ただし、最近では1枚でも着用できる「チュニックワンピース」も数多くリリースされており、境目はあいまいになりつつあります。

チュニックの選び方

タイプで選ぶ

チュニックシャツ

rakuten.co.jp

By: amazon.co.jp

きちんと感のあるチュニックシャツは、ヒップ周りをカバーしつつ、大人らしいコーデが叶う優秀アイテムです。ベルトでウエストマークし、スッキリと仕上げたコーディネートはオフィスにもぴったり。スキニーパンツとの組み合わせはもちろん、休日にはワイドパンツでトレンド感のあるスタイリングを楽しむのもおすすめです。

チュニックブラウス

チュニックブラウス

By: amazon.co.jp

フェミニンな着こなしを好む方には、ふんわり感のあるチュニックブラウスがおすすめ。シンプルデザインのものなら、ビジネスシーンでも使えます。パンツ・スカートのどちらとも相性がよく、幅広いコーディネートを楽しめるのも魅力です。

チュニックワンピース

チュニックワンピース

By: amazon.co.jp

ワンピースとしても、トップスとしても着こなせるチュニックワンピースは、1枚あると毎日の着まわしに重宝します。春夏は1枚でサラリと、秋冬はレギンスと組み合わせてあたたかく着こなすのがおすすめです。

丈の長さをチェック

丈の長さをチェック

By: amazon.co.jp

チュニックは丈の長さにより、着まわしやすさが異なります。コーディネートに自信がない方や、チュニックに初トライする方には、ヒップが隠れるくらいの短め丈がおすすめ。バランスが取りやすく、スキニーパンツ・ワイドパンツ・ロングスカートなど、幅広いボトムスとの組み合わせを楽しめます。

逆に、丈の長いチュニックは太もも周りまでカバーできるのが魅力ですが、ボトムスとの相性が悪いとアンバランスになり、野暮ったく見えてしまうことも。シルエットに響きにくいレギンスを合わせるなど、スッキリ着こなす工夫が必要です。

袖の長さをチェック

袖の長さをチェック

By: amazon.co.jp

袖の長さは、基本的に着用する季節に合わせて選べば問題ありません。ただし、丈の長いチュニックの場合は、袖が長すぎると重たい印象になってしまうことも。特に小柄な方は「着られている感」が出てしまわないよう、抜け感のある半袖や七分袖のアイテムをチョイスするのがおすすめです。

素材をチェック

素材をチェック

By: amazon.co.jp

素材は、チュニックの使い勝手を大きく左右するポイントなので要チェックです。コットン100%のものは天然素材ならではのナチュラルな風合いと、優しい肌触りが魅力。吸湿性と通気性が高く、春夏も快適に過ごせます。汗ばむ季節は、より清涼感のあるリネン生地のアイテムもおすすめです。

また、ポリエステルなどの化学繊維で作られたチュニックは、シワになりにくくケアが簡単なのがメリット。チュニックはさまざまなボトムスと組み合わせて着まわしを楽しめるアイテムなので、手洗いや洗濯機でケアできるものだと気兼ねせずガシガシ着用できます。

チュニックのおすすめアイテム

エムケーミッシェルクラン(MK MICHEL KLEIN) 洗濯機で洗える チュニックブラウス

エムケーミッシェルクラン(MK MICHEL KLEIN) 洗濯機で洗える チュニックブラウス
きちんと感と遊び心を兼ね備えたデザインが魅力のチュニックブラウスです。落ち感のある生地が、フェミニンな雰囲気を演出。また、ウエスト内側のゴムベルトでブラウジングし、独特のシルエットを楽しめるのも本アイテムの特徴です。

カラーは汎用性の高いホワイト・ブラックの2色。合わせるアイテム次第できれいめカジュアルやモードなど異なるテイストで着こなせます。洗濯機で洗えるので、ケアに手間をかけたくない方にもおすすめです。

エムケーミッシェルクラン(MK MICHEL KLEIN) 洗濯機で洗える ロングチュニックワンピース

エムケーミッシェルクラン(MK MICHEL KLEIN) 洗濯機で洗える ロングチュニックワンピース
トレンド感のあるコーディネートが簡単にキマる、ロング丈のチュニックワンピース。大胆にスリットが入ったデザインで、レギンスやスキニーパンツと相性抜群です。ウエストに大きなリボンがあるので、自然と華やかなコーデが完成します。

素材にはコットンを採用し、ナチュラルな風合いに。フェミニンで上品な雰囲気ながら、コーディネートしやすいため気負わずにガシガシ着用できるおすすめの1着です。

パオデロ(Pao・de・lo) 9G PLUTOチュニックニットプルオーバー

パオデロ(Pao・de・lo) 9G PLUTOチュニックニットプルオーバー
肩の力が抜けたこなれ感のある雰囲気を演出できるチュニック。リラックス感のあるゆったりめのシルエットと、コットン100%のナチュラルな素材感が魅力です。

裾にはスリットを入れ、ボトムスがより映えるデザインに。袖口にアクセントとなるカラーを配しているのも、さりげないおしゃれポイントです。付属のヒモベルトでウエストマークすると、シルエットにメリハリが出て上品な印象で着こなせます。

フリーズマート(FREE’S MART) 鬼スラブワッフル2WAYチュニック

フリーズマート(FREE'S MART) 鬼スラブワッフル2WAYチュニック
独特の風合いを持つワッフル生地で作られたおすすめチュニックです。凹凸のある生地はサラッとした肌触りと柔らかさが魅力。ほどよい厚みがあり、シーズンレスで使えます。

前後どちらでも着こなせる2WAYアイテムなのも嬉しいポイント。合わせるアイテムや、その日の気分によって表情を変えられる優れものです。ワードローブに加えれば、コーデの幅がグッと広がります。

グリーンパークス(Green Parks) スキッパーデニム2way袖丈シャツチュニック

グリーンパークス(Green Parks) スキッパーデニム2way袖丈シャツチュニック
肩肘張らないカジュアルスタイルが叶う、デニム素材のチュニックシャツです。首元が大きく開いたスキッパーデザインで、抜け感を演出。袖をまくれば、より軽やかな印象で着こなせます。

コーディネートの際は、細身ボトムスと合わせるとメリハリが出て洗練された着こなしに。ヒップがすっぽりと隠れる丈感で、バックスタイルもスッキリ仕上がります。

ハッシュアッシュ(HusHusH) ツイルロングシャツ イージーケア

ハッシュアッシュ(HusHusH) ツイルロングシャツ イージーケア
幅広いボトムスとの組み合わせを楽しめるシンプルデザインのチュニックシャツ。身幅にゆとりを持たせた作りで、ストレスフリーな着心地を実感できます。軽やかな質感の薄手生地を採用しているため、春夏のコーディネートにおすすめです。

長すぎない丈感で、前だけインする着こなしもおしゃれにキマリます。カラーは無地のオフホワイトとダークブラウン、そしてストライプ柄のブルー・ネイビーの4色展開。色違いで揃えるのもおすすめです。

ナラカミーチェ(NARACAMICIE) エンブロイダリーボリューム袖ブラウス

ナラカミーチェ(NARACAMICIE) エンブロイダリーボリューム袖ブラウス
女性らしい柔らかな雰囲気を演出できる、フェミニンなチュニックブラウスです。アイテム名の「エンブロイダリー」とは、透かし模様があしらわれたレース生地のこと。主張しすぎない華やかさで、好印象なコーディネートを実現できます。

ふんわりとボリュームのある袖の作りも、女性らしさを引き立てるポイント。デニムのようなカジュアルボトムスと合わせても、ほどよくフェミニンにまとまります。

J.PRESS コットンリブジャージー チュニック ワンピース

J.PRESS コットンリブジャージー チュニック ワンピース
ボトムスと合わせたり、1枚でサラリと着たりと、幅広い着こなしが叶うチュニックワンピースです。全体的にシンプルなデザインですが、袖口にタックを入れてちょっとしたアクセントに。タテのラインを強調してくれるリブ素材を採用し、スタイルアップ効果も高いアイテムに仕上がっています。

キレイなシルエットできちんと感があるため、ジャケットなどのかっちりめなアウターとも相性抜群。オンオフ問わず使える優秀な1着です。

アー・ヴェ・ヴェ(a.v.v) オフタートルチュニックニット

アー・ヴェ・ヴェ(a.v.v) オフタートルチュニックニット
秋冬の着まわしに重宝する、ニット素材のチュニック。シンプルな無地アイテムですが、ボリュームたっぷりのオフタートルネックで顔周りが華やかな印象に。小顔効果も期待できる優れものです。

前後差のある裾の作りも特徴で、フロントは短めでスッキリとしたルックスを叶えつつ、ヒップはしっかりカバー。カラーは定番のグレーのほか、ライトピンク・ピンク・ラベンダーとフェミニンな色味が揃っています。

ラナン(Ranan) 裏フリースゆったりロング丈シャツ

ラナン(Ranan) 裏フリースゆったりロング丈シャツ
ひざが隠れるくらいのロング丈で、余裕のある大人スタイルを楽しめる長袖のチュニックシャツです。スッキリとした見た目ですが、裏地にはフリースを採用して保温性の高い作りに。秋冬も着ぶくれせず、洗練されたコーディネートを実現できます。

また、洗濯機で洗える手軽さも嬉しいポイントです。体型カバー効果の高いシルエットや扱いやすさなど、実用性を高める要素がギュッと詰め込まれた優秀アイテムをぜひチェックしてみてください。

グローバルワーク(GLOBAL WORK) イージーケアリネンチュニック

グローバルワーク(GLOBAL WORK) イージーケアリネンチュニック
ちょっとした外出から休日のカジュアルコーデまで、夏に大活躍するおすすめチュニック。大胆にスリットが入った、前後差のある裾のデザインが特徴です。涼しげなノースリーブアイテムながら、肩周りをカバーできるよう作られています。

そして、おしゃれなデザインはもちろん、使い勝手のよさも本アイテムの大きな魅力です。ポリエステル・リネン・コットンの混紡素材は、洗濯をしてもシワがつきにくいイージーケア仕様。汗をかきやすい季節も、気兼ねせず洗濯機で洗えます。

チュニックのおすすめコーデ

リラックス感たっぷりのゆるかわ夏コーデ

By: wear.jp

リラックスして過ごしたい休日や、ちょっとした外出にぴったりの楽ちんコーデ。チュニック×ロングスカートというシンプルな組み合わせなので、チュニックコーデに初トライする方でもすぐ取り入れられます。

シルエットがゆるめな分、カラーリングはメリハリを付け、だらしなくならないようバランスを調整。スリット入りチュニックなので、ボトムスのカラーがより効いています。

ウエストマークで大人らしさを演出

By: wear.jp

ゆるめシルエットのチュニックは体型カバー効果が高い優秀アイテムですが、着こなしによってはラフに見えすぎてしまうことも。きちんと感を出したい時は、ベルトでウエストマークして引き締めるのがおすすめです。

ベルトの引き締め効果で、カジュアルなデニムとの組み合わせも大人らしい雰囲気に。足元にパンプスを合わせれば、よりフェミニン度が上がり、きれいめの着こなしが実現します。

前だけインでこなれ感のある着こなしに

By: wear.jp

チュニックを少し違った雰囲気で着こなしたい時におすすめのテクニックが「前だけイン」。ヒップ周りのカバー効果はそのままに、見た目をスッキリと仕上げられます。

また、チュニックの下からベルトがのぞくと、どこかハンサムな雰囲気に。かわいいピンクのチュニックも甘くなりすぎず着こなせます。腕まくりやボトムスのロールアップと組み合わせるとより抜け感が出て軽やかな印象になるので、ぜひトライしてみてください。

前後差チュニックで作るゆったり秋冬コーデ

By: wear.jp

ベレー帽や白ソックスを取り入れたスタイリングで、どこかレトロ感のある雰囲気に仕上げた秋冬コーディネート。スカートのようなふんわりシルエットを持つガウチョ、いわゆる「スカーチョ」でトレンド感もしっかり取り入れています。

そして、トップスには前後差チュニックニットをチョイスして変化のあるシルエットに。ふんわり感のあるスカーチョとの相性が抜群で、かわいらしいゆるめコーデにまとまっています。

ニット×チュニックシャツのレイヤードバランスを参考に

By: wear.jp

少し肌寒い季節のチュニックシャツの着こなしとして押さえておきたいのが、ニットとのレイヤードスタイル。裾はもちろん、袖口からもシャツをのぞかせるとより洗練されたコーディネートが完成します。

ボトムスはスキニーパンツなどの細身ボトムスを合わせるのが王道ですが、あえてフレアデニムで個性的にスタイリング。キレイにまとまりすぎない、こなれた雰囲気が大人の余裕を感じさせます。

レギンス×ブーツで足元をクールにスタイリング

By: wear.jp

鮮やかな赤が目を引くチュニックを、モードテイストに着こなしたお手本コーディネート。ほかのアイテムをすべて黒で統一しているため、赤がより引き立ちます。

そして、注目は足元のスタイリングです。裾がリブ仕様になったスポーティーなレギンスとブーツを組み合わせ、クールな印象に。ボリュームのあるチュニックとの対比で脚がより長くキレイに見えるため、スタイルアップ効果も期待できます。

チュニック×ショートアウターで新鮮バランスに

By: wear.jp

丈の長いチュニックは、中途半端な丈のアウターと合わせると裾がのぞいてアンバランスになってしまうことも。そんな時は、あえてショート丈アウターと合わせると新鮮なレイヤードコーデが楽しめます。

ボトムスにはブラックのレギンスをチョイスして引き締めているのがポイント。カーキのアウターやキャップなどやや辛口なアイテムが多いため、足元はミュールでフェミニンさをプラスしています。丈感やカラーリングの絶妙なバランスをぜひ参考にしてみてください。