アイメイクで欠かせないポイントであるまつ毛。まつ毛をキレイにカールさせることで目元の印象がぱっと華やかになります。

そんなまつ毛メイクに欠かせないメイクツールが「ビューラー」。ただ、一口にビューラーと言っても大きさや形状など種類はさまざまです。自分に合ったビューラーを選ばないとうまくまつ毛をカールさせられないことも。そこで今回は、ビューラーの選び方やおすすめアイテムをランキング形式でご紹介します。

ビューラーの種類

カールを調節しやすい「オーソドックスタイプ」

By: orbis.co.jp

ハサミに似た形をした、最もポピュラーなタイプのビューラーです。金属製やプラスチック製のモノが多く、指を入れる丸いハンドルが付いています。ハンドルに指を入れてまつ毛を挟むことで、手動でまつ毛を上向きにカールさせることが可能。使いやすく比較的手に入れやすいため、初めてビューラーを使用する方にもおすすめです。

オーソドックスタイプのビューラーでまつ毛をキレイにカールさせるコツは、ハンドルに親指と中指を通した際、人差し指でビューラーをしっかり押さえ固定させること。不安定なままだとまつ毛が変な方向に曲がってしまうため、しっかりと安定させて使用することが重要です。

均一に力をかけられる「スプリングタイプ」

By: amazon.co.jp

オーソドックスタイプのビューラーにスプリングと呼ばれるバネが付いた製品。オーソドックスタイプと似た形状で、金属製やプラスチック製のモノが多く販売されています。

まぶたを挟む部分にはゴム製のクッションが付属。スプリングが付いているため、オーソドックスタイプに比べて軽い力でまつ毛をカールできます。まつ毛への負担が少なく、まつ毛が細い方やまつ毛を育成中の方にもおすすめ。必要以上に力をかけすぎる心配もなく、オーソドックスタイプが苦手な方にも人気があります。

細かくカールを調節できる「部分用」

By: amazon.co.jp

オーソドックスタイプやスプリングタイプを使用しても上がりきらなかった、目尻などのまつ毛に使用できるのが部分用のビューラーです。目の横幅が広い方や、カーブの角度が合っていない場合、一般的なビューラーでは目尻のまつ毛を挟みきれないことが多くあります。挟めなかった目尻のまつ毛も、部分用のビューラーがあればピンポイントでカールさせることが可能です。

ただ、サイズ感がコンパクトなぶん力を入れやすく、まつ毛への負担が大きくなるため注意が必要。力を入れすぎるとまつ毛が抜けたり変な形のカールになってしまったりするため、加減しながら徐々にカールさせましょう。

また、部分用ビューラーだけを使ってまつ毛全体をカールさせるのは難しいため、オーソドックスタイプやスプリングタイプとの併用が必要です。

長時間カールをキープする「ホットビューラー」

By: rakuten.co.jp

「ホットビューラー」は、熱を利用してまつ毛をカールさせるビューラーです。オーソドックスタイプなどと同じようにまつ毛を挟んで使用するタイプと、コームのようにまつ毛に当てて使用するスティックタイプがあります。

まつ毛に熱を与えるためカールがつきやすく、毛質が硬い方やまつ毛が下向きの方にも人気。カールの持ちもよく、長時間メイクした状態をキープしたい方にもおすすめです。充電式や乾電池式などの種類があるため、持ち運びしたいかどうかなど使用用途に合わせたアイテムを選びましょう。

ホットビューラーについて詳しく知りたい方はこちら

ビューラーの選び方

幅をチェック

By: amazon.co.jp

キレイにまつ毛をカールさせるためには、自分の目の形に合ったビューラーを選ぶことが重要です。ビューラー選びの際にまずチェックしたいのが横幅の長さ。目頭から目尻まで一度に挟める横幅のモノを選びましょう。

日本人の平均的な目の横幅は約3cmといわれています。自分の目の横幅を測った際、3cmよりも長いようであれば横幅が広めのビューラーを選ぶのがおすすめです。

カーブをチェック

二重の人はカーブが強いタイプ

By: koji-honpo.co.jp

カーブの角度もまつ毛をキレイにカールさせるためには重要なポイント。二重まぶたの方は目が丸みを帯びていることが多いため、カーブが強く正面から見た際に丸いタイプのビューラーがおすすめです。カーブが緩すぎるモノを選ぶとまぶたを挟んでしまう恐れがあるため注意が必要です。

一重や奥二重の人はカーブが緩やかなタイプ

By: amazon.co.jp

一重や奥二重の方はまぶたのカーブが緩やかな方が多いため、正面から見た際に平行気味のビューラーを選ぶのがおすすめ。二重まぶたの方とは反対に、カーブが強すぎるビューラーを選ぶとまつ毛がうまく挟まらなかったり、まぶたを挟んでしまったりする原因となるため注意が必要です。

目の横幅とカーブの強さを合わせてチェックしてみてください。

替えゴム付きなら長く使える

By: shiseido.co.jp

ビューラーに付属しているゴム製のクッションは消耗品です。皮脂や化粧品が付着することでカールさせる力が弱くなっていくため、定期的な掃除に加えて、ゴムが劣化したら交換する必要があります。

ゴムの部分だけ別売りでも販売しているメーカーが多くありますが、最初から替えのゴムが付いている製品であればそのぶん長く使えるのでおすすめ。予備として保管しておけば、万が一ゴムの部分が外れて紛失してしまった場合でも、ゴムを付け替えてすぐにビューラーを使用できます。

ビューラーのおすすめブランド

資生堂(SHISEIDO)

By: shiseido.co.jp

「資生堂」は、日本生まれの化粧品メーカーです。化粧品の国内シェア第1位を有しており、化粧品以外にもヘアケア用品やヘルスケア用品などを展開しています。資生堂のビューラーはプロのヘアメイクアーティストも使用するほど幅広い層に人気。ドラッグストア等で手に入れやすく、初めてビューラーを買う際にもおすすめのブランドです。

マキアージュ(MAQUILLAGE)

By: rakuten.co.jp

「マキアージュ」は、化粧品メーカーである資生堂が2005年より展開しているコスメブランド。「レディにしあがれ。」をキャッチコピーに掲げ、大人でも使いやすいかわいらしく上品なコスメを販売しています。マキアージュのビューラーは横幅が広めに設計されているのが特徴です。

シュウウエムラ(shu uemura)

By: shuuemura.jp

1968年に日本人メイクアップアーティストの植村秀により設立された「シュウウエムラ」。「美しいメイクアップは美しい素肌からはじまる。」をブランドコンセプトに掲げ、スキンケアアイテムからコスメまで展開しています。シュウウエムラのビューラーは、まぶたやまつ毛への負担が少ないのが人気のポイントです。

キャンメイク(CANMAKE)

By: amazon.co.jp

「キャンメイク」は井田ラボラトリーズが展開している日本のコスメブランドです。ブランドコンセプトは「かわいく、たのしく、輝きたい!」。10~20代の女性をメインターゲットに、かわいくコスパのよいコスメを展開しています。キャンメイクのビューラーは、使い心地のよさはもちろん見た目もかわいいのが特徴です。

ビューラーのおすすめ|オーソドックスタイプ

第1位 資生堂(SHISEIDO) アイラッシュカーラー 213

オーソドックスタイプのビューラーです。38×102mmの平均的なサイズで、適度に弾力のあるシリコンゴムを採用。軽い力でまつ毛をしっかり持ち上げられるので、まつ毛への負担を減らしながらカールできます。

また、何千人もの日本人女性のまぶたの形を研究して開発したフレームもポイント。日本人女性の目の丸みにフィットしやすいカーブで、まつ毛を根元から持ち上げます。

第2位 マキアージュ(MAQUILLAGE) エッジフリー アイラッシュカーラー

支柱がまぶたに当たりにくいエッジフリー設計が魅力的な、幅39mmレギュラーサイズのビューラーです。アイメイクを崩さずにまつ毛を根元からとらえ、軽い力でカールできます。

また、比較的浅めのカーブになっているのも特徴。まつ毛を挟めば目尻までぐっと上げられるので、目が切れ長の方や一重の方などにおすすめです。

第3位 シュウウエムラ(shu uemura) アイラッシュカーラー

まぶたやまつ毛に負担をかけないよう、こだわり抜いて作られたビューラーです。日本人の目に合うよう設計されており、軽くまぶたに当てるだけで短いまつ毛もしっかりキャッチ。軽い力でまつ毛をカールさせられ、美しい仕上がりが長時間持続します。

オーソドックスタイプで、使い心地にクセがないためビューラー初心者の方にもおすすめ。初めてビューラーを購入する方にも人気の高い製品です。

第4位 オルビス(ORBIS) アイラッシュカーラー

日本人女性のまぶたの丸みや目の幅を徹底研究して作られたビューラー。フレーム作りにこだわっており、カーブの丸みや横幅の工夫のほか、ビューラー全体に金属アレルギー防止コートや抗菌コートを施しています。肌に直接金属が触れないように配慮されており、肌が弱い方からも人気です。

シリコンゴムには、力を入れなくてもしっかりまつ毛が上がるよう適度な弾力があるモノを採用。汚れが付きにくく、アイシャドウやファンデーションなどが付着した際もさっと拭くだけで清潔な状態を保てます。

第5位 コバコ(KOBAKO) アイラッシュカーラー

プラスチック製のビューラーです。コンパクトに作られており、レバー部分は折りたためるため持ち運びに便利。背面レバーを起こして下に押すことで、まつ毛をカールさせられます。

扇形の「パノラマまつ毛」を自然に作れるよう形状を工夫。放射状に広がるキレイなカールが付いたまつ毛は、エレガントで上品な目元を演出できます。目元がはっきりした印象になるため、まつ毛の長さや目の大きさで悩んでいる方にもおすすめです。プラスチック製のため、金属アレルギーがある方でも安心して使用できます。

第6位 アイプチ フィットカーラー ひとえ・奥ぶたえ用

一重や奥二重の方が使いやすいように設計されたビューラーです。先端が特殊な形状になっており、ビューラーを押し当てるだけでまぶたをアイホールの奥に押し上げます。まぶたがかぶってしまっているまつ毛の根本も露出できるため、根元からしっかりカールさせることが可能です。

日本人のまぶたに合わせたロングカーブ仕様で、目頭から目尻のまつ毛を一気に挟めるのも人気のポイント。素早くキレイなカールを作れるためメイクの時短にも繋がります。替えゴムが2個付属しており、長く使い続けられるのも魅力です。

第7位 コージー本舗 カービングアイラッシュカーラー

日本人女性約300人の目を測定して作られた、こだわりのビューラーです。38mmのワイドサイズで、目頭から目尻のキワまでしっかりとまつ毛をキャッチします。1本1本をセパレートし放射状に広げるため、目元が一気に華やかに。マスカラやアイシャドウなどほかのアイメイクと組み合わせることで印象的な目元を演出できます。

支柱がまぶたに当たらないよう設計されており、ビューラーのカーブがぴったりとまぶたにフィット。専用のプラスチックケースが付属しているため、繊細なカーブ部分やハンドルがゆがむのを防ぎ、キレイな状態を長く保てます。

第8位 キャンメイク(CANMAKE) アイラッシュカーラー

ピンクのデザインがかわいらしいオーソドックスタイプのビューラーです。日本人の目に合いやすい38mmのワイド設計で、目の横幅が広い方でも安心して使えます。カーブが比較的強めなため、まぶたの丸みが強い方や二重まぶたの方には特におすすめ。緩やかなカーブのビューラーが目に合わない方にもぴったりのアイテムです。

まつ毛が挟みやすいこだわりの設計で、短いまつ毛もしっかりとキャッチ。根元からカールアップでき、華やかなアイメイクが完成します。替えゴムが付属しているのも嬉しいポイントです。

第9位 ローラメルシエ(LAURA MERCIER) アーティスト アイラッシュ カーラー

横幅が広く、まぶた部分のカーブが緩やかな形状をしたオーソドックスタイプのビューラー。ユニークなワイドアングルは日本人の目の形に合わせて作られており、一重や奥二重、まぶたが平行気味な方に特におすすめのアイテムです。

まつ毛を1本1本持ち上げてカールできるよう設計にこだわっており、キレイなセパレートまつ毛を作ることが可能。ダブルハンドルグリップは安定性に優れているため、ビューラーを固定するのが苦手な場合にも重宝します。まつ毛に余計な負担がかかりにくく、まつ育中の方にも人気の高いアイテムです。

第10位 スック(SUQQU) アイラッシュカーラー

まぶたへのフィット感を追求して作られたビューラーです。日本人の目の形に合いやすく、まぶたにぴたっと密着するため目頭から目尻まで一気にまつ毛を挟むことが可能。まぶたに当たる部分の、特殊な山型の形状もポイントです。まぶたに差し込むことでまつ毛の根元部分に入り込み、しっかりとカールさせられます。

ゴム部分にクッション性があるため比較的ナチュラルなカールが作りやすく、まつ毛が極端に上がりすぎるのは苦手な方にもおすすめのビューラーです。

ビューラーのおすすめ|スプリングタイプ

第1位 エクセル(excel) スプリングパワーカーラー N

スプリングタイプのビューラーです。39mmと幅広の設計で、短いまつ毛も逃がさずキャッチできるよう形状が工夫されています。まぶたの丸みにフィットする3次元カーブ構造で、目頭から目尻までまつ毛をしっかりカール。目幅が広い方にもおすすめです。

スプリングパワー構造を採用しているため、軽い力で使えるのも嬉しいポイント。力を入れすぎてまつ毛が折れるなどの負担がかかってしまうのを防ぎます。ゴムの部分にも工夫が施されており、弾力に優れた特殊成型ゴムを採用。まつ毛に優しいビューラーです。

第2位 ノイル(NOYL) サイドフリー スプリングアイラッシュカーラー

一般的なビューラーの横枠部分がない、ユニークな設計のアイテム。横枠がないことにより目頭から目尻のキワのまつ毛までしっかりキャッチし、簡単に放射状のまつ毛を作れます。スタンダードなビューラーをうまく使いこなせない方にもおすすめの製品です。

スプリングタイプのため、あまり力を入れなくてもスムーズにまつ毛をカールできます。オーソドックスタイプのビューラーだとまつ毛が上がりすぎたり折れたりしてしまうという方にも人気です。

第3位 スピーディーアイラッシュカーラー スプリング式

日本人の目に合わせた角度を研究して作られたスプリングタイプのビューラーです。横幅39mmのワイドタイプで、一般的なビューラーでは挟みきれない目頭や目尻のキワのまつ毛までしっかりキャッチ。目幅が大きい方でも安心して使えます。スプリングタイプのビューラーはスムーズにまつ毛をカールでき、メイクの時短にも繋がるため人気です。

まつ毛を挟む部分のゴムはソフトシリコン製で、短いまつ毛も逃がさずキャッチ。やわらかく弾力があるため、まつ毛への負担が少ないのも嬉しいポイントです。

第4位 ファッションあらた スプリングアイラッシュカーラー FA-001-00

幅広タイプのビューラーです。日本人の目に合わせたサイズで作られており、目尻のまつ毛までしっかりキャッチ。ストッパーが付いているためハンドルが広がらず、持ち運びにも便利なアイテムです。

スタンダードなビューラーに多い指を通すタイプのハンドルではないため、爪が長い方やネイルをしている方でも使いやすいのが魅力。見た目よりも安定感があり、まつ毛が折れ曲がる心配も少なく済みます。軽い力でまつ毛を根元からカールさせたい方におすすめのビューラーです。

第5位 貝印 プッシュアップカーラー KQ0849

ピンク色がかわいい、スプリングタイプのビューラーです。まぶたが当たる部分には、ソフト樹脂を使用した押し上げ用パッドを採用。重たいまぶたもしっかりと押し上げ、まつ毛を根元からカールさせます。スタンダードなビューラーだとまつ毛が上がりきらない方にもおすすめです。

プラスチック製のため、金属アレルギーがある方でも使えるのが嬉しいポイント。コンパクトなサイズ感で持ち歩きにも便利なため、普段のメイクはもちろん、出先でのメイク直しなどの際にも重宝します。

ビューラーのおすすめ|部分用

第1位 資生堂(SHISEIDO) ミニアイラッシュカーラー 215


17×90mmのポイント用ビューラーです。目尻や黒目の上など、まつ毛を部分的に上げたいときに活躍。適度に弾力性のあるゴムを使っているので、まつ毛に負担をかけずに使用したい方にもおすすめです。

なお、本体のサイズに合わせて、ハンドルも小さくなっている点には留意しておきましょう。手指が大きめの方は、慣れるまで少し時間がかかる場合もあります。

第2位 シュウウエムラ(shu uemura) Sカーラー

先端がスリムに設計されている部分用のビューラーです。計算された小回りの利くフレームで、目頭や目尻のキワなど細かいところのまつ毛までしっかりキャッチ。スタンダードなビューラーではカールしきれなかったまつ毛もキレイにカールさせられます。

目尻などビューラーに収まりきらなかった部分のカールはもちろん、全体的なカールの調整や細かい部分のアクセント付けにも活躍。その日のメイクに合わせてカールの角度やデザインを変えたいときにも便利です。

第3位 プリマ粧業(Prima shogyo) カールアップ ステンレス製ハンドメイドまつ毛用カーラー C-2000

ユニークな形状が特徴的な部分用ビューラーです。オールハンドメイドのアイテムで、1本1本熟練した職人によって作られています。部分用のビューラーですが、数回に分けて挟み込むことで上まつ毛すべてをカールさせることも可能。反対向きに持つことで、下まつ毛にも対応する便利なアイテムです。

交換用のシリコンゴムが6個付属しており、毎日使用する方でも安心。付け替えも簡単で、劣化が気になった際にはすぐにゴムを交換できます。コンパクトサイズで携帯しやすいのも嬉しいポイント。ポーチに入れてもかさばらず、出先でのメイク直しが多い方にもおすすめのビューラーです。

第4位 コバコ(KOBAKO) アイラッシュカーラー ミニ

好みのカールをデザインできるミニタイプのビューラーです。目頭や目尻などの挟みにくい部分に使ったり、まつ毛全体の調節のために使ったりと、さまざまな方法で使用可能。少しずつ横にずらしながら使うことで全体のカールもできるため、出先でのメイク直しを本製品ひとつで済ませることもできます。

軽くてコンパクトなプラスチック製で、ポーチなどに入れて持ち運びやすいのも人気のポイント。アレルギーで金属製のビューラーが使えない方にもおすすめです。ゴム部分には溝が入っており、硬めのまつ毛もしっかりとキャッチします。

第5位 グリーンベル(GREEN BELL) 部分用アイラッシュカーラー EC-40

華やかなピンク色がかわいい部分用のビューラー。ハンドル部分が特殊な形状をしており、穴の開いた部分には中指を入れ、手前のレバーには親指をセットして使用します。先端は横幅が狭い作りで、目頭や目尻など通常のビューラーではカールしにくい部分もピンポイントにカールさせることが可能です。

目を引くカラーのためポーチの中で見つけやすいのも嬉しいポイント。目頭や目尻、下まつ毛のカールが苦手な方には特におすすめのビューラーです。

ホットビューラーのおすすめ

第1位 パナソニック(Panasonic) まつげくるん ナチュラルカール EH-SE11-E

先端にダブルヒーターを搭載した、コームタイプのホットビューラーです。ヒーター部分に温度を知らせる適温マークが搭載されており、使用可能な状態かどうかをマークの色で判断できます。約1~2分程度で適温まであたたまるため、忙しい朝でもスムーズに使えるのが魅力。出先でのメイク直しにもおすすめです。

ふたつのヒーターが付いているので、まつ毛を根元からしっかりとカールアップ。わざとらしくない自然な仕上がりで、ナチュラルで魅力的な目元を演出します。

フタが付属しているため、持ち運びにも便利。乾電池式で、万が一出先で充電が切れても電池を交換すれば使えるのも嬉しいポイントです。くり返し使える充電式のニッケル水素電池にも対応しています。

第2位 パナソニック(Panasonic) ホットビューラー まつげくるん 2WAYタイプ EH-SE70-P

つけまつ毛にも使える2wayタイプのホットビューラーです。先端にはコテ型のヒーターとコーム型のヒーターを搭載。ヘアーアイロンのような感覚で使用できます。つけまつ毛を付けている場合は、クリップ部分で自まつ毛とつけまつ毛を一緒に挟むことでより自然な仕上がりに。自まつ毛だけの場合でも、コテ型のヒーターを使えばくっきり華やかに仕上がります。

裏面のコーム型ヒーターは、細かい調節が可能。目頭や目尻など細部を整えたり、マスカラ後の仕上げに使ったりと幅広く活躍します。

スリムなスティックタイプで、ポーチの中にもかさばらず収納可能。メイクポーチを普段から持ち歩く方にも人気があります。電源は電池式で、充電式電池も使えるため経済的です。

第3位 アンラン(ANLAN) ホットビューラー

まつ毛のカールをしっかりキープできるホットビューラーです。温度調節機能を搭載しており、65℃と85℃の二段階で設定が可能。ナチュラルなカールにしたい場合は低温モード、くっきりとカールさせたい場合は高温モードのように使い分けることができます。LEDデジタルディスプレイが付いており、温度選択が直感的に行えるのも便利なポイントです。

急速予熱に対応しており、適温マーカーの色が約10秒で変わり始めます。電源を入れてすぐに使えるため、朝の忙しい時間や出先でさっとメイクを直したい際にもぴったり。ヒーターが直接まぶたに触れないようコームがデザインされており、やけどの心配も少なく済みます。

USB充電式でコスパがよいのも人気のポイント。1日5分程度の使用であれば、1回の充電で約2週間まで使用可能です。

第4位 コバコ(KOBAKO) ホットアイラッシュカーラー

日本人のまぶたにフィットしやすい形状のコームを採用したホットビューラーです。先端にはヒートパネル・セパレートコーム・ポイントコームの3つの機能を搭載しています。

ヒートパネルはプロの視点をもとに、日本人のまぶたにぴったりフィットする形を実現。根元からしっかりまつ毛をカールさせられます。セパレートコームは、まつ毛をとかすのにぴったり。ダマになったマスカラを優しく取り除けます。マスカラでまつ毛がくっついてしまった場合には、先端のポイントコームが便利です。

アーム部分は折りたたみができ、小さなポーチやバッグにも簡単に収納できます。電源は電池式で、交換方法が簡単なのも魅力です。