まつげをキレイにカールできる「ホットビューラー」。まつげをあげることによって目元が明るく華やかになるので、アイメイクには欠かせない美容家電のひとつです。通常のビューラーではまつげがあがりにくい方にもおすすめ。

しかし、ホットビューラーとひと口にいってもさまざまなバリエーションがあるため、どれを選べばいいか分からないもの。そこで今回は、おすすめのホットビューラーをランキング形式でご紹介します。併せて選び方のポイントも解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

ホットビューラーの選び方

タイプで選ぶ

カーラー型

By: amazon.co.jp

カーラー型は、通常のビューラーと同じようにまつげを挟んでカールさせるタイプ。普段のメイクで使うビューラーと使用感が似ているため使いやすく、初めてホットビューラーを手にする方におすすめです。

しかし、サイズが大きいため持ち運びには不向き。また、使い方を誤るとまぶたを挟んでしまう可能性があるので、火傷しないよう気を付けましょう。

カーラー型は、スピーディーにメイクが進められます。また、挟む際の力と熱のダブル効果で、しっかりまつげがあがるところも魅力。くっきりしたカールを付けたい方におすすめです。

スティック型

By: amazon.co.jp

ペンのようにスリムでポーチにも収まりやすく、持ち運びしやすいスティック型。外出先でまつげメイクを直したいときにも重宝します。先端に付いたコームで、まつげを持ちあげながら熱を加えてカールさせる仕組みです。

しかし、まつげをうまくカールさせるにはテクニックが必要。使い慣れるまでは時間がかかってしまうこともあります。また、まつげの質によってはカールが付きにくいのもデメリットです。

メリットとしては、カーラー型と違い、誤ってまぶたを挟んでしまう心配がないので安心して使える点。コームで整えられるため、まつげが放射状に美しく広がるのもうれしいポイントです。また、小回りが利くので、目頭や目尻など、ピンポイントでまつげをカールできます。

電源のタイプで選ぶ

急なバッテリー切れにも対応できる「乾電池式」

乾電池式は使う場所を選ばないのが魅力。乾電池はコンビニエンスストアやスーパー、ドラッグストアなどさまざまな場所で購入できるため、出先で突然バッテリーが切れてしまっても安心です。

ただし、ホットビューラーは短時間でヒーターを熱するので電池の消費量が多くなりがち。頻繁に使用する場合は何度も乾電池を購入しなければならず、ランニングコストがかかるため、コストパフォーマンスを求める方は注意が必要です。

コストを抑えられる「充電式充電式」

By: amazon.co.jp

コストパフォーマンス重視で選びたい場合は、USB充電式のホットビューラーがおすすめ。充電式はUSBなどを通じて直接充電できるため、繰り返し電池を購入する必要がなく、ランニングコストを抑えられます。

しかし、出先で充電が切れてしまった場合、モバイルバッテリーやフリー充電スペースなどからの給電が必須。メイク直しにも使いたい場合、充電器を持ち歩く必要があり荷物が増えるので、家で使う機会が多い方におすすめです。

適温になるまでの時間をチェック

ホットビューラーが適温になるまでの時間もチェックすべきポイント。時間がかかるモノだと、忙しい朝に使うには不便です。ホットビューラーを選ぶ際の目安としては、長くとも2~3分であたたまるモノがおすすめ。ほかのメイクをしている間にあたたまるので、スムーズにメイクが進められます。

適温になるとランプなどで知らせてくれる機能が付いている製品もあるため、気になる方は併せてチェックしてみてください。

お手入れのしやすさをチェック

By: tescom-japan.co.jp

ホットビューラーを選ぶ際は、お手入れのしやすいモノを選ぶことも大切。使用しているうちにマスカラやファンデーションなどの汚れが付いてしまうことがあります。汚れたままのホットビューラーを使い続けるのは不衛生であることに加え、カールもうまく付きにくくなるので定期的なお手入れが必要です。

ホットビューラーのヒーター部分は水洗いができないため、まつげと接する部分に凹凸が少なく、お手入れしやすい形状かどうかを必ずチェックしましょう。また、コーム部分だけ取り外してお手入れできるモノや、専用ブラシ付きのモノもあるので、チェックしてみてください。

ホットビューラーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、日本を代表する総合電機メーカー。生活家電や美容、健康や住宅設備などを幅広く取り扱っています。

「まつげくるん」というホットビューラーを発売しており、扇状に広がりやすいモノやつけまつげにも使えるタイプなどラインナップが豊富なのが特徴。ナチュラル・ボリューム・セパレートとさまざまな仕上がりのカールに対応しています。用途に合わせてチョイスできるため、自分に合ったモノを見つけやすいのが魅力です。

貝印

By: amazon.co.jp

貝印は、調理用品・化粧用品・衛生用品が揃う、日本のメーカー。100年以上の歴史をもつ会社です。貝印は、多くの女性の意見を取り入れて開発されたビューティーツールブランド「kobako」を展開しています。

セパレートコームやコンパクトコームが付いているなど、機能性や使いやすさを追求しているのが特徴。また、おしゃれなデザインにもこだわっているほか、折りたたみ式など持ち運びやすいホットビューラーが揃っています。

ホットビューラーのおすすめ人気ランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) まつげくるん EH-SE10P

パナソニック(Panasonic) まつげくるん EH-SE10P

ナチュラルなカールに仕上げたい方におすすめのホットビューラー。ダブルヒーター方式を採用しており、しっかりカール付けできるのが特徴。カールが持続しやすく、長時間の外出の際にもおすすめです。

適温になるまでの時間は、約1~2分。数分であたたかくなるので待つ時間が少なく、忙しい朝にも活躍します。また、適温になるとマークが紫からピンクに変わる仕組みを採用。あたたまっていることがひと目で分かるため、スムーズに使えて便利です。

カラーはピンクとゴールドの2種類があります。キャップ部分にハートがあしらわれたかわいらしいデザインも魅力。持ち運びやすいスティックタイプなので、外出先で使うのにもおすすめです。

第2位 日立 まつげカーラー アイクリエ

日立 まつげカーラー アイクリエ

初心者の方でも簡単にカールが作れる、カーラー型のホットビューラー。ボタンを押さえると温熱パッドが上がり、離すと下がる仕組みで扱いやすいのが魅力です。約70℃の温熱でカール付けするため力を入れる必要がなく、軽い押圧でキレイなカールに仕上げられます。

短時間で仕上げられるのもうれしいポイント。約10秒の予熱であたたまり、約5秒でカールが作れます。予熱だけでなくカールも素早く仕上がるため、準備や家事で忙しく時間がない方にもおすすめ。また、使用中はライトが点灯するので、暗い場所でも使いやすくて便利です。

約8時間キープすると謳われているのも特徴のひとつ。カールの持続力を重視する方にもおすすめです。カラーバリエーションは、パールピンク・パールブラウン・パールホワイトの3種類がラインナップされています。

第3位 パナソニック(Panasonic) まつげくるん 回転コーム EH-SE60

パナソニック(Panasonic) まつげくるん 回転コーム EH-SE60

回転コームを搭載したホットビューラー。360°回転するらせん状のコームにヒーターの熱が加わり、しっかりカール付けできるのが特徴です。

スリムなスティックタイプの形状で、約23gと軽量なのもうれしいポイント。ポーチの中に入れても場所を取らず、外出先でもさっと取り出して使えます。持ち運び用のホットビューラーを探している方にもおすすめです。

カラーは、ピンクゴールドとビビットピンクの2種類。電源は乾電池タイプで、繰り返し使える充電式電池にも対応しているので、経済的に使用できます。

第4位 貝印 KOBAKO ホットアイラッシュカーラー

貝印 KOBAKO ホットアイラッシュカーラー

日本人のまぶたにフィットしやすいコームを採用したホットビューラーです。目元のカーブに合わせたフラット状のヒートパネルを搭載。ヒートパネルをまつげの根元に押し当てることで、根元からしっかり持ち上がった自然なカールを作れるのが魅力です。

また、セパレートコームとポイントコームも搭載。セパレートコームを使うことで、マスカラのダマを直したりまつげの流れを整えられます。ポイントコームは、まつげ同士を離してキレイな扇状に仕上げるのにおすすめ。細かい部分が調節しやすいのもうれしいポイントです。

持ち運びやすさにもこだわっているのが特徴。コンパクトなサイズ感で、使用しないときは折りたためるため、外出の際にも活躍します。また、2種類の温度を用途に合わせて切り替えられるのも魅力。低温は、マツエクやつけまつげを整えるのにもおすすめです。

第5位 コイズミ(Koizumi) アイラッシュカーラー

コイズミ(Koizumi) アイラッシュカーラー

マツエクやつけまつげにも使えるホットビューラー。ボリュームコーム・セパレートコーム・サイドコームの3つを備えているのが特徴です。ボリュームコームでまつげのボリューム感をアップさせて華やかな印象に。セパレートコームでぱっちりとした印象の目元を演出します。

サイドコームは細かいコームになっており、マスカラのダマなどをとかしてキレイなまつげに仕上げられるのが特徴。3つのコームを使い分けることでキレイなまつげカールを作れます。また、スイングコームを採用しており、左右20度までスイングできるのがポイント。

目元に合わせて首をふれる仕組みなので、細かい部分までしっかりカール付けできます。カラーバリエーションは、ピンクとグリーンの2種類です。

第6位 テスコム(TESCOM) ホットビューラーTESCOM Me・up

テスコム(TESCOM) ホットビューラーTESCOM Me・up

高温ヒートを搭載したスティック型のホットビューラーです。約110℃のヒーターを採用しており、高温かつ均一にあたためられるのが特徴。しっかりカール付けして長時間持続する効果が期待できます。約60秒であたたまるので、スピーディーにセット可能です。

コーム部分には、まぶたにフィットしやすいカーブヘッドを採用。1本でボリュームコーム・ロングセパレートコーム・ポイントコームとして使えるので、いろいろなメイクを楽しみたい方におすすめです。

2段階の温度調節が可能なのもポイント。低温にすれば、つけまつげやマツエクにも使用できます。仕上げの印象によっても使い分けられて便利。また、コームは取り外して洗えるため衛生的で、長く使えます。

第7位 モノクローム アイラッシュカーラー KLC-0970

モノクローム アイラッシュカーラー KLC-0970

スイングコームを採用した、シンプルなデザインのホットビューラーです。目元にフィットしやすいカーブ状のコームを採用しており、左右20度首をふれるのが特徴。目頭や目尻などの細かい部分もカール付けしやすくて便利です。

ボリュームコームとセパレートコームの2WAY仕様を採用しています。ボリューム感をアップさせるのはボリュームコーム、まつげ同士をセパレートして扇状に仕上げるのはセパレートコームと使い分けられられて便利。マスカラ後やつけまつげにも使えるので重宝します。

約20gと軽量なのに加え、スティック型ですっきりとした形状なのがポイント。持ち運びしやすく、ポーチに入れても邪魔になりません。価格が安いだけでなく、乾電池1本で使用できて経済的です。

第8位 Ansoro ホットビューラー

Ansoro ホットビューラー

電池の交換が不要な、スティック型のホットビューラーです。USB充電を採用しており、2時間の充電で約2週間使えるのが魅力。充電さえしておけば電池切れになる心配がなく、旅行先でも気軽に使えて便利です。

約10秒で急速加熱するのもうれしいポイント。待つ時間がなくスピーディーに使えるので、毎朝の忙しい時間にも活躍します。あたたまると赤色から白色に変わるため一目瞭然。また、10分経つと自動で電源が切れるため、消し忘れてしまったときも安心です。

温度の2段階切り替えが可能なのも特徴のひとつ。低温は60~70℃、高温は75~85℃と用途に合わせて使い分けられます。持ち運びやすいように、コンパクトな設計を採用しているのもうれしいところです。

第9位 貝印 ホットアイラッシュカーラー

貝印 ホットアイラッシュカーラー

根元からしっかりカールできるヒートパネルが特徴のホットアイラッシュカーラーです。ヒートパネル・セパレートコーム・ポイントコームを搭載。ヒートパネルはフラット状になっており、根元に押し当てることで自然な扇状のまつげに仕上げられるのが魅力です。

また、目元にフィットしやすいカーブ設計なので、目頭や目尻、下まつげなどのセットしにくい部分にも使いやすいのがポイント。セパレートコームやポイントコームを使えば、マスカラのダマを取ったり細かく調節できたりと便利です。

持ち運びやすい折りたたみタイプで、2つにたたむと電源がオフになるため安心して使用できます。ヘアメイクアップアーティストと共同開発された、人気のホットビューラーです。

ホットビューラーの使い方

By: amazon.co.jp

カーラー型とスティック型に分けて、ビューラーの使い方を解説します。カーラー型のホットビューラーは、電源を入れてあたたまったら、まつげの根元にあてます。その後、パッドを押し上げてまつげを挟んでカールを作りましょう。スティック型のビューラーとは違って熱が加わりやすいため、火傷しないように注意してください。

続いては、スティック型のホットビューラーの使い方です。電源を入れてあたたまったら、まつげの根元にホットビューラーをあてて数秒キープします。そのまま毛先までスライドしていき、また数秒間キープ。キープすることでしっかりとカール付けできるため、必ず数秒間待つようにしましょう。

スティック型のホットビューラーを使う場合は、まつげ全体を一度にカールするのではなく、目頭・中央・目尻部分の3つに分けてセットするのがポイント。セパレートコームが付いている場合は、マスカラのダマを取りながらカールを作って整えましょう。目頭や目尻などの細かい部分に適したポイントコームが付いている製品もあります。