まつげをキレイにカールしてくれる「ホットビューラー」。まつげをあげることによって目元が明るく華やかになるので、アイメイクには欠かせない美容家電のひとつです。通常のビューラーではまつげがあがりにくい方にもおすすめ。

しかし、ホットビューラーとひと口にいってもさまざまなバリエーションがあるため、どれを選べばいいかわからないもの。そこで今回は、おすすめのホットビューラーをランキング形式でご紹介。あわせて選び方のポイントも解説するので、気になる方はチェックしてみてください。

ホットビューラーの選び方

タイプで選ぶ

カーラー型

By: amazon.co.jp

カーラー型は、通常のビューラーと同じようにまつげを挟んでカールさせるタイプ。普段のメイクで使うビューラーと使用感が似ているため使いやすく、初めてホットビューラーを手にする方におすすめです。

しかし、サイズが大きいため持ち運びには不向き。また、使い方を誤るとまぶたを挟んでしまう危険があるので、火傷しないよう気を付けましょう。

カーラー型は、スピーディにメイクが進められます。また、挟む際の力と熱のダブル効果で、しっかりまつげがあがるところも魅力。くっきりしたカールを付けたい方におすすめです。

スティック型

By: amazon.co.jp

ペンのようにスリムでポーチにも収まりやすく、持ち運びしやすいスティック型。外出先でまつげメイクを直したいときにも重宝します。先端についたコームで、まつげを持ちあげながら熱を加えてカールさせる仕組みです。

しかし、まつげをうまくカールさせるにはテクニックが必要。使い慣れるまでは時間がかかってしまうこともあります。また、まつげの質によってはカールが付きにくいのもデメリットです。

メリットとしては、カーラー型と違い、誤ってまぶたを挟んでしまう心配がないので安心して使える点。コームで整えられるため、まつげが放射状に美しく広がるのも嬉しいポイントです。また、小回りが利くので、目頭や目尻など、ピンポイントでまつげをカールできます。

電源のタイプで選ぶ

急なバッテリー切れにも対応できる「乾電池式」

乾電池式は使う場所を選ばないのが魅力。乾電池はコンビニエンスストア・スーパー・ドラッグストアなどさまざまな場所で購入できるため、出先で突然バッテリーが切れてしまっても安心です。

ただし、ホットビューラーは短時間でヒーターを熱するので電池の消費量が多くなりがち。頻繁に使用する場合は何度も乾電池を購入しなければならず、ランニングコストがかかるため、コストパフォーマンスを求める方は注意が必要です。

コストを抑えられる「充電式」

By: amazon.co.jp

コストパフォーマンス重視で選びたい場合には充電式のホットビューラーがおすすめ。充電式はUSBなどを通じて直接充電できるため、繰り返し電池を購入する必要がなく、ランニングコストを抑えられます。

しかし、出先で充電が切れてしまった場合、モバイルバッテリーやフリー充電スペースなどからの給電が必須。メイク直しにも使いたい場合、充電器を持ち歩く必要があり荷物が増えるので、家で使うだけという方におすすめです。

適温になるまでの時間をチェック

ホットビューラーが適温になるまでの時間もチェックすべきポイント。時間がかかるモノだと、忙しい朝に使うには不便です。ホットビューラーを選ぶ際の目安としては、長くとも2~3分で温まるモノがおすすめ。ほかのメイクをしている間に温まるので、スムーズにメイクが進められます。

適温になるとランプなどでお知らせしてくれる機能が付いている製品もあるため、気になる方はあわせてチェックしてみてください。

お手入れのしやすさをチェック

By: amazon.co.jp

ホットビューラーを選ぶ際は、お手入れのしやすいものを選ぶことも大切。使用しているうちにマスカラやファンデーションなどの汚れが付いてしまうことがあります。汚れたままのホットビューラーを使い続けるのは不衛生であることに加え、カールもうまく付きにくくなるので定期的なお手入れが必要です。

ホットビューラーのヒーター部分は水洗いができないため、まつげと接する部分に凹凸が少なく、お手入れしやすい形状かどうかを必ずチェックしましょう。また、コーム部分だけ取り外してお手入れできるものや、専用ブラシ付きのモノもあるので、検討してみてください。

ホットビューラーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

大阪を本社として事業を展開しているパナソニック。家電をはじめ、住宅設備や電気自動車など、電気にまつわるさまざまな製品を開発しています。また、高い技術と各国の文化とを融合し、世界中の誰もが快適に使える製品を作り続けているのも魅力。

展示会やショールームなどで、ユーザーの意見を常に取り入れる姿勢を大事にしているパナソニックの製品は、今や世界中のあらゆるところで愛用されています。ホットビューラーにおいても、さまざまなタイプや機能性の高いアイテムを展開しているのが特徴です。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

1910年創業の日立製作所。「優れた自主技術・製品の開発を通じて社会に貢献する」を企業理念とする国内トップクラスの電機メーカーです。洗濯機や冷蔵庫、美容家電など、暮らしに役立つさまざまな電気製品を販売。適温時間の早いホットビューラーも展開しています。

ニトリ

「住まいの豊かさを世界の人々に提供する」という企業理念を掲げるニトリ。家電や家具から細かな生活用品に至るまで、暮らしにまつわるさまざまな製品を展開しています。また、ショッピングモールやリフォームなどの幅広い事業を展開し、よりよい暮らし作りに尽力しています。

ホットビューラーにおいても、安価な製品を展開しているのが特徴。まず試してみたい、という初心者の方にピッタリです。

貝印

By: rakuten.co.jp

刃物作りで800年以上もの歴史を持つ、岐阜県関市で1908年に創業した貝印。刃物を中心としたさまざまな製品を開発・製造しています。

現在では調理・ビューティーケア・医療用などあらゆる分野で10,000以上もの製品を手がけており、コンパクトなホットビューラーも展開。高品質な製品は、世界中の人々に快適さをもたらしています。

ホットビューラーのおすすめ人気ランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) まつげくるんナチュラルカール EH-SE10P

パナソニック(Panasonic) まつげくるんナチュラルカール EH-SE10P-N

スリムなスティック型のホットビューラーです。コスメポーチにもラクラク入るので、持ち運びに便利。2つのヒーターが内蔵されており、まつげにしっかりと熱を伝えられるため、あがりにくいまつげもキレイにカールされます。美しいスタイルが長時間キープできるのが魅力です。

およそ1~2分で適温になるので、忙しい朝の時間でもスムーズに使い始められるのも嬉しいところ。温まったのがひと目でわかる適温マーク付きです。お手入れ用のブラシも付属しているため、汚れが気になったらすぐにお手入れが可能。いつもキレイな状態でメイクできます。

乾電池式を採用しているので、単3電池1本でおよそ3週間使用可能。どこででも気軽に使用できるホットビューラーです。

第2位 日立(HITACHI) まつげカーラー アイクリエ HR-550

日立(HITACHI) まつげカーラー アイクリエ HR-550-P

カーラー型のホットビューラーです。約70℃の温熱でしっかりまつげをカールさせるため、キレイなカールが長持ちするのが魅力のひとつ。予熱時間がたったの10秒と短いことに加え、カールにかかる時間もわずか5秒。朝のメイク時間を短くしたい方におすすめです。

さらに、ライトがついているので薄暗い場所での使用もスムーズ。電源は乾電池式を採用しており、単4電池2本使用でおよそ1か月使用できます。パールピンク・パールブラウン・パールホワイトの3色展開です。

第3位 貝印 ホットアイラッシュカーラー KQ0340

貝印 ホットアイラッシュカーラー KQ0340

手のひらに載るほどのコンパクトさが魅力のホットビューラー。収納時にはアームが格納できるため、ポーチのなかでも場所をとらず、気軽に持ち運べるのが魅力です。外出先でのメイク直しや、旅行中のメイクなどさまざまなシーンで使えます。電源は乾電池式で、単4電池1本で使用できます。

先端はヒートパネルになっており、まつげを根元からしっかり持ちあげられるのが特徴。まつげが短くてなかなかカールが付きにくい方や、逆さまつげの方もスムーズに使用できるのでおすすめです。

第4位 ニトリ ミニホットビューラー EC-0828

ニトリ ミニホットビューラー EC-0828

コンパクトなシルバーのボディが目を引くホットビューラー。長さ10cm以下と小さいためポーチにも収まりやすく、気軽に持ち運べます。本体の重さは10gと軽量。外出時の持ち運びも苦になりません。

先端はコーム型で、まつげをコームでゆっくりと押しあげるだけでカールが完成。ナチュラルな仕上がりが好きな方におすすめです。適温マークが付いているので、温まったかどうかがひと目でわかるのがポイント。電源は乾電池式で、単4電池1本で使えます。

第5位 コイズミ(KOIZUMI) アイラッシュカーラー KLC-0950

コイズミ(KOIZUMI) アイラッシュカーラー KLC-0950

まぶたのカーブに合わせてまつげを一気に持ちあげる「eyeフィットカーブ」が特徴のホットビューラー。まつげを束ねてボリューム感をあげる「ボリュームコーム」と、まつげをセパレートしてパノラマ感をあげる「セパレートコーム」の2WAY仕様が魅力です。

また、目元の位置に合わせて左右30°ずつ首を振るスイングコームを採用しているのもポイント。つけまつげやマスカラのうえからでも使用でき、メイクの仕上げやメイク直しの際にも使えます。スリムボディかつ単4アルカリ電池1本で動くため、ポーチに入れて持ち歩きたい方におすすめです。

第6位 テスコム(TESCOM) ホットビューラー TL326

テスコム(TESCOM) ホットビューラー TL326

約60秒で110℃まで温まり素早く使える「高速ヒート」が魅力のホットビューラー。温度はHIGHとLOWの2段階で調節でき、つけまつげやまつエクだけでなく、さまざまなタイプのマスカラにも対応しています。

目の形にフィットしやすいカーブヘッドもポイント。コーム部分はボリューム・セパレート・ポイント使いに対応した3WAYタイプなので、気分によってまつげの仕上がりを変えられます。ポイントコームで目尻・目頭・下まつげなどの細かな部分もしっかりカールできる、おすすめモデルです。

第7位 パナソニック(Panasonic) ホットビューラー まつげくるん EH-SE60

パナソニック(Panasonic) ホットビューラー まつげくるん EH-SE60-VP

360°回転するコームが特徴のホットビューラー。熱が効率的にまつげへと伝わり、ムラが少なくきれいにカールできます。スリムな形状のらせん型コームは、目頭・目尻・下まつげなどの細かい部分にもフィットさせやすく、思い通りにスタイリングできるのが魅力です。

回転コームは取り外せるため、お手入れ時もスムーズ。ブラシが付属しているので、こまめにお手入れできて清潔に保てます。電源は乾電池のほか、充電池にも対応しており、頻繁に乾電池を交換するのが面倒な方にもおすすめです。

スリムなスティック型で、ポーチに入れてもかさばらないのでお出かけの際にも持ち運びやすいのが嬉しいところ。外出先でのメイク直しや旅行先など、いつでも気軽に使えるホットビューラーです。

第8位 コバコ(KOBAKO) ホットアイラッシュカーラー PQ3322

コバコ(KOBAKO) ホットアイラッシュカーラー PQ3322

貝印から生まれたビューティーツールブランド「KOBAKO」のホットビューラーです。花のボタンを押すとヒートパネル部分が持ちあがる「スイングフォルム」が特徴。アーム部分が出ていれば自動でON、2つ折りにしたらOFFと、電源が点いているかどうかをひと目で判断できます。

コームはセパレートコームとポイントコームの2種類。マスカラがダマになるのを防ぎ、まつげを放射状に持ちあげます。また、2段階の温度切り替えスイッチが付いているため、使っているマスカラの種類を問わず使えるのも魅力です。

第9位 柳瀬(rooro) ミニマム ホットビューラー

柳瀬(rooro) ミニマム ホットビューラー

本体サイズ11cmのコンパクトなホットビューラー。ポーチにも入りやすく、単4アルカリ電池1本で動くため、持ち歩きに便利な製品です。

約30秒で温まる速熱タイプが魅力。時間のない朝や、外出時のメイク直しなど、まつげをあげたいタイミングでサッと使えます。また、まつげコームが付いており、自まつげ・まつエクを問わずキレイに整えられるのもポイント。1,000円以下のプチプラ製品なので気軽に購入でき、初めてホットビューラーを買う方にもおすすめです。

第10位 Benow ホットビューラー

Benow ホットビューラー

USBで充電できる便利なホットビューラー。面倒な電池交換が必要なく、付属のケーブルでパソコンなどに接続すればすぐに充電できます。2時間の充電でおよそ2週間の使用が可能。30gと軽量で、どこでも気軽にまつげケアができます。

たったの30秒で予熱が完了するのも嬉しいところ。朝の忙しい時間はもちろん、外出先でもスピーディにメイク直しができます。凹凸が付いたコームを採用しているため、ヒーターが皮膚に接触しないようになっており、安全に使用できるのもメリットです。

また、温度を60℃と80℃の2段階で調節できるのも大きな特徴。パワーの強い80℃なら、まつげが短かったり、硬かったりしてカールが付きにくい方でも、しっかりカールアップできます。60℃の際は黄色、80℃の際は緑色のランプが点くので温度がひと目でわかって便利です。