“男の自信は顔に表れる”といわれるように、男のフェイスケアは重要。最近は男性専用の理美容家電が続々と展開されており、導入する方も増えてきています。特に印象を左右するヒゲは、日頃から整えて清潔感を保つのが大切です。

そこで今回は、おすすめの「ヒゲトリマー」をご紹介します。気になる方はぜひチェックしてみてください。

ヒゲトリマーとは?

By: amazon.co.jp

ヒゲトリマーとは、ヒゲをカットするためのグルーミング用品。ビアードトリマーとも呼ばれます。シェーバーのようにヒゲをただ剃るのではなく、長さを均一にカットしたり形状を整えたりと、細かく調節できるのがポイント。ヒゲを生やしている男性にとっては欠かせないアイテムです。

ヒゲトリマーとバリカンの違い

By: amazon.co.jp

ヒゲトリマーとバリカンの違いは使用目的です。両者の構造はほとんど同じですが、ヒゲトリマーはヒゲを整えるために作られたモノで、バリカンは頭髪を整えるために作られたモノ。それぞれの部位をカットしやすいように特化しています。

最大の違いは「ブレードの幅」。ヒゲトリマーは細かい作業がしやすいように幅が短めに作られています。一方、バリカンは元々髪の毛を整えることを目的としているため、ブレードの幅が広めに作られているのが特徴。広範囲をカットするのは得意ですが、口の周辺のように狭い範囲をカットするのは苦手です。

ヒゲトリマーの選び方

毛量やシーンに合わせて電源方式をチェック

毛量が多い場合は「充電式」がおすすめ

By: philips.co.jp

パワフルな性能を持つモデルが多い充電式のヒゲトリマーは、毛量が多い方におすすめです。定期的な電池交換の手間がかからないのがメリット。急速充電に対応したモデルや、連続使用時間が長いモデルなどもあるので、自身の使い方に合わせて選べます。

充電交流式であれば、バッテリーとAC電源の両方で使用可能。使おうと思ったらバッテリーが残っていないというシーンでも、コンセントから電源を取りながら使えます。状況に応じて使い分けできるのが魅力です。

持ち運びたい場合は「電池式」が便利

By: amazon.co.jp

電池式のヒゲトリマーは、小型で軽量なモデルが多いことが特徴。定期的に電池を交換する必要がありますが、電池さえあれば電源がいらない点がメリット。携帯性に優れているため、旅行や出張用におすすめです。

低価格なモデルが多いことも特徴のひとつ。充電式のヒゲトリマーを持っている場合でも、持ち運び用に電池式を持っておくと便利に使えます。

刃の枚数をチェック

By: amazon.co.jp

ヒゲトリマーを選ぶうえでは、刃の枚数も重要。刃の枚数が多いほど、剃り残しが少ないので使い勝手が向上します。刃の枚数に応じて価格は上がるので、使用頻度が高い方やヒゲが濃い方は予算を考慮して選ぶようにしましょう。

長さ調節機能をチェック

By: amazon.co.jp

ヒゲトリマーによっては、本体についているダイヤルを回すだけでアタッチメントが切り替えられ、カットの長さを調節できるタイプもあります。

例えば、0.5mm単位で0.5〜10mmの範囲を20段階で調節することが可能なモデルであれば、ヒゲの伸び具合にあわせて剃ることが可能。また、仕上がりの程度も好みにあわせてコントロールできます。

アタッチメントをチェック

By: philips.co.jp

アタッチメントには、ヒゲの長さを調節できるコームはもちろん、毛を細かく整えられるコームなど、さまざまな種類があります。

アタッチメントは、ヒゲを思い通りにデザインするためには欠かせないモノ。こだわりがある方は、どのようなスタイルを作れるのかチェックしておきましょう。

防水機能をチェック

By: amazon.co.jp

ヒゲトリマーは直接肌に接触させて使用するので、皮脂汚れなどが溜まりやすいものです。刃に皮脂汚れが付着したままだと切れ味が衰えたり、肌を傷つけたりする危険性があります。そのため、日頃からお手入れをすることが重要です。

水洗いができれば洗浄が容易に行えます。刃の部分や本体を水洗いできる防水機能が搭載された製品を選ぶのがおすすめです。

その他の便利機能をチェック

By: rakuten.co.jp

ヒゲトリマーのなかには、刃の切れ味を長持ちさせる「自動研磨機能」を搭載したモデルもあります。また、刃の手入れをするときにオイルを差す必要があるモノもありますが、オイル不要のモデルを選ぶとメンテナンスが容易です。

本体内部にカットしたヒゲを吸引するシステムを搭載しているモデルであれば、ヒゲをカットしながら吸い込むので、周囲への飛び散りも防げるほか後片付けもラク。忙しい朝もヒゲのお手入れはしっかり行いたい方はぜひチェックしておきましょう。

ヒゲトリマーのおすすめメーカー

ブラウン(Braun)

By: braun.jp

電気シェーバーや電動歯ブラシで有名なドイツの電気器具メーカーです。ブラウンのヒゲトリマーは、本体についているダイヤルを回すだけで、簡単に長さ調節できるのがポイント。口周辺は短め、アゴ周辺は長めというように、部位によって微調整したいときに便利です。

ブラウンはヒゲトリマーの製品ラインナップが少ない一方、アタッチメントが豊富。ロングアタッチメントを装着すれば最大20mmまでの長さに対応できるモノもラインナップされています。短めのヒゲはもちろん、長めのヒゲにも対応できるおすすめのメーカーです。

フィリップス(Philips)

By: amazon.co.jp

肌に優しいシェーバーを発売していることで有名な「フィリップス」。ヒゲトリマーも同様に、丸みを帯びたブレードやコームを採用したり、ヒゲを起こしてからカットすることで肌へのダメージを抑えたりと、敏感肌の方に嬉しい機能を備えています。

また、モデルによっては「ヒゲ吸引システム」を搭載しているのもポイント。カットした毛を吸引して周囲への飛散を減らせます。ヒゲを剃った後の手入れが苦手な方におすすめです。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

理美容家電に力を入れている日本の電機メーカー「パナソニック」。充電切れの直前までパワーが落ちにくいモデルや、細部までデザインできるスマートタイプのモデル、髪の毛やボディヘアを刈れるモデルなど、製品ラインナップが豊富です。

また、パナソニックのヒゲトリマーには、防水機能を備えた製品が多いのもポイント。水でサッと毛クズを洗い流せるので簡単に後片付けができます。日本のライフスタイルに合った高性能なヒゲトリマーを展開しているおすすめのメーカーです。

ヒゲトリマーのおすすめ人気モデル

ブラウン(Braun) ヒゲトリマー BT3240

人間工学に基づいたデザインのヒゲトリマー。39段階の長さ調節に対応しているため、ショートスタイルからロングスタイルまで幅広く整えられます。長さ調節はダイヤル式なので、直感的に操作できる点も魅力です。

1〜10mm用と11〜20mm用の2つのアタッチメントが付属。好みの長さに合わせたアタッチメントを装着することで、初心者でも簡単にスタイリングできます。

「PROブレードテック」と呼ばれるブラウン独自の刃構造による、高いカット力も特徴のひとつ。アタッチメントを外すことで、細かいラインもムラなく均一に仕上げられます。防水設計になっているので、使用後はまるごと水洗い可能なのもおすすめのポイントです。

ブラウン(Braun) ヒゲトリマー BT7040

ヘアーカットにも対応した充電式のヒゲトリマー。ヒゲの濃さを自動で読み取る人工知能が搭載されており、自動でパワーを調節できることが特徴です。長時間使ってもパワーが落ちにくく、快適にスタイリングできます。

ダイヤルが搭載されており、0.5mm単位で39段階の長さ調節が可能。アタッチメントとして1〜10mm用と11〜20mm用のコームが付属するので、好みの長さに合わせて使い分けられます。キワゾリ用ヘッドも同梱されるので、細かな調節も可能です。

アタッチメントをつけることで、シェービングやヘアーカットにも対応。1台で複数の使い方ができるおすすめのヒゲトリマーです。

ブラウン(Braun) ヒゲトリマー BT7240

リチウムイオン電池を搭載した充電式のヒゲトリマー。約1時間でフル充電となり、約100分間使用できます。まるごと水洗いが可能な防水機能を搭載しているので、使用後のお手入れが簡単な点も魅力です。

人工知能テクノロジーを搭載していることも特徴のひとつ。ヒゲの濃さを毎秒13回読み込み、濃さに合わせてパワーを落とさずスタイリングが可能です。ブラウン独自の刃構造である「PROブレードテック」により、引っかかりのないスムーズな切れ味を実現します。

長さ調節は、39段階のダイヤル式。1〜10mm用と11〜20mm用のコームにより、幅広い長さのヒゲに対応します。細かい部分は、キワぞり用ヘッドを装着することできれいにスタイリング可能なのもポイントです。

フィリップス(Philips) ヒゲトリマー BT3213/14

切れ味が長持ちしやすいステンレス刃のヒゲトリマー。ズームホイールを使った20段階の長さ調節に対応し、0.5〜10mmで調節できます。刃先が丸みを帯びていることも魅力。肌にスムーズに密着するなめらかな使い心地なので、引っかかりにくく肌が弱い方でも安心して使えます。

リフト&トリミングシステムを採用し、ヒゲリフトコームがヒゲを根元から引き上げて適切な位置にガイドするため、無精ヒゲでも均一に仕上げられます。1時間の充電で約1時間使用できるうえに、バッテリーが少ないときは電源に接続しながら使用可能です。

フィリップス(Philips) ヒゲトリマー BT5204/15

細かい長さ調節が可能なヒゲトリマー。ダイヤルを回転させることで17段階の長さ調節が可能です。0.4〜1mmでは0.2mm単位、1〜5mmでは0.5mm単位、5〜10mmでは1mm単位の調節に対応しています。

コームがヒゲを適切な位置にガイドするため、無精ヒゲでも1回のストロークで簡単にカット可能。切れ味のよい45°ダブル鋭角のフルメタル刃を搭載しているので、一度に処理できるヒゲが多く、すばやくトリミングできます。

フィリップス独自の自動研磨システムを搭載しているため、切れ味が長期間衰えにくいことも魅力のひとつ。本体はIPX7の防水仕様なので使用後に丸洗い可能なうえ、水洗い後もオイル差しが不要です。

フィリップス(Philips) バキュームヒゲトリマー BT7220/15

カットしたヒゲの90%を吸引できると謳うヒゲ吸引システムを搭載したヒゲトリマー。ヒゲの飛び散りを気にせずに、じっくりトリミングできることが魅力です。ステンレス製の45°ダブル鋭角刃で、すばやく均一に仕上げます。

20段階の長さ調節に対応。0.5~10mmで0.5mm単位に調節できるので、長いヒゲも短いヒゲもムラなくカットできます。長さ調節リングを回すと、設定した長さがミリ単位でデジタル表示されるのも魅力です。

寝ているヒゲを起こすリフト&トリミングシステムを採用しているため、均一にカットできることも特徴。また、使用中に刃同士が軽くぶつかり合うことで、刃の切れ味を長期間維持可能です。充電交流式なので、バッテリー残量が少ないときでもコンセントに接続して使えます。

フィリップス(Philips) ヒゲトリマー QT4012/15

20段階の長さ調節に対応したヒゲトリマー。0.5mm単位で0.5~10mmの長さ調節に対応しているので、細やかなトリミングが可能です。調節はダイヤル式で、好みの長さに設定した後にロックもできます。

優れたカット性能を持つ刃は、チタンコーティングによって長期間切れ味をキープできることが特徴。さらに、フィリップス独自の自動研磨システムも搭載しているため、オイルを差さずにシャープな刃を維持します。

充電交流式のため、コードあり・なしの両方で使える点も魅力。持ち運びに便利なソフトポーチも付属するので、旅行や出張用にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) ヒゲトリマー ER2403PP

スリムなデザインのヒゲトリマー。本体サイズが高さ14.4×幅4.3×奥行3.4cm、重量が128gと小型で軽量なことが特徴です。電池式のため、電源がない場所でも使えることがポイント。携帯性に優れているため、旅行や出張におすすめです。

人間工学に基づいたエルゴカーブデザインを採用しているため、手に馴染みやすく使いやすいことも魅力。ヒゲ専用の幅が小さい刃を採用しているため、肌を傷めにくく、細かくコントロールできます。

アタッチメントを上下にスライドさせることで、3・6・9・12・15mmの長さ調節が可能。もみあげを揃えたり、産毛を剃ったりといった用途に合わせて使えます。本体はまるごと水洗いに対応できるのもおすすめのポイントです。

パナソニック(Panasonic) ヒゲトリマー ER-GB40

0.5mm単位で長さ調節可能なヒゲトリマー。直刃だと約0.5mm、アタッチメントをつけると1~10mmで19段階に長さ調節が可能です。長さ調節はダイヤル式のため、片手でも簡単に操作できます。

刃先の角度が45°まで鋭角化されていることも特徴のひとつ。鋭い刃でヒゲを断ち切るので、均一に仕上がりやすくなります。アタッチメントを外せば、水や洗顔剤をつけた状態で使えるので、肌をいたわりながらトリミング可能です。

本体はIPX7基準の防水設計。刃を外さずにヒゲ刃先についたヒゲや汚れを洗い流せるウォータースルー洗浄が可能なので、使用後のお手入れも手間がかかりません。お風呂で使いたい方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) ヒゲトリマー ER-GB74

ヒゲ以外のムダ毛ケアにも利用できるヒゲトリマー。ヒゲ用のほか、ボディ用とヘアー用のアタッチメントが付属するので、1台でさまざまな部位のケアができます。全身のケアをしたい方におすすめです。

ナロートリマーと呼ばれる幅の狭い刃を採用しているので、もみあげや耳まわりなどのきわ剃りも可能。細かい部分にまでこだわりながら、自由にヒゲの形を整えられます。長さは、0.5mm刻みで0.5~20mmの38段階調節が可能です。

「ウォータースルー機能」を搭載しているため、刃を外さずにゴミや汚れを洗い流せます。約1時間でフル充電になる充電交流式なのでコードレスに使えるほか、充電が切れても電源コードをコンセントに繋げば使用可能です。

パナソニック(Panasonic) ヒゲトリマー ER-GD60

部位に合わせて持ち方を変えられるヒゲトリマー。I字シェイプデザインを採用しているので、頬や口周り、顎下などヒゲの部位に合わせた持ち方ができることが特徴です。ライン作りのような細かいデザインも、自然な持ち方で簡単にトリミングできます。

丸みのある幅広い刃先のトリマー刃を採用していることも特徴のひとつ。刃の先端が尖っていないので肌に食い込みにくいので、肌荒れが気になる方や敏感肌の方におすすめです。

0.5~10mmの長さ調節に対応したアタッチメントと、刃の先端のみでカットできるディティールアタッチメントが付属。大まかなデザインから、狭いところのお手入れまで幅広く対応します。

刃が水洗いに対応しているので、清潔に保つことが可能。充電交流式のため、コンセントに繋いだ状態でも使えます。

パナソニック(Panasonic) リニアヒゲトリマー ER-SB60

パワフルなヒゲトリマー。リニアモーターを搭載したことにより、充電切れ直前までパワーをキープできることが特徴。一定のパフォーマンスで最後までスムーズにカットできるので、仕上がりにムラができにくいのが魅力です。

直感的なダイヤル操作により、0.5mm刻みで1~10mmの長さ調節に対応。ディティールアタッチメントを装着すると刃の先端のみでカットできるので、狭いところのお手入れも可能です。用途に合わせた使い分けができます。

ウォータースルー洗浄に対応しており、刃を外さずに水洗い可能。スイッチロック機能を搭載しているため、持ち運びにもおすすめです。

ロゼンスター(LOZENSTAR) 充電式ヒゲトリマー TR-474

コンパクトなヒゲトリマー。本体サイズは高さ11.2×幅5.4×奥行3cm、重量が約105gの小型軽量なので、旅行や出張などの持ち運び用におすすめです。手のひらに収まるサイズなので肌に沿わせやすく、細かいデザイン作りにも適しています。

長さ調節は、3・6・9・12・15・18・21mmの7段階。調節はスライド式で、アタッチメントのロック機能も搭載されています。スキ刈りコームを搭載しているので、ヒゲや前髪のボリューム調節も可能です。

リチウムイオン電池を内蔵した充電式なので、コードレスで使用できます。8時間の充電で約60分の作動が可能です。

SUPRENT ヒゲトリマー BT475BX-1J1

USBケーブルで充電ができるヒゲトリマー。ハンドル部分が人間工学に基づいた形状をしているので握りやすく、動かしやすいことが特徴です。USBケーブルで充電できるので、モバイルバッテリーからの充電にも対応。外出先でも使いたい方におすすめです。

長さ調節は片手で操作しやすいダイヤル式。2種類のアタッチメントを使うことで、1~20mmの38段階に調節可能です。取り外し可能な刃は水洗いできるため、清潔な状態を保てます。

リチウムイオン電池を搭載していることも特徴のひとつ。1.5時間の充電で、最長約90分作動します。安全ロックが搭載されているため、誤作動してしまう心配がいらない点もポイントです。

SUPRENT ヒゲトリマー BT355

急速充電に対応したヒゲトリマー。リチウムイオン電池を搭載しており、1.5時間の充電で、約90分の作動が可能です。10分間充電すれば約20分使える急速充電機能も魅力。バッテリー残量の低下を知らせるインジケーターも搭載されています。

USBケーブルで充電できるので、モバイルバッテリーからも充電可能。アタッチメントとダイヤル式の長さ調節により、きれいなトリミングができます。長さ調節は、最長10mmまでの10段階。細かなデザインや長さに対応できます。

刃は取り外して水洗い可能。刃に自動研磨機能が搭載されているので、長期間切れ味をキープできます。