髪を乾かしつつ、ヘアスタイルを整えられる「カールドライヤー」。ブラシでストレートにしたり、カールにしてボリュームを出したりできるのが特徴です。とはいえ、ブラシのタイプやサイズなどに違いがあるため、どれを選ぶべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、おすすめのカールドライヤーをランキング形式でご紹介。選び方やおすすめメーカーについても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

カールドライヤーとは?

By: izumi.maxell.co.jp

カールドライヤーとは、先端にブラシが付いており、髪を乾かすだけでなく、スタイリングも同時にこなせるドライヤー。根本から髪を引っ張ってストレートにしたり、根本から立ち上げてボリュームを出したりと、スタイリングの幅が大きく広がる便利なアイテムです。

一般的なドライヤーでスタイリングする際は、ドライヤーとブラシをそれぞれ持つ必要があり、慣れていないと難しく感じてしまいます。一方、カールドライヤーなら片手で扱えるので、簡単にスタイリング可能。ヘアアイロンのように高温になりにくいのもポイントです。

カールドライヤーの選び方

ブラシのタイプで選ぶ

ブローブラシ

By: amazon.co.jp

カールドライヤーを選ぶ際は、ブラシのタイプも重要なポイント。カールドライヤーには大きく分けて、「ブローブラシ」と「ロールブラシ」の2種類が存在し、それぞれ特徴が異なるので、自分に合ったタイプを選びましょう。

ブローブラシは、片面にブラシを搭載したタイプで、一般的なブラシと同じ感覚で使えるのが特徴。使いやすいので、初めてカールドライヤーを購入する方にもおすすめです。

温風と冷風で強弱をつけながらスタイリングできるため、通常のブラシと比べて髪全体のクセを伸ばしやすいだけでなく、ツヤを出しやすいのも魅力。ショートヘアーやロングヘアーなどさまざまな髪の長さで使いやすい、汎用性の高いタイプです。

ロールブラシ

By: amazon.co.jp

ロールブラシは、360°にブラシを搭載したタイプ。髪の毛を根本からしっかりとカールできるのが特徴です。そのほか、毛先をカールさせて巻き髪を作ったり、前髪をふわっとカールさせたりできます。

また、全面がブラシなので髪に触れる部分が広く、髪全体に動きをつけるのにぴったり。部分的ではなく、全体的にヘアスタイルを変えたいときにおすすめのタイプです。

なかには、ロールブラシをブローブラシに付け替えられるタイプもあります。自分の作りたいヘアスタイルに合わせて、適したブラシのタイプを選んでみてください。

ブラシのサイズ(太さ)で選ぶ

By: panasonic.jp

カールドライヤーを選ぶ際は、ブラシのサイズや太さも要チェック。ブラシのサイズによって、適した髪の長さや使い勝手が大きく変わるので、しっかり確認しましょう。

ショートヘアなど髪が短めの方は、サイズが小さめのモデルがおすすめ。小回りが効きやすく、髪が短くてもしっかりカールが作れます。ロングヘアなど髪が長めの方は、サイズが大きめのモデルがぴったり。髪をキャッチする面積も広いため、毛量が多くてもクセを伸ばしたり、カールさせたりしやすいのが特徴です。

なかには、さまざまな太さのアタッチメントを付属したモデルもあります。ヘアアレンジを楽しみたい方はチェックしてみてください。

旅行先で使うなら持ち運びやすいモデルを

By: panasonic.jp

旅行先などに持ち運んで使いたい方は、コンパクトかつ軽量なモデルがおすすめです。サイズが大きいモノだとバッグに入れた際にかさばりやすいのがデメリット。コンパクトかつ軽量なモデルであれば持ち運びしやすく、旅行先でも手軽に使えます。

カールドライヤーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、日本に本社を置く大手電機メーカー。エアコンや洗濯機をはじめ、テレビや照明器具など幅広く手掛けているのが特徴です。

カールドライヤーは、「くるくるドライヤー」という製品名で発売。髪へ潤いを与えると謳われている「ナノイー」機能を搭載したモデルや、髪を艷やかに仕上げる効果が期待できる「マイナスイオン」機能を搭載したモデル、国内でも海外でも使用できるタイプなどさまざまな種類をラインナップしています。

テスコム(TESCOM)

By: amazon.co.jp

テスコムは、東京都品川区に本社を置く家電メーカーです。オーブントースターやミキサーなどのキッチン製品や、ドライヤーやヘアアイロンなどのビューティー製品などさまざまなモノを販売。プロ向け美容機器を手掛けるブランド「Nobby」も展開しています。

カールドライヤーは、ブラシに保湿成分の「ツバキオイル」を配合したモデルなどをラインナップ。コスパに優れたモデルが多いので、初めてカールドライヤーを購入する方もチェックしてみてください。

コイズミ(KOIZUMI)

By: rakuten.co.jp

コイズミは、大阪府に本社を置く家電製品・家庭用品メーカー「小泉成器」のオリジナルブランド。ドライヤーやカールドライヤーなどの美容家電をはじめ、レンジやトースターなどの調理家電、サーキュレーターや加湿器などの季節家電まで幅広く手掛けています。

カールドライヤーは、リーナブルに購入できるシンプルなモデルから、アタッチメントを付属した汎用性の高いモデルまで多数ラインナップ。ほとんどのモデルに髪の広がりを抑える効果が期待できる「マイナスイオン」が搭載されているのも特徴です。

カールドライヤーのおすすめモデル

第1位 パナソニック(Panasonic) くるくるドライヤー ナノケア EH-KN0G

髪に潤いを与えると謳われている「ナノイー」機能を搭載したカールドライヤーです。髪のうねりを抑えられるため、滑らかかつまとまりのあるスタイリングが可能。ワンタッチで冷風に切り替わる「クールショット」機能を備えているだけでなく、冷風をキープできるロック機能も搭載しています。

豊富なアタッチメントを付属しており、自分好みのスタイリングを実現できるのも魅力のひとつ。毛先が散りにくい「サロンブローブラシ」、髪の根元に風が届きやすい「ボリュームアップブラシ」、ストレートヘアに適した「ワイドブローブラシ」などを付属しています。

汎用性の高い高性能なカールドライヤーを探している方におすすめです。

第2位 パナソニック(Panasonic) くるくるドライヤー イオニティ EH-KE1E

マイナスイオンが髪表面をコーティングするため、サラサラでツヤのあるスタイリングがしやすいカールドライヤーです。ブローブラシを採用しており、初心者でも手軽に使えるのが特徴。ブラッシング感覚でスタイリングできます。

DRY・SET・COOLの3段階のモードを搭載しているのも魅力のひとつ。温風と冷風を切り替えながら手軽にスタイリングできます。また、約335gと軽量なので、持ち運びしやすいのもポイントです。

比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方はぜひチェックしてみてください。

第3位 パナソニック(Panasonic) くるくるドライヤー ナノケア EH-KN7G

「ナノイー」機能を搭載したカールドライヤーです。髪をいたわりながらスタイリングしたい方におすすめ。持ち手前面のパネルを握ると、ナノイーが髪に付着しやすくなると謳われています。

ブラッシングしながらの乾燥や、毛先のニュアンス付けに適した「ワイドブローブラシ」を搭載しているのも魅力のひとつ。ストレートヘアやスタイリングの仕上げにもぴったりです。ワンタッチで冷風に切り替えられる「クールショット」もポイント。冷風をキープできるロック機能も備えています。

スタイリッシュかつシンプルなデザインなので、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

第4位 テスコム(TESCOM) ione マイナスイオン カールドライヤー TIC905

コスパに優れたカールドライヤー。天然由来の保湿成分「ツバキオイル」を配合したスタイリングブローブラシを搭載しているのが特徴です。

髪全体にマイナスイオンが行き渡りやすいように、中心・周囲の計4か所から発生させる方式を採用。また、ブラシは本体から取り外して水洗いできるので、比較的清潔に使い続けられます。

温風と冷風をワンプッシュで簡単に切り替えられるのも魅力。電源コードは360°回転するほか、コード自体もねじれにくく快適に使えるのもおすすめポイントです。

第5位 ダイソン(dyson) Dyson Airwrap Complete HS01 COMP

おしゃれで機能的なカールドライヤーです。さまざまなアタッチメントを同梱しており、1台でドライ・ストレートブロー・カールの3役をこなせるのが特徴。ショートヘアからロングヘアまで幅広い髪の長さで使いやすいので、汎用性も良好です。

風温を毎秒40回以上測定し、150℃を超えないように制御するため、髪への熱ダメージをある程度予防できるのも魅力。また、風で髪を自動的に引き寄せて巻き付けられる独自の「ダイソン デジタルモーター V9」を搭載しているので、簡単にスタイリングできます。

アタッチメントを含めて本体をすっきり収納できるケースを同梱しているのもポイント。見た目にこだわりたい方はもちろん、高性能で使いやすいモデルを探している方にもおすすめです。

第6位 テスコム(TESCOM) ione マイナスイオン カールドライヤー TIC756

キャッチクッションブラシとロールアイロンブラシの2種類のブラシを搭載したカールドライヤーです。キャッチクッションブラシはサイドの細かいコームで短い髪もしっかりキャッチでき、根本からボリュームアップ可能。ロールアイロンブラシは、熱伝導のよいアルミを芯に採用しており、しっかりカールできます。

静電気を抑制し、毛先までまとまる「マイナスイオン」機能を搭載しているのも魅力のひとつ。また、スリムボディのため、手にフィットしやすく快適に使用できます。ブラシは丸ごと水洗いに対応しており、長く清潔に使い続けやすいのもポイントです。

汎用性の高いモデルを探している方はチェックしてみてください。

第7位 コイズミ(KOIZUMI) マイナスイオンカールドライヤー KHC-5402

比較的リーズナブルに購入できる高コスパモデルです。700Wのパワフルな出力を実現しているのが特徴。DRYモードとSETモードで風量を2段階に調節できるため、好みのスタイリングに仕上げられます。

また、冷風機能のCOOLモードを備えているのも魅力。ソフト素材を採用した「ワイドスタイリングブラシ」を搭載しているので、しっかり髪をキャッチしてカールできます。

シンプルなデザインなので、ブラッシング感覚で手軽に使えるのもポイント。初心者にもおすすめのモデルです。

第8位 テスコム(TESCOM) naturam マイナスイオン カールドライヤー TIC296

「キャッチクッションブラシ」を採用したカールドライヤー。根本から毛先までしっかりキャッチしてカールや立ち上げができます。静電気を抑制して髪を広がりにくくするマイナスイオンを搭載しているのも特徴です。

最小幅38mmのスリムボディのため、握りやすく快適にスタイリングできるのも魅力のひとつ。電源コードはねじれにくいゴムコードを採用しているので、使いやすいだけでなく、保管もしやすい仕様です。

DRYとCOOLに加えて、クセ直しなどに適した弱い温風のSETモードを搭載。ブラシは取り外して丸洗いできるため、清潔に使いやすいのも魅力です。

第9位 コイズミ(KOIZUMI) マイナスイオンカールドライヤー KHC-5303

2種類のブラシを搭載したカールドライヤー。髪にボリュームを出しやすい「ワイドスタイリングブラシ」と、毛先まで捉えてカールしやすい「ロールキャッチブラシ」を髪の長さやスタイルに合わせて使い分けられます。

700Wのハイパワー出力を実現しているのも魅力のひとつ。DRYモードとSETモードで風量を調節して使用できます。COOLモードも備えているので、ツヤ感のアップを期待できるのもポイントです。

比較的リーズナブルに購入できるため、コスパを重視したい方もチェックしてみてください。

第10位 テスコム(TESCOM) naturam マイナスイオン カールドライヤー TIC325

短い髪もしっかり捉えやすいワイドキャッチブラシを搭載したカールドライヤーです。ロングヘアでもショートヘアでも使いやすい汎用性の高さが特徴。うねりやくせ毛をしっかり伸ばしやすいのも魅力です。

静電気を低減して髪の広がりを抑えられる「マイナスイオン」機能を搭載しています。また、最小幅38mmとスリムなデザインなので、握りやすく手軽にスタイリング可能。電源コードにはねじれにくいゴムコードを採用しているため、使いやすいだけでなく、保管がしやすいのもポイントです。

ブラシは取り外して丸洗いできます。250gと軽量なので、旅行先などへ持ち運びたい方にもおすすめです。

第11位 パナソニック(Panasonic) くるくるドライヤー ナノケア EH-KN9F

豊富なアタッチメントを付属した高性能なカールドライヤー。アタッチメントは、サロンブローブラシ・ボリュームアップブラシ・ワイドブローブラシ・太ロールブラシ・ノズルの5種類を付属。理想のヘアスタイルに応じて使い分けられます。

独自の「ナノイー」を放出する吹き出し口を搭載しており、まとまりのある髪を実現しやすいのが特徴。また、電圧切り替えスイッチを備えており、海外旅行でも使用できます。

さまざまなシーンで使いやすいモデルを探している方におすすめです。

第12位 パナソニック(Panasonic) くるくるドライヤー 騒音抑制タイプ EH-KA2E

62dBの静音性を実現したカールドライヤーです。早朝や深夜でも周囲を気にせず使いやすいのが特徴。比較的リーズナブルに購入できるので、コスパを重視している方にもおすすめです。

毛先までしっかり捉えられる「毛先キャッチブローブラシ」と、髪のボリュームアップに便利な「太ロールブラシ」の2種類のブラシを付属しているのも魅力。使い分けて自分好みのスタイリングを実現できます。

第13位 オーム電機(OHM) カールドライヤー HB-HDK602

軽量で使いやすいカールドライヤー。旅行先へ持ち運びたい方にもおすすめです。ワイドクッションブラシを採用しており、ラクにスタイリングできるのも魅力。HIGH・ LOWの2段階に風量を調節できます。冷風機能も搭載しているので、髪をセットしやすいのもポイントです。

比較的安価に購入できるため、コストを抑えたい方もチェックしてみてください。

第14位 マクセルイズミ マイナスイオンカーリングドライヤー Allure CD-TM57

抗菌剤配合のヘアキャッチブラシを採用したカールドライヤー。菌の繁殖を抑える効果が期待できるのが特徴です。また、コームの角度が髪をキャッチしやすいように設計されているのもポイント。短い髪から長い髪まで捉えやすいサイドコームが付いているため、きれいにスタイリングできます。

最小幅34mmのスリムボディで、手が小さい方も握りやすいのも魅力です。360°回転するコードを採用しているので、使い勝手も良好。スタイリッシュなデザインのため、見た目にこだわりたい方にもおすすめです。

第15位 テスコム(TESCOM) naturam カールドライヤー TS30

本体とブラシを含めて290gの軽量設計を実現したカールドライヤーです。細身ボディなので、扱いやすいだけでなく、旅行先へ持ち運びしやすいのも特徴。ブラシ先端はスリムな形状のため、髪の隙間に入りやすく、根本や毛先もしっかり捉えられます。

DRY・COOLの2段階で切り替えられるシンプル設計なので、初心者でも使いやすいのが魅力。ねじれにくいゴムコードを採用しているため、スタイリングや保管もしやすい仕様です。安価に購入できるので、コスパを重視したい方もチェックしてみてください。

カールドライヤーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

カールドライヤーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。