大切な髪をケアしてくれるドライヤー。最近のモデルはデザインも機能も多種多様で、豊富なラインナップが揃っています。その一方で、製品によっては髪がなかなか乾かなかったり、思い通りにセットが決まらなかったりするモノもあるので、アイテム選びには注意が必要です。

そこで今回は、スピーディーに乾く「速乾ドライヤー」をご紹介。特徴やおすすめのメーカーについても解説します。現在使っているドライヤーにストレスを感じている方は、ぜひ買い替えを検討してみてください。

速乾ドライヤーの特徴

By: amazon.co.jp

通常のドライヤーは消費電力が700~1200W程度であるのに対して、速乾ドライヤーは1200~1500Wと高出力の製品を指します。ノーマルタイプと比べて風量が多く、また風速も速いので、髪を素早く乾かすことが可能。身だしなみにかかる時間を短縮できます。時間の有効活用をしたい方はもちろん、ヘアスタイリングに時間がかかってしまう方にもおすすめです。

速乾ドライヤーの選び方

風量の多いものを選ぶ

髪を傷めないためには素早く乾かすことが重要です。風量が弱いと乾きにくいのはもちろん、熱が加わり続けることで髪を傷めてしまいます。一方、風量の強いドライヤーは乾かす時間を短縮できるので、髪の負担を減らすことが可能です。1分当たりの風量が1.3m³以上のドライヤーを目安に選びましょう。

使い勝手のよさで選ぶ

ドライヤーは片手で扱う場合がほとんどのため、あまり重いと腕が疲れてしまいます。扱いやすい重さは500g~650g程度です。また、グリップにも注目。握りやすさはもちろん、片手で温度や風量の切り替え操作がスムーズにできるかどうかも重要です。

静音性の高さで選ぶ

赤ちゃんがいる家庭や夜中に使用することが多い方は、ドライヤーの作動音の大きさもチェックしておきましょう。音の大きさは一般的なドライヤーで60~70dB、普通の会話で60dB程度といわれています。

静かなドライヤーを選ぶのであれば60dB以下のモノか、「静音」の記載があるモノを選ぶとよいでしょう。しかし、すべての製品に記載されているわけではないので、購入の際には口コミなどを参考にしてみるのもおすすめです。

便利機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

ドライヤーによってはさまざまな便利機能を有しているものがあります。頭皮をケアする「スカルプモード」を搭載したモデル、マイナスイオンを発生させるモデルなど、メーカーによって個性豊か。プラスアルファの機能から選ぶのもひとつの方法です。

速乾ドライヤーのおすすめメーカー

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

シャープ製品の特徴は、プラズマクラスターイオンを発生させる「プラズマクラスター」機能。空気清浄機に搭載されていることで有名ですが、同社のドライヤーにも搭載されています。プラズマクラスターイオンは静電気を抑え、ブロー時の髪のからまりを抑える効果が期待できます。クシの通りがよくなり、スタイリングしやすくなるのが魅力です。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックのドライヤーは「ナノケア」と「イオニティ」シリーズに分けられます。「ナノケア」シリーズは価格がやや高めですが、ナノイー機能や温度管理機能など、便利な機能が豊富です。一方、「イオニティ」シリーズは機能がシンプルで、価格も抑えられています。いずれも速乾性の優れた大風量タイプで人気です。

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

大風量タイプの速乾ドライヤーを取り揃えている日立。W数は通常のドライヤーとほとんど変わりませんが、パワフルな製品が目立ちます。独自開発の騒音低減システム「SEAN」が搭載されており、大風量でも音を抑えることが可能。深夜にドライヤーを使いたいけれど隣近所が気になる方、寝ている子供が起きないか心配な方などに人気があります。

ダイソン(dyson)

By: amazon.co.jp

扇風機や掃除機などパワフルな製品を展開しているダイソン。ドライヤーも大風量とパワフルで、一般的なドライヤーに比べて約8倍速く回転するモーターを搭載しています。

また、ダイソン製品といえば気になるのが「騒音」。ハンドル部分にモーターを格納し消音器を取り付けることで静音化していますが、それでも音は大きめです。夜中の使用にはおすすめできませんが、速乾という点ではトップレベルの風量を備えています。

コイズミ(KOIZUMI)

By: amazon.co.jp

ジェネリック家電メーカーとして有名なコイズミは、リーズナブルで優秀な製品をラインナップ。大風量にフォーカスしたドライヤーを多く取り扱っており、速乾性を備えることで髪へのダメージを軽減しています。

また、独自技術の「イオンテクノロジー」を搭載している製品も複数存在。マイナスイオンだけでなくプラスイオンも発生させ、髪に潤いを与えパサつきを防ぐ効果が期待できます。速乾性を重視する方や髪のまとまりが気になる方におすすめのメーカーです。

速乾ドライヤーのおすすめ人気モデル

パナソニック(Panasonic) ヘアードライヤー イオニティ EH-NE69

パナソニック(Panasonic) ヘアードライヤー イオニティ EH-NE69

オリジナルの速乾ノズルを採用している速乾ドライヤーです。縦型に風が当たるため、毛束がほぐれて風の当たる面積が広くなり効率的に乾かせます。最大風量は1.9m³/分とパワフル。約530gと大風量のモノのなかでは軽量で扱いやすいのも魅力です。

温冷ツインフローにも対応しており、温風の外側から同時に冷風を当てられます。キューティクルを引き締めやすくなるため、髪にツヤを与えたい方におすすめです。

また、マイナスイオンの吹き出し口をノズルの左右に配置しているのも本製品の特徴。温風とは別にマイナスイオンを出すことで、より多くの水分を含んだマイナスイオンを噴出できます。高性能ながら手ごろな価格なのも魅力です。

パナソニック(Panasonic) ヘアードライヤー イオニティ EH-NE5A

パナソニック(Panasonic) ヘアードライヤー イオニティ EH-NE5A

475gと軽量な速乾ドライヤーです。長時間使用しても手が疲れにくいため、時間がかかるロングヘアーの方や子供の髪・ペットの毛なども乾かす方におすすめ。風量1.9m³/分のハイパワーで素早く乾かせます。

また、縦型ノズルを採用しており、毛束をほぐしながら乾かせるのも魅力。強風と弱風を分けて吹き付けることで、より広い面積に送風できます。

吹き出し口上部にはマイナスイオン吹き出し口を1つ設置。髪にツヤと潤いを与える効果が期待できます。髪のパサつきやごわつきを抑えたい方におすすめです。価格もリーズナブルなのでエントリーモデルに適しています。

コイズミ(KOIZUMI) ダブルファンドライヤー MONSTER KHD-W710

コイズミ(KOIZUMI) ダブルファンドライヤー MONSTER KHD-W710

形状の異なるファンを2つ搭載している速乾ドライヤーです。2つのファンによって2.0m³/分で送風。より多くの風をスピーディーに吹き付けられます。マイナスイオンにも対応しており、髪のごわつきが気になる方にもおすすめです。

グリップ部分にスイッチを搭載しているため、ターボ・ハイ・ロー・クールの4モードをワンタッチで切り替えできます。650gとやや重い設計ですが、速乾性に優れているため手が疲れる心配もありません。

また、本製品は海外仕様の110Vに対応しているのも魅力。持ち歩くには少し重めですが、旅行先でも素早くツヤのある髪に仕上がります。

テスコム(TESCOM) SALONdeTESCOM プロテクトイオンヘアードライヤー TID2600

テスコム(TESCOM) SALONdeTESCOM プロテクトイオンヘアードライヤー TID2600

最大風量2.5m³/分と業界トップクラスの風量を誇る速乾ドライヤーです。独自のプライムシステムにより風の流れをできる限り最適化。ロングヘアーの方や髪の量が多い方も素早く乾かせます。

HOTとCOOLの2モードを搭載しており、グリップのスライダーで素早く切り替えられます。また、エアボリュームダイヤルを回せば風量も無段階調節可能。小さな子供からロングヘアーの大人までそれぞれに適した風量で使用できる製品です。

プロテクトイオン機能も搭載しており、静電気の発生を抑え、潤いを与える効果が期待できます。髪のごわつきやパサつきが気になる方にもおすすめ。オンオフは手元のスイッチで簡単に切り替えられます。

さらに、本製品は670gと比較的重いモデルですがスタンドが付属しているため、長時間使用する場合はハンズフリードライも可能です。両手が使えるので、より効率的に乾かせます。

ダイソン(dyson) Dyson Supersonic ヘアードライヤー HD01

ダイソン(dyson) Dyson Supersonic ヘアードライヤー HD01

掃除機メーカーとしても有名なダイソンのヘアードライヤーです。630gと重めですが、モーターがハンドル部分に内蔵されているため安定感があります。ヘッド部分は軽く、手が疲れにくいよう工夫されたモデルです。

風量は2.4m³/分と業界トップクラス。また、インテリジェント・ヒートコントロール機能を搭載しており、過度の加熱によって髪が痛むのを防げるのも魅力です。素早く優しく乾かせます。

さらに、ナノサイズのイオンを吹き付ける機能が搭載されているのも魅力。静電気を抑える効果が期待できます。指通りがよく、まとまりのある髪にしたい方におすすめです。

ノズルはマグネット式になっており、ワンタッチで着脱可能。360°回転できるため狙い通りの方向に風を当てられます。また、ヒートシールドテクノロジーを採用しているためノズル表面の温度が上がりません。触っても熱くないので安全にブローできます。

シャープ(SHARP) プラズマクラスタードライヤー IB-GP9

シャープ(SHARP) プラズマクラスタードライヤー IB-GP9

風量1.7m³/分と一般のドライヤーより少し風量の大きな速乾ドライヤーです。熱量も抑えられているため髪へのダメージを抑えて素早く乾かせます。590gと持ちやすい重さで長時間使用したい方にもおすすめです。

プラズマクラスター機能を搭載しており、髪に潤いを与える効果が期待できます。髪のクセやパサつきに悩む方へおすすめです。

モードは4つから選択可能。約95℃の速乾性に優れたスピーディドライから、仕上げに便利な仕上げモードまでシーンに合わせて選べます。切り替えはワンタッチでできるうえ、本体横にモードが表示されるのでひと目でわかるのも便利です。

風量はハンドル部分のスライダーで3段階調節できます。風をしぼるのに便利なノズルも付属するためヘアセットにも活用可能です。また、本製品は温風と冷風を交互に吹き出すビューティモードを搭載。キューティクルを引き締め、髪にツヤを与える効果が期待できます。

泉(IZUMI) ヘアードライヤー Allure DR-RM77

泉(IZUMI) ヘアードライヤー Allure DR-RM77

545gと軽量で長時間使っても手が疲れにくい速乾ドライヤーです。2.0m³/分と速乾性に優れており、ロングヘアーの方も素早く乾かせます。

本製品は風量を調節できるノズルスリットを搭載しているのが魅力。髪全体を乾かしたい時とピンポイントで乾かしたい時とで使い分けられるため、ブローなどセットする時にも便利です。

また、速乾性に優れたdryモードのほかに67℃で髪を乾かせるhair careモードを搭載。高熱による髪へのダメージを防ぎたい方にもおすすめです。

さらに、マイナスイオンを8か所から噴出する独自構造も魅力。ムラなく髪の隅々までイオンが行き届き、髪に潤いを与える効果が期待できます。後面にはメッシュフィルターを採用しており、常にキレイな空気を送り込めるのも魅力です。

テスコム(TESCOM) Nobby マイナスイオンヘアードライヤー NB3000

テスコム(TESCOM) Nobby マイナスイオンヘアードライヤー NB3000

日本でも多くのサロンで見かけられる速乾ドライヤーです。1.7m³/分の風量で素早く髪を乾かせます。風量は4段階あり、セットしたい時にも便利。髪に冷風を当ててツヤを出すことも可能です。

また、マイナスイオン機能を搭載しており、髪に潤いを与える効果が期待できます。ヘアカラーを長持ちさせたい方やパサつきが気になる方にもおすすめです。

さらに、本製品は耐久性の高いPBTノズルと中空コードを採用しているため、長期間使用できます。ほこり吸い込み防止フィルターも搭載しており、常にキレイな空気を送り込めます。フィルターはワンプッシュで簡単に交換できるため、手入れも簡単です。

ただ、860gと重いのがデメリット。付属のスタンドに設置し、ハンズフリーで乾かせば両手が使えるためより効率的に乾かせます。

クレイツ(CREATE) ホリスティックキュアドライヤー CCID-P01B

クレイツ(CREATE) ホリスティックキュアドライヤー CCID-P01B

405gと軽量で長時間の使用にも向いている速乾ドライヤーです。人間工学に基づいた設計で扱いやすさに優れているのが特徴。温風と冷風もスイッチひとつで切り替えできます。コードが3mと長いため、コンセントから離れた場所でも使用可能です。

本製品はBLDCモーターを搭載。1500Wの大風量で、ムラなくクリーンな風を吹き付けられます。モーター寿命も長く、長期間使いたい方にもおすすめです。

また、ドライヤーの内部構造に天然ミネラルを豊富に含む鉱石を数種類使用しているのも特徴。この鉱石の発する育成光線は、毛髪内部へ熱を与える効果や髪の水分バランスを整える効果が期待できます。素早くツヤのある髪にしたい方におすすめです。

日立(HITACHI) ヘアードライヤー HairCRiePlus+ HD-NS910

日立(HITACHI) ヘアードライヤー HairCRiePlus+ HD-NS910

風量と風温を自由に組み合わせられる速乾ドライヤーです。約60~105℃まで4段階の温度調節と、1.0~1.9m³/分の風量無段階調節が可能。髪のダメージや毛量に応じて適切な風量と温度で使用できます。

また、水分を含んだナノイオンを吹き付けるのも魅力。髪にツヤを与える効果が期待できます。頭皮の乾燥が気になる方や静電気によるごわつきなどが気になる方にもおすすめです。