大切な髪をケアするドライヤー。最近のモデルは、デザインや機能が豊富に揃っています。一方で、製品によっては髪がなかなか乾かなかったり、思い通りにセットが決まらなかったりするので、アイテム選びには注意が必要です。

そこで今回は、スピーディーに乾く「速乾ドライヤー」をご紹介。特徴やおすすめのメーカーも解説します。現在使っているドライヤーにストレスを感じている方は、ぜひ買い替えを検討してみてください。

速乾ドライヤーの特徴

By: amazon.co.jp

通常のドライヤーは消費電力が700~1200W程度であるのに対して、速乾性が期待できるドライヤーは1200~1500Wと高出力の製品を指します。一般的なモデルより風量が多く、また風速も速いので、髪を素早く乾かすことが可能。身だしなみにかかる時間を短縮できます。時間の有効活用をしたい方はもちろん、ヘアスタイリングに時間がかかってしまう方にもおすすめです。

速乾ドライヤーの選び方

風量の多いモノを選ぶ

By: biccamera.rakuten.co.jp

髪の傷みを抑えるためには素早く乾かすことが重要です。風量が弱いと乾きにくいのはもちろん、熱が加わり続けることで髪を傷める恐れがあります。一方、風量の強いドライヤーは乾かす時間を短縮できるので、髪の負担を減らすことが可能です。1分当たりの風量が1.3m³以上のドライヤーを目安に選びましょう。

重さをチェック

By: amazon.co.jp

速乾ドライヤーを選ぶ際には扱いやすい重さかどうかもチェックしましょう。一般的なドライヤーの重さは500~800g程度ですが、軽量のモデルには500g未満の製品もラインナップされています。

ただし、軽量モデルは風量が小さくなる場合もあるので、きちんと数値を確認する必要があります。髪の長さや量などを考え、風量と重さのバランスが釣り合っているか検討して購入するのがおすすめです。

静音性の高さで選ぶ

赤ちゃんがいる家庭や夜中に使用することが多い方は、ドライヤーの作動音の大きさもチェックしておきましょう。音の大きさは一般的なドライヤーで60~70dBといわれています。

静かなドライヤーを選ぶのであれば60dB以下のモノか、「静音」の記載があるモノがおすすめです。購入の際には注意しておきましょう。

髪の仕上がりをチェック

イオン機能があれば潤いのある仕上がりに

By: amazon.co.jp

まとまりのある髪やつややかな髪を目指したい方にはイオン機能を搭載した製品がおすすめ。イオンには髪の水分バランスを整えたり、静電気を抑制してまとまりやすくしたりする効果が期待できます。

イオン機能のなかにはメーカー独自の技術を採用したモノも多いため、購入前に効果や効能を確認することが重要。マイナスイオンはもちろん、パナソニックの「ナノイー」や、シャープの「プラズマクラスター」など、メーカーごとに名称や特徴が異なります。機能を確認して、自分の求める仕上がりに近い製品を選びましょう。

低温で乾かせると髪を傷めにくい

By: amazon.co.jp

髪の傷みが気になる方は低温で髪を乾かせる製品を選ぶのがおすすめ。温風の温度は高ければ高いほど髪を乾かしやすくなりますが、その分髪を傷めるリスクも高くなるので注意が必要です。

ドライヤーの温風温度は高いモノで140℃前後、低温モードを搭載したモノで60℃前後の製品が一般的。温度調節が可能なモデルを選べば、ある程度まで髪を乾かしてから低温に切り替えてダメージを低減できます。

製品によっては髪や周囲の温度を自動で感知して温度調節を行うモデルもあるので、自分の求める機能に合わせて選択しましょう。

速乾ドライヤーのおすすめメーカー

ダイソン(dyson)

By: rakuten.co.jp

扇風機や掃除機などパワフルな製品を展開しているダイソン。ドライヤーも大風量かつパワフルで、一般的なドライヤーに比べて約8倍速く回転するモーターを搭載したモデルをラインナップしています。

また、ダイソン製品といえば気になるのが「騒音」。ハンドル部分にモーターを格納し消音器を取り付けることで静音化していますが、それでも音は大きめです。夜中の使用には不向きですが、速乾性ではトップレベルの風量を備えています。

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックのドライヤーは「ナノケア」と「イオニティ」シリーズに分けられます。「ナノケア」シリーズは価格がやや高めですが、「ナノイー」機能や温度管理機能など、便利な機能が豊富です。一方、「イオニティ」シリーズは機能がシンプルで、価格も抑えられています。いずれも速乾性の優れた大風量タイプで人気です。

コイズミ(KOIZUMI)

By: amazon.co.jp

ジェネリック家電メーカーとして有名なコイズミは、リーズナブルで高性能な製品をラインナップ。大風量にフォーカスしたドライヤーを多く取り扱っており、速乾性を備えることで髪へのダメージを抑えています。

また、独自技術の「イオンテクノロジー」を搭載している製品も複数存在。マイナスイオンだけでなくプラスイオンも発生させ、髪に潤いを与えパサつきを防ぐ効果が期待できます。速乾性を重視する方や髪のまとまりが気になる方におすすめのメーカーです。

テスコム(TESCOM)

By: amazon.co.jp

ヘアドライヤー・ヘアアイロンなどのビューティー家電や、フードプロセッサー・ミキサーなどのキッチン家電を展開している小型家電メーカー。ヘアドライヤーにおいてはリーズナブルなモデルから本格的なタイプまで幅広くラインナップされています。

なかでも、国内の美容室で広く使われているブランド「Nobby」のモデルが人気。洗練されたデザインでプロの技を自宅でもリアルに再現できる機能を搭載したモデルが揃っています。

速乾ドライヤーのおすすめ人気モデル

ダイソン(dyson) Dyson Supersonic Ionic HD03 ULF

風圧と気流をバランスよくコントロールして髪を乾かす速乾ドライヤー。風速は3段階、風温は4段階で調節できるため、自分の髪の状態や使い方に適した風で使えるのが魅力です。

マイナスイオン機能を搭載しているのが特徴。ダイソン独自の「Air Multiplierテクノロジー」を用いて高圧・高速な風を生成し、マイナスイオンを髪の根元から毛先まで届けます。ツヤのある滑らかな髪を目指したい方におすすめです。

4種類のアタッチメントが付属しているのもポイント。髪の量や乾かし方、髪質などに合わせて適切なアタッチメントを選べるので、快適に使用できます。

SS SHINY コードレスヘアドライヤー SDJ-001

コードレスタイプながら、2000W級のハイパワーで髪をスピーディーに乾かせる速乾ドライヤー。「CARE-WIND」と呼ばれる独自のマイクロプロセッサーテクノロジーシステムを採用しているのが特徴で、温風から冷風まで6段階で調節ができます。温風の場合は約70℃を超えないように工夫されており、髪のダメージを抑える効果が期待できるのも魅力です。

4900mAhの大容量バッテリーを搭載しているため、冷風のパワー1なら最大約2時間30分使用可能。バッテリーが少ない場合は、専用のスタンドに置くだけで簡単に充電できます。

パナソニック(Panasonic) イオニティ EH-NE5B

1.9 m³/分の大風量でパワフルに髪を乾かせる速乾ドライヤー。温風温度はターボ時で約85℃、ドライ時で約105℃と調節に対応しており、冷風機能も備えているため、髪の状態に合わせて適切な温度で乾燥できます。

パナソニック独自の速乾ノズルを付属しているのが特徴。縦型の強風と弱風が濡れた毛束をほぐしながら乾かすので、絡まりにくく、スピーディーに髪を乾かせます。髪の多い方や長い方でも安心です。

外付けのマイナスイオンを搭載しているのもポイント。マイナスイオンに含まれる水分をドライヤーの熱から守り、サラサラの髪へ導きます。比較的安い価格で購入できるので、コスパを重視したい方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) ナノケア EH-NA0B

水分発生量が従来の18倍に増加した高浸透「ナノイー」搭載の速乾ドライヤー。ナノイーとは空気中の水分を超微細化した水分を多分に含むイオンのことで、一般的なマイナスイオンの約1000倍以上の水分を含んでいると謳っています。

高浸透ナノイーとミネラルマイナスイオンにより、紫外線やブラッシングなどによる摩擦ダメージなどの抑制効果を期待できるのが特徴。「毛先集中ケアモード」「温冷リズムモード」「インテリジェント温風モード」「スカルプモード」「スキンモード」の5モードを搭載しているので、髪質や髪の状態に合わせて髪を乾燥できます。

パナソニック独自の速乾ノズルを採用しているのもポイント。強弱差のある風で素早く毛束をほぐして髪を乾燥します。風の強弱や風圧、風温、風量にまでこだわったバランスのよい風で素早く髪を乾かしたい方におすすめです。

コイズミ(KOIZUMI) モンスター ダブルファンドライヤー KHD-W745

最大風量2.0m³/分で、5段階の風量調節ができる速乾ドライヤー。風を強く押し出す独自形状のファンを2つ搭載しているのが特徴です。操作性の高いデジタルスイッチを採用しているため、簡単に風量の切り替えができます。

マイナスイオンの発生口を3か所に設置しているのが魅力。イオンリングにより、発生したマイナスイオンがしっかりと髪に届きます。また、低温風の「スカルプモード」も搭載しているため、髪と地肌をいたわりながら乾燥できるのもポイントです。

「乾燥モード」はドライ・クール・スカルプの3種類。約665gとやや重めですが、海外電圧110Vにも対応しているため、海外対応の速乾ドライヤーを探している方におすすめです。

コイズミ(KOIZUMI) impulse KHD-9520

最大風速約105km/hが魅力の速乾ドライヤー。高風速により水滴を吹き飛ばして速乾性を高めているのが特徴です。ツインマイナスイオンと地肌にやさしい「スカルプモード」を搭載しているため、ダメージを抑えながら素早く髪を乾かせます。

温風温度はHIGHで約90℃、LOWで約68℃と、髪の状態に合わせて切り替えが可能。クールショットボタンを備えているため、メインスイッチで「COOLモード」にしなくても素早くれ風に切り替えられるのも魅力です。

サイズは約幅180×奥行95×高さ280mmと比較的コンパクトで扱いやすいのがポイント。1300Wのパワフルな風で一気に髪を乾かしたい方におすすめです。

テスコム(TESCOM) Nobby by TESCOM NIB3000

1300Wでパワフルな大風速を実現した速乾ドライヤー。業務用のドライヤーで使用しているファンとモーターを採用しているのが特徴です。速い風で髪の根元を持ち上げて地肌からしっかり乾かすので、素早く綺麗に仕上げられます。

フードの先端を絞って風を集中させ、手軽にブローできる「セットフード」と、髪全体にムラなく温風を当て、ダメージを軽減する「ケアドライフード」の2種類のアタッチメントを付属。また、ハンズフリーで髪を乾かせるスタンドも付いているので、髪が長く長時間ドライヤーを使う可能性がある方も安心です。

風温と風量を調節する2つの切り替えスイッチもポイント。自分好みの風で髪を乾かせます。静電気を抑制するプロテクトイオンを搭載しているので、乾燥による静電気が気になる方にもおすすめです。

テスコム(TESCOM) ione TID430

385gの軽量ボディで扱いやすい速乾ドライヤー。手のひらにも収まるコンパクトサイズで、スリムグリップを採用しているため、握りやすいのが特徴です。軽量且つ素早く乾かせるので、力に自信のない方や子供でも安心して使えます。

髪の根元から毛先までしっかり届く「ダブルマイナスイオン」を採用。内部発生したマイナスイオンを2か所から吹き出し、効率よく髪に届けて潤いをキープします。

切り替えスイッチはDRY・SET・COOLの3段階。TURBOスイッチをオンにすると勢いのある風に切り替えられます。静音モデルなので、音が気になる方にもおすすめです。

シャープ(SHARP) beaute A IB-WX1

深く広範囲に届く風を吹き出す「ドレープフロー」を採用した速乾ドライヤー。吹き出し口を左右に備えており、髪を立体的に押し分けながら乾燥させるため、短時間での乾燥が可能です。また、ノズルが短いデザインなのでコンパクトな動きで髪全体を乾かせます。

髪に与える熱ストレスや過乾燥を抑える「センシングモード」を搭載しているのが特徴。髪とドライヤーの距離を勝ちして風の温度をコントロールします。また、「BEAUTYモード」ならば季節や周辺温度も感知して温度帯を切り替えるため、髪をいたわりながら使えるのも魅力です。

「ドライモード」をカスタマイズできる専用アプリがあるのもポイント。自分好みの風で乾燥できます。髪の潤いをキープする「プラズマクラスター」も搭載。仕上がりの美しさにこだわりたい方におすすめの速乾ドライヤーです。

サロニア(SALONIA) スピーディーイオンドライヤー SL-013

1200Wと高出力で、2.3 m³/分の大風量が魅力の速乾ドライヤー。同社の従来製品に比べて30%のドライ時間カットを実現し、強い風でスピーディーに乾燥できます。マイナスイオン機能を搭載しているため、髪をいたわりたい方にもおすすめです。

TURBO、SET、COOLの3段階から風量を選択できるのが特徴。TURBO時でアタッチメントのノズルを付けた場合は約103℃、ノズルを取り外した場合で約80℃の温風を送り出すため、シーンに合わせた温度調節も可能です。

折り畳み時202×75×131mmとコンパクトなのもポイント。重量も約495gと軽量なため、旅行時でも安心して持ち運べます。

マクセルイズミ Allure DR-RM77

2.0m³/分の大風量でスピーディーに髪を乾かせる速乾ドライヤー。風量はturboスイッチで切り替えでき、風温はdry・hair care・coolの3通りから選択できます。dryとturboの組み合わせならば1200Wの高出力ですが、hair care洗濯時には600Wと比較的低出力なので、シーンによって使い分けられるのが魅力です。

2WAYのドライノズルを搭載しているのが特徴。ノズルスリットを開けば髪の表面を素早く乾燥でき、ノズルスリットを閉じればスポットで強い風を送って髪の根元からしっかり髪を乾かせます。

マイナスイオンの発生口が8か所あるのもポイント。広範囲に発生するため、ムラなく髪全体に届きます。吸気口にはメッシュフィルターを搭載。ホコリが入りにくく、綺麗な風を送り込めるので、快適に髪を乾かしたい方におすすめです。

日立(HITACHI) イオンケア HID-T600B

持ちやすく使いやすいグリップで快適に使える速乾ドライヤー。トライアングル形状でさまざまな握り方に対応できる「エルゴグリップ」と、シリコン製の親指置きがフィットしてしっかり固定できる「サムグリップ」を搭載しているのが特徴です。

風量はTURBO・SETの2通り、風温はHOT・COOLの2通りから調節可能。TURBO時で1.9m³/分の大風量を実現し、パワフルに髪を乾かせます。最大消費電力は1200Wですが、SET-HOT時は500Wと控えめなので、シーンや髪の乾き具合に応じて使い分けられるのも魅力です。

ヴィダルサスーン(VIDAL SASSOON) マイナスイオンヘアドライヤー VSD-1240

消費電力1200Wのパワフルな速乾ドライヤー。ダイヤル式の風量コントロールスイッチを備えており、無段階で風量をコントロールできるのが特徴です。温風温度もHOTとWARMの2段階で切り替えられるため、自分好みの風でドライできます。

「クールモード」やマイナスイオン機能を搭載しているのも魅力。ヘアセットに適したサロン仕様のスリットノズルを採用しているため、髪へのダメージを軽減しながらヘアセットを行えます。

幅185×奥行71×高さ270mmと比較的コンパクトで、質量も480gと軽量。扱いやすく、ヘアセットにもこだわりたい方におすすめです。

ホリスティックキュアーズ(HOLISTIC cures) ホリスティックキュア CCID-P01B

1500Wのハイパワーで速乾力を高めた速乾ドライヤー。耐久性が高く回転数も多い「BLDCモーター」を搭載しており、髪全体をムラなくパワフルな風で乾燥できます。

ドライヤーの本体内部や通風孔、ノズルに「キュアクリスタル加工」を施しているのが特徴。髪の美しさを引き出す波長を持った数種類の天然鉱石と多孔ミネラルをベストバランスで配合し、遠赤外線効果で美髪を目指せます。

人間工学に基づいたモダンなフォルムも魅力。温風と冷風が素早く切り替えできる「温風・冷風切替スイッチ」も搭載しているため、操作性に優れています。パワフルな風で素早く髪を乾かしたい方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) モイストプロドライヤー HDR-MC1

サーモセンサーを搭載した高性能な速乾ドライヤー。髪と風、環境の温度を常に計測し、髪が傷みにくい温度に自動でコントロールするのが特徴です。温風の温度に合わせて搭載されたLEDの色が変化するため、見た目にも温風の温度を確認できます。

風量はTURBOとSETの2通りから選択可能。最大110℃の熱風で素早く乾燥できます。ボタンを押している間だけ冷風が出る「COOLボタン」も搭載しているため、髪に冷風を当ててセットしたい場合にもおすすめです。

マイナスイオン機能を搭載しているのもポイント。静電気の抑制効果が期待できるため、パサつきが気になる方でも安心して使えます。折りたたんでコンパクトに収納できるため、置き場所に困らないのも魅力です。

ソリスジャパン(Solis Japan) ウインドスタイルプロ SCD442

家庭でもサロンのような仕上がりを目指せるスイス発の速乾ドライヤー。独自の「TWA構造」により、風圧と風速を高めて素早く乾かせるのが魅力です。風量が大きすぎないため髪が広がりにくく、簡単にスタイリングできます。

高温74℃、中温54℃、低温33℃の3段階で温度の切り替えが可能。ボタンを押すだけで冷風に切り替えられる「クールショットボタン」も搭載しています。また、マイナスイオン機能も搭載しているため、髪をいたわりながら乾燥したい方も安心です。

風力は強風と弱風の2段階で切り替え可能。スタイリングノズルが付属しており、自分好みの風でブローやスタイリングを行えます。サロン仕様の高性能な速乾ドライヤーを探している方におすすめです。