身支度やバスタイム後のヘアケアに欠かせない「ドライヤー」。最近は髪質や頭皮の悩みに配慮したモデルが続々と発売されています。

それぞれ形状の違いは多少ありますが、価格に見合う機能が備わっているかどうかは判断しにくいもの。そこで今回は、ドライヤーのおすすめモデルをご紹介します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ドライヤーの種類

スタンダードドライヤー

By: amazon.co.jp

スタンダードドライヤーとは、吹き出し口から風が出る一般的なタイプ。濡れた髪を乾かしたり、髪をブローしたりするのに適しています。コンパクトモデルからサロン仕様の大型モデルまであり、用途に合わせて選べるのが特徴です。

最近のスタンダードドライヤーには、さまざまな付加機能があります。とくに話題なのが髪に潤いを与える効果が期待できる「マイナスイオン発生機能」。さらに髪を素早く乾かせる大風量モデルも注目されています。ラインナップは豊富に揃っているので、自分が一番必要とする機能を備えたモノを選びましょう。

カールドライヤー

By: amazon.co.jp

カールドライヤーはヘッド部分にブラシが付いたタイプ。髪を乾かしながらカールヘアやストレートヘアにセットできるので人気があります。寝癖直しにも便利です。

カールドライヤーの多くは複数のブラシを付属しており、用途に合わせて付け替えられるのが特徴。ロールブラシを使ってウェーブをつけたり、ハーフブラシでうねりを直したりできます。また、短時間でスタイリングできるため、不器用な方でも簡単に使えるのが魅力です。

ドライヤーの選び方

風量で選ぶ

By: dyson.co.jp

ドライヤーの風量は「m³/分」という単位で記載されています。一般的なドライヤーの風量はターボが1.3~1.6m³/分程度なので、この値を目安に製品を選べば風量としては十分です。

もっと風量の強いドライヤーを求める方は、2m³/分以上の風量があるドライヤーを選ぶのがおすすめ。逆に、風量の強すぎるドライヤーが苦手な方は、風量切り替えのできるモデルを選びましょう。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

ドライヤーのサイズは重要なポイント。まず、収納したい場所に入るサイズかどうかをチェックしましょう。洗面所やドレッサーの棚に入れる場合は寸法を確認し、無理なく収納できるか判断してから購入するのがおすすめです。

ドライヤーの重さも要チェック。基本的に片手で使用するため、重すぎるモノを購入してしまうと使いにくくなります。500g前後のモノであれば負担なく使えるので、事前に重さも確認しておきましょう。

ドライヤーを出張先や旅行先に携帯したい場合は、できるだけコンパクトなモノを選ぶのがおすすめ。折りたたむとコンパクトになるモノを選ぶと、より携帯しやすくなります。

温度調節機能で選ぶ

By: tescom-japan.co.jp

髪のダメージをできるだけ抑えるためには、ドライヤーの温度が重要。温風の温度が何段階で切り替えられるかも事前に確認しておきましょう。

ほとんどのドライヤーはドライの温度が100~120℃に設定されていますが、この熱風で使用し続けると髪に負担がかかる恐れがあるので、注意が必要です。

目安としては、50~70℃前後に温度調節ができる機種を選ぶのがおすすめ。髪の状態を確認しながら、高温と低温を切り替えて使用するようにしましょう。

静音性の高さで選ぶ

利用するタイミングや生活環境によって、気になるのがドライヤーの音量。家族が寝静まった夜中に使う頻度が高い場合は、静音性に配慮したドライヤーがおすすめです。

静音モードのあるモデルや風量を数段階で切り替えられるモデルを選べば、必要以上に音を気にすることなく使用できます。騒音レベルの目安となるのが「dB(デシベル)」という単位で表記されている値。気になる方はチェックしておきましょう。

ヘアケア機能の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

最近では、髪にうるおいを与えるとされる「マイナスイオン発生機能」が搭載されたドライヤーや、送風の温度を低くすることにより髪のダメージを軽減する効果が期待できるドライヤーもラインナップされています。

ヘアケア機能はメーカーによっても異なるので、髪質にこだわりたい方はしっかりとチェックしておきましょう。

海外対応の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

海外旅行でドライヤーを持っていきたい場合は、滞在国の電圧に対応しているかどうかを事前にチェックしておきましょう。日本の電圧は100Vですが、海外では国によって電圧が異なるため、100~240Vの電圧でも使える海外対応モデルが便利。主要国の電圧は、アメリカ本土とハワイで120V、中国・韓国・フランスで220V、イギリスが240Vです。

なお、海外対応のドライヤーには、電圧切り替えスイッチが付いているモノと自動切り替え機能が付いているモノがあります。電圧切り替えスイッチを押すのを忘れて海外で使用すると故障する恐れがあるため、使用前に切り替えを忘れないようにしましょう。操作が不安な方には電圧の自動切り替え機能が付いたドライヤーがおすすめです。

海外でドライヤーを使う場合に、もうひとつチェックしておきたいのがコンセントの形状。国によって挿し込み口の形が異なるため、変換プラグを取り付ける必要があります。事前に各国のコンセントに対応した交換アダプタなどを用意しておくと便利です。

ドライヤーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

テレビやカメラなどの黒物家電から冷蔵庫や洗濯機などの白物家電まで、幅広いジャンルの製品を取り揃えている「パナソニック」。ドライヤーに関してはナノイーを搭載したモデルのほか、マイナスイオン発生機能を搭載した「イオニティ」などをラインナップしています。

シャープ(SHARP)

By: amazon.co.jp

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入って経営再建をした「シャープ」。同社の「プラズマクラスター」はドライヤーにも搭載されており、髪に潤いを与える効果が期待できると謳われています。

なお、「かっさアタッチメント」が付いたモデルも注目。人の手をモチーフとしたパーツが付属しており、頭皮をマッサージできるのが特徴です。気になる方はぜひチェックしておきましょう。

コイズミ(KOIZUMI)

By: amazon.co.jp

リーズナブルな家電をラインナップしている「コイズミ」。ドライヤーにおいても同様で、コスパのよさが魅力です。

大きめの大風量モデルから小型軽量のコンパクトモデルまでひと通りのラインナップを揃えているのもポイント。価格重視の方はチェックしておきましょう。

テスコム(TESCOM)

By: amazon.co.jp

「テスコム」は、キッチン家電や美容家電を取り扱う国内メーカー。ドライヤーに関しては通常ラインナップのほかに、サロンを意識した「Nobby」シリーズも展開しています。

プロ仕様の高性能ヒーターを搭載したモデルや仕上がりを選べる2つのモードを搭載したモデル、2way・3way・6wayタイプなど、ラインナップが豊富なのもポイント。また、多彩なヘアアレンジができる機能性を備えながらも、比較的リーズナブルな価格も魅力です。

スタンダードドライヤーのおすすめモデル

パナソニック(Panasonic) ヘアードライヤー ナノケア EH-NA9A

パナソニック(Panasonic) ヘアードライヤー ナノケア EH-NA9A

ヘアケア機能を重視したい方におすすめの人気アイテムです。風と一緒に、マイナスイオンの約1000倍以上の水分を含む「ナノイー」と、キューティクルの密着性を高めるとされる「ミネラルマイナスイオン」を髪へ届けることで、しっとりとした指通りのよい髪に導く効果が期待できます。

また、多彩なモードを搭載しているのもポイント。温冷風を自動で切り替える「温冷リズムモード」、毛先に適した風量と温冷周期に自動で切り替える「毛先集中ケアモード」、室温に応じて風温を自動コントロールする「インテリジェント温風モード」、約60℃の温風で地肌を優しく乾かす「スカルプモード」、ナノイーとミネラルマイナスイオンを含んだ風で肌の潤いを保つと謳う「スキンモード」の5機能をシーンに応じて使い分けられます。

風量はターボ時で1.3m³/分と一般的ですが、強風と弱風を同時に吹き出して毛束をほぐす「速乾ノズル」を採用しているため、スピーディーに乾かすことが可能。本体カラーはカッパーゴールド・ルージュピンク・白の3色から選択できます。

パナソニック(Panasonic) ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0B

パナソニック(Panasonic) ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0B

「ナノケア」シリーズのなかでも、水分発生量が従来の18倍とされる「高浸透ナノイー」を搭載したドライヤーです。風と一緒に高浸透ナノイーとミネラルマイナスイオンを髪へ届けることで、より優れた潤い効果が発揮されると謳われています。

風量はターボ時で1.3m³/分。「速乾ノズル」が強弱差のある風を起こして素早く毛束をほぐしてくれるため、忙しい朝でもサッとドライが完了します。

また、温冷リズムモード・毛先集中ケアモード・インテリジェント温風モード・スカルプモード・スキンモードの5つのモードを搭載しているため、髪はもちろんのこと毛先や頭皮、顔周りの肌までケア効果が期待できるのも魅力です。

さらに、前髪などのポイントセット時に最適な「セットノズル」も付属。カラーは、ピンクゴールド・ピンクルージュの2色から選べます。髪が乾燥しがちな方や、髪への紫外線・摩擦ダメージを抑えたい方におすすめのアイテムです。

パナソニック(Panasonic) ヘアードライヤー ナノケア EH-NA5B-T

パナソニック(Panasonic) ヘアードライヤー ナノケア EH-NA5B-T

電圧切り替え機能が付いたドライヤーです。100~120V・200~240Vの2パターンで電圧を切り替えられるのが特徴です。

また、日本・アメリカ・中国などで使えるA-2プラグアダプターのほか、ドイツ・フランス・イタリアなどで使えるC-2プラグアダプターが付属しているのもポイント。海外でも安心して使用できます。

さらに「ナノイー」を搭載しているため、乾燥を防いでしっとりまとまる髪へ導く効果も期待できます。なお、100・200V時は1.2m³/分、120・240V時は1.4m³/分と風量も十分であり、「速乾ノズル」を取り付ければよりスピーディーに乾かすことも可能です。

そのほか、温風でブローした後に「冷風モード」に切り替えることで、髪質に配慮できるのもポイント。サイズは幅192×高さ210×奥行き80mmで、折りたたみもできるので、持ち運びも簡単です。海外旅行の機会が多い方はぜひチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) ヘアードライヤー イオニティ EH-NE5A

パナソニック(Panasonic) ヘアードライヤー イオニティ EH-NE5A

重さ約475gの軽量モデルでありながら、1.9m³/分の大風量でパワフルに乾かせるドライヤー。毛束をほぐしてスピーディーに風を送り込む「速乾ノズル」を搭載しているため、毛量の多い髪やロングヘアーの方におすすめのモデルです。

また、ヘアケア機能も充実。マイナスイオンを髪に届けて、サラサラとしたツヤ髪へ導く効果が期待できます。温風とマイナスイオンの吹出口は分かれているため、マイナスイオン中の水分が温風の熱に奪われてしまう心配もありません。さらに、気軽に購入できるお手頃な価格帯も魅力。カラーは、シルバー・ピンクゴールド・ピンクの3色から選択できます。

Fagil ヘアドライヤー

Fagil ヘアドライヤー

安い価格帯でありながら、機能が充実しているコスパの高いドライヤー。2600Wのハイパワーで髪を素早く乾かしてくれます。

マイナスイオン機能を搭載しているため、髪の保水率をアップして静電気を抑える効果が期待できるのもポイント。また、強弱の2段階で風量を調節できるほか、冷風・中温・高温の3段階で温度調節も可能です。

さらに、吸込口は取り外し可能なので簡単に掃除できるのに加え、「二重フィルター」を採用しているため毛髪やホコリの侵入も防げます。

そのほか、本体温度が高くなり過ぎたら自動的に電源が消える「温度過昇防止機能」付きなので、安全に使用できるのも魅力。髪を梳かせるノズルと風をしぼれるノズルも付属しています。

テスコム(TESCOM) ione マイナスイオンヘアードライヤー TID730

テスコム(TESCOM) ione マイナスイオンヘアードライヤー TID730

運転音が50dBと夜でも安心して使えるドライヤー。「Night」スイッチを押すだけで、簡単にパワフルモードと低騒音モードを切り替えらえます。パワフルモードでは、1.6m³/分の大風量でロングヘアーも素早く乾かすことが可能です。

また、本体中心・周囲の計4ヶ所からマイナスイオンを放出。熱によるイオンの減少を最小限に抑えながら髪全体へマイナスイオンを行き渡らせてくれるため、潤い効果も期待できます。さらに、外気を取り込みながら風の流れを整える「マイルドモイスト フード」を搭載することで、髪の乾かし過ぎを防げるのもポイントです。

そのほか、ねじれにくいゴム製の電源コードを採用しているため、扱いやすく保管も簡単。静音性に配慮されたドライヤーを探している方におすすめです。

テスコム(TESCOM) コラーゲンイオンヘアードライヤー TCD5100

テスコム(TESCOM) コラーゲンイオンヘアードライヤー TCD5100

美髪・美肌ケアをしたい方におすすめのドライヤーです。美容成分として知られるコラーゲンとプラチナを、ナノサイズミストで風にのせて放出。髪に潤いを与えながら、キューティクルを整えて紫外線による髪ダメージを軽減できると謳われています。また、「スキンモード」を選択して顔全体に風を当てることで、美肌ケア効果が期待できるのもポイントです。

さらに、温度は温・冷風の2パターンで、風量はセット・ドライ・ターボの3パターンで切り替えられます。そのほか、用途に応じて使い分けられる3種類のフードも付属。100~120V・200~240Vの2パターンで電圧を変えられる「電圧切替スイッチ」付きなので、海外でも使用可能です。

テスコム(TESCOM) ノビー Nobby マイナスイオンヘアドライヤー NB3100

テスコム(TESCOM) ノビー Nobby マイナスイオンヘアドライヤー NB3100

美容室で支持されている「Nobby」シリーズのドライヤーです。赤外線コーティングされたグリルが、熱を効率よく伝える遠赤外線を放出。1500Wのハイパワー・1.7m³/分の大風量で、スピードドライを実現してくれます。

また、髪質に合わせてマイナスイオンのオン・オフを選択できるのもポイント。「即冷スイッチ」を押せば、温・冷風も簡単に切り替えられます。さらに、手に滑らかにフィットする「曲面グリップ」を採用しているため、持ちやすいのも魅力です。

フィルターには、交換・メンテナンスが容易な着脱方式を採用。そのほか、電源コードは3mと長いので、電源供給場所から遠いところでも使用できます。サロン仕様のおすすめアイテムです。

コイズミ(KOIZUMI) ヘアドライヤー モンスター KHD-W710

コイズミ(KOIZUMI) ヘアドライヤー モンスター KHD-W710

速乾性能を重視したい方におすすめのドライヤーです。形状の異なる2つのファンを搭載した「ダブルファン構造」が2.0m³/分のパワフルな風を作りだし、短時間で髪を乾かしてくれます。また、マイナスイオン発生機能を採用しているため、ヘアケア効果が期待できるのもポイント。

さらに、100~110Vに対応しているので、台湾・アメリカの一部地域・カナダ・メキシコなど海外でも使用できます。そのほか、TURBO・HIGH・LOW・COOLの4モードを搭載しているのも魅力。デジタルスイッチ式なので、操作性も良好です。カラーはブラック・ホワイト・レッドの3色をラインナップしています。

コイズミ(KOIZUMI) マイナスイオンヘアドライヤー KHD-9600

コイズミ(KOIZUMI) マイナスイオンヘアドライヤー KHD-9600

重量約410g・幅約178×奥行き80×高さ196mmの軽量コンパクトタイプです。扱いやすい小さめサイズでありながら、風量は1.4m³/分と十分。風速を高めて集中的に風を送り出す「パワーアップノズル」により、しっかりと髪を乾かすことができます。

また、2つのマイナスイオン発生部を備えた「ツインマイナスイオン」を採用しているため、髪への潤い効果が期待できるのもポイント。さらに、TURBO・SET・COOLの3つのモードを切り替えられます。そのほか、髪の巻き込みによる故障を防ぐ「毛髪巻込み防止機構」も搭載。使い勝手のよいおすすめアイテムです。

シャープ(SHARP) プラズマクラスタードライヤー IB-GP9

シャープ(SHARP) プラズマクラスタードライヤー IB-GP9

プラスイオンとマイナスイオンを放出する「プラズマクラスター技術」を搭載した人気モデルです。髪の潤いをキープしながらキューティクルを引き締めて、紫外線ダメージや嫌なニオイを抑制する効果が期待できます。

また、約1.7m³/分の大風量をスピーディーに髪の根本まで届ける送風構造「速乾エアロフォルム」を採用。髪の表面温度が低くても素早く乾かせるため、熱によるダメージも低減できると謳われています。

さらに、約95℃のHOT・約75℃のWARM・約50℃のSCALP・COLDの4パターンで温度帯を変えることも可能。温風と冷風を交互に吹き出すことでツヤUPを図る「ビューティーボタン」を搭載しているのも魅力です。カラーは、ルージュレッドやアンティークゴールドなど、計4色を展開しています。

シャープ(SHARP) プラズマクラスター スカルプエステドライヤー IB-JX9K

シャープ(SHARP) プラズマクラスター スカルプエステドライヤー IB-JX9K

髪を乾かすと同時に頭皮マッサージもできるドライヤーです。ヘアドライ後、本体に「かっさアタッチメント」を取り付けるだけでマッサージの準備は完了。かっさを頭皮に滑らせることでプラズマクラスターイオンが頭皮にしっかりと届き、頭皮環境を整える効果が期待できます。なお、かっさ使用時に「ビューティーボタン」を押せば、優しい温風と冷風が交互に発生。より心地よい頭皮マッサージを叶えてくれます。

また、空気抵抗を低減させたファン・ノズルと、シャープ独自の送風構造「速乾エアロフォルム」が採用されているのもポイント。熱に頼らずに、風の力だけで髪を根本から乾かしてくれるのも魅力です。

さらに、「MODEボタン」を押せばHOT・WARM・SCALP・COLDの4パターンで風の温度を変えられるほか、室温検知センサーを搭載しているため季節に合った温度に自動で切り替えてくれます。そのほか、セット用ノズルやスピードノズルも付属。頭皮環境が気になる方におすすめのモデルです。

カールドライヤーのおすすめモデル

シャープ(SHARP) プラズマクラスター ヘアスタイラー IB-CB58

シャープ(SHARP) プラズマクラスター ヘアスタイラー IB-CB58

サロン発想のブラシが魅力のカールドライヤーです。髪の引っ張った部分や根元に熱とプラズマクラスターを届ける「サイドホール」、ブラシを回転させても髪をキャッチできる「テンション毛」を設けた「ブローブラシ」を採用。根元まで熱をしっかりと与えながらテンション(引っ張る力)をかけられるため、頑固な髪のクセやうねりが気になる方におすすめです。

また、トップの短い髪や前髪をきちんとキャッチできる「ロールブラシ」も付属。さらに、プラズマクラスターを搭載しているため、スタイリング時の熱ダメージや静電気を軽減する効果も期待できます。そのほか、空気抵抗の少ないファン形状を採用することで、高性能でありながら55×354mmのスリムデザイン・低消費電力設計を実現しているのもポイントです。

パナソニック(Panasonic) くるくるドライヤー ナノケア EH-KN89

パナソニック(Panasonic) くるくるドライヤー ナノケア EH-KN89

「ナノイー」で髪と地肌をいたわりながら、多様なスタイリングを楽しめるカールドライヤーです。「ナノイー イオンチャージパネル」を握るだけで微細なナノイーが放出。地肌ストレスの原因とされる乾燥を抑えながら、髪のうねりを抑制する効果が期待できます。

ブラシは、毛髪の両サイドから温風を当てることで浮き毛を抑え、まとまりをよくする「サロンブローブラシ」、毛流れを整える「ワイドブローブラシ」、毛先や前髪のカール付けに最適な「太ロールブラシ」の3種類が付属。また、ワンタッチで冷風に切り替わる「クールショットボタン」を搭載しているため、温風でセットした髪型を冷風でしっかりとキープできるのもポイントです。

パナソニック(Panasonic) くるくるドライヤー 騒音抑制タイプ EH-KA1A

パナソニック(Panasonic) くるくるドライヤー 騒音抑制タイプ EH-KA1A

早朝や深夜にカールドライヤーを使いたい方におすすめのモデルです。62dBの騒音抑制タイプなので、音を気にすることなく使用できます。また、ブラシには毛先までしっかり捉える「毛先キャッチブローブラシ」を採用しているため、髪にテンションがかかりやすくスタイリングも簡単。

さらに、強い温風「DRY」、弱い温風「SET」、冷風「COLD」の3段階でモードを切り替えられます。そのほか、気軽に購入できる安い価格帯も魅力。コスパ抜群の人気アイテムです。

ダイソン(dyson) エアラップ Airwrap Volume+Shape

ダイソン(dyson) エアラップ Airwrap Volume+Shape

ドライヤー・ブラシ・大小のカーラー・収納BOXがセットになった人気アイテムです。13枚の羽根で毎分最大110000回転する「ダイソン デジタルモーター V9」をドライヤーに搭載することで、高速・高圧の風が曲面を沿って流れる現象「コアンダ効果」がブラシ表面に発生。風の力で髪を滑らかに整えて、サロン仕様のブローを実現してくれます。

また、付属のカーラーを取り付ければ、コアンダ効果によってふんわりとした自然なカールを作り出せるのもポイント。さらに、マイナスイオン発生機能を搭載しているため、ヘアケア効果も期待できます。テクニック不要できれいなヘアスタイルに仕上げてくれる、おすすめのアイテムです。

コイズミ(KOIZUMI) マイナスイオンカーリングドライヤー KHC-5010

コイズミ(KOIZUMI) マイナスイオンカーリングドライヤー KHC-5010

1000Wのハイパワーと使いやすい大型ブラシで、素早くスタイリングできるおすすめモデルです。ブラシは、きれいなカールが簡単に作れる「先玉らく巻きアイロンブラシ」、髪を逃さない「先玉ワイドボリュームブラシ」、片手で挟みながら毛先までブローできる「ブローアイロンブラシ」の3種類が付属しています。

また、HIGH・LOW・COOLの3パターンで温度切り替えができるのに加え、風量もMINからMAXまで自由自在に調節できるのもポイント。さらに、「ツインマイナスイオン」機能を採用しているため、髪への潤い効果も期待できます。

テスコム(TESCOM) カールドライヤー BI41

テスコム(TESCOM) カールドライヤー BI41

100~120V・200~240Vの2パターンに電圧を切り替えられるため、海外でもしっかりとヘアスタイリングができるカールドライヤーです。また、Aタイプ・Cタイプの2種類のプラグが付属しているので、対応地域であれば交換アダプタ不要で使用できます。

さらに、毛先までしっかりと捉えられる「キャッチクッションブラシ」を採用しているのもポイント。最小の直径は39mmとスリムな持ち手も魅力です。そのほか、風の強さはSET・DRYの2段階で切り替えられます。安い価格帯で優れた実用性を誇る、おすすめモデルです。

テスコム(TESCOM) マイナスイオンカールドライヤー TIC915-N

テスコム(TESCOM) マイナスイオンカールドライヤー TIC915-N

ツヤのある髪に仕上げたい方におすすめのモデルです。本体中心・周囲の計4ヶ所からマイナスイオンが放出されるのに加え、ブラシの黒色部分全面に保湿成分「ツバキオイル」を配合。スタイリングと同時に、髪へ潤いを与える効果が期待できます。

また、180°に広がるブラシで短い髪もしっかりキャッチできる「スタイリングブローブラシ」、熱伝導のよいアルミ素材でくっきりカールを作る「スタイリングアイロンブラシ」の2種類のブラシが付属。スタイリングブローブラシのベースは、ブラシ本体から取り外して水洗いができます。

また、温・冷風をワンプッシュで切り替えられる「クールショットスイッチ」も搭載。髪に冷風を瞬時に当てることで、セットを長持ちさせられます。さらに、電源コードは本体取り付け部で360°回転するため、コードがねじれにくく快適に使えるのも魅力です。

テスコム(TESCOM) マイナスイオンカールドライヤー TIC6J

テスコム(TESCOM) マイナスイオンカールドライヤー TIC6J

手動での電圧切り替えが不要な海外対応モデルです。コンセントに差し込むだけで、自動的に100〜240Vまでの最適な電圧に切り替えてくれます。また、Aタイプのプラグに加えてCタイプが付属しているのもポイントです。

ブラシには、ブラシベースとピンにツバキオイルを配合した「スタイリングブローブラシ」、アルミ素材でしっかりカールが作れる「スタイリングアイロンブラシ」の2種類を採用。いずれのブラシも先玉付きなので、頭皮を傷つけずに優しくブローができます。

さらに、COOL・SET・DRYの3つのモードを搭載しているのもポイント。冷風で仕上げれば、きれいなセットが長持ちします。そのほか、2ヶ所から吹き出る「ダブルマイナスイオン」機能により、ヘアケア効果が期待できるのも魅力。日本でも海外でも便利に使えるおすすめアイテムです。