身支度やバスタイム後のヘアケアに欠かせない「ドライヤー」。最近は髪質や頭皮の悩みに配慮したモデルが続々と発売されています。それぞれ形状の違いは多少ありますが、価格に見合う機能が備わっているかどうかは判断しにくいもの。

そこで今回は、ドライヤーのおすすめモデルをご紹介します。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ドライヤーの選び方

風量で選ぶ

By: amazon.co.jp

速乾性に優れたドライヤーを探している方は、風量の大きなモデルをチェックするのがおすすめ。短時間でヘアドライを完了することで、熱による髪と頭皮へのダメージを軽減できます。特に、ロングヘアの方や髪の量が多い方は大風量モデルを中心に検討してみてください。

目安としては、1.6m³/分程度の風量を備えていると快適に使用することが可能。より速乾性を重視する方は、1.9m³/分以上の大風量タイプを入手しましょう。

また、消費電力を表す「W(ワット)数」は風量と完全に比例する訳ではありませんが、あまりにW数が小さいと風量に物足りなさを感じる恐れがあります。目安として900〜1200W程度の出力を備えていることを購入前に確認するのがおすすめです。

重さで選ぶ

By: amazon.co.jp

ドライヤーは片手で持って使用するため、重すぎるモノを選んでしまうとヘアセットやヘアドライがしにくくなります。一般的には500g前後のドライヤーであれば負担なく使えるため、購入前に重さを確認しましょう。

髪を素早く乾かせる大風量タイプのドライヤーでサイズが大きめのモノは重い可能性があるため、自分の腕の力でも支え続けられるかをよく考えて選ぶことが重要です。腕の力は体型や年齢によっても異なるので、自分に合った重さがどのくらいかを判断しておきましょう。

重さを重視してドライヤーを選ぶ場合は、風量が十分かどうかも確認しておくと安心。小型軽量モデルのなかには風量が弱いモノがあるため、よく確認して選ばないと購入してから後悔することもあります。重さと風量のバランスが取れたモノを選ぶのがおすすめです。

温度調節機能で選ぶ

By: panasonic.jp

ドライヤーによる髪へのダメージが気になる方には、温度調節機能があるモノがおすすめ。数段階で温度調節できるモノを選べば、そのときの髪の状態に合わせて切り替えながら使えるので便利です。

一般的なドライヤーの温風は100℃前後の高温ですが、温度調節できるモノのなかには60℃前後の低温で髪を乾かせるモノがあります。美しい髪を保つためにも、購入前に温風の温度や温度調節機能の有無をチェックしておくと安心です。

静音性の高さで選ぶ

By: jp.sharp

深夜にドライヤーを使う方や赤ちゃんのいる方は静音性に優れたドライヤーを選ぶのがおすすめ。静音設計のモデルや静音モードを備えたモデルなら、周囲に気兼ねなくヘアドライを行えます。

ドライヤー使用時に発生する音の大きさは「dB(デシベル)」という単位で表記され、一般的なドライヤーは60〜70dB程度です。70dBは「騒々しい街灯」「セミの鳴き声」、60dBは「掃除機」「洗濯機」「テレビ」程度の騒音であるとされています。

そのため、静音性を重視する場合は60dB以下のモデルをチェックするのがおすすめ。50dBは「静かな事務所」や「換気扇」程度の騒音なので、安心してドライヤーを使用できます。

ヘアケア機能の有無で選ぶ

By: panasonic.jp

最近では、髪に潤いを与えると謳われている「マイナスイオン発生機能」が搭載されたドライヤーや、送風の温度を低くすることにより髪のダメージを軽減する効果が期待できるドライヤーもラインナップされています。

ヘアケア機能はメーカーによっても異なるので、髪質にこだわりたい方はしっかりとチェックしておきましょう。

海外対応の有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

海外対応のドライヤーを選んでおくと、海外旅行が決まったときに慌ててドライヤーを用意する必要がありません。海外出張が多い方や旅行好きな方には海外対応のドライヤーがおすすめです。海外旅行のためにドライヤーを買う場合は、携帯性も確認しておきましょう。

電圧は世界各国によって異なるため、ドライヤーの電圧が行き先の国に対応しているかを確認する必要があります。また、電源コンセントの形状も国によって違うので、変圧器や変換プラグを用意すべきかもチェックしておきましょう。

ドライヤーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

テレビやカメラなどの黒物家電から冷蔵庫や洗濯機などの白物家電まで、幅広いジャンルの製品を取り揃えている「パナソニック」。ドライヤーに関しては「ナノイー」を搭載したモデルのほか、マイナスイオン発生機能を搭載した「イオニティ」などをラインナップしています。

シャープ(SHARP)

By: rakuten.co.jp

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業の傘下に入って経営再建をした「シャープ」。同社の「プラズマクラスター」はドライヤーにも搭載されており、髪に潤いを与える効果が期待できると謳われています。

「かっさアタッチメント」が付いたモデルも人気。人の手をモチーフとしたパーツが付属しており、頭皮をマッサージできるのが特徴です。気になる方はぜひチェックしておきましょう。

コイズミ(KOIZUMI)

By: rakuten.co.jp

リーズナブルな家電をラインナップしている「コイズミ」。ドライヤーもコスパのよさが魅力です。

大きめの大風量モデルから小型軽量のコンパクトモデルまで、ひと通りのラインナップを揃えているのもポイント。価格重視の方はチェックしておきましょう。

テスコム(TESCOM)

By: rakuten.co.jp

「テスコム」は、キッチン家電や美容家電を取り扱う国内メーカー。ドライヤーに関しては通常ラインナップのほかに、サロンを意識した「Nobby」シリーズも展開しています。

プロ仕様の高性能ヒーターを搭載したモデルや、仕上がりを選べる2つのモードを搭載したモデルなど、ラインナップが豊富なのもポイント。また、多彩なヘアアレンジができる機能性を備えながらも、比較的リーズナブルな価格で購入できるのも魅力です。

ダイソン(dyson)

By: rakuten.co.jp

ダイソンはイギリスに本拠を構える電気機器メーカー。目に見えない微細なゴミを吸い取るサイクロン式掃除機を、世界で初めて開発したことで有名です。小型軽量のスティッククリーナーや羽根のない扇風機は世界中で人気があります。

ダイソンのドライヤーは、個性的なデザインとハイスペックな機能が特徴。穴の開いた送風口から大風量の風が出るため、髪を素早く乾かせます。「インテリジェント・ヒートコントロール」により、過度な熱ダメージを防ぎながら乾かせるのもポイントです。

ドライヤーのおすすめモデル

カドークオーラ(cado cuaura) ヘアードライヤー BD-E1

カドークオーラ(cado cuaura) ヘアードライヤー BD-E1

鼻をなくしたユニークな形状が目を引く、「カドークオーラ」のヘアードライヤー。髪への距離がグッと近づくため、取り回しやすいのが魅力です。

吹き出し口に搭載されたセラミックカートリッジから放たれる遠赤外線と、最大22m³/分の大風量により、スピーディーに髪を乾かせるのが特徴。最高風温は約85°Cと低く、オーバードライを防ぐ効果が期待できます。

最大消費電力1000Wの省エネ設計で、電気代を節約したいという方にもおすすめ。向きを自由に変えられるマグネット着脱式のスタイリングノズルが付属するため、ヘアセット時も快適に使用できます。

パナソニック(Panasonic) ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0B

パナソニック(Panasonic) ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0B

人気の「ナノイー」発生機能を搭載しているドライヤーです。マイナスイオンの約1000倍以上水分を含む「ナノイー」が進化した、より水分量の多い「高浸透ナノイー」を発生させることが可能。さらに、「ミネラルマイナスイオン」も発生させることで、キューティクルを引き締める効果が期待できます。

独自の「速乾ノズル」を採用しているのもポイント。強弱のある風で髪をほぐしながらドライするため、髪が絡みにくく短時間でキレイに乾かせます。また、シーンに応じて5つのモードを選べるのも魅力です。

「毛先集中ケアモード」では周囲の温度をセンサーが自動検知。間隔と風量を自動調節しながら温風と冷風を交互に発生させることで、まとまった毛先へ仕上げられます。「スカルプモード」では、約60℃の風で低温で地肌をいたわりながらヘアドライすることが可能。ヘアケア機能を重視する方におすすめの製品です。

パナソニック(Panasonic) ヘアードライヤー イオニティ EH-NE6B

パナソニック(Panasonic) ヘアードライヤー イオニティ EH-NE6B

パワフルで機能性に優れたおすすめモデルです。1.9m³/分の大風量と独自の「速乾ノズル」により、髪を素早く乾かせます。さらに、温風を挟むように両側から冷風を放出する「温冷ツインフロー」を搭載。髪に温風と冷風が交互に当たるため、簡単になめらかでツヤのある髪へ仕上げられます。

マイナスイオン発生機能を搭載しており、ヘアケア効果が期待できるのもポイント。大風量モデルながら重量が約530gに軽減されているので、ラクにヘアドライを行えるのも魅力です。ロングヘアの方や髪の量が多い方は、ぜひチェックしてみてください。

パナソニック(Panasonic) マイナスイオン シーンターボ イオニティ EH5306P

パナソニック(Panasonic) マイナスイオン シーンターボ イオニティ EH5306P

静音性に優れたお手頃価格のドライヤーです。ターボ時でも運転音が52dBと小さいので、夜間や早朝でも周囲に気兼ねなく使えます。重量も455gと軽く、扱いやすいのもメリットです。

マイナスイオン発生機能を搭載しており、ヘアケア効果が期待できるのも魅力。ただし、風量は1.1m³/分と小さめです。静音性を重視する方は、ぜひ検討してみてください。

シャープ(SHARP) プラズマクラスタードレープフロードライヤー IB-WX1

シャープ(SHARP) プラズマクラスタードレープフロードライヤー IB-WX1

ノズルの短い独自形状が特徴的なドライヤーです。コンパクトなので取り回しやすく、上下左右に振りやすい重量バランスに設計されているため、ラクに髪を乾かせるのが魅力。さらに、プロのブローテクニックに着想を得た「ドレープフロー」を採用しています。

2つの吹出口から風を放出することで、髪を立体的に動かしてヘアドライすることが可能。広範囲かつ深い部分まで風が届くので、より素早く髪を乾かせます。また、多彩な運転モードを内蔵しているのもポイント。「センシングモード」ではセンサーが髪との距離を検知し、自動で適切な温度に調節します。

「スカルプモード」では約50℃の低温で地肌に優しいヘアドライが可能。ほかには、Bluetooth接続による専用アプリとの連携機能や、独自の「プラズマクラスター」発生機能も搭載しています。ハイスペックなドライヤーを探している方におすすめです。

シャープ(SHARP) プラズマクラスタースカルプエステドライヤー IB-JX9K

シャープ(SHARP) プラズマクラスタースカルプエステドライヤー IB-JX9K

頭皮ケアに効果が期待できるドライヤーです。ヘアドライ後先端に「かっさアタッチメント」を取り付けると、頭皮を手軽にマッサージできるのが特徴。プラズマクラスターイオンによる頭皮環境を整える効果も期待できます。

さらに、「ビューティーモード」に設定すると温風と冷風を自動で交互に放出することが可能。頭皮ケアやキューティクルの引き締めに効果が期待できます。また、風量が約1.7m³/分と大きく、独自の「速乾エアロフォルム」を採用しているのもポイントです。

髪を根元から素早く乾かせるので、速乾性を重視する方にもおすすめ。髪だけでなく頭皮もケアしたい方は、ぜひ検討してみてください。

コイズミ(KOIZUMI) MONSTER ダブルファンドライヤー KHD-W745

コイズミ(KOIZUMI) MONSTER ダブルファンドライヤー KHD-W745

「ダブルファン」を搭載したパワフルなドライヤーです。強い風を起こせる独自形状のファンを2つ内蔵しており、2.0m³/分の大風量で素早く髪を乾かせるのが魅力。風量は5段階に調節でき、ヘアドライからヘアセットまで状況に応じて便利に使えます。

約60℃の低温で髪と地肌を乾かせる「スカルプモード」に対応しているのもメリット。髪と地肌をいたわりながらドライヤーを行いたい方にもおすすめです。また、人気のマイナスイオン発生機能も搭載。地肌ケアも行える大風量タイプのドライヤーとして、ぜひチェックしてみてください。

コイズミ(KOIZUMI) マイナスイオンヘアードライヤー KHD-9120

コイズミ(KOIZUMI) マイナスイオンヘアードライヤー KHD-9120

ロングヘアの方におすすめの大風量モデルです。2.0m³/分のパワフルな風量を備えており、スライド式の風量コントロールスイッチで無段階に風量を調節することが可能。付属のスタンドを使うとハンズフリーでヘアドライを行えるため、ドライヤーを長時間使う方にもおすすめです。

重量は約535gで、扱いやすいのもポイント。先端には独自の「フレックスノズル」を採用しており、ひねるだけで送風範囲を広げたり狭めたりと調節でき便利です。さらに、ヘアケア効果が期待できるマイナスイオン発生機能も搭載。ラクに髪を乾かせるハイパワーなおすすめのモデルです。

コイズミ(KOIZUMI) マイナスイオンヘアードライヤー KHD-9710

コイズミ(KOIZUMI) マイナスイオンヘアードライヤー KHD-9710

リーズナブルで携行性に優れたドライヤーです。約幅18×奥行7×高さ18cmとコンパクトな手のひらサイズに設計されており、重さ約375gと軽いのが魅力。気軽に持ち運べるので、旅行用や出張用としておすすめです。

風量は2段階に調節でき、冷風機能も搭載。マイナスイオン発生機能も付いているため、髪をいたわりながらヘアドライを行えます。ただし、風量が1.2m³/分と小さい点には注意しておきましょう。荷物になりにくいお手頃価格のドライヤーとしておすすめです。

テスコム(TESCOM) コラーゲンイオン ヘアードライヤー TCD4500

テスコム(TESCOM) コラーゲンイオン ヘアードライヤー TCD4500

ヘアケア機能を重視する方におすすめの高性能なドライヤーです。美容成分の「コラーゲン」と「プラチナ」をマイクロカプセルに配合し、微粒子化した「ナノサイズミスト」と共に放出できるのが特徴。潤いが持続しツヤのある髪に仕上げられると謳われています。

また、カラーや白髪染めの退色や紫外線によるダメージを軽減する効果が期待できるのもメリット。さらに、頭皮環境を整える効果も期待できるので、頭皮ケアにもおすすめです。

高度なヘアケア機能を搭載していながら、重量が約540gと軽く扱いやすいのも魅力。髪のダメージが気になる方は、ぜひ本機をチェックしてみてください。

テスコム(TESCOM) プロフェッショナル プロテクトイオン ヘアードライヤー NIB3000

テスコム(TESCOM) プロフェッショナル プロテクトイオン ヘアードライヤー NIB3000

サロン仕様のハイスペックな人気ドライヤーです。業務用ドライヤーのファンとモーターを採用しており、優れた速乾性で髪を根元から素早く乾かせます。風量と温度はそれぞれ3段階に調節でき、快適にヘアドライを行うことが可能です。

ヘアケア機能として「プロテクトイオン」の発生機能を搭載しているのもポイント。マイナスイオンとプラスイオンの両方を発生させ、静電気を抑制してまとまりのある髪に仕上げる効果が期待できます。

さらに、2つのノズルアタッチメントが付属しているのもメリット。熱ダメージを軽減するヘアドライ用の「ケアドライフード」と、風を集中させるヘアセット用の「セットフード」を使い分けられるので便利です。

また、スタンドが付属しているため、ハンズフリーでラクに髪を乾かすことも可能。プロ仕様のドライヤーを探している方におすすめです。

テスコム(TESCOM) マイナスイオンヘアードライヤー TID930

テスコム(TESCOM) マイナスイオンヘアードライヤー TID930

コストパフォーマンスに優れた使いやすいドライヤーです。マイナスイオン発生機能を搭載しており、独自の「2WAYモイスチャーフード」によって送風範囲を2段階に切り替えられるのが特徴。マイナスイオンと風を髪の広範囲に当てたり、ピンポイントに集中させたりと便利に使えます。

また、風量が1.8m³/分と大きいのもメリット。素早くヘアドライを行えるうえ、本体重量が約500gと軽いのでラクに扱えます。お手頃価格で高機能なドライヤーを探している方におすすめです。

テスコム(TESCOM) マイナスイオンヘアードライヤー TID430

テスコム(TESCOM) マイナスイオンヘアードライヤー TID430

軽量で腕が疲れにくいドライヤーとしておすすめの製品です。重量がわずか385gと軽いので、取り回しやすいうえ気軽に持ち歩けるのが魅力。サイズも約幅17×奥行8×高さ20cmとコンパクトなため、場所を取らずに収納できます。

軽量かつ小型ながら、1.5m³/分の風量を備えているのもポイント。また、2箇所からマイナスイオンを放出するヘアケア機能も搭載しています。リーズナブルで軽量性に優れたドライヤーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

テスコム(TESCOM) プロテクトイオン ヘアードライヤー TID81J

テスコム(TESCOM) プロテクトイオン ヘアードライヤー TID81J

海外旅行や海外出張におすすめのドライヤーです。100〜240Vの幅広い電圧に対応しており、自動で電圧を切り替えるためさまざまな国で手軽に使えます。電源プラグの形状はAタイプで、Cタイプの変換プラグが付属しているのもメリットです。

風量は1.9m³/分と大きく、パワフルな風で素早くヘアドライを行うことが可能。海外でも風量が下がらないよう設計されているので、いつでも快適に使用できます。また、プロテクトイオン発生機能を搭載しており、高いヘアケア効果が期待できるのもポイント。高性能な海外対応モデルとしておすすめです。

テスコム(TESCOM) マイナスイオンヘアードライヤー TID730

テスコム(TESCOM) マイナスイオンヘアードライヤー TID730

高性能な静音タイプのドライヤーとしておすすめの製品です。「Nightモード」に設定すると、ターボ運転でも運転音を50dBに軽減することが可能。業界トップクラスの静音性を備えているため、深夜や赤ちゃんが寝ている時間帯でも使いやすいのが魅力です。

通常の運転でも運転音が64dBと抑えられており、1.6m³/分の十分な風量を有しています。また、重量が475gと軽いので、ラクにヘアドライを行えるのもメリットです。

さらに、4箇所からマイナスイオンを放出する「トライアングルマイナスイオン」機能も搭載。静かで風量の大きなドライヤーを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ダイソン(dyson) Dyson Supersonic Ionic ヘアードライヤー

ダイソン(dyson) Dyson Supersonic Ionic ヘアードライヤー

スタイリッシュでハイスペックな人気のドライヤーです。独自の「インテリジェント・ヒートコントロール」により、風の温度を毎秒20回測定することで過度な温度上昇を防ぎ、熱による髪へのダメージを軽減します。

2.4m³/分の大風量を備えているうえ、「Air Multiplier テクノロジー」で高度に風をコントロールできるのもポイント。風の速度は3段階、温度は4段階に調節でき、素早く快適にヘアドライを行えます。

また、4種類のノズルアタッチメントも付属。風の強弱や送風範囲を調節できるので、髪質や目指す仕上がりに応じて使い分けられます。熱ダメージを軽減できるパワフルなドライヤーとしておすすめの製品です。

モッズ・ヘア(mod’s hair) マイナスイオンドライヤー イオンラピッド MHD-1252

モッズ・ヘア(mod's hair) マイナスイオンドライヤー イオンラピッド MHD-1252

速乾性に優れたサロン仕様のドライヤーです。独自の「整流リング」によって直線的な風を髪の根元まで届けられるので、しっかりと髪全体を乾かせます。さらに、風の量ではなく速度を高めることでヘアドライに必要な温度をキープしているため、素早く髪を乾かすことが可能です。

高風速ながら重量が約580gに軽減されているのもメリット。また、「コームノズル」や「セットノズル」のアタッチメントが付属しており、ブローやヘアセットもスムーズに行えます。有名サロンによる使いやすいドライヤーとしておすすめです。

泉精器 マイナスイオンドライヤー DR-RM77

泉精器 マイナスイオンドライヤー DR-RM77

大風量ながらリーズナブルな人気のドライヤーです。2.0m³/分のパワフルな風で素早く髪を乾かせるのが魅力。さらに、ノズルのスリットを開閉させる「2WAYドライノズル」を搭載しており、送風範囲を調節して効率よくヘアドライを行えます。

8箇所からマイナスイオンを発生させるヘアケア機能を搭載しているのもポイント。広範囲にマイナスイオンを届けられるので、手軽に髪全体をケアできます。コストパフォーマンスに優れた大風量タイプとしておすすめです。

日立(HITACHI) ナノイオンドライヤー HD-NS910

日立(HITACHI) ナノイオンドライヤー HD-NS910

風の温度と量を自在に調節できるハイグレードなドライヤーです。風温は約60・75・90・105℃の4段階と冷風に設定でき、風量は1.0〜1.9m³/分に無段階で調節することが可能。髪質や髪の状態、ヘアスタイルに応じて最適なヘアドライを行えます。

ヘアケア機能として、「ナノイオン」発生機能を搭載しているのも魅力。髪に潤いを与えたり、頭皮環境を整えたりする効果が期待できます。

また、スタンドが付属しているため、ロングヘアの方や髪の量が多い方にもおすすめ。温度と風量を細かく切り替えてドライヤーを使いたい方は、ぜひ検討してみてください。

I-ne SALONIA スピーディーイオンドライヤー SL-013

I-ne SALONIA スピーディーイオンドライヤー SL-013

速乾性に優れたおしゃれなドライヤーです。2.3m³/分の大風量で素早く髪をほぐし、しっかりと乾かせるのが魅力。パワフルながら重量は約495gと軽いので、快適にヘアドライを行えます。

本体の表面はマット仕上げで、シンプルな形状にデザインされているため、スタイリッシュな印象を与えるのもメリット。また、マイナスイオン発生機能も搭載しています。コストを抑えて2.0m³/分超えの大風量モデルを入手したい方におすすめです。