風量が大きくスピーディに髪を乾かせるモデルや、静音性の高いモデルなどが発売されている「ドライヤー」。パナソニックやテスコムなどのメーカーがさまざまなモデルを製造しているので、購入する際にはどれを選んでよいか迷ってしまいがちです。

そこで今回はおすすめのドライヤーをご紹介します。速乾ドライヤー・美容室モデルドライヤー・安いドライヤーなどに分けてピックアップしているので、ぜひ参考にしてみてください。

ドライヤーの選び方

速乾性を重視するなら風量をチェック

By: panasonic.jp

速乾性を重視してドライヤーを選択するのであれば、事前に風量をチェックしておくのがおすすめ。風量が大きければ大きいドライヤーほど、スピーディに髪を乾かせます。

一般的なドライヤーの風量は1.3m³/分程度ですが、大風量モデルは1.5m³分以上が主流。なかには2.0m³/分以上の風量を実現しているモデルも存在します。熱風を髪にあてる時間を短縮し、髪や頭皮に与えるダメージを軽減したい場合にも便利です。

ヘアケア機能の有無をチェック

マイナスイオン

By: salonia.jp

髪の手触りをしっとり、さらさらに仕上げたい場合には、マイナスイオンを搭載したモデルがおすすめです。マイナスイオンとは、マイナスに帯電した酸素と、空気中の水分子が結合した微粒子のこと。髪が傷む原因のひとつである静電気を抑える効果が期待できます。

プラスの電気を帯びた髪は摩擦が発生しやすく、キューティクルを傷めてしまいがち。ドライヤーから出たマイナスイオンは、プラスの電気を帯びた髪に付着して表面をコーティングします。

マイナスイオンによるコーティングは、髪の潤いをキープして摩擦を抑えることが可能。プラスの電気を中和して、櫛通りのよい、しなやかな髪を実現できます。

スカルプモード

髪を乾かす際、頭皮までしっかりとケアしたい場合にはスカルプモードを備えた製品がおすすめ。スカルプモードは、髪を乾かすためのドライモードと比較して風温が低く設定されているのが特徴です。

風温を低く設定することにより、地肌に風を直接あてても熱さを感じにくいのが魅力。頭皮の水分を奪いすぎず、適度な潤いを保った状態での乾燥が可能です。頭皮に潤いを残すことで、気になる頭皮の乾燥やかゆみなどのトラブルを予防する効果も期待できます。

遠赤外線

By: amazon.co.jp

髪の毛への熱ダメージを軽減したい場合には、遠赤外線搭載モデルがおすすめ。遠赤外線搭載のドライヤーは風温が低いモノが多く、髪への熱ダメージを抑えた乾燥を行えるのが魅力です。

遠赤外線とは、赤外線の中でも波長が長く、3~1000μmの波長領域を有する光線のこと。金属を除いた多くの物質に吸収されやすく、物質をあたためてくれるので低い風温でも乾燥できるのが特徴です。

熱風を当てて加熱するよりも表面温度が高くなりすぎないうちに、均一に熱を加えられるのがメリット。暖房器具や調理器具などにも使用されています。

アタッチメント

By: amazon.co.jp

ドライヤーのなかには、アタッチメントが豊富に付属している製品があります。アタッチメントを付け替えることで、さまざまなドライ方法に対応できるのが特徴。頭皮を心地よく刺激するアタッチメントを備えている製品も展開されています。

また、地肌のケアに役立つ、自分好みの風量に切り替えられるアタッチメントも存在。さまざまな用途に合わせてアタッチメントを選んでみてください。

温度調節ができるかチェック

By: amazon.co.jp

ドライヤーを購入する際は、温度調節ができるかもチェックしておくのがポイント。一般的なドライヤーの熱風は100℃前後と高温なので、長時間使用すると髪にダメージを与えてしまう可能性があります。

髪や地肌の負担を気にかけるのであれば、60℃程度の風で乾かすのがおすすめ。温度調節機能を備えたドライヤーであれば、高温と低温を使用状況にあわせて使い分けできます。

音が気になる場合は静音モデルを

早朝や夜間に使用する際に騒音問題が心配な方には、静音性に優れたモデルを選ぶのがおすすめです。ドライヤーを使用する際に出る音が75dB以下の製品を目安に選択してみましょう。

75dBの音は走行中の電車と同等ほどの音量といわれています。数値が小さければ小さいほど運転音が静かで、快適に使用しやすいのがメリットです。

旅行に持っていくならコンパクトな軽量モデルがおすすめ

By: koizumiseiki.jp

ドライヤーを旅行や出張などに携帯するのであれば、コンパクトかつ軽量なモデルが便利。一般的なドライヤーの重量は500~800gほどなので、500g以下のモデルを選ぶのがおすすめです。

ただし、小型で軽量なドライヤーは、風量が小さい可能性もあるので注意が必要。購入する際は、風量も確認しておきましょう。

海外で使うなら海外対応モデル

By: e-vidal.jp

旅行や出張で海外へ行く機会が多い場合には、「海外対応モデル」のドライヤーを選択してみましょう。海外では日本と異なる電圧を採用している場合があり、一般的なドライヤーは使用できない可能性があります。

また、国によっては、コンセントプラグの形状が異なる場合もあるので注意が必要。日本国内と海外の両方で使用する場合には、変換プラグが付属したモデルを選ぶのがおすすめです。

乾かしながらスタイリングできる「カールドライヤー」

「カールドライヤー」は、先端にブラシを搭載しているドライヤーのこと。片手で扱えるカールドライヤーを使用すれば、簡単に髪を乾かしながらスタイリングできるのがメリットです。

カールドライヤーのブラシ形状には、ロールブラシとブローブラシの2種類が存在。髪をしっかりとカールさせたい場合にはロールブラシ、ゆるく巻いたヘアを作りたい場合にはブローブラシが便利です。

カールドライヤーについて詳しく知りたい方はこちら

ドライヤーのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

エアコン・洗濯機・オーディオ機器など、さまざまな製品を取り扱っている「パナソニック」は、日本を代表する電機メーカーです。パナソニックが製造するドライヤーは、エアコンと同じく「ナノイー」機能を備えているのが特徴。空気中に含まれている水分を超微細化してイオンを放出するのが魅力です。

うるおいやなめらかさをキープしながら、髪を乾かしたい場合に便利。ヘアケアを重視する方にもおすすめのメーカーです。

ダイソン(dyson)

掃除機や空気清浄機で知られるダイソンですが、ドライヤーやヘアアイロンなどのヘアケア製品も多数取り扱っています。ダイソンが製造するドライヤーは、大風量を実現しているのが特徴。風量が強く、スピーディに髪を乾かせます。

また、一般的なドライヤーとは異なるデザインを採用しているのもポイント。付属しているアタッチメントも充実しているので、複数人で利用する場合にもおすすめです。

サロニア(SALONIA)

大阪に本社を構える「サロニア」は、ヘアアイロンやドライヤーなどを製造する美容家電メーカーです。シンプルかつ高性能なドライヤーで人気。また、美容液ミストで髪を乾かしながらトリートメントできる「トリートメントミストドライヤー」も製造しています。

サロニアのドライヤーは、カラーラインナップが豊富。好みのカラーを選択できる点もおすすめです。

テスコム(TESCOM)

東京都に本社を置く「テスコム」は、日本国内の中堅家電メーカーです。オーブントースターやミキサーなどのキッチン製品、ヘアアイロンやドライヤーなどのビューティー製品で有名。特にドライヤーは、プロ仕様のモデルからリーズナブルな価格で購入できるモデルまでラインナップを豊富に取り揃えています。

また、美容室でも採用されているドライヤー「Nobby」を製造しているのもポイント。高機能な製品を求めている場合にもおすすめです。

コイズミ(KOIZUMI)

大阪に本社を構える「コイズミ」は、季節家電やキッチン家電、オーディオなどを取り扱う中堅電機メーカーです。コイズミの製品はリーズナブルな価格で購入できるモノが多く、コスパに優れているのが特徴。コスト重視でドライヤーを探している方にもおすすめです。

また、コンパクトにデザインされているドライヤーを製造しているのもポイント。旅行や出張に携帯するドライヤーとしても便利です。

速乾ドライヤーのおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) ヘアードライヤー ナノケア高浸透 EH-NA0G

独自の速乾ノズルを採用したドライヤー。強弱差があるバランスのよい風を起こし、毛束をほぐしながら濡れた髪を乾燥できるのが特徴です。髪のツヤ出しや毛先の集中ケア、地肌ケアなどに対応した5つのモードも備えており、好みに合わせて使用できます。

高浸透ナノイーを搭載しているのも魅力。キューティクルのわずかな間から髪の内側まで入り込み、水分を浸透させることが可能です。髪に潤いを与えることにより、髪の広がりやうねりを抑えた、なめらかな美しい髪へ導けます。

キューティクルの密着性を高めるミネラルマイナスイオンの発生量が多いのもポイント。カラー剤の流出を抑えてヘアカラーや白髪染めを長持ちさせたり、ブラッシングによる摩擦ダメージを抑えたりする効果が期待できます。なめらかでまとまった髪を目指したい方におすすめです。

第2位 ダイソン(dyson) Dyson Supersonic Ionic HD08 ULF

一般的なドライヤーとは異なるデザインを採用している製品です。ツヤやまとまりのある髪を作りたい場合に便利。コアンダ効果により、浮き毛を目立たなくできるのが魅力です。

マイナスイオンを放出できるのがポイント。また、静電気の抑制効果が期待できるのもメリットです。内部には「ダイソン デジタルモーターV9」を搭載。毎秒13Lの空気を生み出し、パワフルな風を送れます。

さらに、温度センサーを搭載しているのも長所。熱風の温度を測定してマイクロプロセッサーに伝え、風の温度を一定に保てる「インテリジェント・ヒートコントロール」を備えている点もおすすめです。

第3位 パナソニック(Panasonic) ヘアードライヤー ナノケア EH-NA9G

パナソニック独自の「ナノイー」発生装置搭載のドライヤーです。微細なナノイーが髪に水分を与え、クセを伸ばしまとまりをよくする効果が期待できます。

頭皮を乾かしたい場合には「スカルプモード」が便利。60℃と低温の熱風でやさしく乾燥します。また、「ナノイー」の効果により頭皮の乾燥しすぎを軽減できるのもメリットです。

第4位 エムティージー(MTG) リファビューテックドライヤー RE-AB

しっとりとしたやわらかい髪が好みの方におすすめのドライヤーです。対象物センサーによって髪の温度を感知し、温風と冷風を自動で切り替えできる「プロセンシング」を搭載。約60℃以下の温風をキープすることで、髪へのダメージ軽減を期待できるのが魅力です。

モードを切り替えられるのもメリット。髪の仕上がりをしっとりさせたい場合はMOIST、ふんわりさせたい場合にはVOLUME UPを選択します。

また、純度99.9%の高密度炭素とイオナイザーを搭載しているのもポイント。高密度炭素には専用ヒーターが付いており遠赤外線を放射し、イオナイザーは空気中の分子をイオン化させる役割を担います。

第5位 サロニア(SALONIA) スピーディーイオンドライヤー SL-013

シンプルながらスタイリッシュなデザインを採用しているドライヤーです。2.3m³/分の大風量により、スピーディに髪を乾かせるのが特徴。ドライにかかる時間を短縮し、髪に与えるダメージを軽減したい場合に便利です。

また、やわらかな温風を発生するSETモードが利用できるのもポイント。髪を乾かすだけでなく、スタイリング時にも使用できます。グリップ部を折り畳めば、コンパクトなサイズで収納が可能。外出先に携帯する場合にも適しています。

また、複数種類のカラーラインナップを取り揃えているのもメリット。機能面だけでなく、デザイン性にもこだわってドライヤーを選びたい場合にもおすすめの製品です。

▼【SALONIA】ミニマルでパワフルなドライヤー//SALONIA スピーディーイオンドライヤー

第6位 パナソニック(Panasonic)ヘアードライヤー イオニティ EH-NE6G

1分あたり最大1.9㎥の風が濡れた髪の毛をしっかりと乾燥できるドライヤーです。独自のノズル形状を採用しており、強風と弱風を同時に出せるのが特徴。濡れた毛先をほぐしながら乾燥させるため、短時間での乾燥が可能です。

温風吹き出し口の両サイドにはマイナスイオン発生機構を搭載。また、「イオンチャージパネル」を備えており、手触りのよい髪に仕上げられます。

第7位 テスコム(TESCOM) Speedom プロテクトイオンヘアードライヤー TID2400

2.3m³/分の大風量により、スピーディに髪を乾かせるドライヤーです。1300Wのハイパワーにより、大風量の温風が送れます。

本体の重量は495gと比較的軽量なのもメリットです。また、テスコム独自の「プロテクトイオン」機能を搭載。乾燥や髪摩擦によって発生する静電気の抑制を期待できます。

さらに、背面のインレットメッシュは、簡単に手入れが可能。吸い込み口フィルターは色が黒いため、ホコリの蓄積を確認しやすい点もおすすめです。コンセント部分にはレバーを搭載。抜く際にレバーを押せば、軽い力でコンセントから外せます。

第8位 シャープ(SHARP) プラズマクラスタードレープフロードライヤー IB-WX2

ノズルが短く、左右に吹き出し口を備えた速乾力の高いドライヤーです。2つの吹き出し口から風を送り出すことにより、髪を立体的に押し分けて広範囲に風を届けるのが特徴。コンパクトな腕の動きで、スムーズに素早く髪を乾かせます。

髪と頭皮をケアしながら乾かせる多彩な運転モードを搭載。髪とドライヤーとの距離をセンシングして風邪の温度をコントロールする「センシングドライモード」なら、髪への熱ダメージや過乾燥への対策も可能です。また、美髪アプリで自分の好みやプロ推奨の風へのカスタマイズもできるため、仕上がりにこだわりたい方にも適しています。

独自の「プラズマクラスター」を搭載しているのもポイント。水分子で髪の表面をコーティングして潤いを保ち、しっとりとしたしなやかな髪を実現します。髪の乾燥時にキューティクルを引き締め、ハリやコシのある髪を目指したい方におすすめです。

第9位 コイズミ(KOIZUMI) MONSTER ダブルファンドライヤー KHD-W775

速乾Wファンを搭載しているドライヤーです。ダブルファンによって2.2m³/分の大風量を生み出せるのが特徴。髪の乾燥にかかる時間を短縮したい場合に便利です。風量は5段階で調節が可能。パワフルな風から、スタイリングに適した風まで用途にあわせて簡単に切り替えられます。

また、温冷自動切替モードを備えているのもポイント。熱ダメージの軽減が期待できるのが魅力です。マイナスイオンは5ヶ所から発生する設計。髪をしっとりとまとめたい場合にもおすすめです。

さらに、「フレックスノズル」が使用されているのも長所。風の幅が好みにあわせて変更できます。吸い込み口のカバーは着脱式を採用。手入れも簡単に行えるよう考慮されています。

第10位 パナソニック(Panasonic) ヘアードライヤー イオニティ EH-NE7G

最大2.0m³/分の大風量で髪をスピーディに乾かせるドライヤーです。「速乾ノズル」を備えているのが特徴。縦型の強風と弱風で毛束をほぐしながら乾かすので、ロングヘアの方にもおすすめです。

また「ダブルミネラルマイナスイオン」を搭載しているのもポイント。指通りよくサラサラ感がアップすると謳われています。さらに、温風の外側に冷風が出る「温冷ツインフロー」も搭載。ドライヤーを動かすことで、温風と冷風が交互に髪にあたり、毛流れを整えられるのがメリットです。

ハンドル部には「イオンチャージパネル」を搭載。ハンドルと一緒に握ることでマイナスイオンをより引き付けられます。

第11位 シャープ(SHARP)プラズマクラスタードライヤー IB-NP7

シャープ独自のネイチャーテクノロジーを搭載したドライヤーです。アマツバメの翼をモチーフにしたファンを採用しており、高速の風を送り出せるのが魅力。素早く髪を乾かしたい方におすすめです。

高速の温風ですばやく髪を乾かす「TURBO」、穏やかな温風が吹き出る「SET」、仕上げの際に役立つ冷風を出せる「COLD」と3つのモードを搭載。用途に合わせた使い方ができるのもメリットです。

第12位 LOUVREDO 復元ドライヤー Pro

髪だけでなく体にも使える、吹き出し温度の低いドライヤー。独自の「振動気化乾燥方式」を採用しているのが特徴です。熱を当てることによる蒸発に頼らず、髪へ振動を与えることによって髪を乾かすため、地肌や髪への熱ダメージを抑えながら乾かせます。

「育成光線」と「マイナス電子」を放出しているのも魅力です。育成光線は、岩盤浴のような温熱を髪と地肌に与える光線のこと。マイナス電子は、キューティクルを引き締めて髪に潤いを与える効果が期待できます。2枚のセラミックフィルターを吹き出し口に配置することで、育成光線とマイナス電子を髪にしっかりと届けることが可能です。

アタッチメントにより、自分好みの風量を実現できるのもポイント。風の力を高めてヘアブローをする「集中」や、心地よい柔らかな風を全身に送り出す「拡散」など、用途に合わせて使い分けられます。地肌のケアまで意識したい方におすすめの製品です。

第13位 サロニア(SALONIA) トリートメントミストドライヤー SAL21102WH

目に見える「美容液ミスト」で髪を乾かしながらトリートメントもできるドライヤー。ミストケア機能を用いてヘアドライすることにより、まるでサロン帰りのようなうるツヤ髪に導けるのが特徴です。マイクロ化した美容液ミストを温風に乗せ、髪へと均一に届けられます。

大風量でのドライに対応しているのも魅力。TURBO・SET・COOLの3種の風量モードを搭載しており、用途によって使い分けられます。どの風量モードを選択した場合もワンボタンでミストケア機能の使用が可能。髪の摩擦を抑えてダメージを軽減したい際に便利です。

また、使いやすいシンプル設計もポイント。ミストケアカートリッジの交換も簡単にできます。インテリアに馴染みやすいシンプルデザインなので、おしゃれながらも速乾性の高い製品を探している方におすすめです。

第14位 シャープ(SHARP) プラズマクラスタードライヤー IB-NP9

大量の風で素早く髪を乾かせるドライヤーです。「BEAUTYモード」を搭載しており、温風と冷風を自動で切り替えられるのが特徴。また、周辺温度をセンサーで感知し、快適な風の組み合わせを送り出せます。

独自の「プラズマクラスター」により、しっとりとなめらかな髪に仕上がるのもメリット。さらに、スタイリングのしやすさが向上するため、髪セットの手間を軽減したい方にもおすすめです。

速乾ドライヤーのおすすめをもっと見たい方はこちら

美容室モデルドライヤーのおすすめランキング

第1位 テスコム(TESCOM) Nobby マイナスイオンヘアドライヤーNB3100

1500Wのハイパワーを備えている美容室モデルのドライヤーです。マイナスイオンの放出量が多く、静電気を効果的に抑制できるのが特徴。静電気によってプラスイオンが発生すると髪のキューティクルが傷みやすくなりますが、マイナスイオンによりプラスイオンを中和できると謳われています。

マイナスイオンのON・OFFは、グリップ部のスイッチで切り替え可能。600W・1000W・1500Wの切り替えもできるので、用途にあわせて風量を調節できます。

また、手にフィットしやすい曲面グリップを採用しているのもポイント。快適にブローやスタイリングができます。さらに、3mのロングコートを備えているのもメリット。コンセントから離れた場所で使えるだけでなく、取り回しに優れている点もおすすめです。

第2位 クレイツ(CREATE) グレイス ムービングドライヤー CID-S729PG

プロのドライテクニックを再現したい場合に便利な美容室モデルのドライヤーです。自動でスウィングする「エアルーバー」と呼ばれるノズルを採用しているのが特徴。髪の根元を立ち上げながら、スピーディに乾かせるのが魅力です。

先端に搭載されている「エアールーバーリング」を切り替えれば、スウィングモードだけでなく、ノーマルモードでも使用が可能。風向きを変更できる点もメリットです。グリップ上部にはCOOLスイッチも配置。温風運転時にプッシュするだけで、冷風に切り替えられるのがポイントです。

温度の調節は3段階。風量は2段階で調節できるので、用途にあわせて使い分けできます。

第3位 リュミエリーナ(LUMIELINA) レプロナイザー3D Plus

髪の根元まで風が届きやすい、美容室モデルのドライヤーです。髪に指を通すように風を送れるので、スピーディに乾かせるのが特徴。ブロー時間を短縮して、熱による髪へのダメージを抑えたい場合にも使用できます。

ハリやコシが欲しい場所には、乾いた髪に使用して風を頭皮までしっかりとあてるのがコツ。根元が立ち上がりにくい場合や髪割れしやすい場合にも便利です。

第4位 ホリスティックキュア CCID-G04B

さまざまなモードを搭載している、美容室モデルのドライヤーです。ハリやコシを求める場合には「ボリュームアップモード」が便利。髪を内側から乾かしてふんわりとボリュームのあるスタイルに仕上げたい場合におすすめです。

しっとりとした髪が理想の場合は「ボリュームダウンモード」。髪のうるおいを閉じ込めながら乾かせるのが特徴です。また、髪へのダメージが気になる場合には「キューティクルモード」が便利。低温の風でやさしく髪を乾かせるのがポイントです。

第5位 ソリス(Solis) スイスパーフェクション440

放射できるマイナスイオン量が多い美容室モデルのドライヤーです。髪にうるおいやツヤを与えたい場合に便利。5年間使用してもマイナスイオン量は99%維持できると謳われているので、長期間愛用できます。

また、付属品として「スマートサイレンサー」が同梱されているのもメリット。2dBの騒音をカットできるので、静音性に優れたドライヤーを求めている場合にもおすすめです。

グリップ上部には、クールショットボタンを搭載。押すだけで温風運転時に冷風を発生できる設計です。温度の調節は3段階、風量は2段階で調節が可能。スタイリングノズルと速乾ノズルの2種類が付属しており、幅広い用途に使える点もおすすめです。

第6位 carerise BLESSTF-1407N

吹き出し口に蜂の巣状の特殊なセラミックスを内蔵したドライヤー。セラミック焼付塗装を施した発熱コイルを採用しており、ダブルの遠赤外線を発生するのが特徴です。特殊セラミックスには、独自のビームストーンも配合されています。

マイナスイオン発生装置も搭載。トリプルマイナスイオンにより、髪に潤いを与えて健やかな髪を保ちます。風量と熱量はそれぞれ2段階で調節可能。スタイリングに役立つクール切り替えボタンも付いているため、用途に合わせて使い分けられます。

海外の電圧に対応しているのも魅力。100Vと220Vを自動で切り替える機能を搭載しているので、海外でもそのまま使用できます。旅行先にも持っていけるプロ仕様のドライヤーを探している方におすすめです。

第7位 タカラ ビューティーメイト イオニストサラサ2

約358gと軽量設計を採用しているドライヤーです。グリップ部が細身にデザインされているのが特徴。握った際に手に馴染みやすく、使いやすいのがメリットです。

マイナスイオン発生機能を搭載しているのもポイント。静電気を抑制して髪へのダメージを軽減しながら使いたい場合にもおすすめです。

本体には、静音性に優れたシロッコファンを内蔵。吸い込み防止フィルターが付いているので、手入れも簡単に行えます。

第8位 コイズミ(KOIZUMI) プロフェッショナルヘアドライヤー KPD-S900

羽の枚数が多いシロッコファンを採用している、美容室モデルのドライヤーです。送風効率が高く、少ない電力で効率よく大風量を実現できるのが特徴。静音性にも優れており、早朝や夜間に使用する頻度が高い場合にもおすすめです。

また、温風運転から冷風への切り替えが簡単なクールショットスイッチを搭載しているのもポイント。ロック機能が付いているので、冷風運転を長時間使用する場合にも便利です。

風量の調節は、600Wと1200Wの2段階で切り替え可能。好みや用途にあわせてスムーズに風量を調節できます。さらに、脱着式のフィルターを採用しているのもメリット。ワンタッチで簡単に取り外して、水洗いできる点も魅力的な製品です。

第9位 テスコム(TESCOM) Nobby マイナスイオンヘアドライヤー NB4000

テスコムが製造する「Nobby」シリーズのなかでもパワフルな風量を実現している、美容室モデルのドライヤーです。1500Wのパワーと120℃の温風によって、スピーディに髪を乾かせるのが特徴。ブローにかかる時間を短縮し、髪への熱ダメージを抑えたい場合にも便利です。

コンパクトなサイズのブラシレスDCモーターが採用されているのもポイント。また、奥行きがスリムにデザインされているだけでなく、130gと軽量で取り回しやすいのがメリットです。

さらに、細目のメッシュフィルターを採用しているのも長所。毛髪やホコリがドライヤー内部に侵入してしまうトラブルを予防できるだけでなく、水洗いによって簡単に手入れできる点もおすすめです。

第10位 ベルネットトルネード デジタル ヘアドライヤー

静音性に優れた、使いやすい美容室モデルのドライヤーです。静音を謳っており、早朝や夜間にドライヤーを使用する頻度が高い場合に活躍するアイテム。集合住宅で騒音問題が心配な場合にもおすすめです。

本体重量は350gと軽量に設計されているのが特徴。グリップも握りやすく、長時間ブローする際に手や腕にかかる負担を軽減できる点も魅力です。

風量や温度は3段階で切り替えが可能。マイナスイオン機能も備えており、ヘアケアを重視できる点もメリットです。

第11位 リュミエリーナ(LUMIELINA) レプロナイザー4D Plus

出力1200Wのパワフルな美容室モデルドライヤーです。温風温度は約98℃と高く、素早く髪を乾かしたい時に便利。また、温風・冷風の切り替えがしやすいのもメリットです。

吸気口にはフィルターを備えており、ホコリなどを軽減できるのもポイント。フィルターは水洗い可能なので、清潔な状態をキープしたい方にもおすすめです。

第12位 パナソニック(Panasonic) くるくるドライヤー ナノケア EH-KN0G

先端にブラシを搭載しており、髪の毛をカールさせる際に重宝するドライヤーです。5種類のアタッチメントが付属しているため、スタイリングに合わせて選びやすいのがメリット。汎用性の高いモノを探している方におすすめです。

「高浸透ナノイー」を搭載しているので、髪の仕上がりがよいのもポイント。さらに、ワンタッチで冷風に切り替えられる「クールショット」を備えており、髪のセットがしやすく便利です。

安いドライヤーのおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) イオニティ EH-NE1E

コンパクトサイズながら、パワフルな風量を実現しているおすすめのドライヤーです。吹き出し口上部からマイナスイオンが放射される外付けマイナスイオン機能を備えているのが特徴。マイナスイオンに含まれている水分をしっかりと保護し、さらさらな髪の実現が期待できる設計です。

温風温度はターボ時で約110℃。SETとCOLDをスイッチで簡単に切り替えできるので、冷風を使用してブローの仕上げを行いたい場合にも便利です。カラーラインナップは3種類。シンプルな白いボディだけでなく、カラフルなピンクや青などのボディも展開しています。

第2位 テスコム(TESCOM)マイナスイオン付 naturam TID325

髪の傷みの原因となる静電気の抑制が期待できるドライヤーです。吹き出し口から温風とマイナスイオンの両方を放出できるのが特徴。髪のキューティクルが傷んでしまうトラブルを予防したい場合にも便利です。

コンパクトな設計ながら1.4m³/分の大風量を実現。さらに、切り替えスイッチでTURBOを選択すれば、スピーディに髪を乾かせます。ノズル部分には、髪を乾燥ダメージから保護する目的で設計されているスリットフードを採用。外気を取り込みながらブローできるのがメリットです。

電源ケーブルには、ねじれにくいゴムコードを使用。使いやすいだけでなく、きれいに収納しやすいのもおすすめポイントです。

第3位 日立(HITACHI) マイナスイオンドライヤー HID-T500B

手にフィットしやすい「エルゴグリップ」を採用している、リーズナブルな価格のドライヤーです。トライアングル形状で握りやすいのが特徴。親指を置く位置にはシリコン製のサムグリップを配置しており、しっかりと固定できるのが魅力です。

風量は1.5m³分なので、スピーディに髪を乾かしたい場合にも便利。短時間でブローを終了して、髪への熱や摩擦によるダメージを抑えたい場合にもおすすめです。スイッチを切り替えれば、DRY・SET・OFF・HOT・COOLを簡単に変更可能。用途にあわせて使い分けできます。

集風ノズルを採用しているのもポイント。スタイリングに使用するドライヤーとしても適しています。

第4位 ニトリ マイナスイオンヘアードライヤー TID-250N2

比較的コンパクトにデザインされているドライヤーです。マイナスイオン機能も搭載されていることに加え、マイナスイオン発生時は上部のランプが点灯する設計。目で見て簡単に確認できる点が魅力です。

マイナスイオンは吹き出し口センターから放出。しっかりと髪に届き、キューティクルの傷みを補修すると謳われています。

グリップ前部には電源スイッチを搭載。COOLとDRYの切り替えも操作可能で、後部にはターボスイッチを配置しています。大風量で髪をスピーディに乾かしたい場合に便利です。

第5位 テスコム(TESCOM) naturam TD30

軽量かつコンパクトに設計されているリーズナブルな価格のドライヤーです。本体サイズは、高さ168×幅148×奥行69mmとコンパクト。重量は300gと軽量で、使用時に手や腕にかかる負担を軽減できます。

また、グリップ部は折り畳み可能。コンパクトな形状で持ち運びや収納ができるので、旅行や出張に携帯するドライヤーとしても便利です。

さらに、ノズル部にスリットフードを採用しているのもポイント。両サイドに設けられたスリットから外気を取り込み、温風の温度が上がりすぎるトラブルを軽減できる点もおすすめです。

第6位 コイズミ(KOIZUMI) マイナスイオンヘアドライヤー KHD-9440

髪の根元からしっかりと乾かせるドライヤーです。静音性に優れたシロッコファンを採用しているのが特徴。夜間や早朝に使用する場合にも重宝します。

グリップ上部に冷風の切り替えができるクールショットスイッチを配置。ロック機能が付いており、冷風に固定して使用できるのもポイントです。また、着脱式のフィルターを搭載しているのもメリット。ワンタッチで簡単に取り外せるので、手軽にメンテナンスが行えます。

さらに、手頃な価格で購入できるにもかかわらず、マイナスイオン機能を備えているのも長所。静電気の発生を抑えて、髪のダメージ軽減効果が期待できる点もおすすめです。

第7位 コイズミ(KOIZUMI) マイナスイオンヘアドライヤー KHD-9810

軽量設計ながら、1.6m³/分の大風量を実現しているリーズナブルな価格のドライヤーです。パワフルな風によって、髪をスピーディに乾かせるのが特徴。ブローにかかる時間を短縮し、髪へのダメージを軽減したい場合にも便利です。

イナスイオン機能を備えており、髪の傷みの原因となる静電気の発生を抑制できるのもメリット。グリップはスリムにデザインされているので、手の小さい方にもおすすめです。

風量の調節は2段階で切り替え可能。グリップ部に配置されているスイッチで簡単に変更できるのも嬉しいポイントです。

第8位 コイズミ(KOIZUMI) マイナスイオンヘアドライヤー KHD-9600

マイナスイオン発生機構を搭載したドライヤーです。重量は約410gと軽く、手が疲れにくいのがポイント。サイズが幅約178×奥行80×高さ196mmとコンパクトで、狭い場所にも収納しやすいのもメリットです。

モードは「TURBO」「SET」「COOL」の3種類を用意。さらに、パワーアップノズルを搭載しており、最大風量は1分間あたり約1.4㎡を実現しています。乾燥からセットまで幅広い用途に使えるモノを探している方におすすめです。

第9位 無印良品 マイナスイオンヘアドライヤー MJ-MHD1

シンプルなデザインが魅力的なドライヤー。本体サイズは約23.7×7.5×13cmと比較的コンパクトに設計されており、携帯性に優れている点も魅力です。

また、グリップ部を折り畳めるのもポイント。旅行や出張に携帯するドライヤーとしても便利です。風量は、HIGH・LOW・COOLの3段階で調節可能。用途にあわせて使い分けできるのもメリットです。

第10位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) モイストイオンドライヤー HDR-E1

うるおいのある髪を求めている方におすすめのドライヤーです。1m³あたりに6300億個のマイナスイオンを発生できると謳っているのが特徴。髪にダメージを与える原因となる静電気の発生を抑制したい場合に便利です。

風量やモードの切り替えは、グリップ部のスイッチで操作可能。ツヤのある髪に仕上げたい場合にはクールモードが使用できます。収納する際は、グリップを折り畳み可能。コンパクトな形状にできるので、収納スペースが限られている場合にも適しています。

第11位 日立(HITACHI) HID-T600B

トライアングル形状のグリップやサムグリップを採用しているドライヤーです。握りやすい「エルゴグリップ」のほか、しっかりと固定できるシリコン製の親指置きを備えているのが特徴。使い勝手に優れているのが魅力です。

比較的リーズナブルな価格ながら、1.9m³/分の大風量を実現しているのもポイント。さらに、マイナスイオン機能を備えています。静電気の発生を抑制し、髪のダメージ軽減効果が期待できる点もおすすめです。

第12位 テスコム(TESCOM)マイナスイオンヘアードライヤー TID135

高温・高風速を実現しているドライヤー。最大約120℃の温風を送り出すため、スピーディに乾燥できます。

マイナスイオン発生機構を搭載しており、スイッチで簡単に制御できるのもメリット。また、側面には外気を取り込むスリットが付属しているので、高温による髪の乾かしすぎを軽減できます。

自立できるドライヤー本体やねじれにくいゴムコードなど、利便性に優れているのも魅力です。

第13位 CONFU ヘアドライヤー

重量約370gの軽量なドライヤーです。折り畳みができるため、省スペースに収納しやすいのがメリット。出張や旅行などに持ち運びやすいモノを求めている方におすすめです。

最大1200Wとパワフルなので、髪の毛をスピーディに乾かしたいときにも便利。また、風量は3段階で調節できるため、用途に適した使い方ができます。

コンパクトドライヤーのおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) ヘアードライヤー ナノケア EH-NA2G

軽量かつコンパクトで、乾かすときに手が疲れにくいドライヤー。コンパクトボディながらもパワフルな風量で髪を乾かせるのが特徴です。速乾ノズルも付属しており、毛束をほぐしながらスピーディに髪を乾かせます。

独自の「ナノイー」技術を採用しているのも魅力。微細なナノイーが髪に水分を与えて水分バランスを整えたり、静電気を抑制したりする効果が期待できます。つややかでスタイリングのしやすい髪を目指したい方におすすめです。

風量や風温を切り替えるスイッチも搭載。強い温風が出る「TURBO」と弱い温風が出る「SET」、冷風が出る「COLD」の3通りから選べます。持ち運びにも適した、使い勝手のよいモデルです。

第2位 モッズ・ヘア(mod’s hair) マイナスイオンヘアードライヤー MHD-1245

ノズル装着時でも重量455gと軽量なドライヤー。コンパクトながらも、大風量でスピーディに髪を乾かせるのが特徴です。2か所の吹き出し口から放出されるダブルマイナスイオンも搭載しています。

ダブルスイッチを搭載しているのも魅力。風量を1と2の2段階、風温をHI・LO・OFFの3段階で切り替えできます。使用環境や用途に応じて使い分けられるため便利です。

スタイリッシュなデザインもポイント。インテリアに馴染みやすいだけでなく、シンプルで簡単に扱えます。デザイン性と機能性の両方にこだわりたい方におすすめです。

第3位 テスコム(TESCOM) windy TU20

本体重量がわずか280gと軽量でコンパクトなドライヤーです。本体サイズは高さ159×幅145×奥行65mmで、持ち手部分の折り曲げが可能。場所を取らずに収納ができるので、普段使いだけでなく持ち運びにも便利です。

小さいながらも1200Wとパワフルで、約110℃の温風によってしっかりと髪を乾かせます。また、取り外し可能なアタッチメントフードが付属。ヘアセット時に使用することで風向を調節してセットできるドライヤーです。

第4位 パナソニック(Panasonic) イオニティ EH-NE2E

風量1.3m³/分のパワフルドライが可能なドライヤー。約420gと軽量で、乾かす間も手が疲れにくいのが特徴です。スピーディに乾燥できる「速乾ノズル」が付属。縦型の強風と弱風で濡れた毛束をほぐしながら乾かせるので、乾燥時間を短くできます。

マイナスイオン機能を搭載しているのも魅力。プラスの電気を帯びやすい髪にマイナスイオンを当てることにより、静電気を抑制できます。

風量や風温の調節にも対応。強い温風が出る「TURBO」、弱い温風が出る「SET」、冷風が出る「COLD」の3通りから、用途に応じて選択できます。スピーディかつ指通りのよい髪を目指したい方におすすめです。

第5位 コイズミ(KOIZUMI) ミニドライヤー KHD-9730

ポケットサイズのコンパクトなドライヤーです。本体サイズは約幅114×奥行き61×高さ124mm、折り畳んだ際には幅114×高さ84mmとコンパクトに設計されているのが特徴。携帯性に優れているのが魅力です。

小型なだけでなく、重量約230gと軽いのもポイント。旅行や出張などで鞄に入れて持ち運ぶ際に、負荷を軽減できるのもメリットです。

第6位 KALOS BEAUTY TECHNOLOGY Dr.Beau KAZE nice Dryer Premium DB-KP505

ハンズフリー置台が付属したコンパクトなドライヤー。折りたたみ式の置台にセットすることで、スマホを見ながらや歯を磨きながらの「ながらドライ」が可能です。冷風モードでセットすればサーキュレーターとしても使用できます。

独自技術のW遠赤外線やマイナスイオンシャワー、テラヘルツ波などの機能を搭載。また、温風の最高温度が約60℃と低めなのも魅力です。髪や頭皮への熱によるダメージを抑えて乾燥できます。

風量をダイヤルで調節できるのもポイント。温風・冷風を自分好みの風量で使い分けられます。500gと軽量ながら速乾性の高いおすすめモデルです。

第7位 コイズミ(KOIZUMI) マイナスイオンタフKHD-9720

大風量で髪を乾かせるコンパクトなドライヤーです。1.6m³/分の大風量を実現しているのが特徴。コンパクトながら短時間で髪を乾かせるので、熱ダメージを軽減したい場合にもおすすめです。

風量は2段階で調節が可能。ツインマイナスイオン機能も備えており、静電気を抑制できるのもメリットです。また、本体重量は約350gで、持ち運ぶ際の負荷が軽いのも長所。旅行や出張に携帯するドライヤーとしてもおすすめです。

第8位 KINUJO Hair Dryer KH001

T字型のおしゃれなデザインを採用しているドライヤーです。コンパクトながら、2.2m³/分の大風量で髪を乾かせるのが特徴。静電気の発生を抑制するマイナスイオン発生機能も搭載されており、髪のダメージ軽減効果を期待できるのも魅力です。

温度の調節は3段階で切り替えが可能。カラーリングした髪色をキープしたい場合には、低温でのブローがおすすめです。また、髪の芯に作用する遠赤外線機能を備えているのもポイント。髪の内部から熱を生み出して、スピーディに乾かせるのがメリットです。

第9位 ベビリスナノチタニウム ミニドライヤー BAB053T

かわいらしいデザインを採用しているコンパクトなドライヤーです。本体サイズは、約幅13.5×奥行6.5×高さ20.0cm。さらに、持ち運ぶ際や収納する際は、グリップを折り畳める設計を採用しています。

本体重量は約305gなので、携帯時の負荷を軽減したい場合にも便利。電圧の切り替えにも対応しており、国内はもちろん海外旅行や出張に携帯するドライヤーとしてもおすすめです。

第10位 ヴィダルサスーン(VIDAL SASSOON) マジックシャイン VSD-1220/KJ

さまざまな機能を備えている、コンパクトなドライヤーです。専用ノズル装着時で約545gと軽量ながら、温風の温度は2段階で調節が可能。HOTとWARMに加えてCOOLも選択でき、冷風も利用できます。また、クールショットボタンも配置されているのもポイント。ワンプッシュで温風と冷風の切り替えができる設計です。

さらに、着脱式フィルターを採用しているのもメリット。ホコリの手入れを簡単に行える点もおすすめです。

第11位 Beemyi ヘアドライヤー

温度・風量を細かく設定できるコンパクトドライヤーです。温度は熱風・温風・冷風の3段階、風量は強風・弱風の2段階が搭載されています。ハンドルの上部には「即冷スイッチ」があり、熱風・冷風の切り替えも簡単です。2000万高密度のマイナスイオン発生機構を搭載しているので、髪のツヤを保ちやすいと謳われています

ドライヤーの内部には断熱層を設けており、本体の過熱を軽減できるのもメリット。また、危険な温度に達すると自動で電源をオフにするなど、安全面の高さもポイントです。

コンパクトドライヤーのおすすめをもっと見たい方はこちら

海外対応ドライヤーのおすすめランキング

第1位 パナソニック(Panasonic) ナノケア EH-NA9F

パナソニックの「ナノイー」機能を搭載している、海外対応のドライヤーです。微細なナノイーによって、髪に水分を与えられるのが特徴。うねりを抑えたい場合やツヤのあるスタイリングのしやすい髪を求める場合にも便利です。

強弱差のある風を起こす速乾ノズルにより、スピーディに髪を乾かせるのもメリット。また、電圧切り替えスイッチが搭載されているので、海外でもパワフルな風量でブローができます。

髪のダメージを抑えたい場合には、温冷リズムモードを利用するのがおすすめ。温風と冷風を自動で切り替えるモードにより、ツヤのある髪への仕上がりが期待できます。

第2位 モッズ・ヘア(mod’s hair) マイナスイオンヘアードライヤー MHD-1232

スリムかつコンパクトなデザインを採用している海外対応のドライヤーです。本体サイズは約幅64×奥行130×高さ229mm。オリジナルポーチも付属しているので携帯性に優れています。また、重量も約355gと軽く、髪を乾かす際に手や腕にかかる負担を軽減できる点も魅力です。

風量を2段階で調節できるのもポイント。さらに、クールショットボタンも備えており、押すだけで温風と冷風を簡単に切り替えできる点もメリットです。

第3位 ヴィダルサスーン(VIDAL SASSOON) モイストラップドライヤー VSD-1250

ツヤのある美しいスタイリングを望む方におすすめの海外対応ドライヤーです。「モイストラップイオン」と呼ばれる機能を備えているのが特徴。メインのスイッチを入れると、プラスイオンとマイナスイオンが常時発生する設計です。

吸込口フィルターは着脱式を採用。ホコリを掃除する際に手間がかかりにくいのがメリットです。また、スリットノズルが付属しているのもポイント。ヘアセットの際に使用し、不必要な際には簡単に取り外せます。

携帯する際はグリップ部を折り畳み可能。コンパクトな形状で持ち運べる点もおすすめです。温風温度は、HI・LO・COOLの3段階で切り替えが可能。手元のスイッチでスムーズに変更できます。

第4位 パナソニック(Panasonic) イオニティ EH-NE4B

国内と海外の両方で使用できるドライヤーです。AC100-120Vと200-240Vを切り替えるスイッチを搭載しているのが特徴。グリップ部の電圧切り替えスイッチはコインを使って回す設計です。

吹き出し口の上部からはマイナスイオンを放射可能。外付けマイナスイオン機能により、髪に含まれる水分を温風から保護できる点も魅力です。また、グリップ部を折り畳んで持ち運べるのもポイント。携帯する際はもちろん、収納時にスペースを取りにくい点もおすすめです。

第5位 コイズミ(KOIZUMI) マイナスイオンヘアドライヤー KDD-0017

コンパクトなデザインを採用している海外対応ドライヤーです。本体サイズは約幅181×奥行80×高さ196mm。重量は約410gと軽く、携帯性に優れているのが特徴です。海外はもちろん、国内での旅行や出張で携帯する際の負担を軽減したい場合にも適しています。

電圧の切り替えスイッチは、グリップ部に搭載。コインを使って回すタイプなので、使用時に誤って回してしまうトラブルを軽減できる点もおすすめです。

第6位 テスコム(TESCOM) BID40

コインを使って電圧を切り替えられる海外対応のドライヤーです。100-120Vと200-240Vの切り替えスイッチは、グリップ部に搭載。海外旅行や出張に携帯するドライヤーを探している場合にもおすすめです。

風の吹き出し口からマイナスイオンを放射できるのもポイント。また、外気を取り込みながら髪を乾かせるモイスチャーフードも採用されているため、温風温度が上昇してしまったり、髪を乾かしすぎてしまったりするトラブルを軽減できる点もおすすめです。

第7位 コイズミ(KOIZUMI) ダブルファンドライヤー KDD-W704

2.0m³/分の大風量を実現している海外対応のドライヤーです。ダブルファンを搭載しているのが特徴。パワフルな風によって、素早く髪をブローできるのが魅力です。

風量は4段階で調節が可能。グリップ部に配置されているボタンを押すだけで簡単に切り替えられるのがメリットです。また、クールショットボタンも搭載されているので、温風と冷風は手動で変更できます。

さらに、着脱式の吸込口カバーが採用されているのも長所。手入れを行う際の手間が省ける点もおすすめです。吹き出し口の4ヶ所からは、マイナスイオンが発生。静電気の発生を抑えて、髪のうるおいやツヤを求めたい場合にも適しています。

第8位 ソリス(Solis) オンザゴー SCD397

さまざまなシーンで活躍する海外対応のドライヤーです。電源切り替えスイッチを備えているのが特徴。持ち運ぶ際や収納する際はグリップ部を折り畳んでコンパクトな形状にできる点も魅力です。

手元のスイッチでは、温度調節や風力調節を切り替えが可能。また、微弱風の「Breeze」モードが利用できます。37℃の低温風が出せるので、ブローだけでなくスタイリングに使用するドライヤーとしてもおすすめです。

第9位 カシムラ NTI-139

コスパに優れた海外対応のドライヤーです。スイッチ・リング・ノズル部の素材にABS樹脂を採用。軽量ながら強度も高く、使い勝手と耐久性を両立しているのが魅力です。

グリップの下部には電圧切り替えスイッチを搭載。100-120Vと220-240Vを簡単に変更できるので、国内でも海外でも使用できます。グリップ中央にはモード切り替えスイッチを配置。TURBO・SET・OFFをスムーズに切り替えられるのがメリットです。

また、グリップ上部に付いているボタンを押せば、温風モード選択中でも冷風を放出可能。手動で温風と冷風を変更しながら使える点もおすすめです。

第10位 パナソニック(Panasonic) EH-ND2B

比較的リーズナブルな価格で購入できる海外対応のドライヤーです。AC100-120Vと200-240Vを簡単に切り替えられるのが特徴。海外はもちろん、国内でも使用できます。

本体サイズは高さ19.3×幅17.8×奥行8.2cmとコンパクト。重量も410gと比較的軽量な設計が採用されており、携帯性に優れているのが魅力です。折り畳んでコンパクトな形状にできるので、海外へ旅行や出張する際に使用するドライヤーとしても適しています。

C-2プラグアダプターが付属しているのもポイント。縦長の穴が開いている日本のコンセントではなく、丸型の穴が2つ開いている海外のコンセントに対応できる点もおすすめです。

海外対応ドライヤーのおすすめをもっと見たい方はこちら

メンズ向けドライヤーのおすすめランキング

第1位 ヤーマン(YA-MAN) スカルプドライヤー プロ HC9W

毎分約3700回の音波振動機能を搭載しているメンズ向けのドライヤーです。頭皮や頭筋を心地よく刺激できるのが特徴。髪の毛だけでなく、頭皮などの広範囲に働きかける設計です。

髪の水分に吸収されると熱に変わる遠赤外線を放射できるのもポイント。温度が低めに設定された風でもしっかりと髪を乾かせます。

運転モードは、DRY・SCALP H・SCALP Cの3種類を切り替えて使用できるのがメリット。DRYモードでは60℃の温風にあわせてマイナスイオンと遠赤外線を放射し、SCALP Hモードでは42℃の温風にマイナスイオンと遠赤外線、美容音波振動をプラスします。

さらに、冷風とマイナスイオン、美容音波振動を組み合わせたSCALP Cモードが利用できる点もおすすめです。

第2位 アデランスヘアリプロ N-LED SONICAD-HR01

シャープ独自のプラズマクラスター技術が採用されているメンズ向けのドライヤーです。プラスとマイナスの2種類のイオンを発生できるのが特徴。まとまりのよい髪を実現したい場合にもおすすめです。

また、頭部の形状にしっかりとフィットする「かっさ」と呼ばれるアタッチメントを備えているのもポイント。スカルプ効果による頭皮のケアを重視したい場合にも便利です。

風量は1.8m³/分と比較的大風量。運転モードは、BEAUTY・HOT・WARM・SCALP・COLDを切り替えて使用できます。用途にあわせて使い分けしたい方におすすめドライヤーです。

第3位 カドー(cado) クオーラ BD-E1

ノーズ部分を省いたデザインが特徴的なメンズ向けのドライヤーです。取り回しがしやすいだけでなく、使用時に手や腕にかかる負担を軽減できるのが特徴。重量は約400gと軽く、本体サイズは幅110×高さ250×奥行60mmとコンパクトなので、携帯する頻度が高い場合にも便利です。

サイズは比較的小型ながら、2.2m³/分の大風量を実現しているのもポイント。遠赤外線効果による頭皮への温熱効果によって、低温でもスピーディに乾かせます。

また、最高温度が85℃に設定されているのも長所。過乾燥を軽減し、髪へのダメージ軽減を期待できる点もおすすめです。さらに、吹き出し口からマイナスイオンや遠赤外線を放射できるのもメリット。髪の毛はもちろん、地肌のケアにこだわりたい場合にも適しています。

第4位 コイズミ(KOIZUMI) イオンバランス サロンセンスKHD-9930

コイズミ独自の「イオンバランステクノロジー」を採用している、メンズ向けのドライヤーです。髪をケアしながらブローやスタイリングしたい場合にもおすすめ。温冷自動切り替えスイッチも備えており、熱が過度にかかることによる髪のダメージを抑える効果も期待できます。

イオンバランスモードは手元のスイッチで切り替えが可能。音風と冷風の切り替えもワンタッチで行えます。また、風量ボリュームスイッチはスライド式を採用。HIGH・LOW・COOLモードでそれぞれ簡単に風量が調節できます。

さらに、ボリュームアップノズルやフレックスノズルが付属しているのも長所。手ぐし感覚で濡れ髪を掻き上げながら乾かしたり、風の吹き出し方をワイドとスポットで切り替えたりと、用途にあわせて使い分けできる点もおすすめです。

第5位 ソリス(Solis) ブリオンブロー 320SD320B

マイナスイオンの放出量に優れたメンズ向けのドライヤーです。使用を重ねることで減少するイオン量が少ないのもポイント。マイナスイオンの髪への影響を期待したい場合におすすめです。

耐久性の高い「ソリスインフィニティBLDCモーター」を搭載しているのもメリット。また、ノズル部には「チューブプロテクター」を採用しており、ブローの際に持ち手の熱さをやわらげ、ラクにホールドできる設計です。

第6位 アデランス ヘアリプロ KAMIGA N-LED SonicAD-HR03

静電気を軽減できるメンズ向けのドライヤーです。ブラシ側にはマイナス、髪の毛側にはプラスイオンを帯電。髪とブラシの両方に発生する静電気を抑えられるので、ダメージ軽減を求める場合におすすめです。

2つの吹き出し口からドレープ状に風を発生できるのもポイント。広範囲に風を届けられるので、ヘアドライにかかる時間を短縮したい場合にも便利です。

さらに、プラズマクラスター機能を搭載しているのも魅力。髪の表面に水分子コートを形成できるので、潤いを保ちたい場合にも活躍します。

第7位 Grimsteads プロフェッショナル ヘアー ドライヤーGSD-1100

レトロなデザインが採用されているメンズ向けのドライヤーです。1960年代に製造されたヘアドライヤーの金型を使っているのが特徴。メタリックなボディながら、使用中に熱くならない特殊構造が採用されている点も魅力です。

パワフルな風でスピーディに髪を乾かせるだけでなく、髪のパサつきを抑える効果が期待できるのもポイント。まとまりのある髪を求めている方におすすめのドライヤーです。

第8位 Zuvi 充電式コードレスヘアドライヤー Zuvi Halo HA100

コンパクトなデザインを採用しているメンズ向けのドライヤーです。重量が630gと軽く、使用時に手や腕にかかる負担を軽減できるのが魅力。本体に充電式バッテリーを内蔵したコードレスタイプなので、取り回しにも優れています。

19分で約90%まで急速充電できるのもポイント。短時間で充電できるので、バッテリー切れで使用できないトラブルを軽減したい場合にも便利です。

さらに、チャイルドロックや目にやさしい光を放出する120層のチタンコーティングなどの、安全設計が採用されているのも長所。電源の切り忘れを防ぐ、電源オフシステムを備えている点もおすすめです。

リング部にはZuvi独自の技術 「Wide Spectrum Spatial Modulated Light」を採用。自然な光によって、髪表面の水分子の蒸発をサポートできる点もメリットです。

第9位 funks リフワ コードレス ドライヤー

充電式のバッテリーを搭載しているメンズ向けドライヤーです。コードレスなので、取り回しに優れているのが特徴。洗面所や寝室など、場所を問わず使用できるのが魅力です。また、フル充電した際に温風で最大35分、冷風で最大210分連続で使える点もメリット。テレビ番組を視聴しながら、ゆっくり髪を乾かしたい場合にも便利です。

温風や冷風の強弱は、HIGH・MID・LOWの3段階で切り替えが可能。HOTとCOOLのボタンを押すだけで簡単に風量を調節できるのがポイントです。さらに、ノズルの取り外しができるのも長所。風の吹き出し口と髪までの距離を縮めて、スピーディに乾かせる点もおすすめです。

第10位 サンコー(THANKO)「あせしらーず」TKHCHADR

髪のダメージが気になる方に適したメンズ向けのドライヤーです。温風と冷風の2層の風を同時に発生できるのが特徴。雑菌繁殖の原因になりやすい頭皮の汗を抑えつつ、髪を乾かしたい場合に便利です。

使用する際は、冷風を頭皮にあて温風を髪にあてるのがコツ。ドライヤーの位置を調節しながら使うのがおすすめです。また、2.1m³/分の大風量を実現しているのもポイント。大風量によってスピーディに髪を乾かせるので、長時間熱をかけることによるダメージを避けたい場合にも便利です。

温度設定は、COOL・WARM・HOTの3段階で切り替えが可能。風量をLOWとHIGHの2段階で調節できる点も魅力です。

ドライヤーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ドライヤーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

番外編:ドライヤーホルダー・収納グッズ

ベルライフ(Belle Life) ドライヤーホルダー

高品質な素材を使用しているドライヤーホルダーです。耐久性に優れたプログレードの304ステンレス鋼を採用しているのが特徴。外観はシンプルかつスタイリッシュで、部屋やインテリアにマッチしやすいのも魅力です。

フックの部分にはゴム製のマットを搭載。ドライヤーがすべりにくいだけでなく、傷が付いてしまうトラブルを予防する効果も期待できます。本体右側にはサイズの小さいフックを配置。ドライヤーのケーブルを巻き付けておく際に便利です。

取り付けにはネジを使用。壁面を傷付けたくない場合には、3M粘着シートでも設置できるので、賃貸住宅で使用する場合にもおすすめです。

山崎実業 ドライヤーホルダー 4286

タオルをかけるバーの上に設置できるドライヤーホルダーです。タオルバー上部のデッドスペースを有効に利用できるのがポイント。洗面所のスペースが限られている場合にも便利です。

また、差し込むだけで設置できるのもメリット。取り外しも簡単にできるので、手入れも手軽に行えます。ホルダー内には2つの仕切りを搭載。ドライヤーだけでなく、ヘアアイロンやヘアブラシを収納しておきたい場合にも使えます。

ホルダーの下部には、耐荷重約500gのフックを搭載。ドライヤーやヘアアイロンのコードを巻き付けるだけでなく、小物をかけておける点もおすすめです。本体は金属製で、耐久性に優れているのも長所。長期間使用できるドライヤーホルダーです。

山崎実業 ドライヤー&ヘアーアイロンホルダー 7593

スタンドタイプとして設置できるだけでなく、吸盤やフックで壁面や扉にも設置できるドライヤーホルダーです。幅広い設置方法に対応しているのが特徴。住宅環境にあわせて使用できるのが魅力です。

本体サイズは約幅16×奥行8.5×高さ14cm。約幅9.8×奥行7.5×高さ13.5cmのドライヤー収納スペースに加えて、約幅5.5×奥行7.5×高さ13.5cmのヘアアイロン収納スペースも備えています。

また、背面にコードフックが付いているのもポイント。ドライヤーやヘアアイロンのコードを巻き付けておけば、スッキリと収納できます。さらに、底面にすき間があいており、通気性が考慮されているのもメリット。溜まったホコリやゴミを掃除しやすい点もおすすめです。

ドライヤーホルダーのおすすめはこちら