「海外対応ドライヤー」は電圧の切り替え機能を搭載しており、さまざまな国で使用できます。ほとんどの製品は電圧を手動で切り替えますが、なかには自動で切り替えられるモノもあり、1台持っていると便利です。

そこで今回は、海外対応ドライヤーの選び方やおすすめの製品をご紹介します。コストパフォーマンスのよいモノや風量の大きなモノなどそれぞれ特徴があるため、使用シーンや髪の量に合わせて適切なモノを選んでみてください。

海外で使えるドライヤーの電圧は?

By: amazon.co.jp

日本で使っているドライヤーの電圧は100Vです。しかし、100Vの電圧を採用している国はごく少数。例えばアメリカなら120V、イギリスは240V、中国は220Vを採用しており、110~240Vまで国によってそれぞれ電圧数が異なります。

海外対応ドライヤーでなくても、変圧器を持ち歩けば幅広い電圧に対応できますが、故障の危険がある点には注意が必要。なかには、変圧器の使用を推奨していないメーカーもあります。海外でドライヤーを使用する場合は、海外対応のドライヤーがおすすめです。

海外対応ドライヤーの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

海外対応ドライヤーはできるだけ軽くコンパクトなモノがおすすめです。海外旅行では荷物が少ない方が何かと便利なので、折りたたみ式のモノなど軽量でスマートに収納できるモノがおすすめ。

また、小さくて軽い製品は髪を乾かす際に手が疲れにくいのもメリット。特に髪の量が多い方は、手の疲れにくい小さなモノを選びましょう。

変換プラグの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

電圧だけでなくプラグの形も国によって異なります。日本は細長い縦筋が2本並んでいるAタイプ。しかし、コンセントプラグには9タイプあり、細長いピンを差し込むタイプや丸型のモノなどもあります。

海外でドライヤーを使用するためには、それぞれに対応した変換プラグが必要です。しかし、海外対応ドライヤーのなかにはプラグが付属しない製品もあります。別途プラグを購入する手間を省きコストを抑えたい方には、変換プラグの付属するモノがおすすめです。

風量で選ぶ

ドライヤーの風量が大きなモノほど早く乾かせます。一般的なドライヤーの風量は1.3m³/分。風量の弱いモノは髪を乾かすのに時間がかかるので注意しましょう。ただ、持ち運びに特化したコンパクトなモノは0.5m³/分ほどです。

ロングヘアの方や髪の量が多い方には、1.5m³/分以上のドライヤーがおすすめ。それぞれの髪質に合わせて適した風量の製品を選びましょう。

機能で選ぶ

マイナスイオン機能

By: amazon.co.jp

髪のごわつきやパサつきが気になる方には、ナノイーやプラズマクラスターイオンなど、マイナスイオンを髪に吹き付ける機能を持った海外対応ドライヤーがおすすめです。

マイナスイオン機能の付いたモノは髪に潤いを与えて静電気や乾燥、紫外線などによる髪へのダメージを抑える効果が期待できます。頭皮へ送風するスカルプモードを搭載した製品なら、頭皮の乾燥対策にもおすすめです。

風量切り替え機能

By: amazon.co.jp

髪をセットしたい時やパーマを長持ちさせたい時には、風量切り替え機能のある海外対応ドライヤーが便利です。髪を早く乾かしたい時と、髪をセットしたい時とで風量を使い分けられます。

また、風量が大きなモノは音量も大きくなる傾向にあるため、風量切り替えのできるモノは家族が寝ている時など、シーンに合わせて静かに使いたい時にも便利です。

海外対応ドライヤーのおすすめモデル

テスコム(TESCOM) STYLEUP ヘアドライヤー ブラック BI14-K

テスコム(TESCOM) STYLEUP ヘアドライヤー ブラック BI14-K

サイズがコンパクトで持ち運びに優れているのが魅力のモデル。サイズが高さ18.9×幅14.7×奥行7cm、本体重量が355gと軽量・コンパクトなので、スーツケースやバッグに入れて持ち歩いても負担になりません。

地域によって異なる電圧にも対応し、100V/120Vまたは200V/240Vへの切り替えが簡単に行えます。コインを溝にはめて電圧を切り替えるため、電圧切り替えスイッチを誤操作する心配もありません。

C2タイプ変換プラグを付属しているので、購入したらそのまま海外で使用可能。風量は0.9m³/分とやや弱めなので、ショートヘアの方におすすめです。

コイズミ(KOIZUMI) マイナスイオンヘアドライヤー KDD-0017/VP

コイズミ(KOIZUMI) マイナスイオンヘアドライヤー KDD-0017/VP

本体重量が約410gと軽量ながら、髪へのいたわり機能を搭載した海外対応ドライヤーです。マイナスイオンの吹き出し口が2カ所あり、旅行先でもしっかりとヘアケアをすることができます。

コンパクトなドライヤーですが、風量は1.1m³/分を確保しています。モードを2段階で切り替えることもでき、ドライとセットで使い分けできるのも嬉しいポイント。

乙女心をくすぐる、鮮やかなビビッドピンクカラーが、旅先でも気持ちを盛り上げてくれます。なお、接続プラグは付属していないので、別途旅行先の地域に合ったプラグを用意する必要があります。

クレイツイオン(CREATE ION) スーパーモイストミニ ED801W

クレイツイオン(CREATE ION) スーパーモイストミニ ED801W

ドライヤーやヘアアイロンなど、ヘアケア・美容アイテムを中心に取り扱うクレイツ社。数あるドライヤーの製品のなかでも、コンパクトタイプながら「クレイツイオン」を本体内部に加工した海外対応ドライヤーです。

独自に開発したイオン技術「クレイツイオン」により、ドライ後のヘアダメージを軽減します。機能性はもちろんのこと、コンパクト設計も魅力です。折りたたむと片手で持てるサイズ感で、重さも電源コード込みで315gと持ち運びに最適。本体だけの重量は約200gなので、ヘアドライ中に手が疲れる心配もありません。

電源コード長は1.9mあり、余裕を持って取り回しできるのもポイント。もちろん電圧切り替えスイッチも搭載しているため、海外でも安心して使用可能です。

コイズミ(KOIZUMI) ダブルファンドライヤー モンスター KHD-W710/R

コイズミ(KOIZUMI) ダブルファンドライヤー モンスター KHD-W710/R

大風量が魅力のダブルファンドライヤー。「モンスター」というネーミングのとおり、約2.0㎡/分の大風量が特徴です。 形状の異なる2つのファンがより多くの風をより早く届けることで、短時間でのヘアドライを実現します。本体のほかに、乾燥スピードを高める独自のノズルを付属。さらにマイナスイオンも搭載し、髪へのダメージを軽減します。

風量は手元のデジタルスイッチで「TURBO・HIGH・LOW」の3段階に切り替え可能。冷風モードもあり、好みに合わせて調節することができます。

本体カラーはワイン・ホワイト・ブラックの3種類をラインナップ。おしゃれ心を刺激されるカラーバリエーションも魅力です。重量は約675gとやや重めですが、ロングヘアの方や、旅行先で時間をかけずにさっとヘアドライしたい方にはおすすめの海外対応ドライヤーです。

ヴィダル サスーン(vidal sassoon) ヘアドライヤー VSD-1230/PJ

ヴィダル サスーン(vidal sassoon) ヘアドライヤー VSD-1230/PJ

世界的に有名なヘアサロンブランド「ヴィダルサスーン」の海外対応ドライヤーです。ポイントは、海外旅行にぴったりの軽量・コンパクト設計。本体サイズは高さ19.5×幅16.8×奥行き6.8cm、重量は約370gと、持ち運びに適したサイズです。

電源コードは1.9mあり、取り回しがしやすいのもポイント。風量は HIGH・LOWの2段階で切り替えることができます。ホコリのたまりやすい吸い込み口フィルターは着脱式となっており、こまめに掃除ができるのも特徴です。

ピンク・ホワイト・ブラックの3種類のカラーバリエーションから選ぶことができるため、自分好みの1台が見つかりやすいのも魅力です。ただし、海外で使用する際には市販のプラグアダプターが必要となるため、注意しましょう。

テスコム(TESCOM) マイナスイオンヘアドライヤー BID40

テスコム(TESCOM) マイナスイオンヘアドライヤー BID40

海外旅行先でも、マイナスイオンでヘアケアをしたい方におすすめのドライヤーです。通電時にマイナスイオンが発生し、手元のLEDランプが点灯します。本体の先端に取り付けるフードは、外気を取り込む特殊形状。温風が熱くなりすぎるのを防ぎ、髪が乾燥しすぎないようにしてくれます。

電圧変換スイッチは、コインを溝にはめて切り替えるタイプなので誤操作の心配もありません。C2変換プラグも付属し、対応地域であれば購入後すぐに使える海外対応ドライヤーです。

風量は約1.0㎡/分で、メインスイッチでモードを2段階に調節可能。さらに、本体が軽量なのでヘアドライ中に腕が疲れる心配もありません。カラーは清潔感のあるホワイトなんので、機能だけでなく見た目にもこだわりたい方におすすめのモデルです。

パナソニック(Panasonic) マイナスイオン ZIGZAG イオニティ EH5206P

パナソニック(Panasonic) マイナスイオン ZIGZAG イオニティ EH5206P

パナソニックが展開する「イオニティ」シリーズの、海外対応ドライヤーです。コンパクトで軽量な設計ですが、マイナスイオンによりツヤのある髪に仕上げる効果が期待できます。

風量は「TURBO/SET」の2段階で設定でき、用途に合わせて調節が可能。本体は高さ18.9×幅15.5×奥行7cmで、重さも390gと軽量設計モデルです。また、はじめからC2変換プラグが付属しているので、プラグの違う地域でもすぐに使用可能。海外旅行の際に便利です。

風量は0.95㎡/分とやや弱めなので、男性やショートヘアの方におすすめのモデルです。

シャープ(SHARP) プラズマクラスタードライヤー IB-HD16-W

シャープ(SHARP) プラズマクラスタードライヤー IB-HD16-W

シャープが開発した「プラズマクラスターイオン」を搭載した海外対応ドライヤー。「旅先で記念撮影をする際にきれいな髪でいたい」というユーザーの声に応えたモデルです。

搭載したプラズマクラスターイオンにより美髪効果を実現し、コンパクトなサイズで持ち運びもラクラク。折りたたんだ際のノズル部分とハンドル部分の隙間を小さくすることで、2つ折り平面サイズで新書ほどのコンパクト設計を実現しました。また「速乾エアロフォルム」を採用し、より多くの速い風を髪に届けることで、熱に頼らずに短時間でヘアドライすることができます。

電圧切り替えスイッチのほか、C2変換プラグも付属しているので海外旅行に便利。旅行先でもいつもと変わらない髪質をキープしたい方にはぴったりの海外対応ドライヤーです。

パナソニック(Panasonic) ヘアドライヤー ナノケア EH-NA5B

パナソニック(Panasonic) ヘアドライヤー ナノケア EH-NA5B

パナソニック独自の技術「ナノイー」を搭載した、海外対応のドライヤーです。「ナノイー」とは、空気中の水分を超微細化したイオン。一般的なマイナスイオンの約1000倍以上(体積比)の水分が含まれており、髪に潤いを与えてパサツキとうねりを抑える効果が期待できます。

ノズルは速乾設計となっており、毛束をほぐしながら乾かすことで短時間のヘアドライが可能。旅行で疲れている際には嬉しい機能です。海外で使用するための電圧切り替えスイッチを搭載しているほか、C2プラグも付属しており便利です。

重量は約545g(速乾ノズルなし)とやや重めですが、最大風量が1.4m³/分あるので、ロングヘアの方や旅先でもヘアケアを怠りたくない方におすすめです。カラーはペールピンクとブラウンの2種類をラインナップ。ハイエンドモデルの海外対応ドライヤーです。

テスコム(TESCOM) コラーゲンイオンヘアドライヤー TCD5100

テスコム(TESCOM) コラーゲンイオンヘアドライヤー TCD5100

最新型ハイエンドモデルの海外対応ドライヤーです。テスコムが開発した「CPN」の技術により、美容に良いとされるコラーゲンとプラチナを、ナノサイズミストでドライヤーの風にのせて放出。髪の潤いをしっかりキープする効果が期待できます。また、紫外線に対するヘアケア効果も期待できるため、日差しの強い海外リゾートに渡航する際にもぴったり。用途に合わせて使い分けできる3種類のノズルも付属しています。

ヘアケアだけでなく、お肌のお手入れにも使用できるため、日頃から美容に関心の高い方には特におすすめです。ただし、変換プラグは別途購入する必要があるので注意が必要です。