熱の力で髪形を自在に変えられる「ヘアアイロン」。美容室でパーマをかけなくても、ストレートヘアにしたり巻き髪にしたりすることが可能です。また、リーズナブルなモノ、初心者にもおすすめのヘアブラシタイプのモノ、携帯に便利なコンパクトなモノなどさまざまな製品がラインナップしています。

そこで今回は、ヘアアイロンの選び方をはじめ、おすすめ人気モデルをランキング形式でご紹介。自分にぴったりのモデルを選んで、日々のスタイリングをより楽しんでみてください。

さっそくおすすめ商品を見る

ヘアアイロンの選び方

求める仕上がりに合った種類を選ぶ

髪をまっすぐに伸ばすストレートアイロン

By: kinujo.jp

髪の毛をまっすぐストレートにしたい場合は、「ストレートアイロン」を選びましょう。ストレートアイロンは、ストレートヘアにしたい部分を上下のプレートで挟み、熱を加えながら髪の毛をまっすぐにする仕様です。

ストレートアイロンについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

巻き髪を作れるカールアイロン

By: amazon.co.jp

髪をカールさせて華やかなヘアスタイルを楽しみたい方は、「カールアイロン」がおすすめ。カールアイロンはアイロン部分に髪を巻きつけて十数秒待つだけで、髪をカールでき、だれでも簡単に巻き髪を作れます。

常にカールヘアになってしまうパーマと違い、普段はストレートヘアでも気分に合わせてカールヘアを楽しむことが可能。パーマをかけずに手軽にカールヘアを楽しみたい方や直毛で悩んでいる方、髪にボリュームがでにくい方にもぴったりです。

カールアイロンについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

ストレートとカールの両方に対応する2WAYタイプ

By: amazon.co.jp

1台でストレートとカールの2WAYで使える便利なヘアアイロンは、主に2つのタイプがあります。1つ目は、カールアイロンの形をしたタイプ。ストレート・カール用のプレートがあるのでしっかり髪型を作れるのが特徴です。

2つ目は、ストレートアイロンの形をしたタイプ。本体側面が丸みを帯びており、髪を巻きつけて使うことでカールにも対応できます。ただし、プレートに挟んでいる部分しか熱が通らないので、髪の量が多い方は全体を巻くのにやや時間がかかるのがデメリットです。

2WAYアイロンについてもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてみてください。

ヘアスタイルに合ったサイズを選ぶ

ストレートアイロンの場合

By: amazon.co.jp

ストレートアイロンは種類によってアイロン部分のプレート幅が異なります。市販されているストレートアイロンの多くは20〜50mm程度で、30mm程度の幅のモノが標準的です。

20〜30mmのプレート幅が狭いヘアアイロンはショートヘアやボブヘアなど比較的髪が短い方におすすめ。幅が広いモノと比べて扱いやすいため、初心者やスタイリングを楽しみたい男性の方でも使いやすいのが特徴です。

ミディアムからロングの髪が長い方や髪の量が多い方は、30mm以上の幅が広いストレートアイロンを選びましょう。一度に多くの髪を挟めるため、短時間でスタイリングが可能です。

カールアイロンの場合

By: amazon.co.jp

カールアイロンの太さは「〇〇mm」と表記されています。選び方として、21~26mmはショートやボブの方、32mmはミディアムやセミロングの方、31~38mmはセミロングからロングの方におすすめ。

また、髪が細い方ややわらかい方はカールがつきやすいので太めのモデルを、髪が太い方や硬い方はカールがつきにくいので細めのモデルを選びましょう。

温度で選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘアアイロンの設定温度も重要なポイント。より高温でヘアセットしたほうが強いうねりでも思い通りにセットできます。しかし、高温で使うと髪が傷んでしまうため注意が必要です。

きちんとクセをつけ、髪も傷みにくくするには、ストレートアイロンで140〜180℃、カールアイロンでは120〜160℃程度がおすすめ。最低でも100℃以上のヘアアイロンを選びましょう。

ヘアアイロンの温度調節が可能な場合は、高温から少しずつ温度を下げて自身の髪に合った温度を探してみてください。その際にはクセがつきにくいと感じた温度の1段階高い温度に設定するのがおすすめです。

また、何℃刻みで温度調節が可能かという点も確認が必要。無段階で調節できるなど細かく温度を調節できるモデルを購入したほうが、こだわったヘアセットができます。

プレートの素材で選ぶ

髪の滑りがよいフッ素樹脂

By: rakuten.co.jp

使用時に摩擦が少ないのがフッ素樹脂加工のメリット。ヘアセット時に髪の引っかかりが少ないため、ダメージを気にしている方におすすめです。

一方、耐久性が弱くコーティングが剥がれやすいところがデメリット。髪の毛をいたわりたいのであれば、一定期間で買い替える必要があります。

髪へのダメージが少ないチタン

By: amazon.co.jp

耐久性が高く、髪へのダメージも少ないのがチタン素材のメリット。主に、高性能ヘアアイロンで採用されている素材です。

ただし、「チタニウムコーティング」という表面だけチタンコーティングが施されているモデルもあります。このようなモデルでは、コーティングが剥がれてしまうと髪にダメージを与えてしまうので注意が必要です。

熱伝導率が高いセラミック

By: amazon.co.jp

熱伝導率が高く、忙しい朝でもサッとヘアスタイルを決められるのがセラミック素材のメリット。熱伝導率が高いと、アイロンがあたたまるまでの時間が短く済むうえ、熱ムラが少なくスタイリングしやすくなります。短時間で思い通りのヘアスタイルを作ることが可能です。

また、ヘアアイロンの滑りがよく、髪が絡みにくいのもポイント。髪の引っかかりが少ないため、髪が切れたり傷んだりするのを防げます。髪のダメージが気になる方にもおすすめの素材です。

立ち上がり時間をチェック

ヘアアイロンを選ぶ際に見落としがちなのが、ヘアアイロンが設定温度になるまでの立ち上がり時間。ヘアアイロンは忙しい朝に使用することが多いため、立ち上がるまでに何分も待つのは避けたいものです。

ヘアセットに使える時間が短い方や準備にかかる待ち時間が気になる方は、購入する前にヘアアイロンの立ち上がり時間もチェックしましょう。

安全機能の有無

By: amazon.co.jp

ヘアアイロンには、自動電源オフや開閉ロックなど安全機能を搭載したモデルもあります。自動電源オフ機能はよくスイッチを切り忘れてしまう方におすすめです。

自動電源オフ機能以外にも、使用しないときに勝手に開かないようにする開閉ロック、温度を維持する温度ロックなど安全機能の種類はさまざま。ヘアアイロンを選ぶ際には見落としがちな安全機能ですが、使い勝手に大きく関わります。

特に、ペットや小さな子供がいる家庭での使用には安全機能搭載モデルがおすすめ。やけどなどヘアアイロンによるトラブルの心配がある方も、安全機能つきのヘアアイロンをチェックしましょう。

重量を確認

By: amazon.co.jp

ヘアアイロンを買ったはよいものの重くて使いにくい、ということを防ぐためにもヘアアイロンの重量は要チェック。特にヘアアイロンの扱いに慣れていない方は、初心者でも使いやすい軽いモノがおすすめです。

ただし、ヘアアイロンの機能が向上するほど重量も増す傾向にあるため、ヘアアイロンの扱いに慣れている方やより高度なスタイリングを楽しみたい方は、重さを気にせず高機能モデルを選びましょう。

持ち運びのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

ヘアアイロンを旅行先でも使いたい場合は、コンパクトなタイプを購入するのがおすすめです。なかには、収納ケースがついているモノもあるので、旅行カバンにキレイに収納したい方はチェックしておきましょう。その際、耐熱仕様のモノであれば本体に熱が残っている場合でも収納できるのでおすすめです。

ヘアアイロンのおすすめメーカー

パナソニック(Panasonic)

By: amazon.co.jp

パナソニックは、高性能ヘアアイロンを発売している国内大手電機メーカーです。最上位機種のヘアアイロンのなかには、パナソニックが多くの家電開発で培ってきた「ナノイー」技術を採用しているモデルもラインナップ。ナノイーは、マイナスイオンの約1000倍以上の水分量を含んでおり、髪の水分バランスを整える効果があると謳われています。

テスコム(TESCOM)

By: tescom-japan.co.jp

テスコムは、リーズナブルな価格のヘアアイロンを多数発売している日本の家電メーカー。リーズナブルな価格のヘアアイロンを取り揃えているのが特徴です。また、温度設定などもデジタルで行う機種が多く、近代的なデザインに仕上がっているところも魅力のひとつです。

クレイツ(CREATE)

By: amazon.co.jp

福岡に本社を構える美容メーカー。一般ユーザー向けからプロ用まで、幅広い製品を展開しているのが特徴です。同社のヘアアイロンは、美容師の愛用者が多いことでも有名。品質の高い製品をリーズナブルな価格で購入できるおすすめメーカーです。

ヴィダルサスーン(VIDAL SASSOON)

By: amazon.co.jp

世界的に有名な美容ブランド。ヘアサロンの技術や発想を活かした、さまざまなヘアスタイリング用品を展開しています。ヘアアイロンでは、シンプルな機能を備えたリーズナブルなスタンダードシリーズや、ハイスペックなマジックシャインシリーズなど、幅広いラインナップ。用途や好みに合ったアイテムが見つかります。

アレティ(Areti)

By: amazon.co.jp

シンガポールを拠点に、プロ仕様の美容家電の開発・生産を行うグローバルメーカーです。2012年に日本に上陸。使い勝手のよさや自分に合った製品が見つかるラインナップの豊富さなどが高く評価され、多くのファンを獲得しています。高品質なヘアアイロンを探している方におすすめのブランドです。

ヘアアイロンのおすすめランキング|ストレート

第1位 パナソニック(Panasonic) ストレートアイロン ナノケア EH-HS9A

ナノサイズの微粒子イオンを発生させる「ナノイー」機能を搭載したストレートアイロン。スタイリングしながら髪の水分バランスを整え、広がりやパサつきを抑える効果が期待できます。温度は、130~200℃まで5段階調節が可能。電源をつけてから約30秒で使用できる立ち上がりの速さも魅力です。

「ヒーター温度低下検知機能」を備えているため、プレートの熱さが長時間持続。さらに、「温度均一プレート」によって髪にムラなく熱を伝えられるので、素早く簡単にスタイリングできます。ヘッドの先端が細くなっており、髪の根元からしっかりと挟めるのもポイント。力をかけるとプレートが少し沈む構造で、毛量の少ない部分にも使用できます。

電源を入れてから約60分後に自動でオフになる機能を搭載するなど、安全面にも配慮。初めてストレートアイロンを購入する方にもおすすめのモデルです。

▼【レビュー】しっとりサラツヤ髪を叶えるパナソニックの「ストレートアイロン ナノケア」

第2位 絹女(KINUJO) シルクプレートヘアアイロン LM-125

美容師の愛用者が多いことでも有名な、最高温度220℃のプロ仕様モデル。およそ20秒で180℃に到達する「最速温度上昇」機能を搭載しており、短時間で思い通りのスタイリングができます。温度は、130~220℃まで10段階調節が可能。デジタル表示で温度を確認しやすいのも魅力です。

摩擦の少ないフッ素樹脂を使用したシルクプレートを採用。髪滑りがよく、ツヤのある髪に仕上げられます。余分な力を吸収するプレートクッションにより、カールもストレートも自由自在にスタイリングできるおすすめモデルです。

第3位 サロニア(SALONIA) ストレート ヘアアイロン SL-004S

最高温度230℃で、髪のクセやうねりをしっかり伸ばせるストレートアイロン。ダイヤル式で細かく温度調節できるため、髪質やなりたいヘアスタイルに合わせてスタイリングできます。髪へのダメージを軽減し、うるおいやツヤを与える効果が期待できるマイナスイオン機能を搭載。思い通りのヘアスタイルをキープできます。

絡まりにくい360°回転式コードを採用しており、スムーズにスタイリング可能。熱伝導性に優れたチタニウムプレートや高速加熱機能により、忙しい朝も快適に使えます。

持ち運びに便利な専用ポーチが付属するのもポイント。アメリカやヨーロッパ、中国などでも使用可能な100~240V対応で、国内だけでなく、海外でも使えるおすすめのモデルです。

第4位 アレティ(Areti) マイナスイオン ヘアアイロン i679

約30秒で170℃まで加熱できる立ち上がりの速さが魅力のヘアアイロン。200℃まで5℃ごとに温度設定が可能なため、求める仕上がりや髪の状態に合わせて使用できます。プレート幅は20mmで、前髪や襟足などの細かな部分にも対応可能です。

「マイナスイオン発生機能」を備えており、ヘアアイロン使用時にありがちな髪の乾燥を防ぐ効果が期待できます。さらに、動きに合わせてプレートが上下する「フローティングクッション」を採用。髪に跡がつきにくく、ストレートだけでなくカールも簡単に作れます。

無操作状態が15分ほど続くと自動で電源がオフになる消し忘れ防止機能をはじめ、開閉ロックや吊り下げ用のループなど、使い勝手のよさを追求した機能を多く搭載。ヘアアイロンの扱いに慣れていない方にもおすすめのモデルです。

第5位 クレイツ(CREATE) ホリスティックキュアストレートアイロン CCIS-G03B

ツヤ感を与え、うるおいを残した仕上がりを叶えるストレートヘアアイロンです。天然ミネラルを豊富に含んだ鉱石をミクロパウダー化し、加工を施した「キュアクリスタルプレート」を採用。滑りがよく、スタイリング時のダメージを軽減します。

本体両サイドにはコーム状の凹凸がつけられているため、毛流れを整えてスタイリング可能。使うだけでナチュラルなストレートヘアに仕上げます。また、Cカールや波ウェーブなどのアレンジもできて、さまざまなヘアスタイルを楽しめるモデルです。

海外兼用タイプなので、海外旅行先でも使用できるヘアアイロンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第6位 テスコム(TESCOM) プロテクトイオンストレートアイロン NIS3000

業務用ヘアアイロンとして人気の「Nobby」をベースに開発された高性能モデルです。プロ仕様の速熱ヒーターを採用しているため、100℃に到達するまでの時間が約18秒と速いのが特徴。忙しい朝でも手早くスタイリングできます。

温度調節は60~200℃まで可能で、幅広いのが魅力。また、根本から毛先まで均一な温度で仕上げられる「POWERモード」と、毛先を低温度で伸ばす「CAREモード」があるので、髪のダメージ状態や髪質に合わせて温度を選べます。

ヘッドは薄型設計で根元からスタイリング可能。短い髪や前髪、トップもしっかり仕上げられる仕様です。プレートには熱に強いアボカドオイルコーティングを施しているほか、静電気抑制プロテクトイオンを放出。髪をいたわりながら仕上げられるストレートヘアアイロンです。

第7位 ワンダム(Onedam) ヘアアイロン ストレート用 25mm AHI-251

熱伝導に優れた「赤外線放射特殊プレート」を採用したストレートアイロン。短時間でスタイリングできるため、髪へのダメージを抑えながらスタイリングしたい方におすすめです。

プレートは髪にかかる圧力を軽減するクッション機能つき。髪滑りもよく、軽い力でしっかり髪を伸ばせます。また、本体内蔵の「IC制御温度コントローラー」により、髪質や求める仕上がりに合わせて60~200℃の温度設定が可能。だれでも使いやすいシンプルなデザインも魅力です。

第8位 クレイツ(CREATE) グレイス ストレート CIS-R01

プレートの表面に「クレイツイオンゴールド」加工を施したストレートアイロン。髪滑りがよく、ツヤのあるなめらかなストレートヘアに仕上げられます。プレート幅は約20mmとスリムな構造で、髪の根元や顔周り、襟足や前髪などの細部までスムーズに整えられるのが特徴です。

ヘアアイロンの設定温度は、髪質に合わせて120〜200℃まで5段階で調節可能。電源を入れてから約60分後に自動でオフする機能も搭載しており、安全面にも配慮しています。長さ230×高さ35×奥行き30mmとコンパクトで持ち運びしやすく、100~240V対応のため海外旅行時に持参するのもおすすめです。

第9位 バイオプログラミング(Bioprogramming) ヘアビューロン 4D Plus ストレート

180℃の高温で美しい髪に導くストレートアイロン。独自に開発した「バイオプログラミング技術」を採用しています。毎日一定時間クセ毛を高温でゆっくり伸ばすと、手ざわりのよいストレートヘアを維持しやすくなります。

40~180℃まで7段階で温度調節でき、低温でもストレートヘアを作れるうえ、電源オフで使ってもツヤのある髪に仕上がるのもポイントです。

「温度メモリー機能」を搭載しており、プラグを抜かずに電源をオフすると、最後に設定した温度に自動設定されるのも便利。約90分で自動的に電源オフする機能を備え、100~240V対応で海外でも使用できます。

第10位 コイズミ(KOIZUMI) コードレスストレートアイロン KHS-8620

持ち運びに便利な手のひらサイズのコードレスヘアアイロンです。ACアダプターと本体を分けて収納できるポーチつきで、整頓して携帯できます。

本製品は両面ヒーター搭載で、最高温度は約200℃まで対応。セラミックコーティングのプレートなので、コンパクトながら美しいストレートヘアに仕上げます。

また、microUSB対応で、約3時間で充電完了。一度フル充電すれば、最大25分ほど使用できます。専用のACアダプターは海外使用ができるタイプなので、海外旅行や出張時にも活躍するモデルです。

ヘアアイロンのおすすめランキング|カール

第1位 クレイツ(CREATE) クレイツイオン カール プロSR C73310

美容師の愛用者が多いことでも有名なクレイツのカールアイロン。パイプ表面には髪滑りのよいチタニウムコーティングが施されており、髪が絡みにくくスムーズにスタイリングできます。

セラミックヒーターを2枚搭載しているのもポイント。素早く温度が上昇し、高温を長時間維持できます。また、120~210℃まで10段階の温度調節が可能で、さまざまな髪質に使用できます。

さらに、自動電源オフ機能や誤作動防止機能などの安全機能を搭載。持ち手部分には滑りにくいシリコン加工が施されているなど、安全性と使いやすさを追求したおすすめのヘアアイロンです。

▼【レビュー】美容師も愛用!プロ仕様カールアイロン 「クレイツイオン カールプロSR」

第2位 アイビル(AIVIL) D2アイロン チタンバレル 32mm I-D2T3202

最高温度190℃設定でも素早く立ち上がるカールアイロン。温度ムラが生じにくい高品質ヒーター搭載で、熱を均等に伝えられます。パイプの有効域は105mmで、ロングヘアの方でも快適に使用できます。

温度を確認しやすい液晶ディスプレイを採用。温度は80~190℃まで10℃刻みで設定できるので、髪の状態に合わせて使えます。

また、誤作動防止のため、長押しで電源ボタンが作動するロングプレス機能を採用。さらに、最後の操作から約1時間で電源が自動で切れるオートパワーオフ機能を搭載するなど、安全面に配慮されているのもポイントです。

第3位 ヴィダルサスーン(VIDAL SASSOON) カールアイロン VSI-2583

十分な基本機能を備えながらも低価格で購入できるカールアイロンです。125~200℃まで6段階の温度調節が可能。設定温度はグリップ部分に表示され、スタイリング中もひと目で確認できます。

360°回転式コードや自動電源オフ機能、海外電圧対応など使い勝手のよさを追求した機能を多数搭載。プレートには、髪に熱をやさしく素早く伝える「シルキーピンクコーティング」が施されており、短時間でキレイなカールヘアを作れます。

第4位 サロニア(SALONIA) セラミックカール ヘアアイロン 25mm

セラミックコーティングされた25mmのカールアイロンです。セラミック素材は熱伝導率が高いのが特徴。本製品は、電源を入れてから約35秒で最低設定温度に到達するため、忙しいときでも素早くスタイリングできます。

また、セラミックはなめらかな素材で引っかかりにくく、アレンジしやすいのもメリット。バレルは25mmで、ショートヘアやボブヘアの方におすすめです。温度は100~210℃の範囲で5℃ずつ細かく調節できます。赤文字のデジタル表示で、温度を確認しやすいのもポイント。

電源を入れてから約30分後にオフになるオートパワーオフ機能や、温度調節のロックができる誤作動防止機能が搭載されており、子供がいる家庭でも安心して使用できます。

第5位 クレイツ(CREATE) グレイスカール S CILOX-G32G

使いやすさとデザイン性を両立したモデルを探している方におすすめのカールアイロン。ホワイト×ゴールドの配色とフェミニンな模様が目を引くデザインを採用しています。また、デジタル温度表示ディスプレイがついているため、設定温度が一目で分かり、直観的に操作しやすいのも特徴です。温度は約120~200℃まで、20℃ごとに調節できます。

プレートとパイプの表面には「クレイツイオンゴールド」加工が施されており、髪滑りのよいスムーズなスタイリングを実現。さらに、弾性にすぐれた「クレイツイオンシリコンラバー」をパイプ部に搭載しているため、髪にやさしくフィットします。適度なテンションがかかり、ぷるんとしたカールヘアにスタイリング可能です。

第6位 ヴィダルサスーン(VIDAL SASSOON) マジックシャイン VSA-1110

価格と性能のバランスに優れたカール用ヘアアイロンです。気軽に購入できるリーズナブルな価格ながら、髪を挟んでスイッチを押すだけで自動巻き取りが可能な「オートカールシステム」を採用。最短わずか4秒で美しいカールが作れるため、忙しい朝でも重宝します。

また、秒数を変えることでゆるふわカール・やわらかいカール・しっかりカールの3段階から、好みに応じて仕上がりを調節できるのもポイント。さらに、絡まりやねじれを防ぐ「回転式コード」や、髪に熱をやさしく素早く伝える「セラミックコーティング」のパイプを採用しているなど、便利な機能が充実したおすすめのアイテムです。

第7位 絹女(KINUJO) カールアイロン 32mm KC032

独自の「シルクプレート」を採用したカールアイロンです。摩擦力の低いフッ素樹脂を使用することで、髪が痛む原因といわれる水蒸気の発生を軽減することが可能。最高温度200℃の高温状態でも髪をやさしく守りながら、ふんわりとした自然な巻き髪が作れます。

コードのコネクタ部分は360°回転式のため、コードが絡まることもありません。ほかにも、リアルタイムで温度が確認できる「リアルタイム温度表示」機能や、シンプルで直感的に使える「タッチパネル」を搭載。誤作動による火傷を防ぐ「ロック解除ボタン」や、60分で電源が切れる「自動電源OFF」など、安全性にも配慮されたおすすめのモデルです。

第8位 クレイツ(CREATE) エアスリークカールアイロン CIAI-BC02W

コンパクトなカール用ヘアアイロンです。本体上部には、スタイリングしながら風で髪を冷やせる「エアホール」がついているので、髪へのダメージを軽減しつつキレイなカールが作れます。

プレートには「クレイツイオン セラミック加工プレート」を採用。ツヤのあるしなやかな髪に仕上げます。温度が細かく調節できる温度調節スイッチや誤作動防止機能など、使い勝手のよい機能を多数搭載。

対応電圧は100~240Vで、国内はもちろん海外でも変圧器なしでそのまま使えます。小型で機能性に優れたおすすめのカール用ヘアアイロンです。

第9位 コンエアー(Conair) ベビリス ミラカール ゆるふわスチーム BABMC2PJ

だれでも簡単に自然な巻き髪が作れるコンエアーの人気モデル。髪の毛を挟んでボタンを押すだけの「オートカール」に対応しているので、ヘアアイロンが苦手な方でも簡単に使えます。

温度設定は、190・210・230℃の3段階調節に対応。わずか90秒で使い始められる、立ち上がり時間の早さも魅力です。プレートには、熱が素早く均等に伝わる「ナノチタニウムセラミック」を採用。ほかにも、髪へのダメージを軽減する効果が期待できるスチーム機能など、便利な機能が揃っています。

ピンクを基調としたかわいらしいデザインもポイント。ニュアンスのあるスタイリングを目指したい方におすすめのアイテムです。

第10位 クレイツ(CREATE) グレイスカール ポータブル CIC-W15N

携帯性に優れたカール用ヘアアイロンです。コンパクトに収納できる折りたたみ式を採用しているので、どこにでも気軽に持ち運んで使用可能。重量はわずか180gと軽いため、片手でラクに操作できます。

プレートには、丈夫かつスムーズにスタイリングできる「クレイツイオン ゴールド加工プレート&パイプ」を採用。180℃の高温設定で時間のない朝でもキレイなカールがササっと作れます。

ほかにも、海外で使える海外兼用プラグや、持ち運び時に便利な携帯用ポーチなど、付属品が充実しているのも特徴。安いので、コストパフォーマンスを重視する方にもおすすめです。

ヘアアイロンのおすすめランキング|2WAY

第1位 サロニア(SALONIA) 2WAYストレート&カール 32mm

高速加熱機能を搭載しており、最高温度の220℃まで素早く到達する2WAY仕様のヘアアイロン。髪滑りがスムーズで摩擦が起こりにくいイオンセラミックプレートを採用しており、スタイリング時の髪へのダメージを軽減する効果が期待できます。

温度は100~220℃まで5℃ずつ調節可能。ストレートとカールはワンタッチで切り替えでき、1台でさまざまなスタイリングが楽しめる便利なアイテムです。

また、30分後に自動で電源が切れるオートパワーオフ機能を搭載しており、電源の切り忘れが心配な方にも適しています。さらに、使用時のねじれを防ぐ360°回転式コードを採用するなど、使い勝手のよさにこだわった機能を多く搭載。初心者にも扱いやすいおすすめのヘアアイロンです。

▼【レビュー】1台で2役をこなすコスパ抜群のサロニア「2WAYストレート&カールアイロン」

第2位 ヴィダルサスーン(VIDAL SASSOON) 2WAYヘアアイロン VSI-3273/PJ

セラミックを配合したクリスタルピンクコーティングによって、髪にやさしく素早く熱を伝える2WAYヘアアイロンです。ナチュラルでふんわりとしたカールを作りやすい32mmパイプを採用しています。

髪の根本をふんわりと立ち上げるスタイリングをしたいときにもおすすめ。ストレートアイロンとして使用する場合は、最高180℃の高温で仕上げられるため、ストレートヘアをしっかりキープします。

また、使用中にコードがねじれたり絡まったりするのを防ぐ回転式コードを採用。1台でカールヘアとストレートヘアを作れて、取り回しやすいヘアアイロンを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

第3位 テスコム(TESCOM) ione マイナスイオン 2WAY スチームヘアーアイロン IPW1832

切り替えボタン1つでカール仕上げとストレート仕上げを選べる2WAYヘアアイロンです。プレートには保湿成分アルガンオイルをコーティング。カール面8カ所、ストレート面1カ所からマイナスイオンが噴出する構造で、髪をいたわりながらスタイリングできます。

また、本体先端に設置された水タンクに水を入れると、スチームがでる機能も搭載。髪のうるおいを保ちつつ、アレンジしたヘアスタイルをキープします。

最高温度は190℃で、90℃から5℃刻みに細かく調節可能。使用中の誤操作で温度が変わってしまうのを防ぐ「温度ロック機能」や、好みの温度からスタートできる「温度メモリー機能」もついていて便利です。

第4位 サロニア(SALONIA) 2WAYストレート&カールヘアアイロン SL-002A

セラミックコーティングが施された2WAY仕様のヘアアイロン。ストレートモードと32mmカールモードはワンタッチで切り替えられるため、操作が簡単です。設定温度は100〜220℃と幅広いのが特徴。

電源をオンにしてから、約50秒で最低設定温度まで到達可能です。忙しい朝などにもスピーディーにスタイリングできます。

電源を入れてから30分後に自動で電源が切れるオートパワーオフ機能や、温度調節のロック・解除ができる誤作動防止機能が搭載されているため、小さな子供がいる方にもおすすめです。

第5位 サロンムーン(SALONMOON) 2way ヘアアイロン SLM002

100~220℃の温度設定ができる2WAYヘアアイロン。マイナスイオンを放出し、熱を均一に伝えられるイオンセラミックプレートを搭載しています。ごわつきの少ないツヤ髪に仕上げられるのが魅力です。

本製品はシリコンカバーを採用しており、ストレートプレートを使用する場合にやけどしにくいのもポイント。カールは32mmで、ナチュラルな巻き髪にセットできます。グリップは手に馴染みやすく、うっかり手から滑り落ちにくいのでおすすめです。

番外編:ヘアアイロンのおすすめランキング|ホットブラシ

第1位 パナソニック(Panasonic) ブラシアイロン コンパクト カール・ストレート両用 26mm EH-HV40

カールとストレートの2パターンのアレンジができるブラシアイロンです。ワンタッチでストレーターとブラシアイロンを切り替えられます。

両面ヒーター搭載で、毛先までしっかり挟んでストレートヘアに仕上げ可能。毛先キャッチクリップを使えば、ショートヘアやレイヤーの入った毛先までしっかりとカールできます。毛先キャッチクリップなしでは毛流れを整えたり、よりふんわりと仕上げたりできて、さまざまなヘアスタイルを楽しめるモデルです。

海外・国内両用タイプで、耐熱ポーチも付属。全長23cmのコンパクトサイズなので、持ち運びにも便利です。

第2位 テスコム(TESCOM) RichStyle ホットブラシアイロン ACH5

マイナスイオンを発生させて、ブラッシング時の静電気を抑えるホットブラシ。アイロン部には、キューティクルの傷みを抑える効果が期待できるナノセラミックコーティングを施しています。

カールをキレイに保ちながら、スムーズにブラッシングできるスリット形状のブラシ背面がポイント。5段階温度設定が可能で、ナチュラルストレートやカールヘアなど、さまざまなヘアアレンジを手軽に楽しめます。

さらに、100〜240V対応の自動電圧切替式で海外でも使用可能。軽くとかすだけで簡単にスタイリングできるおすすめのヘアアイロンです。

第3位 サロニア(SALONIA) ストレートヒートブラシ

クシで髪をとかすように使用できるブラシタイプのストレートアイロン。ブラシ1本1本に熱伝導性に優れたセラミックコーティングが施されており、短時間で髪をまっすぐに伸ばせます。

マイナスイオンを放出する噴射口が設けられているのもポイント。静電気を防ぎ、スタイリングしながら髪にツヤやうるおいを与える効果が期待できます。最高温度は210℃で、髪のクセやうねりをしっかり伸ばせるおすすめアイテムです。

第4位 モッズ・ヘア(mod’s hair) コードレスブラシアイロン MHPB-2240

充電式のコードレスタイプで持ち運びに便利なブラシアイロン。90分の充電で約25分の使用が可能なので、自宅での使用だけでなく、外出時の髪のお直し用としても役立ちます。

電源をつけると40秒で100℃まで発熱する立ち上がりの速さが特徴。急いで髪をセットしたいときに重宝します。最高温度は200℃と高温なので、さまざまなセットを自在に作れるのも魅力です。

また、海外兼用のUSBケーブルや電源プラグが付属しているのもポイント。コンパクトで旅行先にも携行しやすいので、旅行好きの方や出張が多い方にもおすすめです。

番外編:ヘアアイロンを使う際の注意点

やけどに気をつけよう

By: rakuten.co.jp

ヘアアイロンの使用の際に気をつけたいのが顔回りのやけどです。基本的に100℃以上の高温で使用するため、地肌に触れるとやけどの恐れがあります。特にカールアイロンや2WAYタイプのヘアアイロンは加熱部分がむき出しなので、首や顔回りに当たらないよう注意が必要です。

また、ヘアアイロンの近くに溶けやすいモノを置いたり、子供やペットの近くで使用したりするのも危険。周囲の安全面に配慮した使用を心がけましょう。

濡れた髪に使用しない

髪が濡れたままでのヘアアイロンの使用は髪が傷む要因のひとつです。髪が濡れてキューティクルが開くと、非常に刺激に弱い状態になります。この状態で高温のヘアアイロンが触れると、髪の毛の内部と表面の水分が一気に蒸発するので髪が傷み、チリチリとした毛質になってしまうこともあります。

よくやりがちな入浴後などに髪を濡らしたままでの使用は厳禁です。ヘアアイロンを使用する際は、ドライヤーでしっかりと髪を乾かしましょう。

スタイリング剤を使用する

By: amazon.co.jp

ヘアアイロンの熱から髪を守るためには、スタイリング剤の使用がおすすめです。事前にヒートプロテクトのスタイリング剤や洗い流さないトリートメントを髪全体に馴染ませることで、髪が傷みにくくなります。

ただし、スタイリング剤やトリートメントのつけすぎには注意。髪がべたつきスタイリングしにくいうえ、ヘアアイロンの故障の原因にもなりかねません。適切な量のスタイリング剤を使用することが重要です。

長時間ヘアアイロンを当てない

しっかりとスタイリングをしたいからといって、長時間同じ場所にヘアアイロンを当て続けるのは避けましょう。高温のヘアアイロンが1ヶ所に当たり続けることで髪がやけどする危険性もあります。

しっかりとクセづけをしたい方は、同じ場所にヘアアイロンを当てるのではなく、髪全体をまんべんなくスタイリングするのがおすすめ。また、スタイリング剤やワックスの使用でクセづけがより簡単に行えます。

髪を引っ張らない

ヘアアイロンで髪を引っ張るのは切れ毛の原因。ただでさえヘアアイロンは高温で髪を傷めやすいにも関わらず、引っ張ってしまうとさらに髪への負荷がかかってしまいます。

特にストレートアイロンの使用の際に強く下に引っ張ってしまう方は注意が必要。ヘアアイロンを1ヶ所に当てた後は、一度離してから下に位置をずらして再度プレスしましょう。こまめにヘアアイロンを挟み直すことで引っ張らずに済み、髪の傷みを軽減できます。