カールアイロンは、手軽にイメージチェンジできる便利なアイテム。巻き方ひとつ工夫するだけでも大きく印象が変わり、ヘアセットの幅が格段に広がります。しかし、カールアイロンにはさまざまな種類があるので、何を選ぶべきか迷ってしまう方も少なくありません。

そこで今回は、カールアイロンのおすすめモデルをご紹介します。おすすめのメーカーや選び方も合わせて解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

カールアイロン(コテ)の選び方

髪型や求める仕上がりに合わせて太さを選ぶ

細かいカールが作れるショート〜ボブヘア向きの19mm

By: amazon.co.jp

直径が短い19mmのカールアイロンは、髪が短い方でもきれいに巻きやすいのが特徴。細かいカールが作れるので、ショート~ボブヘアの方にぴったりです。また、男性のカールスタイルや根元の立ち上げ、襟足の外ハネなどにも使えるため、恋人同士や夫婦で兼用できるのもポイント。

なお、髪の長い方でも外国人風の細かいウェーブスタイルを作りたい時や、ヘアアレンジをした際の部分的な細かいカールを出したい時にも適しています。細かいカールはゴージャスな雰囲気を演出できるため、パーティーシーンなどの特別な場面におすすめです。

ふんわりボリュームが出せるミディアムヘア向けの26mm

By: amazon.co.jp

26mmのカールアイロンは、少し長めのショートヘアや、髪が肩につくくらいのミディアムヘアの方にぴったり。19mmのタイプに比べると、大きめのカールを作れるのが特徴です。髪のハネが気になる方は、アイロンを横向きにして毛先を巻くとボリュームのある内巻きスタイルが簡単に作れます。

また、縦向きにして巻くとふんわり柔らかなパーマスタイルも作れるため、伸ばしかけのまとまらない髪もきれいにセットできるのが魅力。なお、カールをしっかりとつけやすいので、外ハネなどのキュートなヘアスタイルに仕上げるのにもおすすめです。

自然なカールが作れるミディアム~ロングヘア向けの32mm

By: amazon.co.jp

32mmは、一番ベーシックで使いやすい太さだと言われています。直径がやや太めなので、柔らかな雰囲気のカールに仕上がるのが特徴。ミディアムヘアの方は、毛先だけ緩めのふんわりカールを出したい場合に最適です。

また、ロングヘアの方は毛先に自然なカールを出したい場合はもちろんのこと、トップから毛先まで髪全体にしっかりとカールを出したい時にもおすすめ。髪の長さがある分、巻き方やスタイリング剤を工夫すれば強めのウェーブのようなカールスタイルも作れます。さまざまな仕上がりを目指せるため、一台持っておくと重宝するタイプです。

緩やかで大きなカールが作れるロングヘア向けの38mm

By: amazon.co.jp

38mmのカールアイロンは、緩めの大きなカールを作りたいロングヘアの方にぴったり。カールが大きい分、髪の毛の中間~毛先のほうにかけてしっかりカールが出るのが特徴。くせ毛風のおしゃれなカールスタイルに仕上げたい方におすすめです。

なお、髪の長さだけではなく髪質も要チェック。基本的には、柔らかく細い髪質の方はしっかりとカールが出やすいため、やや太めのモノを選ぶとちょうどよい仕上がりになります。逆に、太くしっかりした髪質の方はカールが出にくいため、少し細めのモノを選ぶときれいに仕上がるのがポイント。自分の髪に合ったカールアイロンを選び、理想の仕上がりを目指しましょう。

プレート部分の素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

カールアイロン選びで特に重要と言えるのが、プレートの素材です。プレートは直接髪に当たる部分であり、その素材によって髪へ与える影響や耐久性が異なります。プレートに使われている素材は、チタン、テフロン、セラミックの3種類が主流。まずは、それぞれの素材がもつ特徴をチェックしてみましょう。

テフロン

By: amazon.co.jp

テフロンは、摩擦係数が少なく髪が引っ掛かりにくいので、髪の保護成分「キューティクル」がダメージを受けにくいのが特徴。そのため、髪に傷をつけないという観点ではベストな素材と言えるでしょう。

しかし、耐久性が低く表面のコーティング加工が剥がれやすいのが難点。買い替えの頻度が高くなる恐れがあるので注意が必要です。

チタン

By: amazon.co.jp

チタンは熱伝導率がよく温度が均一に素早く伝わるため、髪への負担を抑えられます。摩擦係数は高いですが、その分髪を伸ばす力も強いので、太くて硬い髪やクセが強い髪でもしっかりと仕上げられるのが特徴です。また、耐久性が高く丈夫なのも魅力。

しかし、チタン自体が高価な素材なので、チタンを使用した製品は少し価格が高くなってしまうのが欠点です。予算と相談しながら選んでみましょう。

セラミック

By: amazon.co.jp

セラミックは、熱伝導率に優れているので髪を極力傷めずに仕上げられます。また、熱を保つ性質もあるので髪をプレートに挟んでも温度が下がらず、ムラなくきれいに仕上がるのもポイント。コテ初心者にもおすすめの素材です。

しかし、髪への摩擦力が高いのが難点。トリートメント剤などで髪をしっかりとケアしながら使用してください。

なお、プレート自体をセラミックで作っているのではなく、表面にだけコーティングしているモノも多く見受けられます。その場合、製品によってはすぐに表面がすり減って髪にダメージを与えてしまう恐れもあるので、購入の際には製品の仕様をしっかりとチェックしてみてください。

細かい温度調整が可能なモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的なコテの温度は130~200℃と幅広く、製品によって対応温度が異なります。近年は温度を段階的に調節できる製品が大半ではありますが、コテの温度が髪に与える影響は大きいので、温度調節機能は慎重にチェックしたいもの。細かく温度調節ができるモノを選ぶと、求める仕上がりや髪の状態に合わせて活用できるのでおすすめです。

基本的には、温度が高いほど短時間でしっかりと巻けるのが特徴。しかし、傷んだ髪に高温のコテを使うとさらにダメージが進行してしまうので要注意です。なお、プロが使用するコテは最大200℃とかなりの高温になるタイプが多く、一瞬でキレイなカールを作れます。

しかし、これはプロの技術のたまもの。コテに慣れていない方が自宅で髪を巻く場合、高温過ぎると髪が大きく傷んだり、誤って火傷をしてしまったりする恐れもあります。

逆に、130~140℃あたりの低温タイプはカールが付きにくく、巻くのに時間がかかり過ぎてしまい髪を傷める要因になりがちです。そのため、自宅での普段使いには150~180℃で巻くのがおすすめ。髪を傷めずに正しくコテを活用するためにも、自分に合った温度を見極めてみましょう。

火傷防止カバーや電源OFF機能付きだと安心

By: amazon.co.jp

カールアイロンは、製品によってさまざまな機能を搭載しています。中でも、初心者の方におすすめなのが「火傷防止カバー」。カールアイロンは高温なので、一瞬肌に当たっただけでも火傷を負ってしまう恐れがあります。カールアイロンを使い慣れるまでは、肌をしっかり保護しながら使用するのがおすすめです。

また、カールアイロンを頻繁に使用していると、うっかり電源を切り忘れてしまうこともあります。そのまま外出してしまうと、カールアイロンを置いた場所が焦げて火事になってしまうことも。

そこでおすすめなのが、自動的に電源をOFFにしてくれる機能です。操作をしない状態で一定時間が経過すると自動的に電源が切れるので、火事の危険性もなく安心して使用できます。カールアイロンを購入する際には、ぜひこれらの機能もチェックしてみましょう。

カールアイロンのおすすめメーカー

ヴィダルサスーン(VIDAL SASSOON)

By: amazon.co.jp

ヴィダルサスーンは、世界的なヘアスタイリスト”ヴィダルサスーン氏”が作り上げた有名ブランド。家電美容製品やヘアケア製品、サロンや美容学校など幅広い事業を展開しています。同ブランドのカールアイロンは、豊富なラインナップが特徴。

4wayで使用できるマルチタイプや海外対応可能なモノなど、多種多様な製品の中から目的に合わせたアイテムを選べます。また、製品は通常シリーズと、高い温度設定ができるワンランク上のシリーズの2種類に分かれているのもポイント。初心者向けのコテから上級者向けのモノまで取り揃えている、おすすめの人気メーカーです。

アイビル(AIVIL)

By: amazon.co.jp

アイビルは、美容室用品を手掛ける会社「トリコインダストリーズ」が展開しているブランドです。カールアイロンを始めとするヘアケア製品や化粧品など、プロ向けのアイテムを多数取り揃えています。なお、日本で初めてカールアイロンを製造したことでも有名です。

同ブランドのカールアイロンは、プロが愛用するほど優れた機能性を備えながらも、シンプルな構造で初心者でも使いやすいのが特徴。軽量性に優れたモノや5℃刻みで温度設定ができるモノ、急速加熱ができるモノなどさまざまな製品をリリースしています。初心者でも用途に応じて幅広く使い分けられる、おすすめのブランドです。

クレイツ(CREATE)

By: amazon.co.jp

クレイツは、福岡県に本社を構える企業。カールアイロンやドライヤー、ヘアブラシなど、業務用を含むさまざまなヘアケア用品、美容製品を取り扱っています。クレイツのカールアイロンは、ラインナップの多さとともにサロンとのコラボアイテムが多いのも特徴。

一般用とプロ仕様の2種類に分かれており、目的に合わせて選べます。また、アイロンのプレートやパイプ部分に独自の加工「クレイツイオン加工」を施しているのもポイント。

火山から生まれるミネラル元素を含んだ天然鉱石を粉砕し配合することで、天然のマイナスイオンと遠赤外線を放ち、しっとりツヤのある仕上がりへ導く効果が期待できます。購入しやすい値段かつ高品質なアイテムが揃う、おすすめのブランドです。

カールアイロンのおすすめモデル|ショート〜ボブヘア向け

クレイツ(CREATE) イオンカールアイロン 19mm J7206

本製品は、プレートにイオンセラミックを加工しているのが特徴。髪への摩擦を大幅に減らしているため滑らかに髪がすべるほか、セラミックとクレイツイオンがもつダブルの遠赤外線効果によって、ツヤを放つ美しいカールが作れます。

また、温度調節機能は150~190℃の5段階です。少し高めの温度設定なので、素早く仕上げてカールをしっかり持続させたい方にぴったり。19mmの細かなカールで、ゴージャスなアレンジをしたい方や、コテでのアレンジを楽しみたいメンズにもおすすめのアイテムです。

サロニア(SALONIA) 19mm トリプルマジックウェーブアイロン SL001

サロニアは、生活家電や美容雑貨などを手掛ける日本のメーカーです。本製品は、3本のパイプで素早くキレイに巻けるのが特徴。髪を挟み、パイプのカーブに合わせて毛先までアイロンをずらしていくだけで、時間がない朝も手早くセットできます。

また、熱伝導のよいセラミック素材のプレートなので、髪への負担を減らしてツヤのあるカールが作れるのもポイント。温度設定は80~210℃と幅広く、5℃毎に設定できるため、髪質や好みの仕上がりに合わせて使い分けられます。素早くウェーブを作りたい方や手軽にアレンジしたいメンズにおすすめです。

ヴィダルサスーン(VIDAL SASSOON) 4WAYヘアアイロン VSW2700PJ

ホ製品は、ストレート・19mmパイプ・25mmパイプ・32mmカーラーの4つのアタッチメントを取り換えることで、幅広くスタイリングを楽しめるのが特徴。毛先アレンジはもちろんのこと、32mmのカーラーを使って前髪や根元をふんわり立ち上げることも可能です。

また、セラミック配合のシルキーピンクコーティングで髪を傷めずに仕上げられるほか、パイプの最高温度は約165℃、ストレートプレートは約180℃と高温設定ができるため素早くセットできます。

さらに、専用ポーチで持ち運んで海外で使用できるのも魅力。シーンやその日の気分に合わせてさまざまなアレンジを楽しめるので、1台持っておくと便利なおすすめアイテムです。

アレティ(Areti) ストレート カール ヘアアイロン i628BK

アレティは、美容家電製品を手掛ける日本のメーカー。本製品は、業界最細を謳う15mmのプレートが特徴です。ストレートとカールどちらにも使用できるため、ショートヘアの方やメンズヘアアレンジのほか、前髪の細かいセットなどにも幅広く活用できます。

また、プレートは高品質なチタニウム素材であり、キューティクルを守りながら瞬時にスタイリングできるのもポイント。なお、最高温度は200℃と高く、温度は5℃毎で微調整が可能です。海外でも変圧器不要で使用できるほか、15分で電源が切れる安全装置を搭載しているのも魅力。高い機能性を備えたおすすめアイテムです。

カールアイロンのおすすめモデル|ミディアム〜セミロングヘア向け

クレイツ(CREATE) イオンカール プロ 26mm C73308

本製品は、イオンチタニウム加工を施しているため、髪滑りがよく髪が傷みにくいのが特徴。また、パイプ部分には”イオンシリコンラバー”が施されており、髪に優しくフィットしながらツヤのあるキレイなカールを作ってくれます。

なお、パイプ内面にセラミックヒーターを2枚搭載することで、温度を素早く上昇させ、熱を保ってムラなく仕上げられるのもポイントです。さらに120~210℃まで10℃毎に温度調節が可能であるのも魅力。ツヤのある美しいカールが作れるおすすめのカールアイロンです。

アイビル(AIVIL) デジタルディスプレイアイロン D2

本製品は、優れた熱伝導性と軽量性を備えたアルミを採用することにより、鉄製に比べて約30%の軽量化を実現しているのが特徴。軽いのでスタイリングの際にも手が疲れないおすすめのアイテムです。

また、最高温度190℃まで設定が可能で、カールが出にくい髪質の方にもぴったり。さらに、高品質のヒーターを搭載することでパイプの先から末端まで均等に加熱され、ムラなくキレイにカールが作れます。

耐摩耗性・耐薬品性に優れたコーティングを施すことにより、製品が長持ちするのも魅力。25mmとほどよい太さのコテで、伸ばし掛けの髪もキュートにアレンジしてみてください。

ヴィダルサスーン(VIDAL SASSOON) マジックシャイン カール 25mm VSI-2531/RJ

本製品は、キラキラと輝く耐久性に優れた”シャイニーミラーコーティング”加工を施したパイプが特徴。独自のコーティング加工によって髪のすべりをよくし、美しくしなやかな仕上がりを叶えます。また、60分後に自動的に電源が切れる安全機能を搭載しているのもポイントです。

なお、5段階の温度調節機能により140~200℃までの高温設定ができるので、上手に使えば素早くスタイリングができるのも魅力。収納に便利なパイプカバーや火傷防止プロテクターも付属しているため、コテ初心者から上級者まで対応できるおすすめアイテムです。

Baby Center 1号店 セラミックコーディング 3連バレルのウェーブアイロン 25mm

3連のパイプに髪を挟むだけで、簡単にウェーブヘアが作れるカールアイロンです。セラミック素材のプレートなので、髪への負担を軽減させながらムラなくキレイに仕上げます。また、クイックヒート機能で素早く加熱できるのもポイント。

温度設定は80℃~210℃と低温から高温まで幅広く選べるため、髪質や好みの仕上がりに合わせて細かく使い分けられます。なお、パイプ先端には火傷を防ぐ安全キャップを装着しているほか、熱いパイプを支えるスタンド付きなので、初心者も安心して使えるおすすめアイテムです。

カールアイロンのおすすめモデル|ロングヘア向け

アイビル(AIVIL) DHセラミックアイロン 32mm

アイビルの「DHセラミックアイロン」は、プロの現場でも活躍しているカールアイロンです。セラミックでコーティングしているため、セラミックから発生される遠赤外線効果により短時間で仕上げられるのが特徴。髪のダメージを軽減しツヤのあるカールを作り出します。

また、ダイヤル式の温度調節機能を搭載しているほか、100~190℃までと幅広い温度が選べるのも魅力。ダメージヘアが気になる方は、時間をかけ過ぎないように注意しながら、髪に優しい低温で使用してみてください。

また、加熱効率に優れ、温度を保つ”マイカヒーター”を使用することで均一に熱が伝わるため、ムラなくキレイに仕上がるのもポイント。プロが納得する機能性の高いコテを探している方におすすめです。

リュミエリーナ(LUMIELINA) バイオプログラミング ヘアビューロンカール3D Plus

リュミエリーナは、美容事業やエネルギー関連事業、創薬関連事業など幅広い事業展開を行う日本の企業です。「ヘアビューロン」は、同社が独自開発した革新的な技術”バイオプログラミング”によって、スタイリングをしながら髪質改善の効果を期待できるのが特徴。

髪のタンパク質を取り囲む水和構造を堅固にすることで、高温によるダメージからしっかり守りながら、使う度に潤う髪へと導いてくれると謳っています。また、約40~180℃と対応温度が広いのも魅力。

なお、90分間経過すると自動で電源が切れるため、安心して利用できます。髪のダメージによってコテの使用を諦めていた方でも、艶のある美しいカールを作れるおすすめのアイテムです。

パナソニック(Panasonic) コンパクトアイロン ミニコテ 3Way EH-HV24

パナソニックは、国内の有名電機メーカー。本製品は、丸みの大きさが異なる2種類のヘッドの向きを使い分けることで、ストレート・しっかり巻き・ゆる巻きの3タイプのヘアアレンジが楽しめます。

また、アイロン板に”グロスコーティング”加工を施しているため、カラーリングの色落ちを抑えてしっとりツヤのある髪を演出してくれるのもポイント。さらに、電源を入れてから立ち上がるまでが早いので、忙しい朝にも重宝します。

なお、本体の高さは23.5cmとコンパクトサイズであるほか、耐熱ポーチも付属しているため携帯性も良好。1台で幅広いヘアセットが楽しめるおすすめのアイテムです。

Anjou ヘアアイロン カール 32mm マイナスイオン

セラミックプレートから放出されるマイナスイオンの力で、髪に潤いを与える効果が期待できるカールアイロンです。80~210°Cまで10°C毎に14段階もの温度調整ができるため、髪質や仕上がりに合わせて細かく調整できるのも魅力です。

また、わずか1分で立ち上がるため、時間がない時でもすぐに使用できるのもポイント。なお、パイプの長さが413mmとやや長めなので長い髪でも一気に巻けるほか、火傷防止の耐熱手袋やヘアクリップなども付属しているため、コテ初心者にもおすすめのアイテムです。