自宅ではもちろん、旅行や出張先でも役に立つ「コードレスヘアアイロン」。携行性に優れており、カバンの中に入れて持ち運べるのが魅力です。加えて、コードによる煩わしさを感じることもありません。

そんなコードレスヘアアイロンにはさまざまなモデルがあるため、どれを選べばよいか迷ってしまいがちです。そこで本記事では、おすすめのコードレスヘアアイロンをピックアップ。選び方や、おすすめのメーカーもご紹介します。

コードレスヘアアイロンのメリット・デメリット

By: rakuten.co.jp

コードレスヘアアイロンは、コンパクトなサイズのモデルが多く、携行しやすいのがメリットです。出張や旅行など、外泊先で役立ちます。加えて、コードによる煩わしさがないことや、コンセントのない場所でも使用できることもポイントです。

一方、一般的なヘアアイロンと比べてスタイリングに時間がかかってしまうのはデメリット。加えて、連続使用時間が限られており、場合によってはバッテリー切れを起こしてしまう可能性がある点にも注意が必要です。

コードレスヘアアイロンの選び方

タイプで選ぶ

ストレートアイロン

By: tescom-japan.co.jp

ストレートタイプのコードレスヘアアイロンは、本体に搭載された2つのプレートで髪の毛を挟んでスタイリングするのが特徴。髪の毛を真っすぐに伸ばしたい場合に使用することが多いため、くせ毛の方におすすめです。

また、外はねした髪の毛を整えたり、髪の毛にツヤを与えたりしたいときにも役立つのがポイント。寝ぐせを直すのにも適しています。なお、長時間挟み過ぎると、髪の毛が傷んでしまうことがあるため使い方には注意しましょう。

カールアイロン

By: sunruck.com

カールタイプのコードレスヘアアイロンは、筒状のヘッドやロールブラシに髪の毛を巻き付けながらスタイリングするのが特徴です。髪の毛をしっかりとカールさせられます。

また、巻く方向によって内巻き・外巻きを変えられるほか、ふんわりとしたエアリー感のある髪型に仕上げられるのもポイント。加えて、ヘアスタイルの自由度が高いため、さまざまな髪型にチャレンジできます。

2WAYアイロン

By: rakuten.co.jp

2WAYタイプのコードレスヘアアイロンは、ストレートタイプとカールタイプ両方の機能を備えているのが特徴です。髪の毛を真っすぐにしたり巻いたりできるため、幅広いスタイリングが楽しめます。

また、根本のボリュームを抑制しつつ毛先に動きを出すなど、質感をミックスした髪型に仕上げられるのもポイント。ただし、使用中は熱を持ったプレートが剝き出しになるため、誤って触れたり火傷をしたりしないよう注意しながら使う必要があります。

プレートサイズで選ぶ

ロングヘアにはプレートサイズが大きいモノがおすすめ

By: koizumiseiki.jp

コードレスヘアアイロンを購入する際、ロングヘアの方はプレートサイズが大きいモノを選ぶのがおすすめです。プレートが大きいモデルを選べば、長い髪の毛もしっかりと挟めます。

また、一度に多くの髪の毛を扱えるため、スタイリングに時間がかかりにくいのもポイント。忙しい朝でもさっと使えます。目安としてボブやミディアムの場合は25mm前後、セミロングやロングの場合は30mm以上のモノを選ぶのがおすすめです。

ショートヘアや前髪には小さいタイプが使いやすい

By: rakuten.co.jp

コードレスヘアアイロンを購入する際、ショートヘアの方はプレートサイズが小さいモデルを選ぶのがおすすめです。髪の短い方がブレードサイズの大きなモデルを選ぶと、上手く挟めない可能性があります。

また、プレートサイズが小さいモデルは髪を挟む部分が短いため、前髪を整えたい場合にもおすすめ。加えて、取り回しがよく、トップにボリュームを与えたい場合やウェーブをかけたいときにも適しています。

プレートの素材にも注目

コスパを重視するなら「ステンレス」「テフロン」「アルミニウム」「チタン」

By: amazon.co.jp

プレートの素材に「ステンレス」「テフロン」「アルミニウム」「チタン」を採用しているコードレスヘアアイロンは、価格が抑えられているモデルが多く、コストパフォーマンスに優れているのが魅力です。

ステンレスやアルミニウムが用いられている製品は、軽量性に優れており、持ち運びしやすいのが特徴。外出先で使用したい場合におすすめです。

プレートの素材にテフロンを採用しているモデルは、滑りのよさが魅力。また、チタンが用いられているモノは耐熱性に優れています。ニーズに応じて選び分けましょう。

ダメージが気になるなら「セラミック」

By: e-vidal.jp

ダメージが気になる方やヘアケアを重視したい方は、プレートの素材に「セラミック」が用いられたモデルを選ぶのがおすすめです。滑りがよいことに加え熱伝導性が高いため、スムーズにスタイリングを完成させられます。適温を保ち、髪へのダメージを抑えながら使用することが可能です。

また、プレートが劣化しにくいのもポイント。ただし、セラミックは高価な素材のひとつであるため、価格が高い傾向にある点は留意しておきましょう。

充電方法をチェック

By: amazon.co.jp

コードレスヘアアイロンを購入する際は、充電方法を事前にチェックしておくのがおすすめです。コードレスヘアアイロンには、ACアダプターで充電するタイプと、USBケーブルで充電するタイプの2種類があります。

ACアダプターを採用しているモデルは、コンセントに挿して充電するため、自宅などのコンセントを確保しやすい場所での使用におすすめです。一方、USBケーブルが必要なモデルはパソコンやポータブル充電器からも充電できるため、外泊先でも役立ちます。

機能をチェック

連続使用時間

By: amazon.co.jp

コードレスヘアアイロンを購入する際は、連続使用時間も併せてチェックしておきましょう。外出した際に崩れてしまった前髪を少し整える程度であれば5分もあれば十分ですが、全体をスタイリングするとなると20分以上使えるモデルだと安心です。

また、ロングヘアの方や、外泊先でしっかりスタイリングしたい場合は、連続使用時間が30分以上の製品を選ぶのがおすすめ。使用シーンや髪の毛の長さに応じた使用が可能なモデルかを事前にチェックしましょう。

「最高温度」や「温度調節機能」の有無

By: amazon.co.jp

コードレスヘアアイロンを選ぶ際は、最高温度も事前に確認しておきましょう。コードレスヘアアイロンには200℃を超えるモデルや、カールがかけやすい150℃程度の低温モデルなどがあります。スタイリングに合わせて購入するのがおすすめです。

また、コードレスヘアアイロンのなかには、シーンに適した温度が選択できる温度調節機能を備えた製品もあります。細い髪やダメージのある髪には低温が、硬い髪や太い髪には高温で使えるタイプがおすすめです。

「自動電源オフ」や「開閉ロック」などの安全機能

By: e-vidal.jp

コードレスヘアアイロンを選ぶ際は、安全機能が備わっているかどうかも確認しておきましょう。自動電源オフ機能が備わっているモデルは、一定時間が経過すると電源が自動で切れるのが特徴。切り忘れによる怪我や事故の可能性を低減できます。

また、開閉ロック機能が備わっている製品は、誤作動や外部からの衝撃でプレート部分が開かないのがポイント。カバンの中に入れて携行する場合に役立ちます。加えて、小さな子供がいる家庭で使用しやすいのも魅力です。

持ち運びにはコンパクトで軽量なモデルを選ぼう

By: e-vidal.jp

出張や旅行など、外泊先でも使用したい場合は、コンパクトで軽量なモデルを選ぶのがおすすめです。サイズの小さな製品はカバンの中に入れてもかさばりにくく、持ち運びの負担になりにくいのが魅力です。

また、コードレスヘアアイロンのなかには専用のポーチを付属しているモデルもあります。ポーチに入れて持ち運ぶことで、ほかの小物を傷付けたりコードレスヘアアイロン本体が傷ついたりしにくくなるのがポイントです。

コードレスヘアアイロンのおすすめメーカー

コイズミ(KOIZUMI)

By: rakuten.co.jp

「コイズミ」は、1989年に設立された日本の電機メーカーです。2012年には「髪をエステする」をコンセプトとしたヘアドライヤー「ビジョーナ」を発表。独自の着眼点と発想力を軸に、さまざまな製品を発表しています。

コイズミのコードレスヘアアイロンは、海外で使用できるモデルもラインナップしているのが特徴。出張や旅行でも役立ちます。また、なかには安全に携行できるよう、プレートロック機構が備わっている製品もあります。

モッズ・ヘア(mod’s hair)

By: mods-stylingtools.com

「モッズ・ヘア」は、1968年に設立されたフランスのヘアサロンブランドです。1974年にパリ1号店がオープンし、1978年には日本1号店もオープン。現在ではヘアケアグッズなども取り扱っています。

モッズ・ヘアのコードレスヘアアイロンは、40秒で立ち上がるのが特徴。すぐに使い始められるため、朝の時間帯に活躍するのが魅力です。また、最高温度が200℃と高く、硬い髪や太い髪への使用に適しています。

絹女(KINUJO)

By: rakuten.co.jp

「絹女」は、2012年に設立された日本の美容家電メーカーです。「人の最大の幸福とは他者貢献である。」を美徳としており、ドライヤー・ヘアアイロン・コスメなどの幅広いアイテムを発表し続けています。

絹女のコードレスヘアアイロンは、独自素材「シルクプレート」を搭載しているのが特徴。水蒸気爆発の発生を低減することで、髪の毛へのダメージを抑えます。また、コンパクトサイズで持ち運びに便利なのも魅力です。

コードレスヘアアイロンのおすすめランキング|安い低価格モデル

第1位 キーナイス(KEYNICE) ヘアアイロン 2way KN-2606

USBケーブルによる充電式で、場所を問わずに髪の毛がセットできるコードレスヘアアイロンです。学校やホテルの部屋など、コンセントがない場所でも使用可能。加えて、電源を入れてから約60秒であたたまるのも特徴です。

ばねのように上下するクッションプレートを採用することで、髪の毛を挟み過ぎないように設計しているのもポイント。髪の毛が傷付くのを防げます。

カールとストレートの両方に対応できる2WAY仕様。また、髪質に合わせて165℃・185℃・205℃の3段階から温度が選択できます。価格が控えめに設定されているため、初めてコードレスヘアアイロンを購入する方にもおすすめのアイテムです。

第2位 ヴィダルサスーン(VIDAL SASSOON) モバイルストレートアイロン VSI-1050

最高約190℃に温度設定できる、ストレートタイプのコードレスヘアアイロンです。硬い髪や太い髪への使用に適しています。加えて、立ち上げから約60秒で100℃に到達するのがポイント。忙しい朝などにも活躍します。

2段階の温度調節機能が付いており、160℃で使えるのも特徴。細い髪やダメージのある髪にも使用可能です。さらに、幅13mmのクッションプレートにはセラミックコーティングが施されているため、髪の毛に熱が素早く伝わります。

自動電源OFF機能やプレートロック機構が備わっているため、安全性の高さも良好。充電方法は、USB-ACアダプターとUSBケーブル両方に対応しています。専用ポーチが付属しており、旅行先への携行におすすめのアイテムです。

第3位 ベレッゾ(BEREZO) RECTER C-100

熱伝性の高いヒーターを採用した、ストレートタイプのコードレスヘアアイロンです。発熱時のロスが減る省エネ設計を採用しているのが特徴。電池本体に大きな電流が流れにくく、最大30分の連続使用時間を実現しています。

ベレッゾ独自のステンレスプレートを搭載しており、最大210℃で使用可能。硬い髪や太い髪への使用に適しており、思い通りのストレートヘアを作れます。加えて、スイッチを押してから約60秒で立ち上がるのも魅力です。

本体サイズは、約幅33×奥行193×高さ30mmとコンパクト。カバンの中に入れてもかさばりにくく、出張や旅行など、さまざまな場所へ携行できます。価格が安く抑えられており、かつ小型のコードレスヘアアイロンを探している方におすすめのアイテムです。

第4位 オーム電機(OHM) モバイルヘアアイロン HB-HIUD

USBによる充電方式を採用している、ストレートタイプのコードレスヘアアイロンです。長さ1.2mの専用USBケーブルが付属しており、モバイルバッテリーがあれば、場所を問わず使用可能。加えて、60秒で立ち上がるため、忙しい時間帯にも活躍します。

セラミックコーティングのプレートを採用しており、最高温度が約200℃に設定できるのが特徴。髪の毛へのダメージを低減しつつ、しっかりとセッティング可能です。

開閉ロックボタンを搭載しており、安全性の高さも良好。また、機内へ持ち込めるので、旅行へ行く際にも重宝します。価格が安く、きれいなストレートヘアが実現可能なモデルを探している方におすすめのアイテムです。

第5位 DOMO ELEKTRO ヘアアイロン

プレート部分の素材にPPS樹脂を採用している、カールタイプのコードレスヘアアイロンです。過度な放熱が少ないため、髪の毛へのダメージを低減できます。加えて、省エネ性に優れているのもポイントです。

USBによる充電式を採用しており、約8時間の充電で最長約20分間の連続使用が可能。モバイルバッテリーからも給電ができ、時間や場所を問わず使えます。さらに、本体重量が電池込みで約255gと軽く、気軽に持ち運べるのもメリットです。

160℃・180℃・200℃と、3段階の温度調節が可能。髪の長さや髪質に合わせて設定や変更が行えます。また、スイッチ式のロック機能が備わっており、安全性の高さも良好。機能がシンプルかつ安価なカールタイプのコードレスヘアアイロンを探している方におすすめです。

コードレスヘアアイロンのおすすめランキング|ストレート

第1位 絹女(KINUJO) コードレスヘアアイロン LIP IRON

テフロン系の素材を特殊加工した絹女独自の「シルクプレート」を搭載している、ストレートタイプのコードレスヘアアイロンです。水蒸気爆発の発生を低減し、髪の毛へのダメージを防げます。保湿性に優れ、ツヤのある髪に仕上げられるのが魅力です。

左右に動く「カールクッション」機能付きで、髪の毛をつぶすことなく使えるのも特徴。ストレートだけでなく、毛先をカールさせることも可能です。

約160~200℃の間で、3段階の温度調節ができる機能が備わっているのもポイント。髪質に合わせて設定できます。また、保護キャップが付属しており、携行性のよさも良好。髪の毛に優しく、取り回しがよいコードレスヘアアイロンを探している方におすすめのアイテムです。

第2位 ダイソン(dyson) Corrale HS03

約70分でフル充電が完了して最長で30分間連続使用できる、ストレートタイプのコードレスヘアアイロンです。髪の毛全体をスタイリングするのに適しています。コードをつなぎ、充電しながら使えるのもポイント。電源とバッテリーの両方から給電します。

165℃・185℃・210℃と、3段階での温度調節が可能。髪質や長さに合わせて設定できます。さらに、ボディには「OLEDスクリーン」を搭載。バッテリーの残量や充電状態、温度の設定状況が一目で視認できます。

360°回転するマグネット式の充電器が付属しており、充電のしやすさも良好。また、10分間操作がないと自動で電源が切れる自動オフ設計と安全ロックも備わっています。取り回しがよく、安全性に優れたコードレスヘアアイロンを探している方におすすめのアイテムです。

第3位 ヴィダルサスーン(VIDAL SASSOON) コードレスストレートアイロン VSI-1090

リチウムイオン電池を4つ搭載している、ストレートタイプのコードレスヘアアイロンです。コードによる煩わしさがないため、スムーズに髪の毛が整えられます。コードレスながら、普段使い可能な仕様が特徴です。

セラミックコーティングが施されたクッションプレートを採用。髪の毛全体に熱が伝わりやすいのが特徴です。さらに、温度は約140℃・160℃・180℃・200℃の4段階で調節可能。髪質やダメージに合わせて設定できます。

プレートロック機能が備わっているなど、安全性の高さも良好。収納や持ち運びの際にも便利です。また、360°回転するマグネットプラグやスタンド付きで、簡単に充電できるのもポイント。自宅や旅行先など、場所を問わず使用できるおすすめのアイテムです。

第4位 モッズ・ヘア(mod’s hair) アドバンススマート コードレスストレートアイロン MHPS-2070

約90分の充電で約30分の連続使用が可能な、ストレートタイプのコードレスヘアアイロンです。USBによる充電方式を採用しており、モバイルバッテリーからも給電が可能。場所を問わずスタイリングできるのが魅力です。

立ち上がりから40秒で100℃に到達する「クイックヒートアップ」に対応。忙しい朝などの時間帯にも活躍します。加えて、髪の状態に合わせて140℃・180℃・200℃の3段階から温度が選べる機能も搭載。高熱でのスタイリングも行えます。

プレートの素材には滑りがなめらかなセラミックを採用しているため、スムーズにスタイリングが完了するのもポイント。また、持ち運びに便利なオリジナルポーチが付属しています。通常のヘアアイロンと同じ使用感が得られるモデルを探している方にもおすすめです。

第5位 ラヴィエル(LAVIEL) Cordless ストレートアイロン LV-CL-SI

ACアダプターとUSB、両方の充電方法に対応している、ストレートタイプのコードレスヘアアイロンです。約2時間の充電で、約20分間連続使用できるのが特徴。モバイルバッテリー充電にも対応しているため、場所を問わずに髪の毛が整えられます。

本製品には、セラミックコーティングが施されたプレートを採用。滑りがよいうえ、髪にも優しいため、労りながら使いたい方におすすめです。さらに、髪質に合わせて、120℃・150℃・180℃と、3段階の温度調節ができます。

誤作動を防止する電源ロック機能を搭載しており、安全性の高さも良好。また、持ち運びに便利な保護キャップや収納用の袋が付属しています。外出先での利用はもちろん、毎朝の前髪セットにもおすすめのアイテムです。

コードレスヘアアイロンのおすすめランキング|カール

第1位 コイズミ(KOIZUMI) コードレスカールアイロン KHR-1310

USBによる充電式を採用している、カールタイプのコードレスヘアアイロンです。薬3時間の充電で約20分連続使用できるのが特徴。モバイルバッテリーやシガーソケットなどから給電できます。場所を問わずに髪の毛を巻くことが可能です。

コテの太さは26mm。ふんわりとしたボリュームが出しやすく、ショートカットやミドルヘアの方におすすめです。プレートにはセラミックコーティングしているため髪の毛に引っかかりにくく、スムーズにスタイリングできます。

AC100-240Vに対応しているため、海外でも使用できるのがポイント。また、本製品に内蔵されたリチウムイオン電池は取り外し可能なので、機内にも持ち込めます。旅行や出張など、外泊先で使用できるコードレスヘアアイロンを探している方にもおすすめのアイテムです。

第2位 ラヴィエル(LAVIEL) Cordless カールアイロン LV-CL-CI

ACアダプターとUSB両方の充電方法に対応しており、場所を問わずヘアセットができるカールタイプのコードレスヘアアイロンです。約2時間半の充電で、約28分の連続使用が可能。モバイルバッテリーからも給電できます。

チタンコーティングを施しているプレート部分の太さは、使いやすい23mm。ボリュームが出しやすく、ショートやミディアムの方におすすめです。加えて、120℃・150℃・180℃の3段階で温度調節が可能。髪質や髪の長さに合わせて自由に選択できます。

電源ロック機能が備わっており、安全性の高さも良好。また、持ち運びや収納に便利な保護用のキャップや専用の袋が付属しています。旅行やライブなど、外出先での使用にもおすすめのアイテムです。

第3位 サンルック(SunRuck) fascinate 自動コードレスカーラー FN-KF010

アイロンを初めて使う方でも、簡単にカールが作れるおすすめの製品です。毛を少量取って本体のU字窓に挟み、ボタンを押すだけで、自動的にカールが完成します。挟む秒数によってカールの大きさを変えられるのが特徴です。

アルミニウムプレートは、150~200℃まで4段階での温度調節が可能。髪質や髪の長さなどに応じて自由に設定できます。200℃に設定すれば、短時間でスタイリングできるのもポイント。忙しい朝などの時間帯にも活躍します。

操作しない状態が10分以上続くと自動で電源がオフになる「オートOFF機能」を搭載。切り忘れを防止する安心設計を採用しています。ショートヘアからロングヘアまで使用でき、初めてカールタイプのコードレスヘアアイロンを購入する方にもおすすめのアイテムです。

第4位 カシムラ(Kashimura) 国内・海外兼用 コードレス ヘアアイロン カールブラシ TI-182

日本でも海外でも使用が可能な、カールタイプのコードレスヘアアイロンです。旅行や出張など、外泊先で役立ちます。約2時間の充電で、約30分間の連続使用が可能。場所を問わず、髪全体をスタイリングできるのが魅力です。

温度は最大180℃まで上昇。硬い髪や太い髪をカールのに適しています。さらに、ヒートエリアに接触しにくいショートコームと毛先までホールドするロングコームつきで、火傷のリスクを低減しつつ使用できるのもポイントです。

スイッチロック機能が備わっているなど、安全性の高さも良好。また、持ち運びや収納に便利な専用ポーチが付属しています。機能性に優れ、かつ素早くスタイリングできるコードレスヘアアイロンを探している方におすすめのアイテムです。

第5位 アドリック(ADORIC) ヘアアイロン コードレス 24mm

USBによる充電方式を採用しており、1回のフル充電で約40分間の連続使用が可能なカールタイプのコードレスヘアアイロンです。学校や外出先など、場所を問わずスタイリングできます。約1分で立ち上がるため、時間がないときにもぴったりです。

プレート部分には、セラミックコーティングが施されています。すべりがよく、摩擦による髪の毛へのダメージを低減可能。コテの太さは扱いやすい24mmで、さまざまなアレンジを加えやすいのが特徴です。

髪質や長さに応じて、170℃・190℃・210℃の3段階から温度の調節が可能。ボディに搭載したボタンから簡単に操作できます。また、本体重量が220gと軽量で、持ち運びに便利なのもポイント。取り回しがよく、利便性に優れたコードレスヘアアイロンを探している方におすすめです。

コードレスヘアアイロンのおすすめランキング|2WAY

第1位 コイズミ(KOIZUMI) コードレス2WAYアイロン KHR-7430

本体側がmicroUSBに対応している、2WAYタイプのコードレスヘアアイロンです。約4時間の充電時間で最大約20分間の連続使用が可能。モバイルバッテリーなどからも給電できるのが特徴です。

最高温度は170℃。プレートにはセラミックコーティングが施されたモノを採用しています。太さは25mmで、ボブやミディアムの方におすすめです。ワンタッチでストレートとカールが切り替えられ、手軽に使えます。

AC100-240Vに対応しており、日本だけでなく海外で使用できるのも魅力。携行に便利な専用キャップも付属しています。本製品に内蔵されているリチウムイオン電池は取り外し可能なので、機内にも持ち込みが可能です。

第2位 テスコム(TESCOM) コードレスヘアーアイロン ISC200

160℃と210℃に温度調節ができる、2WAYタイプのコードレスヘアアイロンです。スイッチをスライドさせるだけで、ストレートとカールを簡単に切り替えられます。立ち上がりから25秒で100℃に到達するため、素早くスタイリングできるのが魅力です。

3時間半のフル充電で、約25分間の連続使用が可能。電池への負荷を軽減しながら充電する方式を採用しているため、電池の寿命が長く持つと謳っています。充電用のUSBケーブルが付属しており、モバイルバッテリーからも給電可能です。

電池の過充電防止や温度検知機能が備わっており、安全性の高さも良好。また、持ち運びや収納に便利な専用キャップも備わっています。海外でも使用できるため、出張や旅行先での使用にもおすすめのアイテムです。

第3位 ヴィダルサスーン(VIDAL SASSOON) コードレス2WAYアイロン VSI-1030

ポール&ジョーとコラボした、2WAYタイプのコードレスヘアアイロンです。スイッチを押すだけで、ストレートとカールが切り替えられる使いやすさが魅力。内蔵されている充電池は取り外し可能で、機内にも持ち込めます。

充電時間は約3時間。ストレート設定時で最大約30分、カール設定時で最大約20分間の連続使用が可能です。プレートの素材には、なめらかな使い心地を得られるセラミックを採用。最大約180℃の温度で使用できます。

本体サイズは、約幅217×奥行31×高さ36mmとコンパクト。小回りが利くため、前髪や後毛のスタイリングも可能です。さらに、専用のカバーが付いており、携行性も良好。旅行や出張など、外泊先での使用におすすめのアイテムです。

第4位 ヒーローグリーン(HeroGreen) 3WAYコードレスヘアアイロン HS-420

ストレート・カール・ボリュームアップと、3つの用途で使用できるコードレスヘアアイロンです。髪の毛に優しいセラミックコーティングプレートを採用。熱が髪全体へムラなく伝わります。USBとACアダプター、両方の充電方法に対応しているのが特徴です。

160℃・180℃・200℃と、3段階の温度調節ができるのもポイント。髪質やしたいスタイリングに応じて設定できます。加えて、AC100-240Vに対応しており、海外でも使用可能。ショートカットからロングヘアまで、幅広いユーザーにおすすめのアイテムです。

第5位 アドリック(ADORIC) BEAUTY バッテリー着脱式 コードレスヘアアイロン

ストレートや波ウェーブ、ミディアム外ハネまで、さまざまなスタイリングを実現できる2WAYタイプのコードレスヘアアイロンです。本体重量は180gの軽量設計。AC100V-240Vに対応しており海外でも使用できるため、気軽にさまざまな場所へ携行できます。

摩擦を低減する3Dセラミックプレートを採用しており、髪の毛に優しい使い心地なのもポイント。また、温度は160℃・180℃・200℃の3段階で調節できます。コンパクトかつ機能性に優れたモデルを探している方におすすめです。

コードレスヘアアイロンの売れ筋ランキングをチェック

コードレスヘアアイロンのランキングをチェックしたい方はこちら。