ナチュラルなウェーブヘアが手軽に作れるアイテム「ウェーブアイロン」。一般的なコテやヘアアイロンと比較して、簡単かつスピーディーにふわふわなヘアが作れます。

しかし、使い方が簡単な初心者向けモデルから、細かく温度調節できる本格的なモデルまでさまざまな製品があり、どれを購入すればよいのか迷ってしまう方も多いはず。そこで今回は、おすすめのウェーブアイロンをご紹介します。普段のヘアスタイルに変化をつけて楽しんでみてください。

ウェーブアイロンと普通のヘアアイロンの違い

By: amazon.co.jp

ヘアアイロンには、髪をストレートにする「ストレートアイロン」とカールさせる「カールアイロン」の2種類が存在します。どちらも髪をはさんで使用するのが一般的。ウェーブアイロンも髪をはさんで使う点では同じですが、パイプが複数連なった特徴的な形をしています。

通常のヘアアイロンでウェーブヘアを作る場合は、時間がかかるだけでなくテクニックや慣れも必要です。より簡単かつ短時間でウェーブヘアを作りたいときは、ウェーブアイロンがおすすめ。使い方は髪をはさむだけなので、キュートなヘアスタイルを手軽に仕上げられます。

ウェーブアイロンの選び方

プレス方式をチェック

初心者にもおすすめの「バネ・プレス方式」

By: rakuten.co.jp

初心者でも使いやすい「バネ・プレス方式」のウェーブアイロンは、バネの力を利用して髪をプレスするのが特徴。自分の力で細かい調節は行えませんが、均一なウェーブをかけやすいメリットがあります。

トップやサイド、前髪など場所によって強さの異なるウェーブをかけたい場合には、はさむ髪の量を調節するのがおすすめ。少なめにはさめばウェーブは強くなり、多くはさめばウェーブは弱めにかかります。

好みのウェーブを作れる「自力プレス式」

By: tsuyaofficial.jp

「自力プレス式」のウェーブアイロンは、髪をはさむ力加減によってウェーブのかかり具合を調節できるタイプ。強弱のついたウェーブヘアが作れるので、プロの美容師やスタイリストにも使われています。

ただし、思い通りのウェーブに仕上げるにはテクニックが必要。初心者は慣れるまで扱いにくさを感じる場合もありますが、普段からヘアアイロンでウェーブヘアを作っている方や時間をかけてスタイリングしたい方におすすめです。

髪の長さやウェーブの大きさにあわせてバレルの太さを選ぶ

細かなウェーブを作るなら「19〜22mm」

By: salonia.jp

髪をはさむバレルの太さは、ウェーブアイロンのモデルごとに異なります。標準とされている太さは直径25mmですが、細かいウェーブを作りたい場合には細めのバレルがおすすめです。直径19~22mmのバレルであれば、細かめのウェーブが作れるといわれています。

また、細いバレルはショートヘアの方にもおすすめ。太いバレルを短い髪に使用すると、ウェーブが少なくなりがちです。ボブヘアやベリーショートの方はもちろん、男性がウェーブアイロンを使う場合にも細いバレルが適しています。

ゆるふわな雰囲気をだしたいなら「25〜32mm」

By: tsuyaofficial.jp

ふわっとした柔らかい印象を与えたい場合は、直径25~32mmのバレルがおすすめ。太めのバレルは大きなウェーブが作りやすく、ゆるふわ系のエアリーなスタイリングをしやすいメリットがあります。

また、太めのバレルは、セミロング~ロングへアの方にもおすすめ。髪の長い方が細いバレルを使用すると、ウェーブが細かくなりすぎる場合があります。セミロングの方であれば直径25mm、ロングヘアの方であれば25mmより太いバレルを利用すれば、理想的なウェーブヘアを作りやすく便利です。

プレートの素材をチェック

By: salonia.jp

ウェーブアイロンに搭載されているバレルのプレート素材は、モデルごとにさまざま。採用されている素材によって熱伝導率が異なるので、ウェーブのかかり具合も違ってきます。購入前には、プレートの素材をチェックしておくのがおすすめです。

チタンやセラミックなどの素材は、熱伝導率が高めなのが特徴。強めのウェーブをかけたい場合に適しています。耐久性の高さを求めるのであれば、フッ素加工を施した樹脂プレート搭載モデルがおすすめ。熱伝導率の面ではチタンやセラミックの方が優れていますが、長期間愛用できるメリットがあります。

また、製品によってはプレートからマイナスイオンがでるモノも存在。髪の水分を保ちながらスタイリングしたい場合におすすめです。

温度調節機能をチェック

By: salonia.jp

ウェーブアイロンで可能な温度調節の範囲は、製品ごとに異なります。髪へのダメージが気になる場合には、低温度での利用がおすすめ。強いウェーブを作りたい場合には、高い温度設定が適しています。

ウェーブアイロンには、100・120・150℃など決まった温度を段階で設定できるモデルと、範囲内を無段階で設定できるモデルが存在。均一なウェーブを作る場合は温度をあまり変更しないのが一般的ですが、強弱のあるウェーブヘアを作りたい場合には幅広い温度調節に対応したモデルがおすすめです。

あると便利な機能

やけど防止機能

By: rakuten.co.jp

熱を発するバレルを直接触ってしまうと、指や手をやけどしてしまう可能性があります。ヘアアイロンと比べてバレル数の多いウェーブアイロンは手で触れてしまうことも多くなるので、「やけど防止機能」を搭載したモデルがおすすめです。

バレルが直接当たらない設計のモノや熱が伝わりにくい耐熱板を採用したモデル、自動で電源がOFFになるモデルなどを選んでおけば、安心してスタイリングに集中できます。

クイックヒート機能

By: salonia.jp

バレルがあたたまるスピードが早ければ、スタイリングもスピーディーに行えておすすめ。電源を入れると素早くバレルがあたたまる「クイックヒート機能」搭載のモデルは、忙しいときに適しています。

ただし、クイックヒート機能を搭載したウェーブアイロンは、使用ワット数が多いのが懸念点。ブレーカーに気をつける必要はありますが、スタイリングに時間をかけたい方におすすめです。

ウェーブアイロンのおすすめモデル|19〜22mm

サロニア(SALONIA) トリプルマジックヘアアイロン 19mm

「クイックヒート機能」を搭載したおすすめのウェーブアイロンです。電源を入れれば、約30秒で使用可能な温度まで到達。スピーディーにスタイリングができるので、忙しい朝にも適しています。温度は、80~210℃の間で5℃刻みに調節可能です。

本製品は、低温度で髪へのダメージを抑えたい場合や、高温度で強めのウェーブをかけたい場合まで幅広いパターンに応えられる仕様。プレートには、滑らかなセラミックコーティングが施されています。

電源ONから約30分経つと自動でOFFになるのもポイントです。バレル部を支えるスタンドを搭載しているのも魅力。使用中や使用後に熱くなったバレルを浮かせたまま保持できます。また、設定温度や電源のオンオフなどは本体の液晶に表示されるので、一目で確認可能です。

エムティ・イールド トリプル 三連 ウェーブアイロン 21mm

21mmの細いバレルを採用したウェーブアイロンです。温度調節は80~220℃の間で設定可能。「超高速加熱機能」が搭載されているので、電源を入れればスムーズにスタイリングできます。本体に搭載されている「LED デジタルディスプレー」に、設定した温度が表示されるのも魅力です。

グリップにはシリコン素材を採用。スタイリッシュなうえ、滑りにくくしっかりとホールド可能です。電源コードは360°回転するので、使用中にコードがねじれにくく快適に使用できます。

バレル部にはスタンドが搭載されており、使用中や使用後の置き場所に困らない点もおすすめです。

ウェーブアイロンのおすすめモデル|25〜32mm

ツヤプロ(TSUYAPRO) ウェーブアイロン

熱伝導率の高いプレートを搭載した、32mmバレルのウェーブアイロンです。「セラミック・トルマリンコート」が施されたプレートは、温度が維持しやすくツヤのあるウェーブヘアを作りやすいのが特徴。軽量プレートや持ちやすい「シェイプグリップ」により、扱いやすいメリットもあります。

手や指のやけどを防ぐ耐熱板が採用されているのもポイント。安心してスタイリングに集中できます。温度調節は、120・140・160・180・200℃の5段階で設定可能。髪質にあわせた調節ができるのも魅力です。電源を消し忘れても「自動電源OFF機能」が搭載されているので安心。電源を入れてから20分後には、自動でオフになります。

自力プレス式を採用し、自分の力加減で好みのウェーブが作れるおすすめモデルです。

アデツヤ(Adetsuya) Wave ヘアアイロン 25mm

25mmのバレルを採用したウェーブアイロン。3連バレルによって、ゆるやかで柔らかいウェーブを作れるのがポイントです。イオンセラミックコートによる遠赤外線効果で、スムーズに熱が伝えられるのも魅力。

また、プレートからはマイナスイオンが出る設計です。バレル先端には熱が伝わりにくい「セーフティーキャップ」を搭載しているのもポイント。両手でしっかりとプレスできます。

温度設定は80~230℃の間で30段階の設定が可能。作りたいウェーブの強さや髪質にあわせて温度を細かく調節できます。また、設定した温度を本体のデジタルディスプレイで簡単に確認できるのもメリットです。

グリップにはラバーコーティングが施されており、しっかりと握ってスタイリングが行えます。電源コードには約2mのロングタイプが採用されているので、コンセントから距離がある場所でも使用可能です。

Baby Center 3連バレルのウェーブアイロン 0001

リーズナブルな価格で購入できるウェーブアイロンです。プレートの素材にはセラミックを採用。表面が滑らかで、髪がひっかかりにくいメリットがあります。温度調節は180℃と210℃の2段階で設定可能。髪質や髪の状態にあわせて簡単に切り替えられます。

本製品には「クイックヒート機能(スピード加熱)」が搭載されているので、忙しい朝に短時間でスタイリングしたい場合にもおすすめです。