飛行機を操縦するパイロットのために作られた「パイロットケース」。その優れた機能性とスタイリッシュな外観は、パイロットのみならず、一流のビジネスパーソンなら一度は使ってみたいアイテムです。

今回は、ビジネスバッグとしてはもちろん、出張やカジュアルシーンにも使えるおすすめのパイロットケースをピックアップ。選び方のポイントも詳しく解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

パイロットケースとは?

By: amazon.co.jp

「パイロットケース」は、別名「フライトケース」とも呼ばれるビジネスバッグ。元々は飛行機を操縦する機長がフライトの際に航空図やチャート、航空日誌などを入れて使用するものですが、その機能性の高さから一般のビジネスパーソンにも人気のアイテムです。

特徴は、自立するボックス型で上部に開口部があるという点。2枚のフラップを重ねて閉じる仕様です。内部には書類やパソコン、筆記用具など、ビジネスに必要なアイテムが整然と入れられ、狭い場所でもケースを立てたまま書類の出し入れが可能。また、大切な書類を守るために、開口部にはロックが搭載されています。

大型のモノになると、着替えや旅行グッズなども収納できるため、出張やちょっとした小旅行などにも便利。デザインにおいても、シンプルでスタイリッシュなモノから、細部にこだわったおしゃれなモノまであり、ビジネスのほかカジュアルシーンで使うバッグとしても人気です。

パイロットケースの選び方

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

「パイロットケース」のサイズはおもに、B4ファイルが入るモノと、A3ファイルが入るモノの2種類。普段よく持ち歩く書類のサイズに合わせて選ぶのがよいでしょう。16インチまでのノートパソコンなら、B4サイズのパイロットケースに収納可能です。

また、パイロットケースは「マチ幅」が豊富。日常的なビジネスシーンには、軽量でマチ幅の薄いモノが持ちやすくおすすめです。

書類のほか、ノートパソコンやタブレットなどを同時に持ち歩いたり、出張などにも使用したりする場合は、マチ幅が広めのモノを選ぶとケース内部のキャパシティも広がり、余裕を持って会議や商談にも臨めるでしょう。

用途で選ぶ

By: amazon.co.jp

パイロットケースを選ぶ際は、用途に合った機能をチェックすることも大切です。書類をたくさん持って移動することが多い場合は、軽量タイプを選ぶとよいでしょう。また、メインルームに書類を仕分けできる仕切りや、ペンや名刺などを収納できるケースが付いていれば、目的のアイテムを取り出しやすく便利です。

パイロットケースは、営業で使うほかにも専門的職業の方にも人気です。例えば、料理人が包丁や調理器具を持ち運ぶ際のケースとしても活用できます。

出張などで大きめのパイロットケースを使用する場合は、キャリータイプがおすすめ。衣類や旅行グッズなどで重くなりがちなパイロットケースもスムーズに持ち運ぶことが可能です。とくに海外旅行に使いたい時は、機内持ち込みが可能かどうかも、あわせてチェックしておきましょう。

パイロットケースに搭載されているロックの種類は、おもに鍵で開けるタイプとダイヤルロックタイプの2種類。大切な書類を守るためには必要な機能ですが「鍵を紛失してしまわないか心配」という方には、ダイヤルロックタイプがおすすめです。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

外回りや出張が多いビジネスパーソンには、ハードな使用にも耐える合成皮革素材がおすすめです。丈夫で傷がつきにくく、突然の雨や水濡れにも強いのが特徴。ただし、カラーは「ブラック」が主流のため、色選びにおいて選択肢が少ないのがデメリットです。

さらに、軽さを求めるなら、バリスティックナイロンなど柔軟性も兼ね備えた素材を採用したモノがおすすめ。たくさん書類を入れても軽快に持ち運びができます。カジュアルシーンで使いたい方にもぴったりです。

高級感やデザイン性を重視したい方には、本革製のパイロットケースが適しています。合成皮革に比べると重量はありますが、さまざまなカラーから選べるほか、経年変化が楽しめるのも本革製パイロットケースの醍醐味。少々値は張っても、長く愛用していきたい方におすすめです。

パイロットケースのおすすめ

コクヨ(KOKUYO) パイロットケース B4 カハ-B4B24D

コクヨ(KOKUYO) パイロットケース B4 カハ-B4B24D

軽さにこだわって作られた、文具メーカー「コクヨ」のパイロットケースです。生地には耐久性に優れた合成皮革を使用。芯材には、軽さを追求した軽量発泡樹脂を採用しています。

A4のファイルがちょうど入る使い勝手のよいサイズが魅力。メインルームには書類を分けて収納できる仕切りを備えており、ペンや名刺など、細々としたアイテムを収納できるポケットも搭載されているため、スムーズな出し入れが可能です。

底部には4つの底鋲が付いているため、底面の生地が傷んでしまう心配もありません。施錠・開錠しやすい3連ダイヤル式ロックで、大切な書類をガードします。マチ幅は2種類あるため、用途に合わせて選んでみてください。シンプル設計で、初めてのパイロットケースとしてもおすすめです。

匠鞄工房 パイロットケース nz039

匠鞄工房 パイロットケース nz039

国産鞄の産地として知られる、兵庫県・豊岡の熟練した職人がひとつひとつ手作業で作り上げたパイロットケース。サイズは大きな書類も楽々入るA3ファイル対応です。

合成皮革を使用しており、型崩れしにくくしっかりと自立する点が魅力。優しい曲線のハンドルも、手になじみやすいように職人が1本1本成型した本格仕様です。本体底部には平鋲を施し、底部はもちろん最も傷みやすいコーナー部分もカバーします。

メインルームには仕切りポケットも備えており、書類の折れ曲がりを防止。頻繁に使うペンや名刺は、フラップ部をめくれば簡単に取り出せるのも魅力です。ロックは鍵で開けるタイプなので見た目もシンプルですっきりしています。軽くて丈夫なパイロットケースを探している方におすすめです。

ヘルツ(HERZ) パイロットケース 2WAYタイプ BC-31-H

ヘルツ(herz) パイロットケース 2WAYタイプ BC-31-H

日本製の革鞄にこだわる「ヘルツ」のパイロットケース。堅牢で厚みのあるハードレザーを使用し、無駄を一切省いたなめらかな質感が魅力です。植物タンニンなめしによる最低限の加工を施すことで、革本来の美しさを表現。使い続けるうちに絶妙な経年変化も楽しめます。

メインルームはワンポケットのみという極めてシンプルな作り。ツヤを抑えたゴールドのロック金具と底鋲がアクセントとなっています。なんといっても便利なのが、肩にもかけられるショルダーベルトが付いていること。両手が塞がることなく、パイロットケースの重さも軽減できます。

サイズは、S・M・Lに加え、2種類のマチ幅があり、合計6パターンのなかから、シーンに合わせた最適な大きさが選択可能。洗練された5色から、お気に入りのカラーをチョイスしてみてください。

ジーガスト(G GUSTO) パイロットケース 20029-01

ジーガスト(G GUSTO) パイロットケース 20029-01

キャリータイプのパイロットケース。丸みを帯びたソフトな曲線が美しいアイテムです。その魅力はなんといっても、収納力の高さ。B4ファイルも楽に入る広いメインルームに加え、フロントとサイド、フラップ裏面にも小物類を収納できるポケットが備えられています。

マチ幅も約23cmと広めの設計で、出張時の衣類や旅行アイテムも余裕で収納可能です。2輪のキャスターとキャリーバーが付いているので、外回りの多いビジネスパーソンにもおすすめ。書類やノートパソコンなどたくさん入れても、スムーズに移動できます。

素材は、傷の付きにくい合成皮革。突然の雨で本体が濡れてしまっても、水分が浸透しにくいため中の書類をしっかりと守ります。汚れたらさっと拭き取るだけの手軽さも魅力。

3連のダイヤルロック式を採用しており、セキュリティー面においても万全です。出張が多い方はぜひチェックしてみてください。

シーザー バロン2 パイロットケース 2WAY

シーザー バロン2 パイロットケース 2WAY

A3サイズのファイルを収納できる本革製のパイロットケース。職人がひとつひとつ丁寧に仕立てた日本製であるほか、合成皮革では出せない革本来の風合いが美しい、クラシカルなデザインが魅力のアイテムです。シンプルな鍵ロックタイプで、大切な書類を盗難などから守ります。

両サイドに備えられたかぶせポケットがさりげないアクセントとなっていておしゃれ。スマートフォンやチケットなどを入れておくのにちょうどよい大きさです。メインルームには、書類などを仕分けしやすい中仕切りが1枚と、ペンやカード類を収納できるポケットを装備。

底部には6つの底鋲が付いており、床に直置きしても汚れにくく傷つきにくい仕様となっています。ショルダーベルトも付属されているので、2WAYで使用したい方にもおすすめです。カラーはブラックとブラウンの2色。サイズも3種類用意されているため、用途に合わせて選べるのもポイントです。

DESIGN 4 PILOTS パイロットケース

DESIGN 4 PILOTS パイロットケース

プロのパイロットが監修した、本格キャリータイプのパイロットケース。プロのニーズに応え、さまざまな機能が盛り込まれたアイテムです。素材には堅牢性に優れたナイロン素材を採用。軽量で柔軟性に富んでいながらも、重量のある書類やカタログなども、型崩れすることなく収納が可能です。

クッション素材を使用したフロントポケットは取り外しが可能。単体でも使える上にロックも可能なことから、大切な書類やノートパソコンケースとして持ち歩きたい時に重宝します。内部にはペンホルダーや鍵用のリング状クリップ、スマートフォン用ケース、カードケースまで備えており、細かく仕分けをしたい方にもおすすめです。

メインルームには仕切りが多数あり、細々としたガジェットのコード類など、紛失しやすいアイテムも整然と入れておくことができます。また、フラップ裏面にも、ペンホルダー・カードケース・サングラスを収納できるジッパー付きのポケットを装備。小旅行にもおすすめのカジュアルなパイロットケースです。