雑貨の収納や衣類の吊り下げなどに活躍する突っ張り棒。壁を傷つけず気軽に設置でき、使っていない空間を有効活用できるため、人気の高いアイテムです。しかし、いざ購入するとなると、突っ張り棒は種類が豊富なので、さまざまな値段や形状の中から選ぶのが難しく感じられる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は突っ張り棒の選び方とおすすめの製品をご紹介。使用目的に最適な突っ張り棒を選んで、収納やインテリア、家具の転倒防止などにぜひ役立ててください。

突っ張り棒の選び方

用途で選ぶ

雑貨を収納する棚用

By: amazon.co.jp

突っ張り棒は、2本並べて取り付けることで雑貨の収納に役立つ棚を作れます。特にトイレやクローゼット、玄関などの上部に新たな収納スペースを作ることで、トイレットペーパーや靴などの雑貨をすっきりとしまえるのでおすすめです。

小さな雑貨を上に載せたい場合は、ポールを複数本搭載した突っ張り棚と呼ばれるタイプも便利。ポール同士の間隔が狭く、雑貨を載せやすいのでおすすめです。突っ張り棒を雑貨の収納に使う際は、載せる雑貨の重さが耐荷重に適していることを購入前にしっかりとチェックしてください。

衣類の部屋干しや家具の吊り下げ用

By: amazon.co.jp

ポールのない場所で衣類を部屋干ししたり、押入れに衣類を吊り下げて収納したりする場合にも突っ張り棒は役立ちます。濡れた衣類やコートなどの重い衣類を吊るすなら、耐荷重の大きな製品をチェックするのがおすすめです。耐荷重の大きな製品はポールが太めですが、あまり太すぎるとハンガーをかけられないので注意してください。

また、突っ張り棒をシャワーカーテンやカフェカーテン、間仕切りの暖簾などを吊るすために使うのも人気の使い方です。カーテン類をかけるのに使うのであれば、軽いのであまり耐荷重を気にする必要はなく、ポールの細い製品を選ぶのがポイント。端部のキャップが外せる突っ張り棒なら、スムーズにカーテンを取り付けられて便利です。

ほかにも、風呂場で洗面道具を吊るしたり、キッチンで調理道具を吊るしたりするのもおすすめ。アイデア次第でさまざまな雑貨や道具を吊り下げられるので、汎用性の高い製品を1本用意しておくと便利です。

家具の転倒防止用

By: amazon.co.jp

突っ張り棒の中には、家具の転倒防止用に設計された製品もラインナップされています。地震時の転倒防止にはいくつかの方法がありますが、突っ張り棒は壁紙や天井を傷つけないことから人気のある対策方法です。

家具の転倒防止用に突っ張り棒を選ぶ際は、家具と天井との間隔に適した長さの製品を選ぶのが重要。また、接地面の広い製品だと、家具を固定する力がよりしっかりと働くためおすすめです。

また、転倒防止の突っ張り棒は設置の際に正しい向きが存在します。この向きを間違えると本来の性能が発揮されないため、設置の際にはよく確認して取り付けてください。

伸縮できる長さで選ぶ

By: heianshindo.co.jp

突っ張り棒は製品ごとに伸縮できる長さが決まっています。そのため、購入前に取り付けたい箇所の幅を測っておくことが重要。採寸の際に多少の誤差が出てしまうことを踏まえ、最小と最大共に5cm程度のゆとりを持って製品を選ぶのがおすすめです。

また、長さとともに耐荷重を確認することもポイント。同じ製品でも伸縮時の長さによって耐荷重が変動するので、突っ張り棒の上に載せるモノや吊り下げるモノと照らし合わせて確認してみてください。

接地面の広さで選ぶ

By: amazon.co.jp

突っ張り棒は接地面が広いほどしっかりと固定しやすくなります。そのため、重いモノを上に載せたり吊り下げたりする場合は接地面の広い製品がおすすめ。ただし、接地面が広くても取り付ける壁や天井などがたわみやすい状態だと力がうまく伝わらないので、取り付け場所はよく確認しましょう。

逆に、カフェカーテンや暖簾など軽いモノを吊るす場合は、接地面の狭い製品でも問題なく固定できます。簡単に取り付けられるので、模様替えをよく行うという方にもおすすめです。

突っ張り棒の種類

ネジ式

By: dinos.co.jp

ネジ式は取り付け幅に適した長さに伸ばし、ネジを回して固定する方式です。さらに、端部のグリップを回し微調整を行うと、壁や天井により強く突っ張ることが可能。重い衣類や雑貨などを吊り下げる場合におすすめのタイプです。

デメリットはバネ式と比較し、取り付けがやや難しい点。不慣れな方や高い位置に取り付ける場合は、2人以上で設置を行うとスムーズに取り付けられます。

バネ式

By: amazon.co.jp

バネ式は突っ張り棒の内部にバネを仕込んだタイプで、バネの弾性力を利用して壁や天井に固定します。手軽に取り付けられ、一人でも設置しやすいのがメリットです。

ただし、耐荷重は小さめなので、軽いモノを吊り下げる用途に用いるのがおすすめ。カーテンや暖簾、軽い雑貨などを吊り下げたり、上に載せたりする場合に最適な方式です。

突っ張り棒のおすすめ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 伸縮棒超スリム RSV-190

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 伸縮棒超スリム RSV-190

直径13mmのスリムな突っ張り棒です。カフェカーテンや暖簾などを吊るす用途におすすめ。インテリアを損なわず、スマートに取り付けられます。約110〜190cmの長さに伸縮できるので、さまざまな窓枠や扉、廊下に使用でき便利です。

耐荷重は約1〜3kg。カーテン類だけでなく、軽い雑貨の吊り下げや、2本並べて収納棚としても使えます。種類はバネ式を採用しているため、取り付けも容易。ポールを取り付け幅より約1〜3cm程度長めに伸ばし、バネを縮めて設置することでしっかり固定できます。

また、端部のキャップが外せるのもポイント。カフェカーテンや暖簾をつける際、スムーズに穴へ通せるので便利です。細めの突っ張り棒を探している方はぜひチェックしてみてください。

平安伸銅工業 強力タイプの突っ張り棒 NSW-10

平安伸銅工業 強力タイプの突っ張り棒 NSW-10

バネ式の突っ張り棒として人気の高い製品です。取り付けが容易なバネ式でありながら、最大耐荷重が15kgと大きく、重いモノも吊り下げられるのが魅力。ポールの直径は19~22mm程度と細く、伸縮できる長さは70〜110cmです。

カフェカーテンや暖簾はもちろん、厚手のカーテンの吊り下げにもおすすめ。端部のキャップは取り外せるため、カーテンの取り付けも容易です。耐荷重が大きいので、少量の衣類を部屋干ししたい場合にも使えます。

端部のバネ部分に「2段バネ」を採用することで、より取り付けやすく設計されているのもポイント。スリムな突っ張り棒の中でも汎用性の高い製品を探している方におすすめです。

ニトリ つっぱりポール 120-200cm伸縮式 NT-5

ニトリ つっぱりポール 120-200cm伸縮式

ニトリによるスリムな突っ張り棒です。ポールの最大径が13.5mmで、カフェカーテンや暖簾をすっきりと設置できます。伸縮可能な長さは120〜200cmと、さまざまな窓枠や扉、廊下へ取り付けるのにちょうどよいサイズ。バネ式なので、手軽に設置できるのもメリットです。

両端部のキャップは取り外しでき、カーテンホールに通しやすいのも魅力。ただし、耐荷重は約1kgなので、重いモノを吊り下げる用途には不向きです。リーズナブルな大手メーカー製の突っ張り棒を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ニトリ ステンレス製つっぱりポール 120-200cm L 2M

ニトリ ステンレス製つっぱりポール 120-200cm

水回りにおすすめのステンレス製突っ張り棒です。錆びにくいステンレスをポールに使用しているため、風呂場のシャワーカーテンや、濡れたタオルを直接かけて干す用途などにおすすめ。頻繁に濡れても錆びにくく長く使えます。

耐荷重は約3kgで、伸縮可能な長さは120〜200cmです。両端部のキャップが取り外せるので、シャワーカーテンを簡単に取り付けられるのもメリット。水回りに突っ張り棒を設置したい方はぜひ候補に入れてみてください。

平安伸銅工業 突ぱりスーパー極太ポール NGP-110

平安伸銅工業 突ぱりスーパー極太ポール NGP-110

強力な極太タイプの突っ張り棒です。最大耐荷重が65kgと大きく、重いモノを吊るしたり上に載せたりしたい方におすすめ。濡れた衣類の部屋干しや重い衣類や雑貨の収納などに役立ちます。伸縮可能な長さは113〜193cmであり、使い勝手のよい便利なサイズです。

ポールは直径34mmの極太タイプで、固定力の高いネジ式を採用しています。両端部に独自のヒンジ効果キャップを採用しており、高い耐荷重性能を実現。片側の端部にはバネも内蔵しており、突っ張る力も強力です。評判のよい突っ張り棒を探している方は、ぜひ検討してみてください。

平安伸銅工業 突っ張り棒 超強力極太タイプ HGP-170

平安伸銅工業 突っ張り棒 超強力極太タイプ HGP-170

最大耐荷重60kgの強力な突っ張り棒です。直径34mmの極太ポールを使用しており、重いモノを吊り下げてもしっかり支えられます。伸縮可能な長さは170〜280cmと幅広いのが特徴で、広いクローゼットや居室にも使用可能。重い衣類の収納や部屋干しにおすすめです。

種類はネジ式を採用していますが、ポールの端部に強力バネも内蔵。さらに、「ハイテンションカム機能」を搭載しており、荷重がかかると壁への圧着力が強まります。重い衣類や雑貨を吊り下げても落ちない、長さのある強力な突っ張り棒を探している方におすすめです。

平安伸銅工業 突っ張り強力伸縮棚 KB-63

平安伸銅工業 突っ張り強力伸縮棚 KB-63

人気の棚型突っ張り棒です。本製品1つで手軽に収納棚を作れます。伸縮できる長さは63〜93cmで、耐荷重は最大30kg。トイレや洗面所、玄関の上部に取り付けると、デッドスペースに雑貨を収納できておすすめです。

奥行は23.5cmで、トイレットペーパーや掃除道具などをすっきりと収納できます。ネジ式を採用しており、上部にモノを載せてもしっかりと固定できるのもポイント。収納棚を好きな場所に設置できる、利便性の高い製品です。

umbra CORETTO TENSION ROD Sサイズ

umbra CORETTO TENSION ROD Sサイズ

デザイン性の高いスチール製の突っ張り棒です。ポールの直径が15mmと細く、カフェカーテンをおしゃれに取り付けられるため、インテリア性を重視する方におすすめ。ポールを回転させることで、長さを61〜91cmに調節できます。

耐荷重は最大5kgであり、軽い雑貨や衣類、靴などを収納する用途にも使用可能。両端部は取り外し可能なので、カーテンの取り付けも容易です。設置面には滑り止めのゴムパッドが付いており、滑りにくく壁を傷つけずに済むのもメリット。おしゃれなスリムタイプの突っ張り棒を探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 家具転倒防止伸縮棒 ML KTB-50

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 家具転倒防止伸縮棒 ML KTB-50

家具の転倒防止用突っ張り棒として人気の高い製品です。震度7相当の振動試験で転倒防止効果を実証しており、地震対策におすすめ。接地面が広いので、大きな地震の揺れに対しても家具をしっかり固定できます。

また、接地面に発泡ポリエチレン素材を使用しており、家具や天井を傷つけないのもメリット。ネジ式を採用しているため突っ張る力が強く、工具を使わずに設置できます。手軽に取り付けられ、天井や壁を傷つけずに済む転倒防止の突っ張り棒を探している方におすすめです。

本モデルは約50〜80cmの長さに伸縮可能なタイプ。長さが合わないと正しく性能が発揮されないため、購入前に取り付けたい家具と天井との距離をよく確認してみてください。