美味しいお茶を入れるのに欠かせない「急須」。さまざまなバリエーションがあるので、そのなかから自分の好みのモノや目的に合ったモノを見つけ出すのはなかなか大変です。そこで今回は、急須の選び方とおすすめの人気アイテムをご紹介します。

急須の選び方

素材で選ぶ

炻器・陶器製

By: amazon.co.jp

炻器・陶器製の急須として有名なのは、常滑焼や萬古焼などの焼き方で作られているモノ。特に常滑焼の急須は使い込むごとに艶が出るため、表面の変化を楽しみながら愛用できます。お茶がまろやかな仕上がりになるのも魅力です。

磁器製

By: amazon.co.jp

磁器製に当てはまる急須として、有田焼や波佐見焼などの焼き方で作られているモノが挙げられます。磁器製の急須は表面がツルツルとした肌触りになっているのが特徴。また、吸水性がないため、茶渋やニオイが付きにくいというメリットもあります。さらに、耐久性に優れているのもポイントです。

耐熱ガラス製

By: amazon.co.jp

耐熱ガラス製の急須は、本体が半透明になっているのが大きな特徴。そのため、お茶を入れる際に色合いが変わる様子を見て楽しめます。

また、耐熱ガラス製の急須には取り外し可能なステンレス製の茶こしが採用されているモノもあり、茶こしを取り出せば電子レンジを使って中のお茶を温め直すことが可能です。

鉄製

By: amazon.co.jp

鉄製の急須は南部鉄器などが当てはまります。ほかの急須とは異なる、重厚な雰囲気を楽しめるのが特徴。耐久性に優れているため、長く使い続けたい方に最適です。お湯を沸かしてやかん代わりに使うこともできます。ただし、鉄の特性上どうしても錆びが発生しやすいので、念入りにお手入れしましょう。

樹脂製

By: amazon.co.jp

樹脂製の急須は、不意に落としても割れにくいのがメリット。鉄製の急須のように錆びが発生しないほか、耐水性や耐熱性に優れているのも大きな特徴です。樹脂製の急須は耐熱ガラス製のように半透明のモノもあり、お茶を入れる際に色合いの変化が楽しめます。

容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

急須の容量は、美味しいお茶を入れるために重視するべきポイントのひとつ。一般的に、1~2人用の場合は、100~200ml、2~3人用は200~340ml、3~4人用は340ml~480mlが目安です。

大きすぎる急須を使用すると中に残った茶葉が開きすぎ、渋みや苦みを感じやすくなります。さらに、お湯を減らすと茶葉が開きにくく薄い味わいになりがちです。

一方、継ぎ足しの手間がかかってしまうのが小さすぎる急須。時間を要し、初めに入れたお茶が冷めてしまう原因になります。お茶の濃さを均等にするためには、急須にお湯を注いだら、最後の一滴まで注ぎきるのが基本です。

また、湯の適量は茶葉の種類によって異なります。玉露や上級の煎茶などの高級茶葉の場合は少なく、番茶やほうじ茶などの手頃な茶葉は多めが一般的。急須を選ぶときは、お茶を入れる人数はもちろん、使用する茶葉も想定しておきましょう。

茶こしのタイプで選ぶ

By: amazon.co.jp

急須はステンレスなどの素材で作られた網状の茶こしが付いているモノがあれば、急須の内側に穴が開いているタイプの茶こしもあります。網状の茶こしが付いているモノの場合、茶こしだけを取り出して急須とは別に洗うことが可能。お手入れのしやすさを重視する方におすすめです。

急須の内側に穴が開いているタイプの場合、茶葉のサイズによってはお茶を注ぐ際に詰まる恐れがありますが、お茶の風味をより引き出せるというメリットがあります。お茶の美味しさを存分に味わいたい方におすすめです。

おしゃれな急須のおすすめ

きつさこ 常滑焼 朱泥急須

きつさこ 常滑焼 朱泥急須

無駄のないベーシックなフォルムで、朱泥の滑らかな質感が引き立つ急須。朱泥とは、原料の陶土に含まれる酸化鉄が赤く発色したモノで、深みと温かみのある色合いが特徴です。容量は2人に適した300ml。茶こしはコンパクトなサイズですが、深さは約4.5cmあり、少量のお湯でも茶葉が動きやすくお茶の風味が十分に抽出できます。

付属の茶こしは、目詰まりしにくいパンチングメッシュ加工が施されたステンレス製。凹凸がなく、洗いやすいのもポイントです。また、急須の取っ手は持ちやすい太さで、注ぎ口の湯切れも良好。高級感のあるシンプルなデザインと実用性の高さが魅力です。

常滑焼4-184宝龍 18号黒泥松皮朱出し急須 AM-T490

常滑焼4-184宝龍 18号黒泥松皮朱出し急須 AM-T490

素地の表面に松の樹皮のような装飾が施された常滑焼の急須です。深みのある黒い色は、朱泥の急須を酸素が乏しい状態の窯の中で焼く「還元焼成」という方法で発色させたもの。手間がかかりますが、高級感のある仕上がりが魅力で、贈り物としてもおすすめの急須です。

茶こしは、急須と一体になっている陶製茶こしを採用。急須の中で茶葉が十分に開き、風味豊かな味わいが楽しめます。320mlと2~3人に適した容量で、使い勝手のよいサイズ感も魅力。シンプルなフォルムで、素材のよさが引き立つ急須です。

長峰製茶 常滑焼 ふたなし急須 朱泥

長峰製茶 常滑焼 ふたなし急須 朱泥

使いやすさに定評のある、常滑焼のふたなし急須です。ふたがなくても茶葉がこぼれないよう、急須の上部には大きなアーチ状の押さえがあります。また、使用後は茶葉が捨てやすく、洗いやすいのも魅力。面積の広い茶こしは目詰まりしにくく、茶葉の細かい深蒸し茶も入れられます。

お湯が冷めやすいという難点があるため、急須に入れたお茶は注ぎ切るようにしましょう。特に、90~100℃程度の熱めのお湯が適温で、蒸らし時間が短時間の玄米茶やほうじ茶や手頃な煎茶などにおすすめ。比較的リーズナブルな価格で購入できるので、普段使いにおすすめの急須です。

藤総製陶所 萬古焼 至高急須 小

藤総製陶所 萬古焼 至高急須 小

土の風合いが生かされた、渋みのある色合いの萬古焼の急須。100個以上の微細な穴が開けられた陶製の茶こしが、急須本体の上部に付いています。また、湯切れのよいV字型の注ぎ口で、最後の一滴まで絞りやすいのもポイントです。

急須の内側は、艶やかなガラス質の釉薬がかけられ、茶渋が付きにくいのが魅力。さらに、使用後の茶葉が捨てやすく、洗いやすいよう急須の口が広く開いており、手入れも簡単です。また、急須の蓋の縁はギザギザとした形状で、隙間から空気が入りやすく、スムーズにお茶が注げます。優れた機能性と重厚感のあるデザインで、来客用としてもおすすめの急須です。

南景製陶園 萬古焼 急須 黒くすべ

南景製陶園 萬古焼 急須 黒くすべ

マットな質感と落ち着きのある風合いが特徴の萬古焼の急須は、高級感のあるシンプルなデザインが魅力です。茶こしは目の細かいステンレス製。急須の底面を覆うように張られていることで、急須内部に十分な空間が生まれ、茶葉がよく開きしっかりと旨みが抽出されます。

また、注ぎ口へとつながる穴は茶こし網の下に位置しているため、目詰まりしにくく最後まで注ぎやすいのも魅力。ただし、急須を急に傾けると、蓋側からこぼれる可能性があります。注ぐときはゆっくりと傾けましょう。本シリーズは、容量が190mlの「芙蓉」、260mlの「鉄鉢」、320mlの「杏」がラインナップ。お茶を入れたい分量に合わせて選べます。

伊万里陶芸 有田焼 平急須 赤濃小梅

伊万里陶芸 有田焼 平急須 赤濃小梅

艶やかな質感と深みのある赤が目を引く、華やかな急須。石の粉と磁土を混ぜて成形する磁器で、陶器よりも硬く、耐久性に優れた有田焼です。丸みのあるフォルムで、手作りならではの味わい深い素朴なデザインも魅力。蓋の取っ手にあしらわれた可愛らしい梅の花模様もポイントで、女性へのプレゼントにもおすすめです。

ステンレス製の茶こしは急須の広い口にぴったりと合い、深さもある大きなサイズで、茶葉が十分に広がります。また、使用後は茶葉が捨てやすく、洗いやすいのもポイント。容量は2~3人に適した310mlです。

キハラ(KIHARA) こだわりの茶葉ポット 茶葉ポット 錆線紋

キハラ(KIHARA) こだわりの茶葉ポット 茶葉ポット 錆線紋

和洋中さまざまなスタイルで楽しめる、シンプルでモダンなデザインが魅力。白とグレーのシャープなコントラストが、スタイリッシュな雰囲気を演出します。ポット本体の丸い形は、お湯を注いだときに自然な対流を生み、茶葉が大きく動くよう設計されたもの。茶葉が自然に開き、お茶の風味がしっかりと抽出されます。

注ぎ口は「撥水性セラミックス」と呼ばれる素材でコーティングされ、湯切れしやすい加工が施されているのも特徴。また、陶製の茶こしは面積が広く、目詰まりしにくいのもポイントです。さらに、ポットの蓋は落ちにくいよう、本体の口に入り込む部分が長めに設計されています。デザイン性と機能性を兼ね備えたおしゃれなアイテムは、プレゼントにもおすすめです。

白山陶器 波佐見焼 白磁急須 茶和

白山陶器 波佐見焼 白磁急須 茶和

爽やかで透明感のある美しさが魅力の波佐見焼の急須です。波佐見焼は、陶石を原料とした上品な光沢を放つ磁器で、日常使いにぴったりの使い勝手のよいアイテムが豊富に揃っています。本製品は、和洋折衷さまざまなシーンにマッチするシンプルなデザインが特徴です。

急須の蓋のツマミは指が置きやすく、取っ手は握りやすい長さに設計されており、片手で入れやすいのも魅力。カラーは白磁のほか、品のある淡い水色の青白釉があり、さらに、左利きの方向けの製品もラインナップされています。普段使いとしてはもちろん、来客用やプレゼントにもおすすめです。

西海陶器(Saikaitoki) 波佐見焼 平急須 藍駒

西海陶器(Saikaitoki) 波佐見焼 平急須 藍駒

急須の蓋に藍色の駒筋というストライプ柄があしらわれた、おしゃれなデザインの波佐見焼。本体はシックな黒で、テーブルをモダンな雰囲気に演出します。茶こしには目の細かいスーパーステンレスを採用。茶こしの側面と底面全体に微細な目が施され、茶葉の細かい深蒸し茶でも目詰まりしにくいのが特徴です。

また、耐久性に優れたステンレス製で、長期間の使用でも歪みにくく、匂い移りがしにくいのもポイント。同じく匂い移りがしにくい磁器の急須と一緒に使用することで、同じ急須でハーブティーや紅茶など、さまざまなお茶が楽しめます。茶こしの形状は急須に合った円錐型で、茶葉が大きく開き、お茶の旨みが抽出されやすいのも魅力です。

ハリオ(HARIO) 茶茶 急須 丸 CHJMN-45T

ハリオ(HARIO) 茶茶 急須 丸 CHJMN-45T

お茶の色合いが楽しめる、耐熱ガラス製の急須です。色移り、匂い移りがしにくいので、同じ急須で中国茶・紅茶・ハーブティーなどが入れられます。コロンとした可愛らしい形状で、洗練されたデザインも魅力。涼しげな雰囲気で、冷茶を入れる急須としてもおすすめです。

茶こしはステンレス製で、取り外しが可能。外した後は電子レンジで温められます。また、広口の設計で洗いやすく、食洗器でも洗浄できるのもポイント。サイズは使い勝手のよい300ml、たっぷりサイズの450ml、大容量の700mlから選べて、比較的リーズナブルな価格で購入できるのも魅力です。

PluieSoleil ティーポット 耐熱ガラス

PluieSoleil ティーポット 耐熱ガラス

お茶の時間をおしゃれに演出する、スタイリッシュなデザインが魅力。耐熱ガラス製なので、茶葉が広がる様子や、お茶の色合いの変化が目で見て楽しめます。さらに、蓋が丸く、底面は四角い個性的なフォルムもポイント。お茶がスムーズに注げるよう、蓋には3つの小さな穴が開いています。

付属の茶こしは耐久性の高いステンレス製で、取り外しが可能。目詰まりしにくい微細な穴が開いており、滑らかな表面で洗いやすいのも魅力です。蓋と茶こしを取り外せば、電子レンジでの温めも可能。さまざまな種類のお茶が楽しめる、汎用性の高いアイテムです。

及源鋳造 急須千草 E-098

及源鋳造 急須千草 E-098

南部鉄器の老舗窯元、及源鋳造の急須で、可愛らしい丸形のフォルムと、和洋のどちらのスタイルにもマッチするモダンなデザインが魅力。急須の内側は錆を防ぐため、ホーロー加工が施されています。洗う際は洗剤を使用せず、柔らかいスポンジで優しく洗いましょう。また、ホーローが割れる可能性があるため、直接火にかけることはできません。

国の伝統的工芸品にも指定されている南部鉄器は、鉄器ならではのどっしりとした重厚感と安定感、優れた保温性と耐久性が特徴です。さまざまな生活用品が作られていますが、鉄瓶や急須は南部鉄器の代表的な製品。さびにくく、使い込むほどに風合いが増し、適切なお手入れで次の世代まで受け継げるアイテムです。

岩鋳(Iwachu) 南部鉄器 新5型あられ 急須 12802

岩鋳(Iwachu) 南部鉄器 新5型あられ 急須 12802

南部鉄器の代表的な模様、あられ模様が施された急須です。製造する岩鋳は1902年に岩手県盛岡市で創業。デザインから販売まで自社による一貫生産体制により、質の高い南部鉄器製品を生み出しています。

急須の内側はホーロー加工が施されていないので、茶こしを取り外せば直接火にかけることが可能。底面がフラットな形状で直火の熱が伝わりやすく、鉄瓶としても使用できます。また、急須を持ち上げるツルの部分は横に倒れるので、収納しやすく、茶こしを出し入れする際も邪魔になりません。

南部式鉄器 急須 南部花丸

南部式鉄器 急須 南部花丸

鮮やかな紫色にゴールドの花模様が映える、南部鉄器の急須。華やかなデザインと、南部鉄器らしい素朴な質感が調和した、落ち着いた雰囲気が魅力です。急須の蓋のツマミは丸く持ちやすい大きさで、本体と同じ花模様があしらわれているのもポイント。

急須の内側はホーロー加工が施されていないので、茶こしを取り外して直火にかけることが可能です。ガス火のほか、IH熱源や電気コンロでも使用できます。容量は約900mlと、比較的小ぶりなサイズ。キッチンやダイニングを彩る美しい急須は、贈り物としてもおすすめです。

曙産業 クリアティーポット L ステンレスメッシュ

曙産業 クリアティーポット L ステンレスメッシュ

割れにくいプラスチック製のティーポット。付属の茶こしはステンレス製で網目が細かく、深蒸し茶のような細かい茶葉でも目詰まりしにくいのが魅力です。日本茶のほか、紅茶や中国茶など、さまざまな種類のお茶が楽しむことが可能。また、ガラスのような透明感があり、お茶の色合いが変化してく様子も楽しめます。

容量は480mlの本製品のほか、280mlの小ぶりなサイズと730mlのLLサイズがラインナップされており、入れる分量に合わせて選択可能。洗いやすい急須の広い口、湯切れしやすい注ぎ口など、実用的な設計とおしゃれなデザインを兼ね備えたおすすめのティーポットです。

貝印(Kai Corporation) ティーポット クリアタイプS

貝印(Kai Corporation) ティーポット クリアタイプS

軽量で透明度が高く、強靭性・耐薬品性・高透明性に優れたトライタン樹脂を採用。容量はSサイズとLサイズから、好みのサイズを選べます。

茶こしは、本体の形状に合った大きなサイズで、茶葉が広がりやすいのもポイント。また、お茶の鮮やかな色が楽しめるクリアな素材なので、日本茶はもちろん、フレーバーティーやハーブティーなどにもおすすめです。