熱いお茶を淹れるのに便利な「急須」。昔ながらのレトロな急須のほか、モダンなモノやガラス製のモノなど、おしゃれなアイテムも販売されています。

本記事では、常滑焼からガラス製のモノまで幅広くおすすめの急須をご紹介。淹れるお茶の種類に合わせて選ぶことで、よりお茶の味わいを楽しめます。急須の選び方についても解説しているので、初めて急須を購入する方も参考にしてみてください。

急須の選び方

容量やサイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

人数や量に適したサイズの急須を選ぶと、ちょうどよい温度で、ほどよく渋みがあるお茶を淹れられます。大きすぎると苦味が出過ぎ、小さすぎると継ぎ足す手間が増えるので、淹れるお茶の量に合わせて急須を選ぶのが重要です。

目安として、2〜3人用なら200〜300ml、3〜4人用なら340〜480ml、4〜5人用なら480〜600mlの急須がおすすめ。なかでも200〜300mlが一般的で扱いやすいサイズのため、初めて急須を購入する方に適しています。

また、玄米茶やほうじ茶を淹れる場合など、大きな湯呑みで飲む場合は600〜800mlサイズの急須がおすすめ。800ml以上のお茶を淹れたい場合は土瓶タイプのティーポットも検討してみてください。

素材で選ぶ

陶器製

By: amazon.co.jp

陶器製の急須は高級感がある見た目と高い保温性が魅力です。長時間あたたかさをキープできるので、お茶をゆっくり味わいたいときにも向いています。

陶器製の急須には高品質なモノが多く、機能性も良好。一定の吸水性があり、水やお茶に含まれる不純物を取り除く効果が期待できるのもポイントです。

また、陶器製の急須で飲むとお茶の味がまろやかになるといわれており、お茶の渋みや旨味をバランスよく引き出せます。高級茶葉を淹れるシーンなど、お茶の味わいをゆっくり楽しみたい方におすすめです。

磁器製

By: amazon.co.jp

波佐見焼などを代表とする磁器製の急須は、石粉を約1300°で焼成して作られます。磁器製ならではの艶やかな見た目も魅力。光沢感があり色も映えるので、洋風のダイニングでも使いやすいおしゃれな急須です。

また、磁器でできた急須は吸水性をほとんど持たないのが特徴。急須本体に茶葉の香りや味わいが移らないため、茶葉が持つお茶本来の香りや味わいを楽しめます。

鉄製

By: cotta.jp

南部鉄器など、鉄を使った急須は、鉄製ならではの重厚なデザインが魅力。インテリアとして楽しむのにもおすすめです。耐久性が高いため傷が付きにくく、使用しながら置物としても長く楽しめます。

鉄製の急須はお茶を沸かすための道具として使われてきた歴史があるため、繊細な味わいのお茶を淹れるよりも、味が強いお茶を淹れるのにおすすめ。ほうじ茶や玄米茶などを淹れるのに向いています。

また、お茶を淹れる鉄製急須の場合、内部にホーロー加工を施したモノがほとんど。お湯を入れても鉄分が溶け出すことはなく、純粋なお茶を淹れるための道具として使えます。

急須を直火にかけたい場合は、急須としても使える鉄瓶タイプのアイテムがおすすめです。用途や好みに合わせて検討してみてください。

ガラス製

By: amazon.co.jp

ガラス製の急須は、和室にも洋室にも合うモダンなデザインが魅力です。ガラス製の急須は中身が見えるのもポイント。茶葉が開いていく様子をゆっくり眺められるので、テーブルインテリアとしてもおしゃれに使えます。

また、モダンなデザインから紅茶やハーブティーなどを淹れやすいのも魅力。ニオイ移りもしにくいので、さまざまな種類のお茶を楽しみたい方におすすめです。

ただ、ガラス製の急須を使う場合、高温のお湯を入れても安全に使えるよう、耐熱性を確認しておきましょう。特殊加工された耐熱ガラスなら、より快適に使えます。

なかには電子レンジ対応の急須もあるため、使いやすさを重視する場合はチェックしてみてください。お茶が冷めても温め直せるので、たくさんお茶を淹れてゆっくり飲みたいときにも便利です。

ステンレス製

By: amazon.co.jp

丈夫さや使い勝手のよさを重視する場合は、ステンレス製の急須がおすすめです。ステンレス製の急須は衝撃に強く、落としても割れにくいのが特徴。お年寄りや子供が使う場合も適しています。

また、ステンレス製の急須は軽快な湯切れも魅力です。ただし、ステンレス製ならではの金気があるので、繊細な味のお茶を淹れるよりも、ほうじ茶や玄米茶などの強い味わいのお茶を淹れるのに向いています。

樹脂製

By: amazon.co.jp

樹脂製の急須は比較的リーズナブルで、手に入れやすいのが魅力です。初期費用を抑えたい方や、水出し緑茶用などサブの急須としてもおすすめ。クリアカラーのモノは中身が見えるので、お茶の濃さや量が調節しやすいのもポイントです。

また、樹脂製の急須は丈夫で、衝撃に強いのも特徴。電子レンジには非対応ですが、軽量で扱いやすいため、子供がいる家庭や普段から頻繁に使う場合など、割れや落下が心配なシーンにもおすすめです。

急須とフタのすり合わせをチェック

By: amazon.co.jp

高品質な急須を選ぶためには、急須本体とフタの「すり合わせ」を確認するのがおすすめです。急須本体とフタが綺麗に重なると均一に蒸らせるので、注いだ温度のお湯を高温のままキープでき、より美味しいお茶が淹れられます。

また、すり合わせがよい急須はフタの隙間からお茶が漏れ出ないので注ぎやすく、熱いお茶を淹れるときも安全です。常滑焼など有名な産地で作られた急須や職人が手作りした急須には高品質なモノが多いので、選ぶ際の目安にしてみてください。

茶こしのタイプで選ぶ

ささめ・セラメッシュ

By: amazon.co.jp

ささめやセラメッシュなど、急須本体に穴が開いているタイプの茶こしは、茶こしを別で取り付けないので、急須内部の空間を広く取れるのが特徴。茶葉が浮かび上がったり舞い降りたりするジャンピングが起こりやすく、風味豊かなお茶が淹れられます。

ただ、ささめやセラメッシュの場合は茶こしが取り出せないので、手入れの手間よりも味わいを重視する方にぴったりです。特別な茶葉を使って淹れるときなど、お茶の美味しさを味わいたいシーンに適しています。

また、ささめやセラメッシュタイプの茶こしを選ぶ場合は、目が細かいモノを選ぶのがおすすめ。目が細かいと、深蒸し茶や麦茶などの細かい茶葉を使っても茶葉がこしやすく、茶こしの目詰まりも抑えられます。

ステンレス製メッシュ

By: amazon.co.jp

ステンレス製のメッシュを採用した急須は普段使いにおすすめです。目の細かいモノが多いため目詰まりも起こしにくく、茶葉の大きさにとらわれず使用可能です。

ステンレス製メッシュの茶こしには、大きく一体型と着脱タイプがあり、手入れのしやすさや抽出力が異なります。本体から取り外せるタイプの茶こしなら手入れも簡単。汚れが気になったときは、網だけ取り出して漂白できます。

とくに、手入れのしやすさを重視する方には、フッ素加工が施されているモノがおすすめ。茶葉がくっつきにくいので、よりスムーズに手入れできます。

一方、茶こしと一体になっているタイプは、お湯がしっかり対流し、茶葉の抽出力を高めやすいのがメリット。なかでも、急須の底までかご網が届いているモノなら、茶葉をしっかりお湯に浸けて抽出できます。重視するポイントに合わせて選んでみてください。

持ち手の形状をチェック

By: amazon.co.jp

急須の持ち手にはさまざまな種類がありますが、決まりはないので、用途や使い方に合わせて選んでみてください。一般的な急須の持ち手は「横手」と呼ばれるモノで、親指でフタを抑えながら注げるのが特徴です。

ほかにも、急須の上部に橋をかけるようにして持ち手が付いている「上手型」と呼ばれるタイプもあります。熱湯が入っている急須本体から離れた場所に付いているため持ちやすく、玄米茶やほうじ茶など、熱めのお茶を淹れるときにおすすめです。

また、持ち手が付いていない「宝瓶」と呼ばれる急須は、急須本体を掴んでお茶を淹れるため、熱が手に伝わりやすいのが特徴。玉露や上級煎茶など、低温でお茶を淹れる場合に向いています。

洗いやすいモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

急須をよく使う方は、洗いやすさにも注目して選ぶのがおすすめです。とくに、食洗機の使用を検討している場合は、食洗機に対応している急須かチェックしてみてください。

繊細な色付けが施されている急須は、色が剥げたり欠けたりする場合があります。ほかの食器と重ねたりすれ合わせたりすることが多い場合は、タフで使いやすい樹脂製の急須などがおすすめです。

また、手洗いする場合はフタの大きいモノがおすすめ。急須内部に手を入れて洗いやすく、隅々まで洗えます。

急須のおすすめ

きつさこ 洗いやすい茶こし付 味がまろやかになる 常滑焼 急須

常滑焼のレトロモダンな急須です。酸化鉄を含む陶器製の急須は、お茶の味をまろやかにするといわれており、渋みや苦味が強いお茶を淹れるのに適しています。

また、注ぎ口は液だれを抑える仕様で、キレがよく使いやすいのもポイント。300mlと使いやすいサイズで、初めて急須を買う方にもおすすめです。

茶こしには、ステンレス板にパンチングメッシュ加工を施したモノを採用。目が細かく凹凸がないため、茶葉が詰まるのを防いで手軽に使用可能です。茶葉が細かい深蒸しにもおすすめ。また、茶こしは取り外せるので、楽に手入れできます。

きつさこ 茶葉が詰まらない茶こし付 味がまろやかになる 常滑焼 黒泥急須

モダンなインテリアともマッチするおしゃれな常滑焼の急須です。「燻し焼き」で色付けられた上品なカラーは高級感があり、飾って楽しみたい方にもおすすめ。容量は300mlと使いやすいサイズのほか、水切れもよく、使いやすさも良好です。

急須の内部にはステンレス板に細かな穴を開けた茶こしを採用。茶葉が詰まらないので手入れも簡単です。凹凸もないため、洗い流すだけで茶葉を落とせます。茶葉が流れ出るのを防げるため、深蒸しにもおすすめです。

きつさこ 本格急須の入門 茶葉が広がる平丸急須

お湯を効率よく対流させられる平たい形状の常滑焼急須です。急須本体とフタのすり合わせもよいため、温度をキープしやすいのが魅力。冬場など寒い時期に、あたたかいお茶を飲みたいときにもおすすめです。

ささめタイプの茶こし用の穴が開いているのが特徴。急須内部でジャンピングが起こりやすいので、茶葉の香りが豊かに広がります。

また、注ぎ口が短いためお湯を注ぐ方向をコントロールしやすいのもポイント。さらに、水切れがよいので、急須に不慣れな方も楽に注げます。ほかにも、口が広く、急須の中に手を入れて洗いやすいため、よくお茶を淹れる方にもおすすめです。

ヤマキイカイ(YAMAKI:IKAI) ちゃーみる G-360

気軽にお茶を楽しみたい方におすすめの急須です。フタを省いた個性的な形状が特徴。口が大きいため、茶葉を簡単に入れられます。さらに、目の詰まったステンレスの茶こしを採用しているのもポイントです。

また、まるみを帯びたかわいらしいフォルムも魅力。落ち着いたカラーリングはモダンなインテリアともマッチします。昔ながらの横手急須を、おしゃれに使いたい方にもおすすめです。

ロロ(LOLO) SALIU 土瓶急須 結

細部までおしゃれなデザインの急須。美濃焼ならではのシックな質感とまるみを帯びたかわいらしいフォルムを合わせているのが特徴です。

持ちやすい上ハンドルは木製のモノを採用しています。自然素材を使ったぬくもりのあるデザインと優しい色合いのカラーリングは、洋室や和室を問わず合わせやすく、インテリアとしてもおすすめです。

ロロ(LOLO) SALIU 土瓶急須 祥

美濃焼きの窯元「功山窯」とのコラボレーションアイテムです。釉薬を塗った陶器ならではのグラデーションカラーが魅力。持ちやすい上ハンドルに天然木を使ったナチュラルなデザインで、和室にも洋室にもマッチします。

容量は約420mlあり、3〜4人用の急須としておすすめ。ステンレス製の茶こしは取り外しでき、使い終わった茶葉をきれいに洗い流せます。来客があったときや、毎日のティータイムにも便利な急須です。

西海陶器 SAIKAI マジョリカ SSポット

職人の手で模様をあしらった、和洋どちらにも合うモダンな磁器の急須です。艶やかな波佐見焼のボディに柄を描いており、ワントーンながら繊細なグラデーションが楽しめます。おしゃれなインテリアとしてもおすすめです。

容量550mlで4〜5杯のお茶が淹れられます。親戚の集まりや友人知人を呼んでのティーパーティーなどにも便利。茶こしは取り外しでき、食洗機にも対応しているため、手入れも簡単です。

また、茶こしが急須の底近くまであるので、少量のお湯でも茶葉の味わいを抽出できます。

西海陶器 essence esポット

白く艶やかな波佐見焼の表面に釉がけを施した遊び心あるデザインの急須です。モダンなデザインは和洋どちらにも合いやすく、紅茶やハーブティーなどともマッチします。伝統的な技法を使って職人自らの手で描かれており、インテリアとしてもおすすめです。

深型なので茶葉のジャンピングが起こりやすく、茶葉の味わいを引き出せます。目が細かいステンレス製の茶こしを採用しているため、粉茶を入れるのにもおすすめ。茶殻は水で洗い流せ、手入れも簡単です。

白山陶器 麻の糸 ポット L

白磁に深い色合いの線を彫り込んだモダンなデザインの急須です。色を付けた大きなフタのツマミは、フタを抑える指掛けとしても便利。ハンドルも大きく作られているため持ちやすく、実用的な急須としてもおすすめです。

700mlの大容量で、お茶を来客へ振る舞いたいときにも便利。急須の内部に茶こしが付いているささめタイプで、茶葉をしっかり踊らせて味わいを抽出できます。また、口が大きいので手入れもしやすく、普段使いの急須としてもおすすめです。

岩鋳(IWACHU) 鉄瓶兼用急須 5型新アラレ 12802

昔ながらのアラレ模様をデザインした南部鉄器の急須です。黒焼付仕上げを施した重厚な見た目はインテリアとしてもおすすめ。重量は約1.2kgと鉄器ならではの重みがあります。

650mlの大容量で、玄米茶やほうじ茶を淹れるのに便利。鉄瓶としても使える兼用タイプなので、直火にかけることも可能です。鉄分の溶け出したお湯を使いたい方や水を沸かしたい方にも向いています。

岩鋳(IWACHU) 急須 5型線引 12426

南部鉄器に日本の伝統色を色付けしたモダンなインテリアとしても映える急須です。線を引いた優美な模様が付いており、床の間や洋風のキッチンなど幅広くマッチします。

内部にはホーロー加工を採用しています。また、650mlと大容量なので、親戚や友人知人が集まる席にもおすすめ。鉄素材ならではの重厚感あるデザインと純粋なお茶の味わいを楽しみたい方におすすめです。

ロジ・アソシエイツ(Roji Associates) 南部鉄器 急須

NYの現代美術館MoMAにも展示された「ロジ・アソシエイツ」の南部鉄器で作られた急須です。インテリアとしてもおしゃれ。細部まで職人の技が光る南部鉄器を飾って楽しみたい方にもおすすめです。

カラーラインナップが豊富で部屋の雰囲気に合わせて選べます。また、本アイテムは厚みがあり、お茶の温度を高い状態でキープできるのも魅力。内部にはホーロー加工がされており、メンテナンスが簡単にできるため、毎日使う急須としてもおすすめです。

cotta 鉄器急須

金の花柄模様がおしゃれな鉄製の急須です。重厚感ある鉄素材に優美な花柄を合わせた異国情緒あるデザインは、中国茶・ハーブティー・日本茶などさまざまな国のお茶とマッチします。

鉄製ですが急須内部にはホーロー加工を施しているためサビが出にくく、普段使いにもおすすめ。600mlと大容量で、来客時にも便利に使えるアイテムです。

ハリオ(HARIO) 茶茶急須 丸 CHJMN-45T

茶葉の広がりを目で楽しめる耐熱ガラス製の急須です。急須の底近くまである大きめの茶こしが付いており、茶葉がスムーズに広がります。3〜4杯のお茶が淹れられる容量450mlのアイテムは、来客時の急須としてもおすすめです。

電子レンジに対応しており、冷めても手軽にあたためられるため、1人でゆっくりお茶を楽しみたいときにも便利。また、ステンレス製の茶こしは取り外しでき、口が広いため中まで手を入れやすいので、使用後の手入れも簡単です。

取っ手は洋風カップのようなデザインになっており、昔ながらの急須に不慣れな方にもおすすめ。モダンなデザインは、中国茶・日本茶・紅茶などさまざまなお茶とマッチします。

ハリオ(HARIO) ティオール・ウッド TEO-45-OV

木製のフタを採用したナチュラルなデザインの急須です。緑茶やハーブティーなど、さまざまなお茶とマッチします。ガラス製なので、茶葉の開く様子を楽しみたい方にもおすすめ。茶こしは回すだけで簡単に取り外しでき、口も広いため手入れも楽です。

700mlの大容量タイプですが、茶こしが急須の底近くに付いているので、少量のお湯でも十分に茶葉を開かせられます。好みの濃さになったら茶こしを引き上げられるため、濃さの調節がしやすいのもポイントです。

キントー(KINTO) UNITEA ワンタッチティーポット 8336

茶葉が開く様子を楽しめる透明度が高いガラス製の急須です。茶こしとフタが一体になっており、急須内部が広いため、ゆっくりと色が変わる様子を楽しめます。

720mlと大容量で来客時にも便利。少量でも茶葉をしっかりお湯に浸せるため、1人用としても使用可能です。電子レンジやティーライトキャンドルによる直火に対応しており、冷めても手軽にあたため直せます。

食洗機にも対応しているので、手入れも簡単。口が広いので奥まで簡単に手が届き、内部に残った茶殻をきれいに捨てられます。

イワキ(iwaki) レンジのポット 茶器 KT863

持ちやすくあたため直しやすいレンジ対応の急須です。400mlと大きめの容量ですが、レンジで簡単にあたため直せるので、ゆっくり1人でお茶を飲みたいときにも便利。茶こしが急須の底近くまであるため、少量でもしっかり茶葉の味わいを抽出できます。

茶葉の開く様子を見て楽しめるのも魅力。急須の底はプラスチックでカバーされているので安定感があります。

また、茶こしが自立するのもポイント。口が大きいため奥まで手が届き、茶殻も簡単に捨てられます。食洗機にも対応した、手軽に使いやすい実用的な急須です。

ヨシカワ 郷技 急須 横手タイプ ストレーナー付 YJ2441

サビに強い18-8ステンレス製の急須です。昔ながらの横手急須に慣れている方にもおすすめ。燕三条の職人が作っている精巧な作りで、フタのすり合わせも良好。丈夫で使いやすいのが魅力です。

18-8ステンレス製の急須はニオイ移りも少ないため、1つの急須でさまざまな香りのお茶が淹れられます。530mlと大容量で、来客時にも便利です。

煎茶堂東京 透明急須

「究極にシンプルにお茶を淹れられる」をコンセプトにデザインされた急須です。樹脂でできているため割れに強く、毎日タフに使えるのが魅力。取っ手がない宝瓶タイプなのでかさばらず、収納時もスマートです。

また、急須本体に厚みがあるので熱が伝わりにくく、気軽に持てます。1人用のお茶を淹れるのに適した容量120mlのコンパクトサイズのため、特別な茶葉を淹れるときにもおすすめです。

曙産業(AKEBONO) クリアティーポット L

割れや欠けに強いプラスチック製の急須です。耐熱温度も110℃あり、熱いお茶が飲みたい方にもおすすめ。透明度が高く、急須内部の様子が見えやすいため、ちょうどよい濃さのお茶が淹れやすいのも魅力です。

茶こしは急須の底近くまであるので、お茶の味わいを十分に抽出できます。水切れがよく、注ぎやすさも良好です。また、食器洗い乾燥機に対応しており、手入れしやすさを重視する方にもおすすめ。茶こしもプラスチック製なので、食器の圧迫などによる歪みを抑えて長く丈夫に使えます。