家族や友人などさまざまな人とテーブルを囲んで楽しめる「ボードゲーム」。カードやサイコロを使ったモノのほか、ユニークなデザインのモノも多数あります。

本記事では、おすすめのボードゲームをプレーヤーの人数や年齢ごとに分けてご紹介。子供と一緒に楽しめるシンプルでわかりやすいルールのモノから、高度な戦略を必要とする大人向けのモノまで、幅広いボードゲームを掲載しています。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

【子供も楽しめる】ボードゲームのおすすめ|2〜3人用

Gigamic Quarto mini

Gigamic Quarto mini

クラシック版の「Quarto」をコンパクトなサイズにしたボードゲームです。4種類のコマを形・色・穴の有無・高さのどれかで揃えて、いち早く直線状に並べるのを競うゲーム。並べるコマは相手から手渡されるルールです。

どこにコマを置けば勝利に近づけるか、相手に渡すべきコマはどれか、残っているコマはどの種類かなどを考慮し、白熱した心理戦も楽しめます。

また、コマを収納する袋が付属しているのもポイント。コマをなくしてしまうトラブルを予防できるのもメリットです。クラシック版に比べると、盤だけでなくコマも小さめ。外出先に携帯する場合はもちろん、収納時のスペースを取りたくない場合にもおすすめです。

学校教育やビジネスシーンで重要視されている論理的思考を養えるのも魅力。効率よく正しい結論に辿り着くための能力を高めたい方に適しています。

Gigamic PYLOS

Gigamic PYLOS

2人のプレイヤーが2色の玉を交互に積み上げ、ピラミッドの頂点を競い合うボードゲームです。戦略的に楽しめるだけでなく、デザイン性の高さでも支持を集めているのが特徴。世界中のプレイヤーから広く愛されています。

玉の並び方や配列次第で持ち玉が変動するルール。自分の持ち玉のみを四角形状に置けた場合には、盤上の持ち玉を1つまたは2つ溝に戻せるルールが採用されています。

対象年齢は8〜99歳。子供から大人まで幅広く楽しめる点もおすすめです。また、本ゲームは、工学的思考法を養いたい場合にもぴったり。工学的思考法とは、目的を達成するための手段を細分化し、さらに小さな手段に分割する思考です。

理系分野ではもちろん、個人の動機や行動などの際にも重要な思考能力を高めたい方に適しています。

Gigamic quoridor mini

Gigamic quoridor mini

携帯性に優れたコンパクトなサイズを採用しているボードゲームです。自分のターンでは、コマを進めるか相手の進行を妨げるフェンスを設置するか行動を選択可能。自分のコマを、より速く向かい側のゴールに進めたプレイヤーが勝利となるルールです。

自分の行動はもちろん、相手の選択によって状況が変化するので、深い戦略性も楽しめます。また、1つの判断ミスが勝敗に大きな影響を与える緊張感の高さもポイントです。

さらに、ゴールまでの距離や相手の出方を考慮して戦略を立てる頭脳戦を楽しめるのも魅力。数学的なロジックの能力を高めたい場合にもおすすめのゲームです。

すごろくや ゴブレットゴブラーズ

すごろくや ゴブレットゴブラーズ

5分ほどの短い時間で手軽に遊べるボードゲームです。3×3マスの盤面で、縦・横・斜め方向の1列に自分のコマを並べるのがルール。コマを置いたり動かしたりして、相手より早く並べたプレイヤーが勝利します。

また、コマのサイズが、大・中・小の3種類用意されているのもポイント。小さいコマに大きいコマを被せたり、外したりする行動も行えます。本製品は、一般的な三目並べと比較して戦略性が増しているゲーム。子供から大人まで幅広い層が熱中できます。

さらに、トサカの付いたキュートなデザインのコマを採用。Tシャツやキーホルダーなどのオリジナルグッズが販売されているのも特徴です。

くもん出版 NEWスタディ将棋

くもん出版 NEWスタディ将棋

初心者でも簡単にプレイできるボードゲームです。対象年齢は5歳以上と低め。将棋のコマ自体に動かし方が記載されており、初めて将棋をする場合にも楽しめます。

親と子供で将棋をする場合にもおすすめ。遊びながらコマの動きを学べます。また、詳しい解説書が付属しているのもポイント。コマの並べ方・動かし方・取り方などから、基本的なルール、実戦例などが解説されており、将棋への興味が高められます。

将棋の実力をアップさせたい場合には、スキルアップブックの利用もおすすめ。対戦で勝利するためのテクニックが詳しく解説されています。将棋の盤は、折りたたみ可能。収納する際のスペースが限られている場合にも便利です。

メビウス ガイスター

メビウス ガイスター

単純なルールながら面白いボードゲームです。2人のプレイヤーが4個ずつのよいオバケと悪いオバケを持ち、盤面に配置してゲームを始めるのがルール。ゲームに勝利する方法は、相手のよいオバケをすべて取る、相手が自分の悪いオバケをすべて取る、相手の陣地にある出口からよいオバケを脱出させるの3種類が用意されています。

オバケのよい・悪いの印は、相手から見えない設計。相手のオバケの種類を探る戦略的なバトルが楽しめる点もおすすめです。

ホビージャパン(HobbyJAPAN) アズール

ホビージャパン(HobbyJAPAN) アズール

タイル・アーティストとしてポルトガルのエヴォラ宮殿の壁を飾りつける2~4人用のボードゲームです。カラフルな装飾を施したタイルを使うため、目で見ても楽しめます。

ルールはシンプル。中央の工房展示ボードから順番に同じ色のタイルを取り、図案ラインの上に乗せます。図案ラインに乗せたタイルのなかから1枚を右側の壁に配置。誰かの壁に5枚のタイルが横1列に並んだ時点でゲーム終了です。

タイルの並べ方によって得点が異なり、得点を最も多く獲得したプレイヤーが最高のタイル・アーティストとして称賛されます。シンプルなルールながらも、戦略を突き詰めていくと奥深く、8歳の小さい子供から大人まで幅広い年齢層の方におすすめです。

ホビージャパン(HobbyJAPAN) ドブル

ホビージャパン(HobbyJAPAN) ドブル

シンプルながらも瞬発力・観察力・記憶力が試される、スピード勝負のボードゲームです。55枚のカードにはさまざまなマークが描かれており、全プレーヤーが2枚に共通するマークを一斉に探し出します。

共通するマークを見つけた場合は宣言し、捨てたり別の場所に置いたりして得点。気分やプレーヤーの人数に合わせてさまざまな遊び方ができます。2〜8人まで対応しており、パーティーシーンにもおすすめです。

6歳以上の子供から遊べるシンプルなボードゲームながらも、大人でも集中しなければ勝つのは難しく、大人より子供が強いゲームとしても有名。1回15分程度で終わるため、夕食後や就寝前などの空き時間を使って手軽に楽しめます。

アークライト ザ・マインド

アークライト ザ・マインド

プレイヤー全員で協力し、数字が小さい順に手札を出し切ることを目指すボードゲームです。手札を出す人の順番は決まっておらず、出したいときに出せます。

しかし、コミュニケーションは禁止。ルールはシンプルで覚えやすいものの、クリアするにはほかの人が持っているカードの数字を直感で当てる必要があります。

言葉を交わせない分、相手の手札を知るためには観察眼が必要。仲のよい友人や家族と楽しむときも、自分の手札を出すときには独特の緊張感があります。

ルールはシンプルなので8歳以上の子供から遊べ、家族や友人で楽しむのもおすすめ。1回20分程度と短時間でプレイでき、空き時間に手軽に遊べます。2〜4人まで対応しており、夫婦や恋人にもおすすめです。

【子供も楽しめる】ボードゲームのおすすめ|4人以上

幻冬舎 はぁって言うゲーム

幻冬舎 はぁって言うゲーム

与えられたお題に沿って「はぁ」という声と表情だけで演技し、ほかの人に当ててもらうボードゲームです。「はぁ」の一言に怒り・悲しみ・感心など、さまざまな感情を込める演技力が試されます。

お題を当てた方にも当てられた方にも両方に得点が入り、最後に得点の多かった人が勝者です。1回約15分の短時間で終わるため、空いた時間を使って手軽に楽しめます。

3~8人の大人数に対応しており、パーティーゲームとしてもおすすめ。シンプルなルールで覚えやすく、親戚の集まりや会社の飲み会などにも向いています。8歳以上を対象としており、クリスマスやお盆に家族で楽しみたい方にもおすすめです。

ワンナイト人狼 ワンナイト人狼 1nite001

ワンナイト人狼 1nite001

ワンナイト人狼は、ネットやテレビでも有名な人狼ゲームをより手軽に楽しめるボードゲームです。人狼ゲームは1回約1時間かかりますが、本ボードゲームなら1回約10分で楽しめます。

ワンナイト人狼の特徴は、話し合いが1回のみである点です。プレーヤーは人狼と村人とに分かれ、昼に1回だけ話し合いをして人狼を見つけ出し処刑します。人狼を処刑できれば村人チームの勝ち、誤って村人が処刑されると人狼チームの勝ちです。

枚数は少ないながらも、ほかの人のカードを知れる占い師や、ほかの人とカードを交換できる怪盗の役職もあります。短時間で頭をフル回転させる必要があり、手軽に集中して楽しみたいときにおすすめです。

プレイ可能な人数は3〜7人と幅広く、家族団欒のときからパーティーシーンでも便利。初心者でもルールがわかりやすく、10歳以上の子供とも一緒に遊べます。

ホビージャパン(HobbyJAPAN) ディクシット

ホビージャパン(HobbyJAPAN) ディクシット

2010年にドイツ年間ゲーム賞を受賞したほか、19ものゲーム賞を受賞またはノミネートされた人気ボードゲームです。対象年齢は8歳以上で、子供も一緒に遊べます。3〜6人に対応しており、家族や友人とのプレイにおすすめです。

ルールは簡単で、まず、語り部を担当するプレーヤーが6枚ある手札のなかから1枚を選び、カードに描かれた絵から連想する言葉を言います。ほかのプレーヤーは自分の手札から、言葉と最もマッチしそうな手札を場に出します。

語り部は場に出されたカードと自分が選んだカードをシャッフル。語り部以外のプレーヤーは語り部が出したカードだと思うモノに投票し、結果によってポイントを獲得します。語り部は全員ハズレでもアタリでもポイントを獲得できないので、言葉選びが重要です。

ホビージャパン(HobbyJAPAN) チャレンジャーズ!

ホビージャパン(HobbyJAPAN) チャレンジャーズ!

自分のデッキを強化し、バトルを有利に進める楽しみが味わえるボードゲームです。プレイヤー同士が、デッキフェイズとマッチフェイズで構成されるラウンドを通じてバトルを行うのが特徴。デッキフェイズではカードの入手や除外によってデッキを構築、マッチフェイズでは対戦相手の1人とバトルを開始します。

実際の対戦ではカードをめくるだけですが、自分のデッキを使って効果的に相手と戦う戦略性の高さもおすすめのボードゲームです。

マテル ブロックス

マテル ブロックス

ホワイトカラーのボードにさまざまな形のピースを置いていくボードゲームです。赤・黄・緑・青の4色のピースは形状が複数種類あり、パズルのように配置していけるのが特徴。より広い陣地を確保したプレイヤーが勝利するルールです。

対象年齢は7歳以上なので、小さな子供でも楽しむことが可能。プレイ可能な人数は2〜4人で、家族でワイワイとボードゲームで遊びたい場合にも適しています。

プレイに要する時間は15〜20分程度。比較的短時間でサクッと楽しめる点もおすすめです。

Oink Games ナインタイル ポケモンドコダ!

Oink Games ナインタイル ポケモンドコダ!

ゲームやアニメとして高い知名度を得ている「ポケットモンスター」のボードゲームです。カードの絵にある通りポケモンタイルを並べていくゲーム。目当ての絵柄をより早く見つけて、タイルを揃えたプレイヤーが勝利するルールです。

多彩なポケモンが描かれたポップなカードを採用しているのもポイント。10秒ほどで簡単に理解できるシンプルなルールで、対象年齢は6歳以上です。子供から大人まで幅広い方が楽しめます。

ジーピー ウボンゴ スタンダード

ジーピー ウボンゴ スタンダード

スワヒリ語で「脳」を意味する「ウボンゴ」の名を冠したボードゲームです。複数種類のパズルボードが用意されており、サイコロをふってどの問題を解くか決定するのが特徴。砂時計が落ちるまでにパズルを完成させるのが目的です。

海外で小中学校の教材として採用されており、大人の脳トレとしてもおすすめ。家族でワイワイと楽しみながら遊べるゲームです。複数人でプレイする場合には、9ラウンドパズルを行ってクリアした際に貰える宝石の数を競い合います。対象年齢は8歳以上で、プレイ人数は1〜4人に対応している製品です。

タカラトミー(TAKARA TOMY) 人生ゲーム

タカラトミー(TAKARA TOMY) 人生ゲーム

すごろくタイプのボードゲームとしては定番の「人生ゲーム」シリーズに属する製品です。ルーレットを回し出た数だけコマを進め、止まったマスの指示に従いながらゴールを目指すゲーム。さまざまな職業に就いたり結婚したりと、仮想の人生を体感しながら楽しめるのが魅力です。

すごろくの盤面としては、ベーシックステージと繋げて遊べる4つのエリアが付属。子供時代から就職前までのジュニアエリアや人生に一息入れるトラベルエリア、株やお宝などのチャンスがつかめるチャンスエリア、さまざまなことに挑戦するネクストエリアなどを組み合わせ、プレイ時間を調節できるのもメリットです。

用意されている職業は、全部で31種類と豊富。車型のコマに乗せる人物ピンは6色用意されています。

Arclight Games ito

Arclight Games ito

イラストレーターとして知られる326(ナカムラミツル)が、ゲームデザインやイラストを担当しているボードゲームです。プレイヤーはそれぞれ数字の入った手札を持ち、テーマカードのお題に沿って自分の数を表現。参加プレイヤーが協力して所持するカードの数字を想像、小さい順に正しく出せればゲームをクリアできます。

通常の「クモノイト」ルールで行う場合のプレイ可能人数は2〜10人と、少人数から大人数まで幅広く対応可能。協力だけでなく裏切りの行動ができる「アカイイト」ルールでは、4〜10人のプレイヤーで楽しめます。

【大人向け】ボードゲームのおすすめ|2人用

ホビージャパン(HobbyJAPAN) 宝石の煌き デュエル

ホビージャパン(HobbyJAPAN) 宝石の煌き デュエル

宝石の煌き デュエルは、ベストセラーの「宝石の煌めき」から派生した2人向けのボードゲームです。プレーヤーは、ルネッサンス期を舞台に宝石商ギルドの長となり、高品質な宝飾品を作り出すことでライバルと富や威信を競い合います。

プレーヤーは自分の順番が回ってきたときに、宝石トークンの収集や宝石カードの購入を実行。威信ポイントや王冠を獲得することで、勝利を目指します。

宝石トークンは取り方が決まっており、取り方を変えることでほかのプレーヤーを邪魔できるのも面白い点です。「特権の巻物」を使うことで宝石を獲得できるギミックもあり、宝石の煌きをプレイ済みの方も新鮮にプレイを楽しめます。

ホビージャパン(HobbyJAPAN) ジャイプル

ホビージャパン(HobbyJAPAN) ジャイプル

インドにあるラジャスタン州の州都、ジャイプルを舞台にしたボードゲームです。2人のプレーヤーは、相手よりも多くのルピーを稼ぐことで、マハラジャ専属の商人になることを目指します。

ルピーは品物のカードを売却することで稼げ、よい取引を成立させることでさらに稼ぐことも可能です。市場に品物が飽和するとラウンド終了。より多く稼いだ方のプレイヤーが「優秀の証」を手にし、先に2枚獲得した方が勝利します。

ルールはシンプルながらも、集める品物の種類や売却のタイミングを考えると奥が深く、さまざまな駆け引きが楽しめます。1回あたり約30分と適度に短い時間で楽しめるので、夕食後や就寝前などの空き時間におすすめです。

ホビージャパン(HobbyJAPAN) 2人でお茶を

ホビージャパン(HobbyJAPAN) 2人でお茶を

アリスと不思議の国の世界を舞台にしたボードゲームです。デッキを構築し、1対1のバトルを楽しめるのが特徴。各ラウンドで自分のデッキの1番上にあるカードをめくり、数値の大きいカードを出したプレイヤーが勝利します。

勝利したプレイヤーは、カードの効果を使用、または新しいカードを購入することが可能。また、砂時計トークンを使って懐中時計上の時間を進め、時間の効果を適用できます。

プレイヤーは、デッキを強化しながら砂時計やタルト、ピンクのフラミンゴを収集。星と呼ばれる勝利点をより多く獲得したプレイヤーが勝者となります。戦略性の高い対戦型ボードゲームを求めている場合にもおすすめです。

クロノノーツゲームズ(Chrononauts Games) バトルライン

クロノノーツゲームズ(Chrononauts Games) バトルライン

ポーカーのように相手よりも強い役を作り、9つのフラッグを奪い合う2人用のボードゲームです。プレーヤーは9つのフラッグの前へ1枚ずつ順番に手札を出し合い、強い役を完成させた方がフラッグを獲得できます。

5つのフラッグを奪うか、3つの連続するフラッグを獲得した方が勝者です。シンプルなルールながらも、カードの配置や手札を出す順番などの戦略を考え始めると奥が深く、頭脳戦が楽しめます。

また、ほかのカードの代わりにしたり、役を無効にしたりできる「戦術カード」があるのも面白いポイント。強い役が作れた場合も状況をひっくり返される可能性があり、最後まで適度な緊張感があります。

アークライト ウイングスパン 東洋の翼 完全日本語版

アークライト ウイングスパン 東洋の翼 完全日本語版

人気ボードゲーム「ウイングスパン」の独立型拡張セットです。プレーヤーは鳥獣保護区を管理する鳥類愛好家となり、さまざまな種類の鳥を呼び寄せて楽しみます。

「つがいモード」では1〜2人でプレイ可能。「群鳥モード」では6~7人で遊べます。家族や恋人と少人数で楽しみたいときから、友人を呼び大人数で楽しみたいパーティーシーンにもおすすめです。

また、鳥カードの配置や組み合わせを楽しめるゲーム性だけでなく、鳥カードに描かれた美しい鳥の絵や豆知識も魅力。本製品は東洋の鳥を描いており、トキ・カワラバト・キジなど日本人に親しみがある鳥も多く登場します。

トゥールームス 協力して少女を救い出せ!

トゥールームス 協力して少女を救い出せ!

吸血鬼が住んでいると噂される霧に覆われた古い館を舞台とし、「ニーナ」と呼ばれる行方不明の少女を探すボードゲームです。

2人のプレイヤーは交互に手番を行い、山札からキャラクターカードを引いて、2つの部屋のどちらかに入れます。部屋のなかにカードがある場合には、それぞれを確認して記載されている効果を発動するのが特徴です。また、片方が手番を行っている間、もう一方のプレイヤーが目を閉じておくのもポイントです。

吸血鬼の主人とされる「マント」を攻撃できれば、ニーナ探索フェイズへの移行が可能。ニーナのカードが2つの部屋、山札のどこにあるか推理し、正解できればゲームはクリアとなります。

目を閉じている間のできごとに思考を巡らせ、推理力を働かせて楽しめる点もおすすめです。

DOMINA GAMES レムレース

DOMINA GAMES レムレース

1〜2人用に設計されている超高難易度のダンジョン攻略型ボードゲームです。プレイヤーは姉妹のうちの1人になって、恐ろしい噂のある無人城を探索。古城の内部はプレイごとに変化するので、繰り返し楽しめます。

また、プレイヤーの選択でエンディングが変化するのもポイント。難易度が高く、じっくりとボードゲームを楽しみたい場合にもおすすめです。

ファンタジー フライト ゲームズ スターウォーズ デッキビルディングゲーム

ファンタジー フライト ゲームズ スターウォーズ デッキビルディングゲーム

名作映画「スターウォーズ」のボードゲームです。自分のデッキを構築し、2人のプレイヤーで対戦できるゲーム。スターウォーズのエピソード4〜6やローグワンを鑑賞した方向けにデザインされています。

ルールはシンプルながら選択肢が多く、考えながらゲームをプレイできるのも特徴。自分好みのデッキをしっかりと構築する楽しみも味わえます。

また、ルークやダース・ベイダーなど、スターウォーズのキャラクターが多数登場するのもポイント。スターウォーズファンであればより楽しめるボードゲームです。

CHESS JAPAN ヴァヴェル 41cm

CHESS JAPAN ヴァヴェル 41cm

白と黒のコマを動かし、相手のキングと呼ばれるコマを追い詰めるボードゲームです。将棋の起源とも呼ばれるチェス。世界中に熱狂的なファンが存在するボードゲームとしても知られています。

本製品はアンティークのような雰囲気が味わえる外観を有しているのも魅力。ポーランドの職人によって一つひとつ丁寧に作られており、品質の高さも感じられます。

また、木製のあたたかみを感じられるのもポイント。ゲームとしてだけでなく、インテリアとしても楽しめるおすすめの製品です。

ハナヤマ かつのう 立体四目

ハナヤマ かつのう 立体四目

シンプルで奥が深い立体的な四目並べが楽しめるボードゲームです。盤上に付いた16本の棒に球を順番に差していくゲーム。自色の球を縦・横・斜めに4つ直線で並べたプレイヤーが勝利するルールです。

ルールはシンプルで、6歳以上の子供がプレイできる設計。四方八方に注意を払って立体的に物体を捉える必要があり、知育系のボードゲームとしてもおすすめです。

また、相手の手を読んで自分の手を変更するなど、戦略的な思考が求められる点もメリット。奥の深いゲームを楽しみたい場合にも適しています。さらに、球を収納するトレーが付いているのもポイント。外出先に携帯する場合にも便利です。

【大人向け】ボードゲームのおすすめ|3〜4人用

ジーピー カタン スタンダード版

ジーピー カタン スタンダード版

世界中で多くの方にプレイされているボードゲームです。カタンと呼ばれる無人島を舞台にしているのが特徴。プレイヤーは、家を拠点として島全体を開拓していきます。

ほかのプレイヤーと開拓を競い合い、最初に10点を獲得したプレイヤーが勝利するルール。開拓地は、サイコロをふることによって産出される資源をもとにして建てられます。

また、対戦相手と資源の交換ができるのもポイント。資源が集まらない場合でも、積極的にコミュニケーションを取ってゲームを有利に進められます。対象年齢は8歳以上と子供でもプレイできるゲームですが、大人もハマりやすい人気製品です。

ホビージャパン(HobbyJAPAN) ドミニオン 第二版

ホビージャパン(HobbyJAPAN) ドミニオン 第二版

ドミニオンと呼ばれる領土を拡大するのが目的のボードゲームです。中世ヨーロッパの小王国領主となったプレイヤーは、銅貨と屋敷のみの小さなデッキを所持してゲームをスタート。ゲーム中にさまざまな能力を有したカードを購入し、デッキを強化しながら領土を拡大します。

本製品は、旧版を含めたドミニオンの拡張デッキとあわせてゲームプレイできるのがポイント。旧版からは6枚のカードがなくなり、新たに7枚のカードが追加されています。

対象年齢は14歳以上と高め。心理戦を楽しみたい場合はもちろん、戦略を立ててゲームをプレイしたい場合にもおすすめです。

ホビージャパン(HobbyJAPAN) コードネーム

ホビージャパン コードネーム

2つのスパイチームに分かれ、単語のヒントを使って味方のスパイを見つけ出すボードゲームです。味方のエージェントは全部で25人おり、スパイマスターが出す単語のヒントだけを使って当てます。

敵チームよりも先に味方のエージェントを全員見つけたチームの勝利。1つの単語で複数のエージェントを表すこともでき、スパイマスターの表現力と単語のつながりを見抜く力が試されます。

さらに面白いのは、「暗殺者」が隠れている点です。スパイマスターが出した単語の意味を勘違いし、暗殺者に1回でも触れるとゲームオーバー。4人以上でプレイすれば競技性も増します。2~8人以上で楽しめ、パーティーゲームとしてもおすすめです。

ホビージャパン(HobbyJAPAN) クロックワーカー

ホビージャパン(HobbyJAPAN) クロックワーカー

クロックワーカーの舞台は、人類が捨て去った後の地球です。荒廃した地球に残されたのは旧式のロボット。数年後、ロボットたちに自意識が芽生え、工場や機械を再稼働させることで人類が残した技術を再発明し出します。

本ボードゲームの目的は、工場を効率的に運営し勝利点を稼ぐことです。プレーヤーは、「ワーカー」のコマを移動させることで資源を獲得したり施設を修復したりし、得点を獲得できます。

勝利の鍵を握るのは、ワーカーの配置と資源獲得のタイミング。配置や資源の取得にはルールがあり、戦略を練る楽しさもあります。1回のプレイ時間は約45分で、じっくり遊びたい方にもおすすめです。

Arclight Games テラフォーミング・マーズ・カードゲーム アレス・エクスペディション 完全日本語版

Arclight Games テラフォーミング・マーズ・カードゲーム アレス・エクスペディション 完全日本語版

火星開拓ゲームとして知られる「テラフォーミング・マーズ」を一新したボードゲームです。プレイに要する時間が短縮されており、気軽に遊べるのが特徴。プレイ可能人数は1〜4人、プレイ時間は60分以上です。

星間企業の1つを牛耳って火星を地球化するのがプレイヤーの目的。ほかのプレイヤーよりも利益を出した場合に勝利できます。

また、ゲーム盤やプレイヤーボードなどがコンパクト化されているのもポイント。カードデザインも改良されており、快適にプレイできる点もおすすめです。

Borderline Editions Kluster

Borderline Editions Kluster

マグネットのコマを使って遊ぶボードゲームです。ゲームプレイ人数は1〜4人。プレイヤーは配られたマグネットをオレンジのナイロンコード内に順番に置いていきます。

勝利条件は、いち早く手持ちのマグネットをなくすこと。マグネット同士がくっついてしまった場合には自分の手持ちになるので、間隔を保ちながらうまく置いていく楽しみが味わえます。

コードを引っ張ったりマグネットを利用したりして、ほかの磁石を動かすことも可能。マグネットの置き方などを指定される10種類のアクションカードも付属しており、複数人でワイワイと盛り上がれる点もおすすめです。

やのまん ファーム・ウィズ・ブラウニーズ 商会研修!

やのまん ファーム・ウィズ・ブラウニーズ 商会研修!

ファンタジーの世界を舞台にしたボードゲームです。商会発展ゲームとして知られており、生産や売買を繰り返して商売を楽しめるのが魅力。プレイヤーはパン工房や装飾品店なども建設でき、町一番の商会を目指します。

お店を建てたり、建てたお店の効果を使用したりした際には勝利点が得られるシステム。いち早く10点以上の勝利点を獲得したプレイヤーが勝利するルールです。

イラストレーターの里瀬ほとりによって描かれたかわいらしいイラストも魅力。カードのデザインにこだわりたい場合にもおすすめのボードゲームです。

メガトイ みんなでカンパイ!飲みジャン

メガトイ みんなでカンパイ!飲みジャン

居酒屋のメニューカードで役を作る、大人向けのボードゲームです。麻雀のリーチの代わりに「ピンポン!」、ツモやロンの代用としては「カンパイ!」という言葉が使われます。

うまく役を作ってカンパイ!し、ジョッキに「カンパイポイント」というコインをもっとも多く貯めたプレイヤーが勝利するルール。麻雀のようなプレイスタイルと居酒屋のメニューが描かれたカードが魅力です。

また、山札からカードを引いて値段の合計でブラックジャックをするゲームや、裏返したカードをめくって同じ絵柄のモノを当てるゲーム、同じカードを揃えて手元のカードを減らしていくゲームなどもプレイ可能。トランプのようなルールでゲームが楽しめます。

ジーピー ロビンフッドの冒険

ジーピー ロビンフッドの冒険

プレーヤーの選択によって物語が変わる協力型のボードゲームです。プレーヤーはロビンフッドやリトル・ジョンとなり、物語の完結を目指します。

物語が書かれたゲームブックは200ページ以上あり、多くの選択肢が存在。繰り返し遊ぶ場合も、前回とは違う選択肢を取ることで新鮮な物語の進行が楽しめます。

プレイ時間の目安は約60分。腰を据えてゆっくりボードゲームの世界に浸りたい方へおすすめです。本ボードゲームは、伝説的な義賊ロビンフッドがいたと言われる中世イングランドを舞台にしており、ファンタジーの世界が好きな方にも向いています。

ニューゲームズオーダー(New Games Order) モダンアート

ニューゲームズオーダー(New Games Order) モダンアート

1992年の発売以降長く愛され続けているボードゲームです。ドイツゲーム大賞・ゲーム・オブ・ザ・イヤー・日本ボードゲーム大賞など、世界中で賞を受賞しています。

本ゲームで、プレーヤーは画商としてオークションに参加し、所有した絵をより高く売ることを目指します。競りの緊張感が楽しめるゲーム性だけでなく、盤面に並ぶ絵画カードの美しいデザインも魅力的なポイントです。

【大人向け】ボードゲームのおすすめ|5人以上

Kawada スコットランドヤード

Kawada スコットランドヤード

ロンドン市内で潜伏および逃走している怪盗Xを、ロンドン警視庁「スコットランド・ヤード」の敏腕刑事が追跡して逮捕するボードゲームです。怪盗Xと刑事側に分かれてゲームを楽しめるのが特徴。怪盗Xが逃走するか、刑事側が協力して怪盗Xを逮捕すれば勝利になるルールです。

対象年齢は10歳以上、プレイ人数は3〜6人に対応。会話によるコミュニケーションをもとに戦略を立ててゲームがプレイできます。

ルールはわかりやすく、使用するアイテムも少なめ。シンプルなルールでスリリングな心理戦を楽しめる点もおすすめです。

ハズブロ(Hasbro) リスク

ハズブロ(Hasbro) リスク

フランスの映画監督として知られるアルベール・ラモリスによって考案されたボードゲームです。2〜5人のプレイヤーが楽しめるターン制のルールを採用。プレイヤーは、ナポレオン時代の政治区分を模した世界地図上でゲームをプレイします。

地図は42の領土に分かれており、軍隊を指揮するプレイヤーはすべての領土を奪うのが目的。世界を征服したプレイヤーが勝利するルールです。

歩兵コマ・騎兵コマ・砲兵コマなど3種類の軍隊コマがあるのもポイント。それぞれのコマは、軍の大きさを表しています。また、裏切り・同盟・奇襲攻撃などの要素が含まれているのもメリット。戦場での心理戦や戦略的要素の高さを楽しめる点もおすすめです。

Ravensburger ディズニー・ヴィランズ

Ravensburger ディズニー・ヴィランズ

ディズニーアニメの悪役「ヴィランズ」が多数登場するボードゲームです。プレイヤーは好みのヴィランズを1人選んでゲームをスタート。特殊能力や味方の力などを利用し、ヒーローと戦いながら目的を達成したプレイヤーが勝利するルールです。

ヴィランズの種類は、フック船長・マレフィセント・ハートの女王・アースラ・ジャファー・プリンスジョンなど。選択するヴィランズによってゲームの進め方が異なるのもポイントです。

プレイ人数は2〜6人。プレイ時間は40〜120分と長く、大人数でたっぷりボードゲームを楽しみたい場合にもおすすめです。

JELLY JELLY GAMES ことば落とし

JELLY JELLY GAMES ことば落とし

お笑い芸人として知られる千原ジュニアがゲームデザインを担当しているボードゲームです。親プレイヤーは、3分以内のトークにランダムに指定されたワードを紛れ込ませます。親以外のプレイヤーは指定ワードを当てるのが目的。ワードがバレなければ親プレイヤーの勝利になるルールです。

ワードカードは80枚。3分以内で行うトークのテーマカードは20枚付属。多彩なワードやテーマが用意されており、繰り返し遊べる点もおすすめです。

Oink Games 薮の中

Oink Games 薮の中

芥川龍之介の小説をモチーフに作られているボードゲームです。殺人現場の目撃者となったプレイヤーの目的は、ほかのメンバーと情報を照らし合わせて容疑者3人のなかから真犯人を探し出すこと。証言の食い違いによって生じる混乱を推理し、事件の真相に迫る楽しみを味わえます。

犯人を推理できたプレイヤーは、正解の犯人に賭けるだけでなく情報を操作してほかのプレイヤーを陥れることも可能。自分の失点は避けつつ、ほかのプレイヤーに失点を与えてうまく立ち回るのがゲームのコツです。

推理や心理戦などが楽しめるボードゲームを求めている場合にもおすすめです。

やのまん 迷宮推理

やのまん 迷宮推理

殺人事件の起こった館を捜索して証拠を収集し、犯人を見つけ出すボードゲームです。プレイヤーのなかに潜む犯人を時間内に暴き、トリックや凶器を明らかにするのが目的です。

捜索側と犯人側に分かれてプレイできるのが特徴。犯人を探すだけでなく、殺人事件を隠匿する視点でゲームを進められます。

また、各種犯罪事例が収録された犯罪ファイルが付属しているのもポイント。初めて犯人役をする際に参照し、模範的な犯行を行えます。

ホビージャパン(HobbyJAPAN) スカル

ホビージャパン(HobbyJAPAN) スカル

手軽に心理戦が楽しめるシンプルで奥深いボードゲームです。プレーヤーは4枚のディスクを持つところからスタート。4枚あるディスクのうち3枚には花が描かれていますが、1枚だけスカルが描かれています。

プレーヤーは1人1枚ずつ順番にディスクを出し、花だけをめくり切れると思ったタイミングで数字を宣言。宣言した数字の最も大きい人が、場にあるディスクをめくり始めます。宣言した枚数だけ花をめくりきれれば1勝し、計2勝した人が勝者です。

ブラフの数字を宣言することでほかのプレーヤーをはめたり、花のディスクだけを出して勝負に出たり、状況に合わせてさまざまな手が考えられます。手軽に緊張感のあるボードゲームを楽しみたい方におすすめです。

ニューゲームズオーダー(New Games Order) コヨーテ 568

ニューゲームズオーダー(New Games Order) コヨーテ 568

コヨーテは2〜10人までの幅広いプレイ人数に対応したボードゲームです。ゲームがスタートすると、全プレーヤーに1枚ずつ数字付きのカードが配られます。全員が自分の数字を見ないよう額に掲げ、周囲の数字のみを見て合計数を当てるゲームです。

最初の人は予想した合計値よりも少ない数を宣言。次の人は、合計値がより大きいと思う場合は、より大きい数を宣言します。合計値をオーバーしたと思った場合は、「コヨーテ」と声を上げ全員のカードの合計値を確認します。

合計値を確認し、数字がオーバーしていた場合は数字を宣言した人の負け。オーバーしていない場合はコヨーテと声を上げた人の負けです。負けた人はライフが1つ減り、ライフがなくなったプレーヤーから脱落します。

本ゲームが面白いのは、自分の手札が見えない分、プレーヤー同士の心理戦が必要となる点です。特に宣言の順番が後ろになるほど数字は大きくなり、緊張感が増します。

コザイク(Cosaic) ゲスクラブ 第2版

コザイク(Cosaic) ゲスクラブ 第2版

プレーヤー同士で価値観のズレを楽しめるボードゲームです。推測するという意味の「guess」を名前に持つ通り、ほかの人の考えを推測することが勝利の鍵を握ります。

本ボードゲームは、全プレイヤーがお題に対して6つの回答を考えるところからスタート。1人1つずつ回答を発表し、回答が一致する人がいた場合はチップを獲得。回答が被らなかった場合はチップを支払います。最後に最も多くチップを獲得した人が勝ちです。

大きくチップを獲得したい場合は賭けもできます。賭けに勝つと大金を手に入れられ、ゲーム終了時点まで勝者がわからないのも楽しめるポイントです。

アークライト ブラフ

アークライト ブラフ

名前が表す通りプレーヤー同士の心理戦を楽しめるゲームです。全プレイヤーは最初に自分のカップに入ったサイコロを振り、自分の出目だけを確認。特定の目に関して数を推理し、宣言します。

ほかのプレーヤーが「チャレンジ」すると全員がカップを開け、実際の数を確認可能。宣言した数より実際の数が多い場合は宣言した側が勝ち、少ない場合はチャレンジャー側の勝ちです。負けた側は、実際の数と宣言した数の差分だけサイコロを失います。

差分が大きいと1回で脱落する恐れもあり、スリルのあるボードゲーム。宣言できる出目の数は終盤に向けて増加し、サイコロを一気に失うリスクもアップします。

ボードゲーム選びのポイント

By: amazon.co.jp

ボードゲームは、遊ぶ人の年齢や人数などに合わせて選ぶのがポイントです。例えば、子供を含めた家族や親戚で一緒に遊ぶときは、対象年齢の低いモノが適しています。家族や親戚の人数が多い場合は、プレイ人数も重要です。

また、平日の夕食後や就寝前など、プレイ時間が限られている場合はプレイ時間の確認も大切。短時間で遊べるモノなら、より手軽に楽しめます。似通ったモノで迷ったときは、受賞作品から選ぶのもおすすめです。

ボードゲームの売れ筋ランキングをチェック

ボードゲームのランキングをチェックしたい方はこちら。