三輪車は、自転車にチャレンジする前の体が小さい子供におすすめの玩具です。手押し棒付きのモノや日差しから子供を保護するサンシェード付きのモノなど、近年では、便利な機能を備えたさまざまな製品が存在します。

そこで今回は、おすすめの三輪車をご紹介。選び方のコツも解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

三輪車デビューは何歳ぐらいが目安?

By: smartrike.jp

三輪車のデビューは、子供がサドルにしっかりと安定して座れる1歳頃が一般的。子供自身の力でペダルを漕いで進むのは難しいですが、直接地面を蹴れるモノや手押し棒付きのモデルであれば、1歳でも充分楽しめます。

3~4歳くらいになると体が大きくなり、三輪車のペダルが漕ぎにくくなるので注意が必要。三輪車のデビューは1歳頃、卒業は3~4歳が目安ですが、子供の体格や発達状況に合わせて選択するのがおすすめです。

三輪車の選び方

年齢や体格に合ったモデルを選ぼう

1歳前後は手押し棒付きが安心

By: amazon.co.jp

自分の力でペダルを漕ぐのが難しい1歳頃の子供には、手押し棒付きの製品がおすすめ。三輪車の後ろに大人がつき、手押し棒を押して三輪車を進められます。三輪車の進行する方向を大人が操作したい場合には、「舵取り機能」を搭載した製品が便利。手押し棒と前輪が連動しているモデルなら、子供が舵を取れなくても左右に曲がれます。

手押し棒を押して三輪車を前進させる際は、子供の足をステップやペダルに載せておくのが重要。足を地面に引きずったり車輪で轢いてしまうことのないように気をつけましょう。また、子供が1人でペダルを漕げるようになると、手押し棒の重さが妨げになる場合もあります。成長に合わせて手押し棒を取り外せるタイプなら、長期間使用できて便利です。

また、子供を1人で乗せるのに不安を感じる場合には、転落を予防するガードやシートベルトなど安全機能を搭載した製品が適しています。

2歳くらいからは1人で乗るタイプもおすすめ

By: amazon.co.jp

2歳くらいの子供なら、1人で乗れる三輪車がおすすめ。2歳を過ぎると1歳の頃に比べて体も大きくなり、三輪車にまたがった際に地面に足がつきやすくなります。ペダルを漕ぐ脚力がついている子供も多くなるので、2歳くらいの子供用に三輪車を購入する場合はスタンダードなタイプを選択してみてください。

また、漕ぎやすい三輪車を求める場合は、ゴム製のタイヤを採用しているモデルやシンプルなデザインで軽量なモデルが便利です。

年齢だけでなく子供の体格や体重も参考に

By: amazon.co.jp

三輪車を購入する際は、記載されている対象年齢を参考にするのが一般的。ただし、体格には個人差があるので、年齢はもちろん体格に合わせて三輪車を選択するのがおすすめです。

体の小さな子供がサイズの大きい三輪車を利用すると、ペダルが漕ぎにくいだけでなく転落してケガをしてしまう可能性も高まります。サドルに座った際に子供の足が地面につく製品であれば安定した走行が可能。体の大きさや発達の状況に応じて三輪車の大きさを決めましょう。

また、対象年齢に加えて耐荷重を確認しておくのも重要なポイント。対象年齢と耐荷重のどちらかだけでなく、両方があてはまる製品を選択するのがおすすめです。

長く使える3Way・4Wayの三輪車も

By: amazon.co.jp

1~5歳くらいまで長い期間使用できる三輪車を求める場合は、3Wayや4Wayの多機能な製品がおすすめ。手押し棒付きの三輪車・スタンダードな三輪車・バランスバイク・キックスケーターなど形状を変えられるモデルであれば、子供の成長に合わせて使用できます。

3Wayや4Wayの三輪車は、長期間使用できるのでプレゼント用としてもおすすめです。

安全性をチェック

「シートベルト」や「セーフティガード」があれば転倒防止に

By: amazon.co.jp

子供が三輪車から転落してしまうトラブルを予防するには、シートベルトやセーフティガードを搭載したモデルがおすすめです。腰回りをホールドするシートベルトやセーフティガードがあれば、走行中に障害物にあたった場合やでこぼこ道を走行した場合でも転落する危険性を軽減できます。

また、急な立ち上がりや三輪車を降りて車道に飛び出してしまうトラブルも予防可能です。シートベルトやセーフティガードを搭載した三輪車を購入する際は、体をしっかりと固定しておけるかどうかだけでなく、乗り降りのしやすさやクッション性なども確認しておきましょう。

足や服の巻き込みを防げる「ディスクホイール」

By: amazon.co.jp

一般的な自転車のようにホイールがむき出しになっている三輪車は、子供が足や服を巻き込んでしまう可能性があります。安全性を考慮するのであれば、車輪の側面を覆ったディスクホイールがおすすめ。平らな円盤型のホイールが採用されており、車輪が回っている際に兄弟や友達など、小さな子供が手を入れてしまうトラブルも回避できます。

「ストッパー」付きなら誤発進を防げる

By: amazon.co.jp

大人が意図しない状況で三輪車を発進させてしまう危険を予防したい場合は、ストッパー付きの製品が便利です。多くのモデルでは後輪にロック機能を搭載。子供がペダルを漕いでも三輪車が動かないようにタイヤを固定をしておける機能です。

横断歩道で停止している際にロックをONにしておけば、誤発進を予防可能。玄関やガレージに置いている三輪車が動いてしまうトラブルを防ぎたい場合にもおすすめです。

三輪車のおすすめ|1歳前後向け

エム・アンド・エム iimo TRICYLE #02

落ち着いたカラーを採用したスタイリッシュなデザインの三輪車です。大人が後ろから三輪車を押せる手押し棒付きタイプなので、ペダルを漕ぐ力のない小さな子供でも利用可能。舵取り機能「カジキリドライブ」や子供の足を置く折りたたみステップもついています。

腰回りをホールドする着脱式のセーフティガードも搭載。子供が三輪車から転落してしまう事故も予防できます。また、ディスクホイールが採用されているのもポイント。足や服をホイールに巻き込んでしまうトラブルも防げます。

収納時や携帯時は折りたたみが可能。ダイヤルを回してロックを外し、簡単に折りたためる構造もおすすめです。

エム・アンド・エム mimi アンパンマン デラックスⅡ

子供からの人気が高いアニメキャラクター「アンパンマン」がデザインされた三輪車です。ハンドル部についている「おしゃべりICブザー」を利用すれば、2種類のメロディに加えてアンパンマンとバイキンマンのおしゃべりも楽しめます。子供が喜ぶ機能を備えているのがポイントです。

本体上部にはサンシェードも搭載。日差しの強いなか、散歩したい場合に重宝します。サドル後部には布かごを配置されており、ちょっとした荷物を積むことも可能。また、ディスクホイールの丸いボタンを押せば、フリーペダルに切り替えできます。子供がペダルを踏んでも前輪と連動しないので、舵取り機能付きの手押し棒で大人が操作する際に便利です。

さらに、後輪にはストッパーも搭載。三輪車を動かしたくない場面で後輪をロックしておける点もおすすめです。

野中製作所(NONAKA WORLD) BMW三輪車 3401

天候に合わせて着脱可能なサンシェードを採用した三輪車です。舵取り機能付きの手押し棒は、81~94cmの間で5段階の調節が可能。大人の身長に合わせて変更できるのがポイントです。

子供が1人で走行できるようになれば、手押し棒も取り外し可能。本体を収納する際や携帯する際は折りたたみもできます。収納スペースが限られている場合だけでなく、車に積んで移動する場合にもおすすめです。

ペダルには「フリー機能」を搭載しています。また、後輪に「駐車ブレーキ」を備えているのもメリット。信号待ちや坂道でタイヤを固定しておきたい場合にも便利です。

アイデス(ides) コンポフィット2

コンパクトな形状に折りたためる三輪車です。サドル上部のハンドルを引くだけで、簡単に折りたたみが可能。玄関やガレージに三輪車を置いておくスペースがない場合や車の荷台に積んで出かける場合に便利です。

前輪はフリーペダルに切り替えが可能。手押し棒を使用して三輪車を押す場合には、ペダルと前輪の連動を解除しておけます。後輪には「パーキングブレーキ」を搭載。坂道や信号待ち、玄関に置く際など、三輪車が動いてほしくない場合に後輪をロックしておけます。また、軽く踏むだけで簡単にロックできる点も魅力です。

また、発砲素材を使ったソフトタイヤを採用しているのもポイント。走行時の衝撃を吸収するため、乗り心地に優れている点もおすすめです。

アイデス(ides) ナチュラル トライク

ディズニーのキャラクター「プーさん」がデザインされた三輪車です。プーさんやピグレットなどのキャラクターが車体にさりげなくデザインされているのが特徴。やさしく淡いカラーでおしゃれな雰囲気も楽しめます。

腰回りをホールドする「安心ガード」を搭載しているのもポイント。走行中の急な立ち上がりや転落を予防するのに便利です。また、手押し棒「らくらくお散歩バー」や足を置くステップがついており、ペダルを漕ぐ力のない小さな子供でも使用可能。バーの高さを大人の身長に合わせて3段階で調節できる点も便利です。

また、振動を吸収する発砲タイヤを採用しているのもメリット。でこぼこの道を走行する際の衝撃を抑えられるのも魅力です。セーフティガードや手押し棒は取り外しが可能。1.5~4歳までの子供に対応しているおすすめの製品です。

アイデス(ides) ディーバイク ミニ プラス

室内でも使用できるコンパクトな三輪車です。タイヤにやわらかい素材を使用しており、室内で乗っても床や家具を傷つけにくいのが特徴。細かい振動を吸収できる点も魅力です。

本体サイズは幅200×長さ475×高さ345mm。ペダルがついておらず、地面を足で蹴って進むタイプです。前輪が2輪、後輪が1輪の珍しいデザインを採用しており、地面を蹴った際に足が車輪に当たりにくい仕様。安定感にも優れており、初めて乗る三輪車としてもおすすめです。

サドルの高さは調節が可能。1~3歳までの子供に対応しており、20kgの耐荷重性能を備えています。また、クッションサドルを採用しているのもポイント。子供の体をやさしくサポートできる点もおすすめです。

Ubravoo UBRAVOO 三輪車 6IN1

折りたたみ式のサンシェードを備えた三輪車です。日差しの強い日はサンシェードを広げ、視認性を高めたい場合には折りたたみが可能。取り外して使用することもできます。

後部には手押し棒も搭載しており、ペダルを自分の漕ぐ力のない小さな子供でも利用可能。足を置くステップがついているのも魅力です。セーフティガードは3点式を採用。乗り降りの際に簡単に取り外せる点もおすすめです。

サドル後部には大容量の収納袋も備えており、荷物を積んで散歩できます。本体素材には高炭素鋼、ホイールにはチタンを使用。安定した走行を実現しています。

besrey besrey Baby Tricycle 7 in 1

1~6歳の子供に対応する三輪車です。シートを後ろ向きに設置してベビーカーとしても使用可能。ずり落ちを予防するセーフティガードに加えてシートベルトもついており、安全性に優れているのが特徴です。

サンシェードは調節できるので、直射日光や紫外線を防げるだけでなく、急な雨に降られた場合にも便利。また、サンシェード使用時でも子供の様子が見られる「ピーカブーウィンドウ」も備えています。

手押し棒の高さは4段階で調節可能。大人の身長に合わせて切り替えられるだけでなく、子供が成長した際には取り外して使用できます。坂道や信号待ちの際にタイヤをロックしておける点もおすすめです。

ジェーティーシー(JTC) 3in1 Tricycle J-5200

子供の成長に合わせてカスタマイズできる三輪車です。生後9ヶ月のペダルを漕げない小さな子供から4歳頃まで使えます。腰回りをホールドするセーフティガードや足を置くステップ、ドリンクホルダー付きの手押し棒など機能性に優れているのがポイントです。

手押し棒の高さは3段階で調節可能。大人の身長に合わせて変更できて便利です。サンシェード部分にはヘッドレストも搭載。シート後部には収納ボックスもついており、ベビーカーの代わりに使うのにも適していいます。

また、後輪にはストッパーを搭載。信号待ちや坂道で停止する際にはもちろん、玄関に置いておく際にタイヤをロックしておける点もおすすめです。

スマートトライク(SmartTrike) STR3 Stroller Trike

ベビーカーとしても使えるタイプながら、コンパクトな形状に折りたためる三輪車です。収納時だけでなく、車に積んで移動する際に便利。キャリーケースのようにタイヤを転がして持ち運べる点も魅力です。

シートはリクライニングできるうえ、体を固定するシートベルトや転落防止用のセーフティガードも備えています。散歩中に子供が寝てしまった場合にもベビーカーのように使用可能です。

前輪の赤いボタンを押しながら回すことで、親主導のコントロールと子供主導のコントロールを簡単に切り替え可能。ほかにも、収納できるフットレストや着脱可能なペダルも搭載しています。

三輪車のおすすめ|2歳以降向け

野中製作所(NONAKA WORLD) へんしん! サンライダー FC

ハンドルやサドルの高さが調節できるだけでなく、3種類の形状を変更して使用できる3way三輪車です。1歳6ヶ月からは舵取り機能付きの手押し棒を使って、大人が押すことで利用可能。子供が足を置くステップも備えており、安全に使えます。

手押し棒を取り外せば、スタンダードなタイプの三輪車として使用可能。ペダルを外せば、バランスバイクとしても使えます。子供の成長に合わせて長く使用できるのが魅力の製品です。

MEICHEPRO 三輪車

リーズナブルな価格で購入できるコスパに優れた三輪車です。スタンダードな形状の三輪車だけでなく、バランスバイクとしても使用可能。工具を使わず、ボタンを押すだけでモデルチェンジできます。

1~5歳までの幅広い年齢に対応しており、サドルの高さを調節できるのもポイントです。また、本体重量は約2.8kgの軽量設計。持ち運ぶ際の負担が軽減されるだけでなく、軽い力でペダルを漕げるのが魅力です。

タイヤは弾力がある素材を採用しており、衝撃吸収するうえ耐久性にも優れた設計。快適な走行をサポートする点もおすすめです。

besrey besrey 5 in 1 Toddler Bike

ハンドルの角度やサドルの高さを調節できるだけでなく、後輪の幅も変更できる三輪車です。後輪の幅を狭めてペダルなしの三輪車モードや、バランスバイクとしても遊べます。

ハンドルの角度は前に35°と90°、後ろの35°と90°の4段階で調節可能。子供の体に合わせて切り替えられるのがポイントです。フレームの素材には炭素鋼を使用。最大耐荷重は25kgと5歳までの子供に対応できる点もおすすめです。

アイデス(ides) ディーバイク ダックス

ダックスフンドのようなユニークなデザインを採用した三輪車です。長さのあるサドルを採用しているのが特徴。体の小さい子供はサドルの前、成長した際は後ろ側に座れるので長期間使用できます。

1.5~4歳頃までの年齢に対応アイテム。大きくなった子供には、後輪横に足を置いてハンドルを握り、キックスケーターのように使えるのもポイントです。

さらに、収納する際はコンパクトに折りたたみ可能。車に積んでの移動はもちろん、軽量のため手に持って気軽に移動できる点もおすすめです。

YN 三輪車 豆ダッシュ

昔ながらのレトロなデザインがかわいらしい三輪車です。シンプルな形状を採用しており、カラーとあわせてポップな印象を与えられるのが特徴。ゴム製のタイヤを使用しており、デコボコの道を走行する際の衝撃を吸収します。

サドル後方にはステップを搭載しているので、足を置いてキックスケーターのように遊べる点も魅力。昔ながらの三輪車を求めている方におすすめです。

S51Concept 三輪車 CANVAS

シンプルなデザインを採用しており、シールを貼ったり絵を描いたりとカスタマイズできる三輪車です。フレームだけでなく、凹凸のないディスクホイールにもお絵かきが可能。自分だけのオリジナル三輪車を作れるのが魅力です。

本体サイズは幅42×長さ63×高さ54cm。重量は4.5kgありますが、ショルダーベルトが付属しているので肩に掛けて持ち運びできます。

ウィンザー(Winther) ペリカンデザイン三輪車 Vハンドル WI41400

シンプルかつかわいらしいデザインでの三輪車です。デンマークのメーカー「ウィンザー」が製造。デンマークの国旗を表す赤と白の配色を採用しているのがポイントです。

足回りの空間が広く、ペダルを漕ぎやすいのもポイント。足の筋力やバランス感覚を養うトレーニング効果も期待できます。また、サドルの位置を前後2段階で調節可能。子供の成長に合わせて乗りやすい位置にサドルを設定できます。

ウィンザー(Winther) ペリカンデザイン三輪車 Vハンドル荷台つき WI44447

サドル後方に荷台を備えた三輪車です。29×35.5cmの荷台に遊び道具を積めるのが特徴。三輪車を運転するだけでなく、ものを運ぶ遊びも楽しめます。ハンドルは自転車のようなV字型デザインを採用。操作性に優れているのがポイントです。

サドルの位置は前後2段階で変更可能。子供の成長に合わせて位置を変えられる点もおすすめです。ホイールは足や衣類の巻き込みを予防する設計で、安全性も考慮されています。

シュウィン(Schwinn) 三輪車 ROADSTER TRIKE

自転車メーカーとして知られる「シュウィン」が製造する三輪車です。重心が低く転倒しにくいのが特徴。クロム製のハンドルバーやスチール製のフレームなどが採用されており、自転車のようなスタイルと乗り心地を実現しているのが魅力です。

位置を調節できる立体的なシートを採用しているのもポイント。子供の体格に合わせて位置を変更できる仕様です。シート後方には木製デッキを搭載。シュウィンの焼き印ロゴがついており、デザイン性に優れている点もおすすめです。

グロッパー(GLOBBER) GO・UP

1~10歳まで長期間使用できる三輪車です。ペダルを漕ぐ力のない小さな子供が利用する場合には手押し棒を利用。1歳3ヶ月~3歳頃まではウォークバイクとして使え、3~10歳の子供であればキックスケーターとして遊べます。

形状を変更する際は工具不要。ハンドルやシートの高さを子供の体格に合わせて簡単に調節できる点もおすすめです。

三輪車のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

三輪車のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。