夜空の天体観測におすすめのアイテムが「天体望遠鏡」です。月・惑星・星雲など地球から遥か遠くに存在する天体も鮮明な状態で観察できるので、肉眼で見るよりも宇宙がもたらす星空の魅力をより深く満喫できます。

しかし、天体望遠鏡にはさまざまな種類があり、用語も少し難解なので、初心者の方はどれを選べばよいのか迷ってしまうのではないでしょうか。そこで今回は、天体望遠鏡の種類や選び方を踏まえた上で、目的の天体や用途ごとにおすすめのモデルをご紹介します。

天体望遠鏡の種類

初心者におすすめの「屈折式」

By: amazon.co.jp

屈折式は、対物レンズを使って屈折させた光を集めるタイプの天体望遠鏡です。視界全体が安定しておりコントラストもよいため、あらゆる天体の観測に対応するのが特徴。月や惑星はもちろん、太陽投影板を使えば日食などの観察もできます。

反射式天体望遠鏡と違って外気に対する温度順応が比較的早く、設置後すぐに天体観測が楽しめるのもメリット。また、設置や手入れが簡単にできるため、初心者の方にもおすすめです。

ただし、集光のためにレンズを数枚使用するので、他形式の天体望遠鏡と比較すると重くなるのがデメリット。加えて、同じ口径を持つ他形式のモノと比べると価格がやや割高になるのも難点です。

高倍率で本格的な天体観測ができる「反射式」

By: vixen.co.jp

反射式は、大きな凹型の対物主鏡を使って反射させた光を集めるタイプの天体望遠鏡です。中心部の像がシャープで、天体の周りに余計な色がつく色収差が発生しないのが特徴。屈折式天体望遠鏡よりも高精細な天体観測が楽しめます。

対物主鏡は口径の大きさに余裕があるため、接眼レンズを変えて高倍率にしても明るく見やすい状態を維持できるのがメリット。木星や土星など遠くの惑星や、淡く暗い星雲や星団などを観察するのにおすすめです。

ただし、鏡筒の内気と外気で温度差がある場合は内部に気流が発生して像が不安定になり、使用前に外気温で慣らす時間が必要なのがデメリット。加えて、本体が大きく重く、手入れにやや手間がかかるのも難点です。

コンパクトな鏡筒が特徴の「カタディオプトリック式」

By: amazon.co.jp

カタディオプトリック式は、レンズと鏡を組み合わせた反射屈折光学系を採用している天体望遠鏡です。屈折式と反射式両方の長所を併せもっているのが特徴。持ち運びやすい小型・軽量ボディながら、高倍率時でも明るく高精細な像で天体観測が楽しめます。

鏡筒が短いので取り回しやすいのがメリット。観測場所を頻繁に変える場合にも重宝します。また、像の歪曲や収差が高いレベルで補正されているため、高精細で見やすい像で天体観測が楽しめるのも魅力です。

ただし、太い鏡筒を搭載しており、内気と外気で温度差がある場合は反射式天体望遠鏡と同様に慣らし時間が必要なのがデメリット。扱いもやや複雑なので、中上級者向きの方式です。

天体望遠鏡の選び方

観たい天体に合わせた倍率を選ぶ

月を見るなら50~150倍がおすすめ

地球で暮らす私たちにとって最も身近な天体が月ですが、天体望遠鏡を使えば肉眼で見るよりも大迫力の月を細かく観察できます。天体望遠鏡で月を見る場合は、倍率が40〜150倍になる接眼レンズを使用するのがおすすめです。

50倍の倍率で、月の全体が視野いっぱいに広がるのがポイント。70倍以上に変えると、月の表面に存在する無数のクレーターや海の表面形状がはっきりと判別できます。さらに、150倍以上にもなると、小さな起伏なども詳細まで観察が可能です。

土星や金星などの惑星なら150倍以上のモデルを

地球と同じように太陽の周囲を回転する天体が土星や金星などの惑星ですが、高倍率の天体望遠鏡を使えば遠くの惑星も細部まで観察できます。天体望遠鏡で惑星を見る場合は、倍率が150倍以上になる接眼レンズを使用するのがおすすめです。

倍率150倍以上になると、水星は表面の淡い模様など形の変化を追いやすくなり、金星は先端の光輝・白斑・濃淡などが観察できます。火星は極冠や薄暗い模様が見えやすくなりますが、大接近のときはより詳細に確認可能です。

木星や土星など遥か遠くにある外惑星は200倍以上で観察するのがおすすめ。木星は表面にある縞の微細構造や変化が観察可能です。土星は本体の縞模様に加えて3つに別れた状態の環も判別できます。

星雲や星団を見るなら50倍以下

星雲や星団を夜空で見つけるのも天体観察の醍醐味です。ちなみに、星雲とは重力でまとまりを持った宇宙のチリや星間ガスから成る天体のこと。星団とは、お互いの重力によって作られた太陽と同じ恒星の集団から成る天体のことです。

星雲や星団は50倍以下の低倍率で観察するのがおすすめ。有名なアンドロメダ銀河やオリオン星雲などは、20〜30倍で観測できます。また、星雲や星団は淡く暗い天体のため、鏡筒の口径が大きい天体望遠鏡ほど明るくはっきりと視認が可能です。

明るさ(口径)をチェック

By: rakuten.co.jp

天体望遠鏡で重要なスペックが、対物レンズや対物主鏡の「口径」です。口径が大きくなるほど一度に多くの光量を集められるのが特徴。低倍率時はもちろん、高倍率にしても明るい視野が確保できるので、暗い天体や遠くの天体を観察するのに重宝します。

ただし、口径が大きくなるほど天体望遠鏡の鏡筒は大きく重くなるため、取り回しにくくなるのが難点。観測したい天体に適した口径を備えつつも、持ち運びや保管に不自由しないモデルを選びましょう。

なお、天体望遠鏡では対物レンズや対物主鏡の口径で使用できる「適正倍率」が決まるのもポイント。口径の2倍までの倍率が適正といわれています。例えば、口径80mmの場合は約160倍までの倍率が適正で、それ以上の倍率では像が暗くぼやけてしまうので注意が必要です。

架台をチェック

経緯台

By: amazon.co.jp

経緯台とは方位と高度の2方向で位置を調節できるタイプの架台です。構造がシンプルなので、初心者でも組み立てやすく、扱いも簡単なのが特徴。上下左右に動かせるため、見たい方向に鏡筒を向けて使えます。

価格が比較的安いことに加えて、軽量なため持ち運びやすいのも魅力。モデルによっては野鳥観察に使うフィールドスコープ用の架台としても使えます。

ただし、星などの天体は日周運動によって1時間で位置が約15°変わるので、経緯台では微細な星の動きを追い続けるのは困難。150倍以上の高倍率による長時間の観測や、画面内に天体を静止させたまま写す天体追尾撮影には向きません。

赤道儀

By: vixen.co.jp

赤道儀とは、天体の動きを追尾しながら自動で位置を調節できるタイプの架台です。あらかじめ赤道儀の極軸を北極星付近に合わせておけば、地球が自転する動きに沿って目的の天体を追尾し続けられます。

経緯台ではできない細かな自動調節が可能なので、長時間に及ぶ高倍率での観測や、星を点のまま画像に写す天体追尾撮影を行う場合は赤道儀がおすすめ。後述する自動追尾や自動導入など便利な機能を持ったモデルも発売されています。

ただし、赤道儀は経緯台と比べると高価で重いのが難点。加えて、動きがやや複雑なため、扱い方に慣れるまである程度の経験が必要になります。

撮影したい場合はカメラと接続できるかチェック

By: rakuten.co.jp

スマホや一眼カメラを固定できる機構を採用したモデルであれば、天体の撮影を観測と一緒に楽しめます。

スマホやコンデジを使って天体を写す「コリメート撮影」を行いたい場合は、天体望遠鏡の接眼レンズにスマホやコンデジを装着するアダプターが必要。取り付けに対応するモデルを選びましょう。

一眼カメラを天体撮影に使用する場合も同様。接眼レンズに一眼カメラを装着して高倍率で月や惑星を写す「拡大撮影」を行う場合は専用のアダプターを使います。また、天体望遠鏡の鏡筒に一眼カメラを直接連結して星雲や星団を写す「直焦点撮影」を行う場合は別売のマウントやTリングが必要です。

屋外使用なら軽量で組み立てやすいモデルを

By: amazon.co.jp

天体望遠鏡を頻繁に屋外へ持ち出して使用したい場合は、なるべく軽量コンパクトなモデルを選ぶのがおすすめです。鏡筒・架台・三脚を合わせた総重量が10kg以下で、収納時の最も長い部分が100cm以下のモデルであれば、徒歩や自転車を使った移動も無理なく行えます。

組み立てのしやすさもチェックしたいポイント。パーツの連結に使用するネジの少ないモノや、工具がなくても組み立てられるモノであれば、初心者でも観測地でスムーズに設置が可能です。分解も簡単にできるので、収納や持ち運びをする際にも役立ちます。

「自動追尾」や「自動導入」機能があると初心者でも安心

By: kenko-tokina.co.jp

難易度の高い天体の観測や撮影に挑戦したい場合は、架台に「自動追尾」や「自動導入」などの機能があると便利。高価な機材が多いですが、初心者でも高度な観測や撮影が手軽に楽しめます。

自動追尾とは、1時間に約15°動く「日周運動」に合わせて、天体の動きを自動で追尾する機能のこと。目的の天体を常に鏡筒の中心に固定できるので、長時間の観測でも見失いにくいのが特徴です。また、星を点のまま写す天体追尾撮影にも重宝します。

自動導入とは、見たい天体を設定すると、鏡筒から見られるように自動で位置を探し出せる機能のこと。星雲や星団など、肉眼で見つけるのが困難な淡く暗い天体を探す際などに役立ちます。

天体望遠鏡のおすすめメーカー

ビクセン(Vixen)

By: vixen.co.jp

ビクセンは埼玉の所沢市に本社を置く1954年創業の総合光学機器メーカーです。「星空を楽しみたくなる」時代や文化を作り出すことを目指し、天体望遠鏡などの天体観測機器を中心に製造しています。

ビクセンの天体望遠鏡は高品質なことに加えて、初心者向けから上級者向けまでラインナップが豊富。さらに、世界標準規格の取り付け機構「アリミゾ式」を採用することで、エントリーモデルでも上位の鏡筒・架台・三脚に換装が可能なため、将来的に機材のグレードアップが手軽に行えます。天体撮影用のオプション品が充実しているのも魅力です。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina)

By: kenko-tokina.co.jp

ケンコー・トキナーは東京の新宿区に本社を置く1957年創業の写真用品・光学製品メーカーです。カメラレンズ用のレンズフィルター・三脚・カメラバッグ・メンテナンス用品などの撮影機材で有名ですが、天体望遠鏡も長年にわたって手掛けています。

ケンコー・トキナーの天体望遠鏡はコスパの優れたモデルが多いのが特徴。リーズナブルな価格ながら自動導入機能を備えたモデルも発売しているので、初心者でも気軽に難易度の高い星雲や星団の観測に挑戦できます。また、子供向けの安価な天体望遠鏡を扱っているのもポイントです。

セレストロン(Celestron)

By: amazon.co.jp

セレストロンは、アメリカのカリフォルニア州に本社を置く1964年創業の光学機器メーカーです。カタディオプトリック式の天体望遠鏡を世界で初めて大量生産したメーカーとして有名。各国の天文ファンからの人気も根強く、日本ではビクセンが製品の代理販売を行っています。

セレストロンの天体望遠鏡は、カタディオプトリック式などの小型かつ高性能なモデルが多いのが特徴。最近ではスマホアプリと連動することで、ファインダーを見なくてもスマホ画面を使って目的の天体を直感的に導入できる機能を備えたモデルも発売しています。

月を見るのにおすすめの天体望遠鏡

ビクセン(Vixen) 屈折式天体望遠鏡 ポルタII A80Mf

初心者でも手軽に月などの天体観測が楽しめる屈折式天体望遠鏡です。鏡筒を水平360°、垂直90°に動かせる経緯台が付属。手を離した位置で鏡筒が止まる「フリーストップ式」を採用しており、見たい方向に向けるだけで観測が手軽に始まられます。

対物レンズの口径は80mmと月の観察には十分な明るさ。鏡筒の載せ換えをはじめ、架台や三脚の交換が自在にできる「アリミゾ式」の取り付け機構を採用しているので、将来的に観測したい天体が増えた場合でも柔軟に対応できます。

架台や三脚の脱着がハンドルネジ1つで可能なためセットアップも簡単。また、調整に必要な工具を本体に内蔵できるので、持ち忘れや紛失の心配がないのも嬉しいポイントです。

セレストロン(Celestron) 屈折式天体望遠鏡 StarSense Explorer LT 80AZ

ファインダーを覗かずに星を探せる屈折式天体望遠鏡です。専用アプリをダウンロードしたスマホを本体のホルダーにセットして、スマホをカーナビのように使用できます。

見たい天体を入力したらアプリ画面の矢印に沿って鏡筒を動かし、画面の照準内に目的の天体を入れるだけ。火星や木星などの惑星のほか、星雲や星団など難易度の高い天体もファインダーを覗かずに見つけられるので、初心者でも手軽に天体の導入作業が完了できます。

対物レンズの口径は初心者でも使いやすい80mm。36・72・90・180倍の4種類の倍率が使用可能なため、月の全景からクレーターなど細部の地形構造まで詳しく観察できます。

惑星を見るのにおすすめの天体望遠鏡

ビクセン(Vixen) 反射式天体望遠鏡 ポルタII R130Sf

リーズナブルな価格ながら多彩な天体の観測に活用できる反射式天体望遠鏡です。口径130mmの大口径対物主鏡を搭載しており、広く明るい視界が得られるため、星雲や星団の観測にぴったり。さらに、別売の接眼レンズを使えば最大260倍の超高倍率にも対応できるので、木星や土星など外惑星の観測にもおすすめです。

鏡筒位置の微調整が手軽に行える微動ハンドルと、手を離した位置で鏡筒が止まるフリーストップ式を経緯台の機構に採用。天体望遠鏡の扱いに不慣れな方でも、導入時の操作が直感的に行えます。

総重量は約11kg。架台や三脚の脱着がハンドルネジ1つで可能なので、設置や撤収が迅速に行えます。小物が置ける便利なトレイを架台の下部に備えているのもポイントです。

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) 反射式天体望遠鏡 Sky Explorer SE-GT100N II

自動導入機能を備えた使いやすい反射式天体望遠鏡です。経緯台に取り付けられたハンドコントローラーには、4万2000個以上の天体が記憶されているのが特徴。見たい天体を検索して選択するだけで簡単に天体の導入作業が完了できます。

1等星を導入するだけで初期設定ができる「ブライトスターアライメント」機能も搭載。初心者でも扱いやすいので、観測チャンスを逃さず対応できます。また、別売のソフトと活用することでパソコンからの遠隔制御ができるのも魅力です。

対物主鏡の口径は100mm、最大200倍までの倍率に対応できるので木星や土星などの惑星観測にもおすすめ。大口径ながら鏡筒・架台・三脚の総重量が約5kgと軽いため、持ち運びが手軽に行えるのもポイントです。

星雲や星団を見るのにおすすめの天体望遠鏡

セレストロン(Celestron) 反射式天体望遠鏡 StarSense Explorer DX130AZ

スマホをカーナビのように使って星を探せる新機軸の反射式天体望遠鏡です。専用アプリをダウンロードしたスマホを本体にセットすれば、画面の指示に従って鏡筒を動かすだけで簡単に目的の天体が探し出せるのが特徴。天文の専門的な知識がなくても星雲や星団などが見つけ出せるため、天体観測の初心者にもおすすめです。

鏡筒には口径130mmの対物主鏡を搭載。付属する26倍と65倍の接眼レンズを使えば明るく広い視野で覗けるので、プレアデス星団やオリオン大星雲など広がりのある天体の観察に重宝します。

架台には鏡筒の向きを手軽に微調整できるDX型経緯台を採用。また、鏡筒の着脱がワンタッチででき、設置から撤収までスピーディーに行えます。

セレストロン(Celestron) カタディオプトリック式天体望遠鏡 NexStar 6SE SCT

超大口径ながら優れた機動力を持つ高性能なカタディオプトリック式天体望遠鏡です。対物主鏡は150mmの超大口径を採用しながら総重量約13.6kgと軽量。口径に対する重量が軽いので、明るい広視野での天体観測のしやすさと携帯性を両立しています。

自動導入機能を備えているのもポイント。4万個以上の天体情報を登録したハンドコントローラーを操作すれば、初心者でも目的の天体へ手軽に導入の作業ができます。また、最高で12.7等星の暗い天体も視認できるので、星雲や星団の観測におすすめです。

優れた安定性を持つ付属のステンレススチール製三脚は、身長に合わせて伸縮が可能。子供の目線に合わせることで一緒に天体観測が楽しめます。

小学生におすすめの天体望遠鏡

ケンコー・トキナー(Kenko・Tokina) 屈折式天体望遠鏡 SKY WALKER SW-0

天体観測が手軽に始められる小学生向けの屈折式天体望遠鏡です。口径50mmの対物レンズを搭載しており、付属のアイピースを装着すれば最大90倍まで使用が可能。月はもちろん、小型ながら惑星も観測できるので、子供の天体観測デビューにおすすめです。

鏡筒・架台・三脚を含む総重量が1kg以下と軽量なのもポイント。子供用の自転車でも手軽に持ち運びが可能です。また、三脚はワンタッチで組み立てができるため、天体観測に初めて挑戦する小学生でも簡単に設置できます。

テレコンとして使える3倍バーローレンズも付属。アイピースと併用すれば、やや暗めながら最大270倍の高倍率が使用可能なので、日中の野鳥観察などにも活用できます。

撮影におすすめの天体望遠鏡

ビクセン(Vixen) 屈折式天体望遠鏡 AP-ED80Sf・SM

本格的な天体撮影に挑戦したい方におすすめの屈折式天体望遠鏡です。色滲みを補正するSDガラスレンズの採用を採用しており、高コントラストでクリアな視界を得られるのが特徴。別売のアダプターやマウントを使うことで、一眼カメラを活用した高画質な天体撮影が楽しめます。

架台に赤道儀を採用しているのもポイント。フリーストップで天体を捉えた後はモーター駆動によって自動追尾するので、初めて赤道儀を扱う方でも長時間の天体観測や天体追尾撮影がストレスなく進められます。

対物レンズの口径は80mmで、外惑星の観測にも対応が可能。高性能ながら総重量14.7kgと機動性にも優れています。なお、赤道儀の電源には単3電池に加えて、モバイルバッテリーを使用できるのも魅力です。