家のリモコンをひとまとめにできる「学習リモコン」。テレビやDVDプレーヤー、ブルーレイレコーダーなどのAV機器はもちろん、暖房・照明機器の操作にも対応しているモノもあり、非常に便利です。

学習リモコンは、リモコンが多すぎて混乱してしまうのを防げるのが魅力。そこで今回は、学習リモコンのおすすめランキングをご紹介します。

学習リモコンとは?

By: amazon.co.jp

学習リモコンは、各リモコンが出す赤外線の操作信号を学んで1台にまとめられるアイテム。たとえば、ひとつのリモコンでテレビとDVDプレーヤーの両方を操作するということが可能になるため、複数のリモコンを使い分ける必要がなくスマートです。

映画鑑賞が趣味で、AV機器をいくつか所有している方には特におすすめ。また、リモコンが赤外線タイプであれば、照明機器や扇風機などの操作にも対応しているモノもあります。なお、エアコンの操作に関しては、非対応の学習リモコンがほとんどなので注意しておきましょう。

学習リモコンとスマートリモコンの違い

スマートリモコンは、Wi-FiやBluetoothに対応し、複数の赤外線リモコンをひとつにまとめられる学習リモコンの一種。本体に操作用ボタンが付いていないモノが多く、アプリを介してスマートフォンやタブレットから遠隔操作したり、声で操作したりと、さまざまなモデルが展開されています。

スマートリモコン以外の学習リモコンは、アプリや音声による操作ではなく、本体に搭載されているボタンを操作するのが一般的です。アプリ用の端末を用意する必要がなく、Wi-FiやBluetoothの接続設定も不要なので、手軽に使用できるのが魅力。スマートリモコンのようにBluetoothに対応したモデルもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

学習リモコンの選び方

操作可能な機器の最大数で選ぶ

By: amazon.co.jp

学習リモコンは、モデルによって操作できる機器の最大数が異なります。テレビやDVDプレーヤー、BDレコーダー、CSチューナーなど、普段使用している機器の数が多い方は、最大何台まで操作できるのかしっかりと確認しておきましょう。ちなみに多いモノだと、ひとつのリモコンで最大30台の機器を操作できるモノもあります。

対応している家電の種類で選ぶ

By: rakuten.co.jp

学習リモコンは、テレビやDVDプレーヤーなどのAV機器に対応しているモノがほとんど。しかし、なかには扇風機、エアコン、照明などの生活家電を操作できるモノもあります。

機能が増える分だけ価格が高くなる傾向にありますが、リモコンの数を減らせるので便利です。なお、赤外線に対応していない家電は操作できない場合があるため、前もって確認しておきましょう。

学習方法で選ぶ

By: huis.jp

学習リモコンを使用するためには、まず操作を記憶させる必要があります。リモコン同士を向かいあわせて信号を読み取らせる方法が一般的ですが、学習リモコンを初めて使う方であれば、「かんたん学習」などラクに操作登録ができるモデルを選ぶのがおすすめです。

また、機器のメーカーコードを入力するだけで登録完了するモデルもあるので、気になる方はチェックしてみてください。

動作距離で選ぶ

By: huis.jp

学習リモコンの動作距離は、家電をスムーズに操作するうえで大切なポイントです。短いモノだと、家電にわざわざ近づいて操作する手間が発生します。

動作距離は約7mのタイプが主流ですが、なかには10m近いモデルがあるのも特徴。ある程度の余裕をもって選べば、広めのリビングで使うときも快適です。また、学習リモコンと家電の角度が悪い場合でも、反応しやすくなります。使用する場所や家電との距離を、あらかじめ確認しておきましょう。

マクロ機能の有無で選ぶ

By: huis.jp

マクロ機能に対応している学習リモコンなら、「テレビの入力を切り替える → DVDプレーヤーの電源をオンにする」といった一連のステップを記憶できます。

設定できるステップ数が多いほど、複雑な操作をワンタッチで行えるためおすすめ。複数の機器を同時に使う機会が多い場合は非常に便利です。

その他の機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

学習リモコンに、タイマー機能やチャイルドロック機能が搭載されているモノだとさらに便利です。

タイマー機能は、指定された時間に家電を自動でオン・オフできます。帰宅時間にあわせてエアコンを稼働させれば、快適な温度の部屋を用意できるのが魅力です。また、就寝時間にタイマーのオフ機能を設定しておけば、うっかり眠ってしまっても、テレビや照明の切り忘れが起こりません。

チャイルドロック機能は、小さな子供がイタズラして、家電を誤作動させてしまうのを防ぎます。犬や猫などのペットがいる家庭にもおすすめです。

握りやすさで選ぶ

By: rakuten.co.jp

リモコンは毎日使用するアイテムなので、手に馴染んで握りやすいかどうかも確認しておきたいポイント。手の大きさを選ばない握りやすい設計を採用している学習リモコンであれば、ストレスを感じにくいだけではなく、操作していても疲れにくいためおすすめです。

学習リモコンのおすすめランキング

第1位 ソニー(SONY) 学習機能付きリモートコマンダー RM-PLZ530D

ソニー(SONY) 学習機能付きリモートコマンダー RM-PLZ530D

最大8台の機器を操作できる学習リモコン。TV・チューナー・DVD・ブルーレイディスク・PC・カメラ・照明・AMPの8個の操作切換ボタンを搭載しています。操作したい機器のボタンを押すと、ボタン機能が機器専用に切り換る仕組みです。家中のリモコンをまとめられます。

最大16ステップの操作を1回のボタン操作で実行できるマクロ機能を搭載しているのもポイントです。A~Dのマクロ専用ボタンと8つの「操作切換ボタン」に、プログラムを登録できます。ワンアクションで、複数の機器をまとめて操作したい方におすすめです。

一部を除く各ボタンに「プチマクロ」機能を搭載。最大5ステップまでプログラムでき、最大936ボタン分のプログラムを登録できます。たとえば、ケーブルTVの3桁チャンネルの入力手順を登録しておけば、1つのボタン操作ですぐに番組を視聴できるのもメリットです。

第2位 ソニー(SONY) 学習マルチリモコン HUIS-100KC

ソニー(SONY) 学習マルチリモコン HUIS-100KC

ボタンの配置や背景を、自由にカスタマイズできる学習マルチリモコン。「電子ペーパー」を搭載し、パソコンアプリ「HUIS UI CREATOR」を使ってデザインを自分好みに変更できます。また、人工知能が最適なレイアウトを提案。使うほど使い勝手がよくなるリモコンです。

最大30台の機器を操作することが可能。テレビ・照明・エアコン・オーディオ機器など、家中のリモコンを1つにまとめられます。マクロ機能にも対応し、ワンタッチで複数のデバイスを一括で操作できるのもメリットです。

多機能なクレードルを付属。充電器として使えるうえ、リモコンをすぐに見つけられる「呼び出しボタン」を搭載しています。Bluetoothに対応し、ゲーム機などもリモコン操作できるのもメリット。リモコンをBluetoothキーボードとして使用し、パソコン画面に文字を入力することも可能です。

第3位 ソニー(SONY) 学習機能付きリモコン RM-PLZ430D

ソニー(SONY) 学習機能付きリモコン RM-PLZ430D

最大5台までAV機器を操作できる学習リモコン。TV・チューナー・ブルーレイディスク・DVD・AMPの5つの「操作切換ボタン」を搭載しています。主要メーカー機器のリモコン信号をあらかじめ記憶しており、簡単なメーカー設定をすればすぐに使用できるのも魅力です。

最大614ボタン分の学習機能を搭載。赤外線リモコンで操作できる機器のほぼ全てに対応しており、リモコン信号を学習させれば、AV機器以外にも、照明やエアコンも操作できるようになります。「かんたん学習」機能を搭載し、2ステップで学習できるのもメリットです。

最大16ステップのリモコン操作を、ひとつのボタンで実行できるマクロ機能を搭載。A~Dの「システムコントロールボタン」と各操作切換ボタンにプログラムを登録することが可能です。

たとえば、テレビ・ブルーレイレコーダー・オーディオ機器の電源をオンにし、録画画面を表示するまでの操作を登録しておけば、スムーズに映画鑑賞などを楽しめます。

第4位 オーム電機(OHM) AudioComm AV学習リモコン AV-R950N

オーム電機(OHM) AudioComm AV学習リモコン AV-R950N

テレビ・チューナー・ブルーレイやDVDの3種類のAV機器を操作できる学習リモコン。テレビに関しては、エプソンやHisenseを含む幅広いメーカーに対応しています。地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタルに加え、ケーブルテレビなどのチューナー操作も可能です。

TV・チューナー・ブルーレイの3つの操作切換ボタンを搭載。各機器のメーカーコードを入力すれば、簡単に初期設定できます。「メモリーバックアップ機能」を搭載し、電池を外しても設定はそのまま記憶。電源交換の際に再度設定をする必要がないのもメリットです。

F1~F4の学習機能付きボタンを搭載。メーカーコードで設定できない機器や、頻繁に使う機能のリモコン信号などを学習できます。操作切換ボタン別に登録でき、各機器に合わせて使いやすくリモコンをカスタマイズできるのもポイントです。

第5位 エルパ(ELPA) 学習機能付マルチリモコン RC-TV007UDL

エルパ(ELPA) 学習機能付マルチリモコン RC-TV007UDL

小さな子供のいたずら対策ができる学習リモコン。キー操作を無効にするチャイルドロック機能を搭載しています。いたずら好きな子供やペットによる誤操作を防げるのがメリットです。

3台のAV機器を1つのリモコンで操作することが可能。テレビ・チューナー・ブルーレイを含む3つの「機器切換ボタン」を搭載しています。ブルーレイディスク以外にも、DVDレコーダー・プレーヤーに対応。メーカーコードを使い、簡単にリモコンの初期設定ができるのもポイントです。

A~Cの学習機能付きボタンを搭載。オーディオ機器や照明など、赤外線リモコンを使用する機器であればリモコン信号を学習できます。機器切換ボタンごとに、別のリモコン信号を登録できるのもメリットです。最大9ボタン分のリモコン信号を追加できます。

第6位 JVCケンウッド(KENWOOD) 多機能リモコン RM-A633

JVCケンウッド(KENWOOD) 多機能リモコン RM-A633

テレビやチューナー、ブルーレイ・DVDの3台を操作できる学習リモコン。地上デジタルチューナーも操作でき、バッファローを含む幅広いメーカーに対応しています。そのほかにも、デジタルCSチューナー・ケーブルテレビのホームターミナルも操作可能です。

見やすく使いやすいボタンを搭載。3つの機器切換ボタン、ホーム、番組表などの使用頻度の高いボタンを色分けしています。また、ボタン操作を音で確認できる「ボタンタッチ音」機能も魅力。必要がない場合は、オフに設定できるのもポイントです。

第7位 ソニー(SONY) リモートコマンダー RM-PZ130D

ソニー(SONY) リモートコマンダー RM-PZ130D

テレビと録画機器を操作できる学習リモコン。テレビに内蔵されたレコーダーに加え、外付けタイプのレコーダー・プレーヤーにも対応しています。「かんたんメーカー設定」を搭載し、4桁のメーカー番号を入力するだけで、すぐにリモコン設定ができるのも魅力です。

すべてのボタン操作を無効にする「ホールド機能」を搭載。小さな子供やペットのいたずらによる誤操作を予防できます。また、特定のボタンのみを無効にできる機能も搭載。不注意で起こる誤操作を防げるのもポイントです。

第8位 オーム電機(OHM) AVマルチリモコン R920N

オーム電機(OHM) AVマルチリモコン R920N

テレビ・ブルーレイレコーダー・DVDレコーダーの3台を操作できる学習リモコンです。4桁のメーカーコードを入力すれば、簡単にリモコンの初期設定が可能。「メモリーバックアップ機能」を搭載しているので、電池交換をしてもそのまま使用できます。

豊富なボタンを搭載しているのも魅力。地デジ・BS・CSの「放送切換ボタン」などはもちろん、「タイマーボタン」や「3桁ボタン」も使用できます。機器自体に機能が備わっていれば、タイマーを設定したり、3桁チャンネルを視聴または録画したりすることが可能です。

第9位 エレコム(ELECOM) 4メーカー対応レコーダーマルチリモコン ERC-BDR01BK-MU

エレコム(ELECOM) 4メーカー対応レコーダーマルチリモコン ERC-BDR01BK-MU

レコーダーとテレビを1つのリモコンで操作できる学習リモコン。レコーダー専用の51キーと、テレビ専用の7キーを別々に配置しています。レコーダーを中心に操作したい方におすすめです。

リモコンの使いやすさに配慮したデザインも魅力。リモコンの側面と背面にはくぼみがあり、つまんだり握ったりと操作しやすい設計です。また、ボタンの形状も指になじむ形状で、リモコンをテーブルの上などに置いたままでも、快適に操作できます。

第10位 CHUNGHOP 学習リモコン L102

CHUNGHOP 学習リモコン L102

ひとつひとつのボタンが大きく、操作しやすい学習リモコン。側面にはラバーグリップを搭載し、握りやすいのも特徴です。ボタンの数が少なく、細かいボタン操作が苦手な方でも簡単に操作できます。頻繁に使うリモコン信号のみを学習させて使いたい方にもおすすめです。

A~Fの6つの学習機能付きボタンを搭載。簡単なステップで、操作したい機器のリモコン信号をそれぞれのボタンに登録できます。背面にラベルを搭載しており、ボタンごとに学習させた機能名などをメモできるのもポイントです。