家のリモコンをひとまとめにできる「学習リモコン」。テレビ・DVDプレーヤー・BDレコーダーなどのAV機器はもちろん、照明機器の操作にも対応しており非常に便利です。

リモコンが多すぎて混乱してしまうのを防げるのが魅力。そこで今回は、学習リモコンのおすすめランキングをご紹介します。

学習リモコンとは?

By: amazon.co.jp

学習リモコンは、各リモコンが出す赤外線の操作信号を学んで1台にまとめられるアイテム。たとえば「ひとつのリモコンでテレビとDVDプレーヤーの両方を操作する」ということが可能になるので、複数のリモコンを使い分ける必要がなくなりスマートです。

DVD鑑賞やブルーレイ鑑賞が趣味で、AV機器をいくつか所有している方には特におすすめ。また、リモコンが赤外線タイプであれば照明機器や扇風機などの操作にも対応します。ただし、エアコンの操作に関しては非対応の学習リモコンがほとんどなのでご注意ください。

学習リモコンとスマートリモコンの違い

スマートリモコンは、スマートフォン上で各機器を操作するためのアイテム。「Google Home」や「Amazon Echo」などのスマートスピーカーに対応しているモデルであれば、声でテレビや照明機器の操作をすることも可能です。

今回ご紹介している学習リモコンは、リモコンの操作をひとつにまとめるためのアイテムなので、スマートリモコンとは仕組みが根本的に異なります。とはいえリモコン操作を集約してラクに行うという目的はどちらも同じなので、ライフスタイルに合わせて選んでみてください。

学習リモコンの選び方

By: amazon.co.jp

操作可能な機器の最大数で選ぶ

学習リモコンはモデルによって、操作できる機器の最大数が異なります。テレビ・DVDプレーヤー・BDレコーダー・CSチューナーなど普段使用している機器の数が多い方は、最大何台まで操作ができるのかを必ず確認しておきましょう。多いモノではひとつの学習リモコンで最大30台の機器を操作可能です。

学習方法で選ぶ

学習リモコンを使用するためには、まず操作を覚えさせる必要があります。リモコン同士を向かい合わせて信号を読み取らせるという方法が一般的ですが、学習リモコンを初めて使う方であれば「かんたん学習」などラクに操作の登録ができるモノを選ぶのがおすすめです。

また、機器のメーカーコードを入力するだけで登録ができるモノもありますので、チェックしてみてください。

マクロ機能の有無で選ぶ

「マクロ機能」に対応している学習リモコンなら、「テレビの入力を切り替える→DVDプレーヤーの電源をオンにする」といった一連のステップを覚えさせられます。

設定できるステップ数が多ければ多いほど、複雑な操作をワンタッチで行えるためおすすめ。複数の機器を同時に使う機会が多い場合はとても便利です。

握りやすさで選ぶ

リモコンは毎日使用するアイテムなので、手に馴染んで握りやすいかどうかも確認しておきたいポイント。手の大きさを選ばない握りやすい設計を採用している学習リモコンであれば、ストレスを感じにくいだけではなく操作していても疲れにくいのでおすすめです。

学習リモコンのおすすめランキング

第1位 ソニー(SONY) 学習リモコン RM-PLZ530D

最大8台までの機器を操作できるソニーの学習リモコン。あらかじめ主要なAV機器メーカーの信号が登録されているため、学習リモコンにボタンをひとつずつ覚えさせる必要はなく、まとめて設定できるのが特徴です。

また、「かんたん学習機能」を搭載しているので、学習リモコンに登録されていない製品の場合でもラクに最大948ボタンまで設定できます。

「マクロ機能」が充実しているのもポイント。複数のAV機器にまたがる場合でも、最大16ステップまでの操作を設定できるため非常に便利です。

さらにその見た目も特徴。裏面にメタリックなデザインを採用しており、うつぶせでもカッコよく置けます。カラーバリエーションはシルバー・ブルー・レッドの3種類です。

第2位 ハンファ(Hanwha) 学習機能付きAVリモコン UMA-PLRM02

マルチグリップ設計を採用しており、握りやすいのが特徴の学習リモコン。クリック感のよいボタンを用いているため、押したことが分かりやすいのもポイントです。

操作できる機器の数は最大6台まで。機器選択ボタンが点灯することにより、今どの機器を操作しているのかがひと目で把握できます。

主要なAV機器メーカーの信号が前もって本体に登録されており、コードを選ぶだけで簡単に使えるのがおすすめポイント。本体に登録されていない機器の場合でも、リモコン同士を向かい合わせて信号を読み取れば最大80ボタンまで覚えさせることが可能です。

「マクロ機能」を活用すれば、最大20ステップまでの操作を設定できます。リーズナブルな価格で入手できる高性能な学習リモコンを探している方におすすめです。

第3位 ソニー(SONY) 電子ペーパーマルチリモコン HUIS-100RC

電子ペーパーを採用しているおしゃれなソニーの学習リモコン。150以上のメーカーに対応しており、それぞれの信号があらかじめ登録されているので、学習リモコン本体のメニュー画面から選ぶだけで簡単に設定できます。

テレビ・オーディオ・照明・扇風機など8つのカテゴリの機器に対応している汎用性の高さが魅力。ほかの学習リモコンでは非対応のことが多いエアコンの操作もできます。最大30台まで対応しているため、家中の機器をこれ1台でラクに管理可能です。

専用のパソコンアプリを使用すれば、画面のレイアウトを自分好みにカスタマイズできます。スタイリッシュに使える学習リモコンを探している方におすすめの1台です。

第4位 ソニー(SONY) 学習リモコン RM-PLZ430D

ソニーが展開しているシンプルなデザインの学習リモコン。「かんたん学習機能」が搭載されており、最大614ボタンまでの信号をラクに設定できます。また、学習リモコン本体に登録されている主要AV機器メーカーであれば、信号をまとめて設定できるため便利です。

LEDを3つ使用した強力広角赤外線発光により、感度がよいのも特徴。「マクロ機能」も搭載しており、最大16ステップまでの操作を簡単に行えます。

第5位 CHUNGHOP 学習リモコン em11

大きなボタンを採用しており、視認性に優れている学習リモコン。複数の機器を操作するためのモノというよりも、使用頻度の高いボタンだけを移して使うためのアイテムです。

そのため、いつも使用する機能が決まっている方や、ご年配の方など複雑な操作が苦手な人へのプレゼントにおすすめ。日本語の説明書が付属するので、機械に慣れていない方でも安心して設定ができます。