より高いパフォーマンスを発揮するために大切なバッシュ選び。動きやすく自分の足に合うのはもちろん、ポジションごとや得意とするプレースタイルによって注目するポイントを変えてバッシュを選ぶのもおすすめです。

そこで今回は、バッシュの選び方の基本を抑えつつ、ガードやセンターなどポジション別におすすめのバッシュを紹介します。

バッシュの選び方

足の先から約1cm余裕のあるモノを選ぶ

バッシュを選ぶ際は、一度バッシュを履いてみて足の指先から約1cm余裕のあるモノを選ぶのがおすすめ。特にバスケットは前後左右の動きが激しいスポーツなので、足の大きさに対してバッシュが小さすぎると指が痛くなったり、反対に大きすぎると上手に動けなかったりします。

また、足の横幅も確認しましょう。バッシュの種類によっては、横幅が細めのスリムタイプと広めのワイドタイプがあります。自分の足に合わないと、ケガに繋がる可能性もあるのでバッシュを選ぶ際は何度か履いてみてから最適なバッシュを選びましょう。

靴底部分が曲がるモノを選ぶ

片方の手でバッシュのつま先の下部分、もう片方の手でかかとの下部分を持ち、そっと内側に押すとバッシュの曲がり具合が分かります。バッシュを選ぶ際は、この靴底の曲がり具合である「屈曲性」も重要。屈曲性があると加速する瞬間にスピードが出しやすいため、屈曲性が高いモノを選ぶのもポイントです。

ボジションごとのバッシュの選び方

ガード・スモールフォワード

ガードとスモールフォワードは、常に走ったり急な停止が多かったりと持久力や瞬発力が求められるポジションです。そのため、まずは疲れにくく走りやすい「軽量」なバッシュを選ぶのがポイント。

また、瞬発力をサポートするには靴底がどれだけ曲がるかという「屈曲性」も大切です。なお、すばやい動きに対応するバッシュにはつま先の裏部分に溝が配置されていることも多いです。

パワーフォワード・センター

パワーフォワードやセンターは、リバウンドをしたりゴール下でシュートをしたりと上下運動が多いため、瞬発力よりも安定感が必要なポジションです。着地をした際の足への負担を防ぐには「クッション性」と、足裏が固めでフラットな「安定性」のあるバッシュを選ぶのがおすすめ。

また、着地をする際はバッシュにも大きな負担がかかるため「耐久性」があるかどうかも選び方のポイントです。

バッシュのおすすめブランド

アシックス(Asics)

By: rakuten.co.jp

スポーツシューズをはじめ、スポーツウェアなどスポーツ総合ブランドとして親しみのあるアシックス。アシックスのシューズは、バッシュに限らず日本人の足にフィットするように作られているのが特長です。

バッシュに関してもバスケ初心者から上級者まで幅広い層に人気がありますが、足にやさしく動きやすく設計されているため、特に成長途中の子どもや学生などが使いやすいバッシュです。

ナイキ(NIKE)

By: amazon.co.jp

NBAやBリーグなど、プロ選手が専属契約していることが多いのがナイキ。NBA選手の「デブロン・ジェームズモデル」や「マイケル・ジョーダンモデル」など、有名選手の名前が入ったバッシュを多く展開しています。

アメリカのブランドなので、靴幅が狭めに作られているバッシュが多いことやデザイン性の高さが特長。また、軽量性やクッション性に優れているところもポイントです。

アンダーアーマー(Under Armour)

By: amazon.co.jp

アンダーアーマーはアメリカに本社を置くスポーツ用品メーカーです。機能性が高く、スタイリッシュなデザインの製品が多いのが特長。近年のNBAトッププレイヤーと言われている「ステファン・カリー」が契約したことで注目度がアップ。日本の選手にも人気が高まっているブランドです。

バッシュのおすすめ人気モデル|ガード・スモールフォワードポジション

アシックス(Asics) バスケットシューズ GELBURST 21slim

1997年に誕生し圧倒的な人気のあったバッシュ「GELBURST」のスリムタイプ。足幅の狭めな方に向いています。また、グリップ性の高いアウターソールが採用されているため、加速力を高めたい方におすすめです。ソールは安定性にも優れているので、鋭い動きをする際も安心。

靴底と足裏の間にあるミッドソールには、クッション性のあるゲルを搭載。衝撃緩衝性にも優れています。さらに、安定性や通気性も配慮されているところもポイント。そのほか、スタイリッシュかつ硬すぎないデザインも魅力的なおすすめのバッシュです。

アシックス(Asics) バスケットシューズ GELBURST 21 GE

デザイン性の高さが魅力的なバッシュ「GELBURST 21 GE」。側面のふくらみを抑えたデザインになっており、見た目だけでなく、足にフィットする立体設計も魅力です。靴底はグリップ性が高い仕様なので、加速しやすいのもポイント。

そのほか、ミッドソールには耐衝撃に優れたゲルが搭載されているなど、クッション性にも期待できます。つま先部分には、摩擦に強いTPU補強がされているので、耐久性もあるおすすめのバッシュです。

アシックス(Asics) GELBURST RS 2 TBF314

すばやいステップをサポートするバッシュ「GELBURST」のローカットモデル。ローカットモデルですが、足首周りには靴ズレを抑制するため、厚つみのあるスポンジが配置されているのがポイント。また、軽量薄底なソールが採用されているのも魅力です。コートをダイレクトに捉えることができ、俊敏なプレーをアシスト。

そのほか、軽量性や通気性、ホールド性の高さもアリ。スマートなブラックカラーと、シンプルなホワイトカラーの2種類から選べます。

ナイキ(NIKE) カイリー3 EP

足幅の広い方向けに開発されたバッシュ「カイリー3 EP」。2014年のNBAオールスターMVPに選出された「カイリー・アービング」のシグネチャーシリーズです。シューズの縁には地面をしっかりと捉えるトラクションを採用。また、つま先が丸くなっているため、あらゆる角度へ素早く方向転換する動きをサポートします。

シューズの上部には足の動きに応じて伸縮するバンドを搭載。これにより、加速時などのすばやい動きに対応することができます。かかと部分には、クッション性の高いNike Zoom Airが内蔵されているため、反発力があり衝撃から足を守ってくれるところも魅力です。

ナイキ(NIKE) Kobe A.D. NXT

足へのフィット感がきつめに作られているバッシュ。シューズを固定するのは、靴ひもではなくトグルプルというもので、足とバッシュの隙間ができないところが特長です。また、足はしっかり固定される上に、軽量で薄いためすばやい動きに対応できるのも魅力。

さらに、スタートダッシュをサポートし、着地の衝撃を和らげる軽量かつ高反発なNike Zoom Airクッショニングを採用。靴底には、スピーディな方向展開に対応するマイクロトレッドパターンが使われており、スピード感のある動きをアシストしてくれるおすすめのバッシュです。

ナイキ(NIKE) ZOOM KD10 EP

靴ひもの配置が印象的なナイキのバッシュ「ズームKD10」。靴ひもが足の側面全体を包み込むため、しっかりとしたフィット感を味わえるのが特長。サイズが小さめに作られているので、幅広・甲高の方などは、1.0cm上のサイズを選ぶのもアリです。

また、通気性や伸縮性に優れているところも魅力。フィットがありつつも、軽快な動きをサポートするおすすめの1足です。クッションには激しい動きを支える「Nike Zoom Air」を採用。反発力が高く軽量なので、プレイヤーの疲れやストレスを軽減することができます。

さらに、靴裏も注目ポイント。あらゆる方向への動きをアシストし、耐久性とグリップ力のある作りになっています。

ナイキ(NIKE) PG 1 EP ポール ジョージ

NBA選手「ポールジョージ」のファーストシグネチャーモデル。あらゆるポジションに対応するので、オールラウンドプレイヤーにおすすめです。靴の前部分にストラップは、多方面へのスムーズな動きをバックアップ。安定した履き心地があるバッシュです。

親指の付け根の裏にあたる部分には、反発性の高い「Nike Zoom Airユニット」を採用。プレー中にすばやい動きをキープすることができるのも魅力です。カラーリングやデザイン性の高さでもおすすめのバッシュです。

アンダーアーマー(Under Armour) バスケットシューズ カリー2.5

2年連続でMVPを受賞したNBA選手カリーのシグネチャーモデル。足の甲を覆うアッパーとベロ部分であるシュータンが一体化していることや、シュータンに圧迫感のあるコンプレッション機能を備えることで、フィット感のある仕上がりになっています。

また、着地の衝撃を吸収しすばやい一歩を踏み出すのをアシストする性能もポイント。足裏部分はあらゆる方向への動きをサポートする仕様になっており、コード上の機敏なプレーを支えます。

バッシュのおすすめ人気モデル|パワーフォワード・センターポジション

アシックス(Asics) GELTRIFORCE

幅広の方に向いているバッシュ「GELTRIFORCE 2-wide」。グリップ性・クッション性・ホールド性に優れたところが特長で、スピードよりもフィジカルプレーを得意とする方におすすめです。

また、土踏まずの部分に配置された大型の補強が安定性も確保。激しい動きをするプレイヤーの足をサポートします。足首は低反発仕様になっているため、バッシュと足のフィット性も高いおすすめのバッシュです。

アシックス(Asics) GELTRIFORCE 2 TBF325

靴底が横に広めなところが特長のバッシュ「GELTRIFORCE 2 TBF325」。グリップ性や安定性が高いため、強い負荷がかかった際もプレイヤーをサポートします。また、かかと部分には衝撃を和らげるゲルを採用。クッション性にも優れています。

足の甲を覆う部分には伸びを抑制する合成繊維材が使用されており、横方向へのズレと伸びを防げる耐久性があるのもポイントです。

ナイキ(NIKE) リアクト ハイパーダンク 2017 LOW EP

足幅の広い方向けに開発されたバッシュ「リアクト ハイパーダンク 2017」。幅広の足型であるEPラストが採用されており、日本人の足にもおすすめです。

注目ポイントは、足裏に配置されたNIKE REACT。高い跳躍力を引き出す構造になっており、耐久性と柔軟性、軽量感などに優れたクッションがコート上のパフォーマンスをバックアップします。

ナイキ(NIKE) ハイパーダンク 2016

Zoom Airクッショニングが採用され反発力の高さが特長のバッシュ「ハイパーダンク」。快適性と通気性が高いため、快適な履き心地が味わえます。靴裏には、屋外のコートでも長時間プレーできる耐久性や耐摩耗性高い素材が使われているのも魅力。

また、足中央部とバッシュの安定性を高める「Flywireケーブル」と靴ひもが一体化しているため、激しい動きにも対応します。ミッドソールに使用されているPhylon素材もポイント。反発力が高まるため、軽やかな動きをサポートするおすすめのバッシュです。

ナイキ(NIKE) ハイパーダンク 2017 TB897808

超軽量かつ耐久性の高いNike Reactフォームが採用されたバッシュ。動きまわるプレーを得意とする方にもおすすめです。バネのような反発力でプレイヤーの動きをサポート。また、靴下のように自然なフィット感を味わえるのも魅力。

足裏部分は圧力がかかりやすい箇所をサポートしながら、軽やかな蹴りだしをアシストする構造になっています。

ジョーダン ウルトラ フライ 2

くるぶし部分に配置されたアイコンが魅力的なバッシュ「ジョーダン ウルトラ フライ 2」。足の甲部分にニット素材が採用されているため、すばやい動きにも柔軟に対応します。また、コート上での軽快な動きをバックアップする軽量なかつ高反発のNIKE ZOOM AIRも採用。

カラーは、ブラック・アンスラサイト・ホワイトの3種類を展開。他にはない独特のフォルムも魅力的なおすすめのバッシュです。

アンダーアーマー(Under Armour) UAクラッチフィット ニホン

バスケットの本場アメリカのメーカーが日本人向けに開発したバッシュ「 UAクラッチフィット ニホン」。整備の行き届いたアメリカの体育館に比べて、湿気が多く滑りやすい日本の環境なども考えた作りになっています。

足に吸い付くような快適なフィット感も魅力。ダッシュやジャンプをする際にできるわずかな隙間も逃さないように柔軟に変形しながら足をサポートします。摩擦の起きやすいつま先外側にはパンチ穴が採用されているため、高い耐久性を備えているのも特長。

また、靴裏の前足部が広めの設計になっていることや、靴のアーチを支える中底に埋め込まれた芯が大型のところなど、着地の際に足がブレにくい工夫が施されているおすすめのバッシュです。