バスケットボールをプレーする際、より高いパフォーマンスを発揮するために大切な「バッシュ」。動きやすく自分の足に合うのはもちろんですが、有名選手のシグネチャーモデルなどを検討している方もいるのではないでしょうか。機能性だけでなく、デザインのかっこいいバッシュを履けば、気持ちも高まりプレーにも違いが出てくるものです。

そこで今回は、バッシュの選び方を解説しつつ、ナイキやアシックスなどおすすめのブランドの代表作、ポジションごとにおすすめのモデルをご紹介します。

さっそくおすすめ商品を見る

バッシュの選び方

足の指先から0.5〜1cm余裕のあるモノを選ぶ

By: rakuten.co.jp

バッシュを選ぶ際は、一度バッシュを履いてみて親指の先から0.5〜1cm余裕のあるモノを選ぶのがおすすめ。特にバスケットは前後左右の動きが激しいスポーツなので、足の大きさに対してバッシュが小さすぎると指が痛くなったり、反対に大きすぎると上手に動けなかったりします。

また、足の横幅も確認しましょう。バッシュの種類によっては、横幅が細めのスリムタイプと広めのワイドタイプがあります。普段履いているスニーカーの幅などを考慮して、幅の合うバッシュを探しましょう。

靴底部分の屈曲性をチェック

By: asics.com

バッシュを選ぶ際は、靴底の曲がり具合である「屈曲性」も重要。片方の手でバッシュのつま先の下部分、もう片方の手でかかとの下部分を持ち、そっと内側に押すとバッシュの曲がり具合が分かります。屈曲性があると加速する瞬間にスピードが出しやすいため、屈曲性が高いモノを選ぶのもポイントです。

ポジションの強みを活かせるモノを選ぶ

バスケットボールは主に5つのポジションがあり、それぞれ動きが違うので、バッシュにかかるパワーの量や部分も多少異なります。また、自分のプレースタイルやクセによっても重心がかかる場所、サポートを必要とする場所が違うので、自分がどんなプレイヤーなのかをよく考えたうえで選びましょう。

ガード・シューティングガード・スモールフォワード

ガード・シューティングガード・スモールフォワードは、ボールを相手コートに運んだり、速攻をしたりと運動量が多いポジション。常に走ったり急な停止が多かったりと持久力や瞬発力が求められるポジションです。そのため、まずは疲れにくく走りやすい「軽量」なバッシュを選ぶのがポイント。

また、瞬発力をサポートするには靴底がどれだけ曲がるかを表す「屈曲性」も重要です。なお、素早い動きに対応するバッシュには、つま先の裏部分に溝が配置されていることも多いので、ぜひチェックしてみてください。

パワーフォワード・センター

パワーフォワードやセンターは、リバウンドをしたりゴール下でシュートをしたりと上下運動が多いため、瞬発力よりも安定感が必要なポジションです。着地をした際の足への負担を防ぐには「クッション性」と、足裏が固めでフラットな「安定性」のあるバッシュを選ぶのがおすすめ。

また、着地をする際はバッシュにも大きな負担がかかるため「耐久性」があるかどうかも選び方のポイントです。

デザインやブランドで選ぶ

By: rakuten.co.jp

パフォーマンスの高いプレーをするには機能性も大切ですが、自分の気持ちを高めるには、気に入ったデザインや好きなブランドで選ぶのもひとつの方法。かっこいいデザインのバッシュを選ぶなら、ナイキやアンダーアーマーなど、海外ブランドがおすすめです。

バッシュのおすすめ人気ブランド・メーカー

アシックス(Asics)

By: rakuten.co

スポーツシューズをはじめ、スポーツウェアなどスポーツ総合ブランドとして親しみのあるアシックス。アシックスのシューズは、バッシュに限らず日本人の足にフィットするように作られているのが特徴です。

バッシュに関してもバスケ初心者から上級者まで幅広い層に人気がありますが、足にやさしく動きやすいデザインなので、特に成長途中の子供や学生などが使いやすいバッシュです。

代表作 GELBURSTシリーズ

By: asics.com

1997年に誕生したアシックスの代表作「GELBURST」シリーズ。ホールド性の高さと通気性に配慮された快適な履き心地が人気で、その後のバッシュの方向を決定づけるモデルとなりました。また、従来モデルに比べ、ダッシュ性能にこだわりがあり、軽量でスピーディーな動きに対応するところもポイントです。

ナイキ(NIKE)

By: amazon.co.jp

NBAやBリーグなど、プロ選手が専属契約していることが多いナイキ。NBA選手の「レブロン・ジェームズモデル」や「マイケル・ジョーダンモデル」など、有名選手の名前が入ったバッシュを数多くラインナップしています。

アメリカのブランドなので、靴幅が狭めに作られているバッシュが多く、高いデザイン性が特徴。また、軽量性やクッション性に優れているところもポイントです。

代表作 エア・ジョーダンシリーズ

By: rakuten.co.jp

歴史的に有名なNBA選手「マイケル・ジョーダン」とのコラボレーションモデルです。元は、バスケット向けのスニーカーとして発売されていましたが、マイケル・ジョーダンの人気などにより、ファッションアイテムとしても使われるなど爆発的なヒットアイテムとなりました。多くの方から愛用されているシリーズです。

アンダーアーマー(Under Armour)

By: rakuten.co.jp

アンダーアーマーは、アメリカに本社を置くスポーツ用品メーカーです。機能性が高く、シンプルなデザインの製品が多いのが特徴。NBAのトッププレイヤーといわれる「ステファン・カリー」が契約したことで注目を集めています。日本でも人気が高まっているブランドです。

代表作 カリー

By: amazon.co.jp

2014〜2016年の3年連続でNBAのMVP選手に輝いた「ステファン・カリー」のシグネチャーモデル。ステファン・カリー初のシグニチャーモデルはハイカットタイプで、2代目モデルがローカットタイプです。

バッシュのおすすめモデル|アシックス(Asics)

アシックス(Asics) GELBURST 23

アシックス(Asics) GELBURST 23

ドライブなどの加速をサポートするアシックスのバッシュ。かかと部分には、衝撃緩衝性の高いGELが内臓されています。アッパーには、反発力の強いメッシュ素材を採用。シューズの締め付け部分は、足の形に合わせた緩やかなカーブ形状になっており、フィット性も確保されています。

そのほか、グリップ性や安定性、通気性などの高さもポイント。初心者も履きやすいおすすめのバッシュです。

アシックス(Asics) バスケットシューズ GELHOOP V11

アシックス(Asics) バスケットシューズ GELHOOP V11

軽量性とクッションが重視されたアシックスのバッシュ。特に、瞬発力が求められるガードやフォワードの選手におすすめです。また、フィット性が高いところもポイント。前足部を包み込むようにサポートし、素早いプレーを支えます。

ミッドソールにはクッション性と軽量性に優れた「FlyteForm」を搭載。足裏には、回転などの動きに上手く対応するアウトソールが採用されています。さらに、中足部には通気性を確保する「マジックベンチレーション」を設置。快適な履き心地も得られるおすすめモデルです。

アシックス(Asics) バスケットシューズ GLIDE NOVA FF

アシックス(Asics) バスケットシューズ GLIDE NOVA FF

軽量性とフィット性が追求されたNOVAシリーズのローカットモデル。足首の可動性にも配慮されているので、急な方向転換や俊敏なプレーが求められる方におすすめです。

アッパー部分には、ベロ部分と一体化された「モノソック構造」を採用。やわらかい足入れ感と、フィット性の高さも魅力です。また、アウトソールには、グリップ力を発揮する同心円状のデザインが採用されているほか、通気性が確保されているところもポイント。履きやすさと機能性に優れたおすすめのバッシュです。

アシックス(Asics) バスケットシューズ GELTRIFORCE 3

アシックス(Asics) バスケットシューズ GELTRIFORCE 3

靴底中部に俊敏な動きをサポートする樹脂製補強材「ツイストラス」が搭載されたバッシュです。ツイストラスには、縦方向への行き過ぎたねじれを抑え、斜め前方へのスムーズな動きをアシストする切り込みを採用。踏ん張りながらも、素早い切り返しをする際の足元を支えます。

また、ミッドソールに軽量性に優れた「FlyteFoam」が採用されているのもポイント。クッション性・グリップ性・ホールド力なども考慮された設計なので、俊敏なプレーを得意とするバスケットマンにおすすめです。

バッシュのおすすめモデル|ナイキ(NIKE)

ナイキ(NIKE) エアジョーダン XXXIV PF 34

ナイキ(NIKE) エアジョーダン XXXIV PF 34

“未来のバスケットボールシューズ”とも呼ばれ、NBA人気選手も絶賛するバスケットシューズ。軽量性に優れており、ジョーダンブランドが作ったシューズのなかでも、トップクラスの軽量性が特徴です。

また、高い反発力を発揮する「Zoom Air」も魅力。前足とかかと下部分搭載された「Zoom Air」が、足を踏み出す度に弾むような反発力を発揮し、プレーをサポートします。さらに、通気性に優れ快適なフィット感のあるアッパーもポイント。高性能かつ、履きやすさにも優れたバッシュです。

ナイキ(NIKE) Jordan Why Not Zer0.2 SE PF

カリフォルニア州出身のNBA選手「ラッセル・ウェストブルック」の”Why Not? (なぜやらない?)”精神から誕生したバッシュ。つま先が曲線になっていることで、プレー中のかかとからつま先への体重移動をサポート。コート上でのさまざまな動きに対応します。

前足部には、反発力に優れた「Zoom Airユニット」を採用。また、ダイナミックなプレーをサポートする安定性や、柔軟な動きに欠かせないグリップ力があるのもポイント。ポジションやプレースタイルに捉われず、さまざまな動きを得意とする方におすすめの一足です。

ナイキ(NIKE) カイリーフライトップ 2 EP

ナイキ(NIKE) カイリーフライトップ 2 EP

2014年のNBAオールスターMVP「カイリー・アドリュー・アービング」のシグネチャーモデル。強力なグリップ力を発揮するアウトソールが特徴で、カイリーのような素早い動きをサポートします。

また、足幅の広いアジア人向けに開発されているところも魅力。日本人も履きやすいモデルになっています。そのほか、反発力のある「Zoom Airユニット」もポイント。クッション性が高く、パワフルなプレーも支えてくれるおすすめのバッシュです。

バッシュのおすすめモデル|アンダーアーマー(Under Armour)

アンダーアーマー(Under Armour) Mタグ Low

Mタグ Low

メッシュのアッパーで快適な履き心地を与えるアンダーアーマーのバッシュ。足の両側には、あらゆる角度から足を固定する一体型のシューレースループが採用されています。靴下のようにぴったりフィットする履き心地も魅力です。

また、足裏のクッショニングとサポート力を高める「ダイカットEVAソックライナー」もポイント。シンプルなカラーリングながら、存在感のあるデザインも魅力です。

アンダーアーマー(Under Armour) ニホン3

シンプルなデザインが特徴的なアンダーアーマーのバッシュ。前足部分が広めの日本人向けに作られたモデルです。また、甲周りの余分な隙間は排除されており、快適なフィット感のほか、シューズ内の足ズレを抑制できるところも魅力。

加えて、湿度の高い日本のプレー環境に合わせて優れた通気性と耐久性を有しています。デザインはシンプルなので、飽きのこないバッシュを探している方にもおすすめです。