バスケットボールのシュート練習をする際に欠かせない「バスケットボール用ゴール」。自宅にバスケットボール用ゴールがあれば、公園などに行かなくてもシュート練習を行えるのがメリットです。

しかし、バスケットボール用ゴールは、部屋に設置できるモノから庭や駐車場向きのモノがあるため、どれを選べばよいのか迷ってしまうことも。そこで今回は、おすすめのバスケットボール用ゴールをご紹介します。

バスケットボール用ゴールの選び方

設置方法をチェック

スタンドタイプ

By: amazon.co.jp

ゴール下に入り込むレイアップシュートやバックシュートを練習したい方には、スタンドタイプのバスケットボール用ゴールがおすすめ。壁がない場所に設置すれば、ぶつかりにくいのがメリットです。

オフェンスとディフェンスの激しい動きでゴール下に入り込んでも壁がないので、1対1の練習などにもぴったり。また、体勢が崩れてゴール下に入りやすいリバウンドの練習にもスタンドタイプが適しています。

壁面固定タイプ

By: amazon.co.jp

壁面固定タイプはボードを壁にネジなどで取り付けるため、安定感のあるバスケットボール用ゴールを探している方におすすめ。スタンドタイプよりは体育館のゴールに近い感覚でシュート練習ができます。

バスケットボール用ゴールを壁に取り付ける場合は、設置場所の強度やネジで穴をあけても問題ないか確認しておきましょう。一度取り付けしまうと簡単に外せないので、設置場所として適しているか注意が必要です。

ロングシュートを狙うオフェンスをディフェンスで止める練習や、フェイントからロングシュートを打つ練習をしたい方はチェックしてみてください。

公式サイズに適応したゴールを選ぶ

バスケットボール用ゴールを設置する場合は、公式に適応したサイズをチェック。ゴールリングの直径サイズは、一般的な公式が45cmです。

また、バスケットボール用ゴールを購入する際は、ゴールの高さも確認しましょう。中学生以上に適用される公式の高さは305cm、小学生のミニバスに適用される高さは260cm。高さを間違えると正しい練習にならないため、注意が必要です。

なお、ミニバスと中学生以上ではゴールの高さだけでなく、ボールの大きさやフリースローラインの距離も異なります。自宅でシュート練習をする際には、適切なボールを使用して正しい位置からシュート練習をするのがおすすめです。

高さが調節できるモノも

By: amazon.co.jp

小学生からバスケットボールを始めて中学生以降も続ける場合は、高さ調節ができるバスケットボール用ゴールを選ぶのがおすすめ。ミニバスの260cmと一般の305cmの高さには45cmの差があります。中学生になるときにゴールの高さを変えると、正しいシュートフォームやシュート感覚が身に付きやすいのがポイントです。

リングの高さが変わるとシュート感覚が鈍るので、できるだけ正しい高さに調節しておきましょう。

リングの素材をチェック

By: rakuten.co.jp

実戦と同じリングを使いたい場合は、「スラムイットプロリム」のリングを選ぶのがおすすめです。ボールがリングに当たったときの跳ね返り方が実戦と同じなので、シュート感覚を磨けます。

また、ボードの接合部分にある2つの圧縮スプリングがリングにかかる負荷を分散するため、耐久性が高く長い期間愛用しやすいのもメリットです。

価格の安さを重視する場合は、ボードの接合部分に圧縮スプリングが付いていない「クラシックリム」のリングを選ぶのがおすすめ。気軽にシュート練習をしたい方にも適しています。

ボードの素材をチェック

実戦と同じ感覚でシュート練習をしたい場合は、体育館などにも設置されているポリカーボネート製のボードを使用したモノを選ぶのがおすすめ。ボールが当たった際の跳ね返り方が実戦と同じなので、シュート感覚を磨くのに適しています。

比較的リーズナブルなモノを使いたい場合は、プラスチック製ボードを使用したモノを選んでみてください。耐久性や耐衝撃性に優れているのもポイントです。

バスケットボール用ゴールのおすすめ

アーチループ(Arch Loop) バスケットゴール CDB-012 37277

ポール用のウレタン製カバーが付属しているクラシックリムタイプのバスケットボール用ゴールです。ゴールにぶつかりやすい1on1やリバウンドの練習をするのに適しています。

高さは5段階で調節ができるため、公式とミニバスにも対応可能。アクショングリップ方式で簡単に高さ調節ができるので、初めての方でも気軽に使えます。

ボードは強度の高いポリカーボネート製を採用。四隅に衝撃を和らげるコーナーガードが付いているため、耐久性が高く長い期間使用できるのも魅力です。

底面にはキャスターが2つ付いており、本体を傾ければ簡単に移動しやすいのもポイント。自宅の庭や駐車場で実戦に近い感覚でシュート練習をしたい方におすすめです。

AxiSkill バスケットゴール F808

ハンドル操作で高さを無段階に調節できるバスケットボール用ゴール。少ない力で簡単に高さを調節できるのがポイントです。

高さは約230~305cmに調節できるので、ミニバスと公式に対応可能。さらに、ボードが台座より前に出ているため、レイアップやバックシュートを練習してもポールや台座に当たりにくいのがメリットです。

ボードは対候性の高いアクリル製で、駐車場や庭への設置にも適しています。カラーはホワイトとブラックを展開しており、好みに合わせて選びやすいのも魅力です。

リーディングエッジ(LEADING EDGE) バスケットゴール LE-BS305ST

ボードのデザインがおしゃれなバスケットボール用ゴール。高密度ポリエチレン製のボードに、ストリートグラフィックなデザインが特徴です。

ネジを緩めるだけで高さ調節ができるテレスコープ式を採用。高さを約230~305cmに調節できるので、ミニバスから公式まで対応できます。ポールには衝撃を吸収するパッドが付いているため、レイアップなどの走りこむシュート練習にもおすすめです。

Taeku ミニバスケットゴール

小さい子供がいる家庭に適したバスケットボール用ゴールです。リングまでの高さを70〜170cmに調節できるのが特徴。小学校や中学校に入る前からシュート感覚を磨きたい方にもおすすめです。

直径16cmのバスケットボール2個と空気入れが付属しているのもポイント。室内でも室外でも使用できるので、子供の成長に合わせて設置場所を変えられるのもメリットです。

ライフタイム(LIFETIME) バスケットゴール LT-71546

スタンドタイプのバスケット用ゴールで、高さ調節が簡単なモノを探している方におすすめです。2本のスプリングでレールの上のハンドルを動かす「アクショングリップ方式」で高さを調節ができるのが特徴。ゴールの高さを変える頻度が高い方にも適しています。

透明なポリカーボネート製のボードと、スラムイットプロリムタイプのリングなので、実戦に近い感覚でシュート練習可能。台座に砂か水を入れるだけで設置できる手軽さもメリットです。

また、台座のローラーで簡単に移動できるのもポイント。レイアップシュートや3on3の練習にもおすすめの製品です。

スポルディング(SPALDING) 42インチ ハイライトアクリルポータブル 7A1990CN

台座がしっかりしており、安定感のあるモノを使いたい方におすすめの製品です。水や砂を入れるベースタンクの容量が約121Lと大きめ。ベースタンクは縦型仕様でボードからタンクまでの奥行きが少ないため、レイアップシュートの練習も可能です。

ポールが伸縮するテレスコーピング式で、高さ調節しやすいのも魅力のひとつ。約228~305cmの間で6段階に高さ調節できるため、小学生のミニバスから一般の高さまで対応できます。

スポルディング(SPALDING) スペース・ジャム テューン・スクワッド スラムジャム 561041CN

室内に設置できるコンパクトなバスケット用ゴールです。ボードサイズが幅45.6×高さ26.6cmで、リングサイズが直径21cmとコンパクトサイズ。直径12.5cmのミニボールが付属しており、購入してすぐにバスケをプレーできるのがメリットです。

ボードはドアやカーテンレールに引っ掛けられる構造で、ネジやクギで壁に穴をあけずに設置可能。雨の日にシュート練習したい方にもおすすめです。

カイザー(kaiser) バスケットボード80 KW-579

室内でも室外でも使える金具付きのバスケットボール用ゴールです。ボードサイズは約幅80×高さ60cmで、リングの内径が約42cmのため7号サイズのボールにも対応可能。また、組み立ても簡単にできるので、購入してすぐにバスケットを楽しめます。

ボードにレンガの柄がデザインされており、おしゃれなモノを探している方におすすめ。比較的リーズナブルな価格なので、初めてバスケットボール用ゴールを購入する方にも適しています。

トーエイライト(TOEI LIGHT) バスケットゴール壁取付式 B-3833

壁掛け用のバスケットボール用ゴールです。壁やポールに取付ける専用金具が付属しているのが特徴。庭や駐車場に設置してバスケを練習したい方にもおすすめです。

ボードサイズは幅110×高さ70cmで、リングの直径が45cmのためミニバスの5号ボールから公式の7号ボールまで対応可能。ボードの裏面の金具に奥行きがあるので、壁よりもボードが前にある状態で設置できます。

Leweet ミニバスケットゴール

ドアに引っ掛けるだけで使える便利なバスケットボール用ゴールです。金具や工具を使用せずに設置できるのが特徴。シームレスフックを採用しており、バスケットボール用ゴールを引っ掛けたままでもドアを開閉できるので便利です。

ボードサイズは幅43×高さ26.5cmでリングの外径が22cmのため、子供がバスケを楽しむ際に重宝します。また、電子スコアリング機能を搭載しているので、シュートが入ると自動的にスコアリングされるのも魅力です。

SAKEYEN バスケットゴール

自宅のフェンスやベランダの壁などに取り付けできる、壁掛け式のバスケットボール用ゴール。ボードサイズは幅80×高さ58cmでリングサイズが38cmのため、ミニバスの練習におすすめです。

バックボードが透明で目立ち過ぎないのもポイント。デザインはシンプルなので、芝生の庭やコンクリートの駐車場などに馴染みやすいのもメリットです。

バスケットボール用ゴールの売れ筋ランキングをチェック

バスケットボール用ゴールのランキングをチェックしたい方はこちら。