スマートフォンを外出先へ持ち歩く際に必須の「モバイルバッテリー」。リーズナブルなアイテムから機能性の高いモノまで、さまざまな種類のモバイルバッテリーが発売されています。

とはいえ、どれを選べばいいのかわからない方も多いはず。そこで今回は、モバイルバッテリーの選び方を解説したのち、おすすめの製品をご紹介します。初めて購入する方はもちろん、買い替えを検討している方もぜひ参考にしてみてください。

モバイルバッテリーの種類

By: amazon.co.jp

コンセント充電タイプ

コンセント充電タイプは、本体にコンセントを内蔵しているので、別途USBケーブルやACアダプタがなくても気軽に本体の充電が行えます。また、1台あればモバイルバッテリーとしてだけでなく通常の充電器として使えるため、普段使いはもちろん、旅行や出張などでの使用も最適です。

ソーラー充電タイプ

ソーラー充電タイプは、本体に「ソーラーパネル」を搭載しており、太陽の光が当たる場所に置いておくだけで気軽に充電が行えます。周囲を明るく照らせる「LEDライト」や、カバンに装着して持ち運べる「カタビラ」などの機能を搭載した製品もあるので、アウトドアや災害用としてもおすすめです。

USB充電タイプ

USB充電タイプは、ACアダプタやUSBケーブルを使って充電する最もポピュラーなタイプです。普段スマートフォンやタブレットで使っているケーブルがそのまま使えるので、取り扱いが容易なのがポイントです。

ワイヤレス充電タイプ

ワイヤレス充電タイプは、ケーブルを必要とすることなく専用の充電器に置くだけで簡単に充電ができるタイプです。充電の度にわざわざケーブルを抜き差しする必要がないため、利便性で選びたい方におすすめ。

ただし、製品ラインナップがまだ少ないほか、本体の価格が高かったり、専用の充電器が必要だったりする点は留意しておきましょう。

手回し充電タイプ

手回し充電タイプは、発電レバーを回転させて充電をするタイプです。充電する度に手間が掛かるため普段使いにはおすすめできませんが、災害時やアウトドアなど電気が確保できない環境ではとても役立ちます。

バッテリー容量の選び方

By: amazon.co.jp

基本的にモバイルバッテリーは、搭載しているバッテリーの容量によって充電できる回数が決まっています。スマートフォンを充電する場合の目安としては、バッテリーの容量が「5000~10000mAh」で1~2回、「10000~15000mAh」で2~3回、「15000~20000mAh」で3~4回フル充電することができます。

選び方として、バッテリー残量を気にせずアプリやゲームを楽しみたいなら、大容量の15000~20000mAhバッテリーを搭載した製品がおすすめ。ただし、バッテリーの容量が上がるとその分本体の重量が重くなるため、日ごろから持ち歩いて使うような方には、本体の重量が軽い10000~15000mAhバッテリーを搭載したモバイルバッテリーがおすすめです。

モバイルバッテリーはどの機種でも大丈夫?

By: amazon.co.jp

バッテリー容量の大きなデバイスを充電する際には「出力電流」がポイントになってきます。この出力電流は、充電するスピードを表しており、その数値が高いほど短時間でデバイスが充電できます。

選び方として、スマートフォンを素早く充電したいなら「1.5A以上」、タブレットを素早く充電するなら「2.0A以上」の出力電流が目安となります。

モバイルバッテリーを選ぶときの注意点

モバイルバッテリーを選ぶ際には、安全性能もポイント。国内の安全基準をクリアした家電製品に表記されている「PSEマーク」や過充電充電による発熱や発火を防ぐ「過充電防止機能」の有無は事前にチェックしておきましょう。

モバイルバッテリーの人気メーカー

アンカー(ANKER)

アンカーは、2011年にGoogle出身のメンバーが設立したアメリカの企業。スピーカーやスマホスタンドなど、いろいろなスマートフォンの周辺機器を取り扱っていますが、なかでも人気なのがモバイルバッテリーです。

持ち運びに便利なコンパクトタイプから、何度も繰り返し充電ができる大容量タイプまで、さまざまな種類のモバイルバッテリーを発売。機能やデザインなど自分に合った選び方でお気に入りの1台が見つけられます。

オーキー(Aukey)

オーキーは中国のスマホ周辺機器を発売するメーカー。扱っている製品はどれもハイクオリティながら低価格なので、コストパフォーマンスを重視する方におすすめ。

またオーキーのモバイルバッテリーには、標準で2年間の長期保証が付いているので、購入後のアフターサポートが気になる方にもおすすめです。

モバイルバッテリー3選

アンカー(ANKER) PowerCore 20100 A1271012

アンカーが販売する大容量モバイルバッテリー。容量の大きな「20100mAhバッテリー」を採用しているので、一度のフル充電でスマートフォンやタブレットを約8回充電することができます。さらに、独自の充電技術「PowerIQ」にも対応しているので、素早くデバイスを充電をしたい方にもおすすめ。

選び方が難しいモバイルバッテリーですが、この製品は高性能かつシンプルな作りに仕上がっているので、モバイルバッテリー初心者の方におすすめです。

オーキー(Aukey) モバイルバッテリー PB-P24

高効率のソーラーパネルが搭載されているモバイルバッテリー。太陽の光が当たる場所に置いておくだけで気軽に充電ができます。周囲を明るく照らせる「LEDライト」や、タバコに火をつけられる「ライター機能」など、便利な機能が充実しているので、いろいろなシチュエーションで活用できるのが魅力。

また、USBコネクター部分には防水性に優れたゴム製のフタが付いているため、雨などの水に濡れて本体が壊れるのを防止できます。

MATECH モバイルバッテリー MTPB12

充電の度にケーブルを抜き差しするのが面倒な方におすすめのモバイルバッテリー。置くだけで充電ができるワイヤレス充電「チー(Qi)」に対応しているので、面倒な手間なくいつでも快適に充電ができるのが魅力です。

また、過充電や過熱など防ぐ高性能な「人工知能チップ」を搭載しているため、安全性が高いのもポイント。さらに、同時に3台のデバイスを充電することが可能なので、タブレットやスマートフォンなど複数のデバイスを持っている方にもおすすめです。